FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) /  スポンサー広告

S53



【艦これ安価】提督「懺悔することだと?」


1: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/10(日) 19:45:19.56 ID:zPKqbnbd0

新しい鎮守府でやっていきます。

基本的な流れは

【安価】提督「懺悔すること?」

【艦これ安価】提督「懺悔すること?」【番外編】

を参考にして下さい



3: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/10(日) 19:50:24.67 ID:zPKqbnbd0

提督「いきなり執務室に乗り込んで来たと思ったら…明石は何を言い出すんだ?」


明石「人間なら誰もが懺悔することの一つや二つ抱えていると思うんです!」


提督「それはまぁそうだろうが…」


明石「それは艦娘も同じです。鎮守府にいるみんなだって懺悔することを抱えて生活していると思うんです。いや、きっとそうなんです!」


提督「だからどうしたんだ?」


明石「強制的に懺悔させて、みんなの心をスッキリさせたいんです!」


4: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/10(日) 19:54:43.66 ID:zPKqbnbd0

提督「……本心は?」


明石「みんな懺悔して面白いことになればいいなと」


提督「全く明石は…強制的に懺悔と言ったが、どうするつもりだったんだ?」


明石「これですよ!これ!」スッ


提督「……ただの懐中電灯じゃないか」


明石「違います!これは別の鎮守府の明石から設計図をもらって作った……その名も懺悔ライト!です!」


提督「その光を浴びると懺悔してしまう…か?バカバカしい、俺は忙しいんだ」


明石「なら提督で試してみましょう、これは人間にも効果がありますし。ええっと、スイッチを入れて……」ペカー


提督「うっ!…………下3」


下3 提督の懺悔することを


5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 19:58:00.42 ID:hw6v/BoFo

川内がうるさいから夜戦は男女の夜の営みだと教えて黙らせようとして失敗した


6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 19:58:23.76 ID:+ynaUK/60

改修資材を自分で作成して明石の売り上げを落とした


7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 19:58:25.88 ID:nl7On/yTo

駆逐艦の末っ子に妹が欲しいとせがまれたことをきっかけに、阿武隈と密かに連日夜戦している


11: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/10(日) 20:04:25.72 ID:zPKqbnbd0

提督「駆逐艦の末っ子に妹が欲しいとせがまれたことをきっかけに、阿武隈と密かに連日夜戦しているんだ…」


明石「もしもし憲兵さんですか?提督が軽巡を孕ませようと…」


提督「おいおいおい!!ちょっと待ってくれ!」


明石「待つわけないでしょう!あなた自分が何をしているかわかってるんですか!?」


提督「本当に子作りなんかするわけないだろう!」


明石「じゃあ何をしてたって言うんですか!」


提督「……アレだよ…」


明石「あれじゃわかりません、ちゃんと言って下さい!」


12: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/10(日) 20:10:20.45 ID:zPKqbnbd0

提督「……昨日のオカズは…阿武隈だったんだよ…」


明石「はぁ!?」


提督「駆逐艦に妹が欲しいって言われたあと阿武隈と会って…そのまま医務室に連れ込む…妄想を……」


明石「うわぁ…」


提督「妄想の中で阿武隈とイチャイチャしながらシてる所を想像してたんだ……」


明石「流石の私もドン引きですよ…」


ーーーーーー

明石「ね?このライトは本物だったでしょ?」


提督「先立つ不幸をお許し下さい……」カキカキ


明石「何遺書なんか書いてるんですか!」


提督「あの秘密を知られたら俺はもう……」


明石「みんなには黙っててあげますから!それより提督、このライトをですね……」


下3「失礼します」


下3 執務室を訪れた人物を


13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 20:11:45.18 ID:89/i8GgC0




14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 20:12:11.55 ID:nl7On/yTo

kskst


15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 20:12:25.35 ID:Dc9uYTO3O

山雲


16: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/10(日) 20:18:44.28 ID:zPKqbnbd0

山雲「司令さ~ん、少しいいですか~」


明石「山雲ちゃん?提督に何か用だったの?」


山雲「はい~遠征の報告書を~持ってきました~」


提督「あの秘密を……俺は……」ブツブツ


山雲「司令さんは~どうしちゃったの~?」


明石「少し色々ありまして…それより山雲ちゃん、こっちを向いてくれますか?」


山雲「はい~?」


明石「おっとりした山雲ちゃんには、一体どんな懺悔があるんでしょうか…」ペカー


山雲「あら~下3」


下3 山雲の懺悔を


17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 20:20:44.55 ID:d6W+0oIfO

kskst


18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 20:20:49.55 ID:RzuOR8TuO

群れた深海棲艦の注意を引くため大潮(故人)を大破させた



19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 20:20:51.22 ID:uAS2tSxv0

ksk


20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 20:20:54.28 ID:fHennaIPO

実はパーマあててる


23: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/10(日) 20:28:23.22 ID:zPKqbnbd0

山雲「実は~この髪型はパーマをあててるの~」


明石「そうだったんですか?お風呂上がりとかは自然な感じですよね?」


山雲「そういうパーマが~あるのよ~」


明石「全く気付きませんでした…でもなんでパーマなんか当ててるんですか?」


山雲「キャラ作りよ~」


明石「……そうですか」


山雲「もしかして~司令さんがあんな状態なのって~この変なライトのせいなんですか~?」


明石「提督にも知られたくないことはあったということです」


山雲「これって~使う人によって言うことが違うとか~あるんですか~?」


明石「それは…わかりませんね。試してみますか?」


山雲「はい~司令さん~こっち見て下さい~」ペカー


提督「うぅっ!……下3」


下3 山雲に関係する懺悔を。無しも可


24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 20:31:45.24 ID:NBuosaqj0




25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 20:32:05.18 ID:JUPObb/9o




26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 20:32:09.62 ID:XbRooe+Eo

スパッツを何枚か盗んだ


30: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/10(日) 20:35:35.82 ID:zPKqbnbd0

提督「山雲のスパッツを何枚か盗んだんだ…」


明石「提督さぁ…」


山雲「本当ですか~?スパッツの枚数は減ってなかったと思いますけど~」


提督「盗んで楽しんだあとに、そっと戻しておいたんだ…」


明石「手口が慣れ過ぎですよ…」


提督「山雲のスパッツは…とても良いものだった…」


山雲「下3」


下3 山雲の台詞を


31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 20:36:38.06 ID:Dc9uYTO3O

kskst


32:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 20:37:10.50 ID:89/i8GgC0

それじゃあ私とおあいこですねー♪


33:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 20:37:28.87 ID:OTwDQjjJ0

ありがとうございます~


35: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/10(日) 20:43:09.52 ID:zPKqbnbd0

山雲「ありがとうございます~」


明石「え?」


山雲「何に使ってたのかは知りませんけど~褒めてくれるならきっといいことに使ってくれたんですよね~」


明石「いやいや、そんなわけ……」


山雲「違うんですか~司令さん~?」


提督「……そんなことはないさ」


山雲「ですよね~また使う時があったら言って下さいね~今度は~直接渡しに来ますから~」





36: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/10(日) 20:44:55.92 ID:zPKqbnbd0

山雲「それじゃあ~山雲は失礼します~」ガチャ


明石「駆逐艦に嘘付くなんて…」


提督「本当のことを言えるはずないだろう…」


明石「私の中の提督のイメージが崩れていく……このライトは封印するべきかしら?」


下3「失礼します」


下3 訪れた人物を


37:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 20:46:03.74 ID:fNmWFE7I0

阿武隈


38:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 20:46:17.48 ID:hw6v/BoFo

五十鈴


39:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 20:46:20.12 ID:eROMwIsTo

千歳


41: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/10(日) 20:51:55.73 ID:zPKqbnbd0

千歳「提督、遠征の報告書をお持ちしました」


提督「おぉ…千歳か…」


千歳「どうされたんですか?酷く疲れているように見えますが」


明石「これは提督の自業自得です。それより千歳さんは水上機母艦として活躍されてますよね」


千歳「えぇ、私はずっと水上機母艦として頑張っているわ。空母に改装しなくても、千歳は千歳ですから」


明石「とっくに改装できるレベルなのに、未だに水上機母艦のままの千歳さんにはどんな懺悔があるでしょうか?」ペカー


千歳「あっ!……下3」


下3 千歳の懺悔を


42:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 20:52:51.74 ID:IQOVcXNZ0

実は偽乳


43:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 20:53:18.02 ID:pC8+PZCm0

提督と明石のコンビは厄介ごと起こしそうで見ていて不安


44:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 20:53:20.55 ID:JUPObb/9o

?アクセス権限がありません?
(感情のない声)


49: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/10(日) 21:00:50.55 ID:zPKqbnbd0

千歳「アクセス権限がありません」


明石「えっ!?」


千歳「アクセス権限がありません、アクセス権限がありません、アクセス権限がありません…」


提督「おい明石!これはどういうことだ?」


明石「わ、私だって知りませんよぉ!こんな感情の無い声が千歳さんから出てるなんて考えられません!」


千歳「アクセス権限がありません、アクセス権限がありません……」


提督「権限が無いってことは、俺がやればいいのか?よし明石、そのライトを貸すんだ」


明石「は、はい!」


提督「千歳、俺なら反応してくれるよな…?」ペカー


千歳「下3」


下3 千歳の台詞or行動を


50:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 21:02:15.18 ID:Dc9uYTO3O

アクセス権限がありません(繰り返し)


51:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 21:02:58.11 ID:pC8+PZCm0

>>43


52:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 21:03:00.23 ID:W0PskBATO

提督のキープボトル毎回飲み干してすいません


56: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/10(日) 21:08:31.07 ID:zPKqbnbd0

千歳「提督のキープボトル毎回飲み干してすいません」


提督「千歳……?」


千歳「ごめんなさい、お酒を見るとどうしても我慢できなくて…」


提督「…………」


千歳「これからは我慢するから、許してくれないかしら?」


提督「……わかった」


千歳「本当にこれまでごめんなさいね……明石、提督のライトって貴女が作ったの?」


明石「えぇまぁ…」


千歳「これで提督に隠し事はできなくなっちゃったわね、これから気をつけないと。それじゃあ提督、今度は一緒に飲みましょうね」ガチャ


57: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/10(日) 21:11:34.80 ID:zPKqbnbd0

提督「……明石、今のはなんだ?」


明石「わかりませんよぉ…」


提督「アクセス権限が~と言い出した時の記憶は無さそうだったみたいだが?」


明石「私も知りたいです…」


提督「…この装備は危険なんじゃないか?」


明石「そんなはずはありません!向こうの明石はそれでみんな幸せになったって!」


提督「ならもう一度使ってみるか。そろそろ遠征の報告書を出しに来るだろう」


下3「失礼します」


下3 訪れた人物を


58:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 21:12:10.40 ID:0mBUZVDVO

ksk


59:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 21:12:11.81 ID:/XKVZOwC0

kskst


60:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 21:12:13.49 ID:+ynaUK/60

沖波


62: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/10(日) 21:18:37.46 ID:zPKqbnbd0

沖波「失礼します、司令官。遠征の報告書になります」


提督「そうか、いつもありがとうな沖波」


沖波「はい、これが私にできることですので」


明石「提督、早速あれを…」ボソボソ


提督「わかっている」ボソボソ


沖波「あの…どうかしましたか?」


提督「いや何もない。それより沖波、こっちを見てくれないか?」ペカー


沖波「あぁ!……下3」



下3 沖波の懺悔を


63:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 21:19:02.18 ID:0mBUZVDVO

ksk


64:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 21:19:25.81 ID:JVj0qH99o

kskst


65:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 21:19:27.43 ID:ta0zBKGvO

夕雲からお前、光浦○子に似てねと言われたので 夕雲の顔面を赤くなるまでぶん殴った


67: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/10(日) 21:27:04.62 ID:zPKqbnbd0

沖波「夕雲からお前、光浦○子に似てねと言われたので夕雲の顔面を赤くなるまでぶん殴りました」


明石「ぶふっ!」


提督「おい、喧嘩はやめてくれ」


沖波「大丈夫です、もう仲直りしましたから」


提督「でもなぁ…暴力はあまり良い手段ではないんだぞ?」


沖波「人が気にしてることを言われてたら、誰でも手が出てしまいます」


提督「……これからは我慢しろよ?」


沖波「なら最後に明石さんぶん殴ってもいいですか?」


明石「えっ!!」


沖波「さっき笑ったの知ってるんですならね?いいですよね、提督?」


提督「……ほどほどにな」


沖波「ありがとうございます。ほら明石さん、行きますよ」ズルズル


明石「駆逐艦なのになんて力…!提督、助け下さい!助け…………」ガチャ


提督「口は災いの元と言うが……これは明石が悪いな」


68: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/10(日) 21:29:06.71 ID:zPKqbnbd0

提督「しかし沖波に使った時には何もなかったな…何か法則があるのか?」


提督「それとも俺が使う限りは何も問題はない……?」


提督「…データが欲しいな。なら色々な奴で試すしかないか」


ーーーーーー


提督「こうやって鎮守府をウロウロしていれば誰かと会うだろう」


提督「…おっ、早速居たな」


下3 遭遇した人物を


69:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 21:29:38.84 ID:JUPObb/9o

大淀


70:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 21:30:10.40 ID:OTwDQjjJ0

大井


71:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 21:31:20.75 ID:89/i8GgC0




72: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/10(日) 21:37:30.35 ID:zPKqbnbd0

暁「司令官、ごきげんようなのです」


提督「レディーはちゃんと挨拶ができて偉いな」ナデナデ


暁「もう!いつも子ども扱いして」プンスカ


提督「悪い悪い、ついな。それより今は何をしてたんだ?」


暁「自主演習の帰りよ!非番の時でも暁はちゃんとしてるんだから!」


提督「それは凄い!ほら、飴ちゃんをあげよう」


暁「わーい!……って、司令官!!」


提督「ははは、すまんすまん。それより暁、こっちを向いてくれないか?」ペカー


暁「きゃあ!……下3」


下3 暁の懺悔を


73:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 21:39:14.05 ID:NBuosaqj0

kskst


74:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 21:39:32.74 ID:pC8+PZCm0

暁の水平線に勝利を刻む……の暁を自分のことだと思っいて、いつ勝利という文字を刻まれるのかとビクビクしていた


75:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 21:39:34.12 ID:uAS2tSxv0

響 電 雷 とフレンチに行き あの三人に食事のマナーがなってないって叱ったら 逆に言い負かされて暁がテーブルを乱し料理を台無しに


81: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/10(日) 21:46:40.83 ID:zPKqbnbd0

暁「響、電、雷とフレンチに行った時にね、あの三人に食事のマナーがなってないって叱ったの。でも逆に言い負かされちゃって…私がテーブルを乱して料理を台無しにしちゃったの……」


提督「もしかしてそれってこの前の休みの話か?」


暁「うん……」


提督「その食事の後はどうしたんだ?」


暁「気まずくて…あれから響達とは会わないようにしてるわ」


提督「だから今も一人で訓練してたんだな?」


暁「……うん」


提督「…よし暁、今から一緒に謝りに行くぞ」


暁「えっ、ちょっと……」


提督「ほら、早く行こう」


暁「まだ心の準備が………


82: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/10(日) 21:49:09.27 ID:zPKqbnbd0

ーーーーーー


提督「ここに三人はいるんだな?」


暁「今日は非番だから…三人一緒だし…」


提督「暁、このままだと取り返しのつかないところまでいってしまうかもしれない。謝るなら今しかないんだ」


暁「でも…………」もじもじ


提督「ほら、もう部屋に入るからな。響、電、雷、入るぞ」ガチャ


下3 部屋の様子を


83:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 21:50:16.44 ID:JVj0qH99o

お通夜みたいな雰囲気


84:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 21:50:46.15 ID:hw6v/BoFo

やけ酒して全員ダウン


85:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 21:50:57.67 ID:89/i8GgC0




87: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/10(日) 21:54:53.89 ID:zPKqbnbd0

提督「返事が無いようだが……?」


暁「うっ!お酒臭い!」


響、電、雷「う~ん…」


提督「どうやら酔い潰れてしまってるようだな…」


暁「もう!お昼からお酒なんて!いくら非番だからって…」


提督「ひょっとして暁が原因なんじゃないか?」


暁「暁が?」


提督「三人は暁と仲直りしてなかったんだろう?それを理由にヤケ酒を飲んでて潰れた…と」


暁「そんな…暁のせいで…」


88: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/10(日) 21:58:19.44 ID:zPKqbnbd0

提督「なぁ暁、お前達第六駆逐隊はやっぱり四人揃ってこそなんだよ」


暁「……」


提督「お前からは謝り辛いかもしれんが、この先バラバラなんて嫌だろう?」


暁「それは……」


提督「ちゃんと謝れば許してくれるから、な?」


暁「……」もじもじ


雷「うぅん……誰ぇ…?」


提督「雷、目が覚めたようだな」


89: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/10(日) 22:01:35.81 ID:zPKqbnbd0

雷「司令官じゃない……どうしたのよぉ…」


提督「お前達こそどうしたんだ?まだ日も明るいのに酔い潰れてるなんて」


雷「これはねぇ……暁のせいなの……」


提督「やはりそうだったのか」


雷「暁と喧嘩というか…なんかギクシャクしちゃってぇ…」


提督「それでヤケ酒か?」


雷「そんなところね……ってあれ?暁……?」


暁「下3」


下3 暁の台詞を


90:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 22:03:03.75 ID:+ynaUK/60

ごめんなさい!私がムキになったばっかりにあんなことになって…


91:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 22:03:39.09 ID:nl7On/yTo

みんな……この前はごめんね。けどダメじゃない! お酒なんて飲んだら!


92:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 22:03:46.17 ID:04SnEmzVo

申し訳ございません私の不徳のいたすところであります


93: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/10(日) 22:10:50.39 ID:zPKqbnbd0

暁「申し訳ございません私の不徳のいたすところであります」


提督「お前達はそんなきちんと謝るものなのか?」


暁「ううん、これは暁の気持ちよ」


雷「……いいわ、ちゃんと謝ってくれたんだし、許してあげる」


暁「ごめんなさい、私ムキになっちゃって…」


雷「いいわよ、こうしてちゃんと謝ってくれたんだし」


暁「ごめん……本当にごめんなさい…」


雷「よしよし…」


提督「姉妹愛というものはいつ見ても癒されるな……あっ、しまったライトのスイッチが…」ペカー


雷「あぁっ!…下3」


下3 雷の懺悔を


94:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 22:11:25.79 ID:9UfWnMPQo

提督が好きすぎて任務に集中できない


95:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 22:11:47.39 ID:JUPObb/9o

加速そた


96:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 22:11:59.06 ID:89/i8GgC0

ごめんなさい…もう…限界…(両手で口を押える)


100: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/10(日) 22:19:10.62 ID:zPKqbnbd0

雷「ごめんなさい…もう…限界…」


暁「両手で口を抑えてどうしたの?」


提督「一つしか理由はないだろう!!洗面器か何かないのか!?」


暁「あっ、えっと……」オロオロ


雷「……ウプッ…」


提督「雷、なんとか耐えるんだ!今何か持ってきてやるから……」


雷「…………ごめん…なさい…」


暁「あっ…………」


102: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/10(日) 22:22:31.74 ID:zPKqbnbd0

ーーーーーー

提督「おーい雷、出てきてくれないか?」


暁「私は何も気にしてないから!」


雷「ぐすっ…」


電「雷ちゃんが引きこもってしまったのです…」


響「でもびっくりしたよ、目が覚めたら雷のゲロま……」


雷「やめて!その事はもう言わないで!!」


提督「酒を飲んで吐くことくらい珍しいことじゃないぞ?」


雷「違うの!響や電にその…迷惑をかけたのが嫌なの!」


103: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/10(日) 22:26:08.20 ID:zPKqbnbd0

響「そうだね、文字通り私と電は迷惑が「かかって」しまったね」


雷「うぅぅ…」


電「ちょっと響ちゃん!」


響「すまない、冗談のつもりだったんだ」


暁「このままじゃ雷がずっと引きこもっちゃうわ…」


提督「…よし、なら響も電も秘密を暴露すればいい。そうしたらお互いにおあいこだな?」


響「理屈的にはそうだけど、ペラペラ秘密を喋る趣味はないよ?」


提督「大丈夫だ、こんな装備がある」ペカー


響「うっ!…下3」


下3 響の懺悔を


104:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 22:28:45.75 ID:PMc2lGVtO

ときどきお菓子を盗み食いしてる


105:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 22:29:11.68 ID:JVj0qH99o

戦いが終わったらロシアに亡命するつもりだった


106:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 22:29:15.25 ID:ZwM4296j0

司令官を自分だけのものにするため色々画策している


109: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/10(日) 22:34:18.28 ID:zPKqbnbd0

響「司令官を自分だけのものにするため色々画策しているんだ…」


暁「あなた一体なにしてるの!?」


提督「それは知らなかったな」


電「電は知っていたのですよ…」


暁「嘘でしょ!?響は何をしてたの?」


電「司令官さん、最近響ちゃんの下着拾わなかったのですか?」


提督「…………拾った」


電「その下着は二日後に響ちゃんに返しましたね?」


提督「その通り……だ」


110: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/10(日) 22:36:26.32 ID:zPKqbnbd0

電「それは全部響ちゃんの作戦なのです」


響「まさか電にバレていたなんて…私もまだまだだね」


電「抜け駆けは許さないのです」


暁「司令官が…そんな最低なことしてたなんて……」


提督「……よし!次は電の番だな!」


暁「なかったことにしようとしてるわね」


提督「電、こっちを向くんだ」ペカー


電「あっ!…下3」



下3 電の懺悔を


111:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 22:37:36.86 ID:IQOVcXNZ0

通信教育で仁王羅漢拳を習得した


112:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 22:38:23.53 ID:0mBUZVDVO

「なのです」を使うのを一度止めてみたい


113:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 22:38:28.39 ID:JVj0qH99o

実は素手の方が強い


117: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/10(日) 22:46:32.48 ID:zPKqbnbd0

電「実は素手の方が強いのです…」


提督「それは懺悔することなのか?」


電「今までずっと偽ってきていたのです…申し訳ないのです…」


響「素手の方が強いって、どれくらい強いんだい?」


電「そうなのですね……司令官さん、ドア壊してもいいのですか?」


提督「…雷は出てこないし、特別に許可しよう」


電「じゃあいくのです。上上下左…」


暁「何をブツブツ言ってるのかしら?」


119: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/10(日) 22:50:46.00 ID:zPKqbnbd0

バギィ!!



雷「なに!?なんなの!?」


電「雷ちゃん、もう部屋から出てくるのです」


響「私達は気にしないよ」


暁「そうよ!私達は四人揃って第六駆逐隊なんだから!」


雷「みんなぁ……」ウルウル


提督「うんうん、これで無事解決だな」


響「司令官のおかげだよ、ありがとう。ところで、そのライトはなんなんだい?」


提督「これか?これは明石が作ったやつでな…」


響「探照灯とは違うみたいだし……あっ、スイッチが」ペカー


提督or雷or電「下3」


下3 ライトが当たった一人の名前と懺悔を


120:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 22:51:48.83 ID:NBuosaqj0

提督 未だに雷と電をよく間違える


121:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 22:52:20.35 ID:pC8+PZCm0

提督 実は夜こっそりかめはめ波の練習をしたことがある


122:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 22:52:25.65 ID:IQOVcXNZ0

提督
実は今、暁のパンティをはいている


128:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 22:54:44.73 ID:NBuosaqj0

変態だー!!!!


130: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/10(日) 23:03:09.69 ID:kSQdyGGjO

提督「実は今、暁のパンティをはいているんだ」


暁「いやぁぁぁぁぁぁ!!」


響「まさか私のパンツが負けるなんて……」


電「響ちゃんはどうして悔しそうなのです!?」


暁「……そういえばこの前おろしたてのパンツがすぐに汚れちゃって不思議に思ってたんだけど、もしかして……?」


提督「……」メソラシ


暁「いやぁぁぁぁぁぁ!もうお嫁にいけないっ!!」


電「司令官さん、ちょっと電とお話ししませんか?」ファイティングポーズ


提督「………逃げるが勝ちだ!!」ダダダッ


電「あっ!待つのです!!」


131: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/10(日) 23:05:10.50 ID:kSQdyGGjO

ーーーーーー

提督「はぁ……はぁ……なんとか逃げきれたようだな」


提督「まさか暁のパンツのことまでバレてしまうとは…このライトは恐ろしい…」


提督「……だが響が俺に対して使った時は何もなかったよな?」


提督「何か原因はあるのだろうか……」


下3「あれは…提督?」


下3 遭遇した人物を


132:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 23:06:00.92 ID:+m+a14OHo

川内


133:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 23:06:36.25 ID:QFBPSs6qo

阿武隈


134:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 23:06:38.22 ID:JVj0qH99o

山風


140: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/10(日) 23:16:13.92 ID:zPKqbnbd0

山風「提督……そんなに慌ててどうした…の?」


提督「少し色々あってな…」


山風「もしかして…急いで山風に会いにきてくれたの…?」


提督「いや、そういうわけではないが…」


山風「そうなんだ……」シュン


提督「あっ、だからと言って山風のことは嫌いじゃないからな?」


山風「なら…嬉しい……」



141: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/10(日) 23:17:59.75 ID:zPKqbnbd0

提督「山風こそどうしたんだ?」


山風「江風がしつこいから…逃げてきたの…」


提督「おっ、逃げてきたのは俺と一緒だな」


山風「また何か…余計なことしたの…?」


提督「……大体合ってるな」


山風「もう……」


提督「迷惑ついでに……山風、こっちを見てくれ」ペカー


山風「んっ……下3」


下3 山風の懺悔を


142:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 23:18:27.59 ID:hw6v/BoFo

提督のことをパパって呼びたいのを我慢してる


143:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 23:18:37.50 ID:JVj0qH99o

kskst


144:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 23:19:01.09 ID:89/i8GgC0

こう見えて実はオッパイ星人


147: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/10(日) 23:26:30.47 ID:zPKqbnbd0

山風「こう見えて実は…オッパイ星人なの…」


提督「ほう……」


山風「いつもみんなのオッパイばっかり見てて…ごめんなさい…」


提督「いや、悪くないんじゃないか?」


山風「本当に……?」


提督「あぁ、オッパイというものは男女関係なく崇めていいものなんだ。お前の気持ちはよくわかるぞ」


山風「私が一番好きなオッパイは…下2なんだけど…」


下2 人物名を


148:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 23:26:57.65 ID:JVj0qH99o

加賀


149:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 23:27:05.86 ID:ZwM4296j0

蒼龍


152: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/10(日) 23:34:29.58 ID:zPKqbnbd0

山風「私が一番好きなオッパイは…蒼龍さんなの…」


提督「ほう、蒼龍ということは、ただ大きいのがすきなんじゃないんだな?」


山風「うん…蒼龍さんのは張りがあって…オッパイらしいオッパイだった…」


提督「…なんで知ってるんだ?」


山風「出撃の時に…もたれかかったら……凄かったの…」


提督「おお…そんなによかったのか」


山風「一度…好きなだけ揉んでみたい…」


153: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/10(日) 23:36:20.38 ID:zPKqbnbd0

提督「同性なんだし、風呂とかでなんとかできるんじゃないか?」


山風「私に…そんなコミュ力ない…」


提督「なら作戦変更だ、蒼龍には負い目をおってもらおう」


山風「そんなの…どうするの?」


提督「俺にいい考えがあるんだ」


154: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/10(日) 23:39:24.37 ID:zPKqbnbd0

ーーーーーー

蒼龍「提督に山風ちゃん?突然どうしたの?」


提督「少し用事があってな。なぁ山風?」


山風「うん……」


蒼龍「提督はまだわかるけど…山風ちゃんが用事なんて、意外だなぁ」


提督「なぁ山風、間近で見るとどうだ?」ヒソヒソ


山風「凄い……やっぱり一番のオッパイ…」ヒソヒソ


蒼龍「なになに?目の前で内緒事?」


提督「まぁそれより蒼龍、これを見てくれ」ペカー


蒼龍「えっ!…下3」


下3 蒼龍の懺悔を


155:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 23:39:53.59 ID:Fle7U+iaO

鎮守府の物資を横流しして小遣い稼ぎ()してる


156:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 23:40:25.84 ID:JUPObb/9o

実は口リコン


157:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/10(日) 23:41:35.64 ID:y1qINLPvo

実はショタコン


162: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/10(日) 23:50:36.50 ID:zPKqbnbd0

蒼龍「実はショタコンなの…」


提督「ショタコンってあれだよな、小さい男の子が好きなやつだよな?」


蒼龍「ハッカドール3号君とかどストライクで……こんな趣味誰にも言えないからずっと秘密にしておきたかったのに…」


山風「蒼龍さん…私でよければ…男装してあげる…よ?」


蒼龍「本当に!?ちょうど山風ちゃんくらいの男の子とか大好きだけど…本当にいいの!?」


山風「そのかわり…お願い聞いてくれる…?」


蒼龍「聞く聞く!なんでも聞いてあげる!」


163: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/10(日) 23:54:39.93 ID:zPKqbnbd0

山風「蒼龍さんのオッパイ…好きなだけ揉ませてほしの…」


蒼龍「それくらい好きにしていいに決まってるじゃない!ほら、早速やりましょう!」


山風「えっ、でも……」


蒼龍「こんな時の為にコスプレ衣装も買ってあったのよ!ほら、ハッカドールの衣装!!」バサッ


山風「あっ、これ……」


蒼龍「そういうわけだから提督、これから私は山風ちゃんとじっくり楽しませてもらうから」


提督「あ、あぁ……」


蒼龍「悪いけど…ね?」


提督「そうだな、退散させてもらうよ」


164: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 00:00:11.86 ID:00DUtGPG0

山風「提督…ごめんね…?」


提督「いや、山風が幸せならそれでいいさ……後で感想聞かせてくれよ?」ヒソヒソ


山風「うん、わかった…」


蒼龍「さぁ!早く提督は出て行って!」バタン!


提督「やれやれ追い出されてしまったか…」



きゃーー!山風ちゃん似合ってる~!
そうかな……
ねぇ山風ちゃん、捗る?って言ってみてくれない?
えっと……蒼龍さん…捗ってる…?
きゃーーーー!!



提督「……二人が満足ならそれでいいだろう」




172: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 19:26:32.07 ID:JPzhzPCwO

ちょっと再開します


提督「さて、このままどこへ行こうか…今来たところを戻ると電と遭遇してしまうかもしれないな」


提督「だがこのまま蒼龍の部屋の近くに居るのも、蒼龍と山風に悪いだろう」


提督「とりあえず…食堂にでも向かうか」


下3 「あれは…」


下3 遭遇した人物を


173:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 19:35:39.35 ID:m4ubujbAO

国後


174:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 19:37:14.22 ID:h9sECZkzO

あけぼの


175:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 19:37:16.47 ID:KHqiUWqP0

飛龍


177: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 19:41:59.03 ID:JPzhzPCwO

飛龍「提督、蒼龍の部屋の前で何してるの?」


提督「いや用事はもう終わったんだ」


飛龍「……?変なの。あっ!まさか部屋を覗こうとしてたんじゃ…」


提督「そんなわけないだろう!山風を連れてきてやったんだよ」


飛龍「なんでまた山風ちゃんが?あの子と蒼龍になんか繋がりってあったっけ?」


提督「その辺りは蒼龍から直接聞いてくれ」


飛龍「よくわかんないけど…変なことをしようとしてないならいいよ」


提督「変なことではないが、こんなことはしてるぞ」ペカー


飛龍「あっ!…下3」


下3 飛龍の懺悔を


178:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 19:43:49.91 ID:UxyQNm5S0

実は口リコンで、駆逐艦を性的に襲っていたのを全部長門の仕業に偽装してた


179:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 19:45:03.06 ID:dwSYSxnTo

蒼龍と相撲をとって
千万円の壷を壊した


180:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 19:45:05.66 ID:EaaKiNJlo

提督に睡眠薬を盛って睡姦してた


182: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 19:50:38.79 ID:JPzhzPCwO

飛龍「提督に睡眠薬を盛って睡姦してたの…」


提督「…………」


飛龍「…………」


提督「……もしもし、憲兵さんですか?」


飛龍「あぁっやめて!それだけはやめて!!」


提督「ふざけるな!こっちは襲われてる身なんだぞ!」


185: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 19:58:14.28 ID:00DUtGPG0

飛龍「違うの!その……とにかく違うのよ!」


提督「何が違うって言うんだ!?」


飛龍「そ、そもそもいくら睡眠薬を飲んでたからって、そんなことされたら気付くでしょ!?」


提督「俺にはそんな覚えは全くない!」


飛龍「ね?覚えがないってことはやっぱり私は何もしてないのよ!」


提督「そこで言い切れないのが怪しぞ」


186: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 20:01:10.33 ID:00DUtGPG0

飛龍「…………ごめんなさい」


提督「罪を認めるんだな?」


飛龍「違うの!……正直私も覚えてないのよ…」


提督「どういうことだ?」


飛龍「この前夜中に提督に差し入れ持っていったじゃない?あの中に睡眠薬を仕込んでたの」


提督「薬は仕込んでたんだな…」


飛龍「でも私のにも間違えて薬が入ってたみたいで…朦朧としてよく覚えてないの」


187: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 20:04:30.69 ID:00DUtGPG0

提督「いくらなんでも、シたかどうかはわからないか?」


飛龍「全く……次の日は演習に遅れそうで、急いで支度して執務室から出て行ったから…」


提督「証拠不十分ということか」


飛龍「だからまだ私が悪いとは決まってないの!」


提督「薬を飲ませた時点でアウトだと思うが…一応あいつに聞いてみるか」


飛龍「あいつって?」


提督「決まってるだろ?うちの秘書艦だよ。うちの秘書艦は……」


下3 秘書艦の名前を


188:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 20:05:10.62 ID:dwSYSxnTo

ポーラ


189:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 20:06:12.99 ID:+kkEwZX/o

秋雲


190:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 20:06:30.10 ID:587FAkRSo

朝霜


191: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 20:12:38.36 ID:00DUtGPG0

ーーーーーー

朝霜「で、司令がようやく執務室に帰ってきたと思ったらそんな理由かよ…」


提督「秘書艦のお前なら一部始終を見てたはずだろう?あの後俺達はどうなったんだ?」


飛龍「ねぇ…私は本当に提督を睡姦しちゃったの…?」


提督「ことによっては飛龍は憲兵さんのお世話になるからな」


朝霜「二人なら…下2」


下2 朝霜の台詞を


192:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 20:13:38.88 ID:LZvBO3Sf0

司令は机にうつ伏せで寝てて、飛龍さんは床で西瓜を抱きしめながら寝てたけど、あれは何だったの?


193:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 20:14:04.43 ID:f608nB1Go

添い寝してた


195: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 20:20:10.78 ID:00DUtGPG0

朝霜「添い寝してただけだな」


飛龍「ほっ……」


提督「何もなかったということだから今回は不問にするが…二度とこんなことをしようとするなよ?」


飛龍「わかってます!それでは失礼します!」ガチャ


朝霜「……逃げたな」


提督「まぁ飛龍は俺を襲ったと思っていたらしいからな。これくらいで許しておこう」


朝霜「あたいの司令に手を出そうなんて……」ボソボソ


提督「ん?今なんて言ったんだ?」


朝霜「な、なんでもねーよ!」


196: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 20:22:39.76 ID:00DUtGPG0

朝霜「ところで司令、執務室に何人か呼んでおいてくれって、何か用事でもあるのか?」


提督「ん?俺はそんなこと言ってないぞ?」


朝霜「なんだって?明石さんが提督に言われたので~って言ってたぞ?」


提督「あいつ……これを試せってことだな」スッ


朝霜「それは……?」


提督「懺悔ライトって言うんだ。この光を浴びた奴はな…」


下3 「失礼します」


下3 訪れた人物を


197:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 20:25:38.18 ID:mQ45SDv20

加賀


198:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 20:26:13.02 ID:+kkEwZX/o

時津風


199:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 20:26:17.90 ID:qw6mwteM0

松風


200: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 20:33:08.70 ID:00DUtGPG0

松風「やぁ、キミが僕に用があるなんて。ひょっとしてこの帽子のことかい?」


朝霜「出たな松風…」


提督「相変わらずイケメンだな。わざわざ来てもらって悪いが、帽子に用があるんじゃないんだ」


松風「そうなのかい?じゃあ何があるって言うのさ?」


提督「こういうことだよ…」ペカー


松風「うっ!…下3」


下3 松風の懺悔を


201:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 20:33:34.71 ID:FCdp81UwO

鎮守府の物資を横流しして小遣い稼ぎしてる


202:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 20:33:44.53 ID:qw6mwteM0

調子に乗って手当たり次第に駆逐艦を口説いた結果
大勢の駆逐艦たちからキャーキャー言われ
四六時中追いかけまわされるようになってしまった


203:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 20:34:17.86 ID:dwSYSxnTo

ミックスジュースに豆腐を入れた


205: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 20:42:04.65 ID:00DUtGPG0

松風「ミックスジュースに豆腐を入れたんだ…」


提督「なんでまたそんなことをしたんだ?」


朝霜「一部のヤツがブチ切れそうだな…」


松風「クッ○パッドでそのレシピを見つけて…健康にいいって書いてあったからね」


提督「だが味のことまでは考えてなかったんだな?」


松風「まさにその通りだよ…」


206: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 20:45:47.52 ID:00DUtGPG0

朝霜「どうせ山雲の野菜を使ったミックスジュースだろ?よくあいつが怒らなかったな」


松風「…罰としてあのジュースを全部飲まされたからね」


提督「それはまた……」


松風「しばらくミックスジュースはいいかな」プルプル


朝霜「自分のせいだっつーの」


松風「……ごめん、思い出したら少し気分が…部屋に帰らせてもらうよ」ガチャ


提督「松風も悪気があったわけではないんだろうがなぁ…」





207: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 20:48:03.41 ID:00DUtGPG0

朝霜「そういうのが一番タチが悪いんだよ」


提督「しかしジュースに豆腐か…想像したくないな」


朝霜「料理ができるやつならそれくらいわかりそうなんだけどなぁ」


提督「ん?なら朝霜はわかるのか?」


朝霜「あったり前だろ?未来の為に練習してんだよ!」


提督「未来のため……?ん、次のやつが来たようだな」


下3 訪れた人物を


208:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 20:48:39.93 ID:FCdp81UwO

夕張


209:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 20:48:47.67 ID:EaaKiNJlo

長波


210:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 20:48:53.70 ID:mQ45SDv20

赤城


211: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 20:54:45.04 ID:00DUtGPG0

赤城「提督?美味しい御飯でもご馳走していただけるんですか?」


朝霜「赤城さんっていっつも食べ物のことばっかりだな…」


赤城「それが私のアイデンティティですから」


提督「いやすまん、食べ物は関係ないんだ」


赤城「そうなんですか……」シュン


提督「だが場合によっては食べ物に関係するかもしれないな…っと」ペカー


赤城「あっ!…下3」


下3 赤城の懺悔を


212:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 20:55:54.69 ID:FCdp81UwO

買春斡旋してる


213:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 20:56:08.45 ID:EaaKiNJlo

駆逐艦達のおやつを盗み食いしてる


214:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 20:56:14.15 ID:bNiYmGjoO

捨て駒の分際で提督に無礼働いたゴミどもを勝手に粛清した


216:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 20:59:21.74 ID:+kkEwZX/o

ヒエッ


217: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 21:01:13.50 ID:00DUtGPG0

赤城「捨て駒の分際で提督に無礼働いたゴミどもを勝手に粛清しました」


提督「…………え?」


朝霜「赤城……さん…?」


赤城「なんですか?私のしたことは間違ってはいないと思いますが」


提督「いや、しかしだな…」


朝霜「粛清って、どんなことをしてた…んですか?」


赤城「決まってます、下2」


下2 赤城の台詞を


218:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 21:03:19.24 ID:bNiYmGjoO

生きたままひき肉にした


219:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 21:03:20.46 ID:mQ45SDv20

きっと埃とかそういうゴミだよ

赤城さんはマメだなぁ(目そらし)


220:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 21:03:22.11 ID:FwDiywC9o

くすぐりの刑


223:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 21:03:59.48 ID:mQ45SDv20

あっ....すまん

本当にすまん


225: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 21:08:35.88 ID:00DUtGPG0

赤城「くすぐりの刑です」


提督「なんだ、くすぐりくらいなら…」


朝霜「あ、赤城さんの…くすぐり……」ガタガタ


提督「どうしたんだ朝霜!?」


朝霜「赤城さんののくすぐりは…地獄だ……」


提督「そんなに凄いのか、赤城のくすぐりは!?」


226: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 21:11:55.69 ID:00DUtGPG0

朝霜「やめてって言ってもやめてくれないし……全部漏らす子もいたんだよ…」ガタガタ


提督「全部って……壮絶だな」


赤城「暴力なんてもってのほかです。くすぐりは粛清として相応しい罰です」


提督「だが俺に黙ってそういうことをしていたのはよくないな」


赤城「……いいえ、私はただくすぐり合いをしながら遊んでいただけですよ?」


提督「む……」


赤城「…提督は優しすぎるんです。私みたいなのが一人はいないといけないんです」


227: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 21:14:31.95 ID:00DUtGPG0

提督「だとしても、トラウマを植え付けるのはやり過ぎだ」


朝霜「赤城さん……くすぐりの刑……」ガタガタ


赤城「……わかりました、これからのことは少し考えます」ガチャ


提督「俺が甘過ぎる……か。こればっかりはな……おっと、朝霜、もう赤城は帰ったぞ」


朝霜「ひいっ!……なんだ、よかったぁ…」


提督「朝霜がここまで怯えるとは……」


下3 「失礼します」


下3 訪れた人物を


228:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 21:15:29.59 ID:qw6mwteM0

皐月


229:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 21:15:30.03 ID:jf/Eol5no

睦月


230:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 21:15:36.16 ID:thSjpex+O

龍田


234: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 21:22:48.32 ID:00DUtGPG0

龍田「提督~もしかして天龍ちゃんが、何かしちゃいましたか~?」


朝霜「遠征のエースこと龍田さんだ」


提督「遠征ではいつもお世話になってるからな」


龍田「私では~戦闘では満足に働けないし~適材適所よ~」


提督「あっ、ちなみに呼び出したのは俺ではないから、天龍は関係ないぞ」


龍田「そうだったのね~」


提督「龍田に用事があるんだな…っと」ペカー


龍田「んんっ…下3」


下3 龍田の懺悔を


235:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 21:25:55.89 ID:MSC1W79jO

なんのお遊びかしら~?


236:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 21:25:59.56 ID:H76M+FHQ0

kskst


237:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 21:25:59.56 ID:SxpPGinEO

群れた深海棲艦の注意を引くため皐月(故)を大破させ、自分だけ逃げた



242: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 21:31:59.08 ID:00DUtGPG0

龍田「群れた深海棲艦の注意を引くため皐月を大破させて、自分だけ逃げたの…」


朝霜「えっ…嘘だろ……」


龍田「…ごめんなさい」


朝霜「なんで仲間を見捨てたんだよっ!」


龍田「しょうがないじゃない!私だって死ぬのは嫌だったの!」


朝霜「だからって…!」


提督「まぁ落ち着け朝霜」


朝霜「でもよおっ!」


提督「いいから、な?」



243: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 21:37:09.52 ID:00DUtGPG0

提督「そのことなんだが、実は知っていたんだ」


龍田「え……?」


朝霜「なんだよ司令!知ってて放置してたのかよっ!」


提督「それが本人の希望だったからだ」


龍田「皐月ちゃん……」


提督「皐月含む全員には応急修理要員を乗せてあるから沈むことはない。皐月もその事を知ってのことだと」


朝霜「でもっ!仲間を見捨てるなんて…」


244: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 21:40:30.36 ID:00DUtGPG0

提督「朝霜は同じ状況になった時、皐月を助けるか?」


朝霜「当たり前だろっ!!」


提督「それは朝霜が強いからだ。普通の奴なら自分が助かるように行動するさ…なぁ龍田?」


龍田「…ごめんなさい」


提督「龍田を責めるつもりはない。皐月もそれはやめてくれって言ってたからな」


龍田「……」


提督「だから提督としては龍田を怒らない。だが俺個人としては……」スクッ


龍田「っ…」ビクッ


提督「……いくぞ龍田?」


龍田「…………はい」


245: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 21:43:38.05 ID:00DUtGPG0

朝霜「司令……?本当に龍田さんを叩くのか…?」


龍田「……」ブルブル


提督「……」スッ


龍田「!!」


提督「おぉ……柔らかいな」ツンツン


龍田「……えぇっ!?」


提督「ずっと気になってたんだよ……龍田のオッパイ」フニフニ


龍田「……提督さん~?」


246: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 21:46:52.67 ID:00DUtGPG0

提督「俺がお前達を叩くないだろう。これで少し反省したか?」


龍田「……そうねぇ、次はちゃんとみんなを守るわ~」


提督「例え守れなくてもいいんだ、守ろうとする行動が大事ってことだな」


朝霜「……龍田さんのオッパイつつきながら言うことじゃねー!」ボコッ


提督「くぼぉっ!」ドサッ


龍田「あらあら~朝霜、やり過ぎじゃない~?」


朝霜「これくらいやらねーと気が済まないんだよっ!」


247: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 21:48:31.00 ID:00DUtGPG0

龍田「ウフフ~朝霜、頑張りなさいね~」ガチャ


朝霜「……ふんっ!」


提督「きゅう……」


朝霜「……しまった、提督が気絶してたら意味ねーじゃん…どうするか…」


下3 「失礼します」


下3 訪れた人物を


248:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 21:48:49.71 ID:M7tbIEHaO

ヒエー


249:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 21:48:58.46 ID:EaaKiNJlo

長波


250:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 21:48:59.53 ID:dwSYSxnTo

天津風


251: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 21:54:30.89 ID:00DUtGPG0

天津風「天津風入ります……って、これはどういう状況なの?」


提督「うーん……」


朝霜「ちょっと色々あってな…」


天津風「しばらく待ってないとダメ?島風待たせてるんだけど…」


朝霜「ん~なら私が使ってもいっか。天津風、こっち向いてみてくれ」


天津風「それくらいいいけど…何をするつもり?」


朝霜「こうするんだよ…」ペカー


天津風「えっ!…下3」


下3 天津風の懺悔を


252:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 21:56:15.93 ID:mQ45SDv20

実は今パンツを履いていない


253:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 21:57:17.13 ID:XKL4T2McO




254:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 21:57:19.06 ID:MSC1W79jO

ksk



257: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 22:03:17.20 ID:00DUtGPG0

天津風「連装砲くんをつかって提督の隠し撮り写真を集めてるの…」


朝霜「お前何してんだよっ!」


天津風「だってしょうがないじゃない!提督のことが気になって仕方がないんだもの!」


朝霜「だからって盗撮なんて…」


天津風「連装砲くんは男の子だから、私達の知らない提督の写真もあるのよ?」


朝霜「た、例えば……?」ゴクリ


天津風「下2」


下2 どんな盗撮写真だった?


258:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 22:04:51.92 ID:LAFHmhHPO

誰かのパンツを嗅ぎながら自慰


259:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 22:04:55.05 ID:O/OqWjmyo

響のパンツを嗅いでる


260:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 22:05:48.23 ID:ERJWnVeq0

↑2つとも同じじゃんww


262:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 22:10:57.16 ID:f2CjUw97O

連装砲くんの前でぱんつを嗅いでいるという事実


263: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 22:12:03.90 ID:00DUtGPG0

朝霜「この写真は……」


天津風「響のパンツを嗅いでるところよ。連装砲くんもちょっと引いたらしいわ」


朝霜「これ、下半身は見えてないけど…」


天津風「多分そういうことでしょうね。右手が見えてないし」


朝霜「なんで……響のなんだよ…」


天津風「廊下で偶然拾ったらしいわ。提督は散々楽しんだあと、ちゃんと響に返したらしいわよ」


朝霜「司令……」


265: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 22:15:22.79 ID:00DUtGPG0

天津風「でも連装砲くんに見られてもおかまいなしっていうのがよくわからないわね。男同士なら気にしないのかしら?」


朝霜「あたい達に当てはめてみたらどうだ?目の前で島風がおっぱじめたとして…」


天津風「……いや気にするわよ。少なくとも同じ部屋にはいれないわね」


朝霜「だよなぁ……」


天津風「連装砲くんが人じゃないからいいってことなのかしら?」


朝霜「男の考えることはわかんねぇなぁ…」


266: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 22:19:06.80 ID:00DUtGPG0

天津風「考えることはわからなくても、思考パターンならわかるわよ?朝霜、あんたこの後廊下にパンツ落としておきなさいよ」


朝霜「な、なんでだよっ!嫌に決まってんじゃん!」


天津風「そう?あの時間なら100パーセント提督が拾うと思うけど……?」


朝霜「ぐっ…………考えとく」


天津風「口下手に鈍感提督…あんた苦労するわね。でも私は応援してるわ。それじゃあ頑張りなさい」ガチャ


朝霜「うるせぇ……余計なお世話だよ……」


提督「うぅ~ん…」


下3 「失礼します」


下3 訪れた人物を


267:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 22:20:14.74 ID:fnpfph2M0

阿武隈


268:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 22:20:25.29 ID:qw6mwteM0

弥生


269:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 22:20:30.61 ID:f2CjUw97O

愛宕


271: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 22:31:27.52 ID:CuDkmgSzO

愛宕「パンパカパーン!提督~愛宕をお呼びに……って、なーんだ、朝霜ちゃんかぁ…」


朝霜「わけあって司令は気絶中なんだ」


愛宕「残念ねぇ……」


朝霜「代わりと言っちゃあれだけど…愛宕さん、こっち向いてくれるか?」ペカー


愛宕「えっ!…下3」


下3 愛宕の懺悔を


272:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 22:32:15.60 ID:EaaKiNJlo

提督の使用済みパンツをはいてる


273:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 22:32:44.64 ID:LZvBO3Sf0

先日の飲み会中、酔っ払った提督に名前が少し似ているというだけでアナゴさんの物まねをやらされたことを根に持っている


274:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 22:32:56.67 ID:qw6mwteM0

自前は自前だけどあの手この手でかさ増ししていて実際の胸の大きさは見た目よりも小さい


276: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 22:43:15.35 ID:00DUtGPG0

愛宕「自前は自前だけどあの手この手でかさ増ししていて実際の胸の大きさは見た目よりも小さいの」


朝霜「そんな…愛宕さんの胸が偽乳だなんて…」


愛宕「愛宕といえば巨乳でしょ?でも私は生まれつき胸は大きくなかったの。でも艦娘の適正があって…仕方がなかったの」


朝霜「確かに貧乳の愛宕なんかいないもんなぁ…」


愛宕「お風呂に入る時もいつもコソコソ…もういい加減カミングアウトしたいんだけど…」


朝霜「隠し事は辛いもんなー」


愛宕「…だから朝霜、何かいい案はない?」


朝霜「あたいに聞くのかよっ!」


愛宕「だって提督が気絶してる今がチャンスじゃない!何かいいのがあれば教えて欲しいわ」


朝霜「下2」


下2 朝霜の台詞を


277:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 22:44:55.83 ID:LZvBO3Sf0

ダイエット宣言して少しずつかさ増しを減らしてけば?


278:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 22:45:08.78 ID:O/OqWjmyo

お、おっぱいもんでもらう!


282: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 22:51:08.25 ID:00DUtGPG0

朝霜「お、おっぱいもんでもらう!」


愛宕「誰に?」


朝霜「あたいがやる…よ」


愛宕「それで大きくなるなら、早速お願いできる?」スルスル


愛宕「……どうかしら?」


朝霜「まさかこんなに小さいなんて…」


愛宕「駆逐艦や軽巡洋艦ち比べるとある方だけど、重巡と比べたら…」


朝霜「よ、よし……愛宕さん、揉むからな?」


愛宕「えぇ、好きにして…」


283: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 22:53:42.21 ID:00DUtGPG0

提督(ん……俺は気絶してたのか。今はどういう状況だ?)


あっ……ん…
変な声出さないでくれよ…
ごめんつい……んっ!


提督(なんだ?何が起こってるんだ?)


提督(少し薄目で見てみるか……)


朝霜「こう……か?」モミモミ


愛宕「あんっ……いいわよぉ…」


提督(朝霜が愛宕の胸を揉んでる……?なんでそんなことになってるんだ?)


提督(俺は……どうすればいい?)


下2 提督のとった行動を


284:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 22:54:58.30 ID:Wnd+ALwXO

自然に当たり前のように混ざる


285:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 22:55:11.79 ID:qJPkANihO

とりあえずもう一回気絶する


287: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 23:01:25.06 ID:00DUtGPG0

提督(とりあえずもう一回気絶しておこう…)ムクッ


愛宕「ん……あれ、提督?」


朝霜「司令!起きたの……か…?」ふにゅん


提督「うん、朝霜のような小さいのもなかなかいい触り心地だな」


朝霜「な、な、な……!!」


提督「それより愛宕、お前の胸って意外と小さ……」


朝霜「何してんだこのクソ司令ーーーー!!!」


288: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 23:05:24.21 ID:00DUtGPG0

提督「」大破気絶


朝霜「はあっ、はあっ……司令!いきなりなにしてんだよ!!」


愛宕「ダメね、気絶しちゃったわ」


朝霜「全く……何考えてんだよぉ…」


愛宕「起きたら突然女同士で胸を揉んでたのよ?混乱しても仕方ないわ」


朝霜「だからってよぉ……」


愛宕「でも他人に揉んでもらうのは悪くないわね。ありがとう朝霜、何か掴んだかもしれないわ!」ガチャ


朝霜「もう…………なんなんだよ……」


下2 「失礼します」


下2 訪れた人物を


289:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 23:06:47.09 ID:qw6mwteM0

黒潮


290:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 23:07:20.72 ID:mQ45SDv20

龍驤


291: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 23:13:27.15 ID:00DUtGPG0

龍驤「お邪魔するで~ってなんや、司令官は寝とるんかいな」


朝霜「寝てるというか…意識がないというか…」


龍驤「よーわからんけど…ウチに用事ってなんやったん?」


朝霜「それはこれなんだけどよぉ…」スッ


龍驤「ん?探照灯か?いやそれにしては小さいな…」


朝霜「これはこうやって使うんだよ…っと」ペカー


龍驤「うわっ!…下3」


下3 龍驤の懺悔を


292:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 23:14:50.89 ID:ZL3yHNPvO

艦娘だけの賭けバスケ大会を主催してしまった


293:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 23:15:42.09 ID:etxgLQ+bo

実は逆サバを読んでいてDカップある


294:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 23:15:49.07 ID:LAFHmhHPO

実は右目が見えてないのを隠してる


295: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 23:22:10.76 ID:00DUtGPG0

龍驤「実は右目が見えてないのを隠してるんや」


朝霜「嘘だろ!?出撃だって普通にやってるじゃん!」


龍驤「それは勘やねん…ちょっと待っててな、今コンタクト外すから…」


朝霜「えっ……?」


龍驤「ほら、これで信じてくれるか?」濁った右目


朝霜「ひいっ!そ、その目……」


龍驤「実はなぁ、この目はウチがまだ人間やった頃に深海棲艦のせいでな…」


朝霜「そっか、艦娘になる前の怪我は治らないんだ…」


296: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 23:25:52.00 ID:00DUtGPG0

龍驤「ウチがこうやって艦娘でいるのも、深海への復讐の為なんや。あいつらを皆殺しにするまでウチは死なれへんねん!」


朝霜「片目が見えなくても日常生活はなんとかなるのか?」


龍驤「それも慣れやね。片目での距離感も大分わかるようになったわ」


朝霜「…龍驤さんは復讐の為に戦ってるのか?」


龍驤「当たり前や、司令官や鎮守府なんかは二の次や。どれだけウチが深海の奴らを沈められるかが生きがいやねん」


朝霜「そんなの……」


297: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 23:27:59.96 ID:00DUtGPG0

龍驤「なんや、文句あるんか?」


朝霜「前に司令も言ってたじゃん、復讐や私怨の為に戦う奴は、戦いが終わったら困るって」


龍驤「大丈夫や、ウチの戦いは一生終わらんで」


朝霜「でもよぉ!」


龍驤「……文句あるんやったら朝霜もウチと同じ目に合っとくか?」


朝霜「……え?」


298: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 23:31:08.20 ID:00DUtGPG0

龍驤「こういうことやで」ガシッ


朝霜「あっ!や、やめてくれよ!」


龍驤「こうやってな……指の腹で眼球を潰したら、ウチの同じになるんやで」グググッ


朝霜「あっ、あっ!やめてくれよぉ!」


龍驤「駆逐艦が舐めた口ききよって……ウチがどんな気持ちで今まで過ごしてきたか!」ググググググッ


朝霜「あぁっ!や、やめてーー!誰かぁっ!!」


下2 この後の展開を


302: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 23:42:37.79 ID:00DUtGPG0

キメワザッ!


龍驤「なんや!?なんの音や!?」


長門「とぅあっ!!」


龍驤「グエッ!」クリティカルヒット!


長門「ふっ……会心の一撃だな」


朝霜「長門…さん…?」


長門「危なかったな朝霜、後はこの仮面ライダーナガトに任せろ」


朝霜「いや、どこからどうみても長門さん…」


長門「違う!私は仮面ライダーナガトだ!」


303: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 23:45:18.99 ID:00DUtGPG0

朝霜「だってそのゲーマードライバー睦月ちゃんのだよね?名前書いてあるし…」


長門「こ、これは違う!とにかく、龍驤のことは任せておけ!」


龍驤「きゅう…」


長門「それではさらばだ!仮面ライダーナガトは全ての駆逐艦の味方だからな!」ドスドスドス


朝霜「行っちゃった…」


提督「うぅん……何が起こったんだ…?」


304: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 23:47:45.43 ID:00DUtGPG0

朝霜「あっ、司令……」


提督「朝霜…?どうしたんだ?」


ギュッ


朝霜「……」


提督「おほっ……ど、どうしたんだ朝霜?」


朝霜「ちょっと怖いことがあってさ…」


提督「そ、そうか……(胸の感触が……)」


朝霜「……司令、あたい達ってなんの為に戦ってるの?」


提督「むふふ…………えっ?」


朝霜「あたい…よくわからなくなってきたんだ…」


提督「下2」


下2 提督のいい感じの台詞を


305:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 23:50:23.76 ID:kqXCzuMuO

いいおっぱいだ(そりゃあもちろん平和のためだ)


306:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/11(月) 23:50:58.71 ID:vlcUloyk0

その答えは風の中にある


311: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/11(月) 23:56:32.04 ID:00DUtGPG0

提督「その答えは風の中にある」


朝霜「風……?」


提督「はっきり言えば、朝霜の質問に対する答えはない。だがな、大事なのは自分の中に答えを見つけることなんだ」


朝霜「あたいの…中に…」


提督「自分の中に答えがあれば、それに逆らわなければいいんだ」


朝霜「まだ答えがなかったらどうすればいいんだよ!?」


提督「……それが風の中にあるんだ」


312: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/12(火) 00:00:57.60 ID:aGbqCjGy0

朝霜「司令が何言ってるかわかんねぇよ…」


提督「今すぐにわからなくてもいい。だが今日俺が言ったことは忘れないで欲しいんだ」


朝霜「……わかったよ司令」


提督「わかってくれたら何よりだ……なぁ朝霜、そろそろ離れないか?」


朝霜「あっ!わ、悪い司令!」バッ


提督「俺としはずっと抱きついていてもらいたいくらいなんだが…これ以上は俺の単装砲が…」


朝霜「あっ、あぁっ……!」カァァ


提督「……朝霜の抱き心地、中々よかったぜ!」キメ顔


朝霜「……ふっざけんな!!」バキッ


提督「三回目……」バタン


朝霜「一生気絶してろっ!!」





319: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/12(火) 19:22:11.79 ID:AY0LG82nO

ちょっと再開します


ーーーーーー次の日

提督「やれやれ、昨日は酷い目にあった」


朝霜「全部司令が悪いんだろっ!」


提督「俺は嘘をつくのが苦手なんだ」


朝霜「そういう次元の話じゃねーんだけどなぁ…」


提督「それより今日も艦娘が執務室にやってくるらしい。こいつで懺悔を聞いてやろうじゃないか」スッ


朝霜「ロクでもねーことになんねぇといいけどなぁ」


下3 失礼します


下3 人物名を


320:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 19:25:16.55 ID:hetshsNqo

五月雨


321:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 19:27:19.15 ID:LCiBaGBLO

金剛


322:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 19:27:23.51 ID:TdsuhMhG0

初霜


324: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/12(火) 19:30:57.99 ID:AY0LG82nO

初霜「初霜参りました。提督、ご用件はなんでしょうか?」


提督「初霜はいつも礼儀正しくていいなぁ~」


初霜「これくらい、軍人として当然です。仮にも私達は軍属であり……」


朝霜「あ~話が長くなりそうだし…司令、さっさと使ってみてよ」


提督「そうだな、初霜こっちを見てくれるか?」ペカー


初霜「そんなっ!…下3」


下3 初霜の台詞を


325:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 19:32:11.11 ID:LMqRM1sFo

みんなに内緒で猫を飼っている(間宮さんが協力者)


326:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 19:33:12.87 ID:aQvnKtHJo

懺悔するような悪い事をなにもしていない自分は正しくないのではないかという気持ちを抱えている


327:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 19:33:37.87 ID:kQrKJ+RwO

雪風と一緒に頼まれてギャンブルの代打ちしてる


328: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/12(火) 19:43:31.47 ID:aGbqCjGy0

初霜「雪風と一緒に頼まれてギャンブルの代打ちしてるんです…」


朝霜「ギャンブルっておい!駆逐艦がやっていいわけねぇだろ!」


初霜「どうしても断れなかったんです……」


提督「そういう時は俺に相談して欲しかったな」


初霜「すいません…」


提督「で、その代打ちは誰に頼まれたんだ?」


初霜「下2」


下2 人物名を。複数可


329:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 19:47:29.08 ID:FiGCjKvEO

那珂


330:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 19:47:37.18 ID:LMqRM1sFo

隼鷹


331: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/12(火) 19:55:33.64 ID:aGbqCjGy0

初霜「隼鷹さんに頼まれて…」


朝霜「あの飲兵衛何考えてるんだ!?」


提督「とにかく本人に聞いてみよう」


ーーーーーーー


提督「隼鷹、少しいいか?」


隼鷹「ん~?まだ真っ昼間ってのに、隼鷹さんに何か用かい?」


提督「あぁ、初霜についてだ。なんで初霜達にギャンブルの代打ちを頼んだんだ?」


隼鷹「下3」


下3 隼鷹の台詞を


332:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 19:57:37.72 ID:FiGCjKvEO

酒代?


333:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 19:57:56.78 ID:BN5evAICo

酒代が嵩んでしゃっき


334:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 19:57:58.80 ID:k1KHsZBzO

かけてるのはお菓子や酒だし、そんな大層なもんじゃないよ
強いて言うなら酒代が浮くからかな


338: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/12(火) 20:07:25.34 ID:aGbqCjGy0

隼鷹「かけてるのはお菓子や酒だし、そんな大層なもんじゃないよ。ま、強いて言うなら酒代が浮くからかな~」


朝霜「思ったより深刻じゃなさそう…?」


提督「その割には初霜は落ち込んでいたようだが?」


初霜「例えかけているのがお菓子でも…ギャンブルはギャンブルなんです…私は……」


隼鷹「あー……ごめんな?初霜もみんなと遊びたいかと思ってたんだよ」


朝霜「なるほど…確かに初霜って訓練ばっかりだもんな」


339: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/12(火) 20:11:21.74 ID:aGbqCjGy0

隼鷹「だから無理矢理気味にでも誘ってやろう…ってな。まさかかけてたのを気にしてたとは思わなかったよ」


提督「初霜、どうやら隼鷹に悪気はないみたいだぞ?」


初霜「そうみたいですね…隼鷹さん失礼しました」


隼鷹「いいっていいって!」


朝霜「でも初霜はこれでいいんじゃねーか?そうでもしないとずっと訓練してるぞ?」


提督「そうだな…隼鷹、引き続き初霜と遊んでやってくれるか?もちろん賭けはなしでな」


隼鷹「そういうのなら隼鷹さんは得意中の得意だからね~!任せといてよ!」


初霜「隼鷹さんお願いします!」


340: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/12(火) 20:13:58.98 ID:aGbqCjGy0

隼鷹「だから~そういうカタイのがダメなんだって」


初霜「あっ……ごめんなさい」


隼鷹「だから謝るなって!」


提督「隼鷹と初霜…中々いい組合わせじゃないか」


朝霜「隼鷹さんも、なんだかんだ言って頼れる時は頼れるしなっ!」


ーーーーーー

提督「…さて、執務室に戻ってきたわけだが」


朝霜「次は誰が来るんだろうな」


下3 訪れた人物を


341:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 20:14:41.65 ID:faXSxeQQ0




342:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 20:14:49.63 ID:J8kdxr5xO

若葉


343:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 20:16:26.68 ID:DtbY7yujo

ゆー


344: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/12(火) 20:27:55.90 ID:aGbqCjGy0

U511「提督…失礼します…」


提督「ゆーか、いつもお世話になっているぞ」


朝霜「オリョクルにデコイ…潜水艦無しじゃやっていけねーよな」


U511「そう言ってくれると嬉しい…です」


朝霜「だがそれとこれとは話が別だ」


提督「うん、そうだな」


U511「え…なに?なんなんですか…?」


提督「ゆー、こっちを向いてくれるか?」ペカー


U511「ん…下3」


下3 ゆーの懺悔を


345:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 20:29:40.91 ID:cQKyUpAzo

夜中にほえた飼い犬を
雷撃で殺してしまった


346:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 20:31:26.00 ID:t35xs9gH0

日本語の勉強を兼ねて日本の歌をいくつか覚えたのだけど、その中の一つでんでん虫の歌を歌っていたら暁から物凄く怒られた
未だに意味がわからない……日本語って難しい


347:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 20:31:27.70 ID:3TL7lUnb0

私犬好きなんです かつては訓練の帰りに近所の犬をよくなでなでして和んでました 

ある日のこと、いきなりその犬が私の手に噛み付いてきたので「しつけの悪い犬め!第三帝国の鉄槌を!」と言い放ちその場で銃殺しました


352: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/12(火) 20:36:13.27 ID:aGbqCjGy0

ゆー「私犬好きなんです。かつては訓練の帰りに近所の犬をよくなでなでして和んでました」


朝霜「それってあの茶色の犬だよな?人懐っこくて可愛いんだよ~」


提督「そんな犬が居たなんて知らなかったな」


朝霜「でも最近は見てないんだよな…どうしちまったんだろ?」


ゆー「それ、ゆーのせいなんです。ある日のこと、いきなりその犬が私の手に噛み付いてきたので「しつけの悪い犬め!第三帝国の鉄槌を!」と言い放ちその場で銃殺しました」


提督「ゆー……?」


朝霜「嘘だろ…?」


354: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/12(火) 20:39:24.43 ID:aGbqCjGy0

提督「……そもそも銃はどこから手に入れたんだ?」


ゆー「祖国から持ってきました…はい」


朝霜「ただ噛んだだけであの犬を殺したっていうのかよ!」


ゆー「うん…ゆー凄く反省してます。祖国ではそうしないと襲われて…死んじゃうこともあるから…」


提督「向こうはそんなに治安が悪かったのか!?」


ゆー「ゆーの住んでた地域が…よくない場所でした…」


朝霜「そんな…」


356: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/12(火) 20:42:15.69 ID:aGbqCjGy0

ゆー「撃ってからここはニホンだって気付いて…でもその時にはもう遅かったんです…」


提督「……その犬はどうしたんだ?」


ゆー「鎮守府の裏に…埋めました。毎日お参り…してます」


朝霜「…そんなことしたからって、許されるわけじゃねーぞ」


ゆー「わかってます……ごめんなさい」


提督「…よしゆー、その銃は俺が預かっておく。いいな?」


ゆー「はい…」


357: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/12(火) 20:46:51.96 ID:aGbqCjGy0

提督「ゆー、ここは丸腰で歩いていても襲われることは少ないんだ。過去に何があったかは知らないが、少しくらい心を落ち着けてもいいんだぞ?」


ゆー「……うん」


提督「その犬のことは悔やみ切れんだろうが…次にまた犬と出会ったら、その時は大切にしてやってくれ」


ゆー「……」グスッ


朝霜「……あたいも少し言い過ぎたよ。そのお墓に今度連れて行ってくれよ」


ゆー「……はい、一緒に行きましょう…」ぐしぐし


提督「これで少しでもその犬が救われるといいんだが…」


358: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/12(火) 20:48:34.01 ID:aGbqCjGy0

ーーーーーー

朝霜「あの気弱そうなゆーがなぁ……」


提督「気弱だからこそ、何かあったら引き金を引く癖が付いてるんだろう」


朝霜「…悲しい癖だな」


提督「……そうだな…」


下3 「失礼します」


下3 訪れた人物を


359:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 20:49:10.90 ID:cQKyUpAzo

古鷹


360:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 20:49:39.78 ID:/W98NeVjO

ウォースパイト


361:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 20:49:50.31 ID:k1KHsZBzO

ひえー


362: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/12(火) 20:55:59.02 ID:aGbqCjGy0

比叡「司令!比叡をお呼びに……ってなんだかしんみりしてませんか?」


提督「ちょっとな……」


朝霜「色々あったんだよ…」


比叡「そうなんですか…?」


提督「……よし、気を取り直して比叡の懺悔を聞いてみよう」ペカー


比叡「ひえー!…下3」


下3 比叡の懺悔を


363:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 20:57:47.43 ID:2Zm933RFo

実は料理が上手いがキャラ立ての為に料理下手を演じている


364:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 20:58:04.94 ID:t35xs9gH0

食堂の手伝いをしたときに醤油とソースの補充をしたのだけど、逆に入れてしまってそのままにした。ついでに砂糖と塩も……


365:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 20:58:09.87 ID:FiGCjKvEO

提督の作戦が失敗すのは全部私が作戦内容を深海側にリークしてたから


373: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/12(火) 21:04:43.83 ID:aGbqCjGy0

比叡「提督の作戦が失敗するのは、全部私が作戦内容を深海側にリークしてたからなんです…」


朝霜「司令!裏切り者がいるぞ!!」


提督「いや、ちょっと待ってくれ…」


朝霜「何を待つ必要があるんだよ!今比叡さんが懺悔しただろっ!」


提督「俺……作戦失敗したか?」


朝霜「……そういえば…」


比叡「そういう意味じゃないんですよ~!」


374: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/12(火) 21:10:00.40 ID:aGbqCjGy0

朝霜「なら…どういう意味なんだよ?」


比叡「……司令、最近お姉様の下着を盗もうとして、ドッグに忍び込みましたよね?」


提督「それは…だな」


朝霜「司令、なにしてんだよっ!」


比叡「でも運悪くその日お姉様はドッグを後回しにして補給に向かっていたので、提督の作戦は失敗しましたよね?」


朝霜「まさか作戦って、そういう意味かよ!?」


提督「まさか俺の企みが漏れていたとは…」


比叡「正確には深海の方に協力してもらって、見張っていてもらってるんです」


朝霜「深海って…誰が協力してくれてるんだよ?」


比叡「下2」


下2 深海棲艦の種類を


375:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 21:10:33.87 ID:T3D+juYS0

ほっぽちゃん


376:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 21:11:01.68 ID:faXSxeQQ0

ヲ級


377:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 21:11:09.26 ID:rOvRZsTj0

重順夏姫


379: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/12(火) 21:24:02.51 ID:aGbqCjGy0

比叡「重巡夏姫に協力してもらっているんです」


朝霜「なんで深海と仲良くできんだよ!あいつらは…」


提督「まぁ待て朝霜。その重巡夏姫は敵意はないんだな?」


比叡「はい、利害は一致しているので、向こうから攻撃してくることはないと思います」


朝霜「どういう意味で利害が一致しているんだ?」


提督「比叡、どういうことか詳しく説明してくれないか?なんで比叡が深海棲艦と仲良くしてるんだ?」


比叡「下2」


下2 比叡の台詞を


380:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 21:25:03.97 ID:nqf9D9wD0

あれ?下2だったらヲ級では?


381:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 21:26:43.70 ID:T3D+juYS0

カレーで懐柔


382:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 21:26:44.19 ID:/W98NeVjO

ひえーカレーで洗脳した


383: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/12(火) 21:30:58.58 ID:aGbqCjGy0

すいません下3のつもりでした

ヲ級でカレー安価で再開します


384:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 21:33:28.74 ID:FiGCjKvEO

カレーYABEEEEE!


385:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 21:35:14.38 ID:DtbY7yujo

比叡カレー、洗脳兵器だった


386: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/12(火) 21:37:52.28 ID:aGbqCjGy0

比叡「ヲ級をカレーで懐柔したので、手伝ってもらっていたんです」


朝霜「よりによって比叡さんのカレーで懐柔できるなんて…」


提督「そのヲ級の舌は大丈夫なのか?」


比叡「二人共失礼すぎませんか!?」


朝霜「だってこの前の比叡さんのカレー…青かったし…」


比叡「あれはブルーハワイの色ですから!味には影響しません!」


提督「カレーにブルーハワイがおかしいんだよ…ちなみに、そのヲ級とは会えるのか?」


比叡「ええ、是非司令も会ってください!」


387: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/12(火) 21:39:36.25 ID:aGbqCjGy0

ーーーーーー鎮守府、倉庫裏


提督「こんな所に深海棲艦がいたとは…」


比叡「ここは滅多に人が来ませんからね!」


朝霜「ここは確かに気付かねーな…」


比叡「あっ、あそこにいるのがヲ級ですよ!」


提督「どれどれ…」


下3 ヲ級の様子を


388:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 21:41:46.25 ID:7LJP12jU0

見た目がデフォルメした感じに変化しており、頭から一本花が咲いている


389:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 21:41:53.71 ID:J1FGjGMjo

おめめグルグルの、アニメでよくある洗脳状態表現


390:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 21:41:57.44 ID:bYa556Ceo

白いワンピースを着て本を読んでる


393: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/12(火) 21:48:17.14 ID:aGbqCjGy0

ヲ級「ヲ…」


提督「んっ!?本当にヲ級なのか?」


朝霜「白い服を着て本読んでる可愛い女の子じゃん…」


ヲ級「ヲヲヲ…?」


比叡「大丈夫ですよ~司令達はあなたをいじめたりしませんから」


ヲ級「ヲヲ……」


提督「比叡はこのヲ級が何を言っているのかわかるのか?」


比叡「もちろんです!ねぇヲ級ちゃん」


ヲ級「ヲッ」


提督「確かに意思疎通はできてるみたいだな」


朝霜「そもそも、なんで比叡さんはこのヲ級を保護したんだ?」


比叡「下2」


下2 比叡の台詞を


394:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 21:51:29.51 ID:DtbY7yujo

お腹空いてるみたいだったから


395:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 21:51:41.30 ID:k1KHsZBzO

近海で会ったときにお腹が空いたというので連れて帰りました!


399: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/12(火) 22:01:26.62 ID:aGbqCjGy0

比叡「近海で会ったときにお腹が空いたというので連れて帰りました!」


朝霜「それでカレーを食べさせたら懐いた…?」


ヲ級「ヲ!ヲ!」


提督「どうやらそのようだな。あのサイケデリックなカレーを気にいるとは…」


比叡「評価してくれる人は評価してくれるんですよ!」


ヲ級「ヲ……おい…し……」


朝霜「…ヲ級が何か喋ろうとしてる!」


提督「なに!?」


比叡「ヲ級ちゃん、人間の言葉を覚えたんですか?」


ヲ級「……下2」


下2 ヲ級の台詞を


400:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 22:02:27.20 ID:nETvfIDIO

カレーは飲み物…


401:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 22:03:17.40 ID:T3D+juYS0

宇宙の真理が分かった


403: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/12(火) 22:14:15.34 ID:aGbqCjGy0

ヲ級「ヲ………宇宙の真理が分かった」


比叡「ヲ級ちゃん……?」


朝霜「急に喋りだしたぞーー!」


提督「キャァァアシャベッタァァァァ!……これで合ってるか?」


朝霜「多分合ってるぞ」


比叡「ヲ級ちゃん、どうしたっていうんですか?今まで喋れなかったじゃないですか!」ユサユサ


ヲ級「比叡のカレーが…宇宙を真理を解いてくれた…」


提督「おぉぉ?」


404:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 22:15:39.01 ID:FiGCjKvEO

(こいつ錯乱してね?)


405: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/12(火) 22:17:59.21 ID:aGbqCjGy0

ヲ級「深海棲艦は艦娘の真の姿……そもそもドロップの艦娘とは……」キィィィン


比叡「ヲ級ちゃんの目が…!」


朝霜「ど、どうなってんだよ司令!?」


提督「俺に聞くなよ!」


朝霜「艦娘がどうとか深海棲艦がこうとか…訳わかんないことしか言わなくなったぞ!?」


提督「こうなったら……ええい、ままよ!」


比叡「何をするんですか司令!!」


提督「下3」


下3 提督のとった行動を


406:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 22:19:18.38 ID:7LJP12jU0

ヲ級にズキュウゥゥン


407:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 22:19:40.10 ID:/W98NeVjO

ひえーカレーを顔面にぶちまける


408:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 22:19:58.37 ID:bYa556Ceo

おっぱい揉む


411: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/12(火) 22:26:50.97 ID:aGbqCjGy0

提督「俺は!オッパイを!揉む!!」むにゅん


ヲ級「!!!!」シュゥゥゥ


比叡「ヲ級ちゃんの目が…戻った」


朝霜「効いてるのか?」


提督「おお……これは…中々のサイズで…揉み心地も……良いぞ…」むにゅむにゅ


ヲ級「ヲ……!!」プルプル


比叡「ヲ級ちゃんが震えてる!」


提督「ワンピースの上から揉むのも…背徳感があって…とてもいい……」むにゅんむにゅん


ヲ級「下2」


下2 ヲ級の台詞or行動を


412:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 22:27:39.35 ID:DtbY7yujo

シネ


413:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 22:27:59.85 ID:FiGCjKvEO

ぶち殺ォヲス


416: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/12(火) 22:38:03.78 ID:aGbqCjGy0

ヲ級「ぶち殺ォヲス」


提督「ちょっとま


ゴシャァ!!


比叡「……司令が壁に刺さりましたね」


朝霜「いつもの自業自得だよ」


比叡「それよりヲ級ちゃん!ちょっと喋れるようになったんですね!」


ヲ級「なんでかワからないけド、よかっタ」


朝霜「これであたい達とも喋れるな」


417: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/12(火) 22:40:54.74 ID:aGbqCjGy0

ヲ級「みんなと話せルようになって嬉しイ」


比叡「私もですよ!ずっと話しかけたかいがありましたね!」


朝霜「でもさぁ、これからどうすんの?流石にずっとここに隠れておくのは無理だろ?」


比叡「それは…」


朝霜「……よし、ならヲ級が危険かどうかこいつで判断しよう」スッ


比叡「それはなんですか?」


朝霜「懺悔ライトっていうんだ、深海棲艦に効くかはわかんねーけど…っと」ペカー


ヲ級「ヲッ!…下3」


下3 ヲ級の懺悔を




418:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 22:41:51.66 ID:XkLUiRdtO

実は鎮守府の情報を流してる


419:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 22:42:43.60 ID:2Yrgfx1SO

懺悔することなどない


420:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 22:42:46.31 ID:TdsuhMhG0

実は提督の命を奪いに来た暗殺者である


424:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 22:43:45.50 ID:DtbY7yujo

(アカン)


428: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/12(火) 22:48:51.05 ID:aGbqCjGy0

ヲ級「実は提督の命ヲ奪いに来た暗殺者…なノ」


朝霜「…比叡さん、残念だけどヲ級はここで処分しよう」


比叡「嘘でしょ……ヲ級ちゃん……?」


ヲ級「でも…今ハそんなつもりはなイ…」


朝霜「信用できるかよっ!」


比叡「朝霜ちゃん待って!それはまだやめて!」


朝霜「司令をコロすなんて、そんなことさせるはずねーだろっ!」


ヲ級「ほんとニ…そんなことしなイ…」



429: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/12(火) 22:52:22.09 ID:aGbqCjGy0

比叡「朝霜ちゃん!もう少し話を聞いて!」


朝霜「ヲ級を庇うっていうなら…例え戦艦でもやっちまうぞ?」


ヲ級「ヲヲッ!やめテ、喧嘩はしないデ!」


朝霜「お前が司令をコロすって言うからこんなことになってんだよっ!あたいの司令を……!」


ヲ級「わかっタ、信頼してくれるならなんでもするかラ!」


朝霜「へぇ…なら、下2」


下2 朝霜の台詞を


430:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 22:53:42.05 ID:7LJP12jU0

仲間を1人拿捕してきな


431:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 22:53:43.42 ID:Qqso2+0HO

深海側にケンカ売ってこいよ


435: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/12(火) 23:03:30.51 ID:aGbqCjGy0

朝霜「深海側にケンカ売ってこいよ」


ヲ級「ヲ……」


比叡「いくらなんでもそれは…」


朝霜「それができねーなら、あたいは今ここでヲ級を沈める」


ヲ級「ヲ級は装備持ってなイ…」


朝霜「なら素手で行ってきな」


ヲ級「……それは無理ダ…」


朝霜「ならここで沈むんだな?」


ヲ級「だからこれは……ヲ級の覚悟ヲ…」


436: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/12(火) 23:07:31.64 ID:aGbqCjGy0

比叡「ヲ級ちゃん?何をするつもりなんですか?」


ヲ級「ふ……ぐっ………!」


比叡「自分の腕を……まさか!?やめてヲ級ちゃん!」


ヲ級「がっ………ぁぁぁっ!」バギッ!


朝霜「!!」


ヲ級「ぐぁっ!!…………痛イ……痛いよヲ……」ポロポロ


比叡「何も自分の腕を折らなくても!!」


ヲ級「これくらいしないト…信じてくれない…かラ……」


朝霜「…………」


ヲ級「これデ……信じてくれたカ…?」


朝霜「下2」


下2 朝霜の台詞を


437:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 23:09:41.05 ID:OO8TYHmdO

十分信じた


438:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 23:09:48.45 ID:/NYOe14tO

バケツ!はやくバケツ!


440: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/12(火) 23:14:42.63 ID:aGbqCjGy0

朝霜「バケツ!はやくバケツ!」


比叡「え?」


朝霜「ま、まさかここまですると思ってなかったんだよぉ」オロオロ


比叡「わ、わかりました!急いでバケツ持ってきます!」ダダダッ


ヲ級「ありがとウ……朝霜……う…痛イ……痛いよヲ……」


朝霜「待ってろ、すぐに比叡さんがバケツ持ってきてくれるからな!」


ヲ級「ヲ……ヲヲ……」


441: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/12(火) 23:19:19.68 ID:aGbqCjGy0

ーーーーーー

提督「……で、状況を整理すると、ヲ級は俺の暗殺者だったんだが、比叡のカレーで懐柔された…と」


比叡「今はもう司令の命を狙う気はないと腕まで折って証明したんです。誰かさんのせいで……」ジトー


朝霜「わ、悪かったよ…」


提督「ヲ級、腕はもう大丈夫なのか?」


ヲ級「おかげさまデ、もう治っタ。けど…」


比叡「どうしましたか?まだ痛みますか?」


ヲ級「……もう痛い思いをすルのも、誰かを傷つけルのも嫌になっタ」


提督「…それは信じていいんだな?」


ヲ級「もちろン」


443: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/12(火) 23:22:09.52 ID:aGbqCjGy0

ヲ級「信じてもらえないなラ、また腕を折ろうカ?嫌だけド…仕方ないシ…」


比叡「司令!!」


提督「よせよせ!俺が悪者になるだろ!わかった、ヲ級を信じてやるから!」


ヲ級「ヲ…嬉しい」


提督「だがヲ級の処遇はどうする?艦隊には深海棲艦をよく思ってない奴もいるだろうし…」


朝霜「……」


比叡「それならいい考えがあります!下2」


下2 比叡の台詞を


444:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 23:24:05.79 ID:XkLUiRdtO

深海棲艦をよく思わない艦娘は毎日3食ひえーカレーにする


445:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 23:26:02.37 ID:J1FGjGMjo

深海棲艦から救出されたものの記憶喪失なので保護預かりと建前


446: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/12(火) 23:31:34.72 ID:aGbqCjGy0

比叡「深海棲艦から救出されたものの、記憶喪失なので保護預かりと建前を作るんです!」


朝霜「できるのか、そんなこと?」


提督「俺の方で色々と書類を誤魔化せばできるが…」


比叡「ヲ級ちゃんはこの格好なら誰も深海棲艦だとは思いません!」


朝霜「確かにそうかもしんねーけど…」


提督「……比叡、何かあった時にヲ級を守れる覚悟はあるか?」


比叡「もちろんです!」


提督「…よし、やってやろうじゃないか」


447: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/12(火) 23:33:49.36 ID:aGbqCjGy0

比叡「よかったですねヲ級ちゃん!」


ヲ級「ありがとヲ…提督」


朝霜「ほんとに大丈夫なのか?」


提督「……正直わからん!」


朝霜「なんだよそれ…」


提督「だがヲ級の覚悟を無駄にすることはできないし…ウチの主力の比叡も協力すると言ってるんだ」


朝霜「でもよぉ…」


448: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/12(火) 23:36:29.81 ID:aGbqCjGy0

提督「そ、れ、に、朝霜も協力してくれるだろ?」


朝霜「はぁっ!?なんであたいが!」


提督「……ヲ級が自分で腕折ったの…お前のせいだよな…」ジーー


朝霜「ぐっ……!わかったよ!協力してやるよ!!」


提督「よし、これで秘書艦も味方になったな」


比叡「司令のやり方、比叡は好きです!」


提督「ありがとう、ありがとう」


ヲ級「ヲヲヲ……」


比叡「どうしたのヲ級ちゃん?」


450: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/12(火) 23:41:58.67 ID:aGbqCjGy0

ヲ級「ここは凄く楽しイ……深海はこんなに賑やかじゃなかっタ」


提督「まだまだ!ウチはこんなもんじゃないぞ!」


比叡「そうです!もっとこの鎮守府を知っていって下さいね!」


ヲ級「うん…ありがとウ…」


朝霜「…とりあえず書類が準備できるまでは、ここに居てもらうことになるな」


ヲ級「それくらイ我慢できる。腕を折ることに比べたラ…」


朝霜「だぁぁぁぁぁっ!そのことはもういだろっ!!」


451: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/12(火) 23:44:48.32 ID:aGbqCjGy0

ヲ級「ヲ級は根に持つタイプだかラ…」


提督「なら、しばらく朝霜は言われ続けるのを我慢するしかないな」


朝霜「ぎぃぃぃっ!」


比叡「いつにも増して歯が怖い…!」


ヲ級「ヲヲヲ…」


提督「……さぁ、俺達は執務室へ戻ろうか…」


下2 「提督?」


下2 遭遇した人物を


452:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 23:45:38.40 ID:LMqRM1sFo

加賀


453:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 23:45:40.38 ID:Qqso2+0HO

皐月


455: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 00:03:34.71 ID:1iuEy7U50

皐月「司令官に朝霜?それに比叡さんまで、こんな所でどうしたのさ?」


提督「いや、これはだな…」


皐月「ん?何その子?」


ヲ級「ヲ……」


比叡「これはですね…」


皐月「その子……すごく可愛いね!」


提督「へ?……あ、あぁ、そうだろう?」


皐月「どうしたの?艦娘じゃないみたいだけど…」


提督「あの……あれだよ、その…」オロオロ


456: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 00:05:56.89 ID:1iuEy7U50

朝霜「……深海から助け出した子なのよ」


皐月「そうだったの!?あっ、だからなんか喋り方が…」


ヲ級「うん…そうなノ…」


朝霜「まだ記憶も戻ってないし、しばらくウチで預かるんだよ」


皐月「そうだったの…キミ、元気出しなよ!きっと思い出すから!」


ヲ級「うん…ありがとウ…」


皐月「じゃあね司令官!今度またゆっくりその子とお話しさせてよ」タタタッ


457: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 00:08:01.75 ID:1iuEy7U50

提督「…朝霜、助かった」


朝霜「なんであそこで狼狽えんだよ…」


比叡「なんだかんだ言って朝霜も協力してくれて、嬉しいですよ!」


朝霜「……約束は守るからなっ!」


ヲ級「ヲ~ありがとう朝霜」


朝霜「……ったく…」




461:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 12:31:44.32 ID:6bixyoR9o

またデカい爆弾抱えたなぁ
いいゾ~(ゲス顔)


463: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 19:12:02.81 ID:9ZxLxF4G0


ーーーーーー

提督「うーん……」


朝霜「どうだい司令?進んでるかい?」


提督「ヲ級の為に色々と書類を作っているが、中々面倒だな…」


朝霜「あたいも手伝ってやるからさ、二人でならすぐ終わるだろ?」


提督「それは助かるが……他にもやらなきゃいけないことがあるからなぁ」


朝霜「あぁ…あれだな」


下3 「失礼します」


下3 訪れた人物を


464:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 19:15:49.06 ID:xuV9VSpuo




465:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 19:16:49.08 ID:F2Jp8xaHo

多摩


466:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 19:16:52.59 ID:h6s+euUA0

陽炎


469: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 19:22:37.46 ID:9ZxLxF4G0

陽炎「司令、どうしたの?私に何か用事なの?」


提督「陽炎なら是非これを手伝ってもらいところだが…」


朝霜「生憎、それはできないんだ…」


陽炎「よくわかんないけど…じゃあなんで私は呼ばれたの?」


提督「これが目的なんだよ…っと」ペカー


陽炎「えっ!…下3」


下3 陽炎の懺悔を


470:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 19:25:26.51 ID:JOizVDMQ0

実は少女マンガみたいな恋に憧れる


471:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 19:25:43.51 ID:2gAB8/bYo

姉妹全員の成長記録を3サイズ含め勝手につけている


472:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 19:25:51.75 ID:Ek59dbRkO

オープンカーにキリンを乗せて走ってたら歩道橋にキリンの頭が直撃してもげた



475: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 19:29:07.51 ID:9ZxLxF4G0

陽炎「オープンカーにキリンを乗せて走ってたら歩道橋にキリンの頭が直撃してもげちゃったの…」


朝霜「意味がわかんねぇよぉ…」


提督「俺も意味がわからん…」


陽炎「え?わかりにくかった?えっとね、オープンカーに…」


提督「違うんだ、言ってることはわかるんだが、意味がわからないんだ…」


朝霜「なんでそんな状況になったんだ?」


477: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 19:34:03.39 ID:Cgc278ECO

陽炎「あのね、今度参加するボランティアにいくつかオブジェを持っていくことになったの」


朝霜「キリンはそのオブジェだったのか?」


陽炎「そうなの。ついでにいうと、オープンカーも展示される車なの」


提督「よくばって運ぼうとした結果そうなったのか…」


朝霜「ちなみによぉ、その折れたオブジェはどうしたんだ?」


陽炎「下3」


下3 陽炎の台詞を


478:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 19:35:22.59 ID:hzZ4Y84po

しょうがないから陽炎型全員でキリンのコスプレして誤魔化した


479:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 19:36:26.66 ID:hdZoMRXW0

貴女のような勘のいい艦娘は嫌いよ


480:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 19:36:57.10 ID:Crl8HTjlO

動物の方を置いて誤魔化した


482: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 19:50:42.41 ID:Cgc278ECO

陽炎「動物の方を置いて誤魔化そうとしたの」


提督「えぇ…オブジェを本物にしたのか?」


陽炎「そう、でもできるはずがなくて…結局、不知火達に頼んで一緒に直してもらったわ」


朝霜「まぁでも折れたのが首だけだったんだし、意外となんとかなったんじゃねぇか?」


陽炎「それがそうでもなかったのよ…首はすぐ直ったんだけど、尻尾とか色々傷ついちゃってて…」


提督「ん?首はわかるが…尻尾も折れたのか?」


朝霜「キリンってそんなに尻尾長かったか?」


483: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 19:52:55.48 ID:Cgc278ECO

陽炎「あっ……もしかして二人共勘違いしてる?」


提督「勘違いも何も…キリンといえば首の長いあいつだろ?」


朝霜「そうそう、動物園で人気のさぁ」


陽炎「やっぱり…そっちのキリンじゃないの。私が言ってるのは伝説の生き物のキリンよ」


提督「あっちのキリンかよ!!」


485: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 19:55:47.60 ID:Cgc278ECO

朝霜「えっ?キリンって二種類いるのか?」


提督「いや、片方は伝説上の生物で……あれだよ、キリンビールに描かれてるやつだ!」


朝霜「あぁ、あれか……って、あれぇ!?」


陽炎「ほんっとに大変だったんだから…何がどうなってるかわからないし…」


朝霜「でも直せたんならそれでいいじゃん。気にすることねぇって!」


提督「……ん?待てよ…」


朝霜「どうした司令?」


486: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 19:59:07.15 ID:Cgc278ECO

提督「陽炎、生き物の方とすり替えようとしたって言ったよな……?キリン……見たことあるのか?」


朝霜「……あっ!!」


陽炎「……いくら司令でもそれは内緒」


提督「お、おい……」


陽炎「…じゃあ特別にヒントだけあげるわ。私達陽炎型にはとんでもない幸運を持った人がいるわよね?」


朝霜「えっ、雪風のことだろ?それがどうしたっていうんだよ!?」


陽炎「それ以上はダメよ。じゃあね司令、また何かあったら呼んでね~」ガチャ


487: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 20:01:05.27 ID:Cgc278ECO

朝霜「どういうことなんだよぉ…」


提督「まさか……いやでも雪風の運なら……」


朝霜「なんか…怖いな……」


提督「陽炎め…とんでもないものを残していきやがった…」


下3 「失礼します」


下3 訪れた人物を


488:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 20:03:00.57 ID:xjSTwAmh0

ウォースパイト


489:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 20:03:24.29 ID:5rXGpq+9O

阿武隈


490:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 20:03:46.45 ID:PII5wbE5O

ウォースパイト


492: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 20:20:01.09 ID:9ZxLxF4G0

ウォースパイト「admiral?私に何か用なの?」


朝霜「相変わらず流暢な発音だよなぁ」


提督「まさに本場の外国語だな」


ウォースパイト「当たり前よ、私はずっと向こうで暮らしていたんだもの」


提督「さて…そんなウォースパイトにはどんな懺悔があるのか…」


朝霜「故郷絡みだとあたい達にはどうにもできないかもなぁ」


ウォースパイト「……?admiral達は何を言っているの?」


提督「なに、すぐわかるさ…っと」ペカー


ウォースパイト「あっ!…下3」


下3 ウォースパイトの懺悔を


493:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 20:21:30.10 ID:Crl8HTjlO

売春斡旋してる


494:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 20:21:43.54 ID:hzZ4Y84po

英国が世界に迷惑かけてごめんなさい


495:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 20:22:22.41 ID:I50qaiEY0

admiralのことを変態だと思っている


496:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 20:23:35.58 ID:oHbRPn+J0

何も間違ってないんだよなぁ


497:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 20:28:39.95 ID:hzZ4Y84po

事実なんだよなぁ


498: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 20:28:43.52 ID:9ZxLxF4G0

ウォースパイト「admiralのことを変態だと思っているの」


朝霜「うん、ウォースパイトさんその通りだ。何も懺悔する必要なんてねぇよ」


提督「否定……できない…」


ウォースパイト「本人すら否定しないなんて……」


提督「俺は嘘はつきたくないからな」


朝霜「普通ならカッコいい台詞なんだけどなぁ…」


ウォースパイト「じゃあ、あの噂は本当なの?」


朝霜「それってどんなのだ?」


ウォースパイト「下2」


下2 提督にまつわる噂を


499:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 20:29:21.02 ID:hzZ4Y84po

大鳳の女体盛りを楽しんでる


500:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 20:29:33.25 ID:qK84Lbyx0

提督=変態だからね、仕方ないね


503: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 20:37:14.59 ID:9ZxLxF4G0

ウォースパイト「提督=変態だからね、仕方ないねっていう噂なの」


朝霜「それって、具体的にどういう内容なんだ?」


ウォースパイト「内容というか…例えば、下着を何処かに忘れたとしても、必ず数日以内にはadmiralからその下着が返ってくるの」


提督「……」


ウォースパイト「必ず返ってくるのはいいのだけれど、見つけたその日には返ってこない。提督は変態だから仕方ないね……といった感じよ」


朝霜「……司令…」


提督「…返すんだからいいじゃないか……」


505: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 20:40:08.04 ID:9ZxLxF4G0

朝霜「そういう問題じゃねぇんだよなぁ…」


ウォースパイト「私も半信半疑だったんだけど…まさか本当だったなんて…」


提督「……幻滅したか?」


ウォースパイト「正直少し。admiralも男の人の人だから仕方ないといえば仕方ないのだけど…」


朝霜「司令のは度が過ぎてるんだよ」


提督「だってさぁ……この環境が悪いんだ……」


ウォースパイト「確かに、この環境は特殊よ」


506: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 20:45:21.19 ID:9ZxLxF4G0

ウォースパイト「でも、admiralならそこは我慢すべきなのではないの?」


提督「その通りなんだが……」


ウォースパイト「はぁ…でも、私をそういう対象で見ないなら、これ以上私は何も言わないわ」


提督「……そうしてくれると助かる」


ウォースパイト「変態でも私のadmiralであることに変わりはないわ。今のようにしっかりとした指揮を続けてね?」


提督「それは提督として、すべきことは全力でやらせてもらう」


ウォースパイト「期待してるわよ、admiral?」ガチャ


朝霜「いいように言われっぱなしだな」


提督「やっぱり変態だとモテないよなぁ…誰も俺のことなんて好きじゃないんだろうな…」


507: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 20:47:37.54 ID:9ZxLxF4G0

朝霜「…………」


提督「はぁ…………」


朝霜「……司令、あたいさ…」


提督「だが!誰にも好かれていないということは!どれだけ変態な行動を取っても大丈夫ということだ!」


朝霜「はぁ!?」


提督「これからも下着とか見つけ次第……むふふ……」


朝霜「この…司令は……!」


提督「……ところで朝霜、何を言いかけたんだ?」


朝霜「なんでもねぇよ!!」


下3 「失礼します」


下3 訪れた人物を


508:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 20:48:39.48 ID:xjSTwAmh0

如月


509:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 20:49:17.35 ID:+jTof2VT0

秋月


510:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 20:49:22.21 ID:5rXGpq+9O

阿武隈


513: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 21:01:33.31 ID:9ZxLxF4G0

阿武隈「提督、阿武隈に何か用ですか?」


提督「阿武隈にはいつもお世話になっているな」


朝霜「確かに、改二になって大活躍だもんなぁ。羨ましいぜ」


阿武隈「それほどでもないですぅ~日頃の訓練のおかげです~」


提督「もちろん出撃で頼りにしているのは事実だ。だが阿武隈、改二でスパッツを履くようになったのはいいが、よく脱いだまま忘れてるよな?」


阿武隈「それでいつも提督が届けてくれるんですよねぇ。いつもありがとうございます!」


提督「…………こちらこそありがとう」


朝霜「最っ低…」


514: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 21:03:25.99 ID:9ZxLxF4G0

阿武隈「朝霜ちゃんはどうしてそんなに不機嫌なんですかぁ?」


朝霜「……司令に聞いてみな」


提督「んーー?なんのことだかわからんなー」棒読み


朝霜「はぁ……」


阿武隈「?」


提督「と、とにかく!阿武隈こっちを向いてくれるか?」ペカー


阿武隈「んぇっ!…下3」


下3 阿武隈の懺悔を


515:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 21:03:53.86 ID:lif0HuzM0

北上さんの事が好き


516:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 21:04:32.34 ID:+q1iB4PdO

実はワザとスパッツを落としている


517:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 21:04:35.73 ID:h6s+euUA0

私をオカズにしている提督を盗撮して
その動画を見ながらイケナイことをしている


521: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 21:10:04.25 ID:9ZxLxF4G0

阿武隈「私をオカズにしている提督を盗撮して、その動画を見ながらイケナイことをしているんです…」


朝霜「阿武隈さん!?」


提督「まさか…俺が盗撮されているなんて……」


朝霜「いや、既に何人かに盗撮されてるぞ?連装砲くんとかに」


提督「……そういえば連装砲くんがいる時に何か物音はしてたが…まさか盗撮されてたとは…」


朝霜「阿武隈さんも、連装砲くんに頼んだのか?」


阿武隈「いえ、あたしは…誰にも頼ってないというか…自力というかぁ…」


522: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 21:13:16.55 ID:9ZxLxF4G0

朝霜「自力って……」


阿武隈「提督はいつも同じ時間にシてますよねぇ?だから…割と簡単ですよ?」


提督「知らなかった…」


阿武隈「提督があたしのスパッツの股間部分を嗅ぎながら一人でしてて……最高に興奮するんですぅ…」もじもじ


提督「もしかして毎回脱ぎたてを忘れてたのは…?」


阿武隈「もちろん、わざとですよぉ」


朝霜「まさか阿武隈さんも司令と同類だったなんて…」


523: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 21:16:21.75 ID:9ZxLxF4G0

提督「…じゃあ何か?阿武隈は俺のことが好きなのか?」


阿武隈「いえ、好きとかじゃなくて~…自分がオカズにされてるっていうのに興奮してるんですぅ」


朝霜「それって気持ち悪くないのか?」


阿武隈「気持ち悪いですよぉ~」


提督「おぅふ……」


阿武隈「でも~その気持ち悪さが快感というか…やめられないんですぅ」


朝霜「……よくわかんねぇや」


阿武隈「なら朝霜ちゃんも見てみますか?提督の動画は何個か携帯に落としてるんですぅ」


朝霜「ど、どれ……?」ゴクリ


下3 再生された動画の内容を。


524:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 21:17:24.00 ID:GQuWsk0/0

獣のように唸りながらシコる提督の姿


525:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 21:17:24.66 ID:fyTefnsFo




526:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 21:17:51.01 ID:59Y+avOyo

>>524


530: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 21:24:10.92 ID:9ZxLxF4G0

阿武隈「これとか凄いですよぉ~獣のように唸りながらシてるんですぅ」


提督「あっ……それは初めて阿武隈の脱ぎたてスパッツが手に入った日だな…」


阿武隈「覚えてるんですかぁ!?」


提督「……最高だったから…」


阿武隈「気持ち悪い……けど…なんか…イイ…」ゾクゾク


提督「俺としては複雑だ…」


阿武隈「……朝霜ちゃんはどう思いますかぁ?」



下2 動画を見た朝霜の反応を


531:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 21:24:27.47 ID:fyTefnsFo

ウヒョー


532:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 21:24:32.83 ID:snXUlkVyo

ドン引き


536: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 21:29:14.61 ID:9ZxLxF4G0

朝霜「これのどこがいいんだよ…」


阿武隈「あれ…?イマイチなリアクション?」


朝霜「イマイチどころか引いたよ。変な声出して、ただ気持ち悪いだけじゃん」


提督「ぐっ……」


阿武隈「朝霜ちゃんとは趣味が合わないみたいで残念ですぅ」


朝霜「多分誰とも合わねえよ…」


阿武隈「誰か一人くらいはわかってくれると思いますよぉ」


537: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 21:32:13.65 ID:9ZxLxF4G0

阿武隈「それじゃあ提督、あたしは戻りますねぇ……今日もいつものところに、スパッツ忘れておいてあげますから」ガチャ


朝霜「……司令、拾いに行くのか?」



提督「行くような…行かないような……」


朝霜「ほんっと…最低だな……」


提督「…………すまん」


朝霜「なんであたいは……こんな奴を…」


下3 「失礼します」


下3 訪れた人物を


538:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 21:32:34.42 ID:lif0HuzM0

アクィラ


539:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 21:32:37.30 ID:snXUlkVyo

五十鈴


540:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 21:32:40.77 ID:exrmix6so

ガングート


543: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 21:44:20.67 ID:9ZxLxF4G0

ガングート「貴様がこの私を呼び出すとは。随分と偉くなったものだな?」


提督「いや、そんなつもりはないです、はい」


朝霜「司令ってガングートさんみたいなタイプだとそうなるよな」


提督「逆らったら何をされるかわかったもんじゃない」


ガングート「ほう、わかってるじゃないか。旧式とはいえこれでも戦艦だからな?」


提督「だが、そんなガングート相手にも、俺はやる!」ペカー


ガングート「なっ!…下3」


下3 ガングートの台詞を


544:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 21:44:41.74 ID:lif0HuzM0

夜中のラーメンは美味かった、資本主義も悪くないな


545:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 21:45:01.51 ID:exrmix6s0

実は宇宙人


546:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 21:45:41.78 ID:xm6gkmeyo

プライベートではかわいいふりふりの服を着ている


552: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 22:06:59.76 ID:Cgc278ECO

ガングート「プライベートではかわいいふりふりの服を着ている…」


提督「驚いたな…ガングートにそんな趣味があったなんて」


朝霜「でもあたい、前にガングートさんが出掛ける時に偶々すれ違ったんだけど、カッコいい服着てたぜ?」


ガングート「……それは、ここから離れたところで着替えているんだ。鎮守府の近くではあんな格好はしない」


朝霜「あっ、なるほど…」


提督「そもそもなんで隠すんだ?戦艦とはいえガングートも女の子じゃないか。誰も文句なんて言わないぞ?」


ガングート「これは……私の問題なんだ」


553: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 22:10:26.53 ID:Cgc278ECO

ガングート「私は艦娘になる前はフリフリの服を着て、ウインドウショッピングをするのが趣味だった。だが今は違うんだ!あの戦艦ガングートになったからには…!」


提督「うーん……深く考え過ぎじゃないか?」


ガングート「なんだと!?私が真面目に考えた結果だというのに!」


提督「それがいけないっていうんだ。何も艦娘だからって、プライベートを縛られる必要はない」


ガングート「だが……!」


提督「……じゃあわかった。ガングート、お前はプライベートは好きな格好で好きに過ごせ。これは命令だ!」


ガングート「……!」


提督「命令に忠実なガングートなら…守れるよな?」


554: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 22:12:59.93 ID:Cgc278ECO

ガングート「くっ……本当にいいのか?」


朝霜「いいに決まってんじゃん!あたいフリフリのガングートさん見たいよっ!」


提督「俺もだ。今度その格好でどこかに遊びに行こう」


ガングート「……悪い話では…ないな」


提督「よし、約束だな!」


ガングート「あぁ…………それはそうと、私だけ秘密を暴露するのも面白くないな」


提督「え?」


朝霜「ならガングートさん、はいこれ」ヒョイ


提督「あっ、おい!」


ガングート「ほう……これのスイッチを入れればいいのだな?」ペカー


提督「ぐわっ!…下3」


下3 提督の懺悔を


555:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 22:13:52.50 ID:lif0HuzM0

赤旗勲章を落としたのは俺だ


556:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 22:14:36.06 ID:g+n03U2UO




557:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 22:14:37.62 ID:8zv+i5IcO

睦月と中世の騎士ごっこしてたら剣を見立てた棒で睦月の鼻をへし折って出血させてしまった


559: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 22:27:36.49 ID:Cgc278ECO

提督「睦月と中世の騎士ごっこしてたら剣を見立てた棒で睦月の鼻をへし折って出血させてしまったんだ…」


ガングート「貴様……!駆逐艦になんてことを!」


提督「あれは事故だったんだ!」


朝霜「事故とはいえよぉ!そもそも何して遊んでんだよっ!」


提督「なにって…中世の騎士ごっこだ」


朝霜「いい年した大人がすることかよ…」


560: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 22:32:58.42 ID:Cgc278ECO

提督「言い出したのは睦月だからな?」


ガングート「貴様、睦月には謝ったんだろうな?」


提督「当たり前だ!バケツをかけてすぐ治したしな」


朝霜「それでよく睦月も許したもんだな…」


提督「いや、オモチャをせがまれたから買ってやったんだ」


ガングート「ふんっ!それくらい買ってやれ!」


561: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 22:35:31.79 ID:Cgc278ECO

朝霜「ガングートさん…いやに怒ってるな?」


ガングート「当たり前だ!駆逐艦を傷つけるとは大罪だ!」


提督「もしかしてガングートって…口リコンか?」


ガングート「ば、バカを言うな!」


朝霜「いや、ただの少女趣味じゃないか?」


提督「……ガングート、どうなんだ?」ペカー


ガングート「この…!…下3」


下3 ガングートの台詞を


562:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 22:38:24.18 ID:qyoh5ZnY0

駆逐艦が嫌いな戦艦なんて存在しない!


563:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 22:38:28.73 ID:XFIroRSyo

クソ提督め!


564:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 22:38:36.31 ID:qunEigW70

駆逐艦が好きでも浜風や潮とかは守備範囲外だ!

だからセーフセーフ!


565: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 22:45:16.33 ID:Cgc278ECO

ガングート「駆逐艦が好きでも浜風や潮とかは守備範囲外だ!だからセーフセーフ!」


朝霜「ガングートさんアウトだよぉ…」


提督「ガングートもこっち側だったとはな。ようこそ、歓迎するぞ!」


ガングート「貴様と同じにするな!私はただ愛でるのが好きなだけだ!」


朝霜「私の中でガングートさんのイメージが…」


提督「フリフリ服好きで口リコン…それがガングートの正体だ!」


566: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 22:48:47.32 ID:Cgc278ECO

ガングート「ぐぐぐ……」


提督「しかし潮や浜風が対象外とは…お前本物だな」


朝霜「嘘だろぉ…」


ガングート「…貴様も似たようなものじゃないか!駆逐艦の下着で興奮するなどど!」


提督「ふっ、俺は口リコンじゃない。口リコンでもある、が正しい表現だ!」


朝霜「そういえば金剛さんの下着取ろうとしたんだよな…」


ガングート「…………くそっ!納得がいかない!」


567: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 22:51:53.59 ID:Cgc278ECO

提督「……ならガングート、今度駆逐艦達と一緒に出撃するか?」


ガングート「是非お願いする」


朝霜「即答かよぉ…」


ガングート「それとこれとは話は別だ。提督、出撃の件は頼んだぞ」ガチャ


提督「ガングート……本物の口リコンに出会えるとは…」


朝霜「もう…なんなんだよぉ…」


下2 「失礼します」


下2 訪れた人物を


568:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 22:52:12.19 ID:xm6gkmeyo

摩耶


569:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 22:52:39.61 ID:tgm1GvqHo

加賀


570:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 22:52:41.24 ID:qunEigW70

瑞鳳


572: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 22:59:17.64 ID:Cgc278ECO

加賀「提督、お呼びになりましたか?」


朝霜「加賀さんに懺悔することなんてあるのか?」


提督「加賀みたいなのは以外と凄い懺悔があったりするもんだぞ?」


加賀「…入ってきていきなり言いたい放題とは、いい趣味ね。用事がないなら帰らせていただきます」


提督「まぁ待て、こっちを向いてくれ加賀」ペカー


加賀「ん…下2」


下2 加賀の懺悔を


573:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 23:00:00.06 ID:xegRQZ6x0

この前、提督のハーゲンダッツを食べたのは赤城さんと私よ


574:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 23:00:02.32 ID:aT7Gfz60O

五航戦の子達にキツい事を言っているが本心じゃないから辛い


578: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 23:11:40.70 ID:Cgc278ECO

加賀「五航戦の子達にキツい事を言っているけど、本心じゃないから辛いの」


朝霜「あれ本心じゃないんだ…」


提督「いつもこの五航戦が…とか言ってるのにな」


加賀「あの子達と馴れ合ってしまうと、私にもよくないの。だけども……」


提督「それが辛くなってきたんだな」


加賀「…えぇ、そうなの。あの子達、すごくいい子だから」


579: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 23:14:15.53 ID:Cgc278ECO

朝霜「なぁ加賀さん、なんで馴れ合っちゃいけないんだ?同じ空母だろ?」


加賀「もしもの時があったら困るからよ。あなたも想像してみるといいわ、仲のいい子が沈んだとして…」


朝霜「ん……」


提督「俺は誰も沈めるつもりはないぞ?」


加賀「ええ、出撃する度に応急修理要員を乗せるんだもの。それはわかっているわ」


朝霜「なら仲良くしてもいいじゃん!」


580: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 23:16:10.89 ID:Cgc278ECO

加賀「……ダメよ。これは私が決めたことなんだから」


朝霜「でも辛いんだろ?無理するなって」


加賀「……」


提督「これは加賀が我慢するか、今からでも仲を改善するか…だな」


加賀「……やはり我慢するしかないみたいね」


瑞鶴「話は全部聞いたわよーーー!」バタン!


581: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 23:17:40.62 ID:Cgc278ECO

提督「ず、瑞鶴?」


瑞鶴「まさかいつもの小言が本心じゃなかったなんてね!」


加賀「五航戦…これは……」オロオロ


朝霜「狼狽える加賀さんなんて珍しい…」


瑞鶴「下2!」


下2 瑞鶴の台詞を


582:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 23:19:20.54 ID:g+n03U2UO

私の心の傷を補填しなさい!


583:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 23:19:31.69 ID:exrmix6so

狼狽える加賀さん超可愛いなぁ!


585: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 23:25:03.23 ID:1iuEy7U50

瑞鶴「狼狽える加賀さん超可愛いなぁ!」


加賀「……え?」


瑞鶴「態度を見てればいつもの小言が本心かどうかぐらいわかりますよ!」


提督「そんなものなのか?」


瑞鶴「提督~、加賀さんって不器用じゃないですか!」


提督「言われてみれば……確かに」


瑞鶴「あ~そんな加賀さんが狼狽えてる…これはレアですよレア!」


加賀「瑞鶴…?目が怖いのだけれど……」


587: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 23:26:39.94 ID:1iuEy7U50

瑞鶴「加賀さぁん!本心では辛いってことは、私のこと嫌いじゃないんですよね?」


加賀「ええ…そうなるわね…」


瑞鶴「だったら…私達相思相愛ですよね!!」


朝霜「なんでそうなるんだよっ!」


瑞鶴「だって嫌いじゃないなら好きってことですよね?加、賀、さ、ん!」


加賀「下2」


下2 加賀の台詞を


588:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 23:27:35.50 ID:ViFNxawSo

ksk


589:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 23:27:41.77 ID:tgm1GvqHo

ふえぇ……


592: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 23:34:44.96 ID:Cgc278ECO

加賀「ふえぇ……」


朝霜「加賀さん!?」


加賀「私の知ってる瑞鶴じゃないよぉ…」


提督「もしかして幼児退行か…?」


朝霜「加賀さんが!?まさか……」


加賀「もうやだぁ…お家帰るぅ……」


瑞鶴「なら加賀さん!私の部屋に行きましょう!ね?」


加賀「でもぉ……」


瑞鶴「いいからいいから!悪いようにはしないから!ね?」


加賀「……それで元に戻ってくれる?」


瑞鶴「戻る戻る!だから……ね?」


596: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 23:37:17.65 ID:Cgc278ECO

加賀「じゃあ瑞鶴のお部屋に行く……」


瑞鶴「よっしゃあ!!じゃあ提督、そういうことなので失礼します!!」


加賀「ふぇぇ……」


瑞鶴「大丈夫だからね~お医者さんごっこして遊びましょうね~」ガチャ


提督「…………」


朝霜「……なぁ司令…」


提督「俺は何も…見ていない……」


朝霜「…うん、あたいも……何も見なかったんだ…」


597:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 23:38:00.50 ID:exrmix6so

お医者さんごっこ(意味深)


598: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 23:41:07.21 ID:Cgc278ECO

提督「…………」


朝霜「…………」


比叡「お邪魔します司令!あれはどうなりましたか……って、また変な空気ですね?」


提督「ふぅ……少し…な……」


朝霜「……比叡さん、あれっていうのは?」


比叡「ヲ級ちゃんのことですよ!書類は用意できたんですか!?」


提督「あぁ、それならあと少しで完成だ」


比叡「なら早く仕上げてください!ずっとあそこにいるのはかわいそうです!」


提督「ただ…一つ困ったことがあってなぁ」


599: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 23:44:24.83 ID:Cgc278ECO

比叡「なんですか?比叡にできることなら協力しますよ!」


提督「じゃあヲ級の名前考えてくれ」


比叡「へぇっ!?」


提督「記憶を失っているが、持ち物に名前が書いてあったから、名前がわかる…というシナリオなんだが、俺のセンスではどうもな…」


朝霜「あたいも自信ないし…ここは比叡さんがバシっと決めてくれよ!」


比叡「え、え、え!そんな、いきなり…」


提督「ほらここに名前を書くんだが…比叡、頼む」


比叡「あっ、えっと、じゃあ…下2!」


下2 ヲ級の名前を


600:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 23:45:11.70 ID:exrmix6so

ksk


601:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 23:45:38.15 ID:qunEigW70

ポチ


604: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 23:52:40.59 ID:Cgc278ECO

比叡「ポチで!」


朝霜「…………」


提督「…………比叡さぁ…」


比叡「だ、だって!急に言われてもわかりませんよ!!」


朝霜「外国人って設定ならポチでもなんとかなるかもしんねぇけど…」


提督「……比叡、ポチでいいのか?」


比叡「下2」



下2 比叡の台詞を


605:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 23:53:43.03 ID:xegRQZ6x0

冗談です
櫟町カヲルさんです


606:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 23:53:54.69 ID:FcONbkjMO

やっぱり沖羽えりさんで


608: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/13(水) 23:57:46.21 ID:Cgc278ECO

比叡「やっぱり沖羽えりさんで!」


提督「……うん、直前に酷い名前を聞いてるから、どんな名前でも受け入れられるな」


朝霜「比叡さん…ポチはねぇよ…」


比叡「テンパると誰でもああなりますよ!」


朝霜「だからって…ポチは…」


提督「まぁまぁ、これで書類は完成したし、ヲ級改め、沖羽えりを迎えに行ってやろう!」


比叡「はい!行きましょう!」


609: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/14(木) 00:00:06.63 ID:z8TjgcpHO

ーーーーーー

提督「おーいヲ級、書類ができたぞ~」


朝霜「これでコソコソする必要はなくなったぜ~」


比叡「ヲ級ちゃ~ん!あなたに名前を付けたんですよ~!」


朝霜「危うくポチになりそうだったけどな」


比叡「その話はもういいじゃないですか!」


提督「おっ、あそこに居たぞ。おーいヲ級~」


下2 ヲ級の様子を


610:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 00:01:19.65 ID:O/WllHK/0

艦載機の手入れ


611:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 00:01:22.48 ID:wkcusz3gO

ksk


612:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 00:01:25.52 ID:KDVAwUSD0

なんか暴れてる


614: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/14(木) 00:09:29.84 ID:z8TjgcpHO

ヲ級「ヲ!ヲヲ~!!」


提督「ヲ級のやつなんか暴れてないか?」


朝霜「あんまりドタバタうるさいとマズイぞ」


比叡「ちょっとヲ級ちゃん!どうしたんですか!!」


ヲ級「ヲヲヲ~!!」ジタバタ


比叡「とにかく落ち着いて下さい!何があったっていうんですか!?」


ヲ級「下2」


下2 ヲ級の台詞を


615:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 00:10:15.18 ID:O/WllHK/0

服にフナムシが入った


616:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 00:10:17.37 ID:eSavpXcgo

海から呼ぶ声が聞こえる


621: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/14(木) 00:16:29.30 ID:6xmYA6dp0

ヲ級「海かラ……呼ぶ声が聞こえル…!」


朝霜「だから暴れてるのか?よくわかんねぇぞ」


ヲ級「ヲっ……!!ヲヲヲ…!!」


比叡「……あっ!ヲ級ちゃん、苦しいんですか!?」


ヲ級「海ガ……深海がヲ級ヲ……!」


提督「これってジタバタしてるんじゃなくて、もがいてるんじゃないのか!?」


朝霜「だとしたらヤバいだろ!」


ヲ級「ヲ……ヲヲっ!!」


622: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/14(木) 00:20:04.37 ID:6xmYA6dp0

比叡「ヲ級ちゃん、どうすればいいんですか!?」


ヲ級「ヲ…!!ヲっ……ヲ!!」


比叡「ヲ級ちゃん!!」


ヲ級「深海ガ……ヲ級……海ニ……」


提督「このままだと……」


比叡「司令、やめて下さい!」


朝霜「でもよぉ、このままじゃ弱っていくだけだぜ?」


比叡「う……うぅぅ…」


ヲ級「ひ……比叡……ヲ級ハ…」


比叡「下2」


下2 比叡の台詞or行動を


623:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 00:21:31.49 ID:UjCPq10B0

ヲ級!新しいカレーよ!


624:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 00:21:36.71 ID:JtXpvThK0

カレーを口にぶちこむ


625: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/14(木) 00:26:39.09 ID:6xmYA6dp0

比叡「ヲ級ちゃん!比叡特製カレーです!」ズボォ


ヲ級「!!!!」


提督「バカ!そんなもん食わせたら逆効果だろ!」


朝霜「いや……司令、ヲ級を見てみなよ」


ヲ級「ふぅ……落ち着いタ…」


提督「うっそだろ……」


比叡「やっぱり私のカレーは凄いんですよ!」


ヲ級「比叡……ありがとウ…」


比叡「ヲ級ちゃんのためなら、これくらい朝飯前です!」


朝霜「書類の話とかしかたったけど…それはまた後でだな」


提督「信じられない……比叡のカレーが……」




635: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/14(木) 19:15:12.99 ID:AMTBCNdQ0


ーーーーーー

提督「ヲ級のことは艦隊に通達したし、これでしばらくは大丈夫だろう」


朝霜「なぁ司令、龍驤さんはどんな反応だった?」


提督「龍驤?あいつは興味無さそうにしてたな。そんなことより早く出撃したかったんだろう。龍驤がどうかしたのか?」


朝霜「いや…なんでもねぇんだ」


提督「…?変な朝霜だな」


下3 「失礼します」


下3 訪れた人物を


636:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 19:16:45.02 ID:e8xvEprKo

バレてない…せーふ


637:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 19:18:44.16 ID:eQMdK75IO

秋雲


638:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 19:18:52.41 ID:I2Dshu+7o

のわっち


640: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/14(木) 19:24:42.94 ID:AMTBCNdQ0

野分「駆逐艦野分、参上しました」


提督「お、のわっちじゃん」


朝霜「のわっち単体なのは珍しいな」


野分「司令、のわっちと呼ぶのは……」


提督「あぁすまん、つい呼びやすくてな」


朝霜「舞風のせいでもあるけどな」


野分「野分は普通に呼んで欲しいです…」


提督「かわいいからいいじゃないか。それよりも…だ」ペカー


野分「えっ!…下3」


下3 野分の懺悔を


641:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 19:25:34.61 ID:uFH/BlS/0

提督にはアスセス権限が無いから言えない


642:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 19:26:36.97 ID:eQMdK75IO

ダンスは…苦手だな


643:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 19:26:38.88 ID:KDVAwUSD0

拾った猫に司令の名前を付けて四駆のみんなでこっそり飼ってる


645: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/14(木) 20:02:44.87 ID:AMTBCNdQ0

野分「拾った猫に司令の名前を付けて四駆のみんなでこっそり飼ってるんです…」


朝霜「よりによって司令の名前かよ…」


野分「名前は多数決で決めたんです。その方が愛着があるって」


提督「ペットなら別にこっそり飼わなくていいぞ?」


野分「え!?そうなんですか?」


提督「あぁ、書類さえ揃っていれば問題ない」


野分「知りませんでした…」


646: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/14(木) 20:07:03.37 ID:AMTBCNdQ0

提督「まぁ大っぴらに言わなかった俺も悪いな。今度書類を取りに来てくれ」


野分「はい!そうさせてもらいます」


朝霜「……猫かぁ…」


提督「どうした朝霜?猫に何かあるのか?」


朝霜「んーちょっと…苦手なんだよなぁ…」


野分「だったら野分達の猫で慣れませんか?あの子はお利口さんです!」


朝霜「ならちょっと触ってみようかな…」


野分「是非そうして下さい!もちろん司令もお待ちしてます!」


提督「俺は猫好きだからな、近いうちに行かせてもらうよ」


647: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/14(木) 20:08:41.83 ID:AMTBCNdQ0

朝霜「なぁ野分、その猫は本当に暴れたりしないか?」


野分「もちろんです!」


提督「朝霜が猫に怯えるなんて意外だな」


朝霜「あの独特なフォルムというか…なんか苦手なんだよ」


野分「あんなにかわいいのに…」


下3 「失礼します」


下3 訪れた人物を


648:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 20:09:26.79 ID:uFH/BlS/0

鹿島


649:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 20:09:57.36 ID:47cI20Woo

菊月


650:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 20:09:59.10 ID:eSavpXcgo

初春


651: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/14(木) 20:18:07.05 ID:AMTBCNdQ0

初春「貴様がこのわらわに用があるとは、随分と偉くなったものだな?」


提督「いえ、とんでもこざいません」


朝霜「初春は駆逐艦なのにそうなっちゃうのか」


提督「逆らったら怖いもん」


野分「司令…」


初春「ふふっ、その調子でわらわを慕うがよいぞ」


提督「だが今日は…そういうわけにはいかん!」ペカー


初春「なんじゃ!…下3」


下3 初春の懺悔を


652:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 20:18:35.20 ID:uFH/BlS/0

間違えて子日のレディーボーデンを食べた


653:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 20:19:06.90 ID:vfVvrqEPO

売春斡旋してる


654:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 20:19:08.43 ID:e8xvEprKo

艦娘になる前に殺しておくべきだった奴を、そのままにして来てしまった


656: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/14(木) 20:25:09.00 ID:AMTBCNdQ0

初春「艦娘になる前に殺しておくべきだった奴を、そのままにして来てしまったことじゃ」


野分「ひえっ」


朝霜「初春…?どうしたっていうんだよぉ…」


提督「お前…中学生くらいで艦娘になってるよな?それで殺しておくべき奴って…」


朝霜「……あ、あれだろ?深海棲艦のことだよな?」


野分「まさか…同級生とか……他の…人間のことじゃ…」


提督「怖いこと言うなよ野分…初春、そんなことない…よな?」


初春「下2」


下2 初春こ殺したい対象を


657:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 20:26:11.03 ID:W6NeHvqDo

実父


658:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 20:26:13.82 ID:eSavpXcg0

実の兄で今の深海棲艦提督


661: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/14(木) 20:40:26.96 ID:AMTBCNdQ0

初春「実の兄で今の深海棲艦提督じゃ」


野分「深海に提督がいるんですか!?」


朝霜「噂ではあたいも聞いたことはあるけど…」


提督「……深海提督の存在については、俺は否定的だ」


初春「ほう、なぜじゃ?」


提督「あいつらには法則性や規則性がない。人の手で操られているとは思えない」


初春「ふむ、中々鋭い推理じゃな」


662: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/14(木) 20:42:51.09 ID:AMTBCNdQ0

初春「確かに貴様の言う通り、この辺りの深海棲艦には提督はおらんじゃろう」


提督「他の地域にはいる…と言いたいんだな?」


初春「うむ」


野分「なんでそんなことがわかるんですか?」


朝霜「そうだよっ!普通に考えてわかるはずねぇ!」


提督「初春、その根拠を教えてくれ」


初春「下2」


下2 初春の台詞を


663:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 20:44:04.39 ID:ldKgG+kCO

わらわがそう思ってるからじゃ


664:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 20:44:26.78 ID:tc+abjuyo

深海提督からの伝言を伝えてきた深海棲艦がいた


665: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/14(木) 20:48:19.58 ID:AMTBCNdQ0

初春「深海提督からの伝言を伝えてきた深海棲艦がいたんじゃ」


野分「深海提督からの…伝言……」


朝霜「それってどんなのだよ…」


提督「……その伝言内容で、初春は兄だとわかったんだな?」


初春「そうじゃ、あの変な語尾はわらわの兄しか居らぬ」


朝霜「変な語尾?」


初春「賢いお前なら気付いているじゃろうが~といった感じじゃ」


野分「兄妹揃ってその語尾なんですね…」


提督「変な語尾って自覚してるのがまた…」


666: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/14(木) 20:51:49.03 ID:AMTBCNdQ0

初春「うるさい!わらわの語尾は放っておいてくれ!これは癖なんじゃ!」


提督「まぁそれは置いておくとして…どうして兄さんは深海提督なんかやってるんだ?」


初春「……言いたくないの」


野分「そんなに酷い理由なんですか?」


朝霜「だって深海で提督をするくらいだから…きっと…」


提督「案外くだらないことかもしれないぞ?せっかくだから教えてくれないか…っと」ペカー


初春「またっ!…下2」


下2 初春の台詞を


667:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 20:52:44.27 ID:e8xvEprKo

ほっぽちゃんprprするため


668:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 20:52:53.89 ID:sNlmuA8Mo

ほっぽに一目惚れした


671:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 20:54:26.65 ID:3pK+pENt0

うーんこの


672:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 20:55:31.55 ID:lXlKXw8t0

また、口リコンかぁ、こわれるなぁ


673:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 20:56:14.12 ID:Aom/zfJIo

提督口リコンしかいない説


674: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/14(木) 21:00:05.63 ID:AMTBCNdQ0

初春「ほっぽに一目惚れしたから…じゃと…」


野分「ほっぽ?」


提督「あーわかった、北方棲姫のことだな」


朝霜「司令わかるのか!?」


提督「あぁ、一部の口リコンの間で有名な存在だ。大本営にもファンがいると聞いたことがあるぞ」


初春「まだまともな理由があれば納得できたんじゃ。それなのにあの馬鹿兄がぁぁ!」


提督「相当お怒りのようだな」


675: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/14(木) 21:03:17.23 ID:AMTBCNdQ0

初春「当たり前じゃ!『ほっぽに一目惚れしたし、ほっぽの紐パンペロペロしたいから深海提督になったのじゃ』…これを突然深海棲艦に伝えられたわらわの気持ちを考えてみればよい!!」


野分「それは…なんとも……」


朝霜「司令と同類だ…」


提督「なんでだよ!俺は下着は借りるがペロペロはしないぞ!」


朝霜「それよりもっと酷いことしてるじゃねーか!」


提督「ぐぬぬ…」


676: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/14(木) 21:07:19.01 ID:AMTBCNdQ0

初春「思えば、昔にわらわの下着がちょくちょく濡れていたのも、あの馬鹿兄のせいなんじゃ。こんなことならわらわが殺しておけば……!」


野分「それでも殺したいは言い過ぎではないですか?」


初春「あんな変態は殺しても殺し足りん!!」


朝霜「まぁまぁ落ち着けってな?」


提督(俺は兄を応援してしまいそうだから黙っていよう)


野分「その…伝言を伝えられてからお兄さんからは連絡はないんですか?」


初春「下2」


下2 初春の台詞を


677:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 21:08:34.65 ID:47cI20Woo

また会おう! 宿敵として


678:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 21:10:03.35 ID:e8xvEprKo

ないのう


679: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/14(木) 21:33:21.94 ID:AMTBCNdQ0

初春「あれからはないのう」


野分「そうだったんですか…」


初春「あったとしても!わらわはあいつを許す気はない!見つけ次第ぶち殺したるんじゃ!」


野分「お、落ち着いて下さい、そうだ間宮で甘味でも食べに行きませんか?奢りますから、ね?」


初春「むう……」


野分「それでは司令、初春と失礼させていただきます」ガチャ


朝霜「しかし深海提督かぁ…」


提督「やっかいな存在かと思ったが、どうやら志しは一緒らしい。俺となら友達になれそうだ」


朝霜「頼むからそれはやめてくれ!」


下3「失礼します」


下3 訪れた人物を


680:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 21:34:31.65 ID:eSavpXcgo

ksk


681:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 21:34:47.60 ID:vN6zPoiyO

占守


682:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 21:34:50.37 ID:I2Dshu+7o

鳥海


683: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/14(木) 21:40:22.42 ID:AMTBCNdQ0

鳥海「鳥海、参りました!司令官、新たな任務でしょうか?」


朝霜「火力マシマシになった鳥海さんか」


提督「メガネといえば火力だろう!」


鳥海「司令官、いい加減メガネのこと以外にも触れてくれませんか?」


提督「すまんついな。じゃあ新たにこんなことをしてみよう」ペカー


鳥海「えっ!…下3」


下3 鳥海の懺悔を


684:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 21:41:43.03 ID:lXlKXw8t0

人間だった頃に殺した人達の墓参りがまだ終わっていない


685:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 21:41:57.62 ID:P4wqgb9SO




686:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 21:41:59.25 ID:vPDEln1F0

寝てる阿武隈にべろチューして、その上 口の周り唾液まみれにしてしまった


687: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/14(木) 21:49:36.76 ID:AMTBCNdQ0

鳥海「寝てる阿武隈にべろチューして、その上 口の周りを唾液まみれにしてしまったんです…」


朝霜「変態だーー!」


提督「いや待て、俺みたいに妄想の中だけかもしれんぞ?」


朝霜「そうか、その可能性があるなっ!」


提督「妄想の中なら何をしても自由だからな。なぁ鳥海、そういうことなんだよな……?」


鳥海「下2」


下2 鳥海の台詞を


688:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 21:50:16.58 ID:vPDEln1F0

おっしゃるとおり私の頭の中だけです


689:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 21:50:48.44 ID:VnqNx5BhO

やりました


692: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/14(木) 21:57:49.23 ID:AMTBCNdQ0

鳥海「やりました」


朝霜「……」スススッ


提督「朝霜、無言で鳥海と距離を取るんじゃない」


朝霜「だって気持ち悪いじゃん」


鳥海「ぐっ……否定はできませんね…」


朝霜「なんで阿武隈さんなんだよ?何か絡みあったっけ?」


693: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/14(木) 22:00:23.89 ID:AMTBCNdQ0

鳥海「阿武隈さんは……かわいいじゃできませんねないですか…」


提督「スパッツだな?」


鳥海「スパッツです」


朝霜「なんで変態は即答するんだよぉ…」


鳥海「あんなの…性器をさらけ出してるのと大差ないです!」


朝霜「全然違うよぉ…何言ってるんだよ鳥海さん…」


提督「鳥海、俺はわかるぞ」スッ


鳥海「司令官…!」ガシッ!


朝霜「その握手も意味わかんねぇよ…」


694: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/14(木) 22:03:09.65 ID:AMTBCNdQ0

提督「だが鳥海、直接手を出すのはいただけないな。そこはスパッツや下着で我慢するところだろう?」


鳥海「……すいませんでした」


提督「わかってくれたらいいんだ……よければ、阿武隈のスパッツを貸してやろうか?」


鳥海「貸して頂けるんですか!?」


提督「俺が一度楽しんだ後になってしまうが…それでもいいなら、貸してやるぞ」


鳥海「是非お願いします司令官!」


朝霜「もう……やだ…」


695: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/14(木) 22:05:30.85 ID:AMTBCNdQ0

提督「何をそんなに沈んでいるんだ朝霜は?」


鳥海「司令官、残念ながら私達は少数派です。みんなに理解してもらうのは困難だと思います」


提督「魅力的だと思うんだけどなぁ…」


鳥海「やっぱり改二になってから履きだしたのがポイント高いですよね」


提督「そうそう!あの履きなれてない感じがまた…」


朝霜「変態同士の会話なんて聞きたくない…」


下3 「失礼します」


下3 訪れた人物を


696:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 22:07:16.70 ID:zMohaRev0




697:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 22:08:24.83 ID:e8xvEprKo




698:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 22:08:33.01 ID:UWYY6sGho




699: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/14(木) 22:13:52.31 ID:df0L0y0VO

朧「提督、朧をお呼びに……ってどうしましたか?」


朝霜「あの変態は気にするな…」


朧「朝霜、提督をそんな風に呼んではいけません」


朝霜「変態=司令って朧も自覚してんだな…」


朧「…………」


朝霜「ま……今は関係ないけどさ。司令、ちょっと借りるよっ」ペカー


朧「あっ!…下3」


下3 朧の懺悔を


700:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 22:16:25.36 ID:uKoiE5I4O

実はこの前七駆のみんなでカニを食べに行った


701:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 22:17:42.78 ID:sNlmuA8Mo

実は蟹は非常食


702:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 22:17:57.28 ID:zMohaRev0

一時、提督ヅラ疑惑という噂が流れたが、あれは自分達が提督にはどんな髪型が似合うかを話し合ったことが別の艦娘にも伝わって
こんな髪型が似合う→長さが足らないからカツラを使えば→提督はカツラ→提督は禿げている と発展した伝言ゲームが原因


704: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/14(木) 22:30:26.65 ID:df0L0y0VO

朧「朝霜は提督がカツラかもしれないという噂は知っていますか?」


朝霜「あんな失礼な噂はねぇ!」


朧「あれは私が原因なんです。自分達が提督にはどんな髪型が似合うかを話し合ったことが別の艦娘にも伝わって、こんな髪型が似合う→長さが足らないからカツラを使えば→提督はカツラ→提督は禿げている と発展した伝言ゲームが原因で…」


提督「あれお前だったのか!駆逐艦の奴らに頭をジロジロ見られていい気持ちじゃなかったぞ!」


朝霜「あっ、戻ってきた」


鳥海「私もその噂は聞いていましたが…まさかそんなことはないと思っていたので、気にしませんでした」


提督「そういえば駆逐艦以外には怪しまれなかったな…」


朝霜「なんだ、みんな嘘だって知ってたんだな」


朧「でも朧は提督に迷惑をかけてしまいました……そのお詫びとして……下2」


下2 朧の台詞を


705:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 22:31:17.28 ID:sNlmuA8Mo

脱ぎます


706:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 22:31:19.43 ID:e8xvEprKo

カニ食べます?


708: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/14(木) 22:40:28.68 ID:df0L0y0VO

朧「カニ食べます?」


朝霜「えっ……もしかしてその蟹を…?」


鳥海「いつも大切にしている蟹じゃないんですか?」


提督「おいおい、いくらなんでもそれは…」


朧「違います、タラバガニですよ。この子は大切なペットですから」スリスリ


蟹「…!」ワサワサ


朝霜「なんか蟹も嬉しそうだな」


提督「俺にはよくわからんが…タラバガニなら貰おう!丁度腹も減ってたんだ!」


朧「なら今お持ちしますね。よければみなさんも召し上がって下さい」


709: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/14(木) 22:43:02.39 ID:df0L0y0VO

ーーーーーー

朝霜「あーー美味しかった!」


鳥海「私まで頂いて…ありがとうございます」


提督「こういうのはみんなで食べると美味しいからな。しかし昼から焼きガニとは少し贅沢だな」


朝霜「はははっ、違いねぇな」


鳥海「ところで…この蟹はどうしたんですか?」


朝霜「どうって…わざわざ朧が買ってきてたんだろ?」


鳥海「その割には新鮮だと思いましたが…」


提督「朧、この蟹はどうしたんだ?」


朧「下2」


下2 朧の台詞を


710:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 22:43:48.37 ID:sNlmuA8Mo

潜水艦が捕ってきたのを貰った


711:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 22:44:08.29 ID:eSavpXcgo

ちょっと秘密の所で養殖してます


712: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/14(木) 22:57:05.29 ID:df0L0y0VO

朧「ちょっと秘密の所で養殖してます」


提督「なんだって!?タラバガニを養殖だと!?」


朝霜「それって…凄いじゃん!」


鳥海「そんな簡単にできるものではないですよ?」


朧「最近は養殖場も安定してきて、こんなに美味しい蟹が育っているんです」


提督「確かに美味しかったな」


朧「提督、それで相談があるんですけど…」


提督「ん、なんだ?」


713: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/14(木) 23:00:34.82 ID:df0L0y0VO

朧「この資料を見てくれますか?」ドサッ


朝霜「うわ凄い量だな…」


鳥海「これは……養殖場の拡大と、それにかかるコストについてですか?」


朧「はい、私の養殖場はまだまだ広げられるんです。でもその為にはお金が無くて…」


提督「それを俺に出してくれないか…という相談だな?」


朧「そうです、こんな相談は提督にしかできないんです。提督、必ずお金はお返ししますので、協力していただけませんか!?」


提督「下2」


下2 提督の台詞を


714:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 23:02:16.33 ID:UjCPq10B0

言い値の倍払おう


715:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 23:02:21.51 ID:KDVAwUSD0

朧がこれからずっとスパッツを穿いてくれるなら協力しよう


717: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/14(木) 23:10:36.97 ID:df0L0y0VO

提督「朧がこれからずっとスパッツを穿いてくれるなら協力しよう」


朧「穿くだけでいいんですか?」


提督「欲を言えばそのスパッツを俺の元に持ってきてくれ!」


朝霜「何言ってんだよ司令はっ!」


鳥海「提督さん、欲張り過ぎです!」


朧「一日穿いたのを提督の元に持っていけばいいんですね?」


提督「その通りだ!」


朧「わかりました。朧、提督の為にスパッツを穿きます」


719: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/14(木) 23:15:16.65 ID:df0L0y0VO

提督「よっしゃぁぁぁ!!」ガッツポーズ


朝霜「朧はそれでいいのかよっ!」


朧「お金を出してもらうんだから、それくらい喜んで協力します……正直、体を求められると思ってたので…」


鳥海「いくら司令官でもそれはしませんよ」


朧「…そうですね、少し失礼でした」


朝霜「こんな変態に謝る必要ねぇよ」


提督「どうとでも言え!むふふ…これで毎日オカズには困らんぞ…」


朧「また細かい話しは追って伝えますね。それでは失礼します」ガチャ


鳥海「あっ、そろそろ私も戻らないと…司令官、頑張って下さいね」ガチャ


720: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/14(木) 23:18:54.43 ID:df0L0y0VO

朝霜「ところでさぁ、朧にいくら貸してやるんだ?」


提督「ん~っと、あの資料によると…数千万くらいは必要らしいなぁ」


朝霜「…………はぁ!?」


提督「まだ確定じゃないだろうが…安くなることはないだろう」


朝霜「……そんなに朧のスパッツが欲しいのか?」ワナワナ


提督「……いや、あれは建前だよ。あの朧が俺に金を貸してって言うんだぞ?貸してやらない理由がない」


朝霜「司令……?」


提督「まぁ……スパッツが欲しかったのも事実だがな!」


朝霜「……この司令は…なんなんだよ…」


下2 「失礼します」


下2 訪れた人物を


721:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 23:20:25.99 ID:IgrW8cZSo

村雨


722:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 23:20:28.70 ID:P4wqgb9SO




723:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 23:20:28.85 ID:sNlmuA8Mo

五十鈴


726: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/14(木) 23:30:25.89 ID:6xmYA6dp0

五十鈴「提督、この五十鈴にご用?」


朝霜「対潜番長の五十鈴さんっ!」


五十鈴「あら、五十鈴としては対空も一番のつもりだけど?」


提督「五十鈴は改二になって本当に…成長したよな…」ジーッ


五十鈴「…なんのことを言ってるのか丸分かりよ?」


提督「まぁまぁそのことは置いておいて…だな」ペカー


五十鈴「んっ!…下2」


下2 五十鈴の懺悔を


727:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 23:32:25.28 ID:v19Qc3Ouo

艦娘の泣き叫んでいる妄想が止まらない
時々誤射しそうになる


728:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 23:32:26.73 ID:vPDEln1F0

吹雪の靴下にカレールーを入れて、そのルーをごはんにかけたり絞って口に含んだりがっつり食べてた


732: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/14(木) 23:37:45.83 ID:df0L0y0VO

五十鈴「吹雪の靴下にカレールーを入れて、そのルーをごはんにかけたり絞って口に含んだりがっつり食べてたの」


朝霜「まさか五十鈴さんまで変態だなんて…」


提督「靴下か…中々レベルが高いな」


五十鈴「そう?提督ならわかってくれると思ったんだけど…」


提督「スパッツでこしたカレーなら問答無用で同意だがな」


五十鈴「それだと…見た目があれじゃない……」


提督「……確かに」


734: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/14(木) 23:41:49.27 ID:df0L0y0VO

五十鈴「そりゃあ私は靴下が大好きだけど、スパッツが手に入るなら言うことはないわ」


提督「なら協力してやろうか?俺はついさっき朧にスパッツを穿かせて、それを俺の元にもってくる契約を結んだばかりだ」


五十鈴「なにそれ!詳しく聞かせなさいよ!」


朝霜「この変態共……」


ーーーーーー


五十鈴「なるほど…朧と取り引きをしたのね」


提督「五十鈴にできるかはわからんが、俺はこうしたんだ!」


朝霜「…………司令、吹雪呼んできたぜ…」


吹雪「あの…私は何故呼ばれたんでしょうか?」


提督「吹雪、早速だが何か欲しいものとか、して欲しいことはないか?」


吹雪「下2」


下2 吹雪の台詞を


735:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 23:42:09.56 ID:XnxEiSjCO

しょうがないよ(諦め)提督が変態だから


736:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 23:42:48.03 ID:9ZFivTCZo

え、ないですけど


737: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/14(木) 23:53:06.95 ID:df0L0y0VO

吹雪「え、ないですけど。それよりなんなんですかこれは?」


提督「残念ながら五十鈴…諦めるしかないようだな」


朝霜「むしろ諦めてくれた方がいいんだけどよぉ…」


五十鈴「いいえ、諦めないわ。そもそもこんなやり方は五十鈴らしくないのよ。吹雪、今から言うことをよく聞いてちょうだい!」


吹雪「は、はい!」ビシッ


五十鈴「五十鈴の為に毎日スパッツを穿いて過ごしてくれないかしら?」


吹雪「……へ?」


五十鈴「もちろん、一日穿いたスパッツは五十鈴のところにもってくるのよ!」


吹雪「下2」


下2 吹雪の台詞を


738:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 23:56:03.75 ID:UGZ0jsxuO

あ、いいっすよ


739:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 23:56:07.83 ID:Y4BkAmyYO

頭沸いてるんですか?


743: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/15(金) 00:03:48.21 ID:ePiu0JHyO

吹雪「頭沸いてるんですか?」


五十鈴「へぇ!?」


吹雪「五十鈴さんがそんなド変態だったなんて…がっかりです」


五十鈴「ふ、ふ、吹雪…?」


吹雪「もっと勇ましくて頼れる先輩だと思ったのに…」


五十鈴「ちちちちち違うのよ…」


吹雪「五十鈴さんなんか…大っ嫌いです」


五十鈴「」ガーン


744:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 00:04:29.01 ID:U35JNj2d0

もうやめて!五十鈴のライフは0よ!


745:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 00:05:36.14 ID:9zFCkY44o

カミングアウトした結果がこれだよ!


747: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/15(金) 00:06:30.56 ID:ePiu0JHyO

吹雪「司令官、もう五十鈴さんとは一緒の艦隊にしないで下さいね?」


提督「いや、でも……」


吹雪「一緒にしないで下さいね?」


提督「……努力しよう」


吹雪「わかってくれたなら嬉しいです。それでは失礼します」ガチャ


提督「見事な玉砕だったな…」


朝霜「それが当たり前だよっ」


提督「五十鈴のメンタルは大丈夫か……?」


下2 五十鈴の様子を


748:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 00:06:52.86 ID:gofKNpnbo

快感に目覚める


749:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 00:07:52.32 ID:1+HIl1hQO




750: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/15(金) 00:12:20.21 ID:ePiu0JHyO

五十鈴「……アッ…」ビクビク


提督「五十鈴……?」


朝霜「なんか様子が…」


五十鈴「ふぅ……罵られるのも悪くないわね」


朝霜「五十鈴さんがまた変態になっちまったぁ!」


提督「俺にはよくわからんのだが、そんなにイイのか?」


五十鈴「あの見下したような目…軽蔑の眼差し……最高ね」


提督「マジか……」


五十鈴「ん……ダメ、思い出しちゃうと…」ビクッ


751: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/15(金) 00:15:05.43 ID:ePiu0JHyO

五十鈴「……ごめんなさい、急いで部屋に帰らせてもらうわ」ガチャ


朝霜「五十鈴さん…一体どうしちまったんだよぉ…」


提督「……」ソロソロ


朝霜「戦闘ではあんなにカッコいいのに……」


提督「すぅ…はぁ…」


朝霜「……で、司令は何してんだよ」


提督「いや、五十鈴がイッた残り香でも嗅ごうかと……」


朝霜「……感想はどうだ?」


提督「下2」


下2 提督の台詞を


752:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 00:16:27.96 ID:1+HIl1hQO

最高だぜ(^^)d


753:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 00:16:34.86 ID:Iv9T1Oqqo

これヤバいわ
ちょっと五十鈴追いかけてくる


756: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/15(金) 00:20:07.00 ID:Rg/AQw7A0

提督「これヤバいわ。ちょっと五十鈴追いかけてくる」


朝霜「仕事しろってんだよっ!!」ボガッ


提督「俺が気絶したら意味ないだろ…」バタン


朝霜「毎日毎日、この司令は飽きもせずに……!」


提督「……」キゼツ


朝霜「大体、下着やスパッツなんかどこがいいんだよぉ、ただの布じゃんか…」


提督「……」キゼツ


朝霜「好きな相手のなら、布でもいいのかな…」


提督「……」キゼツ


朝霜「……………………」


757: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/15(金) 00:22:20.17 ID:Rg/AQw7A0

朝霜「ちょっと…だけだから……」ソロソロ


提督「……」


朝霜「これはあたいが司令を好きとかじゃなくて…そう!興味本位ってやつだ!」


提督「……」


朝霜「だから…これは……そういう意味じゃ…ないんだ…」


提督「……」


朝霜「……いきなりズボンはあれだから…上着を少し…」クンクン


提督「……」


朝霜「これは……」


下2 朝霜のリアクションを


758:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 00:23:00.60 ID:gR/2juc7o

……わからん


759:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 00:23:08.45 ID:9zFCkY44o

私室に上着をお持ち帰り


761: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/15(金) 00:28:30.28 ID:Rg/AQw7A0

朝霜「……」クンクン


提督「……」


朝霜「すぅ……はぁ……」


提督「……」


朝霜「……決して深い意味はねぇけど、この上着は私室にお持ち帰りだ」


提督「……」


朝霜「スンスン……これ……すご……」スタスタ


提督「……」


朝霜「やばいな……ずっと嗅いでられるぞ……」ガチャ


提督「……」


あ、これ……凄い……早く………部屋に………


提督「……」





770: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/15(金) 19:23:09.49 ID:ZCc5kkdW0


ーーーーーー

提督「うーん……」


朝霜「司令どうしたんだ?」


提督「いや、なんか体調が少し悪くてな…上着もどこかにいったし…風邪引いたのかな?」


朝霜「……そうなのか」


提督「上着の替えはあるんだが…どこに置いたっけなぁ…」


朝霜「……あたいは知らないぜ」


提督「んー…どこに置いたんだ…気絶した前後なんだろうが……」


朝霜「……」


下3「失礼します」


下3 訪れた人物を


771:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 19:27:06.74 ID:tuos4Q1DO

憲兵


772:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 19:28:47.12 ID:UJ8a8CXIo

ルイージ


773:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 19:28:49.25 ID:FceB3etN0

夕雲


775: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/15(金) 19:35:05.09 ID:ZCc5kkdW0

夕雲「提督?夕雲になら甘えていいわよ?」


提督「ならその太ももを堪能させて下さい!!」


夕雲「うふふ~」


朝霜「……」ドスッ


提督「?っ!……無言でみぞおちを殴るのはやめてくれ…」


朝霜「ふんっ!」


提督「……まぁいい、夕雲こっちを向いてくれ…」ペカー


夕雲「んっ…下3」


下3 夕雲の懺悔を


776:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 19:36:14.54 ID:CjptyrDF0

最近提督のお世話が出来てない


777:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 19:36:23.20 ID:erUCzyN30

kskst


778:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 19:36:24.01 ID:7l1YKbhuO

落とし穴を掘った
夕立が深い落とし穴に入った
「もぅ~やだぁ~誰か助けてぇぽ~い」って夕立が言うからから
追い討ちとしてハバネロ汁がはいってあるタンクに繋いであるホースからハバネロ汁をいっぱい穴に流し込んだ
苦しむ夕立が嘔吐と悲鳴を上げるたびに私は興奮してた


779:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 19:37:40.83 ID:UJ8a8CXIo

流石に意味がわからん


780:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 19:38:10.05 ID:Ul07F/mjO

たまに提督の寝室に忍び込んで添い寝をしている
(提督が起きる前に自室に戻る)


781: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/15(金) 19:39:42.55 ID:ZCc5kkdW0

すいませんどの部分が懺悔なのか確定できないので、再安価させて下さい。

ここから下2でお願いします


782:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 19:39:54.44 ID:dgj9RQjQo

>>779
長文だからな……「夕立の
はまった穴にハバネロ汁を
大量投下」これでよろしい


783:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 19:40:07.21 ID:gR/2juc7o

>>780


786: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/15(金) 20:13:46.94 ID:ZCc5kkdW0

長文でも何に懺悔しているのかがわかればオッケーです
陽炎のオープンカーでキリンは「壊してしまったこと」が懺悔だったので大丈夫です




夕雲「たまに提督の寝室に忍び込んで添い寝をしていることね」


朝霜「夕雲姉さん……?」


提督「嘘だろ!?朝起きたら隣に誰もいないぞ?」


夕雲「提督が起きる前に自室に戻っているので。バレるハズがないんです」


提督「むむむ……まさかこの俺が気付かないとは…」


夕雲「私は忍び込むのは得意なんです。提督の寝顔って…中々かわいいんですよ?」


提督「隣に駆逐艦…シチュエーションは完璧なのに…それに気付かないんじゃあ…意味がない…」


夕雲「…あら?朝霜どうしたんですか?」


朝霜「下2」


下2 朝霜の台詞or行動orリアクションを


787:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 20:14:17.42 ID:lsemhpWxo

長文クソ安価書くアホは自分でクソスレ立ててろ


788:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 20:14:57.99 ID:tuos4Q1DO

殺意全開


789: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/15(金) 20:23:54.81 ID:ZCc5kkdW0

朝霜「……」ゴゴゴゴゴ


提督「な、なんか変なオーラが出てないか?」


夕雲「あら、本当ね…」


朝霜「……姉さん、少し話しがある」グイッ


夕雲「あらあら……うふふ~提督、少し失礼しますね」ガチャ


提督「……なんなんだ朝霜は?」





790: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/15(金) 20:25:50.03 ID:ZCc5kkdW0

ドンッ!


夕雲「うふふ…これはいわゆる壁ドンってやつね~まさか朝霜、私のことを?」


朝霜「……ふざけるのもいい加減にしろよ」


夕雲「あらぁ、随分怖いわねぇ」


朝霜「なんのつもりで…司令と添い寝なんてしてんだよ…」


夕雲「うふふ~」


朝霜「……答えろよ、姉さん」


夕雲「下2」


下2 夕雲の台詞を


791:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 20:26:28.22 ID:CjptyrDF0

言わないと解りませんか?


792:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 20:27:26.06 ID:S/BayDzW0

添い寝をすると提督が幸せそうな顔になるから


796: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/15(金) 20:38:53.04 ID:ZCc5kkdW0

夕雲「添い寝をすると提督が幸せそうな顔になるからよ~」


朝霜「……」


夕雲「あの幸せそうな顔……本能ではわかっているんでしょうね~」


朝霜「姉さんは…司令のことを…」


夕雲「何とも思っていないわ~」


朝霜「じゃあなんでそんなことしてんだよ!」


夕雲「逆に聞くけど、朝霜はなんで私がこんなことをしてると思うの~?」


朝霜「わかんねぇよっ!だからこうやって姉さんに聞いてんだよっ!」


797: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/15(金) 20:42:24.23 ID:ZCc5kkdW0

夕雲「あなた…司令をどうしたいの?」


朝霜「どうって……」


夕雲「あのね朝霜、提督のことを好きな人は多いのよ?」


朝霜「あたいは…別に好きなんかじゃ……」


夕雲「じゃあ私はこれからも添い寝を続けるわよ?」


朝霜「それはやめてくれ!」


夕雲「うふふ~い、や、よ」


朝霜「ぐっ……なんでだよぉ…」


夕雲「司令のことが好きでもないあなたに、止めろと言われてやめる理由はないもの~」


朝霜「下2」


下2 朝霜の台詞を


798:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 20:42:46.21 ID:ioPvfAndO




799:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 20:43:46.21 ID:gR/2juc7o

あたいが一番司令をすきなんだよ!!!!!!


804: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/15(金) 21:00:33.03 ID:ZCc5kkdW0

朝霜「あたいが一番司令をすきなんだよ!!!!!!」


夕雲「あらぁ~」


朝霜「こんなガサツで女の子らしくもないあたいをずっと秘書艦にしてくれて…好きにならねぇ理由なんてねぇよ!!!!」


夕雲「よかったわね~執務室から離れてて。そんな大声出してたら聞かれちゃってたかもしれないわよ?」


朝霜「うるせぇ!もう抑えてられねぇんだっ!」


夕雲「……うふふ~」


朝霜「司令が他の奴らの下着やらで興奮してるのも正直嫌で嫌で仕方ねぇんだっ!!あたいの司令なのに!!!」


夕雲「まだ告白もしてないんだから、提督は朝霜のものじゃないわよ~」


朝霜「うっ………」


夕雲「そんな調子じゃ、他の子に取られても知らないわよ~」


朝霜「下2」


下2 朝霜の台詞を


805:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 21:04:12.25 ID:7KOqLYq1o

ksk


806:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 21:04:19.20 ID:Qixqiko0O

ならコクれば文句ねぇんだな


808: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/15(金) 21:08:02.92 ID:ZCc5kkdW0

朝霜「ならコクれば文句ねぇんだな」


夕雲「もちろんそうよ。でも、今はまだその時ではないと思うわ」


朝霜「なんでだよっ!他の奴に取られるかもしれねぇって言ったのは姉さんじゃねえかっ!」


夕雲「提督が朝霜のことをどう思っているかもわからないのに、いきなり告白しても意味ないでしょ?好感度が低ければ、上げる努力をしないと~」


朝霜「…………司令、あたいのこと嫌いなのかな…」


夕雲「聞いてみないとわからないわ~」


朝霜「…なら姉さん、少し頼みがあるんだけどよぉ」


810: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/15(金) 21:12:28.17 ID:ZCc5kkdW0

ーーーーーー

夕雲「提督~ただいま戻りました~」


提督「ん、夕雲だけか?朝霜はどうしたんだ?」


夕雲「少し野暮用よ~」


提督「そうか…朝霜がいないとできない仕事もあるんだが…」ブツブツ


夕雲「ねぇ提督~朝霜が秘書艦になって長いわよねぇ」


提督「長いというか、ずっと朝霜だからな」


夕雲「どうして朝霜を秘書艦に選んだの~?」


提督「下3」


下3 提督の台詞を


811:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 21:13:36.95 ID:fWOL2Gp80

ルーレットで決めた


812:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 21:13:51.06 ID:tuos4Q1DO

くじであたったから


813:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 21:13:57.57 ID:5Xc2yMNBO

パンストから漂う香りが俺を誘惑するから


816:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 21:14:36.06 ID:gR/2juc7o

ブレないなぁ


818: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/15(金) 21:22:36.53 ID:ZCc5kkdW0

提督「パンストから漂う香りが俺を誘惑するからだ」


夕雲「…………え?」


提督「初めて朝霜と会った時…それは衝撃的だったぞ。あのパンストを一目見た瞬間、俺は虜になってしまったんだ」


夕雲「……………………そうなの~」


提督「初めて秘書艦を任せた日なんて凄かった…朝霜が歩く度に、俺は……」


夕雲「……それって、朝霜のことは嫌いじゃないのよねぇ?」


提督「あのパンストを嫌う奴なんかこの世に居ない!!」


夕雲「…………よくわかったわ~」


819: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/15(金) 21:25:53.65 ID:ZCc5kkdW0

提督「あ、このことは朝霜には言うなよ?これが知られたら…気絶させられるだけではすまん」


夕雲「そんなことはないんじゃないかしら?」


提督「いや、そうなると思う、俺のこと気持ち悪いって言ってたし。あ~あのパンストをゼロ距離で嗅ぎたい…」


夕雲「……そろそろ私は帰るわね~朝霜はその内帰ってくると思うわ~」ガチャ


提督「朝霜のパンスト……どうにかして手に入らないか……」


ーーーーーー

朝霜「あっ、夕雲姉さん!ちゃんと司令に聞いてきてくれたか?」


夕雲「もちろんよ~」


朝霜「司令はあたいのこと、なんて言ってたんだ?」


夕雲「下2」


下2 夕雲の台詞を


820:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 21:26:42.02 ID:aLrDw+5CO

言い淀む


821:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 21:26:47.21 ID:tuos4Q1DO

一目惚れ(みたいなもの)だって


824: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/15(金) 21:35:49.96 ID:ZCc5kkdW0

夕雲「一目惚れ(みたいなもの)だって~」


朝霜「えっ…………本当か?それは本当なんだな姉さん!!」


夕雲「ええ……嘘は言ってないわ~」


朝霜「じゃあ……あたいは司令と…両思いだったのか…」


夕雲「……ある意味そうなるわね~」


朝霜「…………うっ…」


夕雲「どうしたの朝霜?」


826: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/15(金) 21:41:15.03 ID:jdL9bGfaO

朝霜「意識し出したら…急に恥ずかしくなってきて……」カァァァ


夕雲「朝霜は意外に乙女なのよね~」


朝霜「……なぁ夕雲姉さん、あたいって女の子らしくないよなぁ」


夕雲「そんなこと~」


朝霜「ううん、それは自分が一番よく知ってるんだ。でも司令はそんなあたいに一目惚れしてくれたんだよな?」


夕雲「ある意味ね~」


朝霜「……あたい、変わった方がいいのかな?それともこのまま自分らしさを貫いた方がいいのかな?」




827: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/15(金) 21:45:39.61 ID:jdL9bGfaO

夕雲「朝霜は朝霜よ。無理に変わる必要はないわ。そのままのあなたが一番なんだから」


朝霜「……そっか、そうだよな。姉さん、ちょっと行ってくる!」


夕雲「執務室に帰るのね~」


朝霜「……そんで、司令に告白してくる!!ありがとう姉さん!!」タタタッ


夕雲「姉としては複雑な心境だけど~朝霜が幸せならいいわよね、うん」


朝霜「あたいは……司令と一緒になるんだ!それで、デートとか行って……」


朝霜「……うわ…想像したらめちゃくちゃ恥ずかしい……でも言うって決めたからには、絶対言うぞっ!」


ーーーーーー


朝霜「司令!ちょっといいか!!」バタン!



下2 執務室の様子を


828:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 21:46:30.15 ID:CjptyrDF0

書類仕事


829:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 21:46:34.08 ID:4bdQXistO

提督が三転倒立してる


836: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/15(金) 21:54:57.91 ID:ZCc5kkdW0

提督「おお……朝霜……帰ってきたか……」フラフラ


朝霜「…………なんで三転倒立してるんだ?」


提督「本当は…運動の代わりに…倒立をしようとしたんだが……できなかったから…三点倒立を…」


朝霜「司令は相変わらずよくわかんねぇぞ…」


提督「よっ……と。俺は俺だからな、他の誰でもないんだよ」


朝霜「ん……」モジモジ


提督「なんだ?いつもの朝霜ならここで突っ込みがくるところだが…」


朝霜(どうしよう…いざとなったらめちゃくちゃ緊張するじゃねぇか…)


837: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/15(金) 22:03:47.99 ID:jdL9bGfaO

朝霜「……そうだ!司令、そのライトあたいに使ってくれよ!」


提督「ライト…?あぁ、懺悔ライトだな」


朝霜「あたいにはまだ使ってなかったよな?」


提督「いやそんなこと……そうか、このライトを朝霜に使おうとしたんだが、誰かに邪魔されたんだった」


朝霜「今ならあたいは逃げも隠れもしねぇ!だから司令、使ってくれよ!」


提督「そこまで言うなら…使ってやろう!」ペカー


朝霜「……下4!」


下4 朝霜の台詞を


838:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 22:06:19.61 ID:1wH31SDhO

上着パチりましたごめんなさい


839:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 22:07:45.92 ID:CjptyrDF0

提督にヒドイこと言ってゴメン


840:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 22:07:52.57 ID:gR/2juc7o

>>838


841:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 22:07:55.48 ID:FceB3etN0

司令の上着を勝手に持って帰ってクンカクンカしました!
でもすべて愛ゆえになんですごめんなさい!


844: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/15(金) 22:12:49.29 ID:jdL9bGfaO

朝霜「司令の上着を勝手に持って帰ってクンカクンカしました!でもすべて愛ゆえになんですごめんなさい!」


提督「…………ん?」


朝霜「……やった、言えた!どうだ司令、あたいの気持ちは伝わったか?」


提督「ん、え……いや……んんっ!?」


朝霜「一回言っちまえば何回でも言える。あたいは司令のことが好きなんだ!」


提督「朝霜が……俺を……?」


朝霜「そうだ!あたいが司令を好きなんだ!」


提督「…………朝霜が……?俺を…………?」


朝霜「司令どうなんだ?返事を聞かせてくれよっ!!」


提督「下4」


下4 提督の台詞を


845:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 22:14:22.45 ID:gR/2juc7o

このライト故障したか?


846:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 22:15:11.39 ID:U35JNj2d0

俺も好きだ!

ところで仮定の話だが恋人が浮気してもお前は許すか?


847:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 22:16:50.45 ID:yLWt08W2o

そうかそうか(アタマポンポン


848:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 22:17:37.15 ID:U35JNj2d0

>>846


850:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 22:21:10.78 ID:5Xc2yMNBO

この安価の取り方は普通になしだろ


851:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 22:23:25.75 ID:U35JNj2d0

流石にアカンよな....

すまんかった


852:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 22:23:53.92 ID:S/BayDzW0

あぁ、同じ人がとってるのか


853: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/15(金) 22:26:18.51 ID:jdL9bGfaO

すいません重要安価なので連取りはなしでお願いします

再安価はここから下2でお願いします


854:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 22:27:02.71 ID:Qixqiko0O

恋人としてはないわー


855:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 22:27:15.61 ID:cHDufTMIo

>>847


856: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/15(金) 22:33:56.67 ID:jdL9bGfaO

提督「そうかそうか」アタマポンポン


朝霜「ん……司令……」


提督「……こんな俺でいいのか?」


朝霜「司令だからいいんだよぉ……」


提督「自分で言うのもなんだが…俺は変態だぞ?」


朝霜「……知ってる」


提督「マジか……」


857: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/15(金) 22:37:42.87 ID:jdL9bGfaO

提督「そんな素振りなんて一度も見せたことないじゃないか」


朝霜「だって……拒絶されたら…生きてけないもん…」


提督「えぇ……」


朝霜「なぁ……返事は、オッケーってことなのか…?」


提督「いやそれはだな……」


朝霜「……ダメなのか…?」ウルウル


提督「…………話は変わるが、朝霜は浮気って許せるか?」


朝霜「最初っから浮気するつもりかよぉ…」グスン


提督「あぁぁっ!違う違うそうじゃない!艦娘のスパッツや下着をクンクンしてもいいのかってことだ!」


朝霜「……下2」


下2 朝霜の台詞を


858:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 22:38:18.70 ID:gR/2juc7o

正直すごく嫌だ


859:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 22:38:53.91 ID:gsNwikjao

仕方ないから我慢してやる


861: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/15(金) 22:51:29.00 ID:jdL9bGfaO

朝霜「………仕方ないから我慢してやる」


提督「よぉっし!なら喜んでその告白を受け入れよう!!」


朝霜「なんでそこが基準なんだよぉ…」


提督「だって艦娘に手を出すわけにはいかないだろ?オカズがないと俺も抜けないし…」


朝霜「えっ?」


提督「毎日のオカズは俺にとって死活問題なんだ!」


朝霜「……」


提督「しばらくは朧のスパッツで大丈夫だが…その先はわからんからな」


朝霜「あのさ司令……」


提督「ん?」


朝霜「オカズなら……ここにあるぜ?」スカートめくり


提督「下2」


下2 提督の台詞or行動を


862:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 22:51:54.59 ID:ZEQiWSXZo

だ、だからあかんて


863:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 22:53:40.48 ID:1NNAEenG0

ありがとうございます!!(ガバッ


865: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/15(金) 23:01:07.90 ID:jdL9bGfaO

提督「ありがとうございます!!」ガバッ


朝霜「ん……」


提督「んぁぁぁ~!夢にまで見た朝霜のパンストだぁぁぁぁ!!」クンクン


朝霜「ちょっと…司令……」


提督「おおおおおお~!!たまらん!たまらんぞぉぉぉぉ!!」クンクンクンクン


朝霜「あっ………んっ……」


提督「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!」


866: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/15(金) 23:05:56.95 ID:jdL9bGfaO

ーーーーーー

提督「ふぅ………………」


朝霜「うぅぅぅ……付き合っていきなりこんなことさせるなんてぇ…」


提督「…………ふぅ……」


朝霜「あたい恥ずかしくて仕方なかったんだからな、司令?」


提督「…………あぁ……」


朝霜「……ちゃんと返事してくれよっ!」


提督「下2」


下2 提督の台詞を


867:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 23:07:37.88 ID:vAElPNhbO

俺も朝霜のことが好きだ


868:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 23:07:58.61 ID:Iv9T1Oqqo

もう朝霜無しじゃあ生きていけないわ


869: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/15(金) 23:13:29.78 ID:jdL9bGfaO

提督「もう朝霜無しじゃあ生きていけないわ…」


朝霜「……そんなによかったのか?」


提督「これ……ヤバイ……」


朝霜「……そっか、よかったのなら嬉しいなっ」


提督「あ…………すまん少しトイレに行ってくる…」


朝霜「……えっ?」


提督「意味はわかるだろ……早く行かせてくれ。残り香が残ってるうちに…」


朝霜「…下2」


下2 朝霜の台詞を


870:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 23:14:28.45 ID:ZEQiWSXZo

直接、あたいにすりゃ……いいじゃん


871:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 23:16:02.71 ID:HOEQlV5iO

残り香でいいのか…?


872: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/15(金) 23:20:39.66 ID:Rg/AQw7A0

朝霜「残り香でいいのか…?」


提督「嘘だろ……?」


朝霜「司令は艦娘に手を出すつもりはないんだよな?でもそれ以外だったら……」


提督「ほ、本当だな?朝霜のを嗅ぎながら……」フラフラ


朝霜「…………早くトイレ行こうぜ」


提督「……朝霜!!!!」





夕雲「あら~随分と楽しそうな話をしてるのね~」


873: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/15(金) 23:23:24.02 ID:Rg/AQw7A0

朝霜、提督「!!!!」


夕雲「朝霜~無事告白できたみたいね~」


朝霜「あ、あぁ…姉さんの…おかげだよ……ありがとう…」


夕雲「うふふ~それから提督、朝霜ちゃんをよろしくお願いしますね?」


提督「も、もちろんだ……」


夕雲「うふふ~よかったわ~」


朝霜「…………」


提督「………あの…」


夕雲「何かしら?」


提督「……全部、聞いて……ましたか?」


夕雲「下3」



下3 夕雲の台詞を



874:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 23:26:15.89 ID:ZEQiWSXZo

(拳を握って、親指を人差し指と中指の間から出すジェスチャー)


875:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 23:28:15.00 ID:fWOL2Gp80

>>874


876:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 23:28:48.60 ID:eA/YR845O

>>874


877: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/15(金) 23:35:43.87 ID:jdL9bGfaO

夕雲「……」スッ


提督「そのジェスチャーは……」


朝霜「ままままま待て待て!あたい達は付き合ってまだ半日もたってないんだぞ!?そ、それなのに……エッチだなんて……」カァァァ


提督「そ、そうだそうだ!そもそも俺は艦娘には手を出さないと……!」


夕雲「あら~それにしては、提督はナニをやらせて、朝霜はナニをしてあげるつもりだったの~?」


朝霜、提督「ぐぐぐ……」


夕雲「提督も~あんまり調子乗ってると、本当は朝霜のパンストに一目惚れしたって言っちゃいますよ~?」


朝霜「……なんだって?」ピクッ


878: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/15(金) 23:39:11.57 ID:jdL9bGfaO

朝霜「夕雲姉さん、その話本当か?」


夕雲「もちろんよ~ねえ提督?」


提督「もちろんそれもある!」


朝霜「…………へぇ」ユラァ


提督「ま、待て!!それ以外の理由もあるに決まってるだろう!」


夕雲「本当ですか~?」


提督「当たり前だ!好きでもない奴をずっと秘書艦にするわけないだろう!!」


朝霜「司令……あたいは司令の言うことを信じるぜ」


提督「信じるも何も、これが真実だ!」


朝霜「本当……だよな…?」ペカー


提督「ぐわっ!……下3」



下3 提督の台詞を。安価内容によっては最終安価です





879:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 23:41:40.38 ID:C1UKBG2zo

ksk


880:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 23:41:43.32 ID:gR/2juc7o

今言ったことに偽りはない


881:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 23:41:45.01 ID:erUCzyN30

ああ朝霜の一生の伴侶になってやるぜ


882: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/15(金) 23:47:09.82 ID:jdL9bGfaO

提督「ああ朝霜の一生の伴侶になってやるぜ!」


朝霜「一生のなんて……恥ずかしいじゃねぇか…」モジモジ


夕雲「このライトで言ったことなんだから、本当のことなのよね~?」


提督「もちろんだ!嘘や偽りはない!」


朝霜「……でもよぉ、これって懺悔ライトだよな?司令が今言ったことって懺悔になるのか?」


提督「言われてみると…確かに……」


夕雲「どういうことなのかしら~」



明石「それについては私から説明させてもらいます!!」バタン!


883: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/15(金) 23:50:51.82 ID:jdL9bGfaO

提督「なら明石、説明を頼めるか?」


明石「はい!実はこのライトは改修できて、懺悔室というものに改修更新されるんです!」


朝霜「懺悔室ってまた古いな…」


明石「ところが、そのライトをいくらやっても更新できなかったんです」


提督「ちょくちょくこれを明石に渡していたが、改修していたとは知らなかったな」


明石「原因も不明で悩んでいたんですが……ようやく原因を突き止めたんです!」


夕雲「原因はなんだったの~?」


884: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/15(金) 23:55:06.99 ID:jdL9bGfaO

明石「そのライト、ちょっと間違ってたんです!!」


提督「えええええ!!!!」


朝霜「間違った…って、間違えてるとどうなるんだ?」


明石「懺悔がある人が光を浴びると本来通りに懺悔をします。でも、懺悔がない人にはただ秘密を暴露するだけのライトになっていたんです!」


提督「…………あれか!もしかして鳥海や五十鈴のって…」


朝霜「あっ…………あぁ!!」


夕雲「だから今提督は朝霜に対して告白したのね~」


886: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/15(金) 23:59:38.39 ID:jdL9bGfaO

提督「本来なら朝霜のパンストに一目惚れしたと懺悔するところだったんだが、直前に夕雲がそのことを言ってしまったから懺悔にはならない」


朝霜「だから司令は…あたいに告白を……」


提督「朝霜が好きなことは誰にも言ったことはなかったからな」


朝霜「司令……本当にあたいのこと好きだったんだな…」


提督「初めて執務室で朝霜を見た時、心が震えたよ。朝霜は男勝りで他の艦娘と比べると、女の子らしくはなかった」


朝霜「…………」


提督「だが、それがよかったんだ。こいつはどんな時もブレずに、自分の信じた道を行くんだろうなって。こんな女の子に一生そばにいて欲しいなって」


朝霜「…………」


提督「……朝霜?」


887: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/16(土) 00:03:04.71 ID:/3btzQMpO

朝霜「や、やめてくれよ司令…」カオマッカ


夕雲「あら…朝霜の顔がゆでダコみたいよ~?」


提督「……その顔も可愛いぞ朝霜」ニコッ


朝霜「あぁぁぁぁっ!やめてくれってぇ!!!」


夕雲「朝霜はいい人に選ばれたみたいね……変態なのが残念だけど」


提督「それは譲れん!!俺のアイデンティティだからな!」


夕雲「もっと他のところに個性が欲しかったわ~」


明石「……」ソロソロ


888: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/16(土) 00:07:54.33 ID:/3btzQMpO

提督「俺から言わせてもらうなら、朝霜が俺のことを好きだったとは信じられん。てっきり相手にされてないかと…」


朝霜「……こんなあたいをさ、ずっと秘書艦にしてくれてたじゃん。他のどんな可愛い子が来ても、秘書艦はずっとあたい……そりゃあ意識するよぉ…」


提督「なるべく近くで見たかったからな。艦として優秀な艦娘は他に居ても、朝霜以上の艦娘はいないだろう」


朝霜「ううううううぅぅぅ…」


夕雲「提督、それくらいにしてあげないと、朝霜がオーバーヒートしちゃうわ~」


提督「そうだな、これくらいにしてやるか」


朝霜「もう司令っ…………」


明石「もう……少しでドアに…………」ソロソロソロソロ


889: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/16(土) 00:14:02.57 ID:/3btzQMpO

提督「クールダウンついでに…一言も謝らずに部屋から出ていこうとしてる明石でも捕まえないか?」


明石「!!!!」


朝霜「……いいねそれ」


明石「待って下さい!そのライトのおかげで二人は結ばれたんですよね!?」


提督「それとこれとは…」


朝霜「話が別だよっ!」


明石「ひ、ひえ~っ!どうか、どうか命だけは~!」ガチャ


提督「逃げたぞ!追うぞ朝霜!」スッ


朝霜「あっ……あぁ、行くぞ司令っ!」ギュッ


夕雲「まぁ、いきなり手を握って走り出すなんて…息ぴったりね~」




私だって悪気はなかったんですよー!!
悪気があったら余計にタチが悪い!
そうだっ!覚悟しろよ明石さんっ!
なんで私がこんな目にー!元はと言えば向こうの明石の字が汚いのが…………




【艦これ安価】提督「懺悔することだと?」 了!



【艦これ安価】提督「懺悔することだと?」 朝霜「その2」


1: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/18(月) 19:53:29.19 ID:iF0T2V1h0

【艦これ安価】提督「懺悔することだと?」


からの続きになります


続きと言っていますが、前作は完結してます

それではよろしくお願いします




2: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/18(月) 19:59:07.85 ID:iF0T2V1h0

ーーーーーー執務室


朝霜「なあ司令…今日さ、演習でMVP取ったんだぜ…」


提督「流石だな朝霜。可愛いくて強い秘書艦…俺も鼻が高いよ」ナデナデ


朝霜「んっ……司令の為ならさ、あたい頑張れるよ」


提督「ありがとうな朝霜……しかしMVPのご褒美が、膝の上でナデナデするだけでいいのか?」


朝霜「司令と触れ合うだけで…あたいは幸せだから…」


提督「相変わらず可愛いなぁ朝霜は……」



明石「すいません失礼します!」コンコン


提督、朝霜「!!!!」ガタッ!


3: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/18(月) 20:01:31.61 ID:iF0T2V1h0

明石「提督お話が……ってどうしたんですか?何か慌ててる様でしたけど…」


提督「い、いや……」ハァハァ


朝霜「なんでもないぜ……」ゼェゼェ


明石「それならいいんですが…」


提督「……で、話ってなんなんだ?」


明石「はい!前に私が作った懺悔ライトは覚えていますか?」


朝霜「あの欠陥ライトだろ?忘れられるわけねぇよ…」


4: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/18(月) 20:04:30.87 ID:iF0T2V1h0

明石「そうなんです!ついにその欠陥を直すことに成功して、本物の懺悔ライトが完成したんです!!」


提督「本当なんだろうな?前の時みたく性癖をさらけ出すだけのライトじゃないだろうな?」


明石「今度こそ本当に大丈夫です!なんなら今試してみますか?」


朝霜「ちなみに懺悔することがなかったらどうなるんだよ?」


明石「その場合は何も反応がありません。ちゃんと直してますから安心して下さい。それでは提督、いきますよ!」ペカー


提督「うっ!!…下3」



下3 提督の懺悔を


5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 20:05:15.04 ID:7EGB2VCh0

加賀の間宮アイスを間違えて食べた


6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 20:05:59.75 ID:BAbUNGBJ0

また何か欠陥があるのではと正直疑ってます


7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 20:06:17.35 ID:A8SrT6Tlo

よだれフェチ


12: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/18(月) 20:14:39.96 ID:iF0T2V1h0

提督「実は俺よだれフェチなんだ…」


明石「ほらちゃんと作動してますよね?」


朝霜「これって懺悔なのか?それより司令、よだれフェチって……」


提督「このことは誰にも言ったことなかったのに…」ズーン


明石「えらく落ち込んでしまいましたね。たかが性癖をさらけ出しただけじゃないですか」


提督「色々と…チャンスが無くなってしまうじゃないか…」


朝霜「あたいのなら…別にいいけどさ…」


提督「ほんとか!?なら…!」


明石「はいはい、イチャつくのはあとにして下さいね。次は朝霜ちゃんいってみましょう!」ペカー


朝霜「なんでっ!…下3」


下3 朝霜の懺悔を


13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 20:15:23.58 ID:GdsbUGXRo

司令が浮気しないか常に疑ってる


14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 20:16:26.60 ID:9kT0o34YO

体液を提督の私物に刷り込んでいる


15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 20:17:40.81 ID:9kT0o34YO

きのこの森のチョコ部分だけ食べて捨てている


17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 20:19:38.11 ID:9nikLUROO

里じゃねーか?


18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 20:20:41.40 ID:idbZt1ZFo

山だぞたけのこ民


20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 20:22:48.97 ID:9nikLUROO

すまんかった


21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 20:23:38.62 ID:GdsbUGXRo

全方位にケンカ売ってるわ


22: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/18(月) 20:25:33.50 ID:iF0T2V1h0

朝霜「チョコ菓子のチョコの部分だけ食べて捨ててるんだ…」


明石「随分と勿体無いことをしてますね」


提督「なんでそんなことをしてるんだ?」


朝霜「あたい元々菓子自体あんまり好きじゃないんだけどさっ、チョコ菓子だけは喰うんだ」


提督「そういえばあんまり朝霜は間食しないよな」


朝霜「あのよくわかんねぇ味と食感が苦手なんだ…」


明石「だからと言って捨てるのはよくありませんね」


23: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/18(月) 20:30:17.30 ID:iF0T2V1h0

朝霜「あぁ…これからは食べないようにしようかな」


提督「……なぁ朝霜、ポッキーもチョコ菓子に入るのか?」


朝霜「あぁ…あれもチョコついてない所は捨てちゃってるな…」


提督「なら……チョコを舐めとったポッキーを…俺のところに持ってきてくれないか…?」


朝霜「え……」


提督「朝霜はチョコが食べれて嬉しい。俺は朝霜の唾液まみれの菓子を食べれてとても嬉しい……」


朝霜「…………うん、持っていくよ…」


提督「ふぅ…………今から楽しみで……仕方ないな……」


明石「なんで私はこの会話を聞かないといけないんですかね」


下3「失礼します」コンコン


下3 訪れた人物を


24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 20:31:41.27 ID:nA7/nbsYO

ポーラ


25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 20:31:53.68 ID:7EGB2VCh0

由良


26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 20:31:56.40 ID:GdsbUGXRo

ヨッド


29: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/18(月) 20:36:37.60 ID:iF0T2V1h0

大淀「提督、今お時間大丈夫でしょうか?」


提督「大淀か…何の用事だ?」


大淀「今日の任務の達成状況を確認に来ました。調子はどうですか?」


提督「うんぼちぼちだな。なぁ朝霜?」


朝霜「そうだねっ。問題はないし」


明石「朝霜ちゃんもすっかり秘書艦が板についてますよね~」


大淀「……ところで明石はここで何をしているの?提督のお邪魔を…」


明石「私はこれを届けにきたんですよ~っと」ペカー


大淀「!…下3」



下3 大淀の懺悔を


30:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 20:37:14.88 ID:nA7/nbsYO

実は伊達眼鏡


31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 20:37:20.50 ID:ld4RK1dlo

実はカッコつける為にメガネを掛けている


32:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 20:37:21.98 ID:EFhaWbgF0

稲●卓球部の影響で卓球をやり 体操着ブルマ姿でハミマン●サーブを羽黒の前でやってしまった


35: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/18(月) 20:41:43.89 ID:iF0T2V1h0

すいませんどの部分を懺悔させればいいのかわからないので、最安価お願いします

ここから下2でお願いします


36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 20:41:56.64 ID:ld4RK1dlo

>>30


37:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 20:42:04.02 ID:BAbUNGBJ0

最近の提督と朝霜のやりとりを見ていると、もう仕事手を抜いちゃおうかなーという気持ちになる
なお提督に恋愛感情は欠片も無いし、仕事も真面目にやっている


39: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/18(月) 20:51:42.15 ID:iF0T2V1h0

大淀「最近の提督と朝霜のやりとりを見ていると、もう仕事手を抜いちゃおうかなーという気持ちになるんです」


提督、朝霜「…………」


明石「あーそれ私もわかります。さっきも私が入ってくる直前までイチャイチャしてましたよね?」


提督「な、なんでそれを…」


明石「あれで隠せてるつもりなのが凄いですね…朝霜さんの顔真っ赤だったじゃないですか」


朝霜「ううう……」


大淀「ちなみに私は提督に恋愛感情の欠片もありませんし、仕事も真面目にやってます。でも……あんなに見せつけられると…」


提督「それについては…申し訳ない。言い訳のしようがない」ペコリ


40: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/18(月) 20:55:47.63 ID:iF0T2V1h0

明石「そもそもなんで執務室でイチャついてるんですか?夜に部屋で好きなだけすればいいじゃないですか」


朝霜「だって…司令が…」


提督「俺は艦娘には手を出さないと決めている。だが、部屋で朝霜と二人切りになってみろ……100パーセント手を出すに決まってるだろう!!」


明石「そんな宣言されましても…」


大淀「私みたいに不快に思う人がいるかもしれませんよ?」


朝霜「じゃあどうすればいいんだよぉ…やっと司令と付き合えたのに…」


提督「もっと人気のない所に移動するか?……いや、そうなると手を出さない自信が…」


大淀「なら…下3」


下3 大淀の意見を


41:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 20:57:20.71 ID:A8SrT6Tlo

あえて見せつけて耐性をつけさせる


42:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 20:57:47.85 ID:ld4RK1dlo

秘書官をたまに変えて見るとか?


43:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 20:57:49.62 ID:EFhaWbgF0

この晩を忘れないくらい朝霜の前で私を抱いてくださいい


45: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/18(月) 21:06:31.29 ID:iF0T2V1h0

すいません誤字かもしれないんですが、文の意味がよくわからないというか、どう区切ったらいいのかわからないので最安価させて下さい


ここから下1でお願いします





46:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 21:06:46.99 ID:BAbUNGBJ0

意味がわからないというか話が繋がっていないというか……


47:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 21:07:05.61 ID:ACBw4eWvO

秘書官複数にする


50: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/18(月) 21:14:35.62 ID:iF0T2V1h0

大淀「秘書艦を複数にしてみてはどうでしょうか?」


提督「え、嫌だよ。秘書艦は朝霜しか考えられないぞ?」


明石「即答なんですね…」


大淀「それだと問題の解決にはなりません。それがダメなら朝霜とイチャイチャしないで下さい」


朝霜「あえて見せつけるのはダメかな…?」


大淀「ダメです。余計イライラします」


朝霜「そっか……」


明石「執務室に入る時のノックも、直前まで朝霜とイチャつくために採用したんですよね?みんな知ってますよ」


提督「嘘だろぉ……」


51: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/18(月) 21:18:37.59 ID:iF0T2V1h0

大淀「この状況が続けば士気は下がる一方です。早急になんとかしていただかないといけない問題です」


提督「……朝霜以外に秘書艦を置くしかないな…」


朝霜「…あたいは嫌だ」


明石「朝霜ちゃん本当性格変わりましたよね…前はそんなこと言わなかったのに…」


朝霜「……うるせぇっ!」


提督「そんなことないぞ、朝霜の魅力はそのままだ!」


大淀「…………提督、もう帰っていいですか?」イライラ


明石「ああ大淀、そんなイライラしないで……」



下3「失礼します」コンコン


下3 訪れた人物を


52:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 21:19:35.14 ID:9zVVETEIo

加賀


53:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 21:19:41.96 ID:ACBw4eWvO

霧島


54:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 21:19:44.57 ID:idbZt1ZFo

雪風


57: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/18(月) 21:26:20.75 ID:iF0T2V1h0

雪風「しれぇ!出撃が終わりました!!」


提督「ご苦労様雪風。結果はどうだった?」


雪風「はい!夜戦カットインで戦艦をボコボコにしました!!」


提督「流石雪風だ。あとで何かご褒美をやろう」


雪風「はい!ありがとうございます!」


大淀「書類の提出もお願いしますね」


雪風「もちろんです!ところで、執務室にこんなに人が居るなんて、何かあったんですか?」


58: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/18(月) 21:29:23.01 ID:iF0T2V1h0

明石「それはまぁ色々ありましたね」


大淀「そうですね…雪風ちゃんは提督と朝霜ちゃんが付き合ってるのは知ってますか?」


雪風「はい!二人とも幸せそうでよかったです!」


朝霜「雪風…」


大淀「あなたはなんとも思っていないのね。でも、中にはそんな二人を見てイライラする人もいるの」


雪風「…………?」


明石「大淀の気持ちは理解してもらえないんじゃないかしら。でも今は、雪風ちゃんの懺悔が聞きたいから……」ペカー


雪風「あっ!!…下3」


下3 雪風の懺悔を


59:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 21:29:38.06 ID:EFhaWbgF0

艦娘に囲まれてる提督に振り向かせるようムーディなフリフリ下着で提督を誘ってた


60:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 21:29:47.68 ID:ld4RK1dlo

比叡や初霜などの近くで沈んだ人たちと二人きりになると
昔の事を思い出して内心ドキドキしている


61:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 21:29:49.75 ID:EKIofJa0O

スッポンの生き血を吸うと不老不死になるって噂を真に受け川から新鮮なスッポンを拾って生で貪ってた


64: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/18(月) 21:39:36.72 ID:iF0T2V1h0

雪風「スッポンの生き血を吸うと不老不死になるって噂を聞いたので、川から新鮮なスッポンを拾って生で貪りました!」


朝霜「雪風は何してんだよ!?」


明石「あの…それのどこが懺悔なんですか?」


雪風「出所もはっきりとしない噂に流された自分に対してです!」


大淀「噂も何も…スッポンの生き血程度で不老不死にはなれないことくらい、少し考えればわかります」


提督「そう言ってやるな、雪風は純粋なんだから。でも生でスッポンを貪り食べて、何も体に影響はなかったのか?」


雪風「下3」


下3 雪風の台詞を。何もないも可


65:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 21:40:53.60 ID:ACBw4eWvO

お腹を下した


66:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 21:41:01.91 ID:EFhaWbgF0

実は提督が恋しくて恋しくて 我武者羅になってました


67:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 21:41:37.71 ID:ld4RK1dlo

その後陽炎達に見つかって念の為に病院に連れってもらったので大丈夫です!


69: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/18(月) 21:48:44.59 ID:iF0T2V1h0

雪風「その後陽炎達に見つかって念の為に病院に連れってもらったので大丈夫です!」


提督「ならよかったが…もう変なことはするなよ?生は色々と危険だからな」


雪風「はい!ナマが危険なのは知ってます!」


明石「何か発音が違う気がしますが…何もなかったならいいじゃないですか!」


大淀「変な病気を広げられるのは困りますけどね…そろそろ私は戻りますが提督、秘書艦の件は考えておいて下さいよ?」ガチャ


明石「あー私もそろそろ戻ります。それでは提督、このライトはじゃんじゃん使って下さい!」ガチャ



雪風「しれぇ、このライトはなんなんですか?雪風にも使ってましたが…」


提督「あぁ、これはだな…」


下3 「失礼します」コンコン


下3 訪れた人物を


70:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 21:51:21.50 ID:ACBw4eWvO

不知火


71:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 21:51:25.06 ID:ld4RK1dlo

夕立


72:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 21:51:26.93 ID:V8TaRYEE0

綾波


75: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/18(月) 21:57:16.47 ID:iF0T2V1h0

綾波「司令官、や~りました~!」


提督「おぉ綾波、なにをやったんだ?」


綾波「遠征で大成功しましたよ~!」


朝霜「これで資材も安心だな」


雪風「流石は綾波ちゃんです!」


綾波「敵をワンパンする雪風ちゃんの方が凄いですよ!」


提督「癒される存在である綾波…彼女にはどんな懺悔があるのだろうか…」ペカー


綾波「えっ…下3」


下3 綾波の懺悔を


76:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 22:01:20.73 ID:ld4RK1dlo

昔お世話になった人と喧嘩別れしてしまって未だに仲直り出来てない事


77:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 22:01:46.44 ID:ElvXgCwbo

ない(マジキチスマイル)


78:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 22:01:47.64 ID:EFhaWbgF0

先に階段に上がってわざと提督に私の食い込みパンツ見せる角度を狙ってた


81: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/18(月) 22:05:46.68 ID:iF0T2V1h0

綾波「先に階段に上がって、わざと提督に私の食い込みパンツ見せる角度を狙ってました…」


提督「じゃあいつものあれは…そういうことだったのか…」


綾波「ううぅぅぅぅ…恥ずかしいです~!」


朝霜「……司令、どういうことだ?」


提督「ど、どういうことも何も…綾波の…くいこみパンツを見てただけだが…」


朝霜「……へぇ…」


雪風「雪風、しれぇが食い入るように綾波ちゃんのスカートの中を見ていたのを目撃したことがあります!」


82: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/18(月) 22:09:23.57 ID:iF0T2V1h0

提督「雪風、余計なことを!」


雪風「さらにしれぇはその後トイレに篭り、暫く出てくることはありませんでした!」


朝霜「雪風、貴重な情報をありがとう」


雪風「どういたしまして!」


綾波「司令官……楽しんでいただけたんですね…?」


提督「……十分楽しみました。いつもありがとうございます」


綾波「それなら嬉しいです~!綾波はまだ戦闘ではお役に立てていませんが、少しでも司令官の為になっているなら、綾波は満足です!」


朝霜「…………」


83: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/18(月) 22:13:27.91 ID:iF0T2V1h0

綾波「でも……これからは控えた方がいいですよね?朝霜ちゃんも居ますから…」


提督「……そうだな…」


朝霜「…残念そうに言うんじゃねーよ」


雪風「ところで綾波ちゃんはどんなパンツを見せつけていたんですか?」


綾波「それはね、真っ黒でセクシーな……あっ、この話は司令官の前ではちょっとしにくいので…失礼しますね」ガチャ


雪風「しれぇ!また出撃が終わったら報告に来ます!!」ガチャ


朝霜「…………司令、何か言うことはあるか?」


提督「……すまん…綾波のお尻に食い込んだパンツが…あまりにもエ口くて…」


朝霜「…………正直に言うならまだ許してやるよ」



下3 「失礼します」コンコン


下3 訪れた人物を


84:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 22:14:50.12 ID:ACBw4eWvO

千代田


85:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 22:14:56.83 ID:ld4RK1dlo

夕立


86:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 22:15:00.15 ID:OsVXmgzQo

長波


87: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/18(月) 22:21:01.85 ID:iF0T2V1h0

長波「朝霜、ちゃんと頑張ってる~?」


朝霜「長波姉さん…」


長波「ん……なんか落ち込んでる?……て、い、と、く、万が一朝霜を泣かせるようなことがあったら…」


提督「ないない!それは断じてないから!」


長波「ほんとだな~?朝霜も、何かあったらすぐあたし達に言うんだぞ?」


朝霜「うん……」


提督「……まぁそれは置いといて…だ。長波、こっちを向いてみてくれ」ペカー



長波「えっ!…下3」


下3 長波の懺悔を


88:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 22:22:48.68 ID:3dsPIvqi0

おにぎりの具に何を入れるかで阿賀野とケンカした


89:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 22:22:50.25 ID:EFhaWbgF0

提督が朝霜とのイチャラブを見るたびにアイスを口に加えながら柱や机の角にお股スリスリしてました


90:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 22:22:52.43 ID:ElvXgCwbo

朝霜を奪ったわけじゃないとわかっていても、朝霜に慕われる提督がニクイ


94: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/18(月) 22:38:27.92 ID:iF0T2V1h0

長波「朝霜を奪ったわけじゃないとわかっていても、朝霜に慕われる提督がニクイんだ……」


提督「朝霜を独占していることについては申し訳ないと思っている。だが、俺は朝霜のことが好きなんだ!」


朝霜「うぅ……」


長波「二人を見てたら幸せそうなのがよかわかるよ。でも、あたしの本心は…提督が憎いんだ。これはどうしようもない」


提督「もし俺達が別れても長波は怒るだろう?」


長波「当たり前だ!朝霜を不幸にしたらタダじゃおかねえ!」


95: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/18(月) 22:41:32.96 ID:iF0T2V1h0

長波「だから提督…我慢してくれるかい?あたしぐらいしか提督を憎んでるのはいないから…」


提督「俺は変態だし、多くの奴に好かれていないだろう。それが一人増えたところで変わりはない。しかし……」


朝霜「長波姉さんが……司令のこと…」


提督「それが朝霜の姉だと言うなら話は違ってくるな」


長波「でも……朝霜が提督に笑顔を向けるたびに…あたいは……!」


朝霜「姉さん……下3」


下3 朝霜の台詞の


96:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 22:44:42.55 ID:ld4RK1dlo

いままで気付かなくてごめん


97:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 22:45:09.96 ID:PxU7lbH9O




98:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 22:45:11.17 ID:ACBw4eWvO

私はずっと姉さんの妹だから


100: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/18(月) 22:48:57.82 ID:iF0T2V1h0

朝霜「私はずっと姉さんの妹だから…」


長波「……そうだな、朝霜はずっとあたしの妹だよな」



朝霜「もしあたいが司令とけ、結婚…しても…」カァァァ


長波「赤面しながら言われると……ちょっとなぁ…」


提督「け、結婚って…おい…そんな…俺達はまだ……」


長波「提督も……はぁ……もう!あたしが馬鹿みたいじゃんか!!」


101: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/18(月) 22:52:19.44 ID:iF0T2V1h0

長波「もう……二人を認めてあげるから!」


提督「すまんな長波…」


朝霜「ありがとう姉さん、姉さん達のことはもちろん好きだけど、一番はやっぱり…」


長波「もうわかったから!お腹いっぱいだよ!」


朝霜「うん…ありがとうなっ!」


長波「提督もう一回言っておくけど、もし朝霜を泣かせたら……わかってるな?」ガチャ


提督「……恐ろしいが、それも朝霜の為なんだな。いい姉だよ長波は」


朝霜「もちろん、自慢の姉だからなっ!」



下3 「失礼します」コンコン


下3 訪れた人物を


102:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 22:52:59.72 ID:3dsPIvqi0

フミィ


103:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 22:54:04.32 ID:FtlGjKq40

UI瑞鳳


104:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 22:54:05.97 ID:n2Q2+F3V0

秋津洲


105: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/18(月) 22:57:56.69 ID:iF0T2V1h0

秋津洲「提督、秋津洲のこと呼んだかも?」


提督「呼んだのは正確には俺ではないが…用があるのか確かだな」


朝霜「今日も大艇ちゃんと一緒なんだなっ」


秋津洲「当たり前かも!大艇ちゃんとはいつも一緒かも!」


大艇ちゃん「!!」


提督「大艇ちゃんといつも一緒の秋津洲。どんな懺悔があるんだろうか…」ペカー


秋津洲「かもっ!…下3」


下3 秋津洲の懺悔を


106:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 23:01:45.60 ID:ElvXgCwbo

やくたたずのごくつぶしでごめんなさい


107:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 23:01:48.43 ID:EKIofJa0O

よく早朝に、深海棲艦が陸まで攻めてきたぞーって鎮守府全体に響くように叫んで 周りを混乱させるのが楽しくて仕方なかった 



108:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 23:01:48.60 ID:EFhaWbgF0

提督の事が好きだったが朝霜の事もあって告白できなかった


113: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/18(月) 23:10:18.23 ID:iF0T2V1h0

秋津洲「提督の事が好きだったが朝霜の事もあって告白できなかったかも…」


提督「なにぃ!?俺のことが……好きぃ!?」


朝霜「なんで司令なんか好きなんだ?こんな変態なのに」


秋津洲「秋津洲は本当は戦闘じゃ役に立たないのに…提督はずっと秋津洲を使ってくれてるかも…」


提督「何を言ってるんだ、秋津洲と大艇ちゃんは立派な戦力だ」


秋津洲「毎日毎日出撃させてくれて、本当に嬉しかったかも。朝霜が告白してなかったら秋津洲が告白してたかも…」


朝霜「秋津洲さん、本気で司令のこと好きだったんだな…」


秋津洲「うん…大好きかも。ねぇ…下3」


下3 朝霜か提督に向けた台詞を


114:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 23:12:04.63 ID:ld4RK1dlo

二人ともちゃんと幸せになってね


115:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 23:12:33.06 ID:FtlGjKq40

朝霜は提督がジュウコンするの許す?


116:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 23:13:08.35 ID:ElvXgCwbo

朝霜、提督をふこうにしたら…許さない


118: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/18(月) 23:17:14.16 ID:iF0T2V1h0

秋津洲「朝霜、提督を不幸にしたら…許さない」


朝霜「かもじゃないってことは…本気で許してくれそうにねぇんだな」


秋津洲「当たり前かも。あの世で後悔させてやるかも」


提督「お、おい……」


秋津洲「秋津洲はそれくらい提督のことが好きだったかも。朝霜、わかってるかも?」


朝霜「もちろんだ、あたいの人生をかけて司令を幸せにしてやるよっ!」


119: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/18(月) 23:22:30.87 ID:iF0T2V1h0

秋津洲「……悔しいけど提督は朝霜に任せるかも」


提督「……すまん、俺は朝霜のことが大好きなんだ」


秋津洲「もうわかったかも!……あれ、提督後ろに…」


提督「ん、なんだ?虫か何かが……」


チュッ


提督「…………え?」


秋津洲「秋津洲が提督のことが好きだったの、忘れないで欲しいかも。じゃあね提督!…………幸せにね」ガチャ


提督「…………」ボー


朝霜「……なにボーっとしてんだよ」ゴスッ


提督「いや、あいつ……」


朝霜「……ま、今のは不意打ちだし、ほっぺだから特に怒らねぇよ」


提督「…………」


朝霜「だから前に言ったろ?司令は意外とモテるんだって」


提督「……信じられん」


下3 「失礼します」コンコン


下3 訪れた人物を


120:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 23:23:10.85 ID:p1meQ+5c0

古鷹


121:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 23:23:30.16 ID:ElvXgCwbo

ローマ


122:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 23:23:32.64 ID:ld4RK1dlo

夕立


123: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/18(月) 23:28:12.11 ID:iF0T2V1h0

夕立「提督さん!夕立に何かあるっぽい?」


提督「夕立……今日も元気そうだな」


夕立「夕立はいつでも元気っぽい!出撃でも遠征でも、なんでもできるっぽい!」


朝霜「いつでも元気はすげぇよなぁ」


提督「だがそんな夕立にも懺悔することはある…^_^たろう」ペカー


夕立「っぽい!…下3」


下3 夕立の懺悔を


124:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 23:30:58.12 ID:ElvXgCwbo

このキャラつっかれるわ


125:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 23:31:25.92 ID:8EICvETM0

^_^


126:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 23:31:27.62 ID:EKIofJa0O

流れが穏やかな水路でザリガニ釣りをしてたら 釣ったザリガニに多摩が食らい付いてきた。びっくりした私は竿をおもいっきり振って多摩を流れが速い方の水路へ返した


130: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/18(月) 23:36:22.52 ID:iF0T2V1h0

夕立「流れが穏やかな水路でザリガニ釣りをしてたら 釣ったザリガニに多摩さんが食らい付いてきたっぽい。びっくりした夕立は竿をおもいっきり振って多摩を流れが速い方の水路へ返したっぽい…」


提督「色々と突っ込むところがあるが…多摩はそのあとどうなったんだ?」


夕立「流されていったからよくわからないっぽい…」


朝霜「でも多摩さんからは何も聞いてないよな?」


提督「流されたといってもザリガニが採れるところだから大事にはならないだろう。黙っていたということは、夕立を庇ったのか、単に恥ずかしかったのか…」


朝霜「直接聞くしかねぇな」


131:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 23:36:23.27 ID:W96y3UYeo

うーんこの


132: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/18(月) 23:38:29.69 ID:iF0T2V1h0

ーーーーーー

多摩「にゃあ…多摩になんの用にゃ」


夕立「多摩さん、この前はごめんなさいっぽい!」


多摩「にゃ?」


提督「夕立のザリガニに食らいついた話だよ」


朝霜「川に流されたのに、なんで司令達に何も言わなかったんだ?何か事情があったのか?」


多摩「下3」



下3 多摩の台詞を


133:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 23:39:04.19 ID:/wREj2RjO

言えるか情けない


134:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 23:39:40.99 ID:F/O2ZYCGO

kskue


135:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 23:39:42.18 ID:ld4RK1dlo

本当に何の話か分らない


138: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/18(月) 23:44:43.58 ID:iF0T2V1h0

多摩「本当に何の話か分らないにゃ」


夕立「この前の週末の話っぽい!夕立がザリガニ釣りをして…」


多摩「この前の週末なら、多摩は遠征に行ってたにゃあ」


提督「……そういえばそうだったな」


夕立「ぽいぃぃ!?じゃああの多摩さんは…」


朝霜「他の鎮守府の多摩さんか、あたい達のところに着任する予定だったか……」


提督「多摩は多摩は既にいるから、新たに着任は考えにくいな。ドロップなら考えられるが…」


朝霜「ならさ、近くの鎮守府で多摩が行方不明になってないか調べてみたらどうだ?」


提督「よし、早速調べてみるか!」



ーーーーーー

提督「……ふむ」


夕立「提督さん、何かわかったっぽい!?」


提督「下3」


下3 提督の台詞を


139:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 23:45:31.15 ID:/wREj2RjO

そんな記録はない


140:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 23:46:34.41 ID:p1meQ+5c0

何の報告もなかった


141:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 23:46:36.01 ID:ElvXgCwbo

>>139


145: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/18(月) 23:50:13.43 ID:iF0T2V1h0

提督「そんな記録はないな」


朝霜「夕立、本当にそれは多摩さんだったのか?」


夕立「間違いないっぽい!見間違える要素がないっぽい!!」


多摩「でも多摩には覚えはないにゃ」


提督「……そういえば多摩にはこれを使ってないんだよなぁ」


多摩「にゃあ?」


提督「多摩、こっちを向いてくれるか…?」ペカー


多摩「にゃっ!!…下3」


下3 多摩の台詞や懺悔を


146:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 23:50:46.19 ID:/wREj2RjO

眩しっ


147:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 23:50:56.60 ID:ElvXgCwbo

この語尾きっついキソー


148:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 23:51:29.19 ID:n2Q2+F3V0

この多摩に懺悔することなどないにゃ


152: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/18(月) 23:56:53.07 ID:iF0T2V1h0

多摩「この多摩に懺悔することなどないにゃ……なんにゃそのライトは?」


提督「明石のやつ、ちゃんとライトを直せたみたいだな…」


朝霜「それよりそのライトで懺悔することがないってことは、本当に多摩さんじゃないんだなっ」


多摩「さっきから何度も言ってるにゃ」


夕立「じゃあ夕立が見たのはなんだった…ぽい?」


提督「うーん……」


朝霜「じゃあやっぱり二人目の多摩さんじゃないのか?それともドロップしたのに誰も気づかなかったとか…」


提督「少し時間がかかるが調べるしかないな」


154: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 00:00:56.84 ID:x4sFhHLD0

ーーーーーーー

多摩「なんで多摩まで来なくちゃいけないんだにゃ…」


夕立「おんなじ多摩さんなんだから、何かわかるかもしれないっぽい!」


多摩「にゃあ…「時間がかかるから、その間二人で川を調べてくれ」…なんて、提督も人使い荒いにゃ」


夕立「下手したら夕立は取り返しのつかないことをしてるかもしれないっぽい!そんなことがなかったと確証が欲しいから、多摩さんも手伝って欲しいっぽい!」


多摩「やれやれにゃあ……」




下3 二人は何か手掛かりを見つけられた?見つけられなかった、も可


155:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 00:01:58.30 ID:uHvX0SOyO

手がかりは何もない


156:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 00:01:58.63 ID:nCHWm5Ij0

一気にミステリーな感じになったな、いいぞ


157:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 00:02:00.40 ID:YpVXP81Po

何の成果も!


160: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 00:08:35.82 ID:x4sFhHLD0

ーーーーーー

多摩「なーんにもないにゃあ…」


夕立「何の成果も得られませんでした!!っぽい」


多摩「やっぱり気のせいじゃないのかにゃあ…日も暮れてきたし、早く帰りたいにゃ」


夕立「絶対見間違いじゃないっぽい!」


にゃあ~にゃあ~にゃあ~


夕立「……猫の鳴き声っぽい?」


多摩「あっ、多摩の携帯にゃ。提督からかかってきてるにゃあ」


夕立「きっと調べ終わったっぽい!早く結果を聞いて欲しいっぽい!」


多摩「そんな慌てなくても電話は逃げないにゃ。もしもし多摩にゃ……」



下3 謎の多摩について調べた結果を


161:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 00:10:15.75 ID:uHvX0SOyO

九分九厘そこには多摩はいなかったはずだと判明した


162:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 00:10:57.01 ID:PlviuflP0

何の成果も!得られませんでしたぁ!


163:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 00:10:58.70 ID:uuBG6unB0

昨夜他鎮守府の多摩が水死体になってあがってた


166:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 00:14:12.10 ID:c1a9S+rWO

はい軍法会議


167: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 00:18:41.48 ID:x4sFhHLD0

多摩「それは本当かにゃ!!」


夕立「ど、どうしたっぽい…?」


多摩「…………昨夜他鎮守府の多摩が水死体になってあがってた…らしいにゃ」


夕立「そんな…………」ペタン


多摩「でもまだ確定情報じゃないにゃ。そもそもバケツをかけたら治ることもあるから…まだ夕立のせいだと決まったわけじゃないにゃ」


夕立「夕立が……多摩さんを……」


多摩「……とにかく早く鎮守府に帰るにゃ」


夕立「夕立は……取り返しのつかない……ことをしてしまったの……」



下2 鎮守府に帰るまでに起こったことを。何もなかった、も可


168:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 00:19:59.78 ID:rpIaZ8C4o

死亡時期が夕立が川に流した前日と判明したという追加報告がくる


169:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 00:20:02.20 ID:Xij47WzVo

一匹の猫が夕立にくっついてきて離れなかった


171: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 00:27:11.77 ID:x4sFhHLD0

提督「帰ってきたか……その猫はどうしたんだ?」


夕立「川から戻ろうとしたら…ずっとくっついてきたっぽい…」


猫「にゃ……」スリスリ


多摩「追っ払ってもついてくるから、仕方なく鎮守府に連れてきたにゃ」


朝霜「それでさっ、多摩さんの話なんだけど……」


夕立「……そのリアクションで大体わかるっぽい…」


提督「……多摩の水死体があがったのは、その川の下流の海だったよ。もちろん、ただ海で溺れただけという解釈もできるが…」


夕立「艦娘が海で溺れるなんて……ありえないっぽい…」


172: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 00:31:57.65 ID:x4sFhHLD0

多摩「なら川で溺れるのもありえないんじゃないかにゃ?」


朝霜「…そうだよ、まだ夕立が直接の原因と決まったわけじゃ…」


夕立「夕立にはわかるっぽい…あの多摩さんは……夕立が殺したっぽい…………」グスグス


提督「……多摩の死因は溺死で、事件性はないものとして扱われるらしい。死体はちゃんと弔われるそうだ」


朝霜「……夕立がやったって証拠もないんだ。きっと夕立は悪くねえよ」


夕立「う……うぁ~~~っ!!」ボロボロ


多摩「にゃ……」


夕立「夕立……夕立が悪いんです……あぁぁぁぁ~~!」



下3 この後起こったことを。何もなかった、も可


173:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 00:32:43.24 ID:fD2dc3GN0

ここでネタばらし


174:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 00:32:51.51 ID:DDYhJxCQO

なんの変化なし



175:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 00:32:52.71 ID:uuBG6unB0

夕立はその猫に問いかけるよう暗澹に暮れた しかし猫は一言も返事せずひと時も夕立の傍から離れなかった 


177: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 00:43:45.58 ID:x4sFhHLD0

ーーーーーー

夕立「ねぇ猫ちゃん……聞いて欲しいっぽい……」


猫「……」


夕立「夕立ね……人を殺しちゃった…ぽい…」


猫「……」


夕立「最初からね、殺そうとしたんじゃないんだよ?ただ急に夕立のザリガニに食いついてきて…びっくりしちゃったぽい……」


猫「……」


夕立「それで、夕立は慌てて川に竿を戻して……でもそこは…流れが早くて……」


猫「……」


夕立「う……うぅぅ~~…ごめんさない……ごめんなさい~~…」ボロボロ


猫「……」


夕立「ごめんなさい~~っ!!うわぁぁぁぁん!」


猫「……」


178: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 00:48:21.69 ID:x4sFhHLD0

提督「……夕立の様子はどうだ?」


朝霜「あれからずっと猫と一緒みたいだな。その猫にずっと話しかけて……正直見てらんねぇよ」


提督「そうか……」


朝霜「なあ司令、死んだ多摩さんって……」


提督「……もう処理も終わっているだろう。死んだ多摩が夕立の言っている多摩かどうかは、もう確認する手段はない」


朝霜「……司令はどう思う?」


提督「…………」


朝霜「……まぁ司令は何も言えねぇよな…」


提督「……すまん」



下2 この後起こったことを。特に無し、も可


179:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 00:49:25.19 ID:QityuTi8O




180:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 00:49:33.81 ID:lmGNBboo0

なにもなかった


181: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 00:56:58.20 ID:x4sFhHLD0

提督「……夕立には早く元気になって欲しいな」


朝霜「……そうだよなぁ…」


提督「……よし、会いに行ってみるか」


朝霜「あたいも行くよっ」


多摩「にゃ……多摩も行くにゃあ」


提督「うぉっ……いつからそこに居た?」


多摩「多摩は猫じゃないにゃ」


提督「答えになってないんだが…」


朝霜「いいじゃねぇか、人数は多い方がいいだろっ」


ーーーーーー

提督「夕立、様子はどうだ?」



下2 夕立の様子を。さっきから変わってない、も可


182:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 00:58:34.75 ID:GGYVDN000

猫が喋り掛けてくると言っている


183:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 00:58:35.97 ID:YpVXP81Po

猫が多摩の生まれ変わりとか喋ったとか言ってる


184: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 01:03:31.81 ID:x4sFhHLD0

夕立「提督さん!」


朝霜「よかった、元気そうじゃねぇか」


夕立「あのね!この猫は多摩さんの生まれ変わりで…喋ったっぽい!!」


提督「……うんそうか、その猫は喋ったんだな…………なぁ朝霜、精神科の先生って…」


夕立「だぁぁぁ!夕立は正常っぽい!!」


提督「……あのな、猫は喋らないし、その猫が艦娘の生まれ変わりだなんて…」


朝霜「夕立、もういいんだ。夕立は何も悪くないんだ……」


夕立「話しを聞くっぽい!!」


猫「下2」


下2 猫?は本当に喋った?喋らずにただの鳴き声、でも可


185:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 01:04:26.18 ID:tukuac/O0

別鎮守府の多摩とはいえ死亡安価ありなのか・・・


186:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 01:04:28.36 ID:DDYhJxCQO

ただの鳴き声


189: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 01:12:47.66 ID:x4sFhHLD0

猫「にゃあ~~」


提督「…ほらな、ただの猫じゃないか」


朝霜「大丈夫、医者なんだから下手なことはされねぇよ」


夕立「なんで喋ってくれないっぽい!?さっきまで色々お話してたっぽい!!」


提督「…朝霜、夕立の入院準備をしよう」


朝霜「そうだな……夕立、ちゃんと治してくるんだぞ…」


提督「そうだ、俺達は夕立の帰りを待ってるからな……」


夕立「も~なんでそうなるっぽい!!」


猫「……にゃあ」





198: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 19:29:12.33 ID:x4sFhHLD0


ーーーーーー

提督「あれから夕立の様子はどうだ?」


朝霜「相変わらずみてぇだな…今だに猫が喋ったとか言ってるらしい」


提督「入院させようにも本人が拒否するし…早くよくなってもらいたいな」


朝霜「そうだよなぁ…」


下3「失礼します」コンコン


下3 訪れた人物を


199:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 19:30:24.68 ID:9WQhj1fXO

愛宕


200:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 19:32:41.38 ID:1PsjhyvZ0

大淀


201:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 19:32:43.34 ID:lmGNBboo0




202: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 19:54:56.12 ID:x4sFhHLD0

嵐「司令、俺になんの用だ?」


提督「嵐か……いや、よく来てくれた」


朝霜「なぁ……司令って嵐も好きなタイプだろ?」


提督「……なぜわかる?」


朝霜「だってあたいと似てるしさ。雰囲気とか色々」


提督「…………」


朝霜「沈黙は認めてるってことだな?」


提督「…俺にとって一番は朝霜だ。それは変わりない」


朝霜「ん……わかってるよ」


嵐「……俺もう帰っていいか?」


提督「すまんすまん本当の目的を忘れるところだったな…と」ペカー


嵐「うわっ!…下3」


下3 嵐の懺悔を


203:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 19:55:42.60 ID:t/rRkfJHO

ksk


204:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 19:57:06.19 ID:tfqVlycbo

仲良しの吹雪ととぼけた理由から
対立し、一日離れていたことがある


205:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 19:57:07.68 ID:uuBG6unB0

市民マラソンしてる最中に道から外れてタクシーを使って移動してしまい その結果800人中17位になった
その上、上位入賞のニューバランスのスニーカーを貰った


208: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 20:03:42.25 ID:x4sFhHLD0

嵐「俺さ、この前市民マラソンに参加して、800人中17位になったんだ」


提督「あのマラソンで17位!?すごいじゃないか!」


朝霜「あれってプロも出てたよな?確か商品が豪華だからって…」


嵐「実は…あれ道から外れてタクシーを使って移動したんだ……」


提督「おいおい、それじゃインチキじゃないか」


嵐「その上、上位入賞のニューバランスのスニーカーを貰っちゃったんだ…」


朝霜「あ~あ…」


210: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 20:08:04.92 ID:x4sFhHLD0

提督「そもそもなんでタクシーなんて使ったんだ?」


嵐「マラソンが思ったより疲れてさ…ゴールできないと陽炎達に笑われると思ったから、ゴールさえできればいいと思って……ゴール近くのトイレからコースに戻ったんだけど……」


朝霜「思ったよりいい順位で戻っちまったわけだな」


嵐「……そうなんだ。司令、俺はどうしたらいいのかな…?」


提督「そのスニーカーはどうしたんだ?」


嵐「使わずに部屋に……置いたままにしてるな……」


朝霜「なら正直に言って返すしかねぇぞ?」


嵐「でも!今更……無理だって…」


提督「…下3」


下3 提督の提案や台詞を


211:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 20:08:55.78 ID:HO6TyJtIo

俺もついて行ってやるから


212:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 20:09:48.00 ID:9WQhj1fXO

バレなきゃいいんだバレなきゃ


213:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 20:09:52.22 ID:fpOzQCi6O

凶悪犯罪バレなきゃ無罪b


214: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 20:16:51.83 ID:x4sFhHLD0

提督「凶悪犯罪バレなきゃ無罪」グッ


朝霜「親指立てながら言う台詞じゃねえな」


嵐「やっぱりあれって凶悪犯罪だよな……」


朝霜「嵐も落ち込むんじゃねーよ!どうせ司令の冗談だろ!」


提督「いや…半分本気だぞ?」


朝霜「ズルしたままでいいって言うのかよ?」


提督「嵐、そのマラソン大会のチラシは持ってるか?」


嵐「ん……持ってるよ」


215: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 20:21:37.00 ID:x4sFhHLD0

嵐「ほら、これだけど……」ペラッ


提督「ふむ……やはり俺の思った通りだな」


朝霜「一体何が書いてあるんだよ?」


提督「ほら、ここを見てみろ」


朝霜「何々……禁止事項や決まりについて……ゼッケンナンバーは見える所に貼ること、またリタイアする場合…………これがどうしたんだ?」


提督「禁止事項のところに、タクシーを使ってはいけないとは書いてないぞ?」


朝霜「……そんなの子どもの言い訳だろっ!」


216: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 20:24:49.78 ID:x4sFhHLD0

提督「いや、この手の大会には禁止事項に必ず書いてあるものなんだ。「自力で走らないと順位は認めはれない」ってな。これには書いてないから…」


嵐「俺は悪く……ない?」


提督「悪くないというか、ルールの穴を突いたというところかな」


朝霜「そんなの無しだろ…」


提督「書かない方が悪いんだ!……とゴネればなんとかなるだろうな、実際」


朝霜「そんなのってよぉ…」


嵐「……わかったぜ司令」


217: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 20:28:35.84 ID:x4sFhHLD0

朝霜「嵐、まさか…そのままスニーカーを?」


嵐「いや、俺来年リベンジするよ。そして、自力でスニーカーを手に入れて……その時に、あのスニーカーは返す!!」


提督「…うん、それが一番かもしれないな」


嵐「そうと決まれば今から練習してくる!ありがとな司令、懺悔したらスッキリしたよ!!」ガチャ


朝霜「……司令、これを狙ってたのか?」


提督「嵐みたいなタイプは、こういうやり方が一番だ」


朝霜「流石…だな」



下3 「失礼します」コンコン


下3 訪れた人物を


218:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 20:30:59.45 ID:fpOzQCi6O

ksk


219:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 20:31:03.01 ID:6dVfTFMFo

サラトガ


220:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 20:32:24.45 ID:R0J48tzAO

時雨


221: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 20:37:27.48 ID:x4sFhHLD0

時雨「提督…………」ズーン


提督「えらく暗いな…」


朝霜「やっぱり…夕立のことか?」


時雨「そうだね……僕達がいくら言っても……ずっと猫が喋ったって……」


提督「この後一緒に様子見にいってやろうな?」


時雨「うん……夕立も喜ぶよ…」


提督「……まぁそれはそれ、これはこれ…ということで」ペカー


時雨「んっ…下3」


下3 時雨の懺悔を


222:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 20:40:55.03 ID:unMK/6hz0

ksk


223:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 20:42:16.11 ID:vmTJNbFM0

実はパッドで盛っている


224:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 20:42:17.40 ID:wGoZt9JCO

備蓄の移動作業に疲れて
息抜きに蔵の屋根にあがって日光浴してたら 

うっかり瓦を落として 
江風の頭に瓦を直撃させました


228: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 20:50:09.14 ID:x4sFhHLD0

時雨「備蓄の移動作業に疲れて息抜きに蔵の屋根にあがって日光浴してたら、うっかり瓦を落として江風の頭に瓦を直撃させました…」


提督「江風の怪我は時雨のせいだったのか!!あれ大騒ぎしたんだぞ!」


朝霜「そうだよっ!深海棲艦のせいじゃないかって話しにまでなったんだぞ?」


時雨「…ここまで大騒ぎになってしまったから…とても僕のせいだとは言い出せなくなってしまったんだ…」


朝霜「だからってよぉ!」


提督「まぁ言い出せなくなってしまうのはわかるがな。そういえば江風の様子はどうなったんだっけ?」


朝霜「それなら…下3」


下3 現在の江風の様子を。完治、や治療中など


229:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 20:51:40.94 ID:fpOzQCi6O

未だ意識不明


230:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 20:53:32.91 ID:gwAfhcfBO




231:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 20:53:34.47 ID:uuBG6unB0

大事には至らなかったが

常に細かいことに注意するクレーマーになってしまった


232: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 20:57:41.89 ID:x4sFhHLD0

朝霜「大事には至らなかったけど、常に細かいことに注意するクレーマーになってしまったんだろっ」


提督「そうだった……あれから一人ピリピリしてるんだよな…」


時雨「僕のせいで……江風には申し訳ないことをしてしまったね…」


朝霜「なら直接謝ったらどうだ?あたい達もいるし、変なことにはなんねぇよ」


時雨「うん…お願いできるかな?」


朝霜「よしっ!ちょっと待ってな」


233: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 21:00:56.08 ID:x4sFhHLD0

ーーーーーー

江風「なンだよ江風に用って……今忙しいんだよ…」


朝霜「そう言わずにさ、すぐ終わるからな?」


江風「全く……提督、早くしてくれよな。それか時雨姉貴が江風に何かあるのか?あるならさっさと…」


時雨「……江風ごめん!この前頭に瓦を落としたのは……僕なんだ…」


江風「えっ?」


提督「江風、許してやってくれないか?時雨もわざとやったわけじゃないし…」


江風「下3」


下3 江風の台詞や行動を


234:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 21:02:29.71 ID:fpOzQCi6O

目ェ瞑って歯ァ食いしばれ


235:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 21:03:50.68 ID:aamarOc80

覚えてない…


236:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 21:03:55.14 ID:lmGNBboo0

何だそんなことか気にしてねぇよ


238: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 21:08:12.86 ID:x4sFhHLD0

江風「何だそんなことか気にしてねぇよ」


時雨「……本当かい?」


江風「あぁ、特に気にしてねぇって」


時雨「じゃあなんで…そんなにピリピリしてるんだい?」


朝霜「あたいも瓦が原因でイライラしてると思ってたな…」


提督「江風、よければ原因を教えてくれないか?」


江風「下2」


下2 江風の台詞を


239:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 21:09:17.74 ID:yIHeZi4ZO

ここ最近しゃべる猫にちょくちょく出くわすから


240:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 21:09:23.05 ID:wGoZt9JCO

んなもん瓦にしっかり釘打ってないやつが悪いんだろ


242: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 21:17:21.08 ID:x4sFhHLD0

江風「落としたことにイライラしてるンじゃないんだ。きちんと瓦にしっかり釘打ってないやつが悪いンだ」


提督「……すまん、それは俺のミスだ。この鎮守府は元々古い建物を利用してるからな…」


朝霜「…あたいも悪いな。鎮守府の整備まで気がまわらなかったよ」


時雨「そもそも僕が瓦を落とさなければ…」


江風「あぁもう!そんなウジウジされると余計イライラするじゃンか!」


提督「……本当にすまん」


243: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 21:21:46.68 ID:x4sFhHLD0

江風「もうこの話は終わりだ!江風は何も気にしてないからな?いいな!!」ガチャ


時雨「僕が原因じゃないと言われても…やっぱり気にしてしまうね」


提督「江風は時雨を責める気はないみたいようだし、もう気にするのはやめたらどうだ?」


時雨「……そうだね、少し考えを改めるよ」


朝霜「じゃあこの件は解決したとして…夕立のとこ行くか?」


提督「そうだな、見にいってやろうか」


ーーーーーー

提督「夕立の妄想は治ったのだろうか…」


時雨「また猫に話しかけてないといいな…」


朝霜「夕立、入るぜ?」


下3 夕立の部屋の様子を


244:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 21:24:15.19 ID:tfqVlycbo

横にいる猫に頬ずりしている


245:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 21:26:40.28 ID:hMO0ML1SO

わたしはしょうきにもどった!


246:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 21:26:41.50 ID:YpVXP81Po

猫とお話しの真っ最中


247:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 21:28:36.38 ID:vmTJNbFM0

夕立が猫みたいになってる(全裸)


248: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 21:34:14.08 ID:x4sFhHLD0

夕立「…………」ボソボソ


朝霜「夕立…?」


提督「俺達に気付いていないみたいだな」


時雨「何をしてるんだろう…コッソリ見てみようか」


夕立「……なんでみんなの前では喋ってくれないっぽい……?」


猫「…………」


夕立「え~…このままじゃ夕立、頭のおかしい子だと思われるっぽい…」


猫「…………」


朝霜「……また猫と話してるみてぇだな」


提督「やはり夕立は精神的に追い詰められてしまったのか…」


時雨「……提督、ここは僕が夕立にちゃんと説明するよ」


提督「時雨……任せたぞ」


時雨「ふぅ…………夕立、何をしてるんだい?」


夕立、猫「!!!!」



下3 この後の展開を


249:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 21:36:32.78 ID:oj2dfGS80

猫が提督に喋りかけてきた
尚、朝霜には わからないらしい

猫「多摩は猫じゃないにゃ」


250:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 21:36:41.27 ID:h+TFH+Iro

本当に猫が喋る


251:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 21:36:43.22 ID:uuBG6unB0

>>247

夕立が猫みたいになってる(全裸)




252: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 21:45:15.56 ID:x4sFhHLD0

時雨「何をしてるというより…どうして全裸なんだい?」


夕立「こ、これは…多摩さんが裸だから、夕立もそれに合わせるために脱いだっぽい…」素っ裸


提督「…………あのな夕立…」


夕立「何度も言わせないで欲しいっぽい!絶対にこの猫…多摩さんは喋ってるっぽい!!」


朝霜「でもよぉ…」


時雨「……夕立、冷静になるんだ。いくら世界が広くても、猫は喋ったりしないんだ」


夕立「もぉぉぉぉ~!どうしたら信じてくれるっぽい!?」


提督「その猫が突然喋り出さない限り…信じられないな」


夕立「聞いた多摩さん?みんなの前でも喋ってくれないと、夕立変な子にされちゃうっぽい!!」


猫「下3」


下3 猫は本当に喋った?全て夕立の妄想、でも可


253:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 21:46:32.94 ID:tfqVlycbo

それならしゃべるにゃ


254:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 21:46:34.96 ID:fpOzQCi6O

ニャーニャーミャー


255:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 21:46:43.15 ID:wGoZt9JCO

相変わらずニャーとしか言わないむしろ猫は嫌がってるように見える

カウンセラーからは慢性疲労症候群と診断された




258: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 21:51:25.91 ID:x4sFhHLD0

猫「にゃー」


夕立「ほら!!今多摩さんが喋ったっぽい!!提督さんも時雨も聞いたでしょ!?」


提督「…………夕立…」


時雨「ごめん……夕立がこんなに追い詰められていたなんて……」


朝霜「司令、精神科の先生…呼んでこようか?」


提督「……あの先生にお願いしよう…」


猫「にゃぁ~……」


夕立「そんな嫌そうに喋らないでっぽい。でもこれで信じてくれたから……」


時雨「夕立…………」グスッ


259: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 21:56:59.34 ID:x4sFhHLD0

ーーーーーー

提督「先生、夕立の様子はどうでしたか?」


カウンセラー「夕立さんは慢性疲労症候群かと思われます」


朝霜「疲労症候群?」


時雨「それは治るのかい?」


カウンセラー「…現在は薬で治療するしか方法がありません。その薬も大した効果があるわけでは…」


朝霜「そんなっ…」


提督「夕立はずっとあのままなんですか?」


カウンセラー「夕立さんは心が疲れきっています。それを癒してあげることができれば…」


提督「夕立は…猫を人だと思っているんです」


カウンセラー「猫………?」


朝霜「先生には全部言った方がいいと思うぜ」


提督「そうだな。あのですね、実は……」


260: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 21:59:46.96 ID:x4sFhHLD0

カウンセラー「……大体の事情は理解できました。その多摩さんが死んだというのは本当なんですか?」


提督「直接死体を確認したわけではありません。あくまで書類上での話です」


朝霜「でも、わざわざ艦娘が死んだ…なんて書類書いてなんのメリットがあるんだ?」


時雨「それはわからないよ。でも、多摩さんが本当に死んでたら夕立は二度と立ち直れなく……」


提督「…先生、これからどうすればいいんでしょうか?」


カウンセラー「下3」


下3 台詞や提案を


261:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 22:00:58.63 ID:fD2dc3GN0

慰安旅行


262:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 22:01:28.55 ID:oj2dfGS80

お前が猫になるんだよ!(=゚ω゚=)


263:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 22:01:56.09 ID:QityuTi8O

とりあえず戦場禁止



266: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 22:07:29.03 ID:x4sFhHLD0

カウンセラー「とりあえず戦場は禁止です。症状が悪化するだけですから」


提督「……わかりました」


カウンセラー「あとは投薬でゆっくりと治療していきましょう。心は一度壊れてしまうと、治すのにはとても長い時間がかかりますからね」


時雨「夕立は……治るんだよね?」


カウンセラー「必ず治る、とは言い切れません。ですが、皆さんの気持ちは必ず届きます」


朝霜「夕立はこのまま鎮守府で面倒見ててもいいのか?」


カウンセラー「その方がいいでしょう、なるべく話しかけてあげて下さい。ただし、出撃に関する話はやめて下さいね」


提督「わかりました、今日はわざわざありがとうございました」


267: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 22:11:58.88 ID:x4sFhHLD0

時雨「夕立…………」


朝霜「時雨、相当ショックだったみたいだな…」


提督「夕立の様子は明らかにおかしかった、時雨も薄々感じていたはずだ。だが実際に病名を告げられて…ショックは大きいだろう」


朝霜「あたい達に…何かできることはないのかな?」


提督「……今は見守ってやろう。悔しいがそれしかできないな…」




夕立「ほら、多摩さんもみんなに言って欲しいっぽい。夕立は病気なんかじゃないって……」


猫「……にゃぁ~」


夕立「うふふっ……」



時雨「……夕立、必ず君を元に戻してあげるから…」


268: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 22:14:05.70 ID:x4sFhHLD0

ーーーーーー

提督「……さて、執務室に帰ってきたわけだが」


朝霜「本当に続きをやるのか?あのまま夕立の側に居てやった方がいいんじゃないか?」


提督「それも考えたが、夕立のように悩みを抱えているやつが他にいるかもしれない。そんなのは放っておけないだろ?」


朝霜「……わかったよ」



下3「失礼します」コンコン


下3 訪れた人物を


269:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 22:15:17.35 ID:fpOzQCi6O

竜田


270:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 22:16:08.96 ID:YpVXP81Po

葛城


271:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 22:16:28.65 ID:Le3zjql3o

白露


272: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 22:23:28.62 ID:x4sFhHLD0

白露「いっちばーん…………」


提督「物凄くテンションの低いいっちばーんだな…」


白露「だってさ……夕立が…」


朝霜「あたい達も協力するから、一緒に夕立を治そうぜ?」


白露「うん……ありがとう…」


提督「こんな時に悪いが…すまん白露」ペカー


白露「えっ…下3」


下3 白露の懺悔を


273:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 22:25:52.71 ID:yPwHCvJzO

廊下で拾ったアイス券を猫ババした


274:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 22:26:04.61 ID:QityuTi8O

>>226


275:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 22:26:06.08 ID:uuBG6unB0

オンラインゲームをやっててパソコンの動作が不安定だったから万引きセンサーにひっかからない装備をして電機屋から4Ghzの高価なCPUを万引きした


279: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 22:33:12.21 ID:x4sFhHLD0

白露「オンラインゲームをやっててパソコンの動作が不安定だったから、万引きセンサーにひっかからない装備をして電機屋から4Ghzの高価なCPUを万引きしました…」


提督「…それは本当なんだな?」


白露「……ごめんなさい」


提督「それは給料では買えないようなものなのか?」


白露「頑張れば…買えるけど……」


提督「……白露は今まで他にも万引きをしたことがあるのか?それとも今回だけなのか?」


白露「下2」


下2 白露の台詞を


280:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 22:34:23.69 ID:+s8X7DVkO

今回ほど高価なものはないけど何度かある


281:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 22:34:25.41 ID:wGoZt9JCO

加賀の冷凍庫から間宮アイスをたくさん



283: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 22:42:32.58 ID:x4sFhHLD0

白露「加賀さんの冷凍庫から間宮アイスをたくさん…盗みました…」


提督「ん~~なるほどな…」


朝霜「司令…?」


提督「朝霜、さっきの先生はまだ鎮守府にいるよな?」


朝霜「カウンセラーの先生か?まだ居ると思うけど…」


提督「至急白露も診るように頼んできてくれないか?」


朝霜「えっ…いいけどよぉ……」


白露「提督、白露は……」


提督「いいから、先生の言うことをよく聞くんだぞ?」


白露「……うん」


285: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 22:49:08.49 ID:x4sFhHLD0

ーーーーーー

カウンセラー「提督さんの思った通り、白露さんはクレパトマニアの傾向があります」


提督「やっぱり…な……」


朝霜「くれ…ぷと?」


提督「窃盗症と言えば意味はなんとなくわかるか?」


朝霜「ん……そういうことか」


提督「物を盗むという衝動に我慢できなくなる病気なんだ。4GのCPUも、加賀のアイスも買えないことはないものばかりなんだ」


朝霜「でも、それだけで病気だってわかるのか?ただの万引きと違いはなんだ?」


提督「白露のやつ……かなり後悔してただろ?窃盗症のやつは…後悔も人一倍なんだそうだ」


カウンセラー「提督さんが言われたことに余り間違いはありませんね。白露さんはまだ症状は軽いので、いくらでも改善できます」


白露「提督……………ごめんなさい……」


提督「俺は白露を責めるつもりはない。ただこれだけは教えてくれないか?何が原因で万引きなんかし始めてしまったんだ?」


白露「下3」


下3 白露の台詞を


286:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 22:51:47.99 ID:QityuTi8O

最初は万引きすると落ち込んでた気分がよくなった


287:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 22:53:33.47 ID:tukuac/O0

大本営の艦娘のストレス耐久を調べるという実験に付き合ってから精神的に少し変だと自覚がある


288:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 22:53:41.32 ID:lmGNBboo0

提督と朝霜の件があまりにもショックでもうどうなってもいいやって思って…


291: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 23:01:55.20 ID:x4sFhHLD0

白露「提督と朝霜の件があまりにもショックでもうどうなってもいいやって思って…」


提督「……俺が原因だったんだな」


白露「でも悪いことをしたのは白露だから……」


提督「白露……すまん」ペコッ


白露「そんな、やめて!頭を上げて提督!」


提督「……白露の気持ちに気付けなかった俺が悪いんだ。俺が白露に好かれていると知っていたら、みんなの前でイチャついたりしなかった。本当に申し訳ない」


白露「やめて……やめてよぉ……」


292: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 23:05:52.13 ID:x4sFhHLD0

朝霜「先生、白露も鎮守府で様子を見るんだな?」


カウンセラー「その方がいいですね。あとくれぐれも…」


朝霜「出撃はなし、だな?」


カウンセラー「ええその通りです。あと、白露さんは症状が軽いので、そんなに悲観することはないですよ?」


朝霜「…だってさ」


白露「提督……白露、いっちばんいい子になって…艦隊に戻るからね」


提督「…あぁ、いつまでも待ってるからな白露」


白露「うん…」


293: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 23:09:00.57 ID:x4sFhHLD0

ーーーーーー

提督「……」


朝霜「…司令は悪くねぇよ」


提督「……本当にそうだろうか?」


朝霜「そうだって…なんにも悪くねぇよ…」


提督「俺が…特定の誰かと付き合うと、艦隊のみんなに影響が出るんじゃないのか?」


朝霜「えっ……司令………?」


提督「なあ朝霜……もし今の関係を解消したいって言ったら、朝霜はどうする?」


朝霜「下3」


下3 朝霜の台詞を


294:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:09:37.49 ID:fD2dc3GN0

エラーエラーエラー


295:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:09:57.64 ID:QityuTi8O

オマエヲ殺してアタシも死ぬ


296:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:11:18.69 ID:wGoZt9JCO

おめぇこの間箪笥の中調べたら駆逐艦用のスパッツが三枚あったぞ


298: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 23:17:38.98 ID:x4sFhHLD0

すいませんどう繋げたらいいか思いつかないので、最安価させて下さい

ここから下2でお願いします


299:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:22:10.33 ID:oj2dfGS80

嫌だ…嫌だよ…


300:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:22:55.06 ID:r/RyMaQG0

分かったよ……何て言うと思ってんのかよ?


301: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 23:22:55.34 ID:x4sFhHLD0

あっ、そうか浮気を疑えばいいのか…すいませんそれでいきます。


最安価はなしでお願いします、すいません!!


303:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:26:32.14 ID:oj2dfGS80

ヴァイ!


304: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 23:26:47.12 ID:x4sFhHLD0

でもレスが来てたのでどっちも採用します
ややこしいことを言ってすいません…



朝霜「分かったよ……何て言うと思ってんのかよ?」


提督「いや……」


朝霜「この間箪笥の中調べたら駆逐艦用のスパッツが三枚あったぞ」


提督「勝手に……人のタンスを開けるんじゃない」


朝霜「……浮気してやがったんだろ…」


提督「それはない!ただ、少しスパッツを借りただけで…」


朝霜「それが浮気なんだよ!この…浮気者!!」バシーン!


提督「うっ…………」


朝霜「バカ!!司令のバカバカバカ!!もうあたい知らないからっ!!」ダダダッ


提督「……これでよかったんだ…うん…」


305: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 23:28:43.89 ID:x4sFhHLD0

朝霜「ひぐっ……ぐすっ……司令の……バカ……」


朝霜「あたいがどんな気持ちで……ぐすっ……」


朝霜「何を考えてんだよ司令はぁ……」


朝霜「うぅ………ぐすっ……」


下2「あれは…」


下2 遭遇した人物を


306:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:31:14.85 ID:wqHZ0I4ao

うんりゅー


307:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:31:17.54 ID:zkIkaOyqo

飛龍


308: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 23:36:02.92 ID:x4sFhHLD0

飛龍「ねぇ朝霜ちゃん、泣いてるみたいだけど…どうしたの?」


朝霜「飛龍……さん…」グスグス


飛龍「多分提督関係なんだろうけど…よければ聞かせてくれないかな?」


朝霜「ぐすっ……うん……」


ーーーーーー


飛龍「提督が…ねぇ……」


朝霜「ほんとにさぁ……浮気したとは思ってねぇけど……あんなこと言われるなんて……あたい…ショックで……」


飛龍「下2」



下2 飛龍の台詞や行動を


309:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:38:50.00 ID:XjNq/dZQ0

まあ元々提督って変態だし


310:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:39:09.03 ID:S+YKrBR+O

変態だからねぇ…


312: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 23:42:52.15 ID:x4sFhHLD0

飛龍「変態だからねぇ…提督は」


朝霜「うん……知ってるけどよぉ……」


飛龍「でもそんな変態でも、朝霜ちゃんは提督のことが好きなんでしょ?」


朝霜「………好きだっ」


飛龍「ならさ、もう一度提督と話してみるのがいいと思うよ?」



朝霜「でもあたい…思いっきり司令のこと叩いたから…」


飛龍「大丈夫だって!きっとそのことに興奮してるだろうから!ほら、執務室に行こうよ!」


朝霜「あっ……飛龍さん…」


313: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 23:44:25.90 ID:x4sFhHLD0

ーーーーーー執務室


飛龍「よし着いた…朝霜ちゃん、準備はいい?」


朝霜「えっ、まだちょっと……」


飛龍「ほらほら、もう入っちゃうからね?」


朝霜「んっ……飛龍さん…」


飛龍「提督、失礼します!朝霜ちゃんを連れてきましたよ~!」ガチャ



下2 部屋の様子を


314:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:46:36.98 ID:6dVfTFMFo

自家発電


315:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:46:46.17 ID:SIrbLHv4O

提督が朝霜のパンストを被ってる泣いている


316: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/19(火) 23:54:29.59 ID:x4sFhHLD0

提督「朝霜……朝霜ぉ……」


朝霜「司令……泣いてるのか?」


提督「朝霜……俺は朝霜のことが……大好きなんだ……」


朝霜「…ん、知ってるよ」


提督「だが…朝霜への気持ちを抑えなければ……艦隊の士気が……」


朝霜「……艦隊の士気なんか関係ねぇよっ!」


提督「……朝霜?」


朝霜「司令は……あたいをどうしたいんだよっ!!ハッキリ言ってくれ!!」


提督「下2」


下2 パンストを被ったままの提督の台詞を


317:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:55:40.97 ID:9GBxCVCEO

一日掛けて欲望の限りをぶつけたいっ


318:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 23:56:47.55 ID:JlOnRcaN0

共に人生を歩みたい


320: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/20(水) 00:00:20.35 ID:x/KExStN0

提督「朝霜と共に人生を歩みたい……」


朝霜「司令……」


提督「朝霜……こんな俺でよければ、ついてきてくれないか?」


朝霜「司令のことを受け入れられるのは…あたいだけだよな。絶対に幸せにしてくれよ?」


提督「……当たり前だ」抱き


朝霜「んっ……司令………」ギュッ




飛龍「提督がパンスト被ってなければ、凄くいい場面なんだけどなぁ…」


321: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/20(水) 00:07:27.46 ID:x/KExStN0

提督「すまんな飛龍、迷惑をかけたみたいで」


飛龍「いや……いいよ別に…」


朝霜「やっぱり…あたいには司令しかいないよ……」


提督「さっきはあんなこと言ってすまん……もう二度とあんなこと言わないからな…」


朝霜「あたいこそごめん…あんなに強く叩いちゃって…」イチャイチャ


提督「俺こそ…例えその気がなくても別れるなんて言ってごめんな……」イチャイチャ




飛龍「……部屋に帰ろ…」




332: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/20(水) 19:10:40.25 ID:jQmUoiLa0


ーーーーーー

提督「……さて、あらためて艦娘の懺悔を聞いていこうじゃないか」


朝霜「そうだな、人に抱えない悩みがあったりするかもしんねぇならなっ」


提督「くだらない悩みでも、口に出すと案外スッキリするからな」


下3 「失礼します」コンコン


下3 訪れた人物を


333:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 19:15:16.89 ID://jhMqa1o

プリンツオイゲン


334:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 19:16:57.10 ID:a1uXQYpzo

鈴谷


335:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 19:19:12.83 ID:+5MXiz5T0

ビスマルク


336: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/20(水) 19:24:31.93 ID:jQmUoiLa0

ビスマルク「提督、この私ビスマルクを呼び出すだなんて、余程の用事があるんでしょうね?」


提督「あ…ビスマルクか。いつもお世話になっているな」


ビスマルク「そうよ!この艦隊は私無しじゃ成り立たないんだから!」


朝霜「実際そうだよな、ビスマルクさんがいたおかげでここまでなんとかやってこれてるしさ」


ビスマルク「わかっているじゃない!もっと褒めてもいいのよ?」


提督「しかし褒めるのはここまでかもしれないんだよ…な」ペカー


ビスマルク「えっ!…下3」


下3 ビスマルクの懺悔を


337:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 19:26:10.25 ID://jhMqa1o

へべれけになって風呂へ行き、
無理やり割り込んで入浴した


338:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 19:26:11.56 ID:TaOPJdpIO

提督は私だけ見てほしい


339:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 19:27:16.38 ID:lb3OAwP6O

プリンツが可愛すぎてこのままでは私の理性がピンチ


340: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/20(水) 19:46:07.48 ID:ti0x7HxoO

ビスマルク「プリンツが可愛すぎてこのままでは私の理性がピンチなの」


提督「ビスマルクはいつもプリンツを適当にあしらってるのに…これは意外だな」


ビスマルク「そうしないと理性が本当に危ないの…」


朝霜「ってもよ、ドイツ艦同士なんだから別にいいんじゃねえか?」


ビスマルク「私の手であんな純粋な子を汚せるわけないでしょう!」


提督「なるほど……」


朝霜「汚す気満々なんだな…」


341: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/20(水) 19:50:51.11 ID:ti0x7HxoO



ビスマルク「ねぇ提督、貴方ならどうしたらいいか教えてくれるわよね?」


提督「えっ、俺が?」


ビスマルク「そうよ!朝霜を落とした提督なら、健全にこの問題を解決できるはず!」


提督「そんな無茶苦茶な……」


ビスマルク「無事解決できれば、下着を持っていったことは不問にするわ」


提督「よし任せておけ」


朝霜「司令よぉ……」


提督「昔の話だ!それに下着はちゃんと返したんだ!」


ビスマルク「返せばいいという問題ではないわよ?」


提督「むぅ……下3」


下3 提督の提案を


342:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 19:54:34.63 ID:e6d19fN1o

あたって砕けろ、戦艦だろ


343:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 20:02:28.23 ID:zGwyirXPO

外で彼氏でも作れば良いだろう


344:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 20:02:32.09 ID:+5MXiz5T0

本能を解き放て


346: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/20(水) 20:15:02.39 ID:jQmUoiLa0

提督「本能を解き放て」


ビスマルク「私の…本能を?」


提督「そうだ、本気で手を出したくないと思っているなら、変なことにはならないはずだ。本能に従って、自分の気持ちをプリンツにぶつけてやればいい!」


ビスマルク「……わかったわ、プリンツに私の全てをぶつけてやるわ!」


朝霜「よし、じゃあプリンツさんを呼んでくるよっ!」


ーーーーーーー

プリンツ「提督、私に何か…ってビスマルクお姉さまだ!」


ビスマルク「急にごめんなさいね、実はプリンツに用があったの」


プリンツ「お姉さまが私に!?それってなんなんですか?」


ビスマルク「下3」


下3 本能に従った結果のビスマルクの行動や台詞を


347:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 20:20:25.34 ID:zMfW3tRpo

うなじペロッ


348:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 20:22:29.95 ID:eXEM5JJeo

熱烈なキッス


349:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 20:22:30.79 ID:ZJhfgySYO

お尻に顔から突っ込んで堪能


350:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 20:23:37.44 ID:lb3OAwP6O

アチャー(ノ∀`)


352: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/20(水) 20:27:01.81 ID:jQmUoiLa0

ビスマルク「プリンツ、私の気持ちを受け取ってちょうだい!」


プリンツ「そ、それって、もしかして……!」


ビスマルク「これが私の……プリンツに対する思いよ!!」ズボッ


プリンツ「きゃあっ!ビスマルクお姉さま!?」


ビスマルク「このお尻を一度堪能してみたかったのよ~~!!」グリグリ


プリンツ「あっちょっと……お姉さま…!」



提督「プリンツのお尻に突っ込むとは…ビスマルクも中々やるじゃないか」


朝霜「変態同士シンパシー感じてんじゃねぇ!」


353: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/20(水) 20:31:27.20 ID:jQmUoiLa0

ビスマルク「あ~~堪らないわ!このお尻に白虎パン……最高よ!!」


プリンツ「お姉さま……どうしちゃったんですか……」


ビスマルク「さっきも言ったでしょう!これが私の気持ちよ!」


プリンツ「えぇ~…」


ビスマルク「あっ、匂いも嗅いでおかないと……」スンスン


プリンツ「やめて下さい!!」


ビスマルク「ならプリンツ、貴女の答えを聞かせてちょうだい。既に私の気持ちは嫌という程伝わっているはずよ!」


プリンツ「下3」


下3 プリンツの台詞を


354:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 20:32:59.89 ID:30DgLuCOO

今すぐ〇ね


355:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 20:33:23.22 ID:ZJhfgySYO

kskst


356:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 20:33:25.37 ID:xLB53MqE0

正直気持ち悪いです
ドイツに戻ってそのまま解体されてください


360: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/20(水) 20:36:43.69 ID:jQmUoiLa0

プリンツ「正直気持ち悪いです。ドイツに戻ってそのまま解体されてください」


ビスマルク「……嘘よ…だって毎日毎日ビスマルクお姉さまって…」


プリンツ「私が好きだったのは凛々しくてカッコいいお姉さまなんです。そんな変態は知りません」


ビスマルク「そんな……」


プリンツ「二度と話かけないで下さいね、ビスマルクさん」ガチャ


朝霜「おい……怒って帰っちゃったぞ…」


提督「俺はてっきりビスマルクを受け入れると思ったんだが…」


朝霜「……ビスマルクさん、大丈夫か?」


ビスマルク「下2」


下2 ビスマルクの行動や台詞を


361:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 20:37:48.22 ID://jhMqa1o

この程度じゃあくじけない


362:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 20:38:22.69 ID:MJb/jngY0

こうなったら声が似てる秋月で妥協するしか…


365: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/20(水) 20:44:53.83 ID:jQmUoiLa0

ビスマルク「こうなったら声が似てる秋月で妥協するしか…」


朝霜「妥協っておい…」


提督「同じ道を歩む者として、それはいただけないな。妥協するということは、その対象者にも失礼になるぞ?」


ビスマルク「だって……」


提督「俺はその日決めたオカズが手に入らなければ、自家発電はしない。妥協で手に入れたオカズなんて虚しいだけだ」


ビスマルク「…私はプリンツに嫌われたのよ。もうどうしようもできないわ」


提督「……いや、まだ間に合う」


ビスマルク「提督…」


提督「早く追いかけるんだ!そして今度こそプリンツを自分のものにしろ!」


ビスマルク「そうね…これくらいてヘコむなんて、ビスマルクらしくないわね。ありがとう提督、私行ってくるわ!」ガチャ


提督「…うんうん」


朝霜「会話の内容がマトモなら感動のシーンなのによぉ…」


366: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/20(水) 20:46:45.13 ID:jQmUoiLa0

プリンツ「……」


ビスマルク「待ってプリンツ!!」


プリンツ「…もう話しかけないでって言ったじゃないですか」


ビスマルク「いいから!改めて私の話を聞きなさい!」


プリンツ「嫌です……」


ビスマルク「いいから!こっちを向きなさい!」


プリンツ「ちょっと、やめて下さい!」


ビスマルク「下3」


下3 ビスマルクの行動や台詞を


367:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 20:48:28.72 ID:XwyG8wCRo

私のオカズになってください!(ジャンピング半ひねり土下座)


368:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 20:51:12.47 ID:MJb/jngY0




369:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 20:51:14.00 ID:RWwfaRvSO

ええい今度は押し倒して上着をビリビリってして胸をハーケンクロイツ鷲掴みしてやるわ



373:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 20:53:51.08 ID:XwyG8wCRo

本能を解き放ち過ぎてるww


374: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/20(水) 20:57:37.44 ID:jQmUoiLa0

ビスマルク「ええい今度は押し倒して上着をビリビリってして胸をハーケンクロイツ鷲掴みしてやるわ!」


プリンツ「変態!!」


ビスマルク「ふふふ…開き直った私にとって、それは褒め言葉よ!」ガバッ


プリンツ「!!!!」


ビスマルク「貴女…本当にいい胸してるわよね…」むにむに


プリンツ「やめて下さい!!この…!」ジタバタ


ビスマルク「重巡が戦艦に敵うと思っているの?」グググ


プリンツ「うっ…!無理矢理抑えこまれる…」


ビスマルク「覚悟しなさい、プリンツオイゲン!」


下2 プリンツはこのまま襲われた?誰かが助けてくれた、でも可


375:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 20:58:46.82 ID://jhMqa1o

このまま襲われた


376:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 20:58:51.67 ID:+5MXiz5T0

クロスロード組の華麗な連携技が炸裂!


379: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/20(水) 21:05:00.97 ID:jQmUoiLa0

長門「酒匂、サラトガ!ビスマルクを抑えろ!」


酒匂「ぴゅうぅぅ~」ガシッ


サラトガ「了解よ長門!」ガシッ


ビスマルク「え、ちょっと!離しなさい!」


長門「プリンツを無理矢理襲おうなどと…この長門が許さん!」キメワザ!


ビスマルク「貴女また駆逐艦のオモチャで遊んでるの!?」


長門「私の一撃は…遊びではない!」ドゴォ!


ビスマルク「きゃぁぁぁぁあ!!」


長門「ふっ……決まったな」


381: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/20(水) 21:08:54.53 ID:jQmUoiLa0

プリンツ「長門さん、酒匂さん、サラトガさん、危ないところをありがとうございます!」


酒匂「プリンツちゃんのピンチにはいつだって駆け付けるっぴゃあ!」


サラトガ「ええ、私達の絆は誰よりも強いんです」


長門「これがクロスロード組の…力!」決めポーズ


酒匂「長門さん、そのおもちゃのベルトは使わないといけないルールなの?」


長門「これは私の趣味だ!!」


サラトガ「開き直ってるわね」


酒匂「今回はなんとかなったけど、これからずっとビスマルクさんがプリンツちゃんを付け回すかもしれないよ?」


長門「それは否定できんな…プリンツ、ビスマルクをどうしたい?」


プリンツ「下3」


下3 プリンツの台詞を


382:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 21:09:56.39 ID://jhMqa1o

あんなやつ、ドイツで
解体するに限るって


383:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 21:10:05.07 ID:FZtm2vh4O

解体、標的艦、誤射のどれか


384:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 21:10:43.40 ID:i6oQD/LEo

近づいてこなければ何でもいいです


386: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/20(水) 21:13:12.28 ID:jQmUoiLa0

プリンツ「近づいてこなければ何でもいいです」


長門「そうなるとビスマルクを見張るのがよさそうだ」


サラトガ「私達が出撃の無い時に交代で見張りましょう」


酒匂「これでプリンツちゃんも安心ぴゃあ!」


プリンツ「お姉さま……なんでそんな変態になってしまったんですか…?私はいつものお姉さまなら……」


ビスマルク「……きゅう…」キゼツ


387: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/20(水) 21:16:44.17 ID:jQmUoiLa0

ーーーーーー

長門「…ということで、ビスマルクは私達で見張ることになった」


提督「ならプリンツが一人になったタイミングには気をつけるんだ。俺ならそのタイミングを待つ」


長門「流石は変態だ、アドバイスが的確で助かる」


提督「俺も長い間変態だからな」


朝霜「司令が褒められてるのかわかんねぇよ…絶対褒められてないだろうけどよぉ…」


提督「…ところで、長門にはどんな懺悔があるだろうか?」


長門「何?この長門が懺悔することなどあるはずがない!」


提督「まぁまぁ、このライトで真実がわかるんだ…」ペカー


長門「ぐっ!…下3」


下3 長門の懺悔を


388:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 21:19:07.29 ID:RCdKgDXMO

可愛いものが好きで好きでたまらない


389:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 21:19:24.82 ID://jhMqa1o

カツ丼・すき焼き・てんぷら・
寿司を夜中に全部平らげた


390:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 21:19:28.88 ID:+5MXiz5T0

懺悔することがないことを懺悔


391: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/20(水) 21:22:52.50 ID:jQmUoiLa0

長門「こんな時に懺悔することがないとは…これを懺悔するしかない…」


提督「本当に懺悔がなかったんだな…」


朝霜「…………」


提督「朝霜が何か言いたそうな顔をしているが…」


朝霜「懺悔がないってことは…あれって長門さんは悪いとは思ってなかったってことだよな…?」


提督「朝霜は長門の何かを見たのか?」


朝霜「うん、あたい…下2」


下2 朝霜が見た長門の行動を


392:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 21:24:33.32 ID://jhMqa1o

>>389


393:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 21:24:34.93 ID:MJb/jngY0

駆逐艦たちのパンツをコンプリートしたと自慢してた


397: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/20(水) 21:28:01.10 ID:jQmUoiLa0

朝霜「駆逐艦たちのパンツをコンプリートしたと自慢してたんだ…」


提督「羨ましい!……じゃなくて、それは本当か?」


朝霜「だって長門さんがそう言ってたのを見たから…」


提督「長門、どういうことなんだ?」


長門「ん?駆逐艦のパンツを集めるのが何か悪いのか?」


朝霜「!!」


長門「私が駆逐艦のパンツを収集したあとは、新しいパンツを与えている。泥棒なんてしてないぞ?」


朝霜「わ、悪気がねぇのか…?」


398: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/20(水) 21:30:31.68 ID:jQmUoiLa0

提督「悪いと思っていないと、確かに懺悔にならない…」


長門「パンツを盗んだままにしておくなら、それは確かに懺悔すべきだろう。だが私はそれには当て嵌まらないな」


朝霜「嘘だろ…長門さん…」ズーン


長門「朝霜は何を落ち込んでいるんだ?」


提督「なぁ……長門にとって、駆逐艦のパンツとはどういうものなんだ?」


長門「下2」


下2 長門の台詞を


399:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 21:32:07.60 ID:XwyG8wCRo

人生…かな…


400:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 21:32:10.79 ID:i6oQD/LEo

唯一のお楽しみ


403: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/20(水) 21:40:58.08 ID:ti0x7HxoO

長門「唯一のお楽しみだ」


朝霜「他に趣味ねぇのかよぉ…」


提督「パンツでどうやって楽しんでるんだ?」


長門「そうだな…例えば敷波の話をしよう。あいつは普段はツンツンしているが、パンツは素直な白だ。本当は素直な性格なんだな」


提督「ほう…」


長門「そして次は文月だ。あいつは人一倍幼いが、パンツのある部分が汚れていた。もう立派な女なんだな…としんみりできる」


朝霜「ひっ」ゾワワ


提督「…朝霜?」


朝霜「…長門さん、当然あたいのパンツも持っていったんだよな?」


長門「もちろんだ!朝霜のは…」


下3 パンツソムリエの意見を


404:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 21:44:43.33 ID://jhMqa1o

夜盗んでも異状はないのに、
朝盗んだらなぜかぬれてる


405:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 21:46:53.87 ID:+5Fz+odaO

自分の辞書では表現しきれないが、おそらく素晴らしいと言う言葉が一番近いはずだ


406:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 21:48:44.96 ID:uvx2ttN80

…なんで…あんなに過激だったんだ?


407: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/20(水) 22:09:07.72 ID:7xV8QUbvO

長門「…なんで…あんなに過激だったんだ?」


朝霜「……」


提督「そんなに凄いのか!?」


長門「あぁ…翔鶴のよりもずっとセクシーでエ口かった。まさか駆逐艦があんなパンツを穿いているとは…」


提督「俺のため…なんだよな?」


朝霜「……」コクリ


提督「おぉ…嬉しいぞ…」


長門「だが駆逐艦のうちにあんなを穿き始めたら、将来穿くものがなくなるぞ?」


朝霜「下3」


下3 朝霜の台詞を


408:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 22:10:46.41 ID:kbSNTKQ0o

穿くものが無くなるなら穿かなきゃいいんじゃね?


409:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 22:12:24.81 ID:dDS7dTFLO




410:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 22:12:35.90 ID:eXEM5JJeo

履かなかったら……いつでも、すぐヤれる……かな?


411: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/20(水) 22:24:59.37 ID:7xV8QUbvO

朝霜「履かなかったら……いつでも、すぐヤれる……かな?」


提督「お、おい……何度も言うが…」


朝霜「…仕事が終わったらさ、ここにいるのは一人の男と女だろ?」


提督「いや…まぁ……」


朝霜「……今日の夜、部屋で待ってるからな…」


提督「それって…」


朝霜「……あたいちょっと抜けるよ。ごめんよ司令…」ガチャ


提督「……長門、俺はどうすればいい?」


長門「下2」


下2 長門の台詞を


412:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 22:26:06.13 ID:TFMvgaSfO

駆逐艦は愛でるものだ


413:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 22:26:44.83 ID:uvx2ttN80

あそこまで言わせたんだ、わかるはずだ

…まぁ、間違いなく事案だが


415: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/20(水) 22:33:43.32 ID:7xV8QUbvO

長門「あそこまで言わせたんだ、わかるはずだ 」


提督「……そうだよな」


長門「…まぁ、間違いなく事案だがな」


提督「ふぅ~……覚悟、決めるか」


長門「いい年して女性経験がないというのもマズイだろう?相手が朝霜なら提督も文句はないだろう」


提督「もちろん文句はないが……長門はどうして俺が今まで女性経験がないと思う?」


長門「変態だからだろ?」


提督「即答か…」


416: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/20(水) 22:37:02.99 ID:7xV8QUbvO

提督「もちろんそれもあるが…別の理由もあるんだ」


長門「変態以外に理由はないだろう」


提督「俺の単装砲な……人よりデカイんだ」


長門「ほう……比べる機会があったのか?」


提督「学生の時の話だがな。俺の単装砲は最大まで大きくなると、小柄な女性の腕くらいにまでなるんだ…」


長門「それは……」


提督「朝霜を…大切な人を傷つけないか不安なんだ」


長門「下2」


下2 長門の台詞を


417:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 22:42:09.23 ID:FeyuTiCVO

きっと大丈夫さ 赤ん坊が何処から出てくると思ってる


418:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 22:43:21.06 ID:eXEM5JJeo

慣らさんと大柄な私でも裂けるだろうな、ゆっくりとだ


419: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/20(水) 22:48:01.39 ID:7xV8QUbvO

長門「慣らさんと大柄な私でも裂けるだろうな、ゆっくりとだ」


提督「それはわかっているが…」


長門「提督、赤ちゃんがどこから生まれてくると思うんだ?」


提督「…………あぁ」


長門「提督も男だろ、しっかり……しろ!」バシン!


提督「ぐっ!……背中に張り手とは…中々効いたぞ」


長門「だが覚悟ができただろう?」


提督「……そうだな、ありがとう長門」


長門「悩んだ時は私に頼るといい。私は長門なんだからな!」


420: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/20(水) 22:49:41.98 ID:7xV8QUbvO

ーーーーーー

提督「すぅ……ふぅ……」


提督「こんな夜遅くに朝霜の部屋の前まで来てしまった……」


提督「…………どうする…」


提督「……朝霜を傷つけたらと思うと…」


提督「ん…………はぁ……」



下2 この後の展開を


421:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 22:53:59.64 ID:uqI3w7b+0

夜戦(ムズいならキンクリ可)


422:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 22:54:00.05 ID:TQQKef4X0

顔を、ペロペロしあう。


423: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/20(水) 23:05:51.33 ID:7xV8QUbvO

ーーーーーー

朝霜「んぁ………しれぇ…」


提督「あさ…しもぉ………」ねちゃ…


朝霜「好き……司令、大好き……」ペロペロ


提督「俺もだ…………朝霜…」ペロペロ


朝霜「それにしても…男の人のってこんなに大きくなるんだな…」


提督「いや、これは俺のが大きいだけだ…」モッコリ


朝霜「あたいを傷つけたくないから…ずっとシないって言ってたんだな…」


提督「あぁ……わかってくれたか?」


朝霜「下3」


下3 朝霜の行動や台詞を。R18はキンクリます


424:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 23:08:50.21 ID:5UVHoqoH0

わかりたくない


425:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 23:11:20.01 ID:MJb/jngY0

でもものは試しにやってみようぜ


426:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 23:11:23.33 ID:cR2RDVMOO

今すぐは無理かもしれないけど、時間はかかるかもしれないけどしっかり準備するよ


427: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/20(水) 23:20:47.07 ID:x/KExStN0

朝霜「今すぐは無理かもしれないけど、時間はかかるかもしれないけどしっかり準備するよ」


提督「ありがとうな、朝霜」


朝霜「司令があたいのこと大切に思ってくれてるってわかったから…」


提督「……続き、やろうか」


朝霜「ん……もっと舐め合うんだな…」


提督「あぁ………朝霜の全てが愛しい…」


朝霜「あたいも……司令の全部……」


ーーーーーー


428: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/20(水) 23:22:41.41 ID:x/KExStN0

ーーーーーー次の日


提督「朝霜、この書類…………」


朝霜「あぁ……これな…」


夕雲「……うふふ~」ニコニコ


朝霜「朝っぱらから執務室に来たと思ったら……何の用なんだ?」


提督「俺に用事でもあるのか?」


夕雲「下2」


下2 夕雲の台詞を


429:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 23:33:32.57 ID:a8JnZP7MO

さくやはおたのしみでしたね


430:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 23:35:46.73 ID:PbZmlJVvO




432: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/20(水) 23:41:43.05 ID:x/KExStN0

夕雲「さくやはおたのしみでしたね」


朝霜「ばっ!な、何言ってんだよ!」


提督「そうだ、俺達はまだ一線は越えていないぞ?」


夕雲「部屋からあんなにイヤラシイ音が聞こえてたのにですか?」


提督「いや、色々と音はしてたかもしれないけどな…」


朝霜「下2」


下2 朝霜の台詞や行動を


433:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 23:45:45.52 ID:ypDh/ZSS0

司令ので顔中をドロドロにされただけです


434:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 23:45:52.35 ID:MJb/jngY0

ちゃんとカメラで撮影してたんだから見てみろよほら


435: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/20(水) 23:49:53.79 ID:7xV8QUbvO

朝霜「ちゃんとカメラで撮影してたんだから見てみろよほら!」


夕雲「まぁ……本当だったのね。ごめんなさい朝霜」


朝霜「わかってくれたらいいんだ夕雲姉っ!」


提督「……」


朝霜「ん?どうしたんだし………れ…い…」


提督「……カメラなんて撮ってたんだな」


朝霜「あっ、いや、その……」


436: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/20(水) 23:51:56.58 ID:7xV8QUbvO

夕雲「そういえば~写真の提督は全部目を閉じてるわね」


提督「朝霜、まさかそんな趣味が……」


朝霜「ち、違うんだよぉ……」


夕雲「朝霜は~行為中の写真を撮ることに興奮してたんじゃないの?」


朝霜「ばっ!ばかな……そんなこと…」


提督「……朝霜?」


朝霜「下2」


下2 朝霜の台詞や行動を


437:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 23:55:30.54 ID:YJASI0lPO

かそくした


438:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 23:55:31.32 ID:tEIjEKKM0

無言で夕雲にきつーい顔蹴り


440: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/21(木) 00:00:26.99 ID:sSwOl4iJO

朝霜「!」ヒュッ


夕雲「きゃあ、危ない~」ヒョイ


提督「おいおい、いくらなんでも顔蹴りはやり過ぎだろう?」


朝霜「うるせえっ!あたいは司令との思い出は全部残しておきたいんだ!!」


夕雲「あら~そうだったのね。煽るようなこと言っちゃってごめんなさいね~」


朝霜「ふんっ!!」プイッ


提督「あ~……朝霜はこうなったら長いぞ?」


夕雲「知ってるわ~」


441: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/21(木) 00:02:36.83 ID:sSwOl4iJO

夕雲「だから提督、あとはお願いしますね?」


提督「え、ちょ……」


夕雲「うふふ~」ガチャ


提督「…帰ってしまった」


朝霜「……」ツーン


提督「あのな朝霜……」


朝霜「司令はさ……」


提督「ん?」


朝霜「司令は……こんなことするあたいは…嫌い?」


提督「下2」


下2 提督の台詞を


442:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 00:04:30.68 ID:VX5KG1laO

黙ってするのは感心しないな


443:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 00:04:30.68 ID:P0TWjd/O0

そんなところもひっくるめて朝霜の全てが好きだ


444: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/21(木) 00:09:43.50 ID:sSwOl4iJO

提督「そんなところもひっくるめて朝霜の全てが好きだ」


朝霜「……こんなあたいを好きになってくれてありがとう」


提督「それはこっちの台詞だ。こんな変態を好きになってくれて感謝しかない」


朝霜「あたい達…実はお似合いなのかもな」


提督「意外と……な」


朝霜「…………なぁ司令……」


提督「あぁ……」


朝霜「……ん…………」キス顔


提督「…………朝霜…」


下2 この雰囲気は誰にも壊されなかった?


445:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 00:13:43.65 ID:Y8V2nAvHo

金剛登場


446:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 00:13:52.74 ID:PihfBDFMo

皐月がこの前のヲ級?について聞きにくる


448: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/21(木) 00:21:23.37 ID:sSwOl4iJO

コンコン


提督、朝霜「!!!!」


皐月「司令官、ちょっといいかい?」ガチャ


提督「な、なんだ……?」


皐月「……二人共どうしてそんな変な姿勢なの?」


朝霜「あれだよ……ちょっと体操してたんだ…」


皐月「ふーん…それより、あの子のことなんだけど…」


提督「あの子?」


皐月「沖羽えりさんのことだよ!」


朝霜「あぁ……あの記憶喪失のな。最近は話もスムーズになってきたよな」


提督「あの子がどうしたんだ?」


皐月「下2」


下2 皐月の台詞を


449:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 00:22:12.16 ID:wB2E5Ctr0

最近抱きついてきて離れない


450:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 00:22:30.96 ID:asiYq/Xy0

睦月型のグループとてジャンクフードとオンラインゲーム三昧で光熱費泥棒になってる


451: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/21(木) 00:31:40.16 ID:xE2SX6bc0

皐月「睦月型のグループとてジャンクフードとオンラインゲーム三昧で光熱費泥棒になってるんだ…」


提督「あいつ……」


朝霜「一度びしっと言ってやらねぇと…」


皐月「でも、あの子は記憶喪失なんだよね?きっと深海で酷い目にあったから……」


提督「…わかった、俺が話を聞いてやろう」


皐月「司令官ならどうにかできるの?」


提督「多分…な」





456: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/21(木) 19:02:06.00 ID:CcSMNNwQ0


ーーーーーー


提督「睦月型といっても、望月がメインなんだろ?」


皐月「そうだね、もっちーは基本引きこもりだし…」


朝霜「遠征も出撃もあんなに怠そうなやつ見たことねぇよ」


提督「あまりに酷いなら改善させるしかないが…」ガチャ


下3 部屋の様子を


457:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 19:08:59.43 ID:I42HkOc2o

だらしなすぎる格好のもっちー水無月ヲ級が寝そべりながらオンゲーしてる


458:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 19:09:59.16 ID:bhGnMHRKO

まさにゴミ箱


459:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 19:10:04.13 ID:zR5ubyig0

ヲ級ちゃんが暴れてて睦月型全員部屋の隅で震えてる


460: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/21(木) 19:20:21.26 ID:CcSMNNwQ0

ヲ級「ヲヲ~~!」ジタバタ


水無月「え、えりちゃん…?」


睦月「どうしちゃたにゃし…?」ブルブル


朝霜「睦月型の連中が怯えてるじゃねぇか…」


如月「司令官…突然えりちゃんが……」


提督「わかってる。これは発作だ」


三日月「どうすればいいんですか!?えりちゃん凄く苦しそうで…」


ヲ級「ヲ…!ヲヲヲ~!!」ドタバタ


461: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/21(木) 19:23:57.61 ID:CcSMNNwQ0

長月「まるで…深海棲艦みたいだな……」


ヲ級「ヲ~~!!!!」


提督「早く比叡を呼んでくるんだ、それしか方法は………」


比叡「大丈夫です!もうカレーも持ってきてます!」


朝霜「うわっ!びっくりするじゃねぇかっ!」


比叡「ヲ級……いえいえ、えりちゃんが苦しむ声が聞こえたので!」


提督「よし、なら早くカレーを食わせてやるんだ」


朝霜「でも大丈夫か?前よりもかなり激しく暴れてるけどよぉ…」


比叡「私のカレーに不可能は……ありません!」ズボォ


ヲ級「下3」



下3 ヲ級の発作はどうなった?


462:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 19:25:06.09 ID:TGVedzCL0




463:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 19:25:42.34 ID:pfOaeAWqo

収まるが放心状態になる


464:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 19:28:39.54 ID:PNqpk+fAO

見事に収まる


466: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/21(木) 19:34:52.16 ID:CcSMNNwQ0

ヲ級「ふう……落ち着いた…」


提督「相変わらず比叡のカレーは凄いな…」


比叡「当たり前です!よかったですね、えりちゃん!」


ヲ級「ありがとう比叡、おかげでなんとかなった」


皐月「司令官、発作ってどういうことなんだい?」


文月「前にもこんなことがあったの~?」


菊月「何か知ってるなら教えて欲しい」


提督「どうする……?」ヒソヒソ


朝霜「言い訳するのか、本当のことを言うかは司令に任せるよ」ヒソヒソ


提督「なら…下3」


下3 提督の台詞を


467:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 19:37:12.42 ID:3Em3jeWR0

ウソとホントを織り交ぜつつ話していいレベルの情報を言う


468:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 19:37:23.22 ID:bhGnMHRKO

壮大な作り話を即興ででっち上げる


469:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 19:38:49.58 ID:XmyeAmb90

正体に関してはぼかして、それ以外は言える範囲で言う


470: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/21(木) 19:42:35.52 ID:CcSMNNwQ0

提督「実は…彼女の本名は沖羽えりではないんだ」


如月「それって、偽名ってこと?」


睦月「なんでそんなことをしたんだにゃし?」


提督「この鎮守府で面倒を見るためだ。その為に比叡が仮で名前をつけたんだ」


比叡「かわいい名前ですよね!自画自賛してしまうくらいに!」


三日月「なんで比叡さんが名前を付けることになったんですか?」


水無月「それは僕も気になるよ」


471: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/21(木) 19:44:58.65 ID:CcSMNNwQ0

提督「それは比叡が第一発見者だからだよ」


比叡「はい!カレーを与えたら元気になってくれて…そこから仲良くなったんです!」


長月「第一発見者ということは、深海で見つけたというのも嘘だったんだな?」


提督「その通りだ」


望月「じゃあ記憶喪失も…嘘?」


提督「いや、それは……」


ヲ級「下3」


下3 ヲ級の台詞や行動を


472:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 19:49:58.11 ID:zslPS3ijO




473:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 19:52:22.27 ID:b6vbgLHzO

失う記憶もなかったから、似たようなもの


474:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 19:52:23.73 ID:kzO/IXN3O

ここで改めてヲ級は提督の命を狙う暗殺者だヲ  (満面のスマイル)


475: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/21(木) 19:55:48.87 ID:CcSMNNwQ0

ヲ級「ヲ級は提督の命を狙う暗殺者だヲ」パァァ


睦月型「!!!!」


朝霜「おい、笑顔で何言ってるんだよっ!」


ヲ級「だって本当のことヲ言わないといけないと思って。睦月型にはお世話になってるし」


提督「そうだ!ヲ級ずっとゲームばっかりしてるらしいな!」


ヲ級「ゲームなんて深海になかったから……凄く面白い…」


朝霜「あたい達が庇ってやってるんだぞ!?」


476: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/21(木) 19:57:52.09 ID:CcSMNNwQ0

ヲ級「それについては申し訳ないと思う…」


比叡「ちょっと!ヲ級ちゃんをいじめるのはやめて下さい!」


提督「そうは言ってもだな……」


睦月「司令官……ヲ級って…?」


皐月「それより、司令官の命を狙う暗殺者…?」


ヲ級「あっ、ヲ級にそのつもりはもう……」


睦月型「下3」


下3 睦月型の誰かの台詞や行動を


477:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 19:59:30.17 ID:/izDrZwFo

如月「今は我らの味方です」


478:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 20:00:35.03 ID:bA5Qq5uKo

消すしかないよ


479:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 20:01:28.08 ID:TGVedzCL0

望月 ここは一旦落ち着いて、桃鉄の続きをしよう。たしか沖羽がキングボンビーに取り付かれてビリになったところからだったね


480: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/21(木) 20:07:09.11 ID:CcSMNNwQ0

桃鉄やったことないので想像でいきます


望月「ここは一旦落ち着いて、桃鉄の続きをしよう。たしか沖羽がキングボンビーに取り付かれてビリになったところからだったね」


ヲ級「そうそう、せっかくいい調子だったのに…」


睦月「何普通にテレビの前に戻ろうとしてるにゃしい!?」


望月「だって…沖羽はもう仲間じゃん」


ヲ級「ヲ級も提督を襲う気はもうない。ここに来てよかったと思っている」


弥生「信じて……いいの……?」


ヲ級「なら証明しよう。比叡、先にバケツを用意してもらえるか?」


比叡「もうあんなことはやめて下さい!」


481: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/21(木) 20:10:49.20 ID:CcSMNNwQ0

卯月「一体何を始める気っぴょん?……まさか!司令官がえりちゃんをいいように…」


提督「俺は朝霜以外とシようとは思わん!」


睦月「でも睦月のパンツ持っていったことあるにゃし…」ジー


提督「あれは……オカズは別だ!」


睦月「睦月のパンツがそういうことに使われてたのが確定してちょっとショックにゃしぃ……」


如月「司令官、あとでお話しが……」


長月「ええい!それより今は沖羽改めてヲ級をどうするかだ!」


ヲ級「ヲ級は信じてもらえるならなんだってする」


睦月型「下3」


下3 睦月型の誰かの台詞を





482:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 20:12:49.54 ID:/O7WZR9u0

睦月 とりあえずその言葉を信じることにする


483:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 20:14:28.80 ID:4jvQXv3P0

まぁ、よい。楽にせよ


484:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 20:14:35.42 ID:zslPS3ijO

皐月 信じてもいいんじゃない?今の反応もかわいいしね!


485: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/21(木) 20:19:16.36 ID:CcSMNNwQ0

皐月「信じてもいいんじゃない?今の反応もかわいいしね!」


菊月「皐月がそう言うなら信じてやるが…」


弥生「結局……前は何をしたの…?」


ヲ級「朝霜の前で自分で腕を折った」


卯月「うぇ……よくできたっぴょんね…」


ヲ級「信頼してもらう為だったから。でもあれからたまに腕が痛むんだ……」


文月「朝霜ちゃん……いくら秘書艦だからって…」


朝霜「だぁぁぁぁぁ!なんであたいが悪者なんだよ!」


486: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/21(木) 20:21:36.61 ID:CcSMNNwQ0

朝霜「大体、あの時の怪我はバケツかけて治しただろ!!」


ヲ級「バレたか」


長月「ん……バケツかけたのか?」


比叡「そうです!傷を治すならやっぱりバケツですよね!」


長月「いや……深海棲艦に、バケツって効くのか?」


望月「あっ……」


水無月「そういえば…そうだよね……」


487: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/21(木) 20:25:36.55 ID:CcSMNNwQ0

ヲ級「バケツの中身は、ヲ級達が使ってる薬と同じようなものだった。だから効いたんだと思う」


提督「深海にもバケツがあるのか!?」


ヲ級「深海ではバケツではなく、ただの薬という存在だけど。用途は同じ」


提督「そうだったのか……」


睦月「…司令官、そんなことも聞いてなかったにゃし?」


提督「ヲ級は捕虜ではない、あれこれ聞いてやるのは可哀想だと思ってな」


ヲ級「ヲ……」


提督「だがゲーム三昧はやめてくれ、他の艦娘に悪影響が出る可能性がある」


ヲ級「じゃあヲ級は何をすればいい?」


提督「下3」


下3 提督の台詞を


488:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 20:27:02.12 ID:XmyeAmb90

ズバリ、艦娘のパンツハンターだ!


489:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 20:27:07.15 ID:I42HkOc2o

なにかやりたいことはないか?


490:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 20:27:30.99 ID:11nr1AuXO

trpgをすればいい


493: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/21(木) 20:33:31.93 ID:CcSMNNwQ0

提督「trpgをすればいい」


ヲ級「それは……なんだ?」


提督「まぁ簡単に言えばアナログゲームだ。ゲームマスターが参加者に色々と難題を押し付けていくんだが…」


朝霜「結局ゲームじゃねえかっ!」


提督「仕方ないだろう、他にやらせることないし…テレビゲームより遥かにマシだ」


朝霜「だからってよぉ…」


提督「下手に鎮守府を歩き回られて、これ以上誰かに正体を知られるのもマズイだろ?」


朝霜「それは……確かにそうだな。特に龍驤さんには…」





龍驤「ウチがどないしたんや?」


494:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 20:34:21.96 ID:I42HkOc2o

ヒエッ


495: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/21(木) 20:35:57.87 ID:CcSMNNwQ0

朝霜「!!」


提督「龍驤?どうしてここへ?」


龍驤「出撃の結果報告に来たんやけど執務室に誰もおれへんかって。その辺のやつに聞いたら、ここに向かって歩いとったって言うからや」


提督「そうだったか、わざわざすまんな」


龍驤「ほんまやで、一言メモでも残して欲しかったわ~」


朝霜「……あの、龍驤……さん?」


龍驤「ん、なんや?」


朝霜「今の話……聞いてたか?」


龍驤「下3」


下3 龍驤の台詞や行動を


496:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 20:36:10.18 ID:b32GHQkpO

流血クルー?


497:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 20:37:19.69 ID:+/FeL5p2o

ウチは何にも聞かなかった…そう言う事にしといて


498:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 20:37:30.54 ID:AcYjvV14o




502: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/21(木) 21:04:32.81 ID:CcSMNNwQ0

龍驤「ウチは何にも聞かなかった…そう言う事にしといて」


朝霜「いいのかよ……?」


龍驤「ウチは確かに深海棲艦が憎い。でも…あのヲ級は……違うんや」


朝霜「違う?」


龍驤「うまく言えんけど……あいつを見ても、あの憎い気持ちが湧いてけぇへんねん」


朝霜「……そんなことあるんだな」


龍驤「こんなんウチも初めてやわ…」


提督「……龍驤、どういうことか聞かせてもらえるか?」


龍驤「ええで、あのな……」


ーーーーーー


503: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/21(木) 21:07:17.39 ID:CcSMNNwQ0

睦月「龍驤さんの右目が見えてないなんて…」


長月「本当に日常生活に支障はないのか?」


龍驤「慣れもあるし、ここには妖精さんもおるやろ?」


菊月「……なるほどな…」


提督「龍驤、だからそんなに出撃をしてたんだな」


龍驤「当たり前や、この目の敵を取るために、ウチは全部の深海棲艦を沈めるんや!!」


ヲ級「龍驤……申し訳ない……」


龍驤「なんでお前が謝るんや?ウチの目をやったのはお前と違うやろ?」


504: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/21(木) 21:10:10.80 ID:CcSMNNwQ0

ヲ級「ヲ級じゃないけど……ヲ級と同類がしたこと。だからヲ級が謝っておかないと…」


龍驤「ええねん、ヲ級は悪くないんやで」ナデナデ


ヲ級「龍驤……」


朝霜「まさか…龍驤さんが深海棲艦の頭を撫でるなんてなぁ…」


提督「朝霜、龍驤と何かあったのか?さっきも酷く怯えていたようだが……」


朝霜「いや、ん……その…」


龍驤「司令官、そのことも謝っとくわ。ウチな、朝霜の目潰そうとしてん」


提督「……なに?」


龍驤「朝霜は正論言うとったのに、あの時は頭に血が上っててな…ごめんな二人とも」


提督「下3」


下3 提督の台詞を


505:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 21:11:39.85 ID:b6vbgLHzO

経緯がわからんが悪いと思うなら、間宮でも奢ってやれ


506:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 21:11:49.64 ID:b32GHQkpO

覚悟はできてるんだろうな


507:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 21:12:40.39 ID:zR5ubyig0

許してほしければこのスパッツを穿け


510:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 21:16:27.35 ID:+/FeL5p2o

スパッツ大好きだなぁww


511:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 21:17:53.06 ID:I42HkOc2o

まっすぐだなぁ


512: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/21(木) 21:48:21.56 ID:c00aZCxSO

提督「許してほしければこのスパッツを穿け」スッ


朝霜「……そのスパッツは誰のだ?」


提督「朧に穿かせるために用意していたものだ。もちろん新品だから安心してくれ」


朝霜「この……変態が…」


卯月「朝霜…本当にこんな司令官でいいっぴょん?うーちゃん心配っぴょん…」


朝霜「変態であること以外は文句はねぇんだ…」


龍驤「わかった…それで許してもらえるんやったら、それくらいやるで」スルスル


513: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/21(木) 21:55:39.94 ID:c00aZCxSO

提督「おほっ……生穿き……」ジュルッ


龍驤「……これでええんか?」


提督「…そうだ、あとはその日穿いたスパッツを俺のところに持ってきてくれたらいい」


水無月「……司令官さぁ…」


弥生「少し……引きます…」


龍驤「ほんまにそれでええんやな?ウチは出撃志願してるのもあるから、人より動くし…あんまりええ匂いと違うと思うよ?」


提督「下3」


下3 提督の台詞を


514:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 21:57:39.80 ID:s0TqUu4A0

だがそれがいい


515:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 21:57:57.49 ID:/izDrZwFo

女の子の汗臭さなどどうでもいい


516:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 21:58:42.65 ID:LChhKVLFO

それが最高なんだよっ


517: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/21(木) 22:12:23.53 ID:c00aZCxSO

提督「……それが最高なんだよっ」


龍驤「そんな絞り出したような声で言わんでも…」


提督「女の子の汗の匂いは……最高なんだ……それはもう……」


龍驤「司令官がそれでいいんやったらウチはええんやけど……」


提督「龍驤はいわば合法口リ…子どもに見えても中身は大人だ。そんな人物の一日中穿いてたスパッツだぞ?……想像するだけで……」


龍驤「……さよか」


提督「…おぉ……まさに楽園(ヘヴン)…」


龍驤「……司令官、後ろ見てみ?」


提督「ん……?」


朝霜「調子に……乗りすぎだっ!!!」ブンッ


518: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/21(木) 22:17:27.35 ID:c00aZCxSO

提督「」大破


龍驤「…まぁそういうわけやから、キミに危害を加えるつもりはないで」


ヲ級「ヲ…」


朝霜「これで龍驤さんのことは解決したけどよ、ヲ級をどうするかは解決してねぇよな」


望月「あたしはこのままゲームしててくれてもいいんだけどな~」


睦月「それは望月ちゃんが遊ぶ口実になるにゃし!」


如月「下手に鎮守府のことを手伝わせるのも…多分よくないわよねぇ」


皐月「ねぇ、キミは何か得意はことはないの?」


文月「やりたいことでもいいよぉ~」


ヲ級「下3」


下3 ヲ級の台詞を


519:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 22:18:56.74 ID:zslPS3ijO

提督が気絶してる隙に桃鉄の続きヲやりたい


520:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 22:19:30.99 ID:+/FeL5p2o

比叡の様なカレーを作れるようになりたい(純粋な目)


521:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 22:19:49.67 ID:A+tnClYNO

実は縫製の勉強をしている


522: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/21(木) 22:26:34.15 ID:c00aZCxSO

ヲ級「実は縫製の勉強ヲしてて…」


水無月「へぇ、それってどんなの?」


ヲ級「服とか、色々縫えるようになってきてる」


長月「私達の服は装備扱いでバケツで直るし…作るなら別のものになるな」


比叡「だったら!嗜好品を作ってもらうのはどうですか?」


菊月「うわびっくりした!比叡さん帰ってきてたのか…」


比叡「カレーの補充から帰ってきました!これでまたヲ級ちゃんが暴れても大丈夫です!」


睦月「あ……またヲ級ちゃんが暴れ出したら危険じゃないにゃし?」


如月「確かにそうねぇ」


523: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/21(木) 22:29:40.61 ID:c00aZCxSO

弥生「今は比叡さんが……いるけど…」


卯月「次暴れ出した時に、比叡さんがいるとは限らないっぴょん」


比叡「私のカレーを食べさせれば問題ありません!」


水無月「でも僕達にできるかな?えりちゃんは空母なんだよね?」


長月「力負けするだろうな…」


朝霜「暴れる前にカレーを食っとけばいいんじゃねぇか?」


ヲ級「いつ深海に呼ばれるかわからないから…」


比叡「うーん……どうすればいいんでしょうか?」



下3 誰かの意見を


524:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 22:31:49.52 ID:zslPS3ijO

うーちゃんのイタズラ技術で比叡さんのカレーを再現するぴょん


525:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 22:31:59.15 ID:PNqpk+fAO

提督に許可とって明石に相談する


526:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 22:34:05.30 ID:PihfBDFMo

>>524


530: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/21(木) 22:42:42.13 ID:c00aZCxSO

卯月「うーちゃんのイタズラ技術で比叡さんのカレーを再現するぴょん!」


弥生「あの…サイケデリックなカレーを…?」


卯月「うーちゃんにかかれば、ちょちょいのちょいっぴょん!」


弥生「なら……弥生も手伝うね……」


龍驤「あっ、ウチ次の出撃が……でも書類がまだ司令官に…」


朝霜「それはあたいがやっとくよ、司令あんな状態だし」


龍驤「ん、わかったで。ほな頼むわ~」


提督「」大破


531: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/21(木) 22:44:19.62 ID:c00aZCxSO

ーーーーーー

卯月「よし、できたっぴょんよ!」


如月「見た目は…確かにサイケデリックねぇ」


睦月「問題は味にゃし…」


卯月「さぁ、食べてみるっぴょん!」


ヲ級「いただき…ます」パクッ


弥生「どう…かな…?」


ヲ級「下3」


下3 ヲ級の台詞や行動を


532:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 22:46:01.26 ID:XmyeAmb90

このカレーヲ作ったのはダレだァ!!(海原雄山AA)


533:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 22:46:23.85 ID:pfOaeAWqo

まずい!
もう一杯!


534:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 22:47:05.59 ID:QCwmTsBwo

なんか違うな……


535: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/21(木) 22:54:34.92 ID:c00aZCxSO

ヲ級「なんか違うな……」


卯月「そんな…ぴょん」ガクッ


弥生「見た目は…同じなのに…」


ヲ級「惜しい所まではきてる。でもなんか違う」


菊月「なら沖羽は独房みたいな所に入ってもらうしかないんじゃないか?」


比叡「ヲ級ちゃんは悪い子じゃありません!」


文月「でも~突然暴れられたら、文月達も困るよ~」


536: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/21(木) 22:58:09.00 ID:c00aZCxSO

ヲ級「その独房はどこにある?」


比叡「ヲ級ちゃん!そんな!」


ヲ級「いや…ヲ級もいつ深海に呼ばれるかわからない。今の所は誰も巻き込んでないけど、今後そうなるかもしれない」


比叡「でも……」


ヲ級「比叡の気持ちが嬉しい。ありがとう比叡」ニコッ


比叡「……」


皐月「僕も独房には反対かな」


如月「でも、どうしようもできないわよ?」


皐月「でも、独房なんてあんまりだよ」


537: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/21(木) 23:00:49.91 ID:c00aZCxSO

朝霜「独房は居心地も悪いだろうし、何より見た目かなぁ…」


睦月「比叡さんが付きっ切りで見てあげれればいいんだけど…」


比叡「私は出撃があります…」


皐月「そんなぁ……」


ヲ級「…これでいいんだ。ヲ級は元々艦娘とは敵なんだし……」



下3 ヲ級は本当に独房行きになった?


538:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 23:02:57.93 ID:+/FeL5p2o

比叡カレーを大量に作り置きすることで現状維持することになった


539:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 23:04:43.85 ID:11nr1AuXO

座敷牢行き



540:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 23:04:48.09 ID:yFpkb6JOO

金剛型の部屋行き


541: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/21(木) 23:11:52.62 ID:c00aZCxSO

比叡「……私に考えがあります。ヲ級ちゃんはですね…………」



ーーーーーー

ヲ級「ヲ…ここが金剛型の…」


比叡「部屋を繋げてあるので、そこそこの広さはあります。ヲ級ちゃん一人くらい増えても問題ありません!」


ヲ級「でも…他の金剛型は受け入れてくれるだろうか?」


比叡「……そこはわかりません。ですが既にお姉様達には話はしてあります」


ヲ級「ヲ……」


比叡「大丈夫です、何かあれば私がいますから!」


ヲ級「わかった…………失礼します…」ガチャ



下2 他の金剛型のリアクションを


542:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 23:15:55.41 ID:UJw3pfKo0

榛名は受け入れる
霧島は否定的
金剛は沈黙して何も言わない


543:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 23:16:14.82 ID:+/FeL5p2o

みんなでお茶会の準備をしてお出迎え


546: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/21(木) 23:24:09.01 ID:c00aZCxSO

金剛「待ってましたよーーー!」


ヲ級「え?え?」


榛名「さぁさぁ、こちらへ座ってください」スッ


ヲ級「あ、あの……」


霧島「ハーブティでいいですね?ほら、比叡も座って座って」


比叡「はい!ヲ級ちゃん、私の隣に座ってください!」


ヲ級「……うん」


547: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/21(木) 23:27:04.12 ID:c00aZCxSO

金剛「これが金剛型のお茶会ですよー!ヲ級、貴女を歓迎しまーす!」


榛名「ヲ級ちゃんが深海棲艦だと聞いてびっくりしましたが…」


霧島「比叡が大丈夫だというのなら大丈夫でしょう」


金剛「そうでーす!比叡は自慢の妹ですからねー!」


比叡「歓迎してもらえてよかったですねヲ級ちゃん!これで安心ですよ!」


ヲ級「下2」


下2 ヲ級の台詞やリアクションを


548:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 23:28:40.13 ID:SVjEBvO70

Ksk


549:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 23:29:02.29 ID:I42HkOc2o

泣く


550: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/21(木) 23:33:43.38 ID:xE2SX6bc0

ヲ級「ヲ……ヲヲヲ……」ポロポロ


榛名「ヲ級ちゃん、泣いて…?」


比叡「どうしたんですか!?」


ヲ級「う、嬉し……くて……ヲ…」


霧島「気持ちはわからなくもないですね」


ヲ級「ヲ……さっき独房って…言われた時……本当は……凄く悲しかった……ヲ…」


比叡「それは……ごめんさない…」


ヲ級「ううん……その意見は……間違って……ない…ヲ……でも………」ポロポロ


金剛「……」


551: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/21(木) 23:37:07.38 ID:xE2SX6bc0

ヲ級「嬉しい……嬉しいよヲ……」


金剛「…ヲ級、少し失礼しますねー」


ヲ級「ヲ……?」


金剛「……」サワサワ


比叡「金剛お姉様、ヲ級ちゃんの腕を触ってどうしたんですか?」


金剛「……」クイックイッ


ヲ級「ヲ……」


金剛「……」グイッ


ヲ級「!!!……ヲッ……!」ビクッ


榛名「……痛いんですか?」


比叡「ちょっと!お姉様何をしてるんですか!その腕はヲ級ちゃんが自分で折った方なんです!乱暴してあげないで下さい!」


552: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/21(木) 23:40:09.45 ID:xE2SX6bc0

金剛「やっぱり……痛いんですねー」


ヲ級「ヲ………」


比叡「当たり前です!信頼してもらうために自分で折ったんですから!」


霧島「でも、バケツをかけて治したはずですよね?」


比叡「…………あれ、そういえば…」


金剛「ヲ級……自分で折るとは貴女も随分と無茶をしましたねー。本当は今でもまだ痛みますね?」


ヲ級「………ヲッ…」


比叡「え…………?」


553: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/21(木) 23:43:59.47 ID:xE2SX6bc0

霧島「お姉様は知ってたんですか?」


金剛「ここにまだ榛名も霧島も比叡もいなかった時の話でーす。少し色々あって私も骨を折ってしまいました」


榛名「出撃以外で…ですね?」


金剛「はーい、いくら妹達の前でも詳細は伏せます。そしてバケツでその怪我を治そうとしたんでーす」


比叡「治らなかったんですか…………」


金剛「その通りでーす。見た目は完璧に治りましたが、鈍い痛みは残ったままでした」


霧島「じゃあヲ級はずっと我慢してたんですね?」


555: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/21(木) 23:48:13.97 ID:xE2SX6bc0

金剛「……辛かったでしょう?もう無理はしなくていいんでーす」


ヲ級「ヲヲヲ…………」ボロボロ


比叡「そんな…ずっと近くにいたのに…気付かないなんて…」


金剛「縫製をやり始めたのは、その腕が原因ですねー?」


ヲ級「ヲ……」


霧島「なるほど…痛む腕では力を使うことはできませんからね。流石はお姉様ですね」


榛名「そこまでのことだったなんて…そんなことをする以外にも、方法はあったんじゃないですか?」


ヲ級「下2」


下2 ヲ級の台詞を


556:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 23:53:20.54 ID:a7TnE+Edo

うーん、思いつかない


557:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 23:53:33.15 ID:XmyeAmb90

いい機会だから、今までやってない事を試してみたくなった


558: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/21(木) 23:59:06.50 ID:xE2SX6bc0

ヲ級「いい機会だから、今までやってない事を試してみたくなった…ヲ…」


金剛「おーう……思ったよりもクレイジーな理由でしたね…」


ヲ級「もちろん信頼してもらう為でもあった。だから痛むのはずっと隠してた…」


比叡「ごめんねヲ級ちゃん、気付けなくて……」


ヲ級「比叡は悪くない……ヲ…」


霧島「……沈んだ話題はここまでです!」


榛名「そうですね、楽しいお茶会を始めましょう」


金剛「ヲ級、涙を拭いて下さーい」


ヲ級「ヲ…………」


比叡「お姉様の紅茶は、世界一なんですからね!」


ヲ級「ヲ……楽しみ…」



下2 お茶会の様子はどうだった?


559:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/22(金) 00:01:41.64 ID:vnzs7tubo

ksk


560:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/22(金) 00:03:24.03 ID:2UYuNB64O

終止和やかな雰囲気であった


562: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/22(金) 00:15:53.76 ID:flh5T0Cb0

ーーーーーー

ヲ級「比叡……お茶会凄く楽しかった…」


比叡「ええ、私達はヲ級ちゃんを歓迎しですから!」


ヲ級「あんなに和やかな時間は…久しぶりだった…」


比叡「ここでは貴女を咎める人はいません。安心して過ごして下さい」


ヲ級「……うん、ありがとう比叡………ごめん、もう少し詰めてもらえるか?」


比叡「ごめんなさい……これで大丈夫ですか?」モゾモゾ


ヲ級「うん……ありがとう…」





563: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/22(金) 00:19:42.59 ID:flh5T0Cb0

比叡「こうやって、一緒に寝るのも悪くないですよね?」


ヲ級「凄く…落ち着く……そして…温かい……」


比叡「……深海には無いものですか?」


ヲ級「……うん…」


比叡「ここには…沢山ありますよ」


ヲ級「…………うん…」


比叡「……寝ましょうか、ヲ級ちゃん」


ヲ級「…お休み……比叡…」


比叡「はい……安らかに…眠って下さい…」




570: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/22(金) 19:40:07.07 ID:dWb0Tb/1O


ーーーーーー

金剛「へーーーい提督ー!!お邪魔するねーー!」ガチャ


提督「おお金剛、わざわざすまんな」


金剛「ノープログラムですよー!秘書艦も久しぶりでーす!」


提督「金剛が側にいると、ここに来た当時を思い出すよ」


金剛「あの時は色々苦労しましたからねー。それより、朝霜はまだ引きこもってるんですか?」


提督「そうだ、まだ部屋から出てこないんだ。ヲ級の件で相当ヘコんでいるらしい」


金剛「ヲ級が腕が痛いことをカミングアウトしたからですねー……」


提督「なんとかしてやりたいんだが…仕事が溜まっているんでな」


金剛「さっさと終わらせて、朝霜のところへ行きましょーー!」



下3「失礼します」コンコン


下3 訪れた人物を


571:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/22(金) 19:52:40.64 ID:q/7PNWfK0

瑞鶴


572:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/22(金) 19:55:19.25 ID:v2PqRDv20

朝霜


573:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/22(金) 19:55:28.62 ID:lerZbuop0

藤波


574: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/22(金) 20:03:02.40 ID:ZW8hYP4C0

藤波「司令……」


金剛「おーう…かなり沈んだ表情ですねー」


提督「朝霜のことを心配してくれているんだな」


藤波「そう…朝霜ちん、司令と一緒になれてからはずっと元気だったのに…」


提督「そのことは近日中になんとかする、任せておいてくれ」


藤波「司令のこと、信じるからね?」


提督「もちろんだ。まぁ……それはそれ、これはこれということで…」ペカー


藤波「えっ!…下3」


下3 藤波の懺悔を


575:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/22(金) 20:04:24.49 ID:A9g37/Fco

綾波をドラゴンスクリューで投げ捨て


576:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/22(金) 20:04:49.78 ID:bMGCh5xVO

休暇のたびにいろんな犯罪を犯してる
というか最近傷害や強盗が楽しくなって来た
そろそろ誰か殺しそう


577:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/22(金) 20:04:50.07 ID:iKtedPPVO




584: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/22(金) 22:21:21.29 ID:dWb0Tb/1O

藤波「休暇のたびにいろんな犯罪を犯してるんです。というか最近傷害や強盗が楽しくなって来たので、そろそろ誰かを……」


金剛「とんでもない犯罪者がいましたでーーす!」


提督「……なるほどな」


金剛「なるほどじゃないでーす!!艦娘には犯罪者がいるという噂を聞いたことがありましたが……まさか藤波がそうだったなんて!」


提督「まぁ藤波の話だけをきけば…そう思ってしまうのも無理はない」


金剛「それ以外にないでーーーす!」


585: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/22(金) 22:26:09.97 ID:dWb0Tb/1O

提督「藤波、この前のことで警察から感謝状が贈られるらしい。よかったな」


藤波「藤波は……感謝されることなんて…」


金剛「……どういうことですか?」


提督「まず傷害というのは、小さな子供が車に轢かれそうだったので突き飛ばしたらすり傷を負ったということで、強盗はその時に運転手と目を放した親に説教したら、謝罪と感謝をされ菓子折り置いていったんだ」


藤波「……」


金剛「…………?」


586: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/22(金) 22:32:10.76 ID:dWb0Tb/1O

提督「楽しくなっては、子供も無事だったし、運転手や親も反省したようだったので自分の行動が役に立って嬉しかった。それそろ誰かは両者とも引っ叩きたかったけど艦娘の力で叩くと危険なので自重した、もし叩いていたら危険だったかも…ということだ」


金剛「……なんで藤波はそう言わないんですか?」


藤波「藤波は……小さい子に怪我をさせたのは事実だし……」


提督「あの親子にもそう言ったらしいな。自分が怪我をさせて申し訳ない…と。藤波、あの状況では無傷で助け出すのは無理だったはずだ」


藤波「でも……藤波がもっと俊敏だったら……もっと力があれば……」


金剛「なるほど……だから懺悔ライトに反応したんですねー」


提督「感謝状も断るつもりでいたらしいな」


金剛「藤波…下3」


下3 金剛の台詞を


587:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/22(金) 22:37:45.13 ID:gxwbK0Zi0

誤解を招く言い方をするなデース!


588:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/22(金) 22:38:39.05 ID:iKtedPPVO




589:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/22(金) 22:38:40.86 ID:PNXfbsQ0O

金剛手作りの英国紳士感謝状を贈呈しマースよ


591: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/22(金) 22:56:17.57 ID:dWb0Tb/1O

金剛「私手作りの英国紳士感謝状を贈呈しマースよ!」


藤波「でも……」


金剛「善は急げでーーす!提督、ちょっと失礼しますねーー!」ガチャ


藤波「え……ちょ…」ガチャ


提督「……秘書艦がいないと仕事にならないじゃないか…」


ーーーーーー

金剛「さぁ、どうぞ入って下さいねーー!」


藤波「…………」ガチャ


下2 金剛型の部屋の様子を


592:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/22(金) 22:57:20.92 ID:v2PqRDv20

必要最低限のものしかない
殺風景極まりない!


593:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/22(金) 22:58:38.16 ID:wdd9CZee0

ローソクと紅茶が置かれたテーブルにタキシード姿のヲ級が立ってる


594: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/22(金) 23:08:06.57 ID:dWb0Tb/1O

藤波「ロウソクと紅茶が机の上に……それにヲ級ちゃん…?」


ヲ級「お待ちしておりました、ヲ」タキシード姿


金剛「ヲ級、準備どうもありがとうでーす!」


ヲ級「お姉様の頼みなら、喜んで協力します…ヲ」


藤波「あの……藤波はこれから一体……どうなる……」


金剛「英国紳士感謝状を贈りまーーす!これから贈呈式でーす!」


ヲ級「正確には淑女だけど、気にしないで欲しいヲ~」


595: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/22(金) 23:12:44.29 ID:dWb0Tb/1O

金剛「藤波!!前に来て下さーーい!」


藤波「あっ…はい……」


金剛「貴女の行動はとても勇気ある行動でした!よってここに賞状を与えまーーす!」


藤波「でも、藤波は……」


ヲ級「藤波、受け取って欲しいヲ。後悔しているのは藤波だけ…それじゃあ助けた子どもも悲しむヲ」


藤波「……わかった、その賞状…受け取ります」


金剛「はーーい!できれば感謝状の隣にでも飾って下さいね!」


藤波「これが……英国紳士の…」



下2 どんな感謝状だった?


596:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/22(金) 23:14:40.40 ID:bMGCh5xVO

幼稚園児が作った『頑張ったで賞』みたいな出来


597:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/22(金) 23:14:58.04 ID:kgrTuSotO

紅茶の国の言葉で書かれていてよく読めない


598: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/22(金) 23:22:00.86 ID:flh5T0Cb0

藤波「金剛さん……これって…何語?」


金剛「紅茶の国の言葉でーす!中々上手いでしょ?」


藤波「確かに字は綺麗だけど…読めない…」


ヲ級「じゃあヲ級が簡単に解説してあげる…ヲ」


藤波「紅茶の国の言葉がわかるの!?」


ヲ級「練習したから。内容は……」


下2 感謝状の中身や、書いてあったことを


599:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/22(金) 23:23:05.52 ID:FhagWWMeO

ksk


600:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/22(金) 23:24:17.54 ID:igwgQfMTO

あなたはえらいで賞 褒美に紅茶一年分贈呈


601: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/22(金) 23:33:31.00 ID:dWb0Tb/1O

ヲ級「あなたはえらいで賞、褒美に紅茶一年分贈呈……っていう感じだヲ」


藤波「そんな、偉いだなんて……えっ、紅茶一年分?」


金剛「はーーい!どうぞ持って帰って下さいねーー!」ドサッ


藤波「このダンボールの中、全部紅茶…?」


金剛「一年分ですからねー!一日一杯だとしても、余る計算でーーす!」


藤波「そんな高価なもの!」


金剛「いえいえ、これは私からの気持ちでーす!遠慮なく受け取って下さーい!」


602: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/22(金) 23:37:06.93 ID:dWb0Tb/1O

藤波「じゃあ…夕雲型のみんなでわけようかな…」


金剛「それは自由にして下さい、その紅茶は藤波のものですから!」


ヲ級「よかったですねお姉様、頼み過ぎた紅茶を処理できて」


金剛「ノーーー!それは言っちゃダメでーーす!」


藤波「あっ、なんだぁ……」


金剛「ん~…確かに頼み過ぎたのは事実ですが、藤波が偉いのは事実です。警察からの感謝状も、受け取って下さいね!」


藤波「………はい!」


603: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/22(金) 23:40:36.37 ID:dWb0Tb/1O

藤波「……ところでヲ級ちゃんがそんな格好してるのって、何か意味あるの?」


ヲ級「これはお姉様の趣味だヲ。語尾にヲ、ヲつけるのも……ヲ」


藤波「あ、だからずっと違和感があったんだ…」


金剛「独特な語尾があった方がキュートでーす!」


ヲ級「ヲ級はお姉様の意見には従う…ヲ」


藤波「でも深海棲艦がこんなに馴染むなんて…」


金剛「もしかして…藤波は認めてくれませんか?」


藤波「下2」


下2 藤波の台詞を


604:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/22(金) 23:42:35.75 ID:vnzs7tubo

むしろ早く仲良くなれそうで嬉しいです


605:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/22(金) 23:42:52.04 ID:v2PqRDv20

深海は本来滅するべきあいてです


606: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/22(金) 23:48:40.85 ID:dWb0Tb/1O

藤波「深海は本来滅するべき相手です」


ヲ級「ヲ……」


金剛「藤波の意見は間違ってはいません。むしろ正しいと思いまーす…」


藤波「藤波達艦娘は、深海棲艦を滅ぼす存在……それなのに仲良くし合うなんて…」


ヲ級「ヲヲ……」


藤波「なんでヲ級は藤波達と仲良くするの?」


ヲ級「それは…比叡とか、みんなによくしてもらったから…」


藤波「本当にそれだけ?たったそれだけで殺し合う相手のところで過ごそうと思えたの?」


ヲ級「下2」


下2 ヲ級の台詞を


607:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/22(金) 23:54:04.16 ID:gxwbK0Zi0

仲良くなりたいと思うのに、一々理由はいらないと思うヲ


608:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/22(金) 23:54:07.73 ID:sKTGPcV90

本当にそれだけ
強いて言えばすごい懐かしい感じがしたって位


609: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/23(土) 00:01:35.25 ID:/zyxMYgtO

ヲ級「本当にそれだけだヲ。強いて言えばすごい懐かしい感じがしたって位で…」


藤波「懐かしい…?」


ヲ級「よくわからないけど、そんな感じがしたんだヲ」


金剛「ヲ級はもしかしたら艦娘の時の記憶があるのかもしれませんね」


ヲ級「……わからない…ヲ」


藤波「ヲ級ちゃんは信頼できるんだ、朝霜の前で腕折ったっていうんだから。しかも、まだ痛むんだろ?」


ヲ級「ヲ……」


610: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/23(土) 00:04:32.98 ID:/zyxMYgtO

金剛「そういえば、朝霜の様子は相変わらずですか?」


藤波「朝霜ちん…ずっと部屋に閉じこもったままだよ…」


ヲ級「……なら、ヲ級がなんとかする」


金剛「待って下さーい。今ヲ級が行っても、朝霜は改善することはないでしょう」


ヲ級「なら、みんなで行こう。お姉様も藤波も、ついてきて欲しい」


ーーーーーー


藤波「ここが朝霜の部屋だよ」


ヲ級「朝霜……失礼します…ヲ」


下2 朝霜の部屋の様子を


611:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 00:08:09.87 ID:x6hLFrqg0

KsK


612:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 00:08:17.52 ID:6gdrOMy+o

夕雲型が集合して朝霜を励ましてる


614: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/23(土) 00:16:37.24 ID:Oyp4mP7m0

ワーワー


藤波「夕雲姉さん達、全員集まってたんだな」


沖波「藤波も来てくれたのね」


藤波「沖ちん、藤波だけじゃなくて金剛さん達も来てくれたんだ。それに……」


ヲ級「ヲ級が来た。ヲ級が直接朝霜に話しかける」


夕雲「ヲ級ちゃん、腕は……」


ヲ級「今は痛まない。朝霜、話を聞いて欲しい……」


朝霜「下2」


下2 朝霜の台詞や反応を


615:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 00:26:00.51 ID:0r3z+4530

大丈夫か?本当に痛まないか?


616:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 00:26:55.88 ID:mTlZZlcqO

正座して聞く


617: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/23(土) 00:42:14.45 ID:Oyp4mP7m0

朝霜「……」正座


ヲ級「正座なんかしなくてもいい」


朝霜「いや…………あたいが…」


夕雲「朝霜ったら…ずっとこの調子で…」


巻雲「正直見てられません~…」


藤波「朝霜ちん…思ったよりもヘコんでるなぁ…」


金剛「どうにかしてあげたいですねー…」




624: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/23(土) 19:16:46.68 ID:zvwkVOH70


ヲ級「朝霜、とりあえず正座はやめて欲しい」


朝霜「…やだ」


ヲ級「ヲ……」


金剛「やはりヲ級だけではダメですねー。ここは私に任せて下さーい」


ヲ級「お姉様…お願いします……ヲ」


金剛「はーい朝霜、私の話を聞いて欲しいでーす」


朝霜「金剛さん…」


金剛「朝霜、貴女が落ち込むのはよくわかりまーす。ですがその態度はヲ級をさらに傷付けることになっているんですよー?」


朝霜「でも……よぉ…」


金剛「朝霜、貴女はどうしたいんですか?」


朝霜「下3」


下3 朝霜の台詞を




625:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 19:19:36.15 ID:c3cBr5Xoo

妹のようにかわいがりたい


626:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 19:21:14.26 ID:iZO/7y2j0

いっそこの頭、砲弾で撃ち抜いて……


627:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 19:21:56.47 ID:rEMyyQ1mO

撫で撫でしたい


628: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/23(土) 19:45:13.99 ID:zvwkVOH70

朝霜「ヲ級を…撫で撫でしたい…」


金剛「わかりました、ヲ級朝霜の前に来て下さーい」


ヲ級「ヲっ」スッ


金剛「さぁ、思う存分撫でてあげて下さい」


朝霜「ヲ級……ごめん、ごめんなぁ……」ナデナデ


ヲ級「ヲ……腕を…」


朝霜「あたいがあんなこと言わなければ…ヲ級は痛い思いもせずに済んだのに…」ナデナデ


ヲ級「でもあれは信じてもらうためだったから」


朝霜「他にも方法はあったんだよぉ……あたいが…悪いんだでも…」


ヲ級「下3」


下3 ヲ級の台詞を


629:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 19:47:34.02 ID:4QTdm/y+o

もうヲをわったことだヲ


630:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 19:48:34.01 ID:O9C7I0TqO

じゃあ同じ痛みを味わえ


631:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 19:48:47.27 ID:cFaBgbe90

過ち、改め、成長するのだ


632: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/23(土) 19:54:53.04 ID:zvwkVOH70

ヲ級「過ち、改め、成長するのだ」


朝霜「うん……もうこんなことは…しないよ…」


夕雲「ヲ級ちゃんからそんな言葉が出てくるなんて…」


ヲ級「お姉様達の部屋にあった本にこんな台詞があった。言うなら今しかないと思って」


金剛「朝霜は下手に慰められるより、こっちの方がいいと思うので、丁度よかったでーす」


巻雲「そういえば、金剛さんと朝霜って付き合い長いんですよねぇ?」


金剛「えぇ……あの時は色々ありましたからねー…」


633: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/23(土) 19:58:32.60 ID:zvwkVOH70

長波「それってどんなことがあったんだ?朝霜に聞いても真面目に答えてくれないんだよ」


高波「いつもはぐらかすかも…です」


金剛「こればっかりは言えない…というより言いたくありませんねー。私も妹達にも言ってませんし…」


沖波「でもせっかくの機会だから…」


ヲ級「ヲ級も、お姉様達の話を聞きたい」


金剛「ん……どうしますか朝霜?あの時のこと言ってしまいますか?」


朝霜「下3」


下3 朝霜の台詞や内容を


634:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 20:00:03.96 ID:O9C7I0TqO

言うな!


635:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 20:00:56.76 ID:UXrSVe0E0

もうどうでもいい


636:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 20:01:06.47 ID:cM/uPC860

拒否する!


637: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/23(土) 20:15:56.72 ID:zvwkVOH70

朝霜「拒否する!」


金剛「……ということなので、ここで言うのはやめておきまーす」


夕雲「でも、いつかは言ってくれるわよね?」


朝霜「……多分」


ヲ級「ヲ……」


金剛「……とにかく、これでヲ級のことはもう解決ですね?朝霜、提督のところに戻りましょう」


朝霜「ん……」


夕雲「朝霜、何かあったら夕雲達をいつでも頼っていいのよ?」


朝霜「うん……ありがとう夕雲姉」


638: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/23(土) 20:18:14.16 ID:zvwkVOH70

ーーーーーー

朝霜「司令は今一人で仕事してんだろ?早く戻ってやらねぇとな」


金剛「そういえば仕事たまってたんでーす…だから私が臨時秘書艦をしてたのに…」


朝霜「ほっぽり出してちゃ秘書艦としてダメだなっ」


金剛「むぅ……だから早く戻ってあげてるんでーす!」


朝霜「はいはい…っと。司令、ちゃんと仕事してるか?」ガチャ


下3 執務室の様子を


639:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 20:19:58.12 ID:O9C7I0TqO

探さないで下さいと書かれたメモだけが残って無人


640:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 20:23:10.90 ID:4QTdm/y+o

提督、何かを後ろに隠した


641:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 20:23:18.24 ID:PwDRd0MdO

誰もいないがつい先程まで提督が居た形跡が


643: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/23(土) 20:39:23.02 ID:zvwkVOH70

シーン……


金剛「誰もいませんねー…」


朝霜「でもさっきまで司令はいたっぽいな。席も温かいし」


金剛「提督が行きそうな所というと、食堂か…」


朝霜「ドック……だろうな…」


金剛「……探しに行きましょー…」



下3 提督はどこで何をしていた?


644:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 20:41:34.48 ID:Ps5YeSk70

野良猫を撫でてた


645:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 20:42:14.95 ID:UXrSVe0E0

洗濯物(未洗濯)置き場で朝霜の洗濯物を物色していた


646:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 20:42:24.41 ID:ozEpMIEIO

暗い部屋で鶏の卵に注射器を打ってた


648: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/23(土) 20:55:46.99 ID:zvwkVOH70

ーーーーーー?


提督「ん~んん~~っと」


チュゥゥゥ…


提督「これでよし……っと」


コトッ


提督「いつの時代になってもワクチンの作り方は変わらない…か。しかしこれが最適なら、これしかないのは頷けるが……」


提督「これで本当に……なぁ…」




金剛「提督…………?」


朝霜「司令、なに……してんだよ…」


提督「金剛、朝霜!?こ、これはだな……下3」


下3 提督の台詞や行動を


649:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 20:56:50.72 ID:c3cBr5Xoo

疫病が広がった時の備えだよ


650:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 20:59:00.26 ID:cFaBgbe90

タマゴの白身だけを凝固させているのさ


651:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 20:59:30.54 ID:KmuvpJQt0

朝霜の色染体を卵に注入してるの


655: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/23(土) 21:25:41.11 ID:zvwkVOH70

提督「こ、これは朝霜の色染体を卵に注入してるのだよ…」


金剛「口調が明らかにオカシイでーす」


朝霜「あたいの染色体って、いつ採取したんだよ」


提督「いや染色体といっても血液以外にも体液でも代用できるから…」


朝霜「たっ、体液……!」カァァァ


金剛「……染色体の採取方法は聞きませーん。ですが、何をしてたかは教えてくれますね?」


提督「……二人になら言ってもいいだろう。実は…………」


ーーーーーー


656: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/23(土) 21:30:09.05 ID:zvwkVOH70

金剛「深海棲艦にワクチンを注射して…」


朝霜「艦娘に戻す……?」


提督「まだ誰もやったことのないことだし、効果があるのかはわからない。でも、俺にも何かできることはないか…と考えた結果なんだ」


金剛「そういえぼ提督は生物系の大学を卒業したんですねー」


提督「あぁ……そもそも、艦娘と深海棲艦のDNAが一致しているというところが気になっていたんだ」


朝霜「でもそれはあたい達艦娘を沈め続けた影響…って聞いてるぞ?」


提督「俺もそう聞かされている。だが、実際はそうではないと考えているんだ」


657: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/23(土) 21:32:57.09 ID:zvwkVOH70

金剛「根拠はあるですか?」


提督「さっきもいったが、根拠も証拠も何もない。この仮説が間違っている可能性の方が高いだろう」


朝霜「ならなんでわざわざそんなことをしてんだ?」


提督「……みんなが命をかけて戦っているのに、俺だけ安全な所で指揮をしているのは嫌だったんだ」


金剛「提督は指揮を考えるのが仕事でーす」


提督「それはわかっている。だが……」


朝霜「まぁ司令が何をしてるかはなんとなくわかったよ。でもよ、なんであたいの染色体を使ってるんだ?」


提督「下3」


下3 提督の台詞を


658:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 21:34:21.17 ID:iZO/7y2j0

一番手っ取り早く手に入るのがこれだから


659:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 21:34:29.34 ID:KmuvpJQt0

この卵、破裂すると疲労が回復する卵爆弾になるっと


660:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 21:34:30.29 ID:ozEpMIEIO

ネットで調べたんだが

染色体を打たれた卵は
十日暗い部屋で寝かせ、卵を割ると
卵から未知の生物が産まれるらしいんだ

おまけにもしかすると平和へと導く使者とか現れるかもしれないじゃん 


662: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/23(土) 21:42:56.31 ID:zvwkVOH70

提督「ネットで調べたんだが、染色体を打たれた卵は
十日暗い部屋で寝かせ、卵を割ると卵から未知の生物が産まれるらしいんだ。おまけにもしかすると平和へと導く使者とか現れるかもしれないじゃん」


金剛「そんなのデタラメに決まってまーす!」


提督「なんでだ!朝霜の染色体を使ってるんだぞ?きっと可愛い謎の生き物が生まれるに違いない!」


朝霜「あたいは嫌だぜ…変な所から腕の生えた生物とかて…ウェッ……見たくねぇよ…」


金剛「そもそも、その方法だと変な鶏しか産まれてこないんじゃないですか?」


提督「いや、ネットに載ってた謎の液体も注射したんだ。ちなみにそこに10日前の卵があるんだが……」


下3 その卵の様子や見た目は?


663:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 21:46:01.89 ID:cM/uPC860

ただの腐った卵である


664:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 21:46:03.59 ID:KmuvpJQt0

真っ黒に腐敗してる


665:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 21:46:17.41 ID:YnlQLXJco

見た目は鶏の卵のままだけどでかくなってる


666: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/23(土) 21:50:37.06 ID:zvwkVOH70

ドォォォン…


朝霜「これ置物かと思ったら卵かよ!」


金剛「鶏の卵の形のまま大きくなってますねー」


提督「この大きさなら子ども一人くらい入っててもおかしくはないんじゃないか?」


朝霜「やめてくれよ…もし変なのが産まれきたら……」


ピクッ


金剛「…………あれ?」


667: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/23(土) 21:53:38.96 ID:zvwkVOH70

金剛「提督~……今この卵動いたような気がしまーす…」


朝霜「ひぃぃぃっ!やめてくれって!」


提督「金剛、さすがにそれは気のせいだと思うぞ」


金剛「そうでしょうか……」


提督「…よし、なら俺が割ってやろう」


朝霜「えっ!やめときなって司令っ!」


提督「大丈夫だ、どうせ何も出てこないだろう……っと」ペキッ!


提督「頭の部分なら簡単に割れる……な」ペキペキペキペキ


朝霜「あ……あぁっ!」


下3 卵の中身はどうなっていた?


668:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 21:54:48.91 ID:Ps5YeSk70

サイズでかいだけで鶏卵と一緒


669:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 21:54:52.75 ID:ozEpMIEIO

文字通りお[ピザ]なヒヨコ


670:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 21:54:54.01 ID:KmuvpJQt0

おめでとう

砲台ヘルメットを被ってない眼球がギョロギョロしてる(砲台)小鬼ちゃんが誕生しました


672: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/23(土) 22:07:55.32 ID:ercZiJn1O

砲台小鬼「……」ギョロッ


朝霜「ひぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!」


金剛「これは…砲台…小鬼ですか?」


提督「砲台がないから…ただの小鬼かもしれんな」


朝霜「なんであたいの染色体からこんなのが産まれるんだよぉっ!」


提督「謎の液体がよくなかったんだな……」


金剛「言葉は通じるのでしょうか……?」


提督「う~ん……なぁ、言葉はわかるか?」


砲台小鬼「下2」


下2 砲台小鬼のリアクションを


673:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 22:09:20.72 ID:Ps5YeSk70

ボケーっとしている


674:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 22:09:22.03 ID:cM/uPC860

テイトクコロスベシ


677: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/23(土) 22:23:26.11 ID:ercZiJn1O

砲台小鬼「テイトクコロスベシ」


朝霜「こいつ、司令のこと……!」


金剛「それより言葉が通じるんですねー」


提督「砲台がないから小鬼も暴れることはできないだろう」


朝霜「でもよ、このままにしておくのはダメだろぉ?」


提督「なら……これを注射しよう」キラッ


金剛「提督特製のワクチン……」


提督「効くのかはわからんが……試す価値はあるだろう」


金剛「私が抑えておきまーす。提督、やっちゃって下さ~い」


提督「いくぞ………」


砲台小鬼「……」ジタバタ


下3 ワクチンを注射された結果を


678:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 22:24:27.13 ID:O9C7I0TqO

大 暴 れ


679:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 22:24:54.18 ID:KmuvpJQt0

なんか朝霜をママだと認識して懐いてきた


680:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 22:25:12.91 ID:ozEpMIEIO




684: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/23(土) 22:31:18.42 ID:ercZiJn1O

砲台小鬼「ウッ……………」ガクッ


金剛「効いたんですか……?」


提督「わからんが……反応があったのは間違いない」


朝霜「ど、どうなったんだよぉ…」


砲台小鬼「……アッ………」ピクッ


金剛「動き出しますよ!」


685: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/23(土) 22:33:55.96 ID:ercZiJn1O

砲台小鬼「…………」トコトコ


朝霜「あたしの方に来るっ!」


提督「朝霜、もし攻撃してきたら…」


金剛「いや、そうはならない…みたいでーす…」


砲台小鬼「ママ……」抱き


朝霜「嫌ぁぁぁぁぁぁぁぁ!なんか抱きついてきたぁ!!」


686: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/23(土) 22:37:24.55 ID:ercZiJn1O

金剛「なんだか…凄く懐かれてますねー…」


提督「懐かれているというより、母親に甘える子どもみたいだな」


砲台小鬼「朝霜ママ……」擦り擦り


朝霜「ひぃぃぃっ!気持ち悪いっ!」


金剛「そんなこと言っても、この子には敵対の意思はないみたいですよ?」


提督「なぁ小鬼、朝霜はどうだ?」


砲台小鬼「下2」


下2 小鬼の台詞を


687:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 22:41:18.94 ID:cFaBgbe90

んだゴラァ!


688:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 22:41:20.20 ID:Cduk3uooO

朝霜はワタシの母だ
そしてあなたは父だ


690: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/23(土) 22:44:24.68 ID:ercZiJn1O

砲台小鬼「朝霜はワタシの母だ。そしてあなたは父だ」


金剛「!!急に流暢に喋り出しましたよ!」


朝霜「それより司令が父親って……あたいが母親っていうのはわかるけどよっ」


提督「……」


金剛「て、い、と、く~?朝霜の染色体以外に注射した謎の液体について聞きたいことがありまーす」


提督「それは……あれだよ……」


金剛「嘘を言うと、目潰ししますからね~?」


691: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/23(土) 22:47:54.86 ID:ercZiJn1O

提督「金剛の目潰しは懐かしいな……あれはもう喰らいたくない」


金剛「ならさっさと本当のことを言うんでーす」


提督「謎の液体は…………俺の精子的な……やつだよ…」


朝霜「何やってんだよ司令っ!!!!」


提督「興味があったんだ!それにその日は朝霜のパンストをオカズにした日だったし!!」


砲台小鬼「ママ…パパ……喧嘩しないで…」


金剛「この提督は……本当に………」


朝霜「どうするんだよこの小鬼はよっ!」


提督「下2」


下2 提督の台詞を


692:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 22:49:47.05 ID:4QTdm/y+o

認知するしかないだろう


693:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 22:50:26.71 ID:UrhGM1Ppo

育てるか…、


694: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/23(土) 22:57:05.49 ID:ercZiJn1O

提督「育てるか…」


朝霜「正気かよ!?このまま育ったらどうなるかわかんねぇぞっ!」


提督「…形は違っても朝霜の分身には変わりない。そんな存在を俺が処分できるわけないだろ?」


朝霜「あっ…う……」


金剛「でも危険があるなら、提督達が育てるのには反対でーす。ここは彼女を頼りましょう」


ーーーーーー

ヲ級「ヲ……これが…」


砲台小鬼「……」


提督「ヲ級、このまま俺達が育てても問題ないだろうか?」


ヲ級「下2」


下2 ヲ級の台詞を


695:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 22:58:12.32 ID:UXrSVe0E0

害意はないから大丈夫だと思うが、見た目がなぁ…


696:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 22:58:14.72 ID:KmuvpJQt0

幼児期の深海棲艦は定期的に海水につかせときゃ普通に健康のままだヲ


698: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/23(土) 23:05:53.95 ID:ercZiJn1O

ヲ級「幼児期の深海棲艦は定期的に海水につかせときゃ普通に健康のままだヲ」


提督「いや、聞きたいのはそういうことじゃなくてな……」


金剛「むしろ健康な深海棲艦はマズイでーす!」


ヲ級「ヲ…?ヲ級の時みたいに捕まえたんじゃないのか…ヲ?」


朝霜「この小鬼は…卵から産まれたんだ……」


提督「俺の精子と、朝霜の染色体を鶏の卵に注射したら……砲台小鬼が産まれたんだ」


ヲ級「下2」


下2 ヲ級の台詞を


699:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 23:07:43.63 ID:4QTdm/y+o

取り敢えず比叡カレーを食わせろヲ


700:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 23:09:01.70 ID:3jagHJrfO

ハイブリッドなのか
なら海水もいらないんじゃないのかな

突然変異はさすがに詳しくないヲ


701: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/23(土) 23:12:34.57 ID:ercZiJn1O

ヲ級「ハイブリッドなのか…なら海水もいらないんじゃないのかな。突然変異はさすがに詳しくないヲ」


金剛「んー…頼みのヲ級でもわからないとは…」


提督「とりあえず危険なことがあるまで俺達で育てるのはどうだ?」


朝霜「いやいや、何かあってからじゃ遅いだろっ」


金剛「そもそも、何を食べさせればいいんでしょうか…」


ヲ級「ヲ!比叡のカレーを……!」


金剛「それは最終手段でーす!」


提督「うーん……下2」


下2 提督の台詞を


702:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 23:14:42.04 ID:m6I2gBVC0

自分達と同じものでいいんじゃないか?とりあえず消化のよさそうなものからで


703:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 23:15:46.94 ID:cFaBgbe90

...母乳(ボソッ


705: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/23(土) 23:19:39.70 ID:Oyp4mP7m0

提督「……母乳」ボソッ


金剛「提督、こんなときまで…………」


提督「違っ…だって……ここ数日朝霜の胸張ってたし…もしかしたら……」


ヲ級「提督、子どもも産んでないのに母乳なんか出るはずない…ヲ」


金剛「ヲ級にまで言われまーす……」


朝霜「下2」


下2 朝霜の台詞を


706:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 23:21:59.35 ID:4QTdm/y+o

いや無理だぞ


707:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 23:22:13.32 ID:UXrSVe0E0

確か、鳳翔さんがお酒のむと母乳が出る体質って聞いたことあるぞ


708: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/23(土) 23:26:45.82 ID:ercZiJn1O

朝霜「確か、鳳翔さんがお酒のむと母乳が出る体質って聞いたことあるぞ」


提督「なら鳳翔に一度頼んでみるか?」


金剛「そもそも母乳でいいのかがわかりませーん」


ヲ級「ならヲ級と金剛お姉様は、小鬼の面倒を見ながら別のものを探す。二人は鳳翔のところへ行ってきてくれ…ヲ」


提督「よしわかった。確か鳳翔は…」


朝霜「もうすぐ遠征から帰ってくる頃じゃねぇか?」


709: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/23(土) 23:30:06.52 ID:ercZiJn1O

ーーーーーー執務室


鳳翔「提督、遠征に関する書類になります」


提督「ご苦労だった鳳翔。その報告書はあとでゆっくりと読ませてもらう」


朝霜「それより今は大事なことがあるんだっ」


鳳翔「私にできることは少ないと思いますけど…」


提督「いや、鳳翔にしかできないことなんだ。鳳翔、母乳をくれないか?」


鳳翔「下2」


下2 鳳翔の台詞を


710:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 23:31:20.24 ID:O9C7I0TqO

……今日はハンバーグですね


711:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 23:31:25.76 ID:cM/uPC860

幸せにしてくださいね(結婚の申し込みと思った)


712: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/23(土) 23:38:50.16 ID:ercZiJn1O

鳳翔「幸せにしてくださいね」


提督「え?」


鳳翔「提督らしいプロポーズですけど…私はそれを受け入れます」


朝霜「ちょっと待ってくれ!なんでプロポーズしたことになってるんだよっ!」


鳳翔「え?母乳が欲しいということは、私と赤ちゃんを作りたいということですよね?だからプロポーズしかないと…」


提督「すまん俺の言い方が悪かった!俺が欲しいのは鳳翔の母乳だけなんだ!」


鳳翔「……え?」


713: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/23(土) 23:42:28.15 ID:ercZiJn1O

朝霜「鳳翔さんはお酒飲むと母乳が出るらしいって聞いたことがあったんだよぉ」


提督「俺達はある事情で母乳を探してたんだ。だから鳳翔に母乳が欲しいと頼んだ…ということだ」


鳳翔「そうだったんですね…」


朝霜「確かに司令の言い方は悪かったけどよ、まさかプロポーズだと思うなんて…」


鳳翔「提督さんならいつでも私は受け入れます」


提督「俺には朝霜が……ってそんな話をしてるんじゃないんだ。どうだ鳳翔、協力してくれるか?」


鳳翔「下2」


下2 鳳翔の台詞を


714:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 23:43:47.91 ID:iZO/7y2j0

何故必要なのか教えてください
その内容次第で協力します


715:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 23:43:53.55 ID:O9C7I0TqO

……今夜は提督ハンバーグですね


717: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/23(土) 23:53:46.52 ID:ercZiJn1O

鳳翔「……今夜は提督ハンバーグですね」


提督「おい……怖いことを言うなよ…」


鳳翔「事情もよく知らないのに、母乳なんかあげられるわけありせん!それにわざわざお酒を飲まなくてはいけませんし…」


朝霜「あっ、出るのは本当だったんだ…」


鳳翔「困ったことに、それは本当なんです…」


提督「鳳翔さんの母乳なら俺も飲みたいぞ」


朝霜「……司令」ギ口リ


提督「な、なに…冗談じゃないか…」


718: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/23(土) 23:57:06.06 ID:ercZiJn1O

鳳翔「私も提督のためなら、喜んで母乳くらい出します。けど今回のは…」


提督「うぅん…全て打ち明けるべきか……」


コンコン


金剛「提督~鳳翔には協力してもらえたね~?」


ヲ級「ヲ級達は特に進展はなかった」


砲台小鬼「ママ……」トコトコ


鳳翔「えっ!?深海棲艦……?」


提督「そうだ、砲台小鬼に関係するんだが……」


鳳翔「下2」


下2 鳳翔の台詞や行動を


719:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 23:58:38.05 ID:4QTdm/y+o

提督は私の後ろに!(艤装展開)


720:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 23:59:08.46 ID:LTLu2pFbO




722: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/24(日) 00:02:10.79 ID:rGAFQmpS0

鳳翔「提督は私の後ろに!」チャキッ


提督「鳳翔、艤装は展開しなくていい」


鳳翔「何を言ってるんですか!深海棲艦がここまで…!」


砲台小鬼「ママ……ママ…」


朝霜「よしよし…っと」抱き


鳳翔「え?…………あの、私……状況が………」


提督「こうなったら仕方ない……鳳翔には全て話そう」


723: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/24(日) 00:04:49.93 ID:rGAFQmpS0

ーーーーーー

鳳翔「事情は把握しましたが……本当に大丈夫なんですか?」


ヲ級「今は敵意は絶対ない」


鳳翔「でも将来どうなるかはわかりませんよね?」


ヲ級「ヲ、その通り」


鳳翔「なら提督、今からでも処分した方がいいかと思います」


提督「普通ならそうするだろうがな…俺はなんとか育てたいんだ」


朝霜「鳳翔さん、どうしても協力してくれないか?」


鳳翔「下2」


下2 鳳翔の台詞を


724:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 00:05:46.80 ID:cMcGNYFFO

バカですか?ハイライトOFF


725:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 00:05:53.99 ID:imiPqs9c0

申し訳ありません
できません


726: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/24(日) 00:13:24.59 ID:rGAFQmpS0

鳳翔「申し訳ありませんができません」


提督「……わかった、無理を言ってすまない」


鳳翔「その深海棲艦を育てることにも反対ですが…提督は言ってもききそうにありませんね」


提督「…あぁ」


鳳翔「提督、ヲ級ちゃんの時とは違うんです。一度冷静になって考えてみて下さい」


提督「ん……わかっては…いる……」


鳳翔「よい決断を期待します。それでは…」ガチャ


727: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/24(日) 00:16:23.88 ID:rGAFQmpS0

朝霜「鳳翔さん…この子…殺せってことなのかな……」


砲台小鬼「ママ……」


金剛「そうは言ってません、ですが……」


ヲ級「鎮守府には置けない…ヲ」


朝霜「…………どうする、司令」


提督「下2」


下2 提督の台詞を


728:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 00:17:41.13 ID:AtAlouFC0

ひょっとして海中をストローで吸ってプランクトンでも食べるんじゃないか


729:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 00:17:43.72 ID:cMcGNYFFO

研究と称して上に飼育許可を取ろう


731: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/24(日) 00:25:08.39 ID:rGAFQmpS0

提督「研究と称して上に飼育許可を取ろう」


金剛「それならいけるかもしれませんが…」


ヲ級「モルモットにされるかもしれない…ヲ」


朝霜「それは…可哀想だろぉ…」


提督「朝霜も…その子に愛着が出てきたか?」


朝霜「そんなわけ!……ないこともねぇ…けど…」


砲台小鬼「……」


提督「なに、本当に上を許可を取らなくてもいいんだ。そういう建前を作ればだな…」





737: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/24(日) 19:33:25.87 ID:ljJIjlA0O


ーーーーーー

北上「提督~遠征行ってきたよ~」ガチャ


提督「うん、報告書は確かに受け取ったぞ」


北上「今日もいつも通り、問題なかったよ~」


朝霜「いつも遠征助かってるぜっ」


北上「私はこっちの方が性に合ってるから~。それより、あの子早くよくなるといいね」


提督「あぁ……あの子な」


北上「まさか深海棲艦に拉致された子どもが、深海の影響であんな姿になるなんて…」


朝霜「まぁ……色々あったんだろ」


738: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/24(日) 19:38:09.10 ID:ljJIjlA0O

北上「見つけたのは鳳翔さんなんでしょ?その子どもの世話もしてるの?」


提督「いや、金剛達が沖羽えりと一緒に面倒見てくれるらしい」


北上「ふーーん…」ジー


朝霜「…どうしたんだ?」


北上「提督さぁ、面倒なことは全部金剛さんに押し付けてない?」


提督「それはないぞ、今回のも金剛が志願してくれたんだ」


北上「本当にそうかなぁ…私はなーんか気になるんだよね…」


朝霜「そんなもん気のせいだろ…」


下3「失礼します」コンコン


下3 訪れた人物を


739:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 19:39:42.28 ID:alY76J/C0

旗風


740:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 19:40:04.30 ID:gH0BBWy0o

島風


741:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 19:40:14.66 ID:3zjt363pO

大和


742: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/24(日) 19:52:29.72 ID:rGAFQmpS0

大和「提督!やっと大和の出番なんでしょうか!」


提督「あ、いや、そういうことじゃないんだ…」


大和「そうなんですか…」シュン


北上「大和さんは大きいからね~燃費とか色々と」


朝霜「ぶっちゃけ今まであんまり活躍できてないんだよな…」


提督「水雷戦隊でなんとかなることが多いしな」


大和「いいんです……大和の出番が無いということは…平和ということなんですから……」


提督「まぁそれはさておき…だ」ペカー


大和「えっ?…下3」


下3 大和の懺悔を


743:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 19:53:39.61 ID:alY76J/C0

信濃から「ごめん、また(実装は)遅くなる」という手紙が来ていたのを黙っていた


744:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 19:53:56.23 ID:gH0BBWy0o

散歩中、武蔵を狙う男にタックル


745:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 19:53:59.69 ID:CA4oR0a1o

ごはん食べすぎてごめんなさい


746: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/24(日) 20:05:35.52 ID:rGAFQmpS0

大和「ごはん食べすぎてごめんなさい……」


北上「あ~確かに大和さん、大飯食らいだもんね」


大和「まともに出撃もしないのに……ごはんばっかり食べて……」


提督「そんなことはない。大和にはいつでも出られるように、準備は万全にしておいて欲しいんだ」


朝霜「そうだよ、いざという時頼りになんのは大和さんなんだっ!長門さんはあんなだし…」


北上「長門さんは…ねぇ……」


747: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/24(日) 20:10:40.72 ID:rGAFQmpS0

大和「そうは言っても、出撃や遠征もしないで毎日皆んなを見送るだけ…きっと艦隊に悪影響を与えているんです!」


北上「そんなことないと思うよ~」


大和「え……?」


北上「駆逐艦は言ってたよ、大和さんはかっこいい、あんな艦娘に憧れるって」


大和「……大和は…」


北上「でも超食いしん坊だよね笑…とも言われてたよ」


大和「やっぱりそうなんですね……」ズーン


提督「北上は大和を元気付けたいのかイジメたいのかどっちなんだ!?」


748: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/24(日) 20:12:40.54 ID:rGAFQmpS0

北上「私は実際に聞いたことを言ってるだけだよ~」


朝霜「北上さんって掴み所がないというか…」


提督「北上みたいなのも珍しいよな」


北上「それはよく言われるけど、実感ないんだよね」


提督「……そんな北上にどんな懺悔があるのか気になるな。北上、こっち向いてくれ」ペカー


北上「んぇっ…下3」


下3 北上の懺悔を


749:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 20:17:37.16 ID:m7+30uId0

正直阿武隈に絡みすぎたのは悪いと思ってる


750:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 20:20:28.67 ID:gH0BBWy0o

小さいころの提督の
写真にヒゲをかいた


751:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 20:20:30.04 ID:1iSxz2yRO

大井の電気自動車は太陽エネルギーで動くと思ってルーフにソーラーパネルをくっつけてしまった


753: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/24(日) 20:30:09.88 ID:rGAFQmpS0

北上「大井っちの電気自動車は太陽エネルギーで動くと思って、ルーフにソーラーパネルをくっつけちゃってさ~」


朝霜「えぇ…何してんだよぉ…」


提督「ただくっつけただけなら下ろせばいいだろう?」


北上「それがさぁ…大井っちったら、私がつけたものだからって外そうとしないんだよねー」


朝霜「せっかくの電気自動車が台無しじゃんかよぉ」


提督「周りの人からも変な目で見られるだろうな」


北上「ちょうどいいからさ~提督からも言ってくれない?」


提督「大井の車がどうなってるか気になるし…よし、行ってみよう」


754: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/24(日) 20:32:24.92 ID:rGAFQmpS0

ーーーーーー

提督「車は鎮守府の駐車場か」


北上「ここはさ~建物は古いけど、駐車場とかちゃんと設備が整ってるのがいいよね」


提督「そこはちゃんとしておかないと不便だからな」


北上「ほら、あれが大井っちの車だよ~」


下2 大井の車の見た目やその状況を


755:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 20:33:00.88 ID:gH0BBWy0o

ボディのそこかしこがボコボコ


756:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 20:33:16.66 ID:LeMldee6o

巨大ロボット


759: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/24(日) 20:42:08.30 ID:rGAFQmpS0

ズゥゥゥン…


提督「……これって車なのか?」


朝霜「どう見てもロボにしか見えねぇけど…」


北上「あ~なんかねぇ、大井っちの命令でロボになったり車になったりするみたいでさ」


提督「本当だ、よく見るとここはヘッドライトだな」


朝霜「これはバンパーか?」


北上「駐車場に停めてる時は、防犯の為にもロボにしてるんだって~」


760:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 20:43:17.58 ID:AtAlouFC0

画期的だなぁ


761:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 20:43:55.49 ID:m7+30uId0

ジャイロゼッターやんけ


762: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/24(日) 20:45:31.40 ID:rGAFQmpS0

北上「ほら、ここにソーラーパネルがそのままついてるでしょ?」


提督「これソーラーパネルか!ロボの盾かと思ったぞ」


朝霜「でもよーく見るとパネルそのままだよな…」


北上「これは私が勝手につけたから変形もしないんだよね~」


提督「いや……これはこれでありじゃないか?」


朝霜「でも車になったらクソダサいぜ…」


大井「誰の車がダサいですって?」


朝霜「うぇっ!!」


763:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 20:45:39.56 ID:jJq8FUaA0

金属生命体…


764:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 20:46:19.57 ID:LeMldee6o

勇者シリーズ…


765:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 20:46:21.37 ID:klvuhAHh0

今風に言うなら、ドライブヘッドでは?


766: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/24(日) 20:48:39.49 ID:rGAFQmpS0

北上「あ、大井っち~」


大井「北上さぁん!!」抱きつき


北上「あはは~身体触るのやめてよ~」


大井「すぅ……はぁ……北上さんめっちゃいい匂いする…」


提督「大井、なんでここに来たんだ?」


大井「すぅ…………」


北上「大井っち、呼ばれてるよ~」


大井「……チッ、なんですか提督?」


朝霜「司令に舌打ちしてんじゃねぇよ…」ボソッ


767: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/24(日) 20:53:38.70 ID:rGAFQmpS0

大井「……朝霜、後で演習場に来なさい。ボコボコにしてあげるわ」


朝霜「……上等だ、吐いた唾飲み込むなよ?」


提督「はいはい、二人とも落ち着けって」


北上「大井っちも落ち着こう~」


大井「はぁい北上さん!!」


朝霜「あたいは大井さんとは合わねぇんだよぁ…」


提督「そうかもしれないが、朝霜は秘書艦なんだ。もう少し冷静になってくれ」


朝霜「ん……ごめんなっ」


768: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/24(日) 20:58:09.95 ID:rGAFQmpS0

提督「さぁ仕切り直して……大井、この車について聞きたいことがある」


大井「私の車ですか?」


提督「そもそもこれは……車なのか?」


大井「どこからどう見ても車ですよ?」


朝霜「いや、どう見てもロボにしか見えねぇよ…」


北上「この車ってどこで買ったの?それか貰ったとか?」


提督「車をもらうことは余りないだろうが…大井、どこで手に入れたんだ?」


大井「下3」


下3 大井の台詞を


769:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 21:00:06.31 ID:STy/WgneO

懸賞で当たった


770:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 21:00:43.70 ID:klvuhAHh0

仲良くなった深海棲艦からもらいました
確か工作棲姫って名乗ってましたね


771:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 21:00:51.21 ID:wb1gwK2/O


中国のネットサイト覗いてたらカッコよくて安いので、ポチってっした


773: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/24(日) 21:07:22.30 ID:rGAFQmpS0

大井「中国のネットサイト覗いてたらカッコよくて安いので、ポチってしました」


朝霜「よりによって中国製かよぉ…」


北上「大井っち大丈夫なの?爆発とかしない?」


大井「北上さんが心配してくれてる!!」


提督「……大井?」


大井「あぁはい、今のところ危険はありません」


北上「ならいいけど…そういえばこれってすぐ変形できるの?」


大井「はい!今から実演しますね!」


774: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/24(日) 21:13:31.84 ID:rGAFQmpS0

大井「では少し失礼して…」ゴソゴソ


朝霜「腕時計をどうするんだ……?」


北上「そういえばその腕時計も車と一緒に買ってたの?いつの間にか着けてたよね~」


大井「これは、こう使うんです!……アクション!」


ゴゴゴゴゴ


朝霜「おおっ!ロボが変形して……」


シュゥゥゥゥ


提督「…車になったな」


大井「この時計に私が指示すると、変形したりするんです」


北上「凄いね~カッコイイよ~」


775: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/24(日) 21:15:35.65 ID:rGAFQmpS0

提督「だがこうなると余計にソーラーパネルが目立つようになってしまったな…」


朝霜「ロボの時は盾みたいでよかったけどなぁ…」


北上「大井っちごめんね~電気自動車は全部ソーラーだと思ってたんだよ~」


大井「そんな!北上さんが私の為にしてくれたことなんですから!!」


北上「本当にごめんね~お詫びになんでもしてあげるから、何か言ってみてよ~」


大井「下3」


下3 大井の台詞を


776:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 21:16:47.70 ID:gH0BBWy0o

どこへでも一緒に出撃


777:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 21:16:59.16 ID:CA4oR0a1o

結婚しましょう


778:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 21:17:01.00 ID:gy6S5EzUo

kskst


779:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 21:17:24.38 ID:YiJ7S3an0

北上さんの処女をください


780: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/24(日) 21:21:47.42 ID:rGAFQmpS0

大井「北上さんの処女をください」


朝霜「即答で言うことがそれかよぉ」


提督「早かったなぁ…」


大井「私が欲しいものはそれしかないのよ!!ねえ北上さん、あなたの処女が欲しいの!!!!」


北上「下3」


下3 北上の台詞を


781:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 21:23:07.24 ID:LeMldee6o

仕方ないなぁー


782:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 21:23:40.26 ID:m7+30uId0

いや、もう無理なんだけど


783:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 21:23:41.90 ID:imiPqs9c0

ごめん提督が予約済みなんだよ


786: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/24(日) 21:29:35.47 ID:rGAFQmpS0

北上「ごめん提督が予約済みなんだよ~」


大井「提督、少しお話しがあります」


朝霜「司令、遺書は書いたか?」


提督「待て待て!二人は落ち着いて、北上は嘘を言うんじゃない!!」


大井「……そうですよね、嘘に決まってますよね。北上さんが提督なんかとそんな約束…」


北上「ううん、私の処女をあげる約束はちゃんとしたよ~」


大井「おえっ」バタン


朝霜「司令……あたいが好きだっていうのは嘘だったのかよぉ…」グスグス


提督「俺にはそんな覚えはない!」


787: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/24(日) 21:33:50.26 ID:rGAFQmpS0

北上「まぁそうだろうね~提督あの時はベロべに酔ってたし~」


提督「……ん?」


北上「私が初めて大破して帰ってきた時さ~慰めるために一緒にお酒飲んだでしょ?」


提督「そんなことが…あったような……」


北上「そこで朝霜のことが好きだって私に言ったんだよ?一目惚れした~って」


提督「……全く覚えないが…そのことを知ってるということは……」


北上「うん、その時に……ね。そういう約束をさ、したんだよ」


提督「俺が朝霜のことを好きなのを知って……?どうしてそんな約束を提案したんだ…?」


北上「下3」


下3 北上の台詞を


788:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 21:35:41.65 ID:LeMldee6o

それだけあの要求は嫌だったんだよ…


789:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 21:36:18.78 ID:m7+30uId0

…口に出さなきゃわかってもらえないかな?


790:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 21:36:22.04 ID:CA4oR0a1o

提督したことないって言うから予行練習しとこうかって話になったんだよね~


791: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/24(日) 21:42:47.33 ID:rGAFQmpS0

北上「提督したことないって言うから予行練習しとこうかって話になったんだよね~ 」


提督「……俺なら言いかねん…」


朝霜「司令…嘘だろぉ……」



提督「いや、あの時は朝霜と付き合えるとは思ってなかったし…」


大井「な、なら……その約束はもう無効ですよね?提督はもう朝霜と…」


北上「下2」


下2 北上の台詞や行動を


792:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 21:44:23.55 ID:klvuhAHh0

いやいや、約束はちゃんと守らないと
それに提督は変態だけど、嫌じゃないしね


793:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 21:44:38.04 ID:F7DwMkFtO

約束は約束だよね


794: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/24(日) 21:49:16.97 ID:rGAFQmpS0

北上「約束は約束だよね」


提督「いやそれは…」


北上「ま、さ、か、提督が約束破る…なんてことないよね~?」


提督「う、ぐっ……」


北上「今日はちょうど安全な日だし…今日お願いしよっかな~」




朝霜or大井「下2」


下2 どちらかか、両方の台詞やリアクションを


795:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 21:50:41.66 ID:LeMldee6o

大井 なら私の要求も呑んで下さい


796:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 21:52:24.18 ID:m7+30uId0

朝霜「…ヤダ」


798: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/24(日) 21:57:26.66 ID:rGAFQmpS0

朝霜「…ヤダ」ぎゅっ


提督「……朝霜…」


朝霜「司令は……あたいだけのものなんだ。司令の童貞も…あたいが……」


北上「んぇっ?提督まだ朝霜とヤってなかったの?何回も夜一緒に寝てるんでしょ?」


提督「少し事情があってな……」


北上「もしかしてあれ?入れる穴がわからなかったとか?」


提督「いや、ううん……違うんだ…」


北上「よくわからないけど…まだ童貞ならちょっと無理か…初めては朝霜がいいもんね?」


799: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/24(日) 21:59:12.31 ID:rGAFQmpS0

提督「いや…朝霜以外とはシたくないな」


北上「え~!私との約束はどうするのさ」


提督「……すまん!この埋め合わせは必ずする!だからそれだけは…」


朝霜「あたいも…できることは協力するから……司令は…渡したくない…」


北上「下2」


下2 北上の台詞を


800:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 22:01:02.17 ID:LeMldee6o

今度なんか奢ってもらうよ


801:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 22:02:08.64 ID:klvuhAHh0

んじゃ二人で朝霜をヤっちゃう?
それなら問題ないっしょ


804: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/24(日) 22:11:22.85 ID:rGAFQmpS0

北上「んじゃ二人で朝霜をヤっちゃう?それなら問題ないっしょ」


朝霜「…ん?」


提督「俺は問題無いが、北上はいいのか?朝霜ともスるんだぞ?」


北上「むしろ……イイね。実は私さ、駆逐艦みたいな小さい子好きなんだよね~」


朝霜「あ、あの……?」


提督「…大井は混ぜてやらないのか?」


北上「大井っちはこのまま気絶させとこう~」


大井「」


提督「……というわけだ朝霜」


朝霜「……マジ?」



下3 この後どうなった?R18の場合キンクリます


805:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 22:12:43.91 ID:et1259r2o

キンクリ


806:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 22:12:57.75 ID:LeMldee6o

キンクリ


807:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 22:12:59.33 ID:wb1gwK2/O

「朝霜ママー」って発しながら小鬼ちゃんが出てきて 目覚めた大井っちさらに失神
北上は二人の関係を察して提督のことは諦めた


809: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/24(日) 22:19:10.87 ID:rGAFQmpS0

朝霜「いやでもあたいは…司令とだけ……」


ガチャ


大井「ううん……北上さんが遠くに行ってしまう予感がして……目が覚めたけど…」


砲台小鬼「朝霜ママー」トコトコ


大井「おえっ」キゼツ


北上「え、この子って…………深海から助け出した子どもじゃん…なんで……?」


砲台小鬼「ママ…パパ………」


提督「北上、実はだな……」


810: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/24(日) 22:23:41.64 ID:rGAFQmpS0

北上「うんうん、わかったよ。二人はそういう関係だったんだね~」


朝霜「えっ?」


北上「これじゃあ私が割って入るのはちょっと無理そうだね~。提督のことは諦めるよ」


提督「いや、北上…話を……」


北上「二人とも、幸せになってね~」


朝霜「司令、ここは誤解してもらった方がよくないか?」ヒソヒソ


提督「そうだな……」ヒソヒソ


北上「ほら大井っち起きて、部屋に帰るよ~」


811: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/24(日) 22:27:11.56 ID:rGAFQmpS0

大井「」


北上「反応なしか…地面に寝かせたままはあんまりよくないんだけどな~」


提督「なら車に乗せておいてやったらどうだ?さっきので鍵は開いてるだろうし」


朝霜「そういえば小鬼はどうやって車の中に入ってたんだぁ?」


砲台小鬼「鍵、開いてたから。中で寝てた」


北上「ん~そうしよっか。提督、手伝ってくれる?」


提督「よし任せておけ」


812: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/24(日) 22:29:57.70 ID:rGAFQmpS0

ーーーーーー

提督「大井を車の中に乗せたあと、北上はソーラーパネルを取ったようだな」


朝霜「あれじゃあ見た目が悪いからなっ」


提督「しかし……小鬼、あちこち走り回られても困るんだぞ?」


砲台小鬼「ここは面白いのがいっぱいある。楽しい」


朝霜「だからってよぉ」


砲台小鬼「それより一つ気になることがあった」


提督「ん?なんだ?」


砲台小鬼「下2」


下2 小鬼の台詞を


813:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 22:31:19.67 ID:LeMldee6o

なんか進化しそう


814:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 22:31:47.32 ID:m7+30uId0

沖から船が来ていた


815: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/24(日) 22:38:42.23 ID:rGAFQmpS0

砲台小鬼「沖から船が来ていた」


提督「沖から?漁船か何かじゃないのか?」


砲台小鬼「そんな船じゃなかった」


朝霜「なら客船とかかぁ?」


砲台小鬼「……よくわからない。けど、ここに向かってきてると思う」


提督「気になるな……朝霜、今遠征に出てるのは…」


朝霜「五十鈴さんと、鬼怒さん達さんかな」


提督「なら至急連絡を入れよう」


816: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/24(日) 22:42:46.51 ID:rGAFQmpS0

ーーーーーー

五十鈴「全く…もうすぐ鎮守府に帰れると思ったのに…」


鬼怒「まぁまぁ五十鈴、パパっと確認して帰ろうよ」


五十鈴「はぁ……謎の船なんて、陸から見つけられるなら、五十鈴達がとっくに見つけてるわよ」


鬼怒「でも何があるかわからないし、一応確認しとかなきゃー!」


五十鈴「…………」


鬼怒「五十鈴?」


五十鈴「あ、あれって……」


下2 五十鈴が発見したものを


817:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 22:42:58.20 ID:wb1gwK2/O

いかにも北からきた不審船


818:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 22:42:59.66 ID:AtAlouFC0

あちこち鎮守府を徴税してまわってる脱税判定士ウォースパイトの船だ!


819: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/24(日) 22:51:27.88 ID:XbDAaiRLO

五十鈴「あちこち鎮守府を徴税してまわってる脱税判定士ウォースパイトの船よ!」


鬼怒「あれが噂の…!」


五十鈴「このまま五十鈴達の鎮守府に来れば、きっと大混乱に違いないわ!」


鬼怒「それにもし提督が駆逐艦のパンツを漁ってるところ見られたら……!」


五十鈴「…マズイわね」


鬼怒「でもどうするの!?船を沈めるなんてできないし…」


五十鈴「なら……下2」


下2 五十鈴の作戦を


820:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 22:52:55.16 ID:qf9OZZhM0

今のうちにご機嫌とり


821:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 22:52:59.49 ID:K68GJjtQ0




822:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 22:53:47.23 ID:CA4oR0a1o

ゴマすりよ


824: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/24(日) 23:01:51.90 ID:XbDAaiRLO

五十鈴「ゴマすりよ」


鬼怒「五十鈴そんなの得意だっけ!?」


五十鈴「得意とかどうとか言ってる場合じゃないでしょ!ほら、識別信号送って!」


鬼怒「ほんとに大丈夫~?かえって悪影響とか最悪だかんね~」ガチャガチャ


五十鈴「五十鈴がやるしかないのよ!五十鈴が……!」




下2 五十鈴のゴマすり内容や作戦を

下4 その結果を


825:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 23:03:45.52 ID:NE9/PYN00




826:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 23:04:08.60 ID:m7+30uId0

大根おろしがお得意なんですね


827:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 23:04:18.91 ID:GvQ4uuQzO

露骨に賄賂


828:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 23:04:36.79 ID:0m3vW2SJO

料理談義で盛り上がる


830: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/24(日) 23:15:48.93 ID:rGAFQmpS0

ウォースパイト「五十鈴さんは料理が得意なんて、貴女は立派な艦娘なのね」


五十鈴「五十鈴にはよく食べる姉や妹がいますから。鬼怒のその一人なんですよ?」


鬼怒「だって!五十鈴の作る料理美味しいんだもん!」


ウォースパイト「ウフフ、貴女は食べる専門なのね」


鬼怒「むぅ……」


ウォースパイト「まさか貴女とこんなに楽しくお話しができるなんて…」


五十鈴「上の船を見つけたら挨拶くらいはしておくのが、礼儀だと思ったのよ」




下2 この後の展開を


831:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 23:24:51.52 ID:AtAlouFC0

五十鈴の努力は報われずウォースパイトやるべきことを果たすため提督のいる基地へ向かった


832:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 23:25:20.04 ID:imiPqs9c0

間宮と鳳翔さんのお店の大根が全てすりおろされた


833: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/24(日) 23:43:17.75 ID:rGAFQmpS0

ーーーーーー

ウォースパイト「五十鈴、ここの大根はすりおろしがいがあるわね!」ガシュガシュ


五十鈴「そう、気に入ってくれたならよかったわ」


ウォースパイト「船だと皆んなが色々やってくれるから、自分でこうやって何かをやるなんて、滅多にないのよ」


五十鈴「そこの大根は全部すりおろしてもいいらしいから。ね、間宮さん?」


間宮「どうぞどうぞ!こちらとしても助かります!」


ウォースパイト「なら…遠慮なくすりおろすわ!」ガシュガシュ


提督「五十鈴と鬼怒から連絡が入ったと思ったら……」


鬼怒「でも提督、これで済んでよかったでしょ?もしウォースパイトさんが来た時に、提督が変なことをしてたら…」


提督「…うん、そうだな。大根で済んだだけマシなんだな…」


ウォースパイト「鎮守府を調査してるなんかよりずっと楽しいわ!調査時間全部使って、大根をすりおろせるだけすりおろすのよ!」ガシュガシュガシュガシュ


五十鈴「はぁ……なんとかなったわね」




838: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/25(月) 19:05:27.66 ID:wXafIXdO0


ーーーーーー
五十鈴「ウォースパイトさんは大根をおろし尽くしたあと、満足して帰っていったわ」


提督「助かったよ五十鈴、別にやましいことはないんだがな…」


朝霜「ややこしいなることは確かだな。あたいも書類とか記入漏れはあってもおかしくないし…」


鬼怒「堅苦しい書類多いもんね~うんうん」


提督「せっかくだし五十鈴には何か礼を…」


五十鈴「なら吹雪と一緒の艦隊にしてくれないかしら?」


朝霜「即答かよっ……」


839: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/25(月) 19:11:09.40 ID:wXafIXdO0

鬼怒「五十鈴さぁ…もういい加減…」


五十鈴「嫌よ、吹雪のあのゴミを見るような目……最高よ?」ゾクゾク


鬼怒「この前食堂ですれ違っただけでイッてたでしょ?もうさぁ…」


五十鈴「あ、やめて……思い出すだけで…」ピクッ


朝霜「重症だなぁ…」


提督「だが鬼怒にも人に言えない懺悔でもあるんじゃないか?」


鬼怒「そんなの…」


提督「まぁこれで真実がわかるからいいけど…な」ペカー


鬼怒「パナイ!…下3」


下3 鬼怒の懺悔を


840:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 19:12:16.37 ID:mZUU0C7XO




841:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 19:12:43.68 ID:4vKdsCAdo

駆逐艦のスパッツを見るとムラムラする


842:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 19:13:25.86 ID:uudc5KiAO

ないよ!


843: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/25(月) 19:36:49.05 ID:4WCiX7YjO

鬼怒「ないよ!」


提督「五十鈴がこんなだから、てっきり鬼怒にも何かあると思ったが…」


鬼怒「五十鈴と一緒にしないで!変態なのは五十鈴だけだから!」


五十鈴「あら、変態とは心外ね。五十鈴はただ欲に正直なだけよ?」


鬼怒「それがダメだって言ってるのー!」


朝霜「五十鈴さんのは司令と同じくらい強烈だよなぁ…」


コンコン


提督「ん、入ってもいいぞ」


844: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/25(月) 19:41:08.20 ID:4WCiX7YjO

吹雪「司令官、遠征の……チッ」


朝霜「五十鈴さんを見つけた瞬間舌打ちかよっ」


吹雪「…なんで変態がここにいるんですか……」


五十鈴「アッ……その目……」ビクッ


鬼怒「五十鈴はこんなだけどね、ついさっき鎮守府を救ったんだよ!」


吹雪「司令官……その話って…」


提督「多少大袈裟だが、助かったのは事実だ」


朝霜「そうだ、五十鈴さんのお陰だったんだぜ」


五十鈴「ン……吹雪…?」


吹雪「下3」


下3 吹雪の台詞や行動を


845:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 19:42:09.30 ID:4vKdsCAdo

名前を呼ばないで下さい
汚らわしい


846:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 19:42:18.26 ID:lKlkWK8wo

そうして無駄に有能なのが余計不愉快


847:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 19:42:35.13 ID:+jZaZ5ej0

それはそれこれはこれです


849: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/25(月) 19:59:41.57 ID:wXafIXdO0

吹雪「それはそれこれはこれです」


鬼怒「辛辣だぁ…」


吹雪「五十鈴さん、もう二度と視界に入らないで下さいね?それでは司令官、私はこれで失礼します」ガチャ


朝霜「吹雪のやつ…よっぽど五十鈴のことが…」


提督「元々憧れでもあったのかもしれんな。その憧れの対象が変態だと知って、余計にショックを受けてしまったんだろう」


鬼怒「普通にしてたらいい関係のままだったのに~」


朝霜「…五十鈴さん?」


五十鈴「下3」


下3 五十鈴の台詞や行動や状態を


850:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 20:01:26.83 ID:BkhZ7UrkO

……つまり視界に入らなければイイのね


851:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 20:04:55.62 ID:do2P8Dmvo

(トリップ中)


852:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 20:04:57.02 ID:dF327+mlO

私はワンランク上がったつもりよ今は
靴下に樹液を塗って森の昆虫たちと悦楽を分け与えることを覚えたわ
滴る樹液靴下は最高よ



854: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/25(月) 20:10:49.93 ID:wXafIXdO0

五十鈴「私はワンランク上がったつもりよ。今は靴下に樹液を塗って、森の昆虫たちと悦楽を分け与えることを覚えたわ。滴る樹液靴下は最高よ?」


鬼怒「五十鈴が……どんどん遠くへ行ってしまうよ~……」


朝霜「な、何を言ってるのかわかんねぇよぉ…」


提督「……」


鬼怒「流石に提督も…引いちゃってる?」


五十鈴「あら、そんなことはないと思うけど?五十鈴と提督は似た者同士なんだし」


朝霜「司令…何か言ってくれよぉ…」


提督「下2」


下2 提督の台詞を


855:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 20:12:51.60 ID:PpJfv/Z80

俺もワンランク上を目指すべきか、しかし朝霜のことを考えるとそういうわけにも、いやっ、だが…でも……


856:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 20:13:19.48 ID:/vMYwFx90

そんな高度なテクがあったとはorz

ワシもスパッツを木に吊り下げて樹液を塗ってこよう!


857: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/25(月) 20:20:15.08 ID:wXafIXdO0

提督「そんな高度なテクがあったとは……俺もスパッツを木に吊り下げて樹液を塗ってこよう!」


朝霜「頼むからやめてくれーーー!!」


鬼怒「あれ?でも朝霜ちゃんってパンストだよね?」


提督「いやそこは朧と龍驤のをだな…」


鬼怒「うわっ……提督~……そこはさぁ…」


提督「五十鈴、そもそも樹液って不味くないのか?」


五十鈴「虫用のだと美味しくはないわね。ちょっと値段は張るけど、食用の樹液があるの」


提督「ほう……それを塗って木に吊るすんだな?」


五十鈴「靴下の先にたっぷり塗ってね。木にしがみ付いて舐める樹液靴下…最高よ?」


提督「……っ」ゴクリ


858: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/25(月) 20:25:19.85 ID:wXafIXdO0

五十鈴「提督は相変わらずスパッツが好きなのよね?なら股間部分にたっぷりと塗って……」


提督「それを虫と共有する…」


五十鈴「靴下派の五十鈴でも、想像するだけで少し興奮しちゃったわ。今度一緒にどうかしら?」


提督「おいおい…刺激が強過ぎないか?」


五十鈴「ふふっ、提督には確かにそうかもしれないわね。想像してご覧なさい、何も考えずに木にしがみ付いて、ひたすらスパッツを吸う姿を…」


提督「おっ…………おぉ…」


五十鈴「アッ……五十鈴も思い出してるだけで…」ビクビクッ


859: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/25(月) 20:27:36.37 ID:wXafIXdO0

鬼怒「朝霜ちゃん……この提督でほんとにいいの?」


朝霜「あたい…自信なくなってきたよ…」


鬼怒「なに?木に靴下を吊るすって……」


朝霜「樹液塗って虫と吸う……意味わかんねぇ…」


鬼怒「……この二人、どうする?」


提督「おぉ…………」


五十鈴「ンアッ……」


朝霜「……下3」


下3 朝霜の台詞や行動を


860:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 20:30:41.83 ID:45oLkLRU0

疲れた、少しほっといていいかな


861:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 20:31:51.28 ID:/vMYwFx90

もはやこの二人に立派な通り名をつけたほうがいいかもしんない。


862:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 20:32:28.34 ID:c+GmHqJf0

営倉にぶち込んどくか


863: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/25(月) 20:37:09.87 ID:wXafIXdO0

朝霜「営倉にぶち込んどくか」


提督、五十鈴「すいません調子に乗りました」


鬼怒「よかった、戻ってくれた~」


五十鈴「営倉行きは遠慮しておくわ。それじゃあ提督、また今度続きを話しましょう」ガチャ


鬼怒「あっ五十鈴、待ってよ~!」ガチャ


提督「五十鈴…変態として立派に成長しているようだな」


朝霜「やめてくれよぉ…これ以上変態が増えると困るんだよぉ……」


下2「失礼します」コンコン


下2 訪れた人物を


864:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 20:40:04.89 ID:BkhZ7UrkO

明石


865:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 20:41:34.15 ID:4vKdsCAdo

磯風


866: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/25(月) 20:45:53.77 ID:wXafIXdO0

磯風「司令、この磯風に用があるというのか?」


提督「磯風、今年も秋刀魚の季節がやってくるぞ」


磯風「あぁ、今年も任せておけ!立派に秋刀魚を焼いてやろう!」


朝霜「磯風はちゃんと炭火で焼く本格派なんだよなぁ」


磯風「焼き魚は火に拘わければいけないからな!」


提督「拘る所にとことん拘る、そんな磯風にはどんな懺悔があるのだろうか?」ペカー


磯風「なに!?…下3」


下3 磯風の懺悔を


867:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 20:47:03.40 ID:45oLkLRU0

料理が好きなのに何故か上手くいかなくて、でも料理はやめられなくて
皆に迷惑かけてるのが申し訳ない


868:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 20:47:40.34 ID:PpJfv/Z80

今日は鳳翔さんの作ったぶり大根を食べたかったので、大根を全部摩り下ろした奴等が憎いと感じてしまう


869:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 20:47:58.14 ID:BkhZ7UrkO

どう見ても夕立のネコと同じ迷い猫の貼り紙を破り捨てた


870: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/25(月) 20:54:42.51 ID:wXafIXdO0

磯風「どう見ても夕立のネコと同じ迷い猫の貼り紙を破り捨てたんだ…」


朝霜「なんでそんなこと…」


磯風「夕立が猫に喋りかけ続ける姿を見て……な。もしあの貼り紙が夕立の目に入ったらと思うと……」


提督「猫と飼い主にとってはよくないが、夕立のためを思うなら、悪い判断ではないが…」


磯風「磯風が悪いのわかっている。だが、これしか…なかったんだ…」


朝霜「破り捨てることはなかったんじゃねぇか?」


磯風「……言い訳のしようがない」


871: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/25(月) 20:58:32.24 ID:wXafIXdO0

磯風「……今夕立はどうしているんだ?」


提督「精神科のある病院に入院させている。経過は……」


磯風「良くないんだな…」


提督「猫は病院に連れていけなかったから、症状は軽くなると思ったんだが、今は壁に話しかけているらしい」


朝霜「夕立のやつ……」


磯風「司令……私に何かできないだろうか?」


提督「下2」


下2 提督の台詞を


872:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 20:59:44.27 ID:Kw9t9d8Co

あそこは監獄みたいな
もの。手出しは無用!


873:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 21:01:04.95 ID:Wf3K8yfDo

また見舞いに行くか


877: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/25(月) 21:11:17.32 ID:wXafIXdO0

提督「また見舞いに行くか」


朝霜「それなら夕立も喜んでくれるだろっ」


磯風「…司令、またっていつだ?」


提督「ん?それはまた機会を見てだな…」


磯風「ならば、今日これから行かないか?」


提督「これから?うむ…しかし仕事が…」


朝霜「仕事ならあたいがやっとくからさ、司令は磯風と行ってきたら?」


提督「いいのか?」


朝霜「あぁっ、あたいの分までお見舞いしてきてくれよ」


磯風「よし決まりだ!急ぐぞ司令!」


878: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/25(月) 21:13:32.35 ID:wXafIXdO0

ーーーーーー

磯風「夕立は元気にしてくれているだろうか……」


提督「前に来た時は…あまり良くなっていなかったが、精神はいつ治るかはわからない」


磯風「そうだな、劇的によくなっているかもしれない」


提督「怖いのは逆もありえるということだが…」ガチャ


下3 部屋での夕立の様子を


879:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 21:14:31.66 ID:BkhZ7UrkO

大 暴 れ


880:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 21:14:52.57 ID:dF327+mlO


普通にミカンのかわを剥いて食べる夕立の姿


881:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 21:15:03.23 ID:+jZaZ5ej0

壁に怒鳴りながら殴りつけている


883: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/25(月) 21:27:22.71 ID:wXafIXdO0

夕立「あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」ゴンゴンッ


提督「おい夕立!何をしてるんだ!」


夕立「こいつ!こいつが!!」ガンッ


磯風「やめろ!血が出てるじゃないか!」


夕立「こいつが多摩さんを!!許せない!許せないっぃぃぃ!!!!」ガンガンガンガンッ


提督「磯風、ナースコールを押してくれ!俺が夕立を抑えているうちに!」ガバッ


夕立「この………!離せぇぇ!!」


磯風「夕立……どうして……」


提督「早く押すんだ!!」


夕立「ぎぃぃぃぃぃぃぃっ!!」


884: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/25(月) 21:31:35.85 ID:wXafIXdO0

ーーーーーー

提督「先生、夕立は…」


医者「安心して下さい、今は薬で眠っています」


磯風「なんで夕立はあんなことを……」


医者「夕立さんは幻覚を見ているんです。その幻覚が人を殺した…と」


提督「そう思い込むしかなかったんですね…」


医者「夕立さんはどうしても受け入れ難い事実があったんでしょう。それを否定するために、脳が幻覚を作り上げてしまったんです」


磯風「夕立は……治りますか…?」


医者「…………全力は尽くします」


磯風「ぐっ……」


885: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/25(月) 21:35:13.01 ID:wXafIXdO0

医者「今日は提督さんがお見舞いに来てくれたということで、ちょうど良いのでこの書類にサインして頂けますか?」


提督「これは……」


医者「…夕立さんは隔離病棟に移します。そしてそこでは、夕立さんは拘束させてもらいます」


磯風「そんな!そんなのって!」


医者「今日は提督さんでよかったですが、看護師相手に暴れられたら、こちらも対処できません」


提督「……」


磯風「司令……そんな書類にサインなんてしないよな……?艦娘のことが大事なんだよな……?」


提督「下3」


下3 提督の台詞や行動を


886:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 21:37:51.69 ID:n7EYi83lO

書類を食べる


887:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 21:39:09.67 ID:45oLkLRU0

……サインは出来ないが、この病院からは移す


888:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 21:39:12.83 ID:/vMYwFx90

隔離病棟か…アニメ脳に犯された三隈がいたんだっけな 初霜一人置いてくのかわいそうだし はい○


889:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 21:39:46.23 ID:/vMYwFx90

>>888はミス安価下で


890:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 21:39:48.45 ID:KAZjrkRz0

確かに夕立は大事だ……だがそれとこれとは別だ
ですが、せめて拘束関連はこちらに任せてもらえませんか?
艦娘関連に関しては、こちらも色々対策はありますので


891: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/25(月) 21:45:03.79 ID:wXafIXdO0

提督「確かに夕立は大事だ……だがそれとこれとは別だ」


磯風「司令っ!!」


提督「……ですが、せめて拘束関連はこちらに任せてもらえませんか?艦娘関連に関しては、こちらも色々対策はありますので」


医者「…拘束の件はわかりました。隔離病棟の方は問題ありませんね?」


提督「それについては大丈夫です」


医者「……わかりました、近日中に夕立さんは移動になります」


提督「先生、夕立のことをお願いします」


医者「もちろん、どんな患者にも最善を尽くします」


892: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/25(月) 21:53:19.89 ID:wXafIXdO0

ーーーーーー

磯風「……」フラフラ


提督「磯風、大丈夫か?」


磯風「まさか……夕立が……あんなに酷いなんて……」


提督「悪意は無いとはいえ、人を殺めてしまったんだ。その後悔は…想像できん」


磯風「でも!本当に死んだかどうかはわからないんだろう!?」


提督「少なくとも書類の上では死んだことになっている。わざわざ書類を偽造するメリットはない」


磯風「ぐぅぅぅ…………」


提督「…磯風?」


磯風「司令は!!なんで夕立を信じてやらないんだ!!!!本当は殺してないかもしれないじゃないか!!!!」


提督「下3」


下3 提督の台詞を


893:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 21:54:35.08 ID:uudc5KiAO

信じてはやりたい。が、確実な証拠がない限りはな


894:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 21:54:59.07 ID:Kw9t9d8Co

こういう時は疲れ果てる
まで存分に暴れさせよう


895:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 21:56:03.96 ID:y+VZiKD50

多摩帰還


896:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 21:56:54.89 ID:do2P8Dmvo

落ち着け
まだ証拠がたりない


897: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/25(月) 22:07:41.76 ID:wXafIXdO0

提督「落ち着け、まだ証拠がたりない」


磯風「うぇっ……?」


提督「さっきも言った通り、多摩の死は書類の上だけだ。わざわざ書類を偽装してまで死んだことにしたい理由があれば……」


磯風「そこを突き止めれば、夕立は治るんだな!?」


提督「快方に向かうのは間違いないだろう。最大の後悔が無くなるわけだしな」


磯風「なら私はその鎮守府へ向かう!司令、止めないでくれよ!」


提督「おい、落ち着けと言った所だろう」


898: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/25(月) 22:12:23.89 ID:wXafIXdO0

磯風「しかし…!」


提督「向こうの鎮守府は今ちょうど水雷戦隊の応援を募集しているんだ。最近深海棲艦の本拠地を見つけたとかでな」


磯風「……!」


提督「本当は戦艦や空母で攻め込みたかったらしいんだが、海流が不安定で重い艦は使えないらしい。だからより優れた軽巡や駆逐艦を…」


磯風「司令!この磯風を!」


提督「……できるか?出撃はここより激しくなる。そんな中でスパイのようなことをするんだぞ?」


磯風「それくらい大丈夫だ!」


提督「なら……一つ磯風に聞きたい。なぜそこまで夕立のためにやってくれるんだ?」


磯風「下3」


下3 磯風の台詞を


899:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 22:15:16.85 ID:45oLkLRU0

仲間なんだから、当然だ


900:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 22:15:56.47 ID:do2P8Dmvo

私の料理を食べてくれた(磯風脳内美化120%)


901:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 22:17:55.35 ID:KAZjrkRz0

仲間を助けるのに理由がいるか?


903: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/25(月) 22:34:02.62 ID:wXafIXdO0

磯風「仲間を助けるのに理由がいるか?」


提督「…そうだな、磯風はそういうやつなんだよな」


磯風「特別な感情がなくたって、仲間なら全員助けてやる。これは当然のことだ」


提督「磯風は……立派だよ」


磯風「褒めるのは、夕立を救ってからにしてくれ」


提督「あぁ…………ん、あれは…?」


白露「…」


磯風「白露…か」


提督「そういえば白露はここに通院しているんだった。おーい白露…」




下3 白露の様子や台詞を


904:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 22:37:47.30 ID:45oLkLRU0

疲れてる感じだけどそれ以外は普通


905:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 22:37:55.12 ID:7f1SfyuBo

やたらと指をしゃぶってる


906:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 22:37:58.22 ID:S0kRlHsIO

両目が変な方向向いてるまま、よだれたらしながら椅子や机をかみかみしてる


908: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/25(月) 22:44:00.74 ID:wXafIXdO0

白露「……」スッ


提督「大人しく椅子に座ったか。特に何もないようだな」


磯風「いや…よく見てみろ…」


白露「……」ガジガジ


提督「白露!何してるんだ!椅子をかじるのは止めろ!」


白露「」ギロォ


磯風「なっ!!両目の焦点が合ってないぞ!」


白露「」フラフラ


提督「お、おい……」


白露「……」ガジガジ


磯風「今度は机を……」


909: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/25(月) 22:46:31.86 ID:wXafIXdO0

提督「ど、どういうことなんだ?白露はだだのクレパトマニアだったはずじゃ…」


磯風「ヨダレを垂らして机を噛むなんて…正常じゃないぞ…」


白露「……」ガジガジガジガジ


医者「提督さん、夕立さんの書類ですが…」


提督「先生ちょうどいいところに!白露は一体どうなってしまったんですか!?」


医者「下3」


下3 医者の台詞を


910:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 22:49:51.12 ID:2H2QfbzN0

今日の朝から急にこんな感じに
後「ヨンデル…」とうわ言を言うように


911:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 22:49:59.85 ID:4Vo0aR/ko

ちょっとお薬が合わなくてね


912:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 22:50:03.59 ID:/vMYwFx90

どうやら白露さんは高次脳機能障害だったようです



913: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/25(月) 22:57:06.47 ID:wXafIXdO0

医者「白露さんは高次脳機能障害の疑いがあります」


磯風「白露は今まで大きな怪我はしていなかったぞ!?」


医者「ですから、まだ疑いの段階です。症状は完璧にそれですが…」


提督「鎮守府にいる時は何も問題はないんですよ?遠征ならできるくらいに、受け答えも問題はなかったですし」


医者「脳のことですから…全てが全て、過去の症例に当てはまるとは考えられません。それに白露さんは艦娘ですから」


磯風「未知なる部分があるというのか…」


白露「……」ボーッ


914: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/25(月) 23:01:20.06 ID:wXafIXdO0

提督「…先生、さっき白露の時に言いましたが、艦娘に対しては対策がいくつかあります。これはその一つなんですが…」スッ


医者「これは……?」


提督「深海棲艦用に開発したワクチンです。これを応用すれば、白露や夕立の病状は良くなりませんか?」


医者「…………少し待っていて下さい。成分を調べてきます」タタタッ


磯風「司令、あれは……」


提督「俺一人では限界がある。ここは専門家に託すのが得策かもしれないんだ」


磯風「……わかった」


提督「さて…………白露、俺の話がわかるか?」


白露「下2」


下2 白露の台詞や行動を


915:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 23:02:19.80 ID:S0kRlHsIO

おいオンラインゲームのゾンビのフリだよ騙されたか


916:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 23:04:54.26 ID:7f1SfyuBo

手を舐めてくる


917: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/25(月) 23:09:08.78 ID:wXafIXdO0

白露「……」フラフラ


提督「ん……?どうしたんだ?」


白露「……」ペチャペチャ…


磯風「白露、何司令の手を舐めているんだ!」


白露「……」ペロペロ


提督「白露………」


白露「……」ネチャ…ペロ…


磯風「頼む……やめてくれ……、


白露「……」ペロペロペロペロ


918: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/25(月) 23:11:45.57 ID:wXafIXdO0

ーーーーーー

医者「お待たせしました提督さん。白露さんは…」


提督「私の手を舐め終わったら、電池が切れたように寝てしまいました」


磯風「仲間のあんな姿は…見たくなかった」


医者「……それで、ワクチンの結果なんですが…」


提督「どうでしたか?艦娘にも効きそうですか?」


医者「下3」


下3 医者の台詞を


919:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 23:12:53.01 ID:1VUfEZeK0

最低でも症状の緩和はされます


920:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 23:13:03.04 ID:+jZaZ5ej0

だめです
むしろ凶暴化する恐れすらある


921:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 23:13:05.26 ID:/vMYwFx90

ふざけんな! ただの腐敗した黄身だったぞ


923: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/25(月) 23:19:35.93 ID:wXafIXdO0

医者「ふざけないで下さい、ただの腐敗した黄身でした」


提督「あ、あれ……?」


磯風「司令、ふざけるのも大概にしておこうな?」


提督「…………持ってくるものを間違えたか?」


医者「知りませんよ」


924: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/25(月) 23:23:33.51 ID:wXafIXdO0

医者「……持ってくるものを間違えただけなら、今度はちゃんとしたものを持ってきて下さい」


提督「いやぁすいません……今度は必ず…」


磯風「いつも司令は大事な時にミスをするんだ…補給するのを忘れたり…」


提督「…面目ない」


磯風「だか…仲間を見捨てようとしない、その姿勢は好きだぞ」


提督「それは提督として、当たり前だろう」


磯風「…うん、そうだな」


医者「このまま帰るんでしたら、是非白露さんと一緒に帰ってあげて下さい」


提督「そうだな…磯風、一緒に帰ろう」


磯風「そうだな…」



下3 この後の展開を


925:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 23:26:19.68 ID:1VUfEZeK0

例の多摩からの手紙が来た


926:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 23:26:27.54 ID:/vMYwFx90

kskst


927:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 23:26:28.88 ID:S0kRlHsIO

提督は原因を掴むため書庫やネットを調べ尽くしたのち眠りについた


928: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/25(月) 23:31:08.51 ID:wXafIXdO0

ーーーーーー

提督「……そもそも原因はなんなんだ?夕立は自分の後悔からくる幻覚…」


提督「白露は窃盗症で……ダメだ、どうやっても脳機能障害に結びつかない…」


提督「ネットにも本にもそれらしい情報はない……」


提督「どうすれば白露と夕立を救えるんだ…………」


提督「…………」


提督「……」


提督「……ダメだ、今日はもう寝よう…」


929: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/25(月) 23:37:54.66 ID:wXafIXdO0

提督「少し遅くまで…やり過ぎたな……」


コンコン


提督「…ん?誰だ?」


朝霜「司令、まだ起きてたのかよ…」


提督「少し調べものを…な。流石に遅くまでやり過ぎたよ」


朝霜「体を壊したらどうしようもねぇぞ?ちゃんと休む時は休めよ」


提督「あぁ、頑張り過ぎないように頑張るよ……ところで、朝霜は何しに来たんだ?」


朝霜「下3」


下3 朝霜の台詞を


930:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 23:38:47.48 ID:1VUfEZeK0

鎮守府に匿名の投書が来た


931:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 23:45:55.15 ID:PpJfv/Z80

>>930 +あの医者が怪しい行動をしているという内容だった


932:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 23:45:58.30 ID:+jZaZ5ej0

そりゃ…深夜に提督とすることと言えば…あれだよ


933: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/25(月) 23:51:25.41 ID:wXafIXdO0

朝霜「そりゃ…深夜に提督とすることと言えば…あれだよ…」


提督「……いいのか?」


朝霜「準備…してきたぜ?ほら……」ピラッ


提督「おぉ…………」


朝霜「今日は司令の…入るといいなぁ……」


提督「無理はするなよ?朝霜が傷付くのだけは嫌だからな」


朝霜「でも……早く司令と一つになりてぇよ」


934: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/25(月) 23:55:12.20 ID:wXafIXdO0

提督「俺はそうは思わない。俺は朝霜が側に居てくれるだけで満足なんだ」


朝霜「……艦娘のスパッツオカズにしてる奴が言うことかよ…」


提督「それはすまん!だがムラっときた時にいちいち朝霜を呼び出すのもあれだろう?だからそこは我慢して欲しい…というのが本音だな」


朝霜「……あたいは…いいぜ…」


提督「えっ?」


朝霜「いつでも…好きな時に呼んでくれても…さっ」


提督「下2」


下2 提督の台詞を


935:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 23:58:34.07 ID:do2P8Dmvo

あさしもぉぉぉおお!(抱きつき


936:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 23:59:20.17 ID:1VUfEZeK0

>>935



937: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/26(火) 00:05:29.59 ID:ggZLId2s0

提督「あさしもぉぉぉおお!」抱きつき


朝霜「んっ……司令……」


提督「止められんぞ!もう、俺は!」


朝霜「司令の倒置法が出たってことは…そういうことなんだな…」


提督「例え本番ができなくても!俺は!一晩中!朝霜をペロペロする!!」


朝霜「優しく……してくれよ…?」


提督「……ぬぉぉぉぉ!」





【艦これ安価】提督「懺悔することだと?」 朝霜「その2」





次スレに続きます!



939: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/26(火) 00:06:27.94 ID:ggZLId2s0

スレの残りも少ないので、ここで区切っておきます


白露と夕立はどうなってしまうのでしょうか?


また、お願いします




【艦これ安価】提督「懺悔することだと?」 金剛「その3」


1: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/26(火) 19:20:12.86 ID:ggZLId2s0

【艦これ安価】提督「懺悔することだと?」 朝霜「その2」


からの続きになります



2: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/26(火) 19:29:37.62 ID:ggZLId2s0

提督「磯風は例の鎮守府に無事着いたようだな」


朝霜「司令、ちゃんとダメコン持たせたか?」


提督「もちろんだ、持てるだけ持っていかせたよ」


朝霜「磯風には頑張ってもらわねぇとなぁ…」


提督「出撃と諜報…大変だろうが、頑張って欲しい…」


下3「失礼します」コンコン


下3 訪れた人物を


3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 19:30:11.09 ID:FdfW6ilZo

長良


4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 19:31:20.76 ID:tzKNoDHy0

神風


5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 19:31:22.73 ID:KCPVTqcc0

黒潮


6: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/26(火) 19:40:27.48 ID:tQB9OPwZO

黒潮「司令はん、なんやろか~?」


提督「スパッツ!」


黒潮「え?」


提督「ん、いや…なんでもない」


朝霜「司令の発作みたいなもんだからよ…気にしねぇでくれ…」


黒潮「ん~…よーわからんけど…」


提督「…気を取り直して、黒潮こっちを向いてくれるか?」ペカー


黒潮「なっ!…下3」


下3 黒潮の懺悔を


7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 19:45:09.27 ID:tzKNoDHy0

関西弁は似非


8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 19:45:35.17 ID:VnFCvpH6O

黒潮の作るラーメンはもやしと胡椒を入れすぎと酷評だった


9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 19:52:09.77 ID:CoMl6Uow0

何もない


10: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/26(火) 20:02:53.29 ID:ggZLId2s0

黒潮「なんにもないで?」


提督「以外と懺悔がない奴が多いんだな…」


朝霜「五十鈴さん達が特殊なだけで、懺悔なんて無い奴の方が多いと思うぜ?」


提督「一人一つはあると思ったんだけどなぁ…」


黒潮「なるほどなぁ、そのライトで人の懺悔を聞こうっていう話やったんやなぁ。司令はんって趣味悪いわ~…」


提督「いや、そもそもこれは明石が作ったものなんで……」


黒潮「司令はんがうちに対して使ったってことは、うちが司令はんに使うとどうなるんやろか?」


提督「え、ちょ……」


黒潮「司令は~ん、こっち見てや~」ペカー


提督「ぐわっ!…下3」


下3 黒潮に対しての懺悔を


11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 20:04:10.34 ID:1eXoGRdLO

お前だけネタ()に使ってない


12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 20:04:19.59 ID:tzKNoDHy0

間宮アイス食べたのは俺なんだ


13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 20:05:25.30 ID:EBXzJnUOo

黒潮のぬいぐるみでタンスの中がいっぱい


15: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/26(火) 20:14:00.63 ID:ggZLId2s0

提督「黒潮のぬいぐるみでタンスの中がいっぱいなんだ…」


黒潮「嬉しいわ~でも、なんでうちなん?自分で言うのもあれやけど、陽炎型で一番地味やで?」


提督「地味だからこそ素晴らしいんだ!」


黒潮「え……司令はん…?」


提督「黒潮のキャラからいえば、ただのスカートが標準だろう。だが!黒潮は見せつけるようにスパッツを穿いている……これは…最高だ…」


黒潮「うち…褒められてるんやよねぇ?」


朝霜「あんまり嬉しくねぇ褒め方だな」


16: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/26(火) 20:17:42.67 ID:ggZLId2s0

提督「黒潮のスパッツは一度是非味わってみたい……!!」


黒潮「味わうって……司令はん、朝霜の前やで?」


朝霜「いいんだ…もう……慣れちまったよ…」


提督「絶対いい匂いするだろうなぁ……」


黒潮「あの~司令はん?」


提督「……あぁすまん、そういうことで黒潮のぬいぐるみを沢山買ってしまったんだ」


黒潮「聞きたくなかったわー…」


提督「もちろん可愛いから、というのもあるぞ?陽炎型で一番癒されるのは黒潮だからな」


黒潮「下3」


下3 黒潮の台詞を


17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 20:18:15.99 ID:MRSwNKefO

引きますわ


18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 20:19:49.35 ID:tzKNoDHy0

(ため息)


19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 20:20:14.36 ID:bzVVv4XvO

まったくうれしくない


20: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/26(火) 20:24:34.35 ID:ggZLId2s0

黒潮「まったくうれしくないわ」


朝霜「だろうなぁ…」


黒潮「うちをそんな目で見てた挙句、朝霜の前で口説こうなんて…」


提督「いや、口説くつもりはなかったぞ」


黒潮「そんなん知らんわ!司令はんにはもう付き合ってられへん!」バタン


提督「怒って帰ってしまったな……」


朝霜「司令さぁ……いや、もう…何も言わねぇ…」


下3「失礼します」コンコン


下3 訪れた人物を


21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 20:25:26.33 ID:bzVVv4XvO

陸奥


22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 20:28:24.67 ID:bktICHBPO

秋月


23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 20:29:02.24 ID:3WNxDdhUO

赤城


25: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/26(火) 20:35:23.21 ID:ggZLId2s0

赤城「一航戦赤城、参りました。提督、作戦会議か何かでしょうか?」


提督「そんな堅苦しいものではない、もっと楽にしてくれていいぞ」


赤城「そうだったんですね、てっきり今回のイベントについて話し合うのかと…」


朝霜「赤城さんは主力中の主力…日頃から作戦のことばっかり考えてるんだなぁ…」


赤城「こう見えても一航戦ですから」


提督「そんな一航戦にどんな懺悔があるのか…気になるぞ」ペカー


赤城「あっ!…下3」


下3 赤城の懺悔を


26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 20:36:39.66 ID:bzVVv4XvO

ksk


27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 20:36:50.47 ID:tzKNoDHy0

この前の演習で攻撃隊の命中率が8割を切ってしまったのが申し訳ない


28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 20:36:51.90 ID:YJtvuF2VO

こう見えて私はきつきつのブレザーを試し着するほどブレザーフェチなの


29: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/26(火) 20:44:45.30 ID:ggZLId2s0

赤城「こう見えて私はきつきつのブレザーを試し着するほどブレザーフェチなの」


提督「ほぅ…ブレザーフェチとは珍しいな」


赤城「提督、わかるんですか!?」


提督「言わんとしていることはわかるぞ。ただサイズのキツイ服がいいんじゃなくて、ブレザーじゃないとダメなんだよな?」


赤城「そう!そんなんです提督!」


朝霜「あたいにはわかんねぇな…」


提督「かなりマイナーな趣向だからな」


30: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/26(火) 20:49:15.41 ID:ggZLId2s0

提督「コスプレとも違うからな…難しいところだ」


赤城「はい…加賀さんも誰もわかってもらえなくて…」


提督「赤城は胸も大きいから、並のサイズのブレザーでも満足できるだろう?写真も撮っているのか?」


赤城「……はい、実は…………」


朝霜「えぇ…以外だよっ」


提督「露出とも違うから難しいが…朝霜も写真を見ればわかるんじゃないか?赤城、よかったら見せてやってくれないか?」


赤城「……特別ですからね?」スッ


朝霜「どれどれ……」


下3 赤城の写真はどんな状況やシチュエーションだった?


31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 20:56:35.25 ID:AsvkYh0t0




32:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 20:57:02.26 ID:c0qAkS2IO

比較的近場の女子高を盗撮したモノ


33:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 20:57:26.09 ID:M6vc15PXO

他の正規空母たちと一緒に鳳翔先生の授業を受けている様子


34: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/26(火) 21:06:46.02 ID:ggZLId2s0

赤城「他の正規空母たちと一緒に鳳翔先生の授業を受けている様子なんですけど…」


朝霜「これはコスプレなんじゃねぇのか?」


提督「広い意味で言えば確かにコスプレなんだが…うーん……」


赤城「いざ説明するとなると難しいですね…」


朝霜「あんまり例えに出したくねぇけどよ、司令があたい達の下着を嗅いでコくのはまだわかるんだ。でもこれはよくわかんねぇ…」


赤城「私は性的欲求を満たす為ではないですし…それとは全然違います」


提督「まぁ無理にわかってもらう必要もないんだが…」


下3「失礼します」コンコン


下3 訪れた人物を


35:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 21:07:16.53 ID:R4zWRs/0O

ksk


36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 21:07:42.79 ID:R4zWRs/0O

ksk


37:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 21:07:53.66 ID:M6vc15PXO

kskst


38:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 21:08:18.81 ID:lAvpsoefo

サラトガ


41: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/26(火) 21:15:16.84 ID:ggZLId2s0

サラトガ「提督、サラに何か……まぁ、赤城も呼ばれていたの?」


赤城「えぇ、作戦会議ではないみたいですよ」


サラトガ「そうだったんですか…」


朝霜「赤城さんの次はサラトガさんかぁ…」


提督「これも何かの縁だろうな。サラトガ、こっちを向いてくれるか?」ペカー


サラトガ「あっ!…下3」


下3 サラトガの懺悔を


42:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 21:17:26.84 ID:AsvkYh0t0

浮翌遊要塞の真似をして遊んでいた


43:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 21:17:28.37 ID:DNxyqVDOO

日本の戦艦さんたちと一緒にBBQを楽しんでた時
陸奥さんは相当な飲兵衛さんだろうなって思って
酒をたくさん注いだら陸奥はすぐにヘロヘロに酔って倒れて搬送されちゃった


44:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 21:17:31.30 ID:M6vc15PXO

龍驤の前で肩凝りが辛いと口にしてしまった


46: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/26(火) 21:22:30.47 ID:ggZLId2s0

サラトガ「龍驤の前で肩凝りが辛いと口にしてしまったの。イヤミのつもりはなかったんだけど…」


朝霜「あ~……どうなったか想像できるなぁ…」


サラトガ「その後、後ろ向きだったのに歯ぎしりの音が聞こえてきたわ…」


赤城「そんなに気にすることではないと思うのだけど…」


提督「赤城、それは絶対龍驤の前で言うなよ?」


赤城「でも胸があったからって、強いとは限りませんし…」


朝霜「気にしてる奴って多いんだぜ?あたいももう少しあったら…とは思うし」


47: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/26(火) 21:26:45.20 ID:ggZLId2s0

赤城「提督は小さいのが好きなんですよね?なら朝霜はそれ以上大きくならなくてもいいんじゃないですか?」


朝霜「違うんだよぉ…女ならさぁ…」


サラトガ「えぇ…そうですよね。少しでも大きい方がいいですよね…」


赤城「…ごめんなさい、よくわからないわ」


提督「赤城はそういうのは疎いのか…」


赤城「いえ、そういうわけではないのだけど…」


サラトガ「そうよね…下3」


下3 サラトガの台詞や行動を


48:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 21:27:29.62 ID:tyiN6TEQo

kskst


49:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 21:30:15.37 ID:5dv4Pt6B0

結局の所胸なんて飾りですし


50:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 21:30:19.63 ID:bktICHBPO

寄せて上げてるものね


51: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/26(火) 21:34:08.24 ID:ggZLId2s0

サラトガ「寄せて上げてるものね」


朝霜「そうだったのかぁ!?」


赤城「えぇ、赤城の艤装は胸が大ききのが前提なの。実際の大きさで言えば、朝霜より少し大きいくらいよ」


朝霜「知らなかった…」


提督「俺は知ってたが…赤城は上手く寄せてるよな。本物にしか見えん」


赤城「もう慣れてしまいましたから」


サラトガ「年季が入ってるのね…」


52: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/26(火) 21:36:48.72 ID:ggZLId2s0

赤城「あっ、それじゃあこの技術を龍驤さんに教えてあげれば喜ばれますかね?」


提督「いや、それは無理だ……」


サラトガ「そうですね…」


赤城「どうしてですか?」


提督「赤城……0に何をかけても0なんだ…」


サラトガ「えぇ……残酷だけど、これが現実なの…」





龍驤「なんの話をしてるんや?」ガチャ


54: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/26(火) 21:39:34.45 ID:ggZLId2s0

サラトガ、提督「!!」


龍驤「赤城にサラトガ…正規空母が集まってなんなんや?」


赤城「龍驤さん、ちょうど今……」


サラトガ「やめて!何も言わないで!」


龍驤「ん…?よーわからんけど…朝霜、出撃の報告書やで~」


朝霜「あ、あぁ…確かに受け取ったよ…」


提督「……聞こえてなかったのか?」ヒソヒソ


サラトガ「助かりましたね…」ヒソヒソ



龍驤「これでオッケーやね。あと、司令官…下3」



下3 龍驤の台詞を


55:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 21:40:50.61 ID:c0qAkS2IO

そんなに胸が好きかア″ァ?


56:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 21:42:04.24 ID:OK1+thoP0

聞こえとったで


57:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 21:42:06.34 ID:KCPVTqcc0

今日の分のスパッツやで(脱ぎたて)


58:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 21:42:23.34 ID:tH215ZMSO

これ、出撃で履いたスパッツや


59:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 21:42:29.54 ID:f5spZ01U0

貧乳はステータスや!希少価値や!!(血涙)


60: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/26(火) 21:48:01.06 ID:ggZLId2s0

龍驤「今日の分のスパッツやで」ほかほか


提督「も、もしかしてこれは!!」


龍驤「せやで、脱ぎたてや」


提督「んぉっ……やべぇ……」


サラトガ「提督…朝霜の前なんですよ?」


朝霜「いや……もういいんだ……」


赤城「悟りを開いたような…そんな顔をしていますね」


61: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/26(火) 21:51:35.57 ID:ggZLId2s0

提督「……すまん、少し席を外す…」ひょこひょこ


朝霜「ちゃっかりスパッツ持ったままだし…はぁ…」


龍驤「歩き方がおかしいのはなんなん?足でも怪我してるん?」


朝霜「いや…司令の単装砲が大きくなっちまってんだよ…」


龍驤「いやいや、そんなアホなこと。それやと司令官のはめちゃくちゃデカいってことになるで?」


朝霜「…………」


龍驤「え……ホンマなん?」


62: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/26(火) 21:54:02.35 ID:ggZLId2s0

朝霜「龍驤さんの腕くらいは…あるんじゃねぇかな…」


龍驤「うっそやろ……」


サラトガ「まぁ……」


赤城「……?」


朝霜「スゴイんだよ…司令の……」


赤城「あの…何がスゴイんですか?」


龍驤「赤城はわからんでええんやで…」


サラトガ「そんな巨大な単装砲の相手を朝霜は…?」


朝霜「いや、うん……」


龍驤、サラトガ「下3」


下3 龍驤かサラトガの台詞を


63:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 21:55:02.43 ID:c0qAkS2IO

RJ 憲兵さんカモン(屮°□°)屮


64:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 21:56:25.68 ID:5Uf5GjFCo

サラ
おーまいごっと


65:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 21:56:33.79 ID:bktICHBPO

マゾなのかな


66: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/26(火) 22:01:25.96 ID:ggZLId2s0

サラトガ「朝霜はマゾなの?そんな巨大なもので毎晩突かれて……」


朝霜「いや……実はさ、まだシたことねぇんだ…」


龍驤「ほぼ毎日一緒に寝てるんやろ?それやのにヤってないんか?」


朝霜「司令のデカ過ぎて入んないんだよぉ……」


サラトガ「あっ……」


朝霜「無理矢理やれば入るんだろうけどよ、司令があたいを傷付けるが嫌だって……あたい、どうすればいいのかぁ…」



龍驤、赤城、サラトガ「下3」


下3 誰かの台詞を


67:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 22:03:33.14 ID:M6vc15PXO

この際提督のナニを手術で小さくしよう!


68:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 22:06:26.13 ID:KCPVTqcc0




69:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 22:06:30.84 ID:RGn4Gjbm0

サラ
改装すればいいじゃない(アソコを)


71:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 22:07:44.71 ID:caN7J+Yz0

怖いこと言う!!


72: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/26(火) 22:10:27.10 ID:ggZLId2s0

サラトガ「アソコを改装すればいいじゃない」


朝霜「いや…無理だろ…」


龍驤「まぁでもそんな落ち込まんでええんと違うか?司令官は朝霜しか見てないんやろ?」


朝霜「そうだけどよぉ……」


赤城「なんの話かわかりませんが…カップルが上手くいくには、思いやりが大切です。どうかその心を忘れないで下さい」


朝霜「ん……わかった…」


73: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/26(火) 22:15:55.49 ID:ggZLId2s0

龍驤「まぁそんな落ち込まんでもええで、大事なのは心で繋がることや。それが大事なんやからな」


朝霜「うん……」


サラトガ「提督さんはあんな人ですが、浮気する人ではないですもんね」


朝霜「そこは安心できるんだけどよぉ…」


赤城「大丈夫です、あの提督なんですから」


ガチャ


提督「……」


サラトガ「あら、提督が帰ってきましたね」


朝霜「司令……どうだった?」


提督「下3」


下3 提督の台詞を


74:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 22:19:20.73 ID:OK1+thoP0

ksk


75:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 22:21:25.32 ID:38nOeoReO

今日も最高だった


76:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 22:21:30.32 ID:KIQqSwb5O

いっぱいでた


77: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/26(火) 22:25:31.10 ID:ggZLId2s0

提督「いっぱいでた」


朝霜「……………そうか…うん……」


サラトガ「提督…最低……」


龍驤「オカズをあげたのはうちやけど…もう少し言い方ってもんがあるやろ?」


赤城「……?」


提督「いや、嘘を言うわけにはいかないだろ」


龍驤「変なとこで真面目なんよねぇ、キミは…」


78: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/26(火) 22:28:33.80 ID:ggZLId2s0

龍驤「…おっと、そろそろ次の出撃時間や。ほなうちはもう行くわな~」


サラトガ「私も帰ります……」


赤城「あら…皆さん帰ってしまうんですね。なら私もそろそろ失礼させてもらいますね」ガチャ


朝霜「……………」


提督「…すまん、後で頼めるか?」


朝霜「…いっぱいでたんじゃないのか?」


提督「いや……そうなんだが…」


朝霜「はぁ……後でな…」


下3「失礼します」コンコン


下3 訪れた人物を


79:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 22:29:45.98 ID:PjYtYBhNo

Oh淀


80:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 22:30:31.09 ID:tH215ZMSO

鹿島


81:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 22:30:48.48 ID:g6NusPwb0

鳳翔さん


82: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/26(火) 22:39:02.43 ID:ggZLId2s0

鳳翔「提督、今度は変な用事ではないですね?」


提督「あぁ…前はすまなかったな」


鳳翔「ほんとです、いきなり母乳をくれ…だなんて。あんなことはもうやめて下さいね?」


朝霜「あの時はあたいも必死だったんだ…」


提督「今回はちゃんとした用があるから…っと」ペカー


鳳翔「あっ…下3」


下3 鳳翔の懺悔を


83:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 22:39:28.39 ID:SbzXxycl0

じつは駆逐艦たちの制服と同じ服を自分で作ってこっそり着て楽しんでる


84:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 22:39:45.40 ID:c0qAkS2IO

物資横流しして小遣い稼ぎした


85:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 22:39:49.15 ID:RGn4Gjbm0

教え子達(空母)を性的な目で見ている


86: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/26(火) 22:46:38.34 ID:ggZLId2s0

鳳翔「教え子の空母達を性的な目で見ているんです…」


朝霜「まさか……鳳翔さんが…」


提督「これは想定外だったな。恋愛感情なら兎も角、性的な目で見ていたとは…」


鳳翔「は、恥ずかしいです……」


提督「ちなみに、誰が一番エ口かったんだ?」


鳳翔「下2」


下2 鳳翔の台詞を


87:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 22:47:59.06 ID:5Uf5GjFCo

加賀


88:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 22:48:00.91 ID:PjYtYBhNo

蒼龍


89: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/26(火) 22:54:04.64 ID:ggZLId2s0

鳳翔「蒼龍です…」


提督「あのオッパイだな?」


鳳翔「あのオッパイなんです……」


朝霜「鳳翔さんが…オッパイって言ってる…」


提督「朝霜、鳳翔にも性欲はある。あのオッパイは人を狂わせるんだ…」


鳳翔「まさに提督の言う通りです…指導している時からずっと蒼龍のオッパイが頭中をグルグル回るんです…」


90: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/26(火) 22:57:45.63 ID:ggZLId2s0

提督「だが…蒼龍は山風とよろしくやっているんじゃなかったか?」


鳳翔「え?どうして山風ちゃんなんかと!?」


提督「蒼龍はショタコンらしくてな。山風に男装させて、色々と楽しんでいるらしい」


鳳翔「そんな……」ガクッ


朝霜「鳳翔さんが……崩れ落ちちまった…」


鳳翔「…認めません、直接この目で確かめるまで認めません!」ダダダッ


朝霜「あっ、鳳翔さん!」



ーーーーーー


鳳翔「ここが蒼龍の部屋……入りますよ」ガチャ



下2 部屋の様子を


91:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 23:02:14.72 ID:5dv4Pt6B0

大量のショタコスに埋もれた山風と満面の笑みの蒼龍


92:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 23:02:16.48 ID:KCPVTqcc0

山風に絶対服従な蒼龍がいた


94: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/26(火) 23:07:26.27 ID:ggZLId2s0

山風「ほら……足、舐めて…」


蒼龍「うん……」ペチャ…ペチャ…


山風「ん……上手…」


蒼龍「ありがとう…もっと頑張るから…」レロレロ


山風「ん……はぁ……あれ、鳳翔…さん…?」


鳳翔「な、何をしてるんですか!?」


山風「蒼龍さんが…なんでも言うこと聞いてくれるっていうから…」


鳳翔「だからって、足を舐めさせることはないでしょう!」


山風「だって……服従といえば…足舐め……」


95: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/26(火) 23:10:36.16 ID:ggZLId2s0

蒼龍「んぁ……あれ、鳳翔さん…?」


鳳翔「蒼龍、貴女一体何を…!」


蒼龍「私……山風ちゃんに骨抜きにされちゃったんだす…」


鳳翔「えっ!!」


山風「初めは男装に、慣れなかったけど…今はちゃんと上手くできてる…」


蒼龍「ねぇ山風…あとでまた……ね?」


山風「うん……いっぱいしてあげる…」


蒼龍「あぁぁ~山風ちゃんは理想のショタだよぉ~」


鳳翔「…下2」


下2 鳳翔の台詞を


96:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 23:11:26.07 ID:c0qAkS2IO

矯正しなきゃ


97:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 23:12:22.03 ID:sXrZ5oLEO

胸も開発されちゃったのかしら?


98: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/26(火) 23:17:55.93 ID:ggZLId2s0

鳳翔「胸も開発されちゃったのかしら?」


山風「胸は…まだ開発途中。でも、ちょっと強く抓るだけで…」ギュッ


蒼龍「んぁぁぁっ!」ビクッ


山風「…ここまで調教できた」


蒼龍「山風ちゃん……いきなりなんて…刺激が……ん……はぁ…」


鳳翔「あの……私も仲間に入れてくれませんか?」


山風「えっ……鳳翔さんも…?」


鳳翔「実は私、蒼龍のオッパイが大好きなんです!私も蒼龍の胸にしゃぶりつきたいんです!」


山風、蒼龍「下2」


下2 どちらかの台詞を


99:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 23:19:17.39 ID:c0qAkS2IO

山風
断↓る↑


100:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 23:19:28.41 ID:EBXzJnUOo

バッチコイ


103: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/26(火) 23:25:29.47 ID:ggZLId2s0

蒼龍「バッチコイです!ね、山風ちゃん!」


山風「うん…私一人だと、手が足りなかったし…鳳翔さんなら、いいよ……」


鳳翔「やったぁ!!ほ、ほんとにこの胸を好きにしていいんですよね!?」ワキワキ


蒼龍「鳳翔さん……手つきが……エ口いよ……」


鳳翔「……我慢できません!!」ガバッ


蒼龍「きゃっ…」


山風「凄く…大胆……」


104: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/26(火) 23:28:26.26 ID:ggZLId2s0

あぁ~~凄い弾力!それにこの柔らかさ……
鳳翔さん、まだ昼間なのに……激しいよ……
その手つき…勉強になる……



提督「…既にお楽しみだったようだな」


朝霜「あの鳳翔さんが……こんなに乱れてるなんて…」


提督「朝霜、オッパイは人を狂わせるんだ」


朝霜「何真面目な顔で言ってんだよ…」


下2「二人ともどうしましたか?」


下2 出会った人物を


105:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 23:28:50.68 ID:MHZz7U6xO




106:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 23:29:10.76 ID:jAU3FB9So

高雄


107: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/26(火) 23:36:57.57 ID:ggZLId2s0

高雄「提督?蒼龍の部屋の前でどうしたんですか?」


提督「ん、その…………」


高雄「まさか…また変なことを考えているんじゃないですよね?」


朝霜「高雄さん、部屋の音…聞いてみてくれよ」


高雄「そんな覗き聞きみたいなマネできません!……と言いつつも、そこまで言われたら気になりますね…」



んっんっ…あぁ………
蒼龍のオッパイ…美味しい……
鳳翔さん、子どもみたい…


高雄「……」


提督「……どうだ高雄?」


高雄「下2」


下2 高雄の台詞を


108:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 23:37:07.60 ID:MHZz7U6xO




109:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 23:37:09.00 ID:TxXytmPUO

提督…私は虐殺が好きです。提督、私は、人殺しが好きです、提督!私は殺人がだぁい好きです!
死亡事故が好きです過剰防衛が好きです強○殺人が好きです強盗殺人が好きです通り魔殺人が好きです
ナイフで、バットで、水で、ロープで、素手で、薬で、銃火器で、ありとあらゆる殺害行為が大好きです
火に巻かれた老婆の悲鳴を聞くと心が躍る!
手足をもがれ絶望に歪む男の顔は感動的です!
瑞々しい乙女をカットイン攻撃で粉砕するも最高だ!
「この子だけは」と泣いて命乞いする母親の前で子供をバラバラにしたときなんてイキそうになりました……
ダメだと分かってるけど人を殺める快感が手放せないんです…!どうしてもやめられないっ…!


113: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/26(火) 23:44:03.15 ID:ggZLId2s0

懺悔なら採用しましたが、蒼龍の部屋の様子を聞いての台詞安価なので、最安価させて下さい

ここから下2でお願いします


114:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 23:45:27.92 ID:db+cSOuco

ここの風紀、どうなってんでしょうね…


あとsagaつけた方がいいよ


115:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 23:45:31.73 ID:jAU3FB9So

あの鳳翔さんが……?意外ですね……


117: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/26(火) 23:50:56.23 ID:ggZLId2s0

高雄「あの鳳翔さんが……?意外ですね……」


朝霜「やっぱりそうだよなぁ」


提督「高雄、オッパイは人を狂わせるんだ」


朝霜「司令はそのフレーズを気に入ってるんだな?」


高雄「だからってこんな昼間から……」


提督「そういう高雄にも、人に言えないことがあるんじゃないか?」


高雄「そんな、私は…」


提督「なら高雄、こっちを向いてくれ」ペカー


高雄「えっ…下2」


下2 高雄の懺悔を


118:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 23:54:07.19 ID:db+cSOuco

「バカめ、と言って差し上げますわ」って言ってること


119:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 23:54:11.33 ID:lJwbZegl0

提督をパフパフで落としたい


122: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/27(水) 00:00:21.72 ID:aL0RfxeT0

高雄「提督をパフパフで落とそうとしてたんです…」


朝霜「パフパフ?」


高雄「こう…胸で……」むにゅ


提督「んぉっ……それは…想像しただけで…」


高雄「朝霜が告白していなかったから、きっと私がパフパフしていたでしょうね…」


朝霜「…武器のある人はいいよなぁ」


提督「何を言うんだ、朝霜には立派な武器があるじゃないか」


朝霜「…パンストは武器じゃねぇよ」


提督「なぜわかったんだ…?」


123: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/27(水) 00:04:35.91 ID:aL0RfxeT0

高雄「はぁ……この二人は最初からくっ付く運命だったんでしょうね…」


提督「…そうだな、例え先に高雄に告白されてたとしても、断っていただろうな」


高雄「いいな…私もそんな彼氏が欲しいわ」


朝霜「高雄さんならすぐできると思うけどなぁ」


高雄「そう簡単にいかないよの……ねぇ提督、付き合わなくていいから、パフパフだけしてみません?」


提督「それは…………」


高雄「さっきからず~っと胸見てましたよね?知ってるんですよ?」


提督「いや…………」


朝霜「下2」


下2 朝霜の台詞や行動を


124:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 00:05:25.64 ID:RMlA+NeOO

駄目だ!
提督に抱きつき


125:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 00:06:11.06 ID:QkUL/piI0

ほーら司令脱ぎたてパンストだぞ!そんな駄肉よりこっちのほうがおいしいぞ!


127: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/27(水) 00:17:24.19 ID:aL0RfxeT0

朝霜「ほーら司令脱ぎたてパンストだぞ!そんな駄肉よりこっちのほうがおいしいぞ!」脱ぎ脱ぎ


高雄「駄肉って……」


提督「お……おぉぉ……」


朝霜「よーしいい子だ、こっちに来るんだぞ~」


提督「あさしものぱんすと……ぬぎたて…」フラフラ



高雄「はぁ……あの提督をコントロールできるのは朝霜しか居ないのかもしれないわね…」


128: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/27(水) 00:25:32.19 ID:aL0RfxeT0

提督「……ん?ここは…」


朝霜「正気に戻ったか?ここは男子トイレだ」


提督「えっ……?」


朝霜「…溜まってんだろ?抜いてやるよ」


提督「……いいのか?」


朝霜「司令、あたいのパンストは今ここにあるよな?」


提督「あぁ…素晴らしいパンストだよ……」


朝霜「これ……何かわかるか?」ファサッ


提督「こ……これは!!朝霜のパンツ!!」


朝霜「あたいのスカートの中……どうなってると思う?」


提督「…………朝霜…」ゴソゴソ


朝霜「んっ…………司令…」





130: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/27(水) 19:10:00.55 ID:IH0ilLpv0


ーーーーーー


提督「今日も艦娘達の懺悔を聞いていこうじゃないか」


朝霜「ところでよ、これってなんの為にやってるんだよ?」


提督「秘密を抱えたままだと出撃等に悪影響が出てしまうかもしれないだろ?懺悔を言ってスッキリしてもらいたいんだ」


朝霜「人によってはバラされた方が悪影響なのもチラホラいたけどなぁ…」


提督「それは……まぁ…」


下3「失礼します」コンコン


下3 訪れた人物を


131:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 19:11:14.46 ID:WqvOxz7Oo

巻雲


132:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 19:11:37.02 ID:p0KX3uNe0

松風


133:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 19:11:39.54 ID:/NF8AMILo

叢雲


135: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/27(水) 19:21:24.71 ID:IH0ilLpv0

叢雲「司令官が私にわざわざなんの用なの?」


提督「ツンデレタイツ…」


朝霜「司令さぁ…フェチで呼ぶの止めようぜ…」


叢雲「……あんたと喋ってると不快だから、もう帰っていいかしら?」


提督「まぁまぁ、帰るのはこれが終わってからにしてくれよ…っと」ペカー


叢雲「はっ!…下3」


下3 叢雲の懺悔を


136:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 19:22:56.14 ID:p0KX3uNe0

Kskst


137:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 19:23:21.97 ID:RRVqN/QD0

箪笥の裏に落ちた写真立てを取ろうとして手近にあった電探槍を使ったら引っ掛かって途中で折れた、ついさっき


138:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 19:23:24.75 ID:WqvOxz7Oo

朝霜選ぶなら私でもいいじゃないと常々思っている


139: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/27(水) 19:28:46.75 ID:IH0ilLpv0

叢雲「朝霜選ぶなら私でもいいじゃないと常々思っているのよ」


提督「それは…………」


叢雲「司令官が朝霜を選んだって知って、かなり悩んだのよ?時には自分の存在意義も疑ったわ」


朝霜「もしかして一時期めちゃくちゃ機嫌悪かったのは…」


叢雲「そうよ、それが原因。迷惑かけて悪かったわね」


朝霜「いや、いいけどよぉ…」


叢雲「司令官、この際だからはっきり教えてちょうだい。私と朝霜の何が違ったの?二人とも同じツンデレタイツじゃない!」


提督「下3」


下3 提督の台詞を


140:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 19:29:44.48 ID:RRVqN/QD0




141:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 19:30:36.98 ID:QkUL/piI0

匂いの差かな


142:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 19:30:47.84 ID:7ZyfAmj10

声優


145: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/27(水) 19:48:34.34 ID:LSn5WZLXO

提督「声優かな…」


朝霜「えっ……」


叢雲「声優!?」


提督「いや、声の好みで言えば朝霜が一歩リードっていう話で…」


朝霜「……なんだよぉ…ただ声がよかっただけかよぉ…」グスッ


提督「あっ!いや、その…違うんだ!」


叢雲「下3」


下3 叢雲の台詞を


146:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 19:49:58.39 ID:WqvOxz7Oo

ならまだチャンスあるわね……!


147:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 19:51:30.30 ID:Yp4G843g0

その差なら埋められる…!


148:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 19:51:42.33 ID:RRVqN/QD0

あ、泣かした


149: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/27(水) 19:56:44.46 ID:LSn5WZLXO

叢雲「あ、泣かした」


提督「そんなことは……あるんだけども、だ」


朝霜「うっ……ぐすっ……」


叢雲「彼女泣かせるとか最低ね」


提督「も、元はと言えば叢雲が変なことを言うからだろ!?」


叢雲「変なことだなんて…私、本気だったのよ?」むにゅ


提督「!!」


150: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/27(水) 19:59:06.15 ID:LSn5WZLXO

提督「む、む、叢雲、胸をおしつけてどういうつもりだ?」


叢雲「どうもこうも…男の人って、こういうの好きなんでしょ?」


提督「しかし俺には朝霜が…」


叢雲「司令官が私のタイツ持っていったの、知ってるわよ?ねぇ…私が直接イイことしてあげましょうか?」


提督「馬鹿を言うな!」


叢雲「あら、それじゃあなんで私のタイツを持っていったのよ?」


提督「それはオカズにするためにだな…!」


朝霜「下3」


下3 朝霜の台詞を


151:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 20:00:45.39 ID:sj3KgzkQ0

テメェ叢雲……あんまりふざけてると、ぶちのめすぞ…!


152:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 20:01:32.60 ID:EczlDor4O

私のタイツをやる!!


153:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 20:01:33.50 ID:Lghp0A0Fo

やろう、ぶっころしてやる


155: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/27(水) 20:12:04.20 ID:IH0ilLpv0

朝霜「やろう、ぶっころしてやる」


提督「……どっちをだ?」


朝霜「両方に決まってんだろっ!!」


叢雲「ちょっと!練度の差を考えなさいよ!」


朝霜「……遺言はそれだけか?」チャキ


提督「まぁ落ち着け……艤装もしまって、な?」


朝霜「……」ガチャ


叢雲「無言で安全装置外すのやめなさいよ……ね…?」


朝霜「……覚悟しなっ」


156: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/27(水) 20:15:45.52 ID:IH0ilLpv0

ーーーーーー

叢雲、提督「」大破


朝霜「全く…二人共フザけやがって……」


朝霜「叢雲はあたいの司令を誘惑してんじゃねぇよ!司令はあたいだけのもんなんだっ!」


叢雲「そうね…痛い程わかったわ……」


朝霜「次は司令だっ!何胸当てられて喜んでんだよっ!胸の大きさはそんなにかわんないだろっ!!」


提督「喜んだつもりはなかったが…朝霜が嫌な思いをしたなら悪かった」


朝霜「ふんっ!今更謝っても遅せぇ!!」


提督「…下3」


下3 提督の台詞を


157:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 20:16:19.80 ID:Lghp0A0Fo

kskst


158:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 20:19:53.18 ID:wvx1d4iyO

許してくださいなんでも島風


159:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 20:20:45.87 ID:QkUL/piI0

本当にすまなかった。これからは叢雲のタイツだけで我慢するよ


161: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/27(水) 20:26:49.71 ID:IH0ilLpv0

提督「本当にすまなかった。これからは叢雲のタイツだけで我慢するよ」


叢雲「ちょっと、そんなこと言ったら余計に……」


朝霜「ふん、わかってるなら許してやる」


叢雲「……それでいいのね」


朝霜「司令の下着やタイツ癖はもう諦めてんだ。前向きに考えれば、タイツでコく以外はしねぇから安全なんだよ」


叢雲「女の子がコくなんて…下品よ?」


朝霜「司令に胸押し付けてたやつが言うセリフかよ」


叢雲「それは……また話が違うじゃない…」


提督「一緒だと思うけどな…」


下3「失礼します」コンコン


下3 訪れた人物を


162:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 20:28:13.78 ID:EczlDor4O

イタリア


163:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 20:28:51.93 ID:F5eiUsA4O

村雨


164:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 20:28:54.14 ID:vLyUTv2ao

浜風


165: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/27(水) 20:40:39.00 ID:IH0ilLpv0

浜風「提督、この浜風をお呼びに……って、どうしたんですか?叢雲共々大破したような形跡がありますが…」


提督「オッパイタイツ……いや浜風、少し色々あってな…」


叢雲「貴女は朝霜は怒らせてはダメよ…」


浜風「私は別に怒らせることは……それより提督、オッパイタイツはやめて下さい」


朝霜「もうそれは半分諦めてくんねぇかな…」


浜風「えぇ…」


提督「そんなことより、浜風こっちを向いてくれ」ペカー


浜風「あっ!…下3」


下3 浜風の懺悔を


166:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 20:44:05.32 ID:Yp4G843g0

提督のプリンを食べたのは私です…


167:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 20:44:05.34 ID:QkUL/piI0




168:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 20:44:08.77 ID:jlnO8euU0


谷風 初風 時津風 たちでキノコ狩をやってる最中、私だけ白いキノコがたくさん採れた
そしての取ったキノコを網で焼き、谷風 初風 時津風たちで美味しくいただいた
とくに時津風が私が採ったキノコをよく食べていた
後々調べてみたら私が取った白いキノコ 毒キノコだった模様 (主食する前に谷風が図鑑で調べてたはずなのに見落としたのか)


175: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/27(水) 20:50:29.36 ID:IH0ilLpv0

浜風「この前の休みに谷風、初風、時津風たちでキノコ狩をやってる最中、私だけ白いキノコがたくさん採れたんです。そしての取ったキノコを網で焼き美味しくいただいたんです」


叢雲「秋の味覚を先取りとは、中々お洒落ね」


浜風「とくに時津風が私が採ったキノコをよく食べていたんですけど、後々調べてみたら私が取った白いキノコは毒キノコだったんです…」


提督「それはマズイ!マズイぞ~!!」


朝霜「それから時津風はどうなったんだよ?」


浜風「……会うのが怖くて…」


提督「なら今すぐ確かめに行くぞ!」


176: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/27(水) 20:52:10.14 ID:IH0ilLpv0

ーーーーーー

朝霜「たまたまかもしんねぇけどよ、最近遠征とかでも時津風を見てねぇんだよな…」


叢雲「ちょっと…怖いこと言わないで……」


浜風「まさか……」


提督「いやいや、それはないだろう。何らかの影響はあるかもしれないが……」ガチャ


下3 時津風の様子や見た目を


177:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 20:52:36.08 ID:vLyUTv2ao

笑いが止まらない


178:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 20:52:58.71 ID:jlnO8euU0

>>174
だけど
前スレ 前々スレで全文検索してもヒットしないんだ



179:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 20:53:01.01 ID:symu5KMmO

服のボタンが弾けるほど胸が大きくなって裾に収まらないくらいお尻が大きくなった


186: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/27(水) 21:00:12.94 ID:IH0ilLpv0

時津風「しれー……あたしどうしちゃったんだろー…」ボイン


提督「なんだその胸は!?」


叢雲「胸だけじゃないわ…お尻も…凄くグラマラスに…」


時津風「こんなんじゃ外出れないよ~…」


朝霜「見た目に作用する毒キノコなんてあんのか…?」


浜風「わかりませんが…時津風、それはこの前のキノコのせいなんです」


時津風「あー……そういえばあたし白い怪しいキノコいっぱい食べたよね~…」


188: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/27(水) 21:02:47.08 ID:IH0ilLpv0

時津風「……なに?あたしずっとこの姿なの?」


提督「原因は毒キノコなんだから、きっとなんとかなるだろう」


叢雲「それよりも残りの二人ね…」


朝霜「なぁ時津風、初風と谷風はなんか変わったことなかったか?」


浜風「少しでもおかしい所があれば教えて下さい」


時津風「下3」


下3 時津風の台詞を


189:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 21:04:56.02 ID:Gfwjv854o

少し服がきつそうだった


190:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 21:05:14.54 ID:ZQTyQPLoO

出撃にも不備が無いくらい
とくに異常は見当たらなかったよ


191:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 21:05:24.35 ID:s294w3BZo

こうなってからなるべく出歩かないようにしてたからわからない


192: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/27(水) 21:08:43.24 ID:IH0ilLpv0

時津風「こうなってからなるべく出歩かないようにしてたからわからないよ~」


浜風「……そうでしたか…」


時津風「しれー…ほんとにあたし治る?」


提督「原因がはっきりしてるんだから、なんとかなるとは思うが…」


時津風「信じてるからね?しれーのこと…」


提督「任せておけ!と、自信満々に言いたいんだが…」


叢雲「……ねぇ、あれって初風と谷風じゃない?」


朝霜「おっ、ちょうどいとこに…おーい二人共、ちょっと来てくれ!」


下3 初風と谷風の様子や見た目や状況を


193:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 21:09:47.73 ID:5P+9jz+Wo

頭が爆発している


194:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 21:10:29.93 ID:ubWprgrvo

デスメタル的な恰好をしている


195:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 21:10:37.44 ID:Gfwjv854o

少しむちむちになってる


198: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/27(水) 21:18:50.56 ID:IH0ilLpv0

初風「どうしたの提督?私に何か用?」ムチッ


谷風「何か知らないけど、この谷風に任せときな!」ムチッ


提督「その体型……」


初風「……やっぱりわかる?最近急に太っちゃって…」


谷風「今必死でダイエットしてんだよぉ…」


朝霜「この三人がそうなってるってことは……」


提督「そういうことなんだろうな…」


浜風「……ごめんなさい!」


谷風「……ん?」


初風「突然謝ってどうしたのよ?」


浜風「実は……」


199: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/27(水) 21:23:14.94 ID:IH0ilLpv0

谷風「げぇ~~!!あれ毒キノコだったのか!」


初風「最近時津風が姿を見せないと思っていたら…」


時津風「うぅ~、こんな体嫌だー!」ムチムチボイン


浜風「ごめんなさい……全部私が悪いんです…」


叢雲「どうするの司令官?三人共症状は同じみたいだけど…」


提督「うーん……ここは専門家に任せるしかないんじゃないか…?」


朝霜「それならよ、あの病院はどうだ?夕立達が世話になってるし…あそこは内科もあるだろ?」


提督「お見舞いついでに三人を連れて行くか…」


200: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/27(水) 21:26:32.12 ID:IH0ilLpv0

ーーーーーー

初風「時津風は結局来なかったわね」


谷風「あんな体晒したくない~って。まぁ気持ちはわかるねぇ~」


浜風「私にできることがあれば、なんでも言って下さい。全力で手伝いますから!」


提督「いや、今は初風達の診察結果を大人しく待っていよう」


朝霜「ん、そうだな。二人共、ここで待ってるからな~」


初風「これで治らない…とか言われたら立ち直れないわよ…」


谷風「その時は開き直るしかないねぇ~…」



下3 二人の診察結果を


201:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 21:27:23.48 ID:xVrRChcR0

健康そのものだね
時間がたてば元に戻るよ


202:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 21:27:24.67 ID:Nz8mvb1uO

そのうち治るんじゃない?


203:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 21:27:30.56 ID:ubWprgrvo

これからどんどん悪化していくとのこと


207: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/27(水) 21:33:13.40 ID:IH0ilLpv0

ーーーーーー

ガチャ


朝霜「おっ、出てきたぜ」


初風、谷風「……」ズーン


提督「明らかに落ち込んでいるが…もしかして……」


初風「ふ……ふふ…これからどんどん悪化するって…」


谷風「ムチムチ型駆逐艦…谷風さんだよ~……」


朝霜「なんとかならねぇのかよ?」


初風「……詳しい話は…提督に言いますって…」


提督「わかった、そこで待っていてくれ」ガチャ


谷風「んー…ついてなかったねぇ…」


浜風「下3」


下3 浜風の台詞を


208:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 21:34:16.23 ID:c+HBswcZO

わっ、私もむちむちですから…


209:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 21:34:37.71 ID:ZQTyQPLoO

鎮守府基地の屋上から首吊りたい


210:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 21:35:10.06 ID:Nz8mvb1uO

ほら、ぱぷぱぷ~


211: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/27(水) 21:39:28.75 ID:IH0ilLpv0

浜風「ほら、ぱぷぱぷ~」


谷風「んぇ?」


浜風「おってでこんされますよ~?」


初風「浜風…あんたまさか…」


朝霜「あまりのショックで一時的におかしくなっちまったんだな…」


谷風「浜風……今はゆっくり寝ときな……」ドスッ


浜風「うっ!……」ドサ


初風「浜風は人一倍責任感が強いから……」



朝霜「あぁ……ゆっくりしてくれ…」


212: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/27(水) 21:42:46.37 ID:LSn5WZLXO

ーーーーーー

提督「先生、初風達は悪化していくだけって本当ですか?」


医者「ええ…そのキノコを大量に食べた時津風、という艦娘もそうなるでしょう…」


提督「なんとか治す方法はないんですか?」


医者「下3」


下3 医者の台詞を


213:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 21:44:36.06 ID:s0XZKyYuO

悪化を止めることはできるが、既に変化した分は元に戻らない


214:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 21:46:39.55 ID:5P+9jz+Wo

毎日青汁を飲むことです


215:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 21:46:40.89 ID:jlnO8euU0

>>213


220: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/27(水) 22:04:50.75 ID:LSn5WZLXO

医者「悪化を止めることはできるが、既に変化した分は元に戻りません」


提督「……そうなんですか…」


医者「提督さんはネットか何かで見たことはありませんか?全身がパンの様に膨らんでいる患者の姿を」


提督「……閲覧注意とかの類いで、それらしい画像を見たことはあります」


医者「あれと同じ現象が起こりかけているんです。あの症状も脳の中枢神経がおかしくなって、あの体型が正常だと脳が認識しているんです」


221: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/27(水) 22:08:49.90 ID:LSn5WZLXO

提督「そんな…」


医者「ですので、脳からそのホルモンの分泌を抑える薬を投与させてもらいます。話を聞く限り時津風さんは今直ぐにでも治療が必要かと思われます」


提督「もう元に戻ることがないだなんて…」


医者「…脳が今の体型が普通だと認識しているんです。これからの技術で治る可能性はありますが、現時点ではほぼ不可能です」


提督「…ただ毒キノコを食べただけですよ?」


医者「私から言わせてもらえば、それで済んでよかった…ということです。中には錯乱して周りの人間を全員殺してしまうようなキノコもありますから…」


提督「……恐ろしい話ですね」


222: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/27(水) 22:10:43.20 ID:LSn5WZLXO

医者「私は実際には見たことはありません。ただ、その界隈では有名な話です」


提督「……それも原因は脳なんですね?」


医者「はい、何れも脳に作用しています」


提督「昨日まで普通だった人間が、ただキノコを食べただけで……」


提督「…………ん?」


医者「どうされましたか?」


提督「…すいません、至急調べて欲しいことがあるんです」


223: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/27(水) 22:13:37.45 ID:LSn5WZLXO

ーーーーーー

医者「提督さん、結果が出ましたよ」


提督「わざわざ調べて頂いてありがとうございます」


医者「いえ、私共もその可能性は調べていませんでした。夕立さんと白露さんが毒キノコを食べていたかも…というのは全く想定外です」


提督「あの二人は鼻も効きます、何処かで初風達の話を聞いて、自分達で焼いて食べた…というのはありえます」


医者「なるほど……それで、結果なんですが…」


提督「どうでしたか?あの二人がおかしくなった原因はキノコだったんですか?」



医者「下3」


下3 医者の台詞を


224:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 22:14:45.87 ID:/D2WnaNF0

やはり茸は関係なかったようでぃすね


225:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 22:14:52.62 ID:ubWprgrvo

正直分からない


226:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 22:14:55.48 ID:WqvOxz7Oo

どうやらその通りのようです


228: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/27(水) 22:27:17.01 ID:LSn5WZLXO

医者「どうやらその通りのようです」


提督「……やはりそうでしたか。あの二人の変わり方は以上だったんです」


医者「症状が悪化していくだけなのは、おかしいとは思っていたんです…」


提督「白露はただのクレパトマニアだったはずなんです。あの症状は他に何か原因があると思っていたんです」


医者「……よく気付いてくれました。ありがとうございます」


提督「それで、あの二人に有効な治療法はあるんですか?」


医者「下3」


下3 医者の台詞を


229:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 22:28:17.81 ID:Yp4G843g0

ある種のキノコに強烈な鎮静作用があるとか、ただし過剰摂取は厳禁


230:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 22:28:32.05 ID:jlnO8euU0

きっぱり無理です


231:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 22:28:33.06 ID:hRvAV4vWO

覚悟してください

悪化を抑えることはできても
あの茸を食べたら最後、脳の中核神経がおかしいまま
夕立さんも白露さんも症状は引きづったままでしょう

とりあえず、あの茸は危険です
見つけ次第焼却除去したほうがいいです


235: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/27(水) 22:44:38.89 ID:LSn5WZLXO

医者「覚悟してください、悪化を抑えることはできてもあの茸を食べたら最後、脳の中核神経がおかしいまま夕立さんも白露さんも症状は引きづったままでしょう。とりあえず、あの茸は危険です、見つけ次第焼却除去したほうがいいです」


提督「そんな危険なキノコが普通に生えているなんて…」


医者「その山が危険かもしれません。直ぐに各所へ連絡した方がいいかもしれません」


提督「……夕立達は今よりは良くなるんですね?」


医者「はい、それは確かです」


提督「なら今直ぐにでも、治療してあげて下さい」


医者「ええ、わかっています」


236: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/27(水) 22:47:11.37 ID:LSn5WZLXO

ーーーーーー

ガチャ


初風「長かったわね……かなり待ったわよ?」


谷風「待ちくたびれちまったよ~」


朝霜「それで、初風達はどうなんだ?」


提督「…初風達はこれより悪化することはないが、その体は戻らないらしい…」



「下3」


下3 誰かの台詞を


237:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 22:48:02.85 ID:EczlDor4O




238:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 22:48:25.70 ID:WqvOxz7Oo




239:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 22:49:00.47 ID:r+mFv9RsO

時津風
えっ…


240: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/27(水) 22:57:31.43 ID:LSn5WZLXO

すいません、時津風はこの場にいないので、それ以外の人物でお願いします

再安価はここから下1でお願いします


241:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 23:00:19.80 ID:Gfwjv854o

初風
もう前向きに考えるしかないわね


242: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/27(水) 23:09:09.95 ID:LSn5WZLXO

初風「もう前向きに考えるしかないわね」


谷風「そうだよな~もう元に戻らないってんなら、このムチムチ具合を武器に…」


浜風「うぅん…」


提督「そういえば浜風はなんで寝てるんだ?」


朝霜「浜風はあまりのショックにおかしくなっちまって…眠らせたんだよ…」


提督「浜風の性格からいうと…真実を知ってしまうと、更に…」


初風「提督、この事は黙っていましょう」


提督「……それしかないか」


243: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/27(水) 23:12:31.82 ID:LSn5WZLXO

提督「…だが初風達のおかげでわかったことがあるんだ。夕立達がおかしくなった原因はキノコだったらしい」


谷風「なんだってえ!?」


初風「ならあの二人は戻るのね!?」


提督「いや、今よりマシになる程度らしい。それでも、このままずっとおかしいよりはマシだ」


朝霜「ん……そうだよな」


谷風「はぁ~よかったじゃんか!あたし達のおかげで原因がわかったんでしょ?うんうん」


初風「……ねぇ、あそこにいるのって白露じゃない?」


提督「え?」


下2 遭遇した白露の様子や見た目を


244:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 23:13:05.42 ID:jlnO8euU0

焦点が合わない目でよだれをたらしながら徘徊してる


245:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 23:13:22.70 ID:ubWprgrvo

すごい明るい様子で笑っている


247: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/27(水) 23:27:48.46 ID:LSn5WZLXO

白露「あっ、提督だ!あははははは!」


提督「随分と楽しそうだな?」


朝霜「なあ白露、話…わかるか?」


白露「わからない話ってなに~?あははは、面白い~!」


初風「これは…どっちなのかしら?」


谷風「まさか…そんな早く薬が効くわけないって…」


提督「なら白露、今何をしてたんだ?」


白露「下2」


下2 白露の台詞を


248:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 23:31:10.07 ID:OBWzet0RO

キノコ狩り


249:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 23:31:11.85 ID:HBMVp4qkO

また加賀のアイス貰っちゃうもんね
だって白露型一番艦だよ
朝飯前さ


あはははははははははははははははははははははは(不気味なくらい暫く笑ってる)


251: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/27(水) 23:37:27.71 ID:LSn5WZLXO

白露「また加賀のアイス貰っちゃうもんね
だって白露型一番艦だよ
朝飯前さ
あはははははははははははははははははははははは
あはははははははははははははははははははははは!!
あははははははははははははははははははははははは!!!!」


谷風「ひぃっ」


朝霜「白露、やっぱりまだ…」


初風「白露、貴女はこれからよくなるの。だから今は…眠りなさい」ドスッ


白露「」パタッ


提督「おいおい、そんなの素人がやって大丈夫か?」


初風「問題ないわ、よくやってるし」


252: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/27(水) 23:40:45.09 ID:LSn5WZLXO

提督「あっ、浜風が寝てるのは…初風の仕業か?」


初風「ええ、見てられなかったのよ」


朝霜「まぁいいじゃねえかよ。それより、早く帰って時津風に急いで知らせてやんねぇと」


提督「そうだったな、よし急いで帰ろう」


ーーーーーー

時津風「しれー…どうだった?」


提督「時津風、その症状は止まることはあっても元に戻ることはないらしい。一刻も早く病院に向かってくれるか?」


時津風「下2」


下2 時津風の台詞や行動を


253:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 23:41:27.26 ID:WqvOxz7Oo

(落ち込んだ様子で)うん・・・


254:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 23:41:44.28 ID:zBpJCR2DO

もうだめかも…おっぱいも出てきた…


255: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/27(水) 23:56:11.51 ID:LSn5WZLXO

時津風「もうだめかも…おっぱいも出てきた…」


朝霜「ん?胸なら出てるじゃねえか。加賀さんよりデカイんじゃないか?」


時津風「ん~そうじゃなくて……」


提督「まさか……母乳か!!」


谷風「提督声うるさいよ~」


時津風「しれーの言う通り…母乳が…」


初風「制服が湿ってるのって、まさか母乳のせい?」


時津風「うん……」


提督「下2」


下2 提督の台詞や行動を


256:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 23:56:55.42 ID:xVrRChcR0

時津風!その母乳をくれ!


257:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/27(水) 23:56:57.55 ID:QkUL/piI0

俺が右のおっぱいを吸うから朝霜は左だ!


261: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/28(木) 00:03:35.87 ID:Bx4i/XsL0

提督「俺が右のおっぱいを吸うから朝霜は左だ!」


谷風「はぁ…………」


初風「提督って本当にブレないわよね…ダメな意味でも」


時津風「え、しれー吸いたいの?あたしは別にいいけど…」


谷風「そこは断るところだろー!」


初風「全く…朝霜が怒っても知らないわよ?」


朝霜「下2」


下2 朝霜の台詞や行動を


262:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 00:04:48.47 ID:nvY4y+4xO

今さらなんだよなあ…それより提督、母乳が必要なのはあたしらじゃないだろ?


263:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 00:05:07.44 ID:qAFXErzxo




265: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/28(木) 00:11:48.49 ID:Bx4i/XsL0

朝霜「今さらなんだよなあ…それより提督、母乳が必要なのはあたいらじゃないだろ?」


提督「む……そうだったな」


時津風「なになに~?この母乳で協力できるなら、なんでもするよ~」


提督「じゃあ病院に行く前に…………」


ーーーーーー


朝霜「どうだ小鬼、美味しいか?」


砲台小鬼「うん、凄く美味しい」チュウチュウ


提督「時津風に母乳を絞れるだけ絞ってもらったが…美味しいならよかったよ」


砲台小鬼「これならいくらでも飲める」チュウチュウ


朝霜「これでとりあえず小鬼は安心だな」


提督「時津風は母乳が出なくなるまで協力してもらうか…」




276: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/28(木) 19:14:06.08 ID:rXfjjGUL0


ーーーーーー

提督「あれから砲台小鬼はずっと時津風の母乳を飲んでいるそうだな」


朝霜「今までは海水に浸けてただけだったけどよぉ、母乳を飲むようになってからちょっと顔色が良くなってきた感じだよなっ」


提督「人間か艦娘に近付いているということだろうか?それにしても……」


朝霜「司令、言っとくけど時津風の母乳吸いに行ったらぶちのめすからな?」


提督「なんで考えてることがわかったんだ……?」


朝霜「ワンパターン過ぎんだよっ」


下3「失礼します」コンコン


下3 訪れた人物を


277:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 19:17:22.86 ID:GvOzCGCo0

あきつ丸


278:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 19:18:01.84 ID:kLKtCa/j0

敷波


279:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 19:18:58.63 ID:fIRxVYo0o

千代田


280: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/28(木) 19:27:46.27 ID:rXfjjGUL0

千代田「提督、千歳お姉が何か……?」


提督「いやそうじゃない、千代田に用事があったんだ」


千代田「あ、よかったぁ…」


朝霜「千歳さんはそんなに迷惑かけてる印象ねぇんだけどなぁ」


千代田「千歳お姉はね、お酒さえ入らなければ頼れる姉なの…」


提督「お酒は人を変える…だが今は千代田の懺悔が知りたいんだ」ペカー


千代田「んっ!…下3」


下3 千代田の懺悔を


281:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 19:29:58.73 ID:GvOzCGCo0

Kskst


282:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 19:30:01.23 ID:WwqR722h0

料理が好きなのに何故か上手くいかなくて、でも料理はやめられなくて
皆に迷惑かけてるのが申し訳ない


283:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 19:30:09.67 ID:n1JluzFL0

最近千歳お姉の胸より蒼龍さんの九九艦爆乳に魅力を感じるようになってしまった


285: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/28(木) 19:42:04.47 ID:rXfjjGUL0

千代田「最近千歳お姉の胸より蒼龍さんの九九艦爆乳に魅力を感じるようになってしまったの…」


提督「千代田も蒼龍のオッパイに魅了されてしまったんだな…」


千代田「え?私…も?」


朝霜「山風と鳳翔さんは既にやられちまってるよ」


千代田「鳳翔さんが?まさか……」


提督「なら直接確かめに行くか?」


286: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/28(木) 19:43:54.83 ID:rXfjjGUL0

ーーーーーー蒼龍の部屋

千代田「山風はまだ分かるわ、駆逐艦だし。でも…鳳翔さんが…」


朝霜「あたいも目を疑ったよ。でもさ、あの鳳翔さんがオッパイに飛びついたんだぜ?」


提督「オッパイは人を狂わせるからな…」


千代田「そんな……何かの冗談よ…」


提督「それは…今からわかるぞ」ガチャ


下3 蒼龍の部屋の様子を


287:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 19:45:11.24 ID:PjP9lipd0




288:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 19:45:51.78 ID:VSh+RVUf0

鳳翔さんがこれでもかと蒼龍のおっぱいを責め立てている


289:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 19:45:54.08 ID:CJl2ZXMyO

山風に授乳中
鳳翔さんは順番待ち


291: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/28(木) 19:50:42.94 ID:rXfjjGUL0

山風「ん……美味しい…」チュウチュウ


蒼龍「いっぱい吸っていいからね~」


鳳翔「山風ちゃん、私の分も残しておいて下さいね?」


山風「うん……わかってる…」チュウチュウ


朝霜「授乳中…か?」


提督「蒼龍、まさか母乳が出るようになったのか!?」


蒼龍「鳳翔さんじゃあるまいし、本当に出るわけないじゃない。あくまで、そういうプレイだから」


提督「……そうか」


朝霜「なんで司令は残念そうなんだよ……っていうか、ジロジロ見てるんじゃねぇ!」バシッ


提督「痛い……」


千代田「……下3」


下3 千代田の台詞を


292:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 19:51:47.89 ID:oi3Z6e+Ro

ksk


293:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 19:52:03.11 ID:fIRxVYo0o

気持ち良さそう…


294:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 19:52:34.06 ID:qAFXErzxo

羨ましい!


295: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/28(木) 19:58:37.29 ID:rXfjjGUL0

千代田「羨ましい!」


朝霜「えぇ……」


蒼龍「なに?千代田も私のオッパイ吸いたいの?」


千代田「……ダメ?」


蒼龍「鳳翔さんの後ならいいけど…それで大丈夫?」


千代田「もちろん!全然大丈夫よ!」


鳳翔「少し時間はかかりますが待っていて下さいね」


山風「ぷは……鳳翔さん、いつも…長いから…」


鳳翔「だって……蒼龍のオッパイ堪らないの…」


296: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/28(木) 20:01:39.70 ID:rXfjjGUL0

千代田「鳳翔さんがそこまで言うなんて…」ゴクリ


蒼龍「あっ……ねぇ千代田、よかったら鳳翔さんと同時に吸う?胸は二つあるんだし」


山風「ん…なら千代田さん、交代してあげる…」


千代田「いいの!?「


山風「二人に吸われる様子…見たいから…」


蒼龍「やだ山風ちゃん……そんなこと言われたら…」モジモジ


鳳翔「千代田、覚悟しておいた方がいいですよ。蒼龍のオッパイはまるで…イケナイ薬のようですから…」


千代田「……」ジュル


297: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/28(木) 20:05:03.66 ID:rXfjjGUL0

千代田「……蒼龍さーーん!」


蒼龍「ん、そんな……千代田、激しいわよ…」


鳳翔「ふふ、まるで赤ちゃんみたいですね。それでは私も失礼して…」


山風「凄い景色…見てるだけで、どうにかなりそう……」



バタン


提督「……これ以上はやばい。俺の単装砲がえらいことになる」


朝霜「ん、自重すんのはいい判断だ」


提督「本音を言えばあの中に混ざりたいが…それだと朝霜が悲しむし…」


朝霜「……それがわかってんなら、さっきのは許してやんよ」


298: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/28(木) 20:06:31.50 ID:rXfjjGUL0

ーーーーー


朝霜「司令、単装砲の様子は大丈夫か?」


提督「あぁ……なんとか持ち直した」


朝霜「司令のは処理も大変だからなぁ…」


提督「全くだ……」


下3「失礼します」コンコン


下3 訪れた人物を


299:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 20:08:29.88 ID:61tqScwqo

磯風


300:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 20:08:30.89 ID:VSh+RVUfo

ksk


301:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 20:08:34.72 ID:oi3Z6e+Ro

天霧


304: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/28(木) 20:15:04.94 ID:rXfjjGUL0

天霧「提督!あたしを呼んだってことは出撃だな!」


提督「いやいや、今日は出撃じゃないんだ」


天霧「なんだ、出撃じゃなかったのかよ」


朝霜「天霧のその筋肉…羨ましいぜ」


天霧「そうだろ?日頃から鍛えてるからな!」


提督「あれは男の俺でも羨ましいと思える肉体美だ。それより天霧、こっちを向いてくれ」ペカー


天霧「あっ!…下3」


下3 天霧の懺悔を


305:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 20:16:30.73 ID:esDchicP0

この前の出撃で進路上で交錯したPT小鬼を撥ね飛ばした後から体調がよくないのを黙っていた


306:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 20:16:49.21 ID:PjP9lipd0

サンタが去年のクリスマスの帰りに敵空母によって撃ち落とされて轟沈したので今年からクリスマスが中止になった
という冗談を言ったら海防の子達が信じてしまった……


307:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 20:16:50.53 ID:YZU+m8kQ0

筋肉なんて嫌いなんだよおおおおおおお


311: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/28(木) 20:20:56.66 ID:rXfjjGUL0

天霧「筋肉なんて嫌いなんだよおおおおおおお」


提督「そんなに腹筋バキバキなのにか!?」


天霧「だって…鍛えないと艤装重いし…」


朝霜「だけどよ、鍛えたからってあそこまで腹筋割れねぇぜ?」


天霧「あたし筋肉つきやすい体質でさ…提督、ちょっと腕触ってみてくれよ」


提督「どれどれ……」


朝霜「どうなんだ司令?」


313: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/28(木) 20:24:17.23 ID:rXfjjGUL0

提督「……アームレスリングの大会あったら優勝できると思うぞ」


朝霜「やべぇなそれ…」


天霧「でもあたしはこんな筋肉なんて嫌なんだ!」


提督「だが羨ましいと思ってるやつは多いぞ?」


天霧「そんなの知らねぇよぉぉぉ!」


朝霜「どうする司令?やっと悩みっぽい悩みが来たけどよぉ」


提督「下3」


下3 提督の台詞を


314:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 20:25:01.07 ID:TYXPkxJwO

例のキノコを食べたらどうか


315:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 20:25:12.51 ID:qAFXErzxo

目の前で直接羨ましがってもらえ


316:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 20:25:42.80 ID:Xc7ITCFvo

筋肉の良さを戦艦に教えてもらえ


318: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/28(木) 20:31:29.78 ID:rXfjjGUL0

提督「筋肉の良さを戦艦に教えてもらえばいい」


天霧「戦艦に?」


提督「そうだ、戦艦の艤装は駆逐艦のものよりも遥かに重い。生半可な鍛え方をしてないはずだ!」


朝霜「なるほどな…」


提督「今は長門や陸奥がいるだろう。色々聞いてくるといい」


天霧「提督が言うなら……行ってくるよ…」ガチャ


朝霜「諦めさせることはさせなかったんだな」


駆逐艦「筋肉は最低限あればいいが、過剰にあって越したことはない。それをわかってもらえばいいんだが…」


319: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/28(木) 20:33:06.59 ID:rXfjjGUL0

ーーーーーー

提督「そろそろ昼休みだ…朝霜、一緒に食べようか」


朝霜「そうだなっ!」


提督「今日は何にするか…」


朝霜「あたいは……ん、あれって天霧じゃねぇか?」


提督「戦艦のところから帰ってきたんだな。おーい天霧…」


天霧「下3」


下3 天霧の台詞を


320:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 20:33:52.10 ID:nmB/hNCaO

す、すごかった……////


321:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 20:34:17.07 ID:yEy7zyy70

????????????


322:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 20:34:23.87 ID:cPMFebUW0

ああいう筋肉もあるのか


324: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/28(木) 20:39:52.46 ID:rXfjjGUL0

天霧「ああいう筋肉もあるのか…」


提督「何か為になる話を聞けたんだな?」


天霧「そう、あたしは今まで勝手に筋肉が付いてたから、部位までは考えてなかったんだよ」


朝霜「確かにあたいも…体の部分までは意識してねぇな…」


天霧「背筋に足首に握力……まだまだあたしは未熟だったみたいだよ」


提督「天霧は今のままでも十分強いが、もっと鍛えても損はないだろう」


天霧「提督ありがとな!おかげで悩みが消えたよ!それじゃ、あたし訓練してくる!」ダダダッ


325: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/28(木) 20:41:30.20 ID:rXfjjGUL0

朝霜「なんていうか…やっとこのライトが役に立ったな」


提督「俺は本来こういう目的で使いたかったんだが、みんなの懺悔がぶっ飛び過ぎてだな…」


朝霜「この鎮守府…ヤバイんじゃねぇか?」


提督「……否定できないぞ…」


下3「提督?」


下3 出会った人物を


326:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 20:42:40.38 ID:oi3Z6e+Ro

利根


327:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 20:42:48.29 ID:esDchicP0

旗風


328:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 20:42:51.41 ID:n1JluzFL0

リベッチオ


331: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/28(木) 20:51:27.58 ID:rXfjjGUL0

リベッチオ「提督さん、Ciao!」


提督「リベもお昼ご飯か?」


リベッチオ「そうだよ~!提督さんは二人でご飯?仲良くていいね!」


朝霜「ん…そうかな…」


リベッチオ「そうだよ~!リベは二人のこと、応援してるからね!」


提督「それはありがたいな。まぁそれはさておき…だ」ペカー


リベッチオ「!…下3」


下3 リベッチオの懺悔を


332:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 20:51:39.51 ID:esDchicP0

Kskst


333:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 20:52:14.27 ID:61tqScwqo

ない


334:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 20:52:33.59 ID:XNyPE6mN0

遠征の帰りに青いプルプルした寒天みたいな生き物を拾ってこっそり飼ってのだが、酔っ払ったポーラが部屋に突撃してきた際に行方不明になった


340: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/28(木) 21:44:47.54 ID:rXfjjGUL0

すいません、生みの親ってなんのことですかね?
プルプルしたものって既に出てきてましたっけ…?

別のことで進めるつもりでしたが、何か既に出てたなら教えてくれますか…?


341:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 21:48:52.93 ID:LB0kjNRSO

ところ天の助じゃないのか?


342:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 21:48:55.45 ID:fIRxVYo0o

じじのアイコンが水色のぷるぷるした何かってだけ
そこをネタにすると本気でよくわからない方向に進むから気にしなくていいと思うよ


343:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 21:50:22.95 ID:kJnmtiXy0

とりあえずこのスレとは関係ないネタだから気にするない


344:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 21:50:25.94 ID:YZU+m8kQ0

リベの絵師さん じじのツイッターアイコンが青い寒天なの






345: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/28(木) 21:52:21.27 ID:rXfjjGUL0

アイコンはわかりません……


リベッチオ「遠征の帰りに青いプルプルした寒天みたいな生き物を拾ってこっそり飼ってたんだけど、酔っ払ったポーラが部屋に突撃してきた際に行方不明になっちゃたの…」


朝霜「行方不明って怖ぇ…」


提督「それは間違いなく生き物なのか?」


リベッチオ「そうだよ~!お菓子とか食べてたし」


提督「となると、まだこの鎮守府にいるのかもしれないな…」


朝霜「もう逃げちまったんじゃねぇのか?」


346: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/28(木) 21:54:48.39 ID:rXfjjGUL0

提督「いや、そういう類いの生物って、何かに擬態とかしてそうじゃないか?」


朝霜「おい…やめてくれよぉ…」


リベッチオ「なら罠を仕掛けてみる?あの子はね、うまいスティックが好きだったの!」


提督「試す価値はあるな……」


ーーーーーー


朝霜「なぁ司令、こんな古臭い罠にかかるのかよ?」


リベッチオ「落とし穴なんて、リベでもわかるよ~」


提督「それでも、やってみる価値はある」


下3 罠に何かかかった?


347:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 21:56:13.10 ID:fIRxVYo0o




348:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 21:56:45.37 ID:Fd+HAQpso

赤城が引っかかった


349:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 21:56:47.01 ID:WwqR722h0

電ちゃん


350: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/28(木) 22:03:51.78 ID:rXfjjGUL0

電「なのです!?」ジタバタ


提督「電…なんでそんな見え見えな罠にかかるんだ…」


電「うまいスティックは電の大好物なのです…」


朝霜「まさか艦娘が引っかかるとはよぉ…」


リベッチオ「電ちゃん……」


提督「確認するまでのことではないが、電は本物の電だよな?」


電「なのです!」


朝霜「じゃあ、この前雷の為に扉をぶち破ったのは覚えてるよな?」


電「下3」


下3 電の台詞を


351:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 22:04:41.12 ID:fIRxVYo0o

もろちん


352:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 22:06:55.75 ID:VSh+RVUfo

kskst


353:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 22:07:40.76 ID:kJnmtiXy0

何の事ですか?(困惑)


354: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/28(木) 22:17:23.88 ID:izhhGWAOO

電「え……何の事ですか…?」


提督「ん……」


電「電…わからないのです……」


リベッチオ「んー?なんの話してるの?」


朝霜「もしかして…よぉ……」


提督「…電、こっちを向いてくれ」ペカー


電「!…下3」


下3 電の台詞を


355:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 22:18:48.41 ID:uPIzQF+Xo

うおっまぶし


356:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 22:18:51.00 ID:VSh+RVUfo

ま、眩しいのですっ


357:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 22:19:13.21 ID:oi3Z6e+Ro

このような隙をみせるとは我が肉体も衰えたか…


358: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/28(木) 22:28:33.55 ID:izhhGWAOO

電「このような隙をみせるとは我が肉体も衰えたか…」


朝霜「!!司令、こいつ電じゃないぞ!」


提督「どうやらそのようだな…」


電?「この鎮守府の電という人物になりすましてたのに…不覚…」


リベッチオ「ねぇ、あなたはあのプルプルさんなの?」


プルプル「如何にも。リベッチオよ、あの時は世話になったな」


朝霜「なぁ……本物の電は無事なんだよなぁ?まさか…殺した…なんて言わねぇよな…?」


プルプル「下2」


下2 台詞を


359:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 22:29:42.55 ID:WwqR722h0

そんなわけあるか!


360:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 22:29:44.62 ID:SqpcUPyj0

元々我らは二人で一つだったのだ


363: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/28(木) 22:38:03.26 ID:izhhGWAOO

プルプル「元々我らは二人で一つだったのだ」


朝霜「…どういうことだ?」


プルプル「我は言うなれば艦娘の影…陰陽でいえば陰の存在なのだ」


提督「それが電から離れていた…?」


プルプル「離れていたというより、ドロップが完全ではなかったのだろう」


朝霜「でも電は何も変な所はねぇぞ?」


プルプル「我は影、あの電には人間で言えば裏がないのだ。他の艦娘と比べてただただ純粋なのだ」


364: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/28(木) 22:41:33.57 ID:izhhGWAOO

朝霜「じゃああの電の怪力というか、素手の力が強いのは関係ねぇのか?」


プルプル「関係ある可能性がある。我がリミッターのような存在でもあるかもしれないのだ」


リベッチオ「プルプルさんは…どうなるの?」


プルプル「電と近代化改装すれば、我は電に吸収されるはずだ」


提督「…なら電を呼んできて、改装…するか…」


朝霜「ほんとに大丈夫なのか…?」


リベッチオ「下2」


下2 リベッチオの台詞を


365:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 22:43:12.25 ID:clj99Fab0

別れちゃったなら一つにしないと!


366:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 22:43:40.36 ID:fIRxVYo0o

うえ


367: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/28(木) 22:49:20.20 ID:izhhGWAOO

リベッチオ「別れちゃったなら一つにしないと!」


提督「……よし、とりあえず電を呼んでくるか」


ーーーーーー

電「どこからどう見ても電にしか見えないのです…」


プルプル「当たり前だ、我は電の影なのだからな」


朝霜「声も同じだからなぁ…混乱してくるぜ…」


提督「目つきが少しキツイのがプルプルの方か?」


プルプル「うむ、そうだ」


電「……ちょっと待って下さい、電の影ということは…」ゴソゴソ


プルプル「おい!我の体に何をするんだ!」


電「下2」


下2 プルプル電の体に何かあった?


368:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 22:52:04.91 ID:sdyIUtbkO

ついてた


369:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 22:52:36.83 ID:/UrTQ3Lro

星形の痣


370:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 22:54:05.20 ID:VSh+RVUfo

電ちゃんはジョースターの系譜だったのか……


371:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 22:54:46.68 ID:oi3Z6e+Ro

ペルソナとかスタンド使えそう


372: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/28(木) 22:58:29.28 ID:izhhGWAOO

電「やっぱり…おヘソ辺りに星形の痣があったのです…」


プルプル「この痣は気になっていたが…お前にもあったのか…」


電「電の痣は星のフチなのです。プルプルさんは星を塗りつぶしたような痣…」


提督「まるで…一つのものが二つにわかれたような…」


朝霜「なぁ、合わせてみたらどうだ?腹同士だし合わせやすいだろ?」


リベッチオ「星が完成したらどうなるんだろ~?」


プルプル「やってみるか…電、いくぞ」ペロン


電「はい……」ペロン


プルプル「ここ…だな」


下2 星の痣を合わせた結果、どうなった?


373:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 22:59:28.29 ID:oi3Z6e+Ro

二人が一つになった


374:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 22:59:32.45 ID:WwqR722h0

スタンド、ハングドマンが使えるようになった


375:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 23:05:47.93 ID:9PIx0EGjO

あんま別作品の能力とかは出さないで欲しいんだが
ジョジョはある程度メジャーだけど具体的にスタンド名まで出すとわからん奴いるだろ
他作品ネタなんでも有りにするとこの先酷いことにしかならんと思うわ


376:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 23:07:43.10 ID:WwqR722h0

>>375
の言うとおりかもしれません
自分が迂闊だった

設定が壊れるなら最安価って処置でもかまわないです


377: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/28(木) 23:09:18.98 ID:izhhGWAOO

すいません、スタンドの名前までわからないので、スタンドだけ採用します



プルプル「おぉ……」スゥゥ


電「あっ……あぁ!」


リベッチオ「プルプルさんが消えちゃった!」


朝霜「電の星の痣が、完全な星になったぞ!」


提督「星が完全になったから消えたのか…?」


朝霜「電、何かかわったことはねぇか?」


電「そんなこと急に言われても…なのです」


リベッチオ「なんでもいいからさ~試してみてよ!」




378: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/28(木) 23:14:08.28 ID:izhhGWAOO

電「じゃあ何時ものをやってみるのです。下、斜め、右、パンチ…」


電「波動拳!なのです!」ハドウケン


提督「危ないっ!」


電「あっ、ごめんなさいなのです」


朝霜「でもこれも何時も通りだよな…」


リベッチオ「あれ?なんか電の様子がおかしいよ?」


提督「ん……?電が二重に…?」


379: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/28(木) 23:16:59.67 ID:izhhGWAOO

朝霜「あっ、だんだんズレてきてるぞっ!」


電?「……驚いたな…」


電「あなたは…もしかして、プルプルさんなのですか!?」


プルプル「どうやらそのようだ…」


提督「電に吸収されたんじゃないのか?」


プルプル「吸収されたはずだが……うーむ…」


リベッチオ「ねぇねぇ、プルプルさんはその状態で何かできない?」


プルプル「下2」


下2 プルプルの能力を。無しでも可


380:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 23:18:01.73 ID:qAFXErzxo

電本体と同じモーションをちょっと遅れて繰り出す


381:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 23:18:03.20 ID:OwOdaPv2O

とくになし



384: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/28(木) 23:40:09.50 ID:Bx4i/XsL0

プルプル「……何もできないみたいだ」


電「でも、プルプルさんが消えてしまうよりずっといいのです!」


リベッチオ「そうそう!ほら、大好物のうまいスティックだよ!」


プルプル「これ以上美味いものはない」サクサク


朝霜「モノも食えるみてぇだな…」


提督「なんだか不思議なことになってしまったが…電、体調は問題ないか?」


電「元気満タンなのです!」


提督「ならもうそれでいいんじゃないか?」


385: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/28(木) 23:43:19.13 ID:Bx4i/XsL0

朝霜「司令にしては投げやりだなっ」


提督「いやだって…どうすればいいかわからんし…」


リベッチオ「後はこれで出撃できるかどうかだよね~」


プルプル「それは問題ないはずだ、元々我は出撃できなかった。ずっと一緒に行動することになるか.電に迷惑がかかることはないだろう」


電「うぅ…そうなると色々恥ずかしいのではないですか?」


提督「恥ずかしい…?」


プルプル「もしかして下2のことか?」


下2 電が恥ずかしいと思っていることは?


386:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 23:46:53.69 ID:/UrTQ3Lro

トイレやお風呂


387:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 23:46:59.80 ID:qAFXErzxo




389: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/28(木) 23:51:12.90 ID:Bx4i/XsL0

プルプル「トイレや風呂のことか?」


電「…なのです」


リベッチオ「あ~それは確かに恥ずかしいかもね」


プルプル「我にしてみれば、電と体は同じ…恥ずかしいと思う理由がない」


電「うぅ~…それでも恥ずかしいのですよ!」


プルプル「難しいものだ…」


提督「ふむ…それは少しわかるな」


朝霜「なんで司令がわかるんだよ?」


390: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/28(木) 23:54:23.95 ID:Bx4i/XsL0

提督「俺に当てはめてみるとだな、朝霜の裸は何度も見てるし、俺も見られている。だが風呂やトイレの話となるとまた別だろう」


朝霜「なっ……!」


提督「特にトイレなんてプライベートな空間だ、気にする方が自然だろう」


プルプル「ふむ……なるほどな」


提督「だから電のことを少し考えてやって欲しいんだ……ところで、なんでこんな変な空気になってるんだ?」


リベッチオ「提督さん……朝霜の裸、何度も見てるって…」


電「やっぱり二人はもう…大人の関係だったのですね…」


提督「あっ……」


朝霜「下2」


下2 朝霜の台詞を


391:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 23:56:34.56 ID:VSh+RVUfo

提督のがでかすぎて受け入れられてないからどう言えばいいんだろうな?


392:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 23:56:49.09 ID:n1JluzFL0

うらやましいだろう


393: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/29(金) 00:02:02.95 ID:DMlKv4uO0

朝霜「うらやましいだろっ?」


リベッチオ「うんうん~!」


電「大人の女性なのです!」


提督「お、おい……」


朝霜「司令、ほんとのこと言うなよ?ぶっ飛ばすからな?」ヒソヒソ


提督「……」コクリ


プルプル「大人の女性……?」


電「プルプルさんにはわからないのですね…朝霜ちゃんは、電達やりもずっと大人になってしまったのです…」


プルプル「下2」


下2 プルプルの台詞を


394:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 00:04:03.30 ID:O1QmQOk8o

よく分からん


395:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 00:04:18.47 ID:ZW3Q3m41O

こいつ処女だ!


398: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/29(金) 00:08:05.58 ID:DMlKv4uO0

プルプル「こいつは処女だ!」


朝霜「な、なんでそんなことわかんだよ…」


プルプル「我には処女かどうかは匂いでわかるのだ」


リベッチオ「え~すごーい!」


電「匂い…なのですか?」


プルプル「これは多分我の特技であろう。まだ体が安定していない時からわかったぞ」


リベッチオ「プルプルさんがプルプルしてた時だね~」


朝霜「あ、あたいは…」


399: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/29(金) 00:10:37.68 ID:28xNcGo0O

プルプル「無理をするな朝霜よ、お前はまだその時ではないだけだ」


朝霜「……」


プルプル「お前の穴が小さいのか、提督のが大きいのかまでは知らぬ。だが決して焦らぬことだ」


朝霜「……わかったよ…」


リベッチオ「朝霜ちゃん……落ち込まないで!」


電「……ちなみにプルプルさん、この艦隊に処女じゃない人って…いたのですか?」


プルプル「下2」


下2 プルプルの台詞を


400:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 00:11:52.18 ID:dqmqY1SMO

戦艦にひとりいたな


401:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 00:11:54.72 ID:7p2bNm850

鎮守府全体をスキャンしてみたが三人ほどいたぞ


403: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/29(金) 00:19:30.79 ID:28xNcGo0O

プルプル「あの姿の時に鎮守府全体をスキャンしてみたが三人ほどいたぞ」


リベッチオ「まさか……提督さん……?」


朝霜「いや、それはねぇよ」


電「なんで朝霜ちゃんが真っ先に否定できるのです?」


朝霜「あっ……それは、だなぁ…」


プルプル「もうよい朝霜、何も言わなくても我は全て察したぞ」


朝霜「ぐっ……」


電「あの……プルプルさん。絶対無いとは思うのですが、まさかその三人の中に…第六駆逐隊のみんなは入ってないのですよね…?」


プルプル「下2」


下2 プルプルの台詞を


404:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 00:21:11.17 ID:CK3+Zki1o

入ってないぞ


405:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 00:21:13.45 ID:NFTlgFq5O

雲龍型の三人だな


407: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/29(金) 00:29:17.17 ID:28xNcGo0O

プルプル「処女じゃないのは雲龍型の三人だな」


電「ほっ……」


提督「雲龍と天城はわかるが、葛城まで処女ではないのか…」


朝霜「司令よぉ、胸で判断してんじゃねぇよ」


リベッチオ「それは失礼です!葛城さんは昔はモテたかもしれないじゃないですか!」


提督「確かに天城と葛城はドロップではない。だから艦娘になる前に…というのはありえる。だが雲龍は…」


朝霜「話を聞いてみてもいいかもしんねぇな…」





412: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/29(金) 19:43:24.37 ID:PX7DSngSO


ーーーーーー

葛城「ねえ貴方、いきなり私を呼び出してどういうつもりなの?」


朝霜「呼び出したのは葛城さんだけじゃねぇけどな」


提督「あぁ、雲龍と天城も呼び出している」


葛城「雲龍姉と天城姉も?一体なんの用事なのよ?」


提督「とりあえず…だ。葛城、こっちを向いてくれ」ペカー


葛城「うわっ!…下3」


下3 葛城の懺悔を


413:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 19:46:10.81 ID:tJD4wWD/0

アクセス権限がありません、なんてね


414:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 19:47:17.74 ID:idpfYU0To

ない


415:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 19:47:24.19 ID:/r8gizvVo

近所のホビーショップで引っかけまくりのショタ食いがやめらんない


416: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/29(金) 19:53:52.80 ID:PX7DSngSO

葛城「近所のホビーショップで引っかけまくりのショタ食いがやめらんないの」


提督「葛城ー!お前と言う奴は~~!!」


朝霜「葛城さん…マジか?」


葛城「……」ガチャ


朝霜「あっ!無言で逃げ出したぞ!」


提督「追うぞ朝霜!」


朝霜「わかってる!!」


417: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/29(金) 19:55:21.70 ID:PX7DSngSO

ーーーーーー

提督「何処に行ったんだ……?」


朝霜「そう遠くへは行ってないだろうけどよぉ…」


提督「あそこで逃げ出したということは……」


朝霜「多分…ほんとなんだろうなぁ…」


提督「ん?あれは…」



下3 葛城はどこで何をしていた?


418:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 19:56:36.81 ID:tJD4wWD/0

部屋で逆ハー物の乙女ゲーやってた


419:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 20:01:39.84 ID:t6EHWAI50

>>418 (ショタ物)


420:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 20:01:46.37 ID:6wPEjf6+o

部屋の雲龍と天城に逃げるよう言っている


422: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/29(金) 20:24:25.99 ID:afrgWJHR0

葛城「天城姉、雲龍姉逃げて!!」


天城「いきなりどうしたの葛城?」


雲龍「逃げるって…どういうこと?」


葛城「あのことがバレたの!」


雲龍「あのこと……?」


葛城「ショタ食いしてるのが提督にバレたのよぉ!」


天城「!!!!」


423: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/29(金) 20:28:10.12 ID:afrgWJHR0

天城「葛城、なんで言ったのよ!よりにもよって提督に!」


葛城「知らないわよ!ライトを向けられたと思ったら、ペラペラ喋っちゃったの!」


雲龍「提督は今どこに?」


葛城「多分追いかけてきて……」


提督「もう追いついたぞ」


朝霜「じ~~~~っくり話を聞かせてもらおうじゃねぇか!」


葛城「あ………あぁ……」ガクッ


天城「そんな…………」ガクッ


雲龍「…………」


424: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/29(金) 20:30:17.82 ID:afrgWJHR0

ーーーーーー

提督「それで、近くのホビーショップでショタ食い…小さな男の子と性的な関係を築きまくっていたのは事実なんだな?」


葛城「……」


天城「……」


朝霜「黙ってちゃわかんねぇだろっ!」


葛城「……ごめんなさい…」


天城「最初はほんの好奇心だったんです……」


提督「それで、どれくらいのこんなことをしてきてるんだ?」


葛城、天城「下3」


下3 葛城か天城の台詞を


425:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 20:31:45.50 ID:dvPOqxvs0

雲龍
私が中学生の頃から


426:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 20:32:32.02 ID:tJD4wWD/0

天城
半年前、くらいです


427:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 20:32:59.48 ID:7p2bNm850

葛城
偶然見た提督の子供時代の写真でショタに目覚めたから二年くらいかな?


431: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/29(金) 20:39:23.13 ID:afrgWJHR0

葛城「偶然見た提督の子供時代の写真でショタに目覚めたから二年くらいかな?」


朝霜「……ここに来てからほぼずっとじゃねぇかっ!」


天城「だって!この辺りには凄い魅力的なショタが沢山居て……」


朝霜「言い訳になってねぇよ!」


提督「艦娘がそんなことをしていると知られたら大問題だぞ…」


葛城「一応身分は隠してたから、バレることはないと思うけど…」


提督「……雲龍、お前もしてたんだよな?何か言い訳でもあるか?」


雲龍「下3」


下3 雲龍の台詞を


432:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 20:39:50.15 ID:idpfYU0To

実はバレてる


433:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 20:40:05.46 ID:wb15nUV80

小柄で可愛い顔した男性を選んでいるだけ、そもそも大人のホビーショップだから未成年はいないし行為に及ぶ前に念のため年齢確認もしていた
葛城と天城には内緒にしてたけど



434:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 20:40:07.19 ID:s3nyXCIkO

私は葛城と天城が引っ掛けまくったショタのパパ食いがやめられない


437: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/29(金) 21:02:57.70 ID:afrgWJHR0

雲龍「私は葛城と天城が引っ掛けまくったショタのパパ食いがやめられないの」


提督「まだ葛城達よりかマシだが…お前達は一体何をしているんだよ……」


雲龍「朝から玩具店に来てる子ども達の親って、シングルファザーが多いの。だから少し誘ってあげただけで、簡単に食べれるのよ」


提督「そういうことを聞いてるんじゃないんだよ…」


雲龍「なら、提督が私を満足させてくれるの?」


朝霜「冗談言ってんじゃねぇ!!」


438: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/29(金) 21:06:14.67 ID:afrgWJHR0

雲龍「冗談?私は本気よ」


提督「……どういうことだ?」


雲龍「私はね、この体に生まれ変わって感謝してるの。船の時ではこんなことはできなかったんだもの」


朝霜「そりゃそうかもしんねぇけどよぉ…」


雲龍「殺し合いをしていた男の人が、私の為に腰を振る姿……あの時には考えられないのよ」


葛城「雲龍姉……そんなこと考えてたなんて…」


天城「てっきり私達と同じで、ただの趣向かと思っていました…」


439: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/29(金) 21:15:40.50 ID:afrgWJHR0

雲龍「どんな罰があっても、私はこれを止めるつもりはないわ」


提督「……例え解体だ、と言ってもか?」


雲龍「えぇ、男の人と交れないのなら、もうこの姿での未練はないわ」


天城「嘘……」


葛城「雲龍姉……」


朝霜「司令よぉ……どうする?」


提督「どうすると言われても……葛城、天城には罰を与えれば済むが…」


雲龍「私は止めるつもりはないわ」


提督「…下3」


下3 提督の台詞を


440:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 21:17:45.95 ID:tJD4wWD/0

………あ~、もう……………一旦保留!

とりあえず外出の一時禁止!


441:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 21:18:00.08 ID:6wPEjf6+o

俺は何も聞かなかった
いいな?朝霜


442:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 21:18:56.86 ID:Mt3HYdpzO

山風で我慢してくれないか


445: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/29(金) 21:25:52.33 ID:afrgWJHR0

提督「山風で我慢してくれないか?」


雲龍「何故山風の名前が出てくるの?」


提督「あいつは蒼龍に男装させられて、ショタとして扱われているんだ」


葛城「あっ…………それ凄い気になる…」


天城「私も……」


朝霜「それはまた後でだ」


雲龍「私はダメね、男の人とすることに意味があるの」


提督「やはり…そうだよな……」


446: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/29(金) 21:31:45.14 ID:PX7DSngSO

雲龍「私は提督相手でもいいのだけど…多分ダメよね」


朝霜「当たり前だ、あたいの司令なんだからなっ!」


雲龍「違うわ、どうせ提督のなんて粗末なものなんでしょう?あのパパさん達の逞しいモノとは比べられないような」


朝霜「いや…………」


雲龍「どうしたの?」


朝霜「司令のさ……あたいの腕くらいあるんだよ…」


雲龍「嘘よ、そんなのは見たことないわ」


朝霜「あたいがこんな時に嘘を言うと思うか?おかげであたいはまだ処女さ…」


雲龍「下3」



下3 雲龍の台詞を


447:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 21:32:29.56 ID:dMPF0bAWo

証拠を見せて


448:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 21:32:44.79 ID:fm5egkwV0

実物を見ないことには信じられない


449:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 21:33:03.11 ID:CK3+Zki1o




451: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/29(金) 21:49:02.81 ID:PX7DSngSO

雲龍「実物を見ないことには信じられないわ」


提督「こんな所で見せられるわけないだろう?」


雲龍「そう、なら朝霜のつまらない嘘だったのね」


朝霜「~~!」ギリギリ


雲龍「朝霜、いくら提督のが小さいからって、そんな嘘をついても虚しくなるだけよ」


朝霜「……司令、ちょっと来てくれるか?」


提督「……本当に見せるのか?」


朝霜「あそこまで言われて、引き下がれねぇよ」


452: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/29(金) 21:51:12.68 ID:PX7DSngSO

提督「……天城と葛城は少し待っていてくれ」ガチャ


葛城「……私達どうなっちゃうのかしら」


天城「悪いのは私達なんです、罰はしっかりと受けるべき…ですね」


葛城「はぁ…………」


ーーーーーー

雲龍「……」


葛城「あっ、帰ってきた……」


天城「どう……でしたか?」


雲龍「下3」


下3 雲龍の台詞を


453:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 21:52:03.65 ID:CK3+Zki1o

どうしてあれが私のものじゃないのかしら……(ブツブツ)


454:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 21:53:19.54 ID:pcX9NxAmO




455:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 21:53:26.47 ID:plMxbt6J0

見ただけで疼きが収まらないなんて初めて+>>453


460: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/29(金) 22:10:11.89 ID:PX7DSngSO

雲龍「見ただけで疼きが収まらないなんて初めてよ」


葛城「そんなに凄いんだ…」


雲龍「どうしてアレが私のものじゃないのかしら……」ブツブツ


天城「あの……?」


雲龍「……ねぇ朝霜…」


朝霜「嫌に決まってんだろ」


雲龍「まだ何も言ってないじゃない」


朝霜「言いそうなことくらいわかるっての!!」


461: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/29(金) 22:12:15.66 ID:PX7DSngSO

雲龍「何も独占させろとは言ってないわ。偶に貸してくれるだけでいいの」


朝霜「絶対い、や、だ!」


雲龍「そう……なら私はパパさん達を食べ続けるわね」


朝霜「それは……よぉ…」


雲龍「ねぇ提督はどうなの?提督が協力してくれたら、全て丸く収まるわよ?」


提督「下3」


下3 提督の台詞を


462:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 22:13:19.32 ID:plMxbt6J0




463:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 22:15:44.70 ID:CK3+Zki1o

>>440


464:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 22:15:45.25 ID:DmMZwTrYO

要は男とヤレれば良いのだろう?軍属の人間ではダメなのか?


472: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/29(金) 22:28:43.76 ID:PX7DSngSO

提督「要は男とヤレれば良いのだろう?軍属の人間ではダメなのか?」


雲龍「軍属の人なんて、粗チンしか居ないもの」


朝霜「まるで経験がある言い方だけどよぉ…」


雲龍「もちろん、つまみ食いは何度もしてるわ。でも、全員満足できなかったの」


天城「あぁ…………」


雲龍「一番いいのは提督だけど、満足できればいいのには違いないわ。だから私はパパさん達としてるのよ」


提督「下3」


下3 提督の台詞を


473:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 22:29:59.62 ID:dvPOqxvs0

俺の親父は俺以上でかい…といったら?


474:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 22:33:29.69 ID:FNlNtp+KO

いいだろう。同期のデカチン仲間を紹介してやる


475:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 22:33:30.69 ID:DdeODxy3o

>>473


479: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/29(金) 22:42:21.04 ID:PX7DSngSO

提督「俺の親父は俺以上でかい…といったら?」


雲龍「かなり魅力的な話ね。でも父親を売るのはどうかと思うわ」


提督「近所のパパさん達を食べてるような奴には言われたくない」


朝霜「そっか……司令のは遺伝なんだ…」


葛城「提督のお母さんは……?」


提督「うちは早くに母親を亡くしている。それについては問題はない」


天城「でも……」


480: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/29(金) 22:45:03.15 ID:PX7DSngSO

雲龍「年齢はいくつなの?」


提督「ちょうど中年といった所だ。きっと激しいと思うぞ」


雲龍「……」ゴクリ


提督「まぁその話はおいおいするとして…葛城と天城の罰が先だな」


葛城「うっ……」


天城「仕方ありませんね…」


朝霜「司令、どんな罰を考えてるんだ?」


提督「下3」


下3 二人に向けた罰を


481:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 22:47:57.37 ID:dvPOqxvs0

1ヶ月減俸、一週間出撃なし及び街でゴミ拾い等のボランティア


482:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 22:48:45.95 ID:CK3+Zki1o

明石の作った女性向けハードコアオナ○ー用マシーンをまるまる1日かけて使い続けてもらおう


483:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 22:48:54.56 ID:iRuFsIw10

半年鎮守府外出禁止


485: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/29(金) 22:53:38.64 ID:PX7DSngSO

提督「半年鎮守府外出禁止だ」


葛城、天城「……はい」


朝霜「司令、雲龍さんはどうするんだよ?」


提督「雲龍にはまた別の罰がある。外出禁止と言ったところで、意味がないだろうからな」


雲龍「えぇ、罰を破って解体されても構わないもの」


提督「なら…下3」


下3 雲龍に向けた罰を


486:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 22:56:29.27 ID:LzXA5fEdO

カレー…かな…


487:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 22:56:29.59 ID:CK3+Zki1o

超頑丈な貞操帯を俺の許可が下りるまで付け続けようか


488:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 22:56:42.68 ID:DC6flIj00

俺の許可が出るまでオナ禁


493: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/29(金) 23:11:59.13 ID:PX7DSngSO

提督「俺の許可が出るまでオナ禁だ」


葛城「そんなの効果あるの…?」


雲龍「……」ガクガクガクガク


葛城「凄く動揺してるー!」


雲龍「て、提督……それは…」ブルブル


天城「逆効果ではないんですか?」


朝霜「あんだけ動揺してんだから…効果はあるんじゃねぇか?」


494: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/29(金) 23:16:41.17 ID:PX7DSngSO

雲龍「そんな……自慰もできないなんて…」


葛城「雲龍姉、これを機に大人しくするのは……?」


雲龍「ダメよ、私の存在意義が無くなってしまうもの」


天城「即答ですか…」


朝霜「なら司令のお父さんに会いに行く仕方ねぇのか?」


提督「いや……雲龍、それすらも禁止だと言えばどうする?」


雲龍「下2」


下2 雲龍の台詞を


495:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 23:17:51.48 ID:6wPEjf6+o

なら…さようなら


496:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 23:17:57.72 ID:7p2bNm850

提督を今この場で襲います


499: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/29(金) 23:25:56.42 ID:PX7DSngSO

雲龍「提督を今この場で襲います」


朝霜「目がマジじゃねぇか……」


葛城「雲龍姉が襲うとこなんて見たくない…」


天城「私もです…」


雲龍「その後でどうせ私は解体されるけど構わないもの。一度だけでもあんなのが私の中で暴れるなんて…」


提督「よくわかった。ならちゃんとオナ禁できたなら、俺の父親を紹介してやろう」


雲龍「それは本当なのね!?」


提督「あぁ、約束しよう」


500: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/29(金) 23:28:38.00 ID:PX7DSngSO

雲龍「どれくらい我慢してればいいの?」


提督「最低でも一カ月だ。後は父親の都合もあるが…」


雲龍「……わかったわ、その条件を飲むわ」


天城「私と葛城は半年外出を我慢します。それで大丈夫です」


葛城「あの……それより山風ちゃんのショタについて聞きたいんだけど…」


朝霜「しゃあねぇ、教えてやるよ」


501: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/29(金) 23:29:44.10 ID:PX7DSngSO

ーーーーーー

葛城「この部屋にショタ山風ちゃんがいるらしいけど…」


天城「どんな風なのかしら…」


葛城「……よし、入るわよ」



下2 部屋の様子を


502:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 23:31:21.40 ID:DdeODxy3o

短パンTシャツ野球帽の山風が蒼龍に抱きしめられてた


503:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 23:31:46.79 ID:CK3+Zki1o

ショートーカットのウィッグをかぶった半袖半ズボンWith...サスペンダー姿の山風がくつろいでる


506: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/29(金) 23:39:38.41 ID:DMlKv4uO0

山風「あ……葛城さんに…天城さん…」


天城「ショートーカットに半袖半ズボンとサスペンダー……」


葛城「髪はカツラでしょうけど……」


山風「ん……どう…かな?蒼龍さんが選んだくれたんだけど…」


天城「……」


山風「気に入らなかった……?」


葛城、天城「下2」


下2 どちからか、両方の台詞を


507:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 23:40:55.94 ID:O1QmQOk8o

いい……


508:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 23:41:03.98 ID:DdeODxy3o

天城「アリね……」

葛城「うーんなんかやっぱり違うわね」


510: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/29(金) 23:46:19.96 ID:PX7DSngSO

天城「アリね……」


葛城「うーんなんかやっぱり違うわね」


山風「よかったなら…嬉しいけど…葛城さんは…なんでダメなの?」


葛城「私はもっとこう…女の子っぽい感じというか…」


天城「葛城はそういう子がタイプなのよね。安心して山風ちゃん、私はそれ大好物だから!」


山風「ん…ありがとう。葛城さん、ちょっと待ってて…ね」


葛城「うん、いいけど……」


511: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/29(金) 23:48:21.10 ID:PX7DSngSO

ーーーーーー
山風「お待たせ……葛城さん…」


葛城「そ、その格好は!!」


山風「うん…ハッカドール3号の…コスプレ…」


天城「それも蒼龍さんが用意したの?」


山風「そう……葛城さん、捗ってる?」


葛城「下2」


下2 葛城の台詞や行動を


512:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 23:49:15.38 ID:CK3+Zki1o

kskst


513:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 23:49:40.63 ID:5VWrQEqRO

抱きつく


516: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/29(金) 23:55:27.95 ID:PX7DSngSO

葛城「…」抱き


山風「わ……」ギュッ


天城「葛城、気に入ったの?」


葛城「お持ち帰りして……あんなことやこんなことしたい…」ハァハァ


山風「息が…凄く荒い……」


天城「あっ……ねぇ山風ちゃん、蒼龍さん達とは何をしてるの?まさかエッチができるはずないものね?」


葛城「それ私も気になってた…」


山風「下2」


下2 山風の台詞を


517:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 23:59:03.50 ID:dvPOqxvs0

いっぱい写真撮られてるだけだよ


518:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/29(金) 23:59:10.19 ID:H781TNOOo

んーとね、蒼龍さんのおっぱいの調教かな(ニッコリ
そろそろ出るようになりそうなんだ


520: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/30(土) 00:05:21.91 ID:re+G6aO+O

山風「んーとね…蒼龍さんの…おっぱいの調教かな……そろそろ出るように…なりそうなんだ…」ニッコリ


天城「ショタに…調教されるなんて!!」


葛城「いいなぁ…私の胸なんかじゃ……」


山風「違うよ…大事なのは…調教の仕方だから…」


葛城「私のはこんなに小さいのよ?無理に決まってるわ」


521: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/30(土) 00:09:37.53 ID:t5U/o9Be0

山風「葛城さん…ちょっと、触るね…」


葛城「え?別にいいけど……」


山風「これで…どう…?」クニッ


葛城「んひぃぃぃぃっ!」ビクっ!


天城「か、葛城!?」


山風「葛城さん…凄い……才能あるよ…」クニクニ


葛城「あっ!あっ!や、やめてぇぇ!!」


天城「凄い……体が弓なりになってる…」


522: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/30(土) 00:11:22.68 ID:t5U/o9Be0

山風「ふぅ……ここまでね…」


葛城「そんな!!もう少しでイケるのに!」


山風「私が相手してあげるのは……二人の罰が終わってからだよ…」


天城、葛城「!!!!」


山風「ちゃんと半年…外出を我慢できたら…好きなだけ調教してあげる…」


葛城「好きなだけ……」


天城「調教……?」ゴクリ


523: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/30(土) 00:14:04.61 ID:t5U/o9Be0

山風「それにね…今明石さんに…ベニバン?ってやつを作って…もらってるの…」


天城「なんですって!?」


山風「でも…理想のショタチン◯の…データが足りないって…言ってたから…」


葛城「それは私達に任せて!!」


天城「ええ!何人のショタと相手したと思ってるの!!」


山風「だから…ちゃんと我慢しててね?」


天城、葛城「下2」


下2 どちらかか、両方の台詞を


524:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 00:15:36.37 ID:if4HkZK7o

葛城「まかせて!!」


525:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 00:22:39.09 ID:MGaIm+WU0

葛城「もう我慢出来ない・・・!」


526: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/30(土) 00:27:54.09 ID:re+G6aO+O

葛城「もう我慢出来ない???!」ガバッ


山風「あっ!……ダメ……今は……」


天城「……」


山風「天城さん…助けて……!」


天城「一回だけ……ね?そうしたら我慢するから…」


山風「……そんな…」


葛城「山風ちゃぁーん!私を調教してぇ!」


天城「次は私ですからね!」


山風「もう…………しょうがないなぁ……一回だけだからね……?」





530: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/30(土) 19:10:55.42 ID:IG5/Z8QX0


ーーーーーー

提督「あれから雲龍達は出撃でもかなりの戦果を挙げているようだな」


朝霜「罪滅ぼしもあるだろうけどよぉ…」


提督「雲龍に至っては、明らかに俺の父親目当てで頑張ってるんだろうな…」


朝霜「まっ、ダラダラされるよりはいいんじゃねぇか?」


提督「……そう思っておくか」


下3「失礼します」コンコン


下3 訪れた人物を


531:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 19:16:30.28 ID:QBKk88zEo

松輪


532:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 19:16:50.30 ID:AzluXWpvo

村雨


533:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 19:17:34.12 ID:if4HkZK7o

占守


536: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/30(土) 19:26:09.73 ID:IG5/Z8QX0

占守「司令!しゅむしゅっのでばんしゅっ!すっ!」


提督「すまん何を言ってるのか全然わからん」


朝霜「あれだろ?自分の出番だ!…みたいなこと言ってんだろ?」


占守「そうっしゅ!」


提督「うむ、いい返事だ。それは聞き取れるぞ」


占守「しょれよりゅも……」


提督「ダメだ、長文になると聞き取れない……ということで、これを使おう」ペカー


朝霜「どういうことなんだよ…」


占守「しゅっ!…下3」


下3 占守の懺悔を


537:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 19:28:01.34 ID:vWnI2911o

ワサビのよく効いた寿司を
国後に無理やり食わした


538:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 19:28:04.69 ID:EqQOCxe70

ときどきお菓子を盗み食いしてる



539:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 19:28:05.65 ID:fuFlkbz8O

ウラン、プルトニウムの燃料で動く本格的なメカ怪獣を作って処分に困ってる


542: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/30(土) 20:01:58.84 ID:IG5/Z8QX0

占守「ウラン、プルトニウムの燃料で動く本格的なメカ怪獣を作って処分に困ってるっしゅ…」


提督「なんて危ないものを作っているんだ!」


占守「しゅ……ゴジラに憧れてたんっしゅ…」


朝霜「ゴジラ……?」


提督「確か核燃料を食べるんだったか?それより占守……ウラン、プルトニウムはどこから持ってきたんだ?」


占守「下3」


下3 占守の台詞を


543:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 20:02:40.75 ID:if4HkZK7o

六ヶ所村からちょいした


544:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 20:02:58.45 ID:vWnI2911o

むつ小川原からこっそりと


545:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 20:03:16.51 ID:AkpZqE5U0

北方水姫さんと言う方から鎮守府宛に送られてきた


546: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/30(土) 20:38:12.43 ID:IG5/Z8QX0

占守「北方水姫さんと言う方から鎮守府宛に送られてきてたっしゅ」


提督「深海棲艦からだと!?」


朝霜「それってやべぇやつじゃねぇのか…?」


占守「なんか変な装置には入ってたっしゅけど、分解してウランだけ取り出したっしゅ」


提督「……ん?」


朝霜「それってよぉ……まさか……」


提督「いや……そんなはずは…」


547: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/30(土) 20:39:42.65 ID:IG5/Z8QX0

提督「いくら深海とは言え…まさか核爆弾なんて…」


朝霜「そう…だよな…考え過ぎだよな…」


占守「?」


提督「なぁ占守、ちなみになんだが、その装置ってどんなのだったんだ?」


朝霜「何か特徴とかなかったか?」


占守「下3」


下3 占守の台詞を


548:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 20:41:05.22 ID:XTi93/myO

元はアシモというロボットだった


549:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 20:41:39.10 ID:DfG+GCIXO

タイマーみたいなのがついていた


550:sage 2017/09/30(土) 20:42:00.07 ID:JUf53iYmO

七三分けの髪型してたロボット


552: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/30(土) 21:10:28.76 ID:IG5/Z8QX0

占守「七三分けの髪型してたロボットっしゅ」


提督「それなら爆弾の心配はなさそうだな…」


朝霜「でもなんでそんなもんを北方水姫は送ってしたんだ?」


占守「そればっかりはわからないっしゅ…手紙も何も入ってなかったっしゅから…」


提督「…占守、そのロボの残骸はまだ残してあるか?」


占守「はい!一応置いてあるっしゅ」


提督「ならそこに案内してくれ」


553: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/30(土) 21:14:31.73 ID:IG5/Z8QX0

ーーーーーー

提督「まさか部屋に置きっ放しだとは…」


朝霜「放射線は気にならねぇのか?」


占守「全く気にならないっしゅよ?」


提督「ならいいんだが…」


朝霜「それより司令、このガラクタをどうしようっていうんだ?」


提督「いや、こういう場合どこかに手紙があったんじゃないかと思ってな…」


占守「なら探してみるっしゅ!」


下3 ロボの残骸に手紙はあった?


554:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 21:14:55.25 ID:EqQOCxe70

イツカ我々ハ鎮守府ト友好結ビタイト思ッテル暁ノ印ニコレヲ受ケトッテクレ という内容


555:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 21:15:17.21 ID:WnRLlk0/o

バイオハザードマークが印してある手紙があった


556:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 21:15:38.55 ID:o1eO7PeIO

ズットウゴクトモダチロボットダヨ


558: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/30(土) 21:36:49.50 ID:IG5/Z8QX0

提督「……手紙があったぞ!」


朝霜「ほんとかよっ!」


占守「読んでみて下さいっしゅ!」


提督「どれ……ズットウゴクトモダチロボットダヨ…だそうだ」


朝霜「占守…お前……」


占守「あぁぁぁぁぁぁ!やってしまったっしゅ!!」


559: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/30(土) 21:39:42.09 ID:IG5/Z8QX0

提督「深海棲艦が俺達に友好の証として贈りものを送ってきていたのか……?」


朝霜「占守!なんとか元に戻せねぇのかよ!」


占守「無理っしゅ!!こんなにバラバラなの直せないっしゅよ!」


提督「それに核燃料も抜いてしまっている……」


朝霜「このロボが何か喋ったかもしんねぇのに……」


占守「申し訳ないっしゅ…」


560: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/30(土) 21:42:42.84 ID:IG5/Z8QX0

大淀「提督大変です!!」バタン!


提督「どうしたんだ大淀!?」


大淀「深海棲艦の、北方水姫がこちらに来る…と」


占守「!!」


朝霜「カチコミか!?」


大淀「それが…先日の友好の証として送ったロボはどうだった?とか訳のわからない連絡が入ってきたんです」


占守「あわわわわわわわわ」


提督「北方水姫は今どこにいるんだ?」


561: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/30(土) 21:45:35.35 ID:IG5/Z8QX0

大淀「もう間も無く着く…と。こちらも迎撃態勢は取りましたが、向こうが丸腰だったので……」


提督「…わかった、俺が出迎えよう」


朝霜「何言ってんだよ司令!」


提督「向こうは丸腰なんだ、それに対して誠意を見せなくてはならない」


占守「あの……占守は……?」


提督「明石に協力してもらって、なんとか直すんだ。それしか方法はない!」


朝霜「ならあたいも手伝うよ!」


提督「いや、朝霜は俺と一緒に来てくれ」


朝霜「……わかった」


562: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/30(土) 21:48:39.82 ID:IG5/Z8QX0

ーーーーーー

提督「あれがそうだな……」


朝霜「ほんとに丸腰じゃねぇか……」


提督「いいか朝霜、何があってもこちらから攻撃はするんじゃないぞ?」


朝霜「ん…」


北方水姫「……」


提督「どうも…こんにちは、と言えばいいかな?」


北方水姫「下3」


下3 北方水姫の台詞を


563:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 21:50:05.84 ID:kEjXJziV0

実はあのロボットに爆弾が取り付けられたのがわかった


564:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 21:50:49.33 ID:V8Pa6L1C0




565:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 21:50:51.68 ID:GF6acvqkO

ヤ、ヤア…北方水姫ダよ

(ナンデ敵地ガ無事ナンダ?予想ダトタイマーガ作動シテ焼ケ野ハラノハズジャ)













571: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/30(土) 22:20:58.36 ID:qJHYKVbvO

北方水姫「ヤ、ヤア…北方水姫ダよ…」


朝霜「言葉はわかるみてぇだな…」


提督「手紙が書いてあったんだ、わかって当然だろう」


北方水姫(ナンデ敵地ガ無事ナンダ?予想ダトタイマーガ作動シテ焼ケ野ハラノハズジャ…)


朝霜「…それもそうだよな」


提督「まだ片言のような気もするが、聞き取れるし問題ない」


北方水姫(コノ鎮守府ハ何トモナッテイナイレと聞イテ、嘘ダト思ッテイタが…マサカ…)





572: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/30(土) 22:24:19.27 ID:qJHYKVbvO

提督「とりあえず…どうする?」


朝霜「鎮守府を案内…か?」


北方水姫(タイマーの他ニ起爆装置モアッタ…不発ハ絶対ニ無ハズダ…)


朝霜「……北方水姫はどうしたい?」


北方水姫「エッ?」


提督「そもそも…何をしにここに来たんだ?」


北方水姫「下3」


下3 北方水姫の台詞を


573:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 22:30:28.13 ID:yWnwlBwG0

オクッタ、オトモダチロボットハモンダイナイカナ?

(チャント作動シテルカ、確カメタイ)


574:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 22:30:34.72 ID:CNcmPsi00

ロ、ロボットノメンテナンスヲ


575:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 22:30:35.94 ID:WnRLlk0/o

一騎打ちを申し込む!(ヤケクソ)


578: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/30(土) 22:36:33.77 ID:qJHYKVbvO

北方水姫「コウナレバヤケクソダ!一騎打チを申シ込ム!」


朝霜「なんだとぉ!?」


提督「そちらは丸腰だが問題ないのか?」


北方水姫「アッ……イヤイイ。殴リ合イデ勝負ダ!!」


朝霜「てっきり友好関係を築きにきたのかと思ったけどよぉ」


提督「一騎打ちなら潔いじゃないか。相手しようじゃないか!」


朝霜「こっちは誰を出すんだ?」


提督「下3」


下3 誰を指名した?


579:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 22:38:18.59 ID:0Ag9Ybul0

出ろぉ!長門ォ!


580:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 22:38:41.78 ID:WnRLlk0/o

kskst


581:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 22:38:43.18 ID:if4HkZK7o

RJ


586: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/30(土) 22:45:52.90 ID:qJHYKVbvO

提督「龍驤でいこう。龍驤ならきっと自分が行きたいというだろうからな」


朝霜「…そうかもしんねぇな」


提督「北方水姫、少し待っていてくれ。直ぐに準備する」


北方水姫「アァ…待ッテイルゾ…」


朝霜「司令、あたいは龍驤さん呼んでくる!」


提督「じゃあ俺は場所の手配を…」


北方水姫(ドウシテコウナッタンダ……)


587: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/30(土) 22:50:26.42 ID:qJHYKVbvO

ーーーーーー

提督「待たせたな北方水姫、ここで龍驤と闘ってもらう」


北方水姫「ココハ……?」


朝霜「倉庫に特設リングを用意したんだ。あんまり激しく触ると崩れるから注意するんだなっ!」


龍驤「ほぉ………北方水姫が相手かいな…」


北方水姫(アノチビが私ノ相手……?コレナラ勝テルナ…)


提督「ルールは急所への攻撃以外は全て有り。反則二回で即負けだ」


朝霜「他に質問はあるか?」


北方水姫「イヤ………」


提督「なら……始めてくれ!」




下3 一騎打ちの結果は?


588:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 22:51:06.83 ID:ppd61Q4k0

殺意の波動を纏った龍驤の圧勝


589:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 22:51:09.39 ID:EqQOCxe70

お互いがキス


590:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 22:51:10.32 ID:XTi93/myO

彼女の深海棲艦への憎しみが解放され
勝負は一方的だった
辺り肉と骨が打ち砕く音が暫く続いた
この場を目を塞ぐ見物人は少なくはなかった


北方水姫は北方水姫だったものになった


595: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/30(土) 23:07:24.79 ID:qJHYKVbvO

嫌や…………

なんでうちが……

うちはただ…連絡船に乗って……

お父さんと…お母さんに……

なんでなん……?

なんで目が覚めたら……

うちの右目が無くなってるん?

あ……あぁ………

あぁぁぁぁぁぁぁぁ………

こうなったのも全部……

…………あいつらのせいや!!


龍驤「うちは…………」 ぐちゃ


龍驤!おい龍驤!!


龍驤「うちは全ての深海棲艦を……」ぐちゃ、ぐちゃ


龍驤さん!もうやめてくれ!


龍驤「この手で…滅ぼす……」ぐちゃっ……


提督「龍驤!!もういい!!」グイッ


龍驤「え……………?」



596: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/30(土) 23:10:08.48 ID:qJHYKVbvO

龍驤「ん……あれ…………?」


朝霜「龍驤さん……もう……うぇっ…」


提督「龍驤…もういいんだ……」ギュッ


龍驤「あれぇ……司令官、なんでうちを抱き締めてんの…?」


朝霜「素手で……こんなことできんのかよ……ウプッ…」


提督「龍驤…………」


龍驤「司令官……なんでうち……こんな血塗れなん……?」ドロォ


598: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/30(土) 23:13:21.23 ID:qJHYKVbvO

朝霜「うっ…………内臓が……」


龍驤「司令官……この肉片はなんなん?家畜でも解体したん?」


提督「……すまない、龍驤がここまでのものを抱えていたなんて…」


龍驤「…………そっか、これはうちがやったんやね…」


朝霜「龍驤さん……?」


龍驤「下3」


下3 龍驤の台詞やリアクションを


599:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 23:14:36.77 ID:ppd61Q4k0

まだ全然足りないと笑いながら肉塊を殴り出す


600:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 23:15:22.27 ID:WnRLlk0/o

ちょっとやりすぎちゃったなと苦笑いする


601:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 23:15:23.73 ID:ohY6jpbxo

なんか虚しいわ


603: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/30(土) 23:23:08.39 ID:t5U/o9Be0

龍驤「なんか……虚しいわ……」


提督「……そうか」


龍驤「こんな簡単に……やれてしまうなんて……今までのうちは……」


提督「龍驤……もう復讐の為に戦うのはやめてくれ」


龍驤「…………」


提督「そんなことを続けていたら…いつか……龍驤自身を滅ぼしてしまう…」


龍驤「…………」


提督「だから……もう…」


龍驤「下2」


下2 龍驤の台詞を


604:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 23:25:24.12 ID:NWNAnZsA0

キミは……ウチの心の隙間を埋めてくれるん?


605:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 23:25:26.59 ID:WnRLlk0/o

悪いけどこればっかりはやめられない、生きる理由でもあるから


607: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/30(土) 23:31:28.13 ID:qJHYKVbvO

龍驤「悪いけどこればっかりはやめられへん、生きる理由でもあるからや」


提督「龍驤……」


龍驤「その優しさは…朝霜の為に取っといたってな」パッ


提督「あ、おい……」


龍驤「……この勝負はうちの負けや。開始早々北方水姫の目を潰してしもうたらな」


朝霜「……」


龍驤「……キミらは優しい。だから、うちが去った後に、その肉片にバケツでもかけたるつもりやったんやろ?」


提督「……止めないのか?」


龍驤「当たり前やん、もしそれで北方水姫が復活したら……」


朝霜「……復活したら?」


608: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/30(土) 23:36:06.69 ID:qJHYKVbvO

龍驤「リベンジマッチができるやん」ニタァ


朝霜「ひっ…」ゾクゾク


龍驤「今度は……肉片も残せへんからなぁ……!」ぐちゃっ!


提督「おい龍驤!」


龍驤「……ふぅ。司令官、ちょっと血洗うのに入渠してくるわな~」スタスタ


朝霜「なんだよあれ……!あんなの…!」


提督「……朝霜、今のことはもう気にするな」


朝霜「でもよぉ!」


提督「……それより、少ないがまだ望みはある。北方水姫にバケツをかけてやろう」




下2 北方水姫の肉片にバケツをかけた結果は?


609:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 23:36:56.01 ID:ppd61Q4k0

綺麗に元に戻るがSAN値0で幼児退行していた


610:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 23:36:57.63 ID:EqQOCxe70

そもそも深海棲艦は艦の怨念である

自分が深海棲艦になった記憶が蘇り殺意をまとった
おぞましい肉片の醜悪な獣が息を吹き返した


612: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/30(土) 23:43:38.09 ID:qJHYKVbvO

ガァァァァァァ!!


朝霜「司令、なんだよこれ!なんでこんな獣がうまれたんだよ!」


提督「そうか…深海棲艦は沈んだ船の怨念……それが殺意を纏った獣に変貌したんだ…」


ギィ………ギギッ……


提督「まだ体を制御できていないのか?」


朝霜「司令!今のうちに逃げるぞ!!」


提督「だが逃げたところで、この脅威が無くなることはない!」


朝霜「あたい達だけじゃダメだ!このままじゃ…!」



下3ルート分岐 誰かが助けに来た?その場合は人物名を。逃げる場合はその行き先を


613:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 23:48:04.22 ID:sxZmvI8mo

ヲ級


614:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 23:48:24.53 ID:qb347GBA0

ヲ級


615:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 23:48:25.69 ID:if4HkZK7o

困ったときのながもん


618: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/30(土) 23:54:06.98 ID:qJHYKVbvO

長門「提督!ここはこの長門に任せろ!」


提督「長門か!?どうしてここへ?」


長門「血塗れの龍驤に話しを聞いた。嫌な予感がしたんで来てみれば……これだ」


朝霜「ダメだ長門さん!いくらなんでもこいつの相手は……!」


グ……ガァァァァァァ!!


提督「長門に狙いを定めたぞ!避けろ長門!」


長門「ふ……今の私は…無敵だ」パッカーン


朝霜「何仮面ライダーのオモチャで遊んでんだよ!」


長門「私の一撃は……遊びではない!」ムーテーキー!



下2 長門は獣を倒せた?止めることに成功したや、誰かが更に来る、でも可


619:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 23:55:58.91 ID:xF0Rb822o

一撃で粉砕


620:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 23:56:00.98 ID:ohY6jpbxo

押さえ込めた


624: ◆ZxOTJs0THw 2017/09/30(土) 23:58:47.27 ID:t5U/o9Be0

ガギィィィン!


朝霜「凄え!長門さんがあの化け物を止めた!」


ギギ………グゥゥゥゥ


長門「くっ……!」


提督「だが押さえ込んでいるだけだ!このままでは長門が不利…」


朝霜「ならあたいが!」


提督「待て!不用意に近付くな!」


電「そうなのです!後は電に任せるのです!」


625: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/01(日) 00:01:16.72 ID:OkjzUF9g0

朝霜「電!?」


電「はぁぁぁぁぁぁ!」


提督「待て電!いくらなんでも…!」


電「電の力を舐めないでほしいのです!いくのですプルプルさん!」


プルプル「よし、合わせるぞ電」


電、プルプル「だぁっ!」



下2 電が参加した結果どうなった?


626:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 00:03:02.41 ID:4nXpcWZSo

反動で鎮守府が吹き飛ぶ


627:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 00:03:04.19 ID:gMjoFJ/Z0

より凶暴化し鎮守府が半壊状態に


629: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/01(日) 00:11:05.87 ID:OkjzUF9g0

電「左貯め右、パンチ!」


電、プルプル「サイコクラッシャー!!」


ゴワッ!!


提督「ぐっ……!凄いエネルギーのぶつかり合いだ!」


朝霜「でも化け物を押してるぞ!!」


ガ………ギギ……ギッ……


長門「うぉぉぉぉぉぉぉ!」


電「はぁぁぁぁぁぁ!」


…………カッ!!


朝霜「……え?」


630: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/01(日) 00:13:29.11 ID:OkjzUF9g0

ーーーーーー

朝霜「うっ…………どうなったんだ…?」


朝霜「倉庫が……崩れてる……」


朝霜「……凄まじいエネルギーがぶつかり合った結果……爆発が起こったのか……?」


朝霜「あの化け物は………」


朝霜「………違う」


朝霜「司令は……どこに行ったんだ?」


朝霜「司令!司令っ!」


下3 この後どうなった?


631:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 00:15:35.30 ID:upcU5dJo0

化け物は消滅、死者もゼロ


632:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 00:15:59.48 ID:QMG4Kxq+0

加賀さんが爆撃機を要請して鎮守府は爆風に巻き込まれ骨組みだだけになったが 獣は仕留めた


633:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 00:16:00.34 ID:DXhzhwdPO

司令は一目散にパンストを頭にかぶり鎮守府から逃げた
その上
>>621

獣に腕を噛まれて引っ張られ

長門は私の代わりはいくらでもいるーって感じになった




638: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/01(日) 00:18:53.14 ID:OkjzUF9g0

すいません、安価内容が多すぎたので分けます
申し訳ありません

ここから下2 が提督や電達の安否を

下3 が獣がどうなったかで再安価お願いします


639:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 00:22:46.42 ID:ZZR5n14M0

司令達は全員無事だった


640:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 00:22:48.15 ID:QMG4Kxq+0

提督はタンスのパンストを風呂敷にいれ逃走 電ちゃん長門はまだ悪戦苦闘 プルプルは潰れた


641:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 00:22:48.49 ID:SYC9uopGO

提督達ならみんな無事

獣なら獣から記憶を失った北方水鬼に戻った


646: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/01(日) 00:28:18.54 ID:OkjzUF9g0

朝霜「司令!司令ーー!!」


長門「提督ならここにいるぞ…」ボロッ


提督「」


朝霜「司令!!息はしてるんだよな!?」


電「なのです……」ボロッ


プルプル「提督は無事だ……だが…」


朝霜「だがなんなんだよぉ!まさか……もう起きないとか言うんじゃねぇだろうなっ!!」


647: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/01(日) 00:32:53.82 ID:OkjzUF9g0

長門「こんな時まで…パンストとはな……」


朝霜「えっ……?」


電「司令官さんはあの爆発で、司令官さんの部屋まで吹き飛ばされてしまったのです」


朝霜「それでどうなったんだよ!」


長門「何を思ったのか……ありったけのパンストをポケットに突っ込んでいたんだ」


朝霜「」


電「あの化け物は……電達と戦った結果、北方水姫の姿になったのです…」


長門「こちらもかなりやられてしまったがな…」ボロッ


648: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/01(日) 00:34:55.10 ID:OkjzUF9g0

長門「だがあの北方水姫は記憶を失っていて……どうしたらいいのかさっぱりだ」


電「ちょうどその時に司令官さんと出会って……」


プルプル「長門が提督をボコボコにしたんだ」


長門「ポケットに入っていたのは全部朝霜のものだったが……朝霜、お前も提督を殴っておくか?」


朝霜「下2」


下2 朝霜の台詞や行動を


649:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 00:35:43.01 ID:7UVzu6OMo

泣きながら提督に抱き着く


650:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 00:36:01.32 ID:vsmn9ZUPo

ビンタして起こそうかな


652: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/01(日) 00:42:53.48 ID:OkjzUF9g0

朝霜「ビンタして起こそうかな…」


長門「ふんっ、それくらいじゃまだヌルいがな」


電「あれ……朝霜ちゃん…?」


朝霜「司令……バカだなぁ……なんでこんな時まであたいの下着なんか持っていってんだよ…」ポロッ


プルプル「泣いているのか…」


朝霜「司令……生きててよかったよぉ……」グスッ


電「長門さん、ここは二人っきりにしてあげるのです」


長門「……仕方ないな…」


プルプル「朝霜は余程提督のことが好きなようだな」


電「なのです……」


朝霜「司令……司令…………」ボロボロ




657: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/01(日) 19:48:33.78 ID:6wl0EC/mO


ーーーーーー

提督「最終的な被害は倉庫が半壊したのと、鎮守府のあちこちに瓦礫が刺さったくらいだな」


朝霜「それくらいで済んでよかったけどよぉ…」


提督「……今は幸運だったと思っておこう。余計なことは考えたくない」


朝霜「……そうだな」


提督「そうだ、このイザコザで忘れていたが、磯風から連絡が来ていたんだ」


朝霜「向こうの多摩さんは本当に死んでたのか…?」


提督「潜入の結果が書いてあればいいんだが……」


下3 磯風からの手紙の内容を


658:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 19:52:03.19 ID:CqLMNfn4o

縦読みで「援軍をよこせ」


659:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 19:53:52.30 ID:g4qMIwX/o

多摩は死んでないが鎮守府全体の様子がおかしい


660:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 19:53:56.40 ID:hy0xij8w0

結論から言うと生きている
全てはドッキリだったのだ


663: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/01(日) 20:27:55.65 ID:6wl0EC/mO

提督「…………なるほどな」


朝霜「司令、何が書いてあったんだよ?」


提督「多摩は結論から言うと生きている。全てはドッキリだったらしい」


朝霜「ドッキリだぁ!?」


提督「向こうの鎮守府の初期艦は球磨だったらしい。それで、球磨が着任してもうすぐ3年経つ、ここは球磨型が協力してドッキリを……ということだったらしい」


朝霜「わざわざその為に書類まで偽装したっていうのかよ?」


提督「どうやらな……」



664: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/01(日) 20:34:15.02 ID:6wl0EC/mO

提督「言い出しっぺかつ仕掛け人だった多摩は、色々と準備の為に死んだことにしたらしい」


朝霜「だからって…人騒がせな…」


提督「…………なるほどな…」


朝霜「続きはなんて書いてあるんだよ?」


提督「今回募集していた応援も、本当の目的はそのドッキリだったようだ」


朝霜「はぁ!?」


提督「準備にはかなりの人数がいった。だからその為に応援という形で人員を割いて欲しかったようだ」


朝霜「あっ、応援が駆逐艦や軽巡だけだったのって…」


提督「ドッキリの為に、主力を貸してもらうわけにはいかないと思ったんだろうな」


665: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/01(日) 20:47:59.31 ID:OkjzUF9g0

朝霜「それだけ大人数を集めるなんて…どんなドッキリだったんだよぉ?」


提督「向こうの提督と球磨の……サプライズプロポーズだったらしい…」


朝霜「プロポーズゥ!?」


提督「多摩の告別式の最中に、突如蘇る多摩。何故か多摩は指輪を持っていて、その指輪を提督に渡して……」


朝霜「……それで、結果はどうだったんだよ?」


提督「……これを見てみろ」ピラッ


朝霜「ん……?」


666: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/01(日) 20:51:35.55 ID:OkjzUF9g0

朝霜「招待…状……?」


提督「今回、応援に来てくれた艦娘全員に配られたそうだ、迷惑を掛けた礼だと」


朝霜「向こうの提督と球磨さんの結婚式への……招待状を…」


提督「全く、艦娘と結婚とは気が早い……と一応言っておくが、本音は…」


朝霜「……あたいも同じ気持ちだよっ」


提督「…………今ならバージンロードも、バージンのまま歩けるしな?」


朝霜「……バカ…」


667: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/01(日) 20:54:45.93 ID:OkjzUF9g0

朝霜「……それで、磯風はいつ帰ってくるんだよ?」


提督「ん……数日以内に帰ってくるみたいだな。もう後片付けも終わったらしい」


朝霜「そっか…………」


提督「…………朝霜…」


朝霜「………司令は、さ…」


提督「……なんだ?」


朝霜「…………やっぱり、なんでもねぇよ!」


提督「……わかった」


朝霜「それよりさ、夕立の奴に報告してやろうぜ!もう何も気にしなくていいんだって!」


提督「あぁ……そうだな。うん、そうしよう」


668: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/01(日) 20:56:15.60 ID:OkjzUF9g0

ーーーーーー病院

朝霜「あれから夕立はよくなってるんだよな?」


提督「原因がキノコだとわかったんだし、適切な治療も受けているはずだ」


朝霜「早くこっちに帰ってこれたらいいんだけどよぉ…」


提督「とりあえず部屋に入ってみよう」ガチャ



下3 部屋での夕立の様子を


669:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 20:56:59.86 ID:wMBaXAWto

座禅組んでる


670:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 20:57:15.74 ID:QMG4Kxq+0

人の言葉にも動じず夕立は獣のようにうなり声をあげ上半身を引っかきまわしてた



671:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 20:57:16.45 ID:nGF/z0WRO

多摩と自分が病んでたときの記憶はすっかり忘れて情強博識系

インテリ夕立になってた


676: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/01(日) 21:10:40.03 ID:OkjzUF9g0

夕立「提督さん、今日はどうしました?…ぽい」キリッ


提督「眼鏡なんてかけてどうしたんだ?」


朝霜「イメチェンでもしたのか?」


夕立「夕立は元々こうだったっぽい。あ、ちょっとごめんっぽい」カタカタ


朝霜「パソコンなんか持ってたっけ?」


夕立「ふむ……今日は中々よかったっぽい」


提督「何をしてるんだ?」


夕立「FXってやつっぽい」


提督「なに!?夕立はどれくらい儲かってるんだ?」


夕立「こんな感じっぽい」


下3 夕立の収支を。


677:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 21:12:48.42 ID:75cT1LfBo

都心の一軒家がが2~3件建てられそうなほど


678:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 21:13:11.46 ID:TuWX7Z7Q0

鎮守府一つ賄える程


679:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 21:13:14.48 ID:ntS+WkNDO

プラマイ0


681: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/01(日) 21:27:48.65 ID:OkjzUF9g0

夕立「プラマイゼロっぽい!」


朝霜「ダメじゃねぇかよ!」


提督「いや……夕立、いくら負けてたんだ?」


夕立「軽く家一軒くらいは負けてたっぽい」


朝霜「嘘だろ!?」


夕立「でも!こうやってプラマイゼロにまで戻せたっぽい!これからは勝ち続けるだけっぽい!」


提督「程よい所でやめておけよ?」


683: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/01(日) 21:30:17.05 ID:OkjzUF9g0

夕立「提督さん、そういえば夕立さんはなんで入院してたっぽい?」


提督「え?」


夕立「夕立は気付いたらここに入院してて…先生に聞いてもはぐらかされたっぽい」


提督「……あのことは忘れているのか?」ヒソヒソ


朝霜「なら知らせる必要はねぇよな…」ヒソヒソ


夕立「提督さん?なんで入院してるのか教えて欲しいっぽい」


提督「下3」


下3 夕立に向けた台詞を


684:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 21:32:22.89 ID:75cT1LfBo

ksk


685:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 21:33:04.38 ID:RxU1UyoQ0

そこに病院があるからだ


686:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 21:33:05.76 ID:gMjoFJ/Z0

磯風の料理を食べたんだよ


688: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/01(日) 21:39:32.89 ID:OkjzUF9g0

提督「磯風の料理を食べたんだよ」


夕立「それは仕方ないっぽい…」


提督「記憶が飛んでいるのもそのせいだ。何も病気とかではない」


夕立「ならよかったっぽいー」


朝霜「いいのか?勝手に磯風のせいにして?」


提督「磯風は今鎮守府にいない。それも言い訳に使えるだろう」


689: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/01(日) 21:41:39.94 ID:OkjzUF9g0

夕立「ならもうすぐ鎮守府に帰れるっぽい?」


提督「あぁ、先生の言うことはよく聞くんだぞ?」


夕立「わかったっぽい!!」


朝霜「ふぅ……これで夕立は安心だな」


提督「残りは白露か……」


白露「夕立、元気にしてる?」ガチャ


提督「お白露、ちょうどいいところに…」



下3 白露の見た目や様子は?


690:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 21:42:37.55 ID:pY0M3YXEo

謎の小説家の才能開花


691:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 21:43:20.34 ID:aEqEkkwaO

精神が幼くなった


692:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 21:43:22.03 ID:Ftg8zYIHo

いつもの白露


694: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/01(日) 21:55:17.33 ID:OkjzUF9g0

白露「提督達も来てくれたの?ありがと!」


朝霜「いつもの白露…だよな?」


提督「白露、もう大丈夫なのか?」


白露「今まで心配かけてごめんね。でも、白露はもう大丈夫!」


提督「そうか……もう、平気なんだな?」


白露「うん!」


朝霜「白露、よかったなっ!」


695: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/01(日) 22:00:25.20 ID:OkjzUF9g0

夕立「白露はもう病院にも来なくていいっぽい?」


白露「ううん、通院は続けるから夕立の所には来るからね」


夕立「そうしてくれたら嬉しいっぽい。一人でここに居るのは寂しいっぽい……」


提督「……すまんな夕立…」


朝霜「もうすぐ帰ってこれると思うからよ、待っててくれよ?」


夕立「下3」


下3 夕立の台詞を


696:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 22:06:07.60 ID:CqLMNfn4o

加速下


697:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 22:07:04.72 ID:aEqEkkwaO

うん………


698:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 22:07:23.06 ID:pY0M3YXEo

待ちきれないっぽい


700: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/01(日) 22:13:51.56 ID:OkjzUF9g0

夕立「待ちきれないっぽい」


提督「そう言ってもだな……」


夕立「提督さん、ちょっと来て欲しいっぽい」グイッ


提督「あ、おい……」


朝霜「司令!おい夕立、どこに連れて行くんだよ!」


夕立「ちょっと…ぽい」


白露「夕立、待って~!」


ーーーーーー

提督「ここは…?」


下3 夕立が連れてきた場所を


701:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 22:14:46.64 ID:B5mNz9C70

病院の屋上


702:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 22:14:55.35 ID:VnCpin/h0

夕立の病室


703:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 22:15:21.96 ID:75cT1LfBo




704: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/01(日) 22:19:31.00 ID:OkjzUF9g0

すいません、提督達はすでに夕立の病室にいたので、再安価させて下さい

ここから下2でお願いします


705:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 22:22:54.99 ID:/2xvZVTjo

>>701



706:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 22:23:17.63 ID:Ftg8zYIHo

病院の中庭的なところ


708: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/01(日) 22:30:30.65 ID:OkjzUF9g0

提督「病院の中庭まで連れてきて…どうしたんだ?」


夕立「提督さん…夕立に思い出ちょうだい?」


提督「えっ?」


夕立「夕立は多分…ずっとここから出れないから…」


提督「待て待て!このままいけば帰れると言ってるじゃないか!」


夕立「ねぇ……」


提督「お、おい……」


下2 この後どうなった?


709:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 22:32:07.53 ID:CqLMNfn4o

朝霜カットイン


710:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 22:32:27.31 ID:tOysEbxKo

白露型が止めに


714: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/01(日) 22:37:20.92 ID:OkjzUF9g0

夕立「提督…さん……」


提督「やめてくれ!それ以上近付くと……!」


白露「待ったーー!!」


村雨「夕立、抜け駆けは許さないわよ!」


時雨「そこまでだよ」


夕立「ぽいーー!!」ズルズル


提督「白露……村雨に時雨も…」


時雨「夕立がこっちの方に走っていくのが見えたから、追いかけてきんだ」


村雨「まさかこんなことになってるなんて…」


白露「夕立、なんでこんなことしたの!」


715: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/01(日) 22:41:01.87 ID:OkjzUF9g0

夕立「最後に…思い出を……」


時雨「もうすぐ鎮守府に帰れるって言ってるじゃないか。ちゃんとゆっくりしてればいいんだ」


村雨「そうよ、私達が嘘を言うわけないじゃない」


夕立「うぅぅぅ~…」


白露「提督ごめんね、夕立には悪気は無いの…」


提督「もちろんわかっている。少し焦ったがな…」


時雨「さあ夕立、病室に戻ろう」


夕立「……うん」


提督「…そういえば他の白露型はどうしたんだ?そもそも病院には来てないのか?」


白露「下2」


下2 白露の台詞を


716:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 22:42:56.75 ID:hcp3cEXGO

後からついてきてるはずだけど…
ほら来た


717:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 22:43:11.62 ID:gMjoFJ/Z0

春雨と海風が料理バトルを始めたから応援してるよ


719: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/01(日) 22:48:15.11 ID:OkjzUF9g0

白露「春雨と海風が料理バトルを始めたから応援してるよ」


提督「また例のやつか…」


時雨「いつも引き分けだからね、そろそろ決着を付けたいんじゃないかな」


村雨「無理な話なのにねぇ…」


白露「ちなみに山風は、多分蒼龍さんを調教してると思うよ」


提督「……そうか」


720: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/01(日) 22:50:18.94 ID:OkjzUF9g0

提督「……ん?白露、朝霜と一緒に追いかけてきたんだよな?」


白露「あれ?途中まで一緒にいたんだけど…」


時雨「僕達は見てないよ?」


村雨「まさか迷子?」


提督「いや、朝霜は迷子になるような奴ではないんだが…」



下3 朝霜はどこで何もしていた?


721:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 22:53:52.51 ID:RxU1UyoQ0

艦娘研究部の強硬派と密談している夕立たちの主治医を見張っていた


722:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 22:57:12.09 ID:0iksAIJh0

キザでイケメンな入院患者からナンパされていた


723:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 22:57:17.25 ID:17y2I8qiO

北方水鬼の部屋を見かけて中を覗いてた


725: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/01(日) 23:02:29.68 ID:6wl0EC/mO

ーーーーーー

朝霜「確か…この部屋だよな?」


朝霜「記憶がない北方水姫には敵意がなかった。でも喋ることもできなかったから、とりあえずはこの病院に連れて来たんだ」


朝霜「……あんなことがあったんだ。気をおかしくしてるかもしんねぇ」


朝霜「でももし…全てが良いように作用してたら……」


朝霜「外から覗いてるだけじゃよくわかんねぇし…入ってみるか…」ガチャ




下3 北方水姫の部屋又は、北方水姫自身の様子は?


726:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 23:04:32.44 ID:Ftg8zYIHo

比叡とヲ級が病人食(比叡カレー)を食べさせてる


727:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 23:05:56.79 ID:wUOOKx+r0

↑726


728:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 23:06:36.88 ID:hcp3cEXGO

半分ガングートになりかけてる


729: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/01(日) 23:15:36.71 ID:OkjzUF9g0

北方水姫「……」


朝霜「な……!なんだよその体!まるで…艦娘みたいじゃねぇか!」


北方水姫「……」


朝霜「いや…半分くらいまだ深海棲艦なのか?それにしても……」


北方水姫「あっ……」


朝霜「喋れるようになったのか!?」


北方水姫「……下2」


下2 北方水姫の台詞を


730:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 23:17:28.88 ID:75cT1LfBo

ksk


731:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 23:17:44.59 ID:Ftg8zYIHo

言葉は思い出せました。
他は何も思い出せないのですが…


732: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/01(日) 23:22:30.21 ID:OkjzUF9g0

北方水姫「言葉は思い出せました。他は何も思い出せないのですが…」


朝霜「…とりあえずよ、言葉は思い出せてよかったじゃねぇか」


北方水姫「はい……」


朝霜「他にはまだ何も思い出せてないんだよな?」


北方水姫「はい。先生によればどうやら私は不完全なもの、らしいのです」


朝霜「…どういうことだ?」


北方水姫「他にも色々と言われましたが、後はさっぱり…わかったことは、私を置く環境によってこれからどんな姿になるか決まるということでした」


733: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/01(日) 23:24:52.92 ID:OkjzUF9g0

北方水姫「今の私の姿は日々変わっていきます。その事についてテイトク、という人とも話し合うみたいです」


朝霜「…お前はどうしたい?」


北方水姫「私には選ぶ権利はありません…元々どんな存在なのかすらわからないのに…」


朝霜「いいじゃねえか、これからどうしたい、どうなりたいって言うくらいバチは当たんねぇよ」


北方水姫「……下2」


下2 北方水姫の台詞を


734:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 23:25:34.19 ID:eNVbb6HA0

ジュウサツケイとは何ですか?


735:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 23:26:26.90 ID:75cT1LfBo

幸せになりたい


736: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/01(日) 23:36:38.71 ID:OkjzUF9g0

北方水姫「幸せになりたい……」


朝霜「……」


北方水姫「何が幸せで、何が不幸かはわからない。けど……」


朝霜「司令に任せておけば、不幸にはならねぇよ」


北方水姫「その司令?という人物は…?」


朝霜「ん、提督のことだよ。あたいはそう呼んでんだ」


北方水姫「そうだったんですね。別の呼び方をしているということは、二人は特別な関係なんですか?」


朝霜「……ん、そうだな」


北方水姫「へぇ……そうなんですね…」


朝霜「…それがどうしたんだよ?」


北方水姫「下2」


下2 北方水姫の台詞を


737:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 23:41:23.89 ID:2MVy5MWX0

うらやましいです


738:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 23:42:45.29 ID:/fQCaiFjO

今の朝霜は幸せそうでした。
提督と特別になれると幸せになれるんでしょうか?


739: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/01(日) 23:49:17.98 ID:OkjzUF9g0

北方水姫「今の朝霜は幸せそうでした。提督と特別になれると幸せになれるんでしょうか?」


朝霜「残念ながら司令と特別になれるのは、あたい一人だけなんだ」


北方水姫「そうなんですか…」


朝霜「でもよ、司令の所に来れば不幸にはならないぜ」


北方水姫「本当ですか?」


朝霜「あたいが言うんだから間違いねぇって!」


北方水姫「…私もそこに行けるんでしょうか?」


740: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/01(日) 23:53:10.14 ID:OkjzUF9g0

朝霜「お前が来たいって言えばいいんだよ」


北方水姫「でも私は不完全で…」


朝霜「そんなの気にすんな!あたい達のとこには色々いるんだぜ?」


北方水姫「色々…?」


朝霜「敵から寝返った奴もいるし、正体がよくわかんないのもいる。けどよ、皆んな幸せそうだぜ?」


北方水姫「ふふっ、変な人ばっかりなんですね」


提督「そうだな、改めて思うと俺達の鎮守府には変な奴が多いな…」ガチャ


741: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/01(日) 23:55:09.35 ID:OkjzUF9g0

朝霜「司令!」


北方水姫「あなたが…提督?朝霜の特別な存在の…」


朝霜「おい!」


提督「そうだ!俺は朝霜の特別な存在だぁ!」


朝霜「もぅ…」


北方水姫「……提督、私がこんなことを言う権利はないのかもしれない。でも言わせて欲しいんだ、私をあなたの元に置いてくれないか?」


提督「下2」


下2 提督の台詞を


742:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 23:56:08.68 ID:ixA97NYNO

分かった、ではまず早速だがこのスパッツを履いてもらおう


743:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 23:57:43.72 ID:gMjoFJ/Z0




747: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/02(月) 00:05:24.48 ID:qxCa8MZR0

提督「分かった、ではまず早速だがこのスパッツを履いてもらおう」スッ


朝霜「なんで司令はスパッツを持ち歩いてんだよぉ!!」


提督「紳士の身だしなみだ」


北方水姫「これを穿けばいいのか?」


提督「あぁ、この場で穿いてくれ」


北方水姫「それくらいなんでもない…」スルスル


提督「おほぉ……」


朝霜「……ん?」


下2 北方水姫の体に何か特徴はあった?


748:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 00:12:43.70 ID:47cARZsqO

でかい


749:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 00:13:24.93 ID:5X9J8+T3o




752: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/02(月) 00:19:20.49 ID:qxCa8MZR0

北方水姫「よいしょ……」モッコリ


朝霜「……北方水姫、その下着の中って…?」


北方水姫「……これは脱ぐんですか?」


朝霜「いや、そうじゃなくてよぉ…」


提督「…まさか!?」


朝霜「……北方水姫、ちょっと確認させて欲しいんだけどよぉ…」


北方水姫「はい……?」


提督「おぉ…」ジーッ


朝霜「司令は出てけっ!」


753: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/02(月) 00:23:12.36 ID:qxCa8MZR0

ーーーーーー

提督「朝霜、どうだった?」


朝霜「北方水姫のは…デカかったよ……」


提督「嘘だろ…?」ガクッ


北方水姫「あの……?」


朝霜「司令には及ばねぇけどよ…それでも、かなりのモノだったぜ」


提督「……フタナリスパッツは…認められない…!」


北方水姫「私…ダメだったんですか?」


朝霜「いや、そうじゃなくてよ……」


北方水姫「この体がいけないんですね!?」


提督「ぐっ……そうなんだ…」


北方水姫「確かに、私の体は特殊なんです!でも…下2ができます!」


下2 北方水姫の台詞を


754:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 00:24:48.74 ID:nq1lYzvK0

この、股間のモノを使って洗脳できます!


755:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 00:25:51.37 ID:uUtDLFQBO

収納する事(男性器を)


756: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/02(月) 00:31:50.06 ID:qxCa8MZR0

北方水姫「これは体内に収納することができるんです!こうすれば朝霜さんとも変わりません!」


提督「……ほぅ」


北方水姫「提督はスパッツが大好きなんですよね?毎日提督の為にスパッツを穿きます!」


提督「ようこそ、我が鎮守府へ」


北方水姫「ありがとうございます!」


朝霜「司令よぉ……」


提督「おいおい…北方水姫が来てくれれば、これで毎日スパッツが三枚だぞ?想像しただけで……たまらん!」


朝霜「はぁ……」


北方水姫「私に何ができるのかわかりませんが、精一杯頑張ります!」




761: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/02(月) 19:15:50.53 ID:MGKrOpjsO


ーーーーーー

朝霜「司令よぉ、本当によかったのか?」


提督「なんのことだ?」


朝霜「北方水姫のことだよ。その場の勢いだけで、何にも考えてねぇんじゃないのか?」


提督「大丈夫だ、なんとかするさ」


朝霜「本当かよ…」


下3「失礼します」


下3 訪れた人物を


762:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 19:17:42.33 ID:fbIIHbLZO

Oh淀


763:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 19:23:26.36 ID:v5Zsy5ORo

松輪


764:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 19:23:28.33 ID:7nSW/cpg0

イタリア


765: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/02(月) 19:37:32.30 ID:MGKrOpjsO

イタリア「提督、イタリアをお呼びでしょうか?」


提督「パスタ戦艦のメガネじゃない方こと、イタリアか」


朝霜「酷ぇ覚え方だな…」


提督「だがこれなら間違えることはないだろう?他にいないんだからな」


朝霜「そうだけどよぉ…」


イタリア「あの……?」


提督「よし、イタリアはとりあえずこっちを向いてくれ」ペカー


イタリア「あっ!…下3」


下3 イタリアの懺悔を


766:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 19:38:37.25 ID:aX1eLDexo

加速下


767:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 19:41:27.09 ID:2bgeERIn0

実はイタリアのピッツァより、アメリカのピザのほうが好き


768:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 19:41:32.83 ID:aAK+SUZ/o

得意な料理がナポリタンなんです…


769: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/02(月) 19:46:15.12 ID:qxCa8MZR0

イタリア「得意な料理がナポリタンなんです…」


提督「さてはお前エセイタリア人だな!」


イタリア「仕方ないじゃないですか!本場のパスタ料理って凄く難しいんです!」


朝霜「そうかぁ?あたいはそんなに難しくはなかったけどなぁ」


イタリア「……え?」


提督「リベッチオに教えてもらったんだよな?たまに作ってくれるんだが、これが中々美味しくてな」


朝霜「へへっ、そうだろ?」


イタリア「……朝霜、私にそのパスタ料理を作ってもらってもいいですか?」


770: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/02(月) 19:48:55.00 ID:qxCa8MZR0

ーーーーーー食堂

朝霜「はいよっ、簡単なのだけどな」コトッ


イタリア「これが……」


提督「うん、やはりいい匂いだな」


朝霜「ペペロンチーノだからな。ニンニクは抑えてあるから、心配しないでくれ」


イタリア「……いただきます」


提督「味はどうだ?」


イタリア「下3」


下3 イタリアの感想や行動を


771:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 19:52:31.98 ID:qzgQg69BO

こんなのがペペロンチーノですって!?
冗談じゃない!(パクパクパクパク)


772:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 19:54:50.57 ID:v5Zsy5ORo

しっかり辛味がしみ込んでます


773:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 19:54:52.50 ID:f9S3pUpA0

乳化の具合が甘いけど、良い線いってるわね


775: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/02(月) 19:58:25.85 ID:qxCa8MZR0

イタリア「乳化の具合が甘いけど、良い線いってるわね」


朝霜「乳化ってなんだ?」


提督「俺に聞かれても困るが…」


イタリア「パスタの国から来た私が言うんですから、間違いありません」


提督「ならいいんだが…そもそも、なんで朝霜の料理を食べたかったんだ?」


イタリア「……朝霜、少し話があります」


朝霜「ん、なんだ?」


イタリア「どうかお料理の弟子にして下さい」土下座


777: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/02(月) 20:02:38.71 ID:qxCa8MZR0

朝霜「やめてくれよ!頭をあげてくれ!」


提督「イタリア、何故朝霜なんだ?ローマやリベッチオだっているだろう?」


イタリア「あの二人には私が料理が下手なのは言ってないんです…」


提督「あぁ…」


イタリア「もしこのことがバレたら…エセイタリア人としてずっと生きていかなければいけないの!」


朝霜「大袈裟じゃねぇのかなぁ…」


イタリア「これは重大な問題なんです!ねぇ朝霜、私を弟子にしてくれるわよね!?」


朝霜「下3」


下3 朝霜の台詞を



778:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 20:02:54.86 ID:+8DD+rc2O

人によるけどペペロンチーノでも乳化させるぞ


779:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 20:03:50.23 ID:fbIIHbLZO

そこまで言うなら


776:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 19:59:06.33 ID:qzgQg69BO

カルボナーラならいざしらずペペロンチーノで乳化とは…


780:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 20:04:09.34 ID:qvkJsKTWO

>>776
乳化ってむしろペペロンチーノみたいなオイル中心のパスタでこそ重要だったかと


なあ提督、飯があたし手作りのパスタだらけになって大丈夫か?


782: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/02(月) 20:10:36.98 ID:qxCa8MZR0

朝霜「なぁ司令、飯があたし手作りのパスタだらけになって大丈夫か?」


提督「朝霜の作ってくれた飯なら毎食だって食うぞ?」


朝霜「……よしイタリアさん、あたいでよかったら色々と教えてやるぜ」


イタリア「ありがとうございます師匠!」


提督「このことは秘密にしとかないといけないんだよな?あの二人には知られないよう上手くやれよ?」


朝霜「当たり前だっ!」


イタリア「私も気をつけますね~」


783: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/02(月) 20:14:07.69 ID:qxCa8MZR0

ーーーーーー執務室

朝霜「それにしてもなんであたいだったんだろうな?他にも料理上手はいっぱいいるのに」


提督「料理上手に相談してたらバレやすいと思ったんじゃないか?他の奴が相談に来た時に鉢合わせして…とかな」


朝霜「なるほどなぁ…」


提督「まぁ朝霜の料理はイタリアには作れんと思うが…」


朝霜「なんでだ?そんなにレシピも難しくないぜ?」


提督「いや、俺への愛情が…さ……味に……」


朝霜「司令……言ってる途中で照れるのやめてくれよぉ…」


下3「失礼します」コンコン


下3 訪れた人物を


784:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 20:17:59.60 ID:+8DD+rc2O

伊良湖


785:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 20:22:28.02 ID:aAK+SUZ/o

武蔵


786:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 20:22:30.91 ID:iXZxDP5XO

千歳


788: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/02(月) 20:25:57.60 ID:qxCa8MZR0

千歳「提督、また私に何か用ですか?」


朝霜「あれ?千歳さんって前に…」


提督「そうだ、あの時のことが少し気になってな」


千歳「あの……提督?」


提督「……千歳、こっちを向いてくれ」ペカー


千歳「……下3」


下3 千歳の懺悔や台詞を


789:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 20:27:02.38 ID:wX1RLBfH0

千代田とどっちが柔らかいですか?


790:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 20:27:35.62 ID:aX1eLDexo

なにもありまセん


791:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 20:27:40.56 ID:+8DD+rc2O

未だに胸が成長してることを隠しててごめんなさい


792: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/02(月) 20:38:44.93 ID:qxCa8MZR0

千歳「未だに胸が成長してることを隠しててごめんなさい…」


提督「まだ大きくなるのか!?」


千歳「えぇ……また新しい下着を買わないといけないんです…」


朝霜「女のあたいでも羨ましいよ…」


提督「大きくサイズが違うようならちゃんと報告してくれよ?艤装に不具合が出る可能性があるからな」


千歳「はい…」


793: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/02(月) 20:43:11.96 ID:qxCa8MZR0

千歳「提督、もういいのかしら?」


提督「いや、まだ千歳には用があるんだ」


千歳「もう秘密はありませんよ?」


提督「……本当だな?」


千歳「なんですか、怖い顔をして…」


提督「……アクセス権限と聞いて、何かピンとくるものはあるか?」


千歳「えっ……?」


提督「千歳、ちゃんとこっちを向くんだ」ペカー


千歳「……下3」


下3 千歳の台詞を


794:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 20:44:52.22 ID:+8DD+rc2O




795:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 20:47:03.01 ID:wX1RLBfH0




796:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 20:47:13.21 ID:rcbWFtaSo

初期の建造艦だとたまにあることなんですよ


799: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/02(月) 20:57:40.92 ID:qxCa8MZR0

千歳「……初期の建造艦だとたまにあることなんですよ」


朝霜「建造艦なんてうちの鎮守府にいたか……?」


提督「…そういうことなんだな、千歳」


千歳「はい……」


朝霜「……どういうことなんだよ司令?」


提督「この千歳はここに来る前に…大本営か何処かで建造された艦なんだな?」


千歳「えぇ、適正のあった人達と一緒にここに着任する時に、書類を誤魔化してここに着任したんです」


朝霜「なんで……そんなことをしたんだよ?」


800: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/02(月) 21:01:36.73 ID:qxCa8MZR0

千歳「そうしないと色々と不都合が出たりしてしまいますので…」


提督「しかし建造艦娘とはな……初めて見たが、本当にドロップと変わらないぞ…」


千歳「同じなのが普通ですから、滅多にバレることはありません」


朝霜「あたいが懺悔ライトを使っても無理だったのは…」


千歳「バグの一種ですね。予期せぬ操作…というやつです」


提督「……それはもういいんだ。それより千歳、建造艦のお前がここに来たということは、前の鎮守府で何かあったから…なのか?」


千歳「下3」


下3 千歳の台詞を


801:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 21:03:35.99 ID:wX1RLBfH0

酒の勢いで提督と夜戦したら提督が腹上死した


802:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 21:05:12.03 ID:v5Zsy5ORo

島風を追ってるうちにこの鎮守府へ


803:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 21:05:16.63 ID:tfJfmv3C0

前鎮守府の提督が艦娘を虐待している輩だったので、元帥閣下へ内部告発をし、鎮守府解体された


805: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/02(月) 21:13:40.07 ID:qxCa8MZR0

千歳「前鎮守府の提督が艦娘を虐待している輩だったので、元帥閣下へ内部告発をし、鎮守府解体されたので…」


提督「なるほどなぁ…」


朝霜「そんな奴…本当にいるのかよ…」


提督「艦娘は自分の持ち物だと誤解してる奴がいるのは事実だ。千歳の行動は間違っていない」


千歳「ありがとうございます…」


提督「しかしまさか千歳がなぁ…」


朝霜「なぁ、千歳さん。建造艦ってある特徴があるって聞いたんだけど、聞いてもいいか?」


千歳「多分噂に過ぎないと思うけど…いいわよ?」


朝霜「じゃあ…下3」


下3 朝霜の質問を


806:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 21:14:48.17 ID:IOdutuF3O

体の一部が機械化してるって本当?


807:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 21:15:13.26 ID:aX1eLDexo

ドロップ艦と他の区別ある設定好き
安価↓


808:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 21:15:29.98 ID:fbIIHbLZO

体の何処かに番号があるって聞いたことがある


809: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/02(月) 21:25:05.86 ID:qxCa8MZR0

朝霜「体の何処かに番号があるって聞いたことがあるんだけどよぉ」


千歳「……」


提督「どうなんだ千歳?」


千歳「これは…実際に見てもらった方が早いかもしれないわね」


朝霜「じゃあ……」


千歳「あまり綺麗なものじゃないけど…」


下2 千歳の何処に番号があった?


810:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 21:25:46.89 ID:v5Zsy5ORo

首根っこ


811:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 21:26:23.73 ID:rcbWFtaSo

胸の裏に隠れるように


814: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/02(月) 21:39:06.85 ID:qxCa8MZR0

千歳「ここなんですけど……」ゴソゴソ


朝霜「!!司令は後ろ向いてろ!」


千歳「大丈夫ですよ、私は気にしません」


提督「よし、ならガン見しておこう」


朝霜「この司令は……」


千歳「ほら……胸の裏に隠れるように、番号がありますよね?」


提督「本当だな……」


朝霜「1011……?」


提督「ちとせ、ということだろう。いち、とう、せん…で1011だな?」


千歳「……はい」


815: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/02(月) 21:43:29.55 ID:qxCa8MZR0

朝霜「本当にあったんだな…」


千歳「建造艦との区別の為だったんでしょうね」


提督「このことは誰も知らないんだな?」


千歳「えぇ、提督を含めて知ってる人は居なかったはずです」


提督「……よし、ならこのことは聞かなかったことにしよう!」


朝霜「はぇ!?」


提督「うん、そのことを俺が知っても何も気にしないし、千歳は千歳だ。ということで千歳、もう帰っていいぞ」


朝霜「ちょ、ちょっと待ってくれよ!」


提督「なんだ朝霜、何か千歳にあるのか?」


朝霜「下3」


下3 朝霜の台詞を


816:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 21:46:07.59 ID:r14AR/yZo

いつもなら 秘密にしておく代わりにこのスパッツを履くんだとか とか言ってんじゃんっ!?なんか変なもの食ったのか!?


817:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 21:47:55.25 ID:vYm+Re6F0

なんでまともなリアクションなんだ!?


818:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 21:49:43.40 ID:fbIIHbLZO

>>817
+
>>816



820: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/02(月) 21:57:48.92 ID:qxCa8MZR0

朝霜「なんでまともなリアクションなんだ!?いつもなら秘密にしておく代わりにこのスパッツを履くんだとかとか言ってんじゃんっ!?なんか変なもの食ったのか!?」


千歳「そうなんですか提督?」


提督「朝霜、いくら俺でも空気は読むぞ?」


朝霜「うっそだろぉ…」


千歳「じゃあ提督、私はこれで…」


提督「あっ、ちょっと待ってくれ」


千歳「はい?」


提督「建造艦の特徴が気になるから、よかったらこれを毎日着けて、その日の終わりに俺の所にもってきてくれないか?」


千歳「それは……?」


提督「下3」


下3 スパッツ以外で千歳に渡したものを


821:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 21:58:09.84 ID:s6J3MVHro

タイツ


822:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 21:58:52.45 ID:r14AR/yZo

レギンス


823:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 21:59:10.57 ID:rcbWFtaSo

スポブラ


824: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/02(月) 22:06:47.88 ID:qxCa8MZR0

提督「スポブラだ」


千歳「まぁ……」


提督「出撃後はできれば着替えずに、そのまま着け続けたものを持ってきて欲しい」


千歳「…わかりました。提督に協力させていただきます」


提督「ありがとう、助かるよ」


千歳「でもよく私のサイズのスポブラなんて持ってましたね」


提督「こんなこともあるかと思ってな!」


千歳「あれ…?朝霜ちゃん、どうしました?」


朝霜「下3」


下3 朝霜の台詞や行動を


825:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 22:09:48.48 ID:IOdutuF3O

ksk


826:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 22:10:37.09 ID:vYm+Re6F0

だろうなと思ったよ、心配して損した


827:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 22:13:05.54 ID:+8DD+rc2O

スパッツじゃないだと…!?


829: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/02(月) 22:33:44.12 ID:qxCa8MZR0

朝霜「スパッツじゃないだと…!?」


提督「ふっ、朝霜もまだまだだな。千歳にスパッツを穿かせても無意味!」


朝霜「な、なんでだ!?」


提督「そもそもスパッツが魅力的なのは、あの蒸れ具合と女の子の香りが堪らないからだ」


朝霜「千歳さんは汗をかかないっていうのか?」


提督「違う、もっと魅力的な所に多く汗をかいているんだ!」


朝霜「……まさか?」


提督「そう、谷間だ!あの蒸れた谷間からの香り……おぉ…想像しただけで…」


830: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/02(月) 22:36:17.39 ID:qxCa8MZR0

千歳「提督は匂いフェチなんですか?」


提督「いや、俺はよだれフェチだ」


千歳「うわ…」


朝霜「思いっきり引かれてんじゃんかよぉ…」


千歳「それは……私のよだれも欲しい…と?」


提督「いやそうじゃない、よだれは朝霜ので間に合ってる。昨日も沢山……」


朝霜「それ以上は何も言うんじゃねぇ!!!!」


千歳「あら…」


下3「どうしましたか?」ガチャ


下3 訪れた人物を


831:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 22:38:03.61 ID:aX1eLDexo

沖波


832:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 22:41:41.11 ID:KvqlN16KO

千代田


833:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 22:41:43.83 ID:7nSW/cpg0

神威


834: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/02(月) 22:51:29.02 ID:qxCa8MZR0

神威「どうされたんですか?外まで声が聞こえて聞こえてましたが…」


提督「ぉっ……すまん神威、横を向かないでくれ…」


神威「……まだ慣れないんですね…」


提督「そんなの裸と変わらんぞ…」


朝霜「その格好はあたいもどうかと思うよ…」


千歳「大本営は何を考えているのかしらね…」


提督「朝霜すまん、俺のかわりに…」


朝霜「よし、神威さん…こっち向いてくれ」ペカー


神威「あっ!…下3」


下3 神威の懺悔を


835:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 22:53:38.95 ID:fbIIHbLZO

この格好は見せてるんです。趣味なんです。


836:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 22:54:32.85 ID:Jh0vll2ho

何人かの娘にこの格好の布教に成功した


837:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 22:54:44.55 ID:wX1RLBfH0

本当はもっと布面積を減らしたい


839: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/02(月) 23:01:39.20 ID:qxCa8MZR0

神威「本当はもっと布面積を減らしたいんです」


提督「やめてくれ…神威をまともに見れなくなる……」


千歳「朝霜ちゃんの裸を散々見てるのに、提督ってウブなんですか?」


提督「違うんだよ…あの体型とオッパイの大きさ……裸よりエ口い…」


朝霜「……あたいに色気がねぇってことか?」


提督「違う、そうじゃないんだ!」


千歳「そもそも神威はなんで布面積を減らしたいの?その格好って暑いから?」


神威「下2」


下2 神威の台詞を


840:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 23:04:21.09 ID:KvqlN16KO

そうしたら皆見てくれるんじゃないかと思って


841:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 23:04:29.91 ID:fbIIHbLZO

もっと私を見て欲しい


843: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/02(月) 23:12:27.84 ID:qxCa8MZR0

神威「もっと私を見て欲しいんです」


提督「ふむ…そういう理由ならわかるな」


朝霜「どういうことだよ司令?」


提督「戦闘において補給艦はあまり主役にはなれない。だからもっと目立ちたい…ということだろう」


千歳「弱い艦ということではなくて、使い道が少ない…というのが悩み所ね」


神威「はい……戦闘で目立てないなら、島風ちゃんみたいにもっと布面積を小さくすれば…と思ったんです」


提督「島風まで小さくするのはやりすぎだ…」


844: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/02(月) 23:14:48.69 ID:qxCa8MZR0

朝霜「司令島風をまともに見れねぇもんな」


提督「なんなんだよ島風は…あんな下着を見せつけるように…」


千歳「厚着すると遅くなるらしいから、あの格好なんですってね」


神威「島風ちゃんはこうやって話題にもなりますよね?だから私も…」


提督「だからってそれはやめてくれ!」


千歳「なら私にいい考えがあるわ」


神威「それってどんなのですか!?」


千歳「下2」


下2 千歳の案を


845:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 23:17:12.58 ID:r14AR/yZo

外付けで艤装を強化したらいいんじゃないかしら ゲームで見たんだけれど…オーバードなんたらって言う…


846:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 23:17:32.79 ID:Jh0vll2ho

飲めばわかるわ


847: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/02(月) 23:22:16.32 ID:qxCa8MZR0

千歳「飲めばわかるわ」ドンッ


朝霜「どこから一升瓶を出したんだよ!?」


千歳「永遠の秘密よ」


神威「本当に飲めばわかるんですね?」


千歳「そうよ、だから…提督もご一緒にどうですか?」


提督「流石に仕事中だしな…」


千歳「じゃあ軽く一杯だけでいいですから、ね?ほら朝霜ちゃんもどうぞ」


朝霜「ち、千歳さん…」


提督「やれやれ…一杯だけだからな?」



下2 この後どうなった?


848:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 23:24:17.85 ID:r14AR/yZo

凄まじく強いお酒だったのか全員酔っ払って即席の酒盛りに発展 神威の件はうやむやに…


849:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 23:24:20.36 ID:7nSW/cpg0

全員全裸で大騒ぎ


851: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/02(月) 23:33:12.69 ID:qxCa8MZR0

ーーーーーー

提督「朝霜~~!愛してるぞ~!」


朝霜「えへへ~あたいも大好き~」


神威「全裸で抱き合って…羨ましいなぁ、提督と朝霜ちゃん…」


千歳「神威、なら私達も楽しみましょう?」


神威「……そうですね。千歳さんのその胸…気になってたんです~!」


千歳「ほらほら、こんなに大きいのよ~?」プルン


神威「うわぁ~プルプルオッパイだ~!」



下2 この状況は誰が止めた?
誰も止めることはなく、さらにどうにかなったでも可


852:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 23:36:37.34 ID:aX1eLDexo

ながもん


853:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 23:36:45.28 ID:rcbWFtaSo

朝霜も提督もおっぱいサンドにされて残ったのは屍のみ


855: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/02(月) 23:44:57.25 ID:qxCa8MZR0

ーーーーーー

大淀「提督、今日の任務達成率は……」


その日、いつもの様に大淀は執務室に入ってくるが、執務室の変わり果てた様子に絶句する。
本来椅子に座っているはずの提督、側で補佐をしているはずの秘書艦が全裸で床に倒れていたのだ。

大淀は慌てて二人にかけよるが、何か様子がおかしい。全裸で倒れていること自体がおかしいのだが、それだけではなかったのだ。

提督と朝霜の顔や体には丸みを帯びた痣があり、何か液体に濡れているようだった。さらに提督は気絶しているにも関わらず、何処か幸せそうな顔をしていたのだ。

一体何が……?大淀が考え込んでいると後ろに気配を感じ、慌てて振り向くがもう遅かったのだ


神威「大淀さんも~」


千歳「オッパイサンドしてあげますね~!」


856: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/02(月) 23:48:44.60 ID:qxCa8MZR0

大淀「」


神威「大淀さんは手ごたえなかったですね~」


千歳「不意だったから仕方ないわ」


神威「う~まだまだ足りないです!もっと皆んなにオッパイサンドをしたいです!」


千歳「じゃあ食堂にでも行く?まだみんないると思うし」


神威「いいですね~!その前にお酒をもう少し…」


千歳「あなたいける口よね。ほら、ぐぐっと…」


神威「ん……ぷぁ~。今度は千歳さんもほら…」


千歳「んく……ふぅ。さぁ、行くわよ~!」


神威「はい~!」



下2 この後どうなる?


857:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 23:50:14.31 ID:wX1RLBfH0

全国の鎮守府で提督へのおっぱいサンドが大流行


858:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 23:50:17.83 ID:pjObrnfK0

フラット5に遭遇


860:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 23:53:20.69 ID:/R6MKZXpo

オイオイオイまた流血か?


861: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/02(月) 23:57:27.98 ID:qxCa8MZR0

大鳳「こうやって皆さんと集まるのも久しぶりですね」


龍驤「うちが出撃ばっかりやからなぁ~」


葛城「私は外出禁止だし…」


瑞鶴「葛城あんた何したのよ…」


瑞鳳「加賀さんとお医者さんごっこしてる瑞鶴さんは言う資格ないですよ…」


大鳳「……ねぇあれって?」


神威「オッパイサンドの餌食にしますよ~」


千歳「ほらほら、みんな昇天しなさ~い!」


瑞鶴「あれって千歳さんに神威…?」


瑞鳳「なんで裸なの?」


葛城「あんなに…見せつけるみたいに…」


龍驤「……下2」


下2 龍驤の台詞や行動を


862:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 23:59:19.05 ID:r14AR/yZo

巨乳に呪いあれっ巨乳に禍あれっ(血の涙)


863:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 23:59:26.70 ID:EwftEgUwO

づほを掴んで「うちらにだってできるわ!」



864: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/03(火) 00:09:08.78 ID:hQk+150q0

龍驤「うちらにだってできるわ!行くで瑞鳳!」


瑞鳳「え、私!?」


龍驤「身長を考えてや!いくで!」


神威「あれ~龍驤さんに瑞鳳さんじゃないですか~」


千歳「二人もオッパイサンドされたいの~?」


龍驤「何を言うとるんや!うちらが本物のオッパイサンドを見せたる!」


瑞鳳「あんなの見せつけちゃってー!!」


千歳「勝負ということね…負けないわよ!」


神威「私のオッパイに沈みなさい!」



下2 オッパイ対決の結果は?


865:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 00:11:08.79 ID:g+uAor2z0

無念。まな板二枚は巨乳の快楽に敗れた


866:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 00:11:27.24 ID:dElWVGhdO




868: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/03(火) 00:23:01.89 ID:hQk+150q0

龍驤、瑞鳳「あへぇ…」


大鳳「龍驤さんと瑞鳳がオッパイの快楽に溺れてしまったわ!」


瑞鶴「あの二人でダメだなんて…!」


神威「次は~」


千歳「あなた達よ~!」


葛城「こっちに来ますよ!」


瑞鶴「こうなったら、私達でなんとかするわよ!」


大鳳「龍驤さんでもダメだったのに?」


瑞鶴「私達がなんとかしないと、このオッパイモンスターが鎮守府を暴れ回ってしまうわ!」


葛城「……私達が阻止しましょう!」


大鳳「フラット5の本気を見せるときです!」


だが現実は非情であり、この日二人のオッパイモンスターは鎮守府を暴れ周り、多くの艦娘が被害に遭った。

中には癖になった者、トラウマを植え付けられた者。様々な艦娘に被害を出し尽くした後、元凶の二人は子どもの様に寝てしまった。

その寝顔は、先程までの惨劇の主犯格とは思えないような悪意の全くない綺麗な寝顔だったという……




873: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/03(火) 19:25:40.02 ID:hQk+150q0


ーーーーーー

提督「……体の痣は消えたか?」


朝霜「あたいが見た限りなかったけどよぉ…」


提督「外で大事な用事があるってのに、暴れられるとはな…」


朝霜「千歳さんと神威さん…酒が入るとあんなことになるなんて…」


提督「最初はいい気分だったんだ。オッパイサンドなんてされたことなんてなかったんだ」


朝霜「でも……あの二人の胸圧は……武器だ」


提督「あの二人が鎮守府を暴れ回ったおかげで、数日は機能がマヒしていたからな」


朝霜「そういえばあの二人はどうしたんだよ?」


提督「下3」


下3 提督の台詞を


874:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 19:28:05.40 ID:+G98RZok0

正気に戻ったら反省したらしく、今は自室待機している


875:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 19:28:12.65 ID:0JEVC9pVo

ちょっと長い旅行に出かけた


876:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 19:28:17.24 ID:jInnBqwi0

校庭のど真ん中で下着姿のまま張り付けて縛って見世物にしてる


878: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/03(火) 19:53:28.81 ID:hQk+150q0

提督「中庭のど真ん中で下着姿のまま張り付けて縛って見世物にしてある」


朝霜「トイレ休憩以外ずっと張り付けだもんなぁ…」


提督「二人は全員の乳痣が消えるまで、ああするつもりだ」


朝霜「……ま、これで神威さんも目立てたから文句はねぇだろ」


提督「……さて、そろそろ出発しよう。準備はできているな?」


朝霜「もちろんだっ!」


879: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/03(火) 19:55:51.08 ID:hQk+150q0

提督「……そうだ、雲龍も途中まで連れていくんだった。あいつも準備できてるのか?」


朝霜「なら確認しに行くか?」


ーーーーーー

朝霜「そういや司令、雲龍さんには詳細話してあんのか?」


提督「いや、何も話してない」


朝霜「マジか…」


提督「話すと変なことになるかもしれないからな。雲龍、入るぞ」ガチャ


下3 雲龍の様子や状況を


880:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 20:01:37.29 ID:k5LhYYOeO

着替え中


881:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 20:04:14.26 ID:CCV1W1lTo

全裸


882:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 20:05:13.00 ID:nKSJGurXo

着替え中で全裸


885: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/03(火) 20:13:15.47 ID:hQk+150q0

雲龍「提督?まだ準備中よ」


提督「おっ!すまん!」


朝霜「しかし……スゲェ体だな…」


雲龍「この体は自慢なのよ。胸だけじゃなくて、体型も自信があるの」


朝霜「……何をどうすればいいんだ?」


雲龍「え?」


朝霜「どうすれば…そんなエ口い体になれるんだよ?」


雲龍「下3」


下3 雲龍の台詞を


886:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 20:16:19.36 ID:hNGAUdaJ0

バランスの取れた食事、適切な運動、充分な睡眠が体を発達させるの
結局は規則正しい生活を送るのが重要ね


887:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 20:17:53.47 ID:8uNmVy/MO

食事、体重などをしっかり記録して自己管理する


888:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 20:18:27.10 ID:vrUKgED20

>>886


889: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/03(火) 20:26:06.94 ID:hQk+150q0

雲龍「バランスの取れた食事、適切な運動、充分な睡眠が体を発達させるの。結局は規則正しい生活を送るのが重要ね」


朝霜「……やっぱり基本はそこなんだな」


雲龍「これが基本で、これ以上はないの。覚えておくといいわ」


朝霜「ん……」


提督「なぁ……俺はいつまで後ろを向いていればいいんだ?」


雲龍「ごめんなさい、もう少し待ってて」


朝霜「早くしてくれよ~」


雲龍「……ねぇ朝霜、一つアドバイスをあげるわ」ヒソヒソ


朝霜「えっ?」


雲龍「あのね…下3」


下3 雲龍の台詞を


890:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 20:30:33.85 ID:8uNmVy/MO

恋をしてる女の子は何よりも可愛いものよ


891:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 20:34:09.57 ID:4fu3mhcNO

スパッツやタイツ、下乳と来たなら……脇の魅力も効くと思うわ


892:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 20:34:15.27 ID:cwgr7vaDo

バルーンを使って拡げると、怪我しにくく、ギリギリまで慣らしていけるわ


895: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/03(火) 20:42:46.69 ID:hQk+150q0

雲龍「バルーンを使って拡げると、怪我しにくく、ギリギリまで慣らしていけるわ」ヒソヒソ


朝霜「!!」


雲龍「今はバイブを使っているんでしょう?ほら、これがバルーンよ」コソッ


朝霜「ん……ありがたく受け取るよ」


雲龍「男の人に抱かれるということは、女としてこれ以上の幸せはないの。朝霜も早くこの喜びを知って欲しいの」


朝霜「……まぁこれはありがたく使わせてもらうよ」


提督「おーい、まだか?」


雲龍「もう大丈夫よ。ねぇ朝霜?」


朝霜「…そうだなっ」


896: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/03(火) 20:47:21.15 ID:hQk+150q0

雲龍「提督、用意はしたのだけど、結局どこに連れていってくれるの?」


提督「俺と朝霜は一緒のところに行くんだが、雲龍は途中から別行動だ」


雲龍「……それってこの前の罰だったりするの?」


提督「着いてくればわかるさ。さぁ、出発だ」


朝霜「時間はちゃんと確認したかぁ?」


提督「もちろんだ、ちゃんと調べてあるぞ~」


雲龍「……何が始まるのかしら…」


897: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/03(火) 20:50:05.19 ID:hQk+150q0

ーーーーーー電車の中

雲龍「……都市に向かっているのね?」


提督「最終的な目的地ではないが、方向はあってるぞ」


朝霜「都市の方は通るだけだ」


雲龍「……そう」


提督「しかし…電車の中というのも暇だな。これなら暇つぶしでも持ってくればよかったな」


朝霜「あっ、ならよ…下3」


下3 朝霜の台詞や提案を


898:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 20:54:32.99 ID:mRMbsCemo

お菓子作ってきたから食べろ


899:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 20:56:01.41 ID:FfIk2y0r0




900:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 20:56:03.01 ID:4L8++Gxu0

1cm尻上げ(空気椅子)やろうぜ


904: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/03(火) 21:05:33.68 ID:hQk+150q0

朝霜「空気椅子やろうぜ」


雲龍「ただやるのはつまらないわね。罰ゲームをかけるのはどう?」


提督「よし乗った!」


朝霜「罰ゲームはやりながら考えようぜ!」


提督「やるのは乗り換えの駅までにしよう。まぁ多分それまでに決着はつくだろうがな」


朝霜「司令があたいに勝てると思ってんのかぁ?」


提督「ふっ、これでも運動はしてる!……はずだ」


雲龍「そう、なら頑張ってちょうだいね」



下1~3罰ゲーム内容とコンマ判定 コンマが一番低かった人物の負けで、上から提督、朝霜、雲龍とします


905:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 21:06:19.20 ID:g+uAor2z0

刺激的絶命拳


906:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 21:06:24.84 ID:0JEVC9pVo

恥ずかしい過去話


907:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 21:07:08.77 ID:h7wcPhYIo

降りてから、皆の
荷物を一人で持つ


912: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/03(火) 21:22:48.41 ID:hQk+150q0

提督「二人共強過ぎないか……?」ハァハァ


朝霜「司令がだらしねぇだけだよ」


雲龍「そもそも艦娘に勝とうというのが無茶だったわね」


提督「くっ……負けは負けだ。罰ゲームは受けるぞ!」


雲龍「じゃあ私の罰ゲームは、降りてから私達の荷物を持ってもらえる?」


提督「ぐっ、わかった……」


朝霜「あたいは…司令の恥ずかしい過去話でも聞きたいな~」


提督「……いつの時の話でもいいんだな?」


朝霜「あぁ、構わねぇぜ」


提督「……下3」


下3 提督の恥ずかしい過去話を一つ


913:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 21:25:09.45 ID:ypZVE+jr0

中学生2年の頃までけつだけ星人を持ちネタにしていた


914:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 21:25:16.75 ID:g+uAor2z0

掘り艦をリアルRTAしたことがある


915:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 21:27:21.43 ID:cwgr7vaDo

朝霜のタイツ嗅いで寝たら久々に夢精してた


919: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/03(火) 21:33:19.72 ID:hQk+150q0

提督「この前朝霜のパンスト嗅いで寝たら久々に夢精してたんだ」


朝霜「うわぁ…」


雲龍「夢精するなんて、相当溜まっていたのね」


提督「あれは恥ずかしいし情けないし…この歳になって下着を一人で洗うとは思わなかったぞ…」


朝霜「大変なんだなぁ…」


雲龍「提督、その時の夢の内容は覚えてる?」


提督「あぁ覚えてるぞ。えっとな…」


下2 提督が語った夢の内容は?


920:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 21:34:24.26 ID:0JEVC9pVo

朝霜のパンストの海でおぼれる夢


921:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 21:34:54.70 ID:ypZVE+jr0

朝霜が赤ん坊に授乳しながら提督の上で腰を振っていた


923: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/03(火) 21:47:21.91 ID:hQk+150q0

提督「朝霜が赤ん坊に授乳しながら俺の上で腰を振っていたんだ…」


朝霜「…………なんていうか…よぉ…」


雲龍「提督の趣向がよくわかる夢ね。夢はその人の欲望を表すと言うわ」


提督「……否定はしない。夢の中でめちゃくちゃ気持ちよかったしな…」


朝霜「授乳しながらは危ねぇだろ」


雲龍「そこなのね」


次は~~です。~~です。


提督「…………そうこうしてる内に駅に着いたようだ。ここで降りよう」


朝霜「荷物は全部司令が持ってくれよ~」


924: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/03(火) 21:51:24.66 ID:hQk+150q0

ーーーーーー

提督「荷物重かった……さて、雲龍はここで俺達とはお別れだ」


雲龍「そうなの?私は何処へ行けばいいの?」


朝霜「雲龍さんのこれからのチケットと地図だ」スッ


雲龍「……田舎の方に行けばいいのね?」


提督「あぁ、そこには俺の実家がある」


雲龍「!!」


提督「父親には俺の部下が出張ついでに寄るという話をしてある」


朝霜「あたい達は明後日帰る予定だけどよ、もし帰れないようなら早めに連絡してくれよ?」


雲龍「下3」


下3 雲龍の台詞を


925:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 21:53:12.16 ID:g+uAor2z0

提督の耳元で「帰ったらいろいろしてあげるわ」


926:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 21:53:31.54 ID:0JEVC9pVo




927:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 21:53:40.63 ID:DT3SZicEO

お母さんって呼んでいいのよ?


930: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/03(火) 22:01:34.54 ID:hQk+150q0

雲龍「お母さんって呼んでいいのよ?」


朝霜「気が早ぇよ…」


提督「いや……そうなる可能性は考えていた」


朝霜「マジかよ!?」


雲龍「私が母親だと提督は認めてくれるのね。嬉しいわ」


提督「…全て上手くいったらの話だ。あくまで俺の部下として行くんだ、絶対に雲龍から手は出すなよ?」


雲龍「そういうのは得意よ。多分いつもの艤装に着替えて訪問すれば、イチコロね」


931: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/03(火) 22:06:32.04 ID:hQk+150q0

雲龍「それじゃあ提督、私はイッてくるわね」スタスタ


提督「何か字が違った気がしたが…まぁ気にしないでおこう」


朝霜「司令、あたい達も急ごうぜっ」


提督「ん、そうだな。目的地までまだあるしな」


ーーーーーー

ゴトゴト


朝霜「はぁ……いいなぁ……」


提督「何がだ?」


朝霜「これから行くとこだよ。あたいも憧れるなぁ…」


提督「挙式と言えばやはり教会なのか?」


朝霜「女の子の憧れだろぉ?はぁ……球磨さんの結婚式か…」


提督「磯風が俺達二人に行ってこいと招待状を譲ってくれたんだ。磯風の分まで祝ってやろう」


朝霜「…そうだよなっ!」


932: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/03(火) 22:10:01.68 ID:hQk+150q0

ーーーーーー

提督「ええっと…俺と鎮守府名と艦娘の名前を…」


朝霜「司令、早く中に入ろうぜっ!」


提督「ちょっと待ってくれ!…そうだそうだ御祝儀を……」



ーーーーーー

提督「いよいよ始まるみたいだな」


朝霜「ん……」モゾモゾ


提督「どうした?落ち着きがないようだが?」


朝霜「こんなお洒落な服…着慣れなくてよぉ…」


提督「なら普段からそういう服を着ればいいんじゃないか?かわいいぞ?」


朝霜「……ありがと」



下3 球磨の結婚式に起こったイベントや出来事を


933:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 22:11:01.11 ID:ypZVE+jr0

実は球磨は妊娠していると電撃発表


934:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 22:11:02.56 ID:g+uAor2z0

食事が蜂蜜と鮭オンリー


935:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 22:11:35.61 ID:Z93MlKW2O

ブーケトスを朝霜がキャッチ


936: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/03(火) 22:25:14.42 ID:hQk+150q0

ーーーーーー

提督「いい式…だったな」


朝霜「球磨さんのスピーチに…向こうの司令の手紙…感動しっぱなしだったなぁ…」


提督「あいつとは書類のやり取りをしていただけで、余り親しくなかったが…それでも感動したな」


朝霜「オードブルがほとんど鮭料理だったのがちょっと気になったけどな…」


提督「球磨の好物らしいからな。そこは我慢してやろう」


朝霜「でも一番印象に残ったのは……」


提督「朝霜がブーケトスのブーケを取ったこと…だよな」


937: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/03(火) 22:28:25.30 ID:hQk+150q0

朝霜「あたいはさ、ブーケトスには参加するつもりはなかったから皆んなからは離れてたんだよ」


提督「ところが球磨の力が強くて、ブーケが飛び過ぎて…」


朝霜「あたいの手の中にスポッて入ったもんなぁ…」


提督「皆んなから拍手貰ってよかったな」


朝霜「やめてくれよぉ…恥ずかしかったんだからな?」


提督「そうか……」


朝霜「……」


提督「……」


938: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/03(火) 22:31:36.97 ID:hQk+150q0

提督「なあ朝霜、なんで日帰りで帰れたのに、泊まりにして結婚式に来たと思う?」


朝霜「…………それは…」


提督「…この近くにな、プロポーズをするのに有名なスポットがあるんだ」


朝霜「…………うん、知ってる」


提督「……気付いていたのか」


朝霜「なんで泊まりにするんだろ…って思って、色々調べてたら…な」


提督「本当はな、明日する予定だったんだが……なぁ…」


朝霜「…………」


939: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/03(火) 22:33:56.29 ID:hQk+150q0

提督「……きっとこれも運命なんだ。朝霜がブーケを取ったのも…な」


朝霜「…………司令…」


提督「……あぁくそ、色々と用意してたのに…」


朝霜「あたいは…司令が言ってくれるなら、なんでもいいよ」


提督「……よし朝霜、一度しか言わないから聞いてくれ!」


朝霜「……はい」


提督「下3」


下3 提督の台詞を


940:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 22:35:44.35 ID:0JEVC9pVo

君と君のスッパツと一生添い遂げたい


941:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 22:36:28.01 ID:nKSJGurXo

一生俺の隣でパンストを履いてくれないか


942:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 22:36:29.22 ID:ypZVE+jr0

見つけたよ!もう誰にも渡さないよ!


948: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/03(火) 22:45:44.12 ID:hQk+150q0

提督「見つけたよ!もう誰にも渡さないよ!」


朝霜「……そのネタ知ってる」


提督「……マジか?」


朝霜「マジだ」


提督「うぅ~ん……なんで知ってるんだよ~…」


朝霜「夕雲姉さん達の影響で…な」


提督「他に洒落た言葉を……うーん…頭が回らない…」


朝霜「…なぁ司令、プロポーズって何も男からって決まってないよな?」


提督「え?」


朝霜「下3」


下3 朝霜の台詞又はいい感じの台詞を


949:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 22:46:46.51 ID:4L8++Gxu0

一生あたいのものになりなよ


950:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 22:48:03.63 ID:0JEVC9pVo

私の人生の半分をあげるから、あなたの人生の半分を下さい


951:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 22:48:18.86 ID:nKSJGurXo

あたいの旦那になって一生側にいてくれ!


952: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/03(火) 22:59:50.77 ID:hQk+150q0

朝霜「あたいの旦那になって一生側にいてくれ!」


提督「……こんな俺でいいのか?」


朝霜「駆逐艦のパンツ嗅いで、スパッツ狂いの司令でもいいんだ」


提督「頼りない変態でもいいんだな?」


朝霜「司令は頼りなくなんてねぇよ。鎮守府と皆んなを今まで守り切ってきたじゃねぇか。司令が頑張ってるのは誰よりも知ってんよ」


提督「……こんな俺を選んでくれてありがとう」


朝霜「それはあたいの台詞だ。こんなあたいを好きになってくれてありがとうなっ!」


提督「…………朝霜」ギュッ


朝霜「司令………大好き…」ギュッ


提督「ごめんな…いざという時に頼りなくて……」


朝霜「いいんだって…そんな司令が好きなんだからよぉ…」



下3 この後の展開を


953:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 23:01:12.94 ID:cwgr7vaDo

えんだああああああああああああああああいやああああああああああああああああ


954:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 23:01:59.53 ID:WIMRI+fAO

かそくした


955:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 23:02:01.00 ID:jInnBqwi0

鎮守府に資金提供してくれてる金沢提督が住む高層マンション行きお礼参りしにいく


957: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/03(火) 23:09:26.95 ID:hQk+150q0

ここは提督の鎮守府からは遠く離れた場所なので、再安価させて下さい


ここから下2でお願いします


958:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 23:11:04.81 ID:ypZVE+jr0

朝霜が挨拶したいからと提督実家へ


959:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 23:11:18.83 ID:nKSJGurXo




961: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/03(火) 23:22:23.54 ID:hQk+150q0

朝霜「なぁ司令、ここから司令の実家って遠くないんだよな?」


提督「そうだな…」


朝霜「挨拶に……行きたいんだけどよぉ…」


提督「……よし、行こう」


朝霜「ほんとにいいのか?」


提督「父親に嫁を紹介するだけだ。何も遠慮することはない」


朝霜「ん……」


提督「もう今日は遅いからな、明日にしよう」


朝霜「…………今日司令と寝たら初夜になるのか?」


提督「それは球磨達だろう。初夜っていうのは結婚式からだな…」


朝霜「司令……今日は夜更かししてもいいんだぜ?」


提督「……あぁ…わかってる。わかってるさ」


ーーーーーー


962: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/03(火) 23:25:17.17 ID:hQk+150q0

……朝霜、朝霜…


朝霜「ん……んん…」


提督「……朝霜、着いたぞ」


朝霜「あれ…あたい寝てたのか?」


提督「途中からグッスリだったよ」


朝霜「ん…ごめん司令…」


提督「それより朝霜、体調は大丈夫か?昨日…その……」


朝霜「これくらい大丈夫だって!さぁ、早く司令の実家に行こうぜ!」


ーーーーーー提督の実家

提督「そういえば雲龍はもう帰ったんだろうか?何も連絡はなかったが……」


朝霜「連絡がないならちゃんと帰ったんじゃねぇか?」


提督「それならいいんだが…」


下2 提督の実家の様子を


963:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 23:28:15.95 ID:uvEuKWDro

アへ顔ダブルピースしてる雲龍がいた



964:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 23:28:17.60 ID:4L8++Gxu0

提督の父親に雲龍が説教されてる
提督にも「こんな馬鹿な事を考える奴は息子でもなんでもねぇ」勘当すると怒ってる


970: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/03(火) 23:36:33.38 ID:hQk+150q0

……………!!



提督「なんだか怒号が聞こえるんだが…」


朝霜「嫌な予感しかしねぇ…」




雲龍「…」グスッ


朝霜「雲龍さんが半泣きになりながら正座してる…」


提督「父さん、どうしたんだ?」


提督父「この馬鹿息子がぁ~!」


提督「おいおい!理由も言わずに塩を投げようとしないでくれ!」


提督父「なんだとぉ!?自分のしたことがわからねぇっていうのか!?」


朝霜「司令が何をしたっていうんだよ?」


提督父「あの艦娘が言ってたぞ!下2」


下2 雲龍が提督父に言ったことを


971:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 23:37:14.95 ID:hNGAUdaJ0

提督父はまともだった


972:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 23:37:23.35 ID:nKSJGurXo

親父なら好きにしていいって


978: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/03(火) 23:47:17.61 ID:hQk+150q0

提督父「親父なら好きにしていいって言ったらしいな!」


提督「雲龍~!!」


雲龍「……ごめんなさい…」


朝霜「おとうさん、話を聞いてくれ!」


提督父「ワシはお前の父親ではない!」


提督「ええいとりあえず全員落ち着くんだ!」


提督父「なんでお前が仕切るんだ!そもそもこの艦娘は……!」


雲龍「ごめんなさない…私が悪いの…」グスッ


朝霜「だって…おとうさんって呼ぶのは間違ってないし…」ブツブツ


提督「あぁぁぁぁ!全員バラバラに喋るんじゃない!」


979: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/03(火) 23:50:59.33 ID:hQk+150q0

ーーーーーー

提督父「ふぅ……」


提督「雲龍に関しては俺が悪くないのがわかってくれたか?」


提督父「その件に関してはすまない。あの艦娘の言うことを間に受けてしまった」


朝霜「雲龍さん…なんであんなこと言ったのさ…」


雲龍「だって…」


提督「それで、俺と朝霜がここに来た目的とわかってくれたな?」


提督父「その艦娘が…」


朝霜「初めまして、司令と結婚する予定の…朝霜です」


提督父「下2」


下2 朝霜に向けた台詞を


980:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 23:51:34.85 ID:ypZVE+jr0

唖然(;゚Д゚)


981:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 23:51:50.39 ID:q/xfF/j6o

警察に電話しようとする


983:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 23:52:04.55 ID:0JEVC9pVo

何かの冗談か(真顔)


986: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/04(水) 00:01:51.35 ID:e5nk5YeY0

提督父「もしもし警察ですか?息子が子どもを洗脳したみたいで…」


提督「親父やめてくれ!」


朝霜「あたいは正常だ!」


提督父「正常な方がマズイだろ!この子は何歳なんだ!?」


朝霜「……ガチの年齢なら70歳くらいか?」


提督「一応駆逐艦朝霜の艦娘だから…そうなるか…?」


提督父「そういうことを言ってるんじゃない!世間体とか色々あるだろ!?そんな子どもを嫁にもらったらどうなるかくらい想像できるだろ!!」


提督、朝霜「下2」


下2 どちらかの台詞を


987:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/04(水) 00:04:49.93 ID:yWlWfWg2o

提督「海軍ではべつに問題ないんだ、ほらちょうど昨日挙式したのがこれだ」
(と、球磨結婚式の写真を)


988:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/04(水) 00:04:52.54 ID:6KLS/NQOo

二人共
うーん、今更どう思われてもなぁ…


990: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/04(水) 00:12:20.38 ID:e5nk5YeY0

朝霜「うーん…」


提督「今更どうと言われてもなぁ…」


提督父「な、何も考えてなかったのか!?」


提督「いやそうじゃなくてな…好きな相手が艦娘だっただけで、特に周りの目とかは考えてなかったんだ」


朝霜「あたいも司令以外の人好きになったことないし…」


提督「そうだ親父、俺達は何処に行ってきた帰りだと思う?」


提督父「そんなのわかるか!」


朝霜「別の司令と艦娘の結婚式の帰りなんです」


提督父「……なに?」


提督「その場にいた人達は全員二人を祝福してて、周りがどうとかそんなことを言ってる奴は一人も居なかった」


朝霜「あたいは何があっても司令についていきます!どうか結婚を認めて下さい!」


提督父「下2」


下2 提督父の台詞を


991:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/04(水) 00:16:10.80 ID:OuKtxBAx0

母さんに聞いてこい。私だけでは決めかねる


992:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/04(水) 00:16:25.19 ID:TpCjzLqD0

そこまで言われたら折れるしかないな


994: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/04(水) 00:22:12.71 ID:e5nk5YeY0

提督父「女の子にそこまで言われたら折れるしかないな……」


朝霜「やったぁ!やったぞ司令!」


提督「いいのか?」


提督父「ワシが拒否したところで、どうせ二人は結婚するんだろ?」


提督「いや…親父に認めてもらわなきゃ意味ないんだ。早くに母さんを亡くして、男手一つで俺を育ててくれた恩は忘れられない」


提督父「なんだそれくらい、親なら当たり前だろう?」


提督「その当たり前を普通に続けてこれたことが凄いんだよ。これからは恩返しさせてくれ」


提督父「ふむ……ならそこで正座してたはずの艦娘が逃げようとしてるのを捕まえてくれるか?」


雲龍「!!」


995: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/04(水) 00:31:01.05 ID:e5nk5YeY0

提督「雲龍お前~~!」


朝霜「あたいの前から逃げるとはいい度胸じゃねぇか!」


雲龍「もう散々怒られたわ、いい加減帰りたいの!」ダダダッ


提督「くそっ!朝霜、俺は裏から回り込む。朝霜はそのまま追いかけてくれ!」


朝霜「任せとけっ!」ダダダッ


提督父「はぁ……やれやれ、息子が立派な職業に就いて安心できると思ったら…」


チーン……


提督父「……お前も見てたか?あの子があいつの嫁になるらしい。人間じゃなくて艦娘と結婚とは…」


提督父「……まぁあいつが選んだんだ、悪い子ではないんだろう」


提督父「二人の歩む道は決して平坦なものではないだろう。だが、それでもあの二人なら…………」



雲龍止まれ~~!!
い、や、よ!
ここは通さねえ…何!?
ふふっ、これでも正規空母なのよ?
朝霜、また挟み撃ちだ!
今度は逃がさねぇ!!





【艦これ安価】提督「懺悔することだと?」 金剛「その3」


了!


996: ◆ZxOTJs0THw 2017/10/04(水) 00:33:07.94 ID:e5nk5YeY0

最後は駆け足になってしまってすいませんでした、ここで終わらないとダラダラやってしまうかもしれなかったので…


まだ何か伏線を回収できてないかもしれないので、番外編か何かをやるかもしれません


そもそも休むかもしれませんが、とりあえずこのスレはこれで終わりです


それでは安価を取ってくれた皆さん、ありがとうございました!
それではまたいつか




【艦これ安価】提督「懺悔すること?」【番外編】


【安価】提督「懺悔すること?」
1: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/08(月) 22:22:01.51 ID:yR3FZFC00

提督「イベント海域も一段落したし、ここらで皆に休暇でも与えてやるか…」



霞「いいご身分ね、クズ司令官」



提督「げっ霞…」



霞「失礼なリアクションね。何がイベントが一段落よ、ほとんど丙だったじゃない」



提督「いや、それはだな…」



霞「はあ…まあいいわ、それより、前の懺悔装備は覚えてる?」



提督「忘れたくても忘れられんぞ、あれは」



霞「あれのせいで一部の艦娘に悪影響が出てるのよ。ここにリストを用意してきたから、解決したいものから選びなさい」



提督「どれどれ…」


1 提督と仲良くなりたい大井
2 罪の深い青葉
3 装備開発加賀
4 提督と秋月
5 瑞鶴と赤城
6 古鷹のつまみ食い
7 露出癖羽黒
8 磯風の料理と黒潮
9 春風と駆逐古姫の平和への道
10 大井が好きな大和
11 江風への謝罪
12 まるゆが好きな木曾
13 ポンコツ霧島
14 阿武隈を慕う翔鶴+銀髪ハーレムを企む阿武隈
15 諦めない比叡



下3 最初に解決する問題の番号を




2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/08(月) 22:23:57.67 ID:cV0A/nyDO

9



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/08(月) 22:26:07.90 ID:zrDW8Vxa0

2



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/08(月) 22:26:12.36 ID:05dYl0Fc0

11



(i) (i)
7: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/08(月) 22:32:44.08 ID:yR3FZFC00

提督「まずは江風からだな」



霞「そうね、あの後もずっと落ち込んでいて結局今回のイベントには出てこなかったのよね?」



提督「いや声をかけようとしたんだが、ある人物に止められてな」



霞「知らなかったわ…それって誰?」



提督「下3」


下3 白露型から、複数可



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/08(月) 22:33:20.70 ID:RkAQ0mSTO

ぽい



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/08(月) 22:33:31.86 ID:FlX2By/no

山風



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/08(月) 22:33:49.52 ID:UqYYYtK5O

春雨



15: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/08(月) 22:45:26.58 ID:yR3FZFC00

提督「春雨に止められたんだ、今会わせるわけにはいかないって」



霞「言い方が気になるわね。今から行ってみましょう」



提督「ああ、霞もついてきてくれ」



------

提督「春雨、いるか?」コンコン



霞「部屋に入れて欲しんだけど。江風もそこにいるの?」



春雨「……下3」

下3 春雨の第一声



16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/08(月) 22:46:19.58 ID:xy/6j5wL0

……何の用ですか?



17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/08(月) 22:47:58.23 ID:bxbE11aEo

>>11
ZxOTJs0THwで検索しても出なかった。ごめんなさい



18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/08(月) 22:50:12.01 ID:ukXeQ2Gfo

中に誰も居ませんよ…(スクイズ並感)



20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/08(月) 22:58:49.67 ID:yR3FZFC00

春雨「中に誰も居ませんよ…」



提督「え、でもここは江風の部屋だろう?」



春雨「…………」



霞「ダメみたいね」



提督「…この調子で会うこともできないんだ」



霞「思ったよりも深刻なのかしら。か、わ、か、ぜ!私になら何か言えない?」



江風「下3」


下3 江風の第一声。無視も可






21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/08(月) 22:59:46.62 ID:CRptZr9to

しばらくは会いたくない



22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/08(月) 23:01:30.59 ID:zrDW8Vxa0

ごめんなさい…ごめんなさい……



23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/08(月) 23:04:36.89 ID:YH/PXLtaO





24: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/08(月) 23:20:08.41 ID:yR3FZFC00

江風「ごめんなさい…ごめんなさい…」



霞「江風…」



春雨「司令官、江風はあれからずっとこうなんです。夜中に突然起きたと思ったら誤り続けたりするんです」



提督「…本当に悪かったと思ってる。だから謝らせて欲しんだ」



春雨「謝ってどうにかなる問題ではありません。お引き取り下さい」



提督「春雨、せめて江風の姿だけでも…!」



霞「もういいから!出直すわよこのクズ!」



26: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/08(月) 23:24:26.08 ID:yR3FZFC00

------


霞「このままだと一生江風には会えないかもしれないわよ?」



提督「…どうすればいいんだ俺は」



霞「誰かに協力を頼むしかないんじゃない?クズは相手にされないんだし」



提督「それしかないか…」



霞「下2さんはどう?」


下2 協力を頼む人物を



27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/08(月) 23:25:52.29 ID:xy/6j5wL0

海風



28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/08(月) 23:25:56.01 ID:qy3KFZByo

白露



29: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/08(月) 23:34:09.18 ID:yR3FZFC00

霞「白露はどう?」



提督「白露か…江風の姉だし、何よりあの白露型のネームシップだ、なんとかなるかもしれん。早速呼び出してみよう」


------

白露「いっちばーん!」



霞「非番なのに悪いわね」



白露「大丈夫大丈夫!ところで提督さん、用事ってなぁに?」



提督「実はな、江風のことについてなんだ」



30: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/08(月) 23:44:02.36 ID:yR3FZFC00

白露「江風か…話は聞いてるよ」



提督「すべて俺のせいなんだ。なんとか直接謝罪だけでもしたいと思っているんだが」



白露「ううん、元はといえばあたしと江風が悪いんだもん。提督の私物盗んでたんだし、怒られて当然だよ」



霞「だったらなぜ江風はあそこまで落ち込んでいるの?バレた時のことを考えてないわけないでしょ?」



白露「提督ってさ、怒るときはいつも『コラァ!』って感じで怒鳴るよね」



提督「ああ、その方が注意してるって感じがするからな」



白露「あの時もそうやって怒ってくれたら、こうはならなかったんじゃないかな」



31: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/08(月) 23:56:50.92 ID:yR3FZFC00

提督「…どういうことだ?」



霞「あっ、もしかして、ここに来る前のことが関係してる?」



白露「うん。海風達、改白露型ってあたし達と違って適正のある人が艦娘になってるよね?」



提督「そう聞いているな。学校や施設で適正検査を行って……そうか、施設…」



白露「江風は孤児の施設にいた時に適正に引っかかったらしんだけど、預けられた原因が……ここまで言えばわかるよね?」



提督「…………あぁ」



霞「見事にトラウマを踏み抜いたってところかしら?」



32: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/09(火) 00:05:25.96 ID:V1EcQ/Ov0

白露「江風の親、特に父親が冷たく当たってたらしいの」



霞「毎日怒鳴られたりとか?」



白露「ううん、そういうのは全くなくて、いつも見下したみたいな目で江風を睨んでたんだって」



霞「なんでそんなことになるの?親子なんでしょ?」



白露「うーん言っていいのかな…提督も霞もぜっっったい黙っててくれる?」



霞「もちろんよ」



提督「ああ、もとろんだ」



白露「わかった。あのね、江風って江風のお母さんが浮気してできた子供なんだ」



35: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/09(火) 00:14:20.11 ID:V1EcQ/Ov0

霞「えっ…!」



白露「何かの検査で血液型がおかしいってなって、全部バレたあとはお母さんは逃げちゃったんだって」



霞「だからって、自分の子どもには変わんないんでしょ!?」



提督「戸籍上はな。だが血の繋がりのない子供ほど憎いものはない、と何かの雑誌で読んだことがあるな」



白露「学校に行ってもいじめられて、帰ってきたら父親の冷たい視線…江風、凄くしんどかったらしいよ」



霞「でも、施設に預けられてからはよくなったんじゃないの?」



白露「うん、江風もそう言ってた。でも江風は父親が恋しかったんじゃないかなって思うんだ」



37: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/09(火) 00:23:42.23 ID:V1EcQ/Ov0

霞「父親が!?憎いんじゃなくて?」



白露「江風がね、悲しそうな顔しながらお父さんはもう会えないって言ってたことあるの。憎んでる様子は全くなかったよ」



提督「それで俺を……父親のように思っていたのか」



白露「提督の怒り方って、江風の理想の父親なんじゃないかな。悪いことをしたら叱り飛ばしてくれる感じで」



霞「もしかしてクズの私物盗んでたのって…!」



白露「うん、叱って欲しかったんじゃないかな。だからわざと悪いことをしたんだと思うよ」



38: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/09(火) 00:29:48.79 ID:V1EcQ/Ov0

霞「でもこのクズがとった行動は叱るでもなく、ただただ静かに怒るだけだった」



白露「それが江風の父親とカブったんじゃないかな。だからあそこまで落ち込んじゃったんだと思う」



提督「そんな…俺はそんなつもりはなかったんだ…」



霞「口だけではどうとでも言えるわよ。このクズ!!」



提督「白露…なにか策はないか?」



白露「下2」


下2 白露の提案する案を



39:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 00:32:58.93 ID:E0NN+c6G0

思いっきり怒って叱って抱きしめてあげて



40:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 00:36:41.69 ID:g0gCVRBzo

>>39



42: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/09(火) 00:48:05.18 ID:V1EcQ/Ov0

白露「思いっきり叱って、思いっきり抱きしめてあげて」



提督「……わかった。行くぞ白露」



白露「もっちろん!」


------


提督「江風、入るぞ」コンコン



江風「!!」



春雨「ダメ、司令官!入ってこないで!」



白露「はいはい、春雨はこっちねー」ズルズル



春雨「そんな、白露姉さん江風は…!」



白露「いいから春雨。提督を信じて、ね?」



43: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/09(火) 00:55:57.77 ID:V1EcQ/Ov0

江風「あ、ああ…」ガタガタ



提督「ふう…江風!」



江風「は、はい!」



提督「ダメじゃないか、あの書類を勝手に持っていっちゃあ!」



江風「う…え…?」



提督「あの書類が間違って誰かの手に渡ってみろ、俺はとんでもないことになることだったんだぞ!?」



江風「う、ん」



提督「もう二度と俺の私物を盗むんじゃないぞ、わかったか!」



江風「ん…ご、ごめんなさい」



44: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/09(火) 01:12:25.11 ID:V1EcQ/Ov0

提督「わかったらいい。この話は以上だ」



江風「ていとく…?」



提督「…ごめんな」ギュッ



江風「あ……」



提督「俺が悪いんだ。ごめんな江風」



江風「う……てい…とぐ…」



提督「俺はお前を捨てたりしない。大丈夫だ」



江風「ぐずっ…うああぁぁぁ…」



45: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/09(火) 01:20:39.74 ID:V1EcQ/Ov0

------


江風「いやぁ、見苦しいところを見せちまったなぁ」



提督「そんなことはない」



春雨「ねえ江風、ほんとにもう大丈夫なの?」



江風「もちろン!…と言いたいとこだけと、ぶっちゃけあと一日か二日は寝てたいかな」



提督「このところまともに寝れてないんだったな。体調が戻るまでゆっくりしていてくれ」



白露「よかったね江風!」



江風「ああ!……提督、さっきの言葉信用するからな?」



提督「もちろんだ。俺はお前を裏切ったりはしない」



46: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/09(火) 01:27:06.91 ID:V1EcQ/Ov0

江風「ならさ、恥ついでに一つ頼みがあるンだがいいか?」



提督「ん?なんだ?」



江風「たまにでいいからさ、その、さっきみたいにしてほしいんだ」



提督「さっきっていうと、これか?」ギュッ



江風「あ…うん、そうだ。抱きしめて欲しいンだ」



提督「これくらいならいつでもやってやる。いつでも言いに来い」



江風「ありがとう…………さん」



提督「うん?今なんて言ったんだ?」



江風「さあな!もうこの話は解決したんだからとっと出ていってくれ!ここはあたしの部屋なんだ!」



47:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 01:30:59.63 ID:V1EcQ/Ov0

バタン!!


提督「ふう…追い出されてしまったか。まぁあとは白露達がうまくやってくれるだろう。それにしても怒り方一つでこうなってしまうとは…よく考えて行動をすべきだな」





54: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/09(火) 21:29:13.77 ID:V1EcQ/Ov0


霞「それで、江風のことはもう大丈夫なのね?」



提督「ああ、もう問題はないだろう」



霞「なら残りのを解決するわよ。さあ選びなさい」



1 提督と仲良くなりたい大井
2 罪の深い青葉
3 装備開発加賀
4 提督と秋月
5 瑞鶴と赤城
6 古鷹のつまみ食い
7 露出癖羽黒
8 磯風の料理と黒潮
9 春風と駆逐古姫の平和への道
10 大井が好きな大和
11 まるゆが好きな木曾
12 ポンコツ霧島
13 阿武隈を慕う翔鶴+銀髪ハーレムを企む阿武隈
14 諦めない比叡


提督「下3」

下3 解決するものの番号を



55:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:30:50.03 ID:aoQZplp1o

8



56:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:32:44.81 ID:dlMrpgzqo

1



57:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:33:15.79 ID:8P1I+HFFo

2



58: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/09(火) 21:44:48.09 ID:V1EcQ/Ov0

提督「青葉をなんとかしよう」



霞「確かみんなの給料を横領したりとかしてたのよね?」



提督「改心したんだとは思うが確証がない。確かめておくべきだ」


------

青葉「お呼びですか司令官?」



提督「ああ。青葉、あれからどうだ?」



青葉「そうですねえ、ぼちぼちって感じですかねぇ」



59: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/09(火) 21:50:08.20 ID:V1EcQ/Ov0

提督「そうか…ところで青葉、これに覚えがあるか?」スチャ



青葉「そ、それは!例の懺悔ライトじゃないですか!!あれは懺悔室に改装されたんじゃ…!」



提督「明石に頼んでまた作ってもらったんだ。まあこれは使い切りタイプだがな。さあ青葉、こっちを向くんだ」



青葉「あ、いえちょっと、お腹が…」



霞「逃げられないわよ?」ガシっ



青葉「!!」



提督「もう懺悔することはないはずだよな…?」ペカー


下3 青葉の懺悔内容、無しも可





60:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:53:09.73 ID:aoQZplp1o

提督の隠し撮り写真を深海棲艦に売りさばいている



61:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:54:40.15 ID:Ee6a56VYO

>>60



62:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:54:41.60 ID:dlMrpgzqo

中破して破棄する予定の艦娘の制服や下着を売りさばいていた



67: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/09(火) 22:02:48.78 ID:V1EcQ/Ov0

青葉「中破して破棄する予定の艦娘の制服や下着を売りさばいてました…」



霞「あんたなんにも変わってないじゃない!?」



提督「どうしてだ青葉?」



青葉「ううぅ…私だってわかってるんです、こんなことしちゃいけないって。でもお金の誘惑には勝てなかったんです…」



霞「これは重症ね」



提督「そうだな…下3あたりに協力を頼んでみるか」


下3 協力を仰ぐ人物を



68:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 22:04:06.89 ID:aoQZplp1o

日向



69:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 22:04:47.83 ID:XawrRzlz0

妙高



70:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 22:04:49.96 ID:8OYGT5B00

懺悔がなかった陽炎



73:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 22:16:01.50 ID:V1EcQ/Ov0

提督「陽炎を呼ぼう。あいつは懺悔することがなかった数少ない存在だからな」


------

陽炎「ふーん、それで私にアドバイスを、ね」



提督「ああ、どうにかならないか?」



陽炎「どうにかって、えらく人任せね…まあいいわ司令の頼みだもの。青葉さんは悪いことをしてるって意識はあるのよね?」



青葉「はい、それはもう…」



陽炎「なら…下3とかどうかしら?」


下3 青葉を改心させる案を



74:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 22:17:28.00 ID:wUk2KCR0o

帝愛の地下みたいなところで強制労働



75:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 22:17:50.64 ID:aoQZplp1o

自分の破棄する予定の制服や下着を売りさばく



76:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 22:18:08.33 ID:XawrRzlz0

不正行為による収入を見つけたら鎮守府内取材完全禁止
お金を取るかジャーナリスト魂を取るか選ばせる



77: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/09(火) 22:29:39.48 ID:V1EcQ/Ov0

陽炎「じゃあ青葉さんは今まで通りでいいよ」



青葉「へ?」



陽炎「た。だ、し、これから先、前みたいな不正行為が見つかったら鎮守府内取材完全禁止ね」



青葉「あのー完全禁止というのはどの程度のレベルを…?」



陽炎「人に話を聞くものいけないし、カメラを持ち歩くのもダメ。もちろん新聞も一生書いちゃダメだからね!」



青葉「そんな…青葉のアイデンティティが…」



陽炎「だからね、青葉さんに選ばせてあげる。これまで通りにジャーナリズム魂を貫くのか、大好きなお金のことを取るのか」




78: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/09(火) 22:50:27.78 ID:V1EcQ/Ov0

陽炎「そこのところ、よーく考えてね!」



青葉「青葉のジャーナリズムは…お金は…」



陽炎「司令、これでいいかな。ちょっときつかった?」



提督「いや、これくらいで十分だろう。ありがとう陽炎」



霞「これで青葉は変われるのかしら?」



陽炎「さあ、あとは本人次第ね」



80: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/09(火) 22:55:13.53 ID:V1EcQ/Ov0

数日後


霞「そういえばあれから青葉さんはどうなったのかしら?」



提督「俺もちょうど気になっていたところだ。改めて様子を見に行くか」



------

青葉「あっ司令官」



提督「どうだ青葉、あれから改心できたか?」



青葉「下3」


下3コンマ判定
1~20 反省なし
21~98 改善
ゾロ目 ?



81:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 22:55:33.01 ID:FYlGWOOho

反省



82:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 22:56:33.08 ID:ph3ne/jaO

さて



83:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 22:56:55.55 ID:a3uy+bLJO

果たして



87: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/09(火) 23:12:09.01 ID:V1EcQ/Ov0

青葉「それがですね、あの、なんというか…」



霞「なに?まだお金のことしか考えられないっていうの!?」



青葉「いえそうではなくて…」



提督「ならもうやましいことは一切していないんだな?」



青葉「はい。ですが、改心してやらなくなったというよりかはですね…」



霞「歯切れが悪いわね、さっさと言いなさいったら」



88: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/09(火) 23:22:48.32 ID:V1EcQ/Ov0

青葉「…司令官にだから言いますけど、絶対他言しないで下さいよ?」



提督「任せておけ」



青葉「わかりました。…陽炎さんからあの二択を突き付けられた日、私はパソコンの前で葛藤してたんです」



提督「青葉なりに悩んでいたわけだな」



青葉「それでずーっと悩んでたらちょうどメールが来たんです。メールを見てみると差出人が衣笠とかじゃなくて銀行からだったんです」



提督「銀行からお前個人に送られてきたのか?」



青葉「はい、メールを見てみたら身分証明書を持ってきてくれとのことでした」



89: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/09(火) 23:31:07.61 ID:V1EcQ/Ov0

霞「そういえば次の日突然休暇取って出て行ったわね」



青葉「それで鎮守府近くの支店に行ったんですけど、行ったら街の本店へ行ってくれって言われて行ってみたんです」



提督「それでどうなったんだ?」



青葉「……これを見てもらえればわかるかと思います」スッ



提督「これは…手帳か。見ていいんだな?」



青葉「はい」



霞「えっと、預金残高が…1、10、100、1000…2億!!?」



青葉「わわっ、霞ちゃん声が大きい!!」ガバっ



霞「むぐっ、うー!」



90: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/09(火) 23:37:41.64 ID:V1EcQ/Ov0

提督「数え間違いじゃないな…青葉この金はどうしたんだ」



青葉「あの…ネットの宝くじに当選したみたいなんです」



霞「ネット!?それって詐欺じゃないの!?」



青葉「いえそんな、普段1等は1000万くらいの規模のくじなんです。ですがこのくじはキャリーオーバーがありまして…」



提督「見事それに当選したっていうわけだ」



青葉「はい。毎月1000円くらいお任せで買って、当選金額が口座に振り込まれる設定にしてたんです」



91: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/09(火) 23:43:44.87 ID:V1EcQ/Ov0

青葉「銀行に呼び出されたのは急に大金が振り込まれたもので、変な事件を疑われちゃったみたいでした」



霞「それにしても2億って…信じられないわ」



青葉「いえ、当選金額はもう少しありましたよ」



霞「えええ使っちゃったの!?」



青葉「使ったというよりは返したんです。今まで皆さんの給料を勝手に使っちゃってましたから…」



提督「それでもまだ2億残るのか」



青葉「はい。これで青葉はお金の心配をしなくて済みそうです」



92: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/09(火) 23:53:09.76 ID:V1EcQ/Ov0

青葉「なので、『改心してやましいことをしなくなった』、というよりは『もう無理やり稼ぐ必要がなくなった』というのが正しい表現かと…」



提督「問題は解決したが、その過程が少し問題なのか…」



霞「青葉さんはもう変な写真を売りとばしたりする気はないのよね?」



青葉「それはもう!あんな気持ちで毎日を過ごしたくはないです!」



霞「ならいいんじゃない?」



提督「いいのか…?」



93: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/10(水) 00:04:00.52 ID:qet/Ya6p0

青葉「私は司令官の判断に従いますが…」



提督「……わかった、とりあえずは現状維持でいこう」



青葉「はい、やましいことをしたら取材禁止ですね?」



提督「ああ。お前を信じているからな」



青葉「お任せ下さい!!って自信たっぷりに言えたらかっこいいんですけどね…あはは」



霞「説得力にイマイチ欠けるわね…」



94: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/10(水) 00:05:54.33 ID:qet/Ya6p0

提督「青葉の件は円満解決、と言っていいのだろうか」



霞「さあ?何事もとらえ方じゃない?」



提督「そういうことにしておくか…」



98: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/10(水) 21:20:27.63 ID:AuJhYKGO0


提督「日を跨いでしまったが、引き続きやっていこうか」



霞「どれにするの?リストはこれね」


1 提督と仲良くなりたい大井
2 装備開発加賀
3 提督と秋月
4 瑞鶴と赤城
5 古鷹のつまみ食い
6 露出癖羽黒
7 磯風の料理と黒潮
8 春風と駆逐古姫の平和への道
9 大井が好きな大和
10 まるゆが好きな木曾
11 ポンコツ霧島
12 阿武隈を慕う翔鶴+銀髪ハーレムを企む阿武隈
13 諦めない比叡


提督「下3」

下3 解決するものの番号を




99:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/10(水) 21:22:20.86 ID:A5dFFPj6o

ksk



100:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/10(水) 21:22:22.28 ID:S7LVMvzgo

1



101:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/10(水) 21:24:00.39 ID:1sIQWoCrO

5



102: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/10(水) 21:28:54.20 ID:AuJhYKGO0

提督「古鷹が気になるな、あいつはただのつまみ食いをしただけだろう?」



霞「会えばわかると思うわ。早速行きましょう」


ーーーーーー

提督「古鷹、調子はどうだ?」


古鷹「あっ、提督…」


下3 古鷹の様子or見た目は?



103:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/10(水) 21:30:43.45 ID:P7D4ULTto

激痩せ



104:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/10(水) 21:31:43.93 ID:STHbqcQxO

滅茶苦茶狼狽える



105:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/10(水) 21:31:46.12 ID:S7LVMvzgo

部屋は荒れており
目の下にくまが出来ており少しやつれている



108: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/10(水) 21:46:42.92 ID:AuJhYKGO0

提督「どうしたんだこの部屋は…」ゴチャゴチャ



霞「それに凄いくまよ、古鷹さんどうしたの?」



古鷹「いえそんな…私は大丈夫です…あ…」フラッ



霞「古鷹さん!」



提督「急いで医務室へ運ぶ、霞は明石を呼んできてくれ!」



霞「わかったわ!」



109: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/10(水) 22:19:41.69 ID:J3bAQ0oNO

ーーーーーー

提督「古鷹の様子はどうだ?」



明石「軽いカウンセリングだけですが、どうやら軽い睡眠障害の疑いがありますね」



霞「睡眠障害…?」



明石「わかりやすく言えば、夜寝れないって感じですね」



提督「何があったんだ古鷹?」



古鷹「下3」


下3 古鷹が寝れない原因は?



110:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/10(水) 22:20:12.84 ID:Q5jBgWAG0

あれ以来つまみ食いはやめたが、から揚げのつまみ食いは許されると学んだ赤城、加賀がつまみ食いするようになり
最初は一個ずつだったのがもう一個くらい、さらに一個と増えていき、最終的に全員分のから揚げを食べつくすようになったことに
責任を感じて、自分の日常生活を犠牲にして夜も眠らず対処方法を考えていたが二人の食欲の前には無力だった



111:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/10(水) 22:20:43.48 ID:IWntlob6O

お腹が空いて



112:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/10(水) 22:21:15.42 ID:AxO5Okfa0

毎晩コッコの大群に蹂躙される夢を見る



113: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/10(水) 22:37:20.80 ID:J3bAQ0oNO

古鷹「実は…あれから毎晩コッコの大群に蹂躙される夢を見るんです」



霞「コッコ?何かのキャラクターなの?」



提督「某伝説ゲームに出てくる鶏だ。普段は大人しいんだが、攻撃したりするとプレイヤーを執拗に攻撃してくる」



霞「執拗にって、ただの鶏でしょ?」



提督「いや、一羽のコッコを怒らせると何処からとも無く仲間がやってきてプレイヤーを襲うんだ」



114: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/10(水) 22:43:12.36 ID:J3bAQ0oNO

霞「なんだか凄いゲームなのね…」



提督「コッコはゲームのシナリオには関わってこないが、トラウマを持つ人が多いのも事実だ」



霞「そのキャラクターに踏みにじられるって、夢でも気持ち良くはないわね」



提督「古鷹、あれからというとお前がから揚げをつまみ食いをしてからだな?」



古鷹「はい…」



115: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/10(水) 22:52:04.15 ID:J3bAQ0oNO

古鷹「夢の中で私はあの時と同じようにから揚げをつまみ食いしてしまうんです。そしたら突然現れた大群のコッコが私を襲い始めるんです」



霞「それは…寝れなくもなるわね」



古鷹「私がやめて!って叫んでもコッコ達は無視してひたすら私を攻撃するんです。そして私が動かなくなったのを見計らって、ボスっぽいコッコが私のお腹に近付いてきて私の胃を目掛けて…」



提督「もういい!わかったから、とりあえず落ち着くんだ」



古鷹「はあ、はあ…すいません。いつもこんな調子で、満足に寝れてないんです」



117: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/10(水) 23:01:39.20 ID:J3bAQ0oNO

霞「たかがから揚げ一個じゃないの…?」



提督「古鷹にとってはたかが、じゃないんだ。恐らく〆られる前の鶏のことまで考えてしまっているんだろう」


古鷹「…私が食べてしまった鶏さんはそれで満足なのでしょうか?あんなにコソコソと食べてしまったら、浮かばれないのではないのでしょうか…」



霞「なるほど、原因は古鷹さんの性格にありそうね」



提督「しばらくすれば改善すると思うが、ここは誰かに相談してみるか」


下3 古鷹のことを相談する人物を



118:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/10(水) 23:02:17.32 ID:S/GQN5Ako

kskst



119:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/10(水) 23:03:05.72 ID:NFs+DWvFo

加古



120:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/10(水) 23:03:09.46 ID:qfXi/quSo

足柄



123: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/10(水) 23:18:01.20 ID:qet/Ya6p0

ーーーーーー

足柄「それで私を呼んだってわけね」



提督「お前はカツカレーは美味い。あれなら料理される豚達も本望だろう、そこのところをうまくやってくれ」


足柄「かなりアバウトね。まぁいいわ、この足柄に任せなさい!」



霞「大丈夫かしら…」



足柄「古鷹!話は聞いたわよ!」



古鷹「足柄さん…私どうしたらいいんでしょうか?」



足柄「下3よ!」


下3 足柄のアドバイスとは?



124:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/10(水) 23:18:24.26 ID:Q5jBgWAG0

食べて満たされずに後悔しているほうが鶏に失礼&夢であろうと『鷹』がこっこに負けるはずが無いと励ます



125:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/10(水) 23:18:36.48 ID:HUT5ZN8NO

一日一回感謝の正拳突き



126:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/10(水) 23:19:11.01 ID:FGbj/yK/0

>>124



128: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/11(木) 00:14:00.05 ID:phzkCbbY0

足柄「あなたはつまみ食いで食べた鶏が浮かばれないと思っているのよね?」



古鷹「はい…」



足柄「あなたが今こうやって後悔している方がよっぽど失礼だとは思わない?」



古鷹「!!」



足柄「あなたが食べた鶏もこれじゃ本望とは言えないわ」



古鷹「私は…鶏さんに失礼なことを…?」



129: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/11(木) 00:17:44.36 ID:phzkCbbY0

足柄「そ、れ、に、あなたは古鷹でしょう?」



古鷹「…?はい、私は古鷹ですけど…」



足柄「『鷹』が例え夢のなかであっても『鶏』に負けるはずないでしょう?」



古鷹「あ……」



足柄「ただの気にしすぎ、よ。早く体調を戻しなさいな。私が飛び切りのカツカレーを作ってあげるわ!」



古鷹「足柄さん…私、色々と勘違いしてたみたいです」



130: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/11(木) 00:21:08.41 ID:phzkCbbY0

足柄「それがわかったのならもう大丈夫ね。これけら期待してるわよ?」



古鷹「はい!ご飯は残さず食べて、精一杯頑張ります!」





足柄「……まぁこんなものかしら?」



霞「…意外ね、足柄さんがまともだったわ」


提督「足柄に助けを求めたのは俺だが…まさかこんな結果になるとは思ってなかった」



131: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/11(木) 00:24:55.98 ID:phzkCbbY0

足柄「失礼しちゃうわ、普段私をどう思ってたの?」



提督「カツカレー好きの戦闘狂かと…」



霞「私も似たようなものね」



足柄「まぁ霞までそんなことを言うなんて!また『祝!霞ちゃん改二神輿』で鎮守府を練り歩くわよ?」



霞「あれはもう勘弁して…」



132: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/11(木) 00:28:58.56 ID:phzkCbbY0

足柄「まぁどちらにしろ神輿は霞が改二になったらまたやるから準備しておきなさい。それじゃまた何かあったら私を呼びなさいよ?」ガチャ



提督「またあの神輿を見ることになるのか」



霞「ほんとに勘弁して…恥ずかしいだけなのよ」



提督「とは言ってももうすぐ霞も練度が到達する、覚悟するしかないんじゃないか?」



霞「はぁ……」



137: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/11(木) 23:09:07.08 ID:I/Asz5VxO


提督「さあどんどんやっていこうか」



霞「リストはこれね、好きなのを選ぶといいわ」


1 提督と仲良くなりたい大井
2 装備開発加賀
3 提督と秋月
4 瑞鶴と赤城
5 露出癖羽黒
6 磯風の料理と黒潮
7 春風と駆逐古姫の平和への道
8 大井が好きな大和
9 まるゆが好きな木曾
10 ポンコツ霧島
11 阿武隈を慕う翔鶴+銀髪ハーレムを企む阿武隈
12 諦めない比叡


提督「下3」


下3 解決するものを



138:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/11(木) 23:10:26.48 ID:laNdpnUm0

1



139:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/11(木) 23:11:25.67 ID:yB06A/Ak0

3



140:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/11(木) 23:11:27.18 ID:wl7Pr6VvO

12



142: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/11(木) 23:16:34.99 ID:phzkCbbY0

提督「この比叡は何だ?あいつは特に問題はなかったと思うが」



霞「本気で言ってるの?比叡さんはクズ司令官のことが好きって言ってたわよね」



提督「そうだな」



霞「…あんたが電とケッコンしたのに、まだ諦めてないのよ」



提督「なるほど…そういうことか」



143: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/11(木) 23:26:03.94 ID:phzkCbbY0

ーーーーーー
提督「比叡、邪魔するぞ」



霞「比叡さん、今大丈夫かしら?」



比叡「あっ司令!どうぞお入り下さい!」


下3 比叡の部屋の様子は?



144:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/11(木) 23:28:11.18 ID:IqpqT3/LO

ksk



145:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/11(木) 23:28:31.86 ID:RWj2vikM0

金剛と一緒に提督の二号さん三号さんになる計画を立てている真っ最中で
ホワイトボードにいろいろ作戦が書き込まれていた



146:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/11(木) 23:28:35.49 ID:zQDTbM3VO

以外と普通



149: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/11(木) 23:56:11.96 ID:phzkCbbY0

提督「案外…普通の部屋なんだな」



霞「別に変なものがあるわけでもないし、散らかってることもないわね」



比叡「どんな部屋だと思ってたんですか?」



提督「なんかこう、独創的な香辛料が置いてあったり」



霞「料理の本が散乱してたりとか、かしら」



150: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/11(木) 23:59:50.03 ID:phzkCbbY0

比叡「それは別の比叡ならあり得たかもしれませんね」



霞「別のって言うと、他所の比叡さんってこと?」



比叡「いえ、そうではなくてですね、ドロップの比叡なら考えられるって話です」



霞「あぁ、そういう意味ね」



比叡「司令は知っていますよね、ドロップと適正艦娘の違いについて」



151: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/12(金) 00:05:45.48 ID:Adtj1kA70

提督「もちろんだ。そもそも艦娘は『ドロップのみ』、『ドロップもしくは適正のある女性』、『適正のある女性のみ』の三種類がある」



霞「一番多いのはドロップもしくは適正のある女性、よね?」



比叡「はい。そして比叡はまさにドロップか適正の種類になります。なのでドロップの比叡ならば料理好きというのも考えられます」



提督「比叡…いや、俺の目の前にいるお前は元学生で比叡に適正があって、ここに来たんだ」



152: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/12(金) 00:11:16.39 ID:Adtj1kA70

比叡「…司令、うちの鎮守府の電はドロップなんですよね?」



提督「ああ、別の鎮守府でドロップした電が、初期艦としてここに来たと聞いている」



比叡「司令は、その電とケッコン…するんですよね?」



提督「……そうだ」



比叡「司令…今の法律ではドロップした艦娘とのケッコンは難しいのは知っていますか?」



153: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/12(金) 00:18:06.79 ID:Adtj1kA70

提督「…調べていないわけないだろう」



霞「確か現在の解釈だと、事実婚として婚姻届けが受理されるだけ、だったかしら?」



比叡「はい、戸籍は変更されないんです。司令、今から失礼なことを言いますがお許し下さい」



提督「…あぁ」



比叡「私は、司令が人間と恋愛してケッコンするというなら諦めはつきます。ですが相手が法律の上で人間と定められていないモノとケッコンするというのは諦めがつきません」



163: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/12(金) 21:15:09.31 ID:wZS0h4qF0


比叡「だから司令…私を、人間の女性で一番に愛してはくれませんか?」



提督「比叡…それは…」



比叡「もしかしら艦娘と人間の同時にケッコンが認められるかもしれません。その時は私を選んで欲しいんです!」



霞「そんなにこのク…司令官がいいの?」



比叡「はい!大好きです!司令、私ではダメなんでしょうか!?」


提督「下1~4」


下1~4コンマ判定 コンマ77に一番近いものを
提督の提案したことor条件は?



164:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:19:46.27 ID:3u916PBSo

子供は3人以上は作る覚悟はあるか



165:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:21:09.57 ID:iptDoPy30

俺は口リコンだから駄目だ



166:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:21:42.40 ID:rEvIZNoro

電とも話し合おう



167:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:23:11.88 ID:qZdJS9rFO

申し訳ないが愛せるのは電だけだ



169: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/12(金) 21:40:42.86 ID:wZS0h4qF0

提督「申し訳ないが愛せるのは電だけだ」



比叡「え…?」



提督「例え電が人として扱われなくとも、俺はそれで構わない」



比叡「そんな、将来困るのは司令や電なんですよ!?」



提督「…覚悟はしているさ」



171: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/12(金) 21:50:40.44 ID:wZS0h4qF0

比叡「…電は、あの子はどう思ってるんですか?」



提督「それは…」



比叡「今すぐ呼んで下さい!そうしないと納得できません!」



ーーーーーー

電「お呼びですか司令官?」



比叡「いえ、用があるのは私の方です。電、単刀直入に聞きますが、あなたは司令とのケッコンを本気で考えているんですか!?」



電「下3」

下3 電の返答を



172:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:53:53.20 ID:iycHYEReo

当たり前なのです



173:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:54:08.76 ID:rEvIZNoro

当たり前ですよ?



174:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/12(金) 21:54:21.43 ID:3u916PBSo

わからない



177: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/12(金) 22:18:10.66 ID:PsYf81y0O

電「正直わからないのです」



提督「へ!?」



電「ケッコンとか、先のことまではわからないのです」



比叡「ほらぁ、やっぱり!」



提督「俺のことは好き…なんだよな?」



電「それはもちろん、なのです」



178: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/12(金) 22:23:26.35 ID:PsYf81y0O

提督「指輪…そうだ、お前婚約指輪受け取ってくれたよな!?」



電「はい、でも婚約とケッコンって違わないですか?婚約はあくまで『あなたを私のものにします』って宣言みたいなものじゃないです?」



提督「あああぁぁ…」



電「…?司令官はどうしてしまったのです?」



比叡「それは私から説明させていただきます!」



179: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/12(金) 22:26:56.29 ID:PsYf81y0O

電「…なるほど、そういう事情があったのですね」



提督「そんな…俺の早とちりだったのか…?」



比叡「電はどう思ってるんですか?私…人間と司令がケッコンすることに関して」



電「下3」

下3 電は比叡と提督がケッコンすることに対してどう思っているか



180:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/12(金) 22:28:04.83 ID:iycHYEReo

嫌だ



181:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/12(金) 22:28:55.46 ID:rEvIZNoro

正直嫌(歓迎するのです)



182:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/12(金) 22:29:13.74 ID:zgYi/8BMO

人には人の艦娘には艦娘の愛のカタチが在るのです



186: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/12(金) 22:46:56.12 ID:PsYf81y0O

電「人には人の、艦娘には艦娘の愛のカタチが在るのです」



比叡「……というと?」



電「人は、愛している人同士で一緒になりたいと思ったらケッコンして、戸籍が変わるのです」



比叡「もちろんそうです」



電「電達艦娘にはそれができません。でも、だからと言って相手の人を愛していないとは限りません」



比叡「う……」



電「書類一枚出せないだけで愛が無い証明になるなら、そんな紙はクソ喰らえなのです」



187: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/12(金) 22:51:52.65 ID:PsYf81y0O

電「ちなみに司令官さんは、なんて答えたんですか?」



提督「…愛せるのは電だけだ」



電「ぷぷ、あっっっさいのです。もう少し気の利いたことは言えないのですか」



提督「…うるさい」



電「まぁ、今はそれでいいですけど…これからはお願いしますよ?部下に言い寄られて押し切られそうになってる司令官は見たくないのです」



189: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/12(金) 22:59:01.01 ID:PsYf81y0O

提督「わかってる、さ」



電「これから残りの人生は二人で過ごすことになるのです、しっかりして下さいよ、あなた?」



提督「……あぁ」



比叡「うぅ、駆逐艦に諭されるなんて…」



電「自分で言うのもあれですが、こんな人のどこがいいのですか…?」



190: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/12(金) 23:16:40.81 ID:Adtj1kA70

比叡「わかりませんか!司令から溢れ出るあの魅力を!」



電「そんなことはもういいのです。それより、人の婚約者を取ろうとはいい度胸なのです」ガシッ



比叡「ふぇっ!?」



電「ちょっと演習場でお話ししませんか?」



比叡「あの…ひょっとして、怒ってたりしますか?」



電「そんなことはないのです」ニコッ



比叡「ヒェー!こんな怖い笑顔は見たことありません!!」



193: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/12(金) 23:44:41.57 ID:Adtj1kA70

電「司令官さん、演習場2時間程使わせてもらうのです」



提督「よし、許可しよう」



比叡「ヒェー!ヒェー!」ズルズル





提督「…これからあいつだけは怒らせないようにしよう」





204: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/13(土) 21:09:23.19 ID:punWUv710


ーーーーーー

提督「あれからまた日を跨いだが、比叡は諦めてくれただろうか…」



霞「とりあえず今のところは大人しくしてるわね」



提督「このまま大人しいままなら助かるんだがな」



霞「それより、例のリストに更新があったわ。幾つかの問題が解決して、新たな問題が出てきたようね」



205: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/13(土) 21:16:45.60 ID:punWUv710

提督「新しいリストを見せてくれるか?」


霞「はい、これよ」

1 装備開発加賀
2 提督と秋月
3 瑞鶴と赤城
4 露出癖羽黒
5 磯風の料理と黒潮
6 春風と駆逐古姫の平和への道
7 まるゆが好きな木曾
8 ポンコツ霧島
9 阿武隈を慕う翔鶴+銀髪ハーレムを企む阿武隈
10 秋雲のうすい本


提督「大井と大和が解決したのか」


霞「ええ、あの日演習場から比叡さんの悲鳴が鎮守府内に響き渡って、その原因を知った大井さんがクズ司令官のことを諦めたみたいね」



提督「大井がそれでわかるが、大和はどうしてだ?」



霞「どうやら大井さん、大和さんに乗り換えようとしてるみたいよ」


提督「なるほどな…」


下3 解決するものを



206:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 21:16:56.42 ID:efc1qISCo

文月



207:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 21:17:37.41 ID:X50813Ug0

2



208:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 21:17:41.64 ID:3Vod6iLzo

4



210: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/13(土) 21:27:35.11 ID:punWUv710

提督「じゃあ羽黒にしよう」



霞「……羽黒さんね」



提督「なんだ、その反応は?」



霞「会えばわかると思うわ。…はぁ」



提督「…?」



211: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/13(土) 21:30:14.61 ID:punWUv710

ーーーーーー
提督「ん、あれは羽黒じゃないか?部屋まで行く手間が省けたな」



霞「あ!ちょっと!」



提督「おい羽黒、ちょうどよかった…」



羽黒「ひい!?司令官さん!?」


下3 羽黒の様子or見た目は?



212:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 21:32:30.33 ID:t51/MbXPo

全裸



213:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 21:33:10.35 ID:hGWuwN10o

スカートの丈が明らかに短くなっている



214:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 21:33:12.73 ID:yiBe2oYHO

脱ぐ寸前



216: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/13(土) 21:46:07.03 ID:punWUv710

提督「おま…!何服を脱ごうとしてるんだ?」



羽黒「ダメ!見ないでぇ!!」制服半脱げ



霞「クズはあっち向いてなさい!羽黒さんも早く着て!」



羽黒「だめ…霞ちゃんに見られちゃってるのに…」ヌギッ



霞「どうしてさらに脱ごうとするの!?」



217: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/13(土) 21:49:06.89 ID:punWUv710

提督「おい霞、何が起こってるんだ?」



霞「あんたは耳も塞いでなさい!」



羽黒「う、ううぅ…」ヌギヌギ



霞「ああもう!羽黒さんは下着まで脱ごうとしないで下さい!!」


ーーーーーー


提督「…で、落ち着いたか羽黒?」


羽黒「はい…大変お見苦しいところを…」



218: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/13(土) 21:51:24.32 ID:punWUv710

霞「羽黒さんはどうやら露出癖があるみたいなの…」



提督「なんだって!?」



羽黒「うううぅ…」



霞「色々とやらかしてるみたいね?例えば…下3」


下3 羽黒がしでかしたこととは?



219:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 21:54:38.19 ID:hGWuwN10o

風呂上がりにバスタオル一枚だけの姿で
誰にも見つからないように部屋まで戻れるかというのを毎日やっている



220:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 21:56:38.34 ID:yiBe2oYHO

kskst



63:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 21:54:50.57 ID:FYlGWOOho

皐月がノーパンになるようそそのかした



221:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 21:56:41.09 ID:t51/MbXPo

>>63



224: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/13(土) 22:06:14.69 ID:7yG3dEnqO

霞「皐月に下着を穿かないようにそそのかしたりとか」



提督「お前の仕業だったのか」



羽黒「あの、違うんです!皐月ちゃんは私の仲間だと思って…」



霞「だから余計タチが悪いのよ!案の定皐月はノーパンにはまっちゃったし」



提督「一体何が違うのだろうか…」



霞「あと羽黒さん自身もやってるわね?下3とか」


下3 羽黒がしてしまったことは?



225:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 22:09:43.59 ID:hGWuwN10o

kskst



226:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 22:09:58.55 ID:nSFtcjJYo

ボディペイントで出撃やお出かけ



222:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 21:56:42.37 ID:c28wN83no

顔バレしないように全裸の有料配信をしている



227:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 22:10:00.89 ID:c28wN83no

>>222



228: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/13(土) 22:28:37.22 ID:7yG3dEnqO

霞「なんとか動画ってサイトで裸晒してたりしてたらしいわね?」



羽黒「なんで霞ちゃんが知ってるんですか!?」



霞「秋雲経由で、ね。顔は隠してたらしいけど、目とあの喋り方は羽黒さんしかいないって」



羽黒「そんな、みんなに知られてたなんて…」ペタン



提督「ショックかもしれないが、お前に原因があるから仕方ないな」



羽黒「…………」プルプル



提督「…羽黒?」



229: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/13(土) 22:33:26.40 ID:7yG3dEnqO

羽黒「私…みんなに裸を見られてて死ぬほど恥ずかしいはずなのに…」ハァハァ



提督「どうした羽黒、具合でも悪いのか!?」



羽黒「やっ、ダメ!今触られると…!」



霞「…!クズ司令官、今すぐ羽黒さんから離れなさい!」グイッ



提督「え、おい、なんだ急に手を掴んで!?」


どんっ


霞「あっ」
提督「あっ」



羽黒「んんんんん!!」ビクンビクン



231: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/13(土) 22:45:07.78 ID:7yG3dEnqO

提督「俺悪くないのに」ボコボコ



霞「クズは懲らしめたからもう大丈夫よ。だから安心して?」



羽黒「ぐずっ…よりよって司令官に…見られるなんて…」



霞「それにしても…羽黒さんはいつからこんなことをするようになってしまったの?」



羽黒「下3」

下3 羽黒が露出癖に目覚めた時期は?



232:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 22:46:18.87 ID:nSFtcjJYo

初めて中破したとき



233:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 22:46:49.22 ID:seDeR66ko

初めて大破したとき



234:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 22:46:53.16 ID:hGWuwN10o

偶然提督に中破した姿を見られてしまったとき



237: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/13(土) 22:56:36.11 ID:xRSyt0uX0

羽黒「偶然提督に中破した姿を見られてしまったときからです…」



霞「まだ改二になる前の話ね」



羽黒「いつもならドッグへ直行してたんですが、その日はたまたま提督と出会ってしまったんです。でも提督は私を見てもなんとも思ってなかったみたいなんです」



霞「そりゃあ私達の中破なんて見飽きてるわよ」



羽黒「でも私は…何故かそのことに興奮を覚えてしまったんです」



238: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/13(土) 22:59:58.81 ID:xRSyt0uX0

羽黒「そこから少しずつ色んなことをやるようになって、後はもう…」



霞「そこまてでいいわ。それにしても露出癖とはやっかいね…」



羽黒「私一人だと行為がエスカレートするだけなんです。霞ちゃん、なんとかなりませんか!?」



霞「そうね…誰かに相談してみましょうか、下3とか」


下3 助けを求める人物を



239:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 23:01:21.55 ID:npSusECA0

陸奥



240:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 23:01:54.35 ID:c28wN83no

祥鳳



241:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 23:02:15.06 ID:45VNcj8J0





243: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/13(土) 23:14:12.34 ID:xRSyt0uX0

ーーーーーー

祥鳳「それで私が呼ばれたわけね」



霞「ええ、年がら年中半裸の祥鳳さんなら的確なアドバイスが聞けると思ったのよ」



祥鳳「もう少し言い方を考えてくれないかしら?」



霞「ちなみに羽黒さん、祥鳳さんに全部言っちゃったけど大丈夫?」



羽黒「はい、あの…かえって興奮するので…」モジモジ



244: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/13(土) 23:16:46.59 ID:xRSyt0uX0

祥鳳「思ったよりきてるわね」



霞「わかるものなの?」



祥鳳「ええ、このまま行くと全裸で外に飛び出して、警察のお世話になり兼ねないわ」



羽黒「全裸で…外に…」



霞「想像しちゃダメよ!」



245: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/13(土) 23:18:53.55 ID:xRSyt0uX0

霞「で、祥鳳さん何か策はないの?」



祥鳳「そうね…羽黒はこれを治したいのよね?」



羽黒「はい、できれば…」



祥鳳「なら下3ね」


下3 祥鳳が提案する露出癖を治す方法とは?



246:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 23:20:04.47 ID:bEQqlWZLo

なんか別の趣味見つけなさい



247:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 23:20:29.34 ID:/nhF56dk0

提督に全てをさらけ出せば良い



248:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/13(土) 23:20:31.59 ID:7HZ9J0ufO

着エ口に目覚める



249: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/13(土) 23:43:57.45 ID:xRSyt0uX0

祥鳳「羽黒、あなた着エ口に目覚めなさい」



霞「着エ口?なにそれ?」



祥鳳「見せた方が早いわね、ちょっと待ってて…よし、再生するわよ?」


ーーーーーー

羽黒「これは…」


霞「裸じゃないのに、なんか凄くえっちね…」



250: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/13(土) 23:48:10.33 ID:xRSyt0uX0

祥鳳「着エ口の着は着衣、つまり服を意味するわ。裸にならず、いかにエ口を表現するかが肝なの」



霞「これだと確かに裸よりはマシね…」



祥鳳「どう羽黒?これならオンオフを使いこなせると思うけど」



羽黒「オンオフ、ですか?」



祥鳳「普段は我慢して、見せる時には物凄く大胆になればいいのよ」



251: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/13(土) 23:52:07.39 ID:xRSyt0uX0

祥鳳「そうね…こんなのもあるのよ?」スッ



霞「ちょっとなにこれ!シャツ一枚羽織ってるだけで胸は手で隠して、下は…ひ、紐じゃないの!」



祥鳳「これも立派な着エ口よ?どう羽黒、あなたなら向いてると思うわ」



羽黒「…祥鳳さん、私着エ口やります!」



祥鳳「あなたならそう言ってくれると思ったわ。歓迎するわ、羽黒!」



252: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/14(日) 00:01:03.75 ID:RPom4ebz0

霞「……ん?『歓迎するわ』って?」



祥鳳「あ、さっき見せた紐のやつは私の写真よ?」



霞「えええぇぇ!!!?」



祥鳳「着エ口なら喋らなくてもいいし、首から下だけを撮ってもいいからほとんどバレることはないわ」



霞「実際今見てもわからなかったわね…」



羽黒「祥鳳さん、もっと詳しく教えてくれませんか!?」



祥鳳「ええ、色々と教えてあげるわ!」



255: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/14(日) 00:09:42.00 ID:RPom4ebz0

提督「それで、羽黒の件は無事解決したんだな?」



霞「無事…とは言えないかもしれないけど、露出で困ることはないんじゃないかしら?」



提督「それならいいんだが…イタタ」



霞「悪かったわね思いっきり殴ったりして。ほら新しい氷よ」



提督「あぁ、助かる。……やっぱり俺は悪くないと思うんだけどなぁ…」




262: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/14(日) 17:33:53.98 ID:RPom4ebz0


提督「さあどんどんやっていこうか」


霞「はい、リストはこれね」

1 装備開発加賀
2 提督と秋月
3 瑞鶴と赤城
4 磯風の料理と黒潮
5 春風と駆逐古姫の平和への道
6 まるゆが好きな木曾
7 ポンコツ霧島
8 阿武隈を慕う翔鶴+銀髪ハーレムを企む阿武隈
9 秋雲のうすい本



提督「じゃあ下3だな」


下3 解決するものを



263:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 17:36:26.69 ID:AoVx8LCCo

9



264:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 17:39:30.94 ID:gZ+LAoOuO

2



265:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 17:39:44.18 ID:5G8XpAFyo

4



266: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/14(日) 17:51:02.35 ID:RPom4ebz0

提督「磯風と黒潮にしようか」



霞「その二人ね」



提督「確か磯風の料理を黒潮が褒めてしまってややこしいことになったんだよな?」



霞「褒めた内容が『食べられるものを作ったから』だからね。普段どんなの作ってるのかしら…」



提督「その辺も含めて確認してみよう」



275: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/14(日) 21:05:17.18 ID:RPom4ebz0


ーーーーーー

提督「まずは黒潮の様子を見てみるか」



霞「黒潮、いるの?」コンコン


ガチャ


黒潮「あ、司令はんに霞か。よかったらどうぞ~」



下1~4 コンマ判定 77に一番近いものを

黒潮の部屋or黒潮の様子は?



276:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 21:06:43.54 ID:ALyhoKZ80

吐瀉物まみれ
白目を向いて泡を吹いて気絶する黒潮



277:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 21:07:27.28 ID:sGGQpX/O0

部屋の中がたこ焼き屋になってる



278:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 21:07:33.34 ID:jlLlWIfno

>>273



279:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 21:07:46.05 ID:QAartE56O

教えるコツが書かれた本や料理の指南本、誉め方や叱り方が書かれた本が部屋中に多量に乱雑している



289: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/14(日) 22:03:38.06 ID:RPom4ebz0


スウッ


提督「…ん?黒潮?」



霞「変ね、部屋に入った瞬間黒潮の姿が…って黒潮!?」


提督「白目むいて倒れてるじゃないか!それに部屋のあちこちに…」



霞「吐いたあとなんか見ないであげて!それより急いで明石さんのところへ連れていくわよ!」



291: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/14(日) 22:07:58.19 ID:RPom4ebz0

ーーーーーー

提督「近くに明石が居てよかったよ」



霞「ほんとにね、工廠まで走る手間が省けてよかったわ」



提督「さて明石、黒潮の様子だが…正直どうだ?」



明石「下3」

下3 黒潮の様子は?



292:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 22:08:45.77 ID:HF+bxIeZO

顔色が悪いのにやたら元気



293:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 22:08:55.47 ID:NDyswZZio

とりあえず問題はありません



294:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 22:09:12.00 ID:N/Avaj9A0

胃潰瘍



296: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/14(日) 22:15:46.22 ID:RPom4ebz0

明石「胃潰瘍、ですね」



霞「いかいよう?」



提督「ストレスが原因でなる胃の病気ってところだ。状態は良くないんだな?」



明石「はっきり言って良くありません。今すぐにでも専門の病院へ運ぶことをオススメします」



提督「……そうか」



霞「明石さんでもどうにもならないなんて…」



298: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/14(日) 22:21:36.09 ID:RPom4ebz0

明石「外傷ならいくらでも治せますが、内臓のことになると内科医に頼むしかありません」



提督「わかった、黒潮は街の病院へ入院させよう。霞、書類を書きに…」



黒潮「その必要は…ないでぇ…」



霞「黒潮!!」



黒潮「司令はん…うちは大丈夫やさかい…いたたた…」



提督「無理をするな黒潮、病院にいけばすぐに楽になる」



299: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/14(日) 22:25:50.58 ID:RPom4ebz0

黒潮「ちがうんや…うちが居なくなったら…あの子が悲しむんや…」



提督「ここで無理をして悪化したら皆んなが悲しむ結果になる。大人しく入院してくれ」



黒潮「ちがう…ちがうんや司令はん…」



霞「何か様子が変よ、話を聞いてあげたら?」



明石「話しやすいように痛み止めを注射してあげます。ちょっと待っていてください」



300: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/14(日) 22:31:28.56 ID:RPom4ebz0

ーーーーーー

提督「…つまり胃潰瘍の原因は磯風の料理にあると?」



黒潮「せやねん。ここでうちが入院でもしてしまったら、磯風はもう立ち直れないかもしれんねん」



霞「胃潰瘍になる料理って…すごいわね」



黒潮「でもあの子に悪気は一切ないねん!だから司令はん、お願いや!」



提督「そうは言ってもな…明石、このままここで様子を見ても大丈夫か?」



明石「下3」
下3 明石の判断は?



301:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 22:33:30.93 ID:NDyswZZio

素直に話して、料理の先生をつけましょうよ



302:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 22:35:21.65 ID:rf/Qu00Y0

ズバっと意見の言える他の艦娘にも試食させる



303:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 22:35:25.91 ID:sGGQpX/O0

黒潮には入院してもらって親潮を影武者にしよう



304: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/14(日) 22:40:50.45 ID:RPom4ebz0

明石「やはり黒潮さんは入院するしかありません」



黒潮「そんな…」



明石「黒潮ちゃん、このまま放置すればあなたの命に関わるかもしれないの。納得してくれない?」



黒潮「いやや…磯風が悲しむんや…」



明石「…じゃあこうしましょう、黒潮ちゃんの影武者を用意するんです!」



黒潮「影武者?」



明石「そうですね…親潮さんとかはどうでしょうか?」



305: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/14(日) 22:47:49.23 ID:RPom4ebz0

提督「黒潮と親潮は陽炎型三番艦と四番艦だ、以外となんとかなるかもしれん」



霞「それに親潮が長期遠征に行ったことにすれば、都合はつくわね」



黒潮「でも…」



提督「部屋でゲロ吐いて白目剥いて倒れてたやつに拒否権はない。大人しく入院してくれるな?」



黒潮「……はい」



提督「よし明石、今から黒潮を病院まで送って行ってくれ」



307: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/14(日) 22:51:58.97 ID:RPom4ebz0

ーーーーーー

提督「黒潮はなんとか病院へ行ってくれたな」



霞「あれだけ言われたら諦めるでしょ。それに黒潮、まともに歩けてなかったから入院して正解よ」



提督「あとは影武者の親潮だが…どうなるだろうか?」


コンコン


親潮「失礼します、司令!」


下2コンマ判定 親潮の黒潮影武者の出来は?



308:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 22:53:48.86 ID:HF+bxIeZO

ひどい



309:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 22:55:12.55 ID:EuPmsWCPo

よく似てるが鏡みたいに左右が逆



313: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/14(日) 23:03:19.88 ID:RPom4ebz0

コンマ55 普通

親潮「どうでしょうか司令!ばっちり黒潮ですか?」


提督「まぁまぁってところか?」


霞「そうね、遠目から見ると黒潮っぽいわ」


提督「関西弁はどうだ?」


親潮「うちは黒潮やでえ?どうや司令はぁん!」


提督「なんかイントネーションが違う気がするが…」


霞「司令はん↓が正解よね。司令はん↑って上がってない?」



314: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/14(日) 23:32:17.59 ID:RPom4ebz0

提督「これで一度磯風のところへ行ってみるか」



霞「そうね、親潮行くわよ」



親潮「やったるでえー!」


提督「何か違うするが大丈夫か…?」


ーーーーーー

提督「磯風、調子はどうだ?」


磯風「む、そこにいるのは…?」

下2 変装した親潮を見た磯風の様子は?



315:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 23:33:07.57 ID:rf/Qu00Y0

手料理をもっている



316:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 23:33:14.15 ID:xm7941gQo

全く気づかない



317: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/14(日) 23:44:45.95 ID:RPom4ebz0

磯風「司令に磯風じゃないか!そうか今日は二人で食べにきてくれたんだな、存分に食べて行ってくれ!」



提督「…全く気付いてないな」ヒソヒソ



親潮「はい、このままいけそうですね」ヒソヒソ



磯風「どうした二人とも?」



提督「いや、なんでもないそれより今日は何を作ったんだ?」



磯風「聞いて驚くな、下2だ!」


下2 磯風の作った料理は?



318:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 23:45:50.99 ID:3GVTenbFo

肉じゃが



319:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 23:45:52.64 ID:L1I8wr4Zo

ビーフストロガノフ



321: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/14(日) 23:57:23.49 ID:RPom4ebz0

磯風「ビーフストロガノフだ!」



提督「あれってかなり難しくなかったか?」



磯風「あぁ、レシピが複雑だったので私なりにアレンジしてみたんだ。さあ食べてくれ!」



親潮「わ、わーい、頂くでぇー」



提督「食べてみないことには感想は言えないからな…」パクッ


下2 磯風の料理の味とは?食べられなかったも可



322:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 00:00:17.20 ID:2Ld2TL3IO

おいしい…



323:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 00:00:19.61 ID:vkSSq1a/0

深海棲艦化しそうになる味



325: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/15(月) 00:12:41.60 ID:cKq9nTqY0

提督「おごっ…!!」



磯風「どうしたんだ司令?」



親潮「見える…蒼く深い…海の底が…」ゴゴゴ



磯風「黒潮までどうしたんだ、何か蒼いオーラが出ているぞ!?」


提督「明石を…呼んでくれ…」バタッ



磯風「司令しっかりしてくれ、司令!」



327: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/15(月) 00:19:12.91 ID:cKq9nTqY0

明石「危なかったですね、私が帰ってくるのがもう少し遅かったら手遅れになっていたかもしれません」



提督「九死に一生を得たようだな…」



明石「親潮…いえ、黒潮ちゃんも容態が安定したようです」


提督「ならひとまず安心だな…」



磯風「司令…私はとんでもないことをしてしまったのではないか?」



328: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/15(月) 00:22:34.64 ID:cKq9nTqY0

提督「磯風…」



磯風「黒潮はいつも食べたあと感想を言ってくれるんだ。ここはこうした方がいいとか、炒めすぎないように注意しようとか」



提督「黒潮が…そうだったんだな」



磯風「司令、はっきりいって私の料理はどうなのだろうか?」


提督「下2」

下2 提督は磯風に全て打ち明ける?



329:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 00:24:23.43 ID:84+q6Nuk0

「その、な……正直言って、ヤバイ」



330:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 00:24:32.29 ID:n9my/tG+0

オブラートに包みかつ砂糖をまぶした程度に打ち明けよう



331: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/15(月) 00:56:23.57 ID:cKq9nTqY0

提督「その、なんだ…磯風の料理はかなり独創的なんだな」



磯風「もちろんだ、私なりに色々とアクセントは加えている」



提督「一度そのアレンジをやめてレシピと全く同じように作ってみたらどうだ?」



磯風「むぅ…それでは在り来たりではないか?」



提督「その在り来たりこそが料理なんだろう。レシピ通りに作れれば今より美味しいのは確実だ」



332: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/15(月) 01:03:47.69 ID:cKq9nTqY0

磯風「…そういう考えもあるか。わかった、次はレシピ通りに作ってやろう」



提督(納得してくれたようで助かった…)


ガチャ


霞「クズ司令官、探したわよ。黒潮の入院について書類がもう一枚必要だった……磯風…?」



磯風「霞は何を言っているんだ?黒潮はここにいるだろう?」


親潮「うぅ…ん…」パサ


提督「あっ、カツラが」


磯風「…………?これは親潮じゃないか。んん?そうすると黒潮はどこへ?」



提督「やれやれ…全部言うしかないようだな」



336: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/15(月) 21:38:54.26 ID:cKq9nTqY0


磯風「私のせいで黒潮が…」



霞「ごめんなさい。タイミングが悪かったわね」



提督「いや、遅かれ早かれ磯風には言うつもりだったんだ。丁度よかったさ」



磯風「…………」



提督「磯風?」



下3 事実を知った磯風の様子は?



337:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 21:41:13.99 ID:cBWVsqGvo

Kskst



338:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 21:42:33.67 ID:n9ChyOcVO

おもむろに自分の料理を食べてみる



339:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 21:42:38.35 ID:m6+Pyrypo

自分の舌を噛み切ろうとする



341: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/15(月) 21:50:32.49 ID:cKq9nTqY0

磯風「………ぐっ」


霞「磯風?」


提督「……おい磯風!何をしてるんだ!」


磯風「ふ……ぐっ……!」


霞「自分の舌を噛み切ろうとしてるの!?」


提督「止めるんだ磯風、おい!」


磯風「ぎ……い……!」


霞「血が出てるじゃない!やめなさいって!」



342: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/15(月) 21:57:32.59 ID:cKq9nTqY0

ーーーーーー

明石「磯風ちゃんいい加減にして下さい!もう少しで死ぬところだったんですよ!?」



霞「戦闘で死ぬならまだしも、こんなことで死ぬなんて馬鹿馬鹿しいわ!」



磯風「…私にとっては『こんなこと』ではないんだ」



霞「え?」



磯風「私は知らない内に仲間を傷付けていた。艦娘どころか人間失格だ」



提督「だから死のうと思ったのか?」



磯風「…[ピーーー]なくとも舌を噛み切れば、黒潮への贖罪になると思ったからだ」



343: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/15(月) 22:03:47.44 ID:cKq9nTqY0

提督「俺はそうやって舌を噛み切った方が黒潮を傷付けると思うんだが、磯風はどう思う?」



磯風「それは…」



提督「お前が仲間思いなのはよくわかった。だからもう少し冷静になれ」



磯風「…悪かった司令。それに霞に明石さんも」



霞「わかればいいのよ。…私もちょっとは責任あるし」



明石「自分の体は大切にして下さいね?」



344: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/15(月) 22:11:16.71 ID:cKq9nTqY0

磯風「司令、私はどうすれば黒潮に許されるだろうか?」



提督「許すも何も、黒潮は最初から怒ってはいなかったぞ」



霞「ええ、最後まであなたの心配をしてたわ」



磯風「いいや!私の気が済まないんだ!司令、何かいいアイデアはないか?」



提督「なら…下3」


下3 提督の提案したことは?



345:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 22:12:45.27 ID:n9my/tG+0

見舞いに行って身の回りの世話をするように



346:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 22:15:56.66 ID:MC6cM6aHo

黒潮の言う通りにちゃんと料理する



347:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 22:16:28.87 ID:zxDBlOD30

>>345



348: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/15(月) 22:28:29.48 ID:cKq9nTqY0

提督「なら黒潮の見舞いに行って、身の回りの世話をしてやるんだ」



磯風「でも私には遠征や出撃の任務が…」



提督「それぐらい都合つけてやる。早速明日から黒潮のところへ行ってやれ」



磯風「…私は本当に嫌われていないんだな?」



霞「だから大丈夫だって。磯風は黒潮がそんな薄情なしだと思ってるの?」


磯風「…いや、そうだな。司令、張り切って黒潮の世話をしてくるぞ!」



提督「あぁ、頑張ってこい」



352: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/15(月) 22:41:33.80 ID:cKq9nTqY0

ーーーーーー

提督「 そういえば、黒潮はどうなっているだろうか?」



霞「なら会いに行ってみる?丁度今日の午後からなら行けそうだし」



提督「よし、なら行ってみよう。磯風の様子も気になるしな」



ーー病院ーー


提督「黒潮、様子はどうだ?」



黒潮「あっ、司令はん…」


下2 病院での黒潮の様子は?



353:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 22:43:37.08 ID:zxDBlOD30

磯風にかいがいしく介護されてた



354:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 22:44:18.41 ID:m6+Pyrypo

味覚障害の疑いがあるので検査中



355: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/15(月) 22:55:24.35 ID:cKq9nTqY0

黒潮「実はなぁ、味覚障害の疑いで検査中なんや」



霞「胃潰瘍とはまた別の病気?」



黒潮「せやねん。味覚障害は先天性のものが多いからって言われたんやけどなぁ」



提督「今まで自覚症状はあったのか?」



黒潮「全然ないねん。それをお医者さんに言うたら、戦闘で顔を怪我したりしない限りは滅多にならへんって言われてん」



356: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/15(月) 22:59:38.19 ID:cKq9nTqY0

霞「顔を怪我すると味覚障害になるの?」



黒潮「そうやなくて、舌にはミライ?っていう味を感じる器官があるらしいんやけど、それが傷付くと味覚障害になってしまうらしいねん」



提督「黒潮は最近そんな激しい戦闘には出ていなかったよな?」



黒潮「そうやねん。じゃあ戦闘じゃないとすると…」



提督「……まさか?」



357: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/15(月) 23:06:55.26 ID:cKq9nTqY0

黒潮「原因として考えられるのは…磯風の料理やねん」



霞「あり得るの、そんなこと?」



提督「磯風の料理なら…いや、まさか。そういえば磯風はどこへ行った?ここにいるはずだろう?」



黒潮「磯風やったらそこに…」



磯風「」チーン



提督「いそかぜえぇぇぇ!」



358: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/15(月) 23:17:56.88 ID:cKq9nTqY0

磯風「フフッ…司令…私の料理は他人を不幸にしかしないみたいだ…」



提督「しっかりするんだ磯風!傷は浅いぞ!」



霞「そうよ、黒潮はまだ生きてるじゃない!」



黒潮「まだって…」



磯風「フ、フフフ……」



提督「磯風はずっとこの調子なのか?」



黒潮「うちの味覚障害の原因が、磯風の料理かもってなってからこうやなぁ」



359: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/15(月) 23:44:59.74 ID:cKq9nTqY0

提督「黒潮は磯風を責めたりしていないんだろう?」



黒潮「もちろんや!でも責任を感じてるみたいでなぁ」



霞「そりゃあ責任も感じるでしょうね…」



提督「治るのか、その味覚障害は?」



黒潮「お医者さんの話やと、微妙なとこみたいやなぁ」



霞「えっ、治らないの!?」



360: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/15(月) 23:52:27.71 ID:cKq9nTqY0

黒潮「治るのは治るんやけど、違和感みたいなのが残るかもしれんって」



提督「それで尚更磯風がああなってしまったのか…」



霞「でもそうなるって決まったわけじゃないでしょ?」



黒潮「そうなんやけど、磯風は聞く耳を持ってくれへんねん…」



提督「なるほどな…」




364: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/16(火) 20:54:56.85 ID:WY99q6at0


黒潮「うちが問題ないってわかれば、磯風も納得してくれるんやと思うんやけどなぁ」



提督「詳しくは結果待ちか…」


コンコン


医師「黒潮さん、精密検査の結果ですが…貴方は黒潮さんの?」


提督「はい、この黒潮の上官です」


医師「なら丁度よかった、結果が出たのでお伝えします」


下2コンマ判定 数値が高い程重症



365:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/16(火) 20:56:24.54 ID:1at1GTttO





366:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/16(火) 20:56:30.84 ID:FDwa+z5to

磯風に救いを



374: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/16(火) 21:13:07.61 ID:WY99q6at0

コンマ84 かなりヤバイ

医師「残念ながらあまり良い結果ではありませんでした」



霞「そんな…」



提督「黒潮は完治しないということですか?」



医師「今より症状は軽くなるかもしれませんが、完治というのは難しいです」



黒潮「あちゃー…」



375: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/16(火) 21:16:45.06 ID:WY99q6at0

提督「先生、味覚障害が完治しないとどういうことになるんですか?」



医師「辛みを感じることがなかったり、旨味を感じことができなくなります」



霞「黒潮はどういう味がわからなくなるんですか?」



医師「下2」

下2 黒潮が感じ取れなくなる味(味覚)は?



376:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/16(火) 21:18:06.72 ID:bBbGLL3fo

甘味



377:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/16(火) 21:18:27.65 ID:yHpbM4R4O

甘味



380: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/16(火) 21:27:01.79 ID:WY99q6at0

医師「甘味、ですね」



提督「そこまではっきりわかるんですか?」



医師「舌が味を感じる所は決まっているんです。黒潮さんの場合は甘味を感じる舌の先端部分に障害が残ります」



黒潮「二度と甘いもんが感じられんのかぁ…まぁそれだけで済んでよかったと思うしかないなぁ、ははは」



医師「それで、黒潮さんがこうなってしまった原因がお友達の料理というのは…?」



提督「残念ながら事実かと…」



381: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/16(火) 21:33:42.16 ID:WY99q6at0

提督「料理が原因って、そんなに珍しいんですか?」



医師「少なくとも私は聞いたことがありません。黒潮さんと同じような症状になるためには、接着剤を舌に塗りたくるレベルですので…」



霞「すごいのね…」



提督「まぁ命に別状がないだけマシと思うしかないな……磯風?どうしたんだ?」



磯風「う……」じわ



霞「磯風?」



磯風「うわあああぁぁぁ!!」バタン



382: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/16(火) 21:36:43.52 ID:WY99q6at0

提督「マズイ!霞、追いかけるぞ!」



霞「わかったわ!」バタン



提督「俺も今すぐ…」



黒潮「司令はん、ちょっとええかな?」グイ



提督「どうした黒潮?急いで磯風を追いかけないと…」



黒潮「ちょっとだけでええから、うちの話聞いてくれへんかなぁ?」



383: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/16(火) 21:38:37.84 ID:WY99q6at0

提督「どうしても今じゃないといけないか?」



黒潮「今やと磯風もおれへんし、ちょっとでええねん」



提督「…わかった。どんな話だ?」



黒潮「あのな、司令はんにお願いがあんねん」



提督「お願い?」



黒潮「下3」


下3 黒潮のお願いとは?



384:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/16(火) 21:40:28.16 ID:FDwa+z5to

黒潮特製レシピ本を磯風に渡して欲しい



385:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/16(火) 21:44:43.75 ID:pOjk7SFgo

kskst



386:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/16(火) 21:44:49.56 ID:YZEJgfut0

春風と文通している古姫ちゃんが治せる薬を持っているらしいので手に入れて



391: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/16(火) 21:51:52.11 ID:WY99q6at0

黒潮「春風と文通している古姫ちゃんが、なんでも治せる薬を持っているらしいねん」



提督「なんでも治せるだと?」



黒潮「それをな、手に入れて欲しいんや」



提督「それは…簡単じゃないぞ」



黒潮「無茶なお願いなのはわかってるねん。でもうちが元気になるところを見せてあげな磯風が可哀想や」



392: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/16(火) 21:59:15.71 ID:WY99q6at0

提督「磯風のためにもか…」



黒潮「はっきり言ってうちが病気なのはどうでもええねん。でも磯風が責任を感じて落ち込んでしまうのは見たくないねん!お願いや!」



提督「…今ここで答えを出すのは難しい。だが古姫…姫ちゃんとは文通する予定でいる。少し待っていてくれないか?」



黒潮「……わかった。司令はんを信じてるわ」



提督「今すぐ答えを出せずにすまない。……そういえば磯風はどうなっただろう?」



393: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/16(火) 22:04:03.49 ID:WY99q6at0

ーーーーーー
霞「待ちなさいったら!」ダダダ



磯風「嫌だ!追いかけてこないでくれ!」ダダダ



霞「ちょっと、ここって…!」


ーー屋上ーー


磯風「はあ…はあ…」



霞「あんた正気なの!?ここから飛び降りる気!?」



磯風「正気に決まっている!だから私には近付くな!」



395: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/16(火) 22:12:02.63 ID:WY99q6at0

霞「そんなことをしても黒潮が悲しむだけよ!」



磯風「うるさい!仲間を…大切な姉を傷物にしてのうのうと生きていられるか!」



霞「それであなたは満足でしょうね。でも残される方の身になったことがあるの!?」



磯風「ふっ、随分と知った口だな。まるで見てきたように言うじゃないか!」



霞「……私にはその気持ちがわかるもの」



磯風「……なに?」



397: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/16(火) 22:20:45.97 ID:WY99q6at0

磯風「お前はドロップ艦だろう!人間だった私達と一緒にしないでくれ!」



霞「そうよ、私はドロップ艦だから人間として暮らした過去はないの。でもね、その分艦だった時の記憶が残っているの」



磯風「!!」



霞「……残されるのって、死ぬよりも辛いのよ。日が過ぎていくごとになんであの時私も一緒に逝けなかったんだろうって、ずっと後悔するの」



磯風「あ、あぁ…」



霞「だからね、こんな形でも私はみんなに会えて、それだけで幸せの。……これでわかってもらえたかしら?」



399: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/16(火) 22:25:55.31 ID:WY99q6at0

磯風「うぅ……すまない…すまない…」



霞「黒潮はあなたを恨んでなんかないの。これまで通りに黒潮と接してなさい」



磯風「でも…それだと私の気が済まないんだ…」



霞「そうね…そんなに責任が取りたいなら下3とかどうかしら?」

下3 霞の提案したことは?



400:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/16(火) 22:29:55.54 ID:eOcwrbfT0

何故料理が下手なのかをしっかり理解し、鳳翔さんや、間宮さんに弟子入りして、上手になる



401:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/16(火) 22:32:25.25 ID:khVhT2WU0





402:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/16(火) 22:33:43.57 ID:qkm9D6yUO

>>400



403: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/16(火) 22:42:47.54 ID:WY99q6at0

霞「何故あなたが料理が下手なのかをしっかり理解して、鳳翔さんや間宮さんに弟子入りして、上手になることね」



磯風「でも…私の料理は人を不幸に…」



霞「だ、か、ら、そういうところも直すのよ。鎮守府で一番の料理上手になって、黒潮をびっくりさせてやりなさい」



磯風「……そうだな、今度は私の料理でみんなを幸せにしてやるんだ!」



霞「その意気よ、磯風」



404: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/16(火) 22:48:07.49 ID:WY99q6at0

磯風「あと霞…さっきはすまなかった」



霞「さっきって?飛び降りようとしたこと?」



磯風「いや、霞をドロップ艦のくせに、と言ってしまったことだ」



霞「あぁ、それね。いいわよ別に…って言ってもあなたは納得しないのよね」



磯風「あぁ、私に何か償わせてもらえないか?」



霞「そうね…じゃあこっち向いてくれる?」



405: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/16(火) 22:52:28.88 ID:WY99q6at0

磯風「これでいいか?」スッ



霞「オッケー…よ!」


バッチーン!!


磯風「ぐっ……!」



霞「これで許してあげるわ。さぁ、黒潮のところへ戻りましょ」



磯風「……こういう時は手加減するものじゃないのか?」



霞「中途半端にやっても納得しないでしょ?さぁ早く行くわよ」



407: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/16(火) 23:16:13.15 ID:WY99q6at0

ーーーーーー

提督「それで、磯風の料理修行はどんな具合だ?」



霞「上達してるみたいだけど、元が酷かったからまだまだみたいね。気長に待つしかないみたいよ」



提督「霞と磯風が病室へ戻ってきた時、磯風の頬が真っ赤だったから何かあったかと思ったが…」



霞「磯風が料理修行するって話よ。それ以上は何もなかったのよ?」



提督「あぁ、わかってるさ」




412: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/17(水) 20:34:45.98 ID:E71hUYIl0


提督「さあ、引き続きやっていこうか」


霞「暫く時間が空いたからかしら、リストが更新されたわ」

1 装備開発加賀
2 提督と秋月
3 瑞鶴と赤城
4 春風と駆逐古姫の平和への道
5 まるゆが好きな木曾
6 ポンコツ霧島
7 阿武隈を慕う翔鶴+銀髪ハーレムを企む阿武隈
8 秋雲のうすい本
9 大和と大井
10 龍驤提督



提督「じゃあ下3だな」


下3 解決するものを



413:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/17(水) 20:36:55.42 ID:wTZmi0YVo

2



414:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/17(水) 20:36:57.83 ID:sk1JYMJro

8



415:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/17(水) 20:37:22.18 ID:1ozRcA6mo

7



416: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/17(水) 20:42:56.83 ID:E71hUYIl0

提督「阿武隈をどうにかするか」



霞「銀髪ハーレムを作りたいって宣言してたくらいだものね」



提督「それと翔鶴もだな。ややこしいことになってないといいが…」


ーーーーーー


提督「ここにいたのか阿武隈」



阿武隈「あっ、提督さん」


下3 阿武隈の様子or見た目は?



417:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/17(水) 20:45:23.43 ID:1ozRcA6mo

ksk



418:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/17(水) 20:46:03.87 ID:vff+YOoyo

周囲を警戒している



419:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/17(水) 20:46:05.64 ID:+XOSXdI60

すでに響と野分と天津風をはべらせることに成功していた



423: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/17(水) 20:53:30.08 ID:E71hUYIl0

提督「ん?阿武隈の後ろにいるのは誰だ?」



響「響だよ」


野分「あっ、司令」


天津風「あらあなた…阿武隈お姉様に何の用?」



霞「阿武隈お姉様って…」



阿武隈「聞いて下さい提督!響ちゃんと野分ちゃんと天津風ちゃんを侍らすことに成功したんです!」



424: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/17(水) 20:57:57.52 ID:E71hUYIl0

提督「侍らすってお前…」


阿武隈「みんないい子であたし大満足です!ほらみんな、ぎゅー!」


響「司令官の前で、ちょっと恥ずかしいな」


野分「あの、その…野分も…」


天津風「全くもう、お姉様ったら…」



霞「一体どうやってみんなを侍らすことができたの?」


阿武隈「下2、4、6」


下2 響を
下4 野分を
下6 天津風を、それぞれどう落としたか



425:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/17(水) 20:59:25.75 ID:Zm0OGeKbO

酔わせて既成事実



426:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/17(水) 20:59:39.60 ID:6T8fRFZy0

誠意をもって自分の気持ちを伝えた



427:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/17(水) 20:59:57.31 ID:M3y+CTdyO

3~4日ほど洗脳教育を施して



428:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/17(水) 21:00:00.63 ID:1ozRcA6mo

壁ドン



429:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/17(水) 21:00:21.66 ID:4Ex6bB+oO

なでなで



430:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/17(水) 21:01:07.36 ID:S9Hmc/cAO

餌付け



431: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/17(水) 21:11:44.79 ID:E71hUYIl0

阿武隈「まず、響ちゃんには私の正直な気持ちを伝えたんです」



響「あんなに真っ直ぐに好意を向けられたのは初めてだよ」



阿武隈「それに響ちゃんは、私の銀髪ハーレムの記念すべき一人なんです!」



響「ハーレムを作りたいというのには少し驚いたけど…私はそれを受け入れたよ」



阿武隈「私はみんなを愛しますから!」




432: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/17(水) 21:14:49.76 ID:E71hUYIl0

阿武隈「次に、野分ちゃんは壁に追い込んで…所謂壁ドンです」



野分「野分あんなの初めてでした…思い出すだけで心臓がドキドキしてしまいます…」



阿武隈「……野分ちゃん?」



野分「はい、お姉様?」


ドンッ

野分「!!!!」


阿武隈「…私のこと、好き?」


野分「あぁぁぁ…阿武隈お姉様…大好きです…」ヘナヘナ



434: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/17(水) 21:18:11.89 ID:E71hUYIl0

阿武隈「あと天津風ちゃんは餌付けですね」



天津風「もう少し言い方はないのかしら?」



阿武隈「えー?私が料理を食べさせてあげたらメロメロになっちゃったのは天津風ちゃんじゃない」



天津風「それは…あなたが食べさせてくれたからで…」


阿武隈「あーまーつーかーぜ。私を呼ぶときは?」



天津風「…お姉様」



阿武隈「よしよし、偉い偉い」ナデナデ



435: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/17(水) 21:21:12.30 ID:E71hUYIl0

響「ずるいよお姉様、私も撫でて」



野分「あの…野分も…」



阿武隈「もー私は逃げないから、一人ずつ順番にね?」




提督「……途中から俺たち無視されてなかったか?」



霞「もう三人も落としていたなんて、すごいわね」



436: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/17(水) 21:24:54.33 ID:E71hUYIl0

提督「ハーレムというのは余り健全ではないが、本人達が納得してるんならそれでいいんじゃないか?」



霞「そうかしらね…今のところ悪影響が出てるわけでもないし…」


ススッ


翔鶴「……」



提督「あっ、翔鶴を忘れて……そういえばお前阿武隈を…」



翔鶴「下3」

下3 翔鶴の台詞は?




437:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/17(水) 21:27:56.21 ID:TNJr9LSUO

フミィ



438:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/17(水) 21:28:26.98 ID:1ozRcA6mo

駆逐艦風情が・・・・許すまじ・・・



439:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/17(水) 21:29:15.10 ID:S9Hmc/cAO

何番目でも構いません
私も愛してくださいませんか?



440: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/17(水) 21:45:20.03 ID:E71hUYIl0

翔鶴「阿武隈お姉様、何番目でも構いません、私も愛してくださいませんか?」



阿武隈「んん、やっぱりあたしより胸のある人は、ハーレムには入れないですー」



響「翔鶴さんもお姉様のハーレムに入りたいのかい?」



翔鶴「はい…」



響「ならお姉様、何か条件を出すのはどうだろう?」



阿武隈「えぇー?…でも響ちゃんがそう言うなら…」



下2 阿武隈の出した条件とは?



441:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/17(水) 21:46:43.33 ID:Cf/iw8Lho

やっぱり無理



442:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/17(水) 21:46:46.19 ID:vff+YOoyo

私の胸を大きくしてみせて



444: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/17(水) 21:55:41.00 ID:E71hUYIl0

阿武隈「あたしの胸を大きくしてみせて下さい」



翔鶴「えっ…?」



阿武隈「あたしより胸が大きいのは絶対許せないので…ならあたしの胸が大きくなればいいんです!」



翔鶴「でも、それって…」



阿武隈「今、翔鶴さんが思ってる方法であたしの胸をおっきくしてもいいんですよ?」



448: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/17(水) 22:18:07.28 ID:805zJeFBO

翔鶴「でも、本当にいいの?その…」



響「お姉様を甘く見ない方がいいよ。私達三人を相手にしても余裕なんだから」



翔鶴「えぇ!?」



野分「あんなに激しいのに…いつも野分達がダウンしてしまうんです」



天津風「ハーレムを作ると宣言してるだけあるわ。はっきり言って絶倫よ」



449: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/17(水) 22:26:34.22 ID:805zJeFBO

翔鶴「お姉様が…?」



阿武隈「正直、駆逐艦三人だけじゃ足りないんですぅ。翔鶴さんは…楽しませてくれますよね?」



翔鶴「…ええ、お姉様を満足させてみせるわ!」



阿武隈「じゃあまだ時間が早いけど…みんな、あたしの部屋に行こうか?」



響「今日も愛してくれるんだね」




450: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/17(水) 22:34:55.52 ID:805zJeFBO

野分「あの、こんな時間からなんて思ってなくて、下着が可愛いのじゃ…」



天津風「そんなの気にしなくていいわよ。どうせ脱がされるんだから」



阿武隈「あたし的には全部おっけーです。さぁ行こうねみんな?」




ーーーーーー



提督「なんというか…阿武隈は逞しいな」



霞「まさか、ねぇ…人は見た目によらないわね」





457: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/18(木) 20:30:48.88 ID:eZjNwLPI0


提督「はたして翔鶴は解決したと言っていいのか?」


霞「問題があればまた言ってくるでしょ。それより続きをやるわよ」


1 装備開発加賀
2 提督と秋月
3 瑞鶴と赤城
4 春風と駆逐古姫の平和への道
5 まるゆが好きな木曾
6 ポンコツ霧島
7 秋雲のうすい本
8 大和と大井
9 龍驤提督



提督「下3だな」


下3 解決するものを



458:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/18(木) 20:31:44.12 ID:4qCja3OTO

4



459:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/18(木) 20:32:02.41 ID:BzuZlaJSo

6



460:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/18(木) 20:32:04.16 ID:ihN/ZFW9O

9



461: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/18(木) 20:37:02.01 ID:eZjNwLPI0

提督「龍驤にしよう、色々と気になるしな」



ーーーーーー


霞「龍驤さん、ちょっといいかしら?」



龍驤「なんや、霞と司令官やないか。どないしたん?」



提督「ちょっとな。ん?龍驤お前…」


下2 龍驤の様子or見た目は?



462:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/18(木) 20:37:26.67 ID:wgXzfj5oo

白い軍服姿



463:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/18(木) 20:37:30.90 ID:xiWktsHHo

胸に勲章がついてる



464: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/18(木) 20:45:13.72 ID:eZjNwLPI0

提督「その胸についてるのは、勲章か?」



龍驤「そうやねん。司令官、今月はまだ1-5はクリアしてなかったでな?」



提督「あぁ、今は先に2-5をクリアしておきたいからな。1-5にはまだ手をつけていない」



龍驤「…実はな、この勲章は1-5をクリアした時にもろたやつやねん」



465: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/18(木) 20:49:55.46 ID:eZjNwLPI0

提督「なに!?そんなこと聞いてないぞ?」



龍驤「ごめんなぁ…キミがイベント海域に夢中になってる間にクリアしてしもうてん」



霞「ちなみに資源はいつものごとく余剰の分を使ってるから、艦隊には全く影響はなかったわ」



提督「でもお前、バケツとかは減ってたらわかるぞ?」



龍驤「それが、ウチの指揮の元やと大破どころか中破も出なかったねん…」



466: ◆ZxOTJs0THw 2017/05/18(木) 20:55:48.36 ID:eZjNwLPI0

提督「マジか…」



龍驤「クリアしてしもたのはしゃーないから、勲章だけでもキミの机に忍ばせとこうと思たんやけど、それはできんかってん」



提督「…艦隊のルールか」



龍驤「せや、クリアした時の指揮官