FC2ブログ

SS46




朧漣潮「恋の手助け」曙「余計なお世話よ」 【艦これ】


1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/26(月) 00:57:22.24 ID:GxnBDyiE0

曙「ちょっと、新しい艦よ」

提督「え?あ、ごめん?」

曙「なによ。ボケーっとして、寝起きなんでしょ?しっかりしなさいよクソ提督」

提督「ごめん。で、そちらの子は?」

綾波「ごきげんよう。特型駆逐艦、綾波と申します」

曙「さっき建造で来た綾波型のネームシップよ。私のお姉ちゃんに当たるわけだけど」

提督「そっか。さすが姉妹艦。曙に負けず劣らず可愛い」

綾波「えっ!?あ、ありがとうございます・・・」

曙「またそんなこと言って・・・調子いいんだから」フイッ

提督「それと、あまり緊張しなくても大丈夫だよ。っていうことで曙」

曙「はいはい。部屋に案内すればいいんでしょ?わかってるわよ」

提督「ありがとう」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/26(月) 00:59:57.87 ID:GxnBDyiE0

曙「あとこれ、遠征の報告書よ。少し前に朧達からあんたが寝てるからって渡されたの」

提督「そういえば受け取っていなかったね」

曙「明日の朝、改めて顔を出すって言ってたわよ」

提督「了解。案内したら今日はもう休んでいいよ」

曙「言われなくてもそうするわ。それじゃあね」

提督「私も眠いから寝るよ」

曙「勝手にすればいいでしょ。綾波、行くわよ」

綾波「は、はい」

綾波「・・・司令官、とても綺麗な女の人ですね」

綾波「切れ目で少し目つきが悪いけど・・・」

綾波「黒髪のロングでかっこいいお姉様って感じでした!」

曙「・・・ええ、そうね」

綾波「・・・一つだけ気になる事を聞きたいんですけど」

曙「・・・何?」



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/26(月) 01:01:21.23 ID:GxnBDyiE0

綾波「曙ちゃんは秘書艦なんですよね?」

曙「まぁね。まったくあんな奴と一緒に居ること自体苦痛だっていうのに」

曙「大人しく朧か漣に秘書艦させとけばいいのよ。前みたいに」

綾波「あはは・・・曙ちゃんは司令官のこと嫌い?」

曙「どうかしらね。ほら、くだらない話してたら着いたわよ」

曙「敷波と相部屋だけど、構わないわよね」

綾波「大丈夫です!」

コンコン

敷波『開いてるー入ってきてー』

ガチャ

曙「出迎えぐらい出来ないの?」

敷波「今更じゃない。それより、もう遅い時間だよ。何さ突然」

曙「実は・・・」



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/26(月) 01:07:32.37 ID:GxnBDyiE0

綾波「敷波ちゃん!」

敷波「えっ?綾波?綾波!」

綾波「会いたかったです敷波ちゃん!」ギュッ

敷波「あたしもだよー!」ギュッ

曙「こういうことよ。という事で手を握り合ってるところ悪いけど敷波、綾波とこれから一緒の部屋だけど、何か不満ある?」

敷波「ない!」

曙「でしょうね・・・じゃあね。私ももう寝るから」

綾波「はい!ありがとうございます!おやすみなさい」

曙「お互い喜んで騒ぐのはいいけど、時間考えなさいよ」

綾波「あっ・・・すみません・・・」

曙「いや、私はいいけどさ・・・ああそれと、明日あいつの所に行ってあげて」

綾波「あいつ・・・?」

曙「クソ提督よクソ提督!新しい子とは二人で自己紹介から始める主義なのよあいつ」

敷波「相変わらず司令官に対しては口悪いなぁ」

曙「あーもううるさいわね!私は部屋に戻るわよ!」


綾波「いつもあんな感じなんですか?」

敷波「あんな感じ、多分照れ隠しだろうけど」



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/26(月) 01:10:53.54 ID:GxnBDyiE0

翌朝

綾波「ふぁ・・・」

朧「おはよう綾波。昨日来たって曙から聞いたけど」

綾波「・・・みっともないところを見られてしまいました・・・」

朧「来たばっかりで疲れてるんだからあくびもしょうがないでしょ」

綾波「そういう問題じゃ・・・それに、昨日は敷波ちゃんと話し込んじゃってあまり寝てないの」

朧「なるほど」

漣「オハー二人共ー!」

朧「漣は朝から元気ね・・・」

漣「元気なのは漣の個性だもの!」

綾波「そういえば、司令官ってどういう人なんですか?」

綾波「第一印象は憧れちゃうほど綺麗だったんですけど・・・」

朧「あー・・・提督?提督は・・・ちょっとビックリするかも」

漣「漣が言うのもなんだけど、ド変態なのですヨー」

朧「漣!滅多なこと言うんじゃないの。提督だって言ってるでしょ?あれはコミニュケーションだって」

漣「どう考えてもセクハラです。本当にありがとうございました」



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/26(月) 01:13:46.00 ID:GxnBDyiE0

綾波「せ、セクハラされるの?女同士なのに・・・?」オロオロ

朧「まぁ・・・最初は戸惑うかもねぇ。ちょっと下ネタが直球というか」

朧「羞恥心が無いと言うか・・・」

漣「ジャンジャン体触ってくるのよ」

朧「確かに触ってくるけど・・・そこまでいやらしい手つきじゃないでしょ?」

漣「そんなことないよ!」

朧「・・・アタシに魅力がないのかな・・・」

漣「ふっふっふっ・・・漣の溢れ出る大人の魅力が」

朧「それはない」

綾波「それはないかなぁ・・・なんて」

漣「ですよねー」



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/26(月) 01:18:39.38 ID:GxnBDyiE0

タッタッタッタッ・・・

漣「あそこを走っているのは初霜ちゃん!何か慌てている様子だ!」

初霜「若葉ー!わーかーばー!」

若葉「なんだ?騒々しいぞ初霜」

初霜「あ!若葉!わか・・・キャア!!」コケッ

ドスッ

若葉「うぐぅっ!?」

初霜「いたたた・・・若葉、大丈夫?」

若葉「ぐっ・・・お前は海の上じゃなくてもぶつかってくるのかっ!?」ズキズキ

初霜「ごめんなさい・・・急には止まれなくて・・・」

若葉「歩けばいいだろうがっ!!」

初霜「あ、そっか。それより見てみて!私かっこいい?かっこいいでしょ!」

若葉「ん?ああ、かっこいいな。改造してもらったのか。よかったな」

初霜「でしょ!それでさ。それとは別に、若葉に一つ聞きたことがあってね」

若葉「なんだ?」

若葉(それより、退いて話してくれないかな・・・重いんだが)



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/26(月) 01:19:53.16 ID:GxnBDyiE0

初霜「提督がね」

提督『若葉って、まだ芽すら出てないのに若葉なんだよね』

提督『まだ生えてないのに若葉・・・まだ豆だけなのに若葉』

初霜「ってクスクスしながら言ってたんだけど」

若葉「そうか。ちょっと初霜、少し退いてくれないか?提督に用事が出来た」

初霜「え?突然どうしたの?」

若葉「いや、気にするな。少し、少しだけ話したいことがあるだけだ」

初霜「そっか。また後でね」

若葉「ああ」ダッ



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/26(月) 01:24:06.51 ID:GxnBDyiE0

朧「・・・綾波は今の会話聞いてどう思った?」

綾波「ごめんなさい。なにがなんだかわかりません」

朧「うん。それでいいの。わからなくていいの」

漣「漣が解説しようか?」

朧「そんなことしなくていいから」

漣「えっとね今のはむぐっ」

朧「綾波!早く提督の所へ行こう。それが良いよ!」

綾波「は、はい・・・?」

綾波(綾波にはまだ早い話なのかもしれないです)

漣「ングーっ!ングーっ!」ジタバタ



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/26(月) 01:26:19.89 ID:GxnBDyiE0

執務室

コンコン

朧「提督」

シーン・・・

朧「あれ・・・まだ起きてないのかな?」

漣「先客じゃないかな?ボソボソと話声が聞こえる」

漣「・・・開けてみよう」

ガチャ

朧「えっちょっ」

綾波「それはまずいのでは・・・」

若葉「この若葉に、何か言いたい事はないか?」

提督「良いおみ足で。靴を脱いでくれるあたり若葉ちゃんの優しさがにじみでぶっ」ガンッ

若葉「反省の色が見えんぞ」ガッ

朧「提督が土下座を・・・」

漣「頭を若葉ちゃんに・・・」

綾波「足で踏まれてますね・・・」



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/26(月) 01:32:21.20 ID:GxnBDyiE0

若葉「純粋な初霜になんて事を言ったんだお前は」

若葉「と言うか。いつの間に毛がまだ生えてないことを確認した」

若葉「着替えでも覗いたのか?」

提督「やっぱり若葉ちゃんってぱいぱっ」ガンッ

若葉「それ以上言うな。お前、さては鎌かけたな」

提督「鎌をかけたつもりはないけど、初霜ちゃんなら確認するのに本人に聞くかと思って吹き込んだ次第です」

提督「私も人から聞いただけだけど」

提督「いいじゃない!減るもんじゃないし!私はこんな見た目だし!!」

若葉「見た目は女に見えてもお前は男だろうが」

提督「女の子の着替えを覗いてなにが悪いの!!」

若葉「犯罪だぞ」

提督「傍から見れば百合だから無問題」

若葉「大問題だろうが・・・はぁ・・・まぁいい。今回は見逃してやろう」

若葉「初霜を改二にしてくれたからな。しかし、覗きは次に発見次第ぶちのめすよう他の奴にも伝えておく」

提督「そんな!私の楽しみが!!」

若葉「救いようもないド変態だなお前」



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/26(月) 01:36:11.75 ID:GxnBDyiE0

綾波「えっ・・・えっ?」

綾波「・・・司令官が・・・男?」

朧「やっぱり混乱するよね。なんか、昔から女顔で華奢らしくて声も高いまんまだって」

漣「いくら鍛えても筋肉が表に出てこないらしいのね。元々筋肉がつかない体質だって言ってたよ」

朧「身長だけは180cmで高めなんだけどね。って提督本人が言ってた」

漣「女装も趣味の一つって言ってたよね。ほら、おそらく今日は女の子の気分なんだよ」

漣「ご主人様の服、今日はスカートだもん」

朧「そういえばそうだね・・・似合うのがなんか腹が立つけど」



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/26(月) 10:24:49.21 ID:GxnBDyiE0

曙「こんなところでなにやってんのよあんたたち」

朧「あ、曙・・・」

曙「入るならさっさと・・・」

提督「若葉ちゃん。いつになったら足をどかして頂けるのでしょうか」

若葉「いつどかそうか迷っている。変態は野放しには出来ないからな」

提督「実害はないじゃない」

若葉「ほう。スキンシップと言いつつ、人の服の中に手を入れてくるのにか」

提督「スキンシップだもん。それがヒートアップしちゃうのは君達が可愛いのが悪い」

曙「・・・また何かやらかしたの?」

若葉「そんなところだ」



16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/26(月) 10:26:00.00 ID:GxnBDyiE0

曙「なるほどね。それで?クソ提督、何か弁明はある?」

提督「ありますとも」

曙「それじゃあ言ってみて」

提督「可愛い子にエッチなことをしたいのは男の性にて、仕方なきことなのです!」

提督「それに一番セクハラしてるのは曙だから安心して」

曙「安心できるか!嬉しくないのよ!」

朧「セクハラって認めちゃってるよ・・・」

漣「嬉しいくせに」ニヤニヤ

曙「なっ・・・そ、そんなことないわよ」フイッ

若葉(わかりやすいんだな)



17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/26(月) 10:27:18.05 ID:GxnBDyiE0

曙「いい加減懲りなさいよ」

提督「曙」

曙「なによ」

提督「愛してるよ」キリッ

曙「それ、何人に言ってるの?」

提督「何言ってるの!この台詞は曙にしか言ってな・・・」

朧「アタシ言われたことある・・・」

漣「えっ」

朧「潮も言われたことあるって」

提督「・・・」チラッ

曙「ほら、私だけじゃないじゃない」ムスッ

提督「一人に決めることなんて、私には出来ないっ!」

曙「それは・・・別に構わないけど・・・」シュンッ

朧「提督が曙落ち込ませたー」

漣「させたー」

提督「ぐぅ・・・」



18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/26(月) 10:28:40.02 ID:GxnBDyiE0

第七駆逐隊の部屋

朧「ということで、提督に遠征の報告に顔出しもしたし、早速話したいことがあるんだけど」

漣「・・・」ズズズッ

漣「お茶が美味い。さすがは潮ちゃん」

潮「褒めすぎだよ・・・」

朧「確かにお茶は美味しいけど・・・それより、曙と提督のことだけど」

潮「あー・・・そういえば全然進展しませんね」コトッ

漣「いい加減しびれが切れてくるよね」

潮「うーん・・・初期艦だった漣ちゃんより秘書艦歴長くなったよね」

漣「ちょっと嫉妬」

朧「まぁ、素直じゃないけど、やることはやるからね」

漣「それじゃあ漣が真面目じゃないみたいじゃん」ムスッ

朧「真面目じゃなかったじゃない」

漣「まぁね」



19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/26(月) 10:30:56.92 ID:GxnBDyiE0

足柄「それで、なんで私がここに呼ばれたわけ?こたつはぬくぬくでいいけど」

朧「恋愛のプロである足柄さんにご教授をと」

足柄「恋愛のプロ?私が?」

漣「それにお化粧とかもすごく上手だって聞きましたよ!」

足柄「まぁ、若く見られる為にお化粧は頑張ったけど・・・」

朧「ほら、潮も褒めてっ」ボソッ

潮「えっ!?あ、あの・・・足柄さんもお料理も上手だとも聞きました・・・」

足柄「いざそういう人が出来てもいいように料理は日々練習してるけど」

足柄「そういう相手が!できないのよっ!」ダンッ

潮「っ」ビクッ

足柄「あっごめんなさい。怒ってるわけじゃないのよ?」



20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/26(月) 10:34:17.32 ID:GxnBDyiE0

足柄「そう。曙と提督をねぇ」

足柄「確かに、いつまでもくっつかないわね」

足柄「たまにいい雰囲気にはなってるみたいだけど」

足柄「私が思うに、あの二人は相性が悪いのよ。少しだけすれ違うほどだけど」

朧「・・・言われて見ればそうかもしれませんね」

潮「確かに・・・世話焼きの曙ちゃんと、なんでもこなす提督は少し相性悪いかも・・・」

漣「だけど、それはどうしようもないんじゃない?」

足柄「そうねぇ・・・相性は愛で何とかするしかないんじゃないかしら」

朧(なんだろう。少なくとも間違ってはいないんだろうけど)

漣(そういう事言ってるから恋人できないんじゃないかなぁ)



28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/26(月) 21:04:40.43 ID:GxnBDyiE0

足柄「これ以上進展が望めないのなら、やっぱり、イベント事を使うしかなさそうね」

朧「イベント?例えば?」

足柄「じゃあ一つだけヒント。今は何月かしら?」

漣「今は一月ですね」

潮「年が明けてからもうすぐ一ヶ月が過ぎるんですねぇ」

漣「そうだね。この間大掃除やら年越しやら初詣やったばっかだったのにね」

朧「アタシは遠征に言ってて一緒に出来なかったけどね」

漣「大掃除大変だったんだよ!曙がすごくやる気だしちゃってさぁ」

潮「漣ちゃん隙があればサボってなかったっけ・・・?」

漣「サボってたんじゃなくて休憩してたの!」

足柄「話がどっか行っちゃってるわよ」

朧「あっすみません。イベントの話でしたっけ」

足柄「もう近づいてるじゃない。大事なイベントが」

朧「大事なイベント・・・ああ!」



29:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/26(月) 21:17:28.17 ID:GxnBDyiE0

朧「豆撒き!」

足柄「バレンタインデーでしょ!?豆撒きなんて恋人同士が楽しむイベントではないわよ!」

朧「ごめんなさいごめんなさい!」

漣「ご主人様と曙は恋人同士ではないですけどねぇー」

足柄「それはそうかもしんないけど・・・」

潮「でも、それはバレンタインデーは少し難しいかもしれませんね・・・」

朧「あー・・・まずその計画立てるにしても曙が乗り気になんないとなぁ」

足柄「それが一番の問題よね。何かやる気が出る事でもあればいいけど」

潮「うーん・・・曙ちゃんは、一人で悩みやら感情を抱えるくせがあるし・・・」

漣「こういう時はやっぱり恋のライバル!!」

朧「ライバル?」

漣「やっぱり恋愛には障害が必要なのよ!」



30:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/26(月) 21:32:09.51 ID:GxnBDyiE0

朧「・・・で?その恋のライバルとやらはいつ現れるの?」

漣「あら、恋のライバルならすでに居るわよ」

足柄「嘘でしょ?そんな話全く聞かないけど」

漣「ふふん。漣には一人心あたりがいるんです」

朧「誰?」

漣「あなただけど」

朧「・・・えっ?」

漣「だってあなた、ずっと提督のこと好きだったでしょ?」

朧「な、なんでそうなるの!?」

潮「確かに以前からそういう素振りはありましたよね・・・」

潮「でも、最近はそんな素振り見せませんけど・・・」

朧「冷めちゃったの!」

漣「なんで?」

足柄「どうして?」

朧(なんかうざい!)



31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/26(月) 21:41:51.24 ID:GxnBDyiE0

朧「完全に冷めたってわけじゃないけど・・・アタシ、提督の前では自分の名前で喋るでしょ?」

漣「そういえばそうだね。ずっと気になってた」

朧「あれ、名前覚えてもらうためなんだよね」

朧「一度だけさ。提督に名前忘れられた事があって・・・」

朧「それから、提督の前では名前で自分の事を呼ぶようにしてるの」

朧「まだ好意は持ってるんだけどね・・・」

朧「曙が提督の事好きって知ってからはずっと応援してるよ」

足柄「いい子ねぇ・・・私だったら奪っちゃうけど」

漣「にしてもご主人様ひどいわね」

朧「アタシ影薄いし、しょうがないんじゃないかな」

足柄「それより、漣」

漣「なんです?」

足柄「さっきはスルーしたけど、提督の事提督って呼んでたわね」

漣「えぇ?そんなことありませんよ?」シレッ

足柄「まぁいいか。それで?恋のライバル作戦が終わっちゃったけど」

漣「またゼロからです」



32:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/26(月) 21:50:01.98 ID:GxnBDyiE0

潮「あ、あの・・・バレンタインデーの案なんですけど・・・」

足柄「何?」

潮「提督はなんでも出来るんです。ですから料理もお上手でして・・・」

足柄「・・・あー、チョコとかもできるのね・・・」

潮「はい・・・」

足柄「でも、作ることに意味があるんだからそこはいいのよ」

潮「いえ、クリスマスの時も、私達がケーキを作ってる時にやってきて」

朧「そういえばそうだったね。やってきて一緒に作った気がする」

漣「もしかしたら、バレンタインのチョコも一緒に作るって言い出しそう」

足柄「ああもう!なんなのあいつ!イライラする!」

朧「落ち着いて足柄さん」



36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/27(火) 17:52:38.82 ID:Nd2qnLiw0

足柄「隙がない男は嫌いよ。少しでも出来ないくらいが可愛いのに」

漣「あら、完璧な男が失敗して落ち込んでるのも素晴らしいもんですよ」

足柄「確かにそうかもしれないけど」

朧「あー・・・提督は結局、誰を好きなんですかね」

潮「曙ちゃんだと・・・思う」

朧「なんでそう思うの?」

潮「えっと・・・なんとなく?」

足柄「なんとなくって・・・」

潮「ごめんなさい・・・」

足柄「いや、怒ってるわけじゃないのよ」

漣「結局恋ってなんですかね。足柄さんは男をどういう目で判断してるんですか?」

足柄「・・・その男とならヤレるかヤレないかね」

漣「流石に飢え過ぎです」



37:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/27(火) 18:01:44.75 ID:Nd2qnLiw0

足柄「だってそうじゃない?私だって子供ほしいし」

足柄「夜の営みをしたくない相手となんか一緒に居たくないのは本音よ」

足柄「そう思うでしょ?」

漣「まぁそうですけど」

足柄「あなた達だってちょっとはそういうの興味あるんでしょ?」

潮「まぁ・・・人並みには・・・ですけど」

漣「めちゃくちゃ興味はあります」

足柄「駆逐艦であるあなた達って性欲を満たすのにどうしてる?」

足柄「その年だし、少しは溜まるでしょ」

漣「トイレで自慰してます」

足柄「ズバリ言うわね。潮ちゃんは?」

潮「えっ!?そういうことは・・・し、してませんよ・・・?」モジモジ

足柄「本当かしらぁ?」ツンツン

潮「してませんってぇ・・・」

朧「あのー」

漣「どうしたの朧」

朧「自慰とはなんですか」



38:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/27(火) 18:05:14.64 ID:Nd2qnLiw0

足柄「嘘でしょ?」

朧「えっ?知らなきゃまずいんですか?」

朧「年相応に知っていなきゃまずいことなんでしょうか?」

足柄「嘘でしょ漣ちゃん」ボソッ

漣「漣も信じがたいです」ボソッ

足柄「純粋にも程があるわ」

漣「疎いとは思ってましたけどここまでとは」

朧「どういうものなんですか?教えてください」

足柄「・・・これは自分で気づかなきゃいけないのよ」

朧「そんなぁ」

足柄(さすがの私も教える勇気はないわ)



39:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/27(火) 18:08:50.17 ID:Nd2qnLiw0

朧「なんですか皆して・・・いいですよ。アタシはカニちゃんと遊んでますから」ツンツン

蟹「」クワッ

足柄「でもこれはちょっとねぇ・・・」

漣「足柄さんの実践がみたいです」

足柄「何言ってんのよ!」

漣「激しいプレイを見せてくださいよ」

足柄「恥じらいってのは大事だと思うわよ」

漣「そんなもんどっかに捨ててきました」

漣「まぁ、ご主人様に対してなら残ってるかもしれませんがね」

足柄「ほら見なさい。潮ちゃんなんか真っ赤になって俯いてるわよ」

潮「うぅ・・・」カァァ

漣「茹で上がったタコのようですな」



40:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/27(火) 18:14:45.59 ID:Nd2qnLiw0

曙「あんた達どんな会話してんのよ」

曙「外に会話ダダ漏れよ」ガサッ

漣「あ、お帰りなさい」

曙「ただいま。潮、花瓶あったわよね。四つあったっけ?」

潮「わぁ・・・綺麗なお花ですね。四つあるかはわかりませんが探してみます」

朧「どうしたのそれ」

曙「あいつからよ。一番働いてる私達へご褒美だってさ」

曙「一人一人違う花みたいだから分けたいんだけど」

曙「ご丁寧にネームカードまで付けてるわよ」

漣「へー。ご主人様もお洒落なことするんだね」ツンツン

曙「まぁ、造花だけどね。花瓶で飾ったほうが綺麗でしょ?」

潮「花瓶あったよっ」

足柄「なんかずるい」



41:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/27(火) 18:32:25.60 ID:Nd2qnLiw0

朧「アタシの花は百合だよね。これはわかりやすいかな」

朧「漣のは・・・何?」

漣「さっぱり」

潮「漣ちゃんのはデルフィニウムって言うお花だよ」

漣「なにそれ初耳」

曙「詳しいのね」

潮「えへへ・・・時間があるときにお花の図鑑読んでたりするから・・・」

足柄「潮ちゃんのは?チューリップよね」

潮「そうですね」

曙「まぁ・・・あいつにしてはセンスがいいんじゃないかしら?」

曙「私のが薔薇っていうのがよくわかんないけど・・・」

曙「でも、綺麗ね」

曙「造花でよかったわ。私、ちゃんと世話してるつもりでもすぐ枯らしちゃうから」

朧「今日の曙は饒舌だね」

漣「ご主人様からの贈り物で嬉しいんでしょ」

曙「そんなんじゃないわよ!」



47:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/28(水) 19:35:13.51 ID:wP9QnM2v0

漣「でも、薔薇が一本って寂しいね」

足柄「あら、薔薇については本数にだって色々意味があるのよ?」

足柄「詳しくは知らないけど」

漣「へぇー。もしかしたら、ご主人様からの愛の告白かもね」ニヤニヤ

曙「そっ・・・それならまぁ・・・嬉しい・・・けど・・・」カァァ

漣「ぶっ!」

朧「汚いっ!」

漣「あははっ!ごめんっ!素直な曙気持ち悪くって!」

潮「曙ちゃんだって素直になる時だってあるよ・・・」

曙「引っぱたかれたいようね」グイッ

漣「ごめんなさい。胸倉を掴むのはやめよう」



48:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/28(水) 19:36:11.72 ID:wP9QnM2v0

曙「私だって・・・素直になりたいのよ」

曙「あんたたちの前でだけ素直になれても・・・意味ないわよね」

曙「あいつは、私達の上司としてよくやってる。その感謝の気持ちだって伝えたいのに」

潮「・・・解決策ならあるよ・・・?」

曙「えっ?」

朧「どうすればいいの?」

足柄「提督とエッチしよう」

潮「話が飛躍しすぎですっ!」

曙「そんなの無理に決まってるじゃない!」

足柄「冗談よ・・・そこまで言わなくていいじゃないの・・・」



49:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/28(水) 19:37:40.26 ID:wP9QnM2v0

潮「その、え・・・エッチまで行かなくても・・・付き合えば少しは素直になれるんじゃないかなぁって・・・」

曙「つ、付き合う?」

漣(秘書艦っていう立場自体付き合ってるみたいなもんじゃないかと思うけど言わないでおこう)

潮「付き合うまで行かなくても、お互いの気持ちを一度でも確認しあえたなら」

潮「少しは思いを伝えるのが楽なのかなぁ・・・って」

朧「潮、その一度が、曙には越えられないんだよ」

曙「その通りよ」

潮「ごめんなさい・・・」

足柄「いっそのこと提督のセクハラを受け入れよう」

潮「えっ」



50:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/28(水) 19:38:44.71 ID:wP9QnM2v0

足柄「少しでもエッチな気分になれば素直になれるわよ」

曙「朝からお酒でも飲んでたの?まだ午前中なのに頭の中ピンクにしてんじゃないわよ」

朧「いつもの曙だった」

足柄「甘いわね。私の頭の中は年がら年中ピンクよ」ドヤッ

漣(引かないなぁ)

足柄「セクハラと言えば、提督にセクハラされたことある子居る?愚問かもしれないけど」

漣「漣が一番過激だと思ったのは、後ろから抱きしめられてお腹をさすられたことです」

朧「アタシは、正面から抱きしめられて頭を撫でられたことがあるぐらいですね」

朧漣「中破してる時に」

曙「ふーん」

曙(どうしよう。本当に私が一番セクハラを受けてるかもしれな



51:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/28(水) 19:39:23.09 ID:wP9QnM2v0

足柄「少しでもエッチな気分になれば素直になれるわよ」

曙「朝からお酒でも飲んでたの?まだ午前中なのに頭の中ピンクにしてんじゃないわよ」

朧「いつもの曙だった」

足柄「甘いわね。私の頭の中は年がら年中ピンクよ」ドヤッ

漣(引かないなぁ)

足柄「セクハラと言えば、提督にセクハラされたことある子居る?愚問かもしれないけど」

漣「漣が一番過激だと思ったのは、後ろから抱きしめられてお腹をさすられたことです」

朧「アタシは、正面から抱きしめられて頭を撫でられたことがあるぐらいですね」

朧漣「中破してる時に」

曙「ふーん」

曙(どうしよう。本当に私が一番セクハラを受けてるかもしれない)



52:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/28(水) 19:40:22.76 ID:wP9QnM2v0

足柄「潮ちゃんは?」

潮「私はされたことないです・・・」

漣「嘘ぉっ!?そんなにおっぱいでかいのにっ!?」

潮「ちょっ声が大きいよっ!」

足柄「ちなみに私もされたことないわ!」

朧「足柄さん涙目・・・」

足柄「泣いてなんかないわよ!」

漣「ご主人様にすら相手にされないなんて・・・なんてかわいそう!」ニコッ

足柄「かわいそうなんて思ってないわね」

曙「でも、意外ね。潮がされてないなんて」

曙「てっきり、優しすぎて抵抗できない潮にいやらしいことしてるのかと思った」

足柄「私が男だったら潮ちゃんのおっぱい揉みしだくわよ」

潮「そ、そんな・・・私の触っても面白くないですよ・・・」

漣「そんなことないよ。面白かったよ」

朧「経験者は語るってやつね」

潮「嫌なこと思い出させてほしくなかったなぁ・・・」グスッ



53:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/28(水) 19:40:59.87 ID:wP9QnM2v0

曙「さっきからあんた達のせいで話があっちこっち行ってるのよ」

足柄「ごめんなさい。でも、潮ちゃんのおっぱいって私くらいあるんじゃない?」

漣「大きさは潮ちゃんの方がちょっと小ぶりですけど乳首は潮ちゃんの方が綺麗です」

足柄「ほう。私の乳首の方が若干黒いと」

漣「弄りすぎなんじゃないですか?」

足柄「言うわね漣ちゃん。ふふふ、反論できない私も私だけど。私、潮ちゃんの乳首見たことないのよね」

朧「潮はお風呂に入るときはタオルで前隠しちゃうもんね」

潮「恥ずかしいじゃないですかぁ・・・」

足柄「隠すのに朧ちゃん達は見たことあるんでしょ?」

漣「漣が引っペがしますから」

曙「私の言葉は全く耳に入らなかったみたいね」イラッ



54:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/28(水) 19:42:18.38 ID:wP9QnM2v0

ガチャ

那智「ここにいたか足柄」

足柄「あら那智。どうしたの?」

那智「どうしたではない。貴様がどうしても合コンに参加して欲しいと言ったから付き合ってやるのを忘れたか?」

足柄「あっ」

那智「今日は夜までに服を買って精一杯おしゃれして男を持ち帰ると息巻いていただろう」

足柄「ごめん忘れてたー」

那智「さっさと用意しろ。貴様の買い物は妙高姉さんの次に長いんだからな」

足柄「ごめんね。用事が出来たから私行くわね」

朧「那智さん、合コンとかするんですね」

那智「今回が初めてだが・・・足柄がタダ酒を飲めると言うものでな」

漣「お酒好きですよね」

那智「ああ、大好きだ」



55:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/28(水) 19:42:58.23 ID:wP9QnM2v0

那智「という事で、こいつは連れて行くぞ」

漣「どうぞどうぞ。特に役にも立たなかったので」

足柄「漣ちゃん、後で覚えていなさい」

漣「てへっ」

曙「いちいち挑発する必要ないでしょ」

足柄「それくらいで怒る私ではないわ」ドヤッ

漣「ドヤ顔が板についてきましたね」

潮「お酒の飲みすぎには注意してくださいね・・・」

那智「・・・ああ、注意はする。心配してくれてありがとう」ナデナデ

潮「いえ・・・」カァァ



56:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/28(水) 19:44:28.23 ID:wP9QnM2v0

曙「行っちゃったわね」

朧「まぁ、那智さんなら男の人は惹かれないんじゃないかな?」

朧「イケメンすぎるし」

漣「ノンノン!イケメン女子は需要があるんだよ」

漣「男も女も那智さんに取られちゃうかもね」

潮「それはあるかも・・・」

曙「確かにねぇ・・・那智以外にも居るものね。女にも男にもモテる中性的なイケメンが」

朧「あー・・・提督のこと?」

曙「あの容姿を活かして男に散々貢がせてたって聞いたことあるわ」

漣「クズなのね」

潮「そんなことする人じゃないと思う・・・」

曙「まぁ、勝手に貢いでくれただけだと思うけどね」



57:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/28(水) 19:45:25.07 ID:wP9QnM2v0

曙「悔しいけどあいつは自分からものをねだるタイプじゃないわ」

曙「自分が欲しいものは自分で手に入れるし、出来ないことは出来るまで挑戦するタイプよ」

朧(本当に提督のこと好きなんだねぇ)ツンツン

蟹「」クワッ

潮「セクハラだって人を選んでますから・・・」

漣「どういうこと?」

曙「潮みたいな抵抗できなさそうな子にはしないってことでしょ」

曙「私みたいに突っぱねるような子じゃないと激しくしてこないのよ」

漣「漣は受け入れてるけどね!」

朧「そういえば曙はどこまでされたの?」

曙「わ、私は・・・大したことされてないわよ」



58:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/28(水) 19:47:12.63 ID:wP9QnM2v0

潮「嘘ついてる顔・・・」

曙「なっ!なんでわかるのよっ!」

朧(黙ってればバレなかったかもしれないのに)

潮「皆嘘ついてるときはすぐに顔に出る・・・と思う」

漣「マジ?」

朧「アタシはわからない」

潮「みんなの事はよく見てるし知ってるつもりだから・・・」

漣「人の癖を見つけるの得意だもんね」

潮「そ、そんなことないよ」

潮「ただ、みんなとは一緒にいる時間が長いから・・・」

曙(潮くらい可愛かったら、あいつも簡単に振り向いてくれたんだろうけどなぁ)

曙(なんか、すごく気分が沈んできた)ズーン

潮(曙ちゃんがすごく落ち込んでる・・・!)



62:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/30(金) 11:32:25.67 ID:CBSdkoYU0

曙「もう・・・諦めようかな」

朧漣潮「えっ」

曙「あいつは、私に振り向くなんてことありえないわ」

曙「だってそうでしょう?私以外にもあいつを好きな子だってたくさん居る」

曙「私より魅力的な子はたくさんいるんだもの。私がいくら頑張っても意味がないわ」

朧「そんなことないよ!」

漣「そうだそうだ!確かにいるかもしれないけど、漣達は曙に協力したいっていつも言ってるじゃん」

潮「えっと・・・」

曙「はぁ・・・もういいわ。私、ちょっと風に当たってくる」

朧「曙、何かあったの?」

曙「なんでもないわ」

漣「曙の恋は、私達が全力でサポートするって!」

曙「・・・余計なお世話よ」

パタン



63:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/30(金) 11:46:02.59 ID:CBSdkoYU0

漣「・・・」イラッ

朧「・・・」イラッ

潮「・・・」オロオロ

漣「・・・カッチーン!アッタマ来たー!!」バリッ

潮「あっ・・・私のおせんべい・・・」

朧「さすがのアタシもこれは怒る!」ゴクッ

潮「あう・・・私の飲みかけのお茶・・・」

朧「絶対に提督と曙をくっつける!」

漣「こうなったら本格的に作戦会議だよ!」

朧「潮、一緒に考えよう!」

潮「う、うん・・・」

潮(怒りのベクトルが少し違う気がする)

潮(けど、喧嘩にはならなそうでよかった)



64:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/30(金) 11:54:48.65 ID:CBSdkoYU0

漣「あ、おせんべいごめん」

朧「お茶もごめん」

潮「あ、うん・・・」

朧「まずは何からするの?」

漣「勿論情報収集!青葉さんの所に行こう!」

朧「なるほど!青葉さんのところに行って曙と提督の関係を確認するんだね」

潮(今までより行動力が・・・)

漣「よし、早速行こう!漣達を怒らせた事後悔させてあげる!」

朧「・・・後悔?」

漣「感謝?」

潮(あ・・・いつもの二人だ)



65:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/30(金) 12:04:02.36 ID:CBSdkoYU0

青葉、衣笠の部屋

漣「青葉さん!」

青葉「おや、珍しいですね漣ちゃん達」

朧「実はほしい情報があってですね」

漣「あれこれそーゆうわけでして」

青葉「なるほど」

漣「一日ご主人様と曙の様子を撮ってほ」

青葉「ちょっと待っててくださいね。確かこの辺に・・・」

朧「えっ」

青葉「これこれ。はい、一日分の資料」

漣「えっ」



66:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/30(金) 12:06:51.43 ID:CBSdkoYU0

青葉「こういうスキャンダルはいつでもネタに出来るので日頃からとってるんです」

朧「あ、ありがとうございます」

漣「報酬はいつものでいいんですね?」

青葉「はい!」

漣「では・・・」ソッ

青葉「・・・」ピラッ

青葉「お主も悪ですねぇー?」

漣「いえいえ、青葉さんには負けますよぉ」

潮(いつもこんな事してるんだって、手に取るようにわかる・・・)



67:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/30(金) 12:15:56.23 ID:CBSdkoYU0

漣「さすが青葉さん。一日と見込んだ仕事を二、三分でまとめてた」

朧「そういえば、さっき何渡してたの?」

漣「漣とサーちゃんの秘密ー!」

潮「さーちゃん・・・?」

漣「しまった。まぁいいか。部屋に戻って中身をみよう」

朧「とにかく、曙と提督がどこまで行ってるか。確認する必要があるからね」

潮「・・・ちょっと私用事があるから少し居なくなるね」

朧「そっか。部屋で待ってるね」

潮「うんっ」



漣「・・・曙に声掛けに行くんだろうね」

朧「だろうね」

漣「まぁ、曙に味方が少ないからね」

朧「曙の味方のくせにー」

漣「朧にだけには言われたくないわー」



73:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/01(日) 10:18:07.24 ID:HIorL7Nd0

防波堤

曙「・・・はぁ・・・またあの子達にキツく当たっちゃった・・・」

曙(あの子達に当たってもしょうがないのに・・・私のバカ・・・)

曙「また謝らないとなぁ・・・」

曙「何もかもあのクソ提督のせいよ」

曙「・・・でも、あいつに振り向いてもらえそうもない自分が一番情けない・・・」

潮「曙ちゃん・・・?」

曙「わぁっ!?」ビクッ

潮「そ、そんなに驚かなくても・・・」

曙「と、突然声かけないでよ!」

潮「えっ、突然声かけないでどうやって話しかけるの・・・?」

曙「・・・ごめん。なんでもないわ」



74:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/01(日) 10:28:07.04 ID:HIorL7Nd0

曙「何?どうしたのよ。私なんてほっといたって構わないじゃない」

潮「そんなこと出来ないよ。だって曙ちゃん、落ち込んでるんだもん・・・」

曙「はぁ?なんで私が落ち込まなきゃならないのよ」

潮「えっ・・・だって提督関連で落ち込んでるんでしょ?」

曙「そんなことないわよ・・・本当に潮は敏いわね」

潮「そんなことないよ。私がわかるのは曙ちゃん達のことだけだよ」

潮「一番一緒に居る時間が長いんだもん。よく知ってるつもりだよ」ニコッ

曙「・・・」ナデナデ

潮「えっえっ?」

曙(恥ずかしがり屋だけど素直でいい子ね。私とは正反対)



75:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/01(日) 10:42:56.27 ID:HIorL7Nd0

潮「・・・曙ちゃんは、提督の事好きなんだよね?」

曙「さぁ・・・どうなのかしらね」

曙「私も最近、よくわからなくなって来たわ」

潮「本当にわからない?」

曙「・・・何が言いたいのよ」

潮「あの時、提督は曙ちゃんを命を懸けて守ってくれたの」

潮「私も見てたから知ってる」

曙「あの時・・・ね。あれは私の体調管理を怠ってボーッとしてたのが原因」

曙「練習用のゴム弾とはいえ、目に跳弾してきた弾も避けられなかった私の怠慢よ」

潮「それを提督は生身の体で助けてくれたんだよね」

曙「そうよ」

曙「物好きよね。私の練習風景をみて、ただでさえ華奢な体を張って」

曙「当たれば大きな怪我もするかもしれない弾に恐れずに私を助けるなんて」

潮(・・・提督も鈍感だけど、曙ちゃんも大概だよぉ・・・)



76:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/01(日) 10:55:37.06 ID:HIorL7Nd0

潮「あの時提督はなんて言ってた?」

潮「曙ちゃんがもし当たったらどうすんの!?って怒ったとき」

曙「練習中の君の側に居た私が悪いって」

曙「でも、曙を守れたからよかったって」

曙「悪いのは私なのに・・・全くバカよ・・・あいつ」

潮(練習中に側に居たのは提督の自業自得だけど・・・)

曙「・・・でも、助けてくれた時に、目の前に来た顔にドキッときたのは本当ね」

曙「それからね・・・あいつと顔を合わせる度に胸が苦しくなったのは」

曙「最初はなんだかわからなかったけど、恋だって気づいて」

曙「でも最近は、その胸の苦しさが無くなって来て」

曙「それがなんとなく寂しくて・・・」シュンッ

潮(すごく乙女・・・この顔を提督に見せて上げたい)ドキドキ



77:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/01(日) 11:03:10.56 ID:HIorL7Nd0

曙「それでも、あいつの側に居たいと思える・・・って、私何言ってるのかしら」

曙「そんなこと思う私も私らしくなくて・・・どんどんあいつに惹かれる自分が居て」

曙「それが自分じゃなくなるみたいで・・・」チラッ

潮「・・・」ニコニコ

曙「・・・何よ?私の顔見てそんな嬉しそうに」

潮「嬉しいんだもん。曙ちゃんの悩み聞けて、安心して」

曙「人が本気で悩んでるのに!何よその言い草!」

潮「ご、ごめんなさい」

曙「・・・いや、ごめん。また私当たっちゃって・・・」

潮「いえ、私は皆のお役に立てるだけで嬉しいから」

潮「それにね曙ちゃん」

曙「何?」

潮「曙ちゃんの悩みは、すぐに解決されると思う」

曙「根拠は・・・ないわよね」

潮「根拠はあるよ」



78:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/01(日) 11:11:47.98 ID:HIorL7Nd0

曙「・・・えっ?」

潮「・・・なんてね」

曙「何よ。あんたが冗談言うなんて・・・珍しいじゃない」

潮「そろそろ朧ちゃんと漣ちゃんの所に戻るね」

曙「ちょっと!?」

潮「曙ちゃんは、悩みを抱えるときはすぐに元気がなくなるよね」

潮「それは一人で悩むからだよ。こうやって、悩みを誰でもいいから打ち明ければ曙ちゃんの負担は少しでも減らせると思ってる」

曙「・・・確かに、少し気が楽になったかもしれないわ」

潮「悩みがあるなら、すぐに相談してね。あ、それと・・・」

曙「今度は何?」



79:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/01(日) 11:20:00.64 ID:HIorL7Nd0

潮「・・・私、提督の事嫌いじゃないんよ」

曙「・・・はっ?」

潮「・・・なんてね。それじゃあね」ニコッ

タッ

曙「なっちょっ!?」

曙「走って行っちゃったわね・・・」

曙(あの子に相談すると、元気になれる)

曙(なぜかは知らないけど、あの子の言葉だけで、なんか安心しちゃうのよね)

曙(言ってることは二転三転するけど)

曙「それにしても、最後のあの一言は何?もしかして潮って・・・」

曙「・・・真面目に頑張らないと、私に振り向かなくなるかも・・・」

曙(でも、潮になら、あいつが惚れても、悔しくない・・・かな・・・)



80:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/01(日) 19:08:28.08 ID:HIorL7Nd0

潮「曙ちゃんの恋心を燃やすのに恥ずかしかったけど言っちゃったっ」

潮「緊張して変な言葉になっちゃったけど・・・」

潮(これで、少しでも曙ちゃんが燃え上がってくればいいんだけど)

敷波「ん?やっほう潮ちゃん」

潮「あっ、こんにちは敷波さん」

敷波「さん付けなんてしなくていいってば。それより、綾波見なかった?」

敷波「朝方司令官の所行くって言って中々戻ってこないんだよ」

潮「・・・まだ提督の所にいるんじゃないですか?」

敷波「えっ?まだ話してるの?もしかしてあいつ、綾波に手ェ出してないだろうね」

潮「それは無いと思うけど・・・」

敷波「なんだぁ。まだ司令官と話してんのかぁ・・・ありがと、行ってみるよ」

潮「はいっ」



81:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/01(日) 19:16:46.88 ID:HIorL7Nd0

第七の部屋

朧「・・・これは」

漣「これはひどい・・・」

朧「水面下でこんなにも進んでるなんて・・・」

漣「いや、でもおかしいよ。だってさ、あの曙だよ?」

漣「こんな大胆な事出来るわけないじゃん」

朧「うーん・・・じゃあやっぱり提督のセクハラだよね・・・」

漣「なんていうか。セクハラって言うより、本当に愛してる感じがなんとも」

朧「アタシや漣にするようなセクハラではないよね」

漣「・・・もしかしてご主人様も・・・曙の事・・・」

朧「・・・これは、さっさと押さなきゃだね」

漣「うん。そうだね」



82:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/01(日) 19:21:53.48 ID:HIorL7Nd0

潮「今戻ったよ・・・」

朧「ん、おかえりなさい」

漣「曙の様子はどうだった?」

潮「ちょっと元気出たみたい」

朧「そっか。ならよかった」

漣「潮も一緒になんか考えて!」

潮「えっ・・・」

朧「とりあえず今出てる案として、ハプニングで、曙に提督を押し倒させる作戦を考えてるんだけど」

漣「いたずらのプロに協力を煽って、曙を提督に対してコケさせるんだ」

潮「えっと・・・怪我しないような作戦でお願い・・・」

漣「大丈夫だって、もし怪我したら看病イベントだから。恋愛イベントには欠かせない出来事だよ!」

朧「何を言ってるかわからないけど、そういう事」



83:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/01(日) 19:29:48.68 ID:HIorL7Nd0

潮「それで、バレンタインとかはどうするの?」

朧「それは曙に参加するかどうか聞いてからかな」

漣「ご主人様が参加したいって言えば追い出すだけだし」

潮「追い出すのはちょっとかわいそうなんじゃ・・・」

漣「いやいや、それぐらいしないとわかんないのよあのバカ」

朧(あれ、今提督の事バカって言ったよね)

潮(ほっといてもあの二人はくっつくと思うんだけどなぁ)

漣「それにさっさとくっついてくれないとね。こちとらモヤモヤしてイライラすんのよ」

朧「気持ちはわかるけど口が悪いよ漣っ」

潮(私、声に出てたっけ・・・?)



84:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/01(日) 19:41:13.56 ID:HIorL7Nd0

潮「あの、一つだけいい作戦があるんだけど・・・」

漣「何?何かあったの?」

潮「作戦ってほどの事じゃないんだけど、提督に直接言ってもらえばいいんじゃないかな・・・」

朧「何を?」

潮「提督も、曙ちゃんの事好きみたいだし、軽口じゃなくて本当の言葉を・・・」

漣「はぁ?なんでそんなことわかるのさ」

潮「今日まではなんとなく気づいてたけど、貰った造花で確信したんだ」

潮「薔薇の花言葉と、本数の意味、蕾である意味、私知ってるから・・・」

潮「なんで薔薇の色が赤じゃなくピンクの薔薇なのかも」

朧(潮らしからぬ口数)

漣「どういう意味なのよ」



85:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/01(日) 19:48:46.13 ID:HIorL7Nd0

潮「・・・内緒っ」

漣「ほう。漣に隠し事とは、どうやら笑い死にしたいようね」ワキワキ

潮「手つきが・・・な、何するの?」

漣「覚悟しろっ!」

ドサっ

潮「きゃあっ!!ちょっどこ触ってるの!?やぁ!」

漣「げへへへーお嬢ちゃん・・・こんな胸して誘ってるんだろぉ?」モミモミ

潮「ダメぇ!」

朧「漣は本当に潮のおっぱい好きだねぇ・・・」

朧(それにしても、提督が曙を好き・・・か・・・)

朧「まぁ、前からわかってはいたけどさ・・・」

潮「いやぁぁ・・・助けて朧ちゃ・・・あっ」

漣「素晴らしい感触だっ」キラキラ

朧(目が輝いてる)



86:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/01(日) 19:59:27.55 ID:HIorL7Nd0

漣「はっ!そうだ、こんな事してる場合じゃない!」

潮「はぁ・・・はぁ・・・もうやらぁ・・・」グスッ

朧「ひどい有様だ」

漣「ご主人様に呼び出されてたんだ。という事で漣は少し行ってくるよ」

朧「えっ」

漣「それじゃあね」

朧「あっうん」

ガチャバタン

朧「・・・潮、大丈夫?」

潮「漣ちゃんのことなんとかしてよぉ・・・朧ちゃぁん・・・」ウルウル

朧「アタシにはどうしようもないよ・・・」

朧(漣がやりすぎちゃうくらい可愛いのわかるし。正直やってみたい)

朧(やらないけど)



90:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/03(火) 09:05:28.99 ID:5BeCJw390

執務室

漣「入りますよご主人様」

ガチャ

提督「申し訳ありませんでした」

敷波「反省の色がない」

漣「今日はやけに土下座する日ですね」

提督「漣、来たのね」

漣「で、今度はなにしたんですか?」

敷波「こいつが綾波の手を握って顔を近づけてたの」

敷波「来たばっかりなんだからセクハラは控えなよ。まったく」

提督「仲良くなればセクハラしてもいいのね!?」

敷波「そういうことじゃない」



91:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/03(火) 09:16:53.07 ID:5BeCJw390

漣「綾波ちゃんは嫌がったの?」

綾波「いえ、綾波は別に・・・」

敷波「嘘でしょ!?こいつすんごいエロい手つきで触ってくるのに!?」

綾波「えっ?でも・・・」

提督「ははは、私でも人は選ぶよ」

敷波「あーもう、話してもキリがない。もう行こ」

綾波「あ、敷波ちゃん待って!」

バタン

漣「・・・どうして本当のこと言わなかったの?」

提督「・・・こうしてるのも、なんとなく好きなんだ・・・」ポッ

漣「そんな乙女な顔されても」



92:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/03(火) 09:26:20.22 ID:5BeCJw390

提督「えーっととりあえずね。漣を呼んだのは他にでもない」

漣「次の計画はどうするのサーちゃん」

提督「察しがいいわね。今度は野分と舞風を引き込む」

漣「ふーん?今度はどんな衣装にするの?」

提督「私と漣がメイドで」

漣「あの二人が王子様とお姫様?」

提督「うん」

漣「やっぱり野分ちゃんが王子様?」

提督「野分はお姫様」

提督「クーデレ野分姫とお茶目舞風王子っていうキャスト」

漣「まぁ、それもいいかもね」

提督「そういえば、プライベートではサーちゃんって呼んでもいいけど、仕事中はちゃんと呼びなさい」グニッ

漣「ごへんなはいへーほく」

提督「あなたが呼ぶときはご主人様でしょー!」

漣「ほっへたいはい!」



93:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/03(火) 09:32:58.86 ID:5BeCJw390

漣「いったーい・・・ご主人様ひどい」

提督「舞風はノリノリで参加は申し出てくれたけど」

提督「野分は舞風次第ね」

漣「そっかー」

提督「それともう一つだけ相談があるんだけど」

漣「めんどくさくなければなんでも聞くよ」

提督「実は、曙の事なんだけれど・・・」

漣「大体予想は付いてたけど、何?」

提督「最近、曙が冷たいんだ」

漣「あっそう」

提督「あんまり関心無さそうね」

漣「漣と提督の仲だもの」

提督「まぁ、そうね・・・」



94:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/03(火) 09:40:52.01 ID:5BeCJw390

提督「あれ以来、あの子の笑顔も見てないし、私、ちょっと寂しい」

漣「はいはい」

提督「私が悪いのかな」

漣「とりあえず、うじうじうざい」

提督「だってぇ」

漣「それでも男?」

提督「男の娘です」キリッ

漣「はっきりと言えるのがすごいですね」

提督「まぁ、中学一年まではこんな容姿と女の子らしい名前が嫌だったけどね」

提督「いじめられてたし」

漣「へぇ、そんな開き直る性格なのに?」

提督「まぁね。でも、もう昔の話だし」

漣「漣もご主人様の過去なんて興味ないです」

提督「漣のそういうはっきりしてるところ好きよ」



95:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/03(火) 09:49:36.06 ID:5BeCJw390

漣「話は終わり?」

提督「うん。あ、そうだ。これ渡しておこうかな」

漣「・・・もう漣のクローゼットもメイド服二着ぐらいあるんですけど」ジトッ

提督「二着ともデザイン違うでしょ?今回のも違うから!」

漣「一着目のロングスカートと白タイツは王道でいいけどねぇ」

漣「にしても、よくもまぁこんな色んなデザインを見つけてくるわね」

提督「えっ?作ってるんだよ?」

漣「えっ」

提督「お裁縫好きなの」

漣「・・・もっと大事にします」

提督「あら、ありがとう」

漣「っつーか!漣の体を把握してないとあんなにピッタリ出来ないよね!?」

提督「あなた達の全てのサイズを把握してる協力者がいるからね!」

漣「明石さんかっ!」



96:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/03(火) 09:59:18.61 ID:5BeCJw390

漣「それでは、部屋で朧達が待ってるので」

提督「なんか最近、曙以外の三人でこそこそしてるみたいだけど」

提督「曙だけ仲間はずれにしちゃダメよ?」

漣「大丈夫。そんなことしてませんから」

漣(むしろ主役ですから)

提督「そっか。ならいいけど」

漣「さて・・・」

漣(・・・古典的な漫画の様な展開・・・それで居て効果的な二種類考えちゃった)ニヤニヤ

提督(なんかニヤニヤしてるけど、笑顔だからいいか)ニコニコ



97:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/03(火) 10:07:08.57 ID:5BeCJw390

七の部屋

漣「ただいま二人共!!」

曙「シーッ」

漣「あれ、曙帰ってたんだ」

曙「二人共こたつで寝ちゃってるのよ。静かにしてあげて」

朧「すー・・・すー・・・」

潮「う・・・ん・・・すー・・・」

蟹「」モソモソ

漣「そっかー・・・」

曙「・・・」

漣「・・・曙はさー」

曙「何よ」

漣「執事服似合いそうだよね」

曙「はっ?」



98:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/03(火) 10:17:58.00 ID:5BeCJw390

漣「こっちの話」

曙「あっそ」

漣「でも曙さぁ」

曙「今度は何よ」

漣「あんなにご主人様と進んでるなんて初めて知ったよ」

曙「どういう事よ」

漣「どうりであの時のキス島沖の任務で漣達が先に入渠した時」

漣「後に入った曙が髪が綺麗だった理由がわかったよ」

曙「キス島沖の任務のあと・・・?はっ!」

曙「ど、どうして知ってるのよ!」カァァ

漣「それはどうしてかなぁ?」ニヤニヤ

曙「よりによってあんたに・・・あんたにだけは知られたくなかったのに」

曙「あれはあいつに無理やり乗せられたのっ!」



99:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/03(火) 10:24:53.64 ID:5BeCJw390

漣「でも嬉しかったんでしょ?ご主人様の膝の上に乗せられて髪をとかされたの」

曙「・・・思いの外、上手だったから・・・気持ち良かった」

漣「ご主人様は、女の子の身だしなみに関してはなんでも出来るよ」

漣「お肌のケアにお化粧、髪のケアまで、おしゃれだって出来る」

漣「漣も時々教えてもらってるんだよ」

曙「だから最近ちょっと可愛くなったのね」

漣「曙に褒められると背筋がぞっとする」

曙「いい加減にしないと殴るわよ」

漣「暴力に走るのはよくない」



100:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/03(火) 10:38:22.32 ID:5BeCJw390

曙「・・・今日は一日何もないって言ってたし、私も少しお昼寝」

漣「珍しいね。曙がお昼寝なんて」

曙「・・・少し疲れたの。だからおやすみ」

漣「そっか。じゃあおやすみ」

曙「・・・」

朧潮「すー・・・」

漣「ん・・・皆寝ちゃったし、一人で計画立てとこう」

漣「それを三人で確認してダメなところを・・・」

漣「・・・そうだね。よし、頑張って書いちゃおう・・・っとその前に、よいしょ」

パサっパサっパサっ

漣「ふう・・・毛布をかけてあげる漣は優しいっ!・・・なんてね・・・」エッヘン

曙(私も素直じゃないけど・・・漣も大概よね・・・)



104:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/05(木) 09:49:56.67 ID:bLrY0kl10

執務室

プルルルルル

プルルルルル

ガチャ

提督「はい。もしもし」

提督「あら、久しぶり」

提督「うん。うん」

提督「元気そうじゃない」

提督「何?・・・会いたい?」

提督「別にいいけど」

提督「そうね・・・今度、私の所に来てみればいいわ」

提督「この職の先輩の仕事振り、見に来るといいじゃない?」

提督「それにしても・・・あなたがこの職で本当に大丈夫なの?」

提督「あはは、ごめんごめん。うん。じゃ、楽しみに待ってる」



青葉(・・・司令官が誰かと楽しげに電話。聞いてる限りでは後輩・・・のようですけど)

青葉(でも、考え方によっては恋人・・・?いやでも、家族の可能性も)

青葉「修羅場が楽しみですね」ワクワク



105:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/05(木) 09:59:03.75 ID:bLrY0kl10

一時間後

曙「ん・・・んん・・・あぁ」

曙(まだ、三人とも寝てるわね・・・)

曙「・・・紙かなんかを大事そうに抱えて寝てるわね。まったく自分には毛布もかけないで」パサッ

曙(・・・私とご主人様をくっつけちゃおう大作戦・・・?)

曙「はぁ・・・余計なお世話だって言ったのに・・・」

曙(内容を確認しておきたいけど、流石に見れない)

曙「にしても・・・本当、お節介な奴らね」

曙「・・・嫌いじゃないけど」ボソッ

曙(さて、自主練習でもしてこよう。秘書艦で居る期間が長いせいで退屈が嫌いになった)

パタン

朧(・・・正面から言ってくれたら、嬉しいんだけどなぁ)



106:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/05(木) 10:02:53.73 ID:bLrY0kl10

執務室

曙(自主練習しようかと思ったけど、あいつにやることないか聞いてからにしよう)

曙(別に、顔が見たいからとかじゃない。うんそうじゃない)

コンコン

曙「入るわよ」

提督『いいよー』

ガチャ

提督「どうしたの曙」

曙「暇を持て余してんのよ。なんかやることないの?」

提督「うーん・・・昨日のうちに書類全部終わっちゃったし」

提督「出撃も遠征も演習も予定ないからぁ・・・」

曙「そう。それじゃあ・・・」

提督「よし、久しぶりにお話しましょう」

曙「はっ?」



107:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/05(木) 10:06:57.79 ID:bLrY0kl10

提督「最近、曙と二人きりが多いけど、事務的な会話しかしてなかったじゃない」

提督「親睦を深める意味も込めて、お話しよう」

曙「くだらない」

提督「私は真剣なのに!」

提督「やっぱり、私の事嫌いなのね・・・」グスッ

曙「うっ・・・別に、嫌とは言ってないじゃない」アセッ

曙「どうせ暇だし、付き合ってあげるわよ」

提督「本当っ!?じゃあ」ポンポン

曙「自分の膝の上叩いてどうしたのよ」

提督「私の膝の上に!」

曙「それは嫌」

曙(恥ずかしいから)

提督「そっかぁ」シュン



108:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/05(木) 10:12:01.38 ID:bLrY0kl10

提督「最近、朧達とはどう?」

曙「どうもこうも、特にないわよ。いつもと変わらない」

提督「そっか。仲がいいなら問題ないわね」

曙「あんたはどうなのよ」

提督「何が?」

曙「あんたが言う限り恋人居ない歴イコール年齢なんでしょ?」

曙「いい加減そのままじゃいけないんじゃないの?」

提督「いやぁまぁ・・・まだ難しいかなぁとは思ってる」

曙「気があるような子はいないわけ?」

提督「可愛い子なら誰でも気があるよ」キリッ

曙「うざっ」

提督「ひどい」



109:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/05(木) 10:19:26.48 ID:bLrY0kl10

曙「あんたの可愛い子って言うのは性格?それとも見た目なの?」

提督「どっちもかなぁ。犯罪者みたいな男でも、性格が可愛ければ問題ないわね」

曙「えっ・・・男?」

提督「私はバイ」

曙「あっそう・・・」

提督「目覚めたのは中学二年の時」

曙「聞いてない」

提督「ごめん」

曙「・・・それで?どんな性格が一番可愛いのよ」

提督(やけに聞いてくるなぁ)

提督「そうだなぁ・・・恋人にはデレデレに甘えてくる子がいいなぁ」

提督「あ、それと私にいつもくっついてくる後輩タイプもいいかな」

曙「・・・そう」シュン

提督「あれ?」

曙(私と真逆のタイプじゃない・・・)

曙「このクソ提督・・・」ボソッ



110:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/05(木) 10:23:26.56 ID:bLrY0kl10

提督「曙は?」

曙「はぁ!?」

提督「いや、私にも聞いたんだから私にも聞く権利があるじゃない?」

曙「わ、私は・・・会ってみなきゃわからないわよ」

提督「現実主義者ね」

曙「実際会って、大切にしてくれそうな人なら誰でもいいわ。顔が悪くても」

提督「それなら私は合格ね!大切にするし顔もいい!」ドヤッ

曙「クソ提督」ジトォ

提督「私の愛が・・・っ!曙に・・・っ!届かない・・・っ!」

曙「勝手に言ってなさい」フン



111:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/05(木) 10:29:25.28 ID:bLrY0kl10

曙「それにしても、いつからそんなカマみたいな事やってるわけ?」

提督「中学一年の三学期あたりからかな」

提督「それまではいじめられてたし、見た目や女の子な名前にも嫌気がさしてたわね」

曙「何がきっかけでそうなったのよ」

提督「うーん・・・あまり人に言えないことなんだけど」

曙「言いたくないの間違いじゃなくて?」

提督「私はもう別に、笑いのネタにできるほどに吹っ切れてるから」

曙「あっそう」ズズ

提督「それでね。冬休みの時に、弟に性的に襲われたの」

曙「ぶっ」ブシャッ

提督「はいティッシュ」スッ

曙「笑いのネタにするにはハードすぎるんじゃない!?」フキフキ

提督「うん。だからこの話をするときはティッシュ常備!」



112:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/05(木) 10:36:32.13 ID:bLrY0kl10

曙「なんていうか・・・その・・・なんかごめん」

提督「いいのいいの。それで弟にこんなに求められるなんて・・・そんなに魅力的なの?」

提督「と、思った私は、いじめてくる男達を虜にしてやろうともっと可愛くなるために努力し始めたの!」

曙「発想がぶっ飛んでるわ」

提督「よく言われる。それで、虜にしてボロ雑巾のように貢がせるだけ貢がせて見捨ててあげた」

曙「・・・軽く引くんだけど」

提督「あいつらが勝手に貢いで勝手に捨てられたって騒いだだけよ!」

提督「ただチラっと気があるような素振りをしてあげただけ」

曙「外道ね」

提督「自殺間近まで追い詰められた私にとっては、なりふり構ってなんかいられないくらい憎んでたんだと思う」

提督「まぁ、当然の報いね」

曙「でも、それが今の現状の理由になるとは思えないんだけど」

提督「そこから自分から女の子の格好になるのが癖になっちゃった」

曙「元々素質はあったのね」

提督「あ、勿論襲ってきた弟はキンタマ蹴り上げて撃退してやったわ」

曙「同じ男なのによく出来たわねそんなこと」



113:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/05(木) 10:44:18.20 ID:bLrY0kl10

提督「自分の好きな子を大切にしない男は万死に値する」

提督「好きでもない相手を蔑ろにするのは仕方ないとは思うけど」 

提督「まぁ、やっていいことと悪いことはあるけどね」

曙「ふーん・・・」

提督「まぁ、こんな見た目だし、不便な時、結構あるのよね」

提督「デパートのトイレとか、温泉とか」

提督「更衣室とか」

提督「ああでも、いいことなら一度だけあったわね」

曙「よく喋るわね。で?そのいいことって?」

提督「自殺しようとした子を助けた事があるわ」

提督「無意識だけど」

曙「割とハードな人生送ってたのね」

提督「まだ二十代だけど」

曙「そうやって年齢ボカすのやめなさいよ」

提督「女の子にとって実年齢を言うのはかなりのリスクが伴うものよ。あなた達若い子とは違うの」

曙「あんた男でしょ」



114:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/05(木) 10:49:33.17 ID:bLrY0kl10

二時間後

提督「いやぁ・・・話した話した」

曙「基本的にあんたが一方的に話してただけだけどね」

曙(まぁ・・・嫌じゃなかったけど)

曙「もう、夕方になりそうよ」

提督「そうだね」

提督「それでだけど曙。そろそろバレンタインデーだから買い物しに行きましょう」

曙「二人で?」

提督「嫌?」

曙「嫌」

提督「じゃあ朧達も一緒に」

曙「それなら」

提督「決まりね」



115:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/05(木) 10:54:57.01 ID:bLrY0kl10

曙「あの三人には私から言っておくわ」

提督「ええ、お願い」

曙「まぁ、いい暇つぶしにはなったわ」

曙「それじゃあね」

提督「うん。またねー」

曙(クソ提督と買い物ね・・・いつ振りかしら)

曙(秘書艦になって最初の頃に一回・・・)

曙(その時の買い物って、すごく長かった記憶がある・・・)

曙「めんどくさそうね」

提督「何か言ったぁ?」

曙「何も言ってないわよ」

ガチャ

曙「このクソ提督!」

バタン

提督「唐突な暴言が私を襲う」



120:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/08(日) 08:08:28.48 ID:gs0V2y2r0

コンコン

提督「ん?今度は誰?」

長門「私だ」

提督「あら、どうしたの?」

長門「ああ、少し話があるんだ」

提督「あらやだ。私には心に決めた人が・・・」

長門「・・・実はだな」

提督「せめて突っ込んでよ」

長門「いや、めんどくさそうだったからな」

提督「ケチー」

長門「・・・こんなのが上司とは悩みが尽きんな・・・」

提督「悩みがあるなら聞いてあげるわ」

長門「そうか」

提督「すごく興味なさそう」



121:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/08(日) 08:17:17.54 ID:gs0V2y2r0

長門「それでなんだが、我が鎮守府にある大浴場の事なんだ」

提督「あれいいわよね。まぁ、私は一人で入るんだけど」

提督「うん・・・あの大浴場一人だとさみしいの」

長門「それは・・・知らん」

提督「それで?」

長門「最近、湯の出が悪いんだ。直してほしいんだが」

提督「そう?何か詰まってるのかしら」

長門「おい、やめてくれ・・・あの風呂入りたくなくなる」

提督「了解、すぐに修理依頼してみる」

提督「まぁ、少しの間はシャワーで我慢して」

長門「ああ・・・そうだ。出撃して怪我すれば風呂は入れるな」

提督「勘弁して」



122:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/08(日) 08:23:56.33 ID:gs0V2y2r0

提督「まぁ、どうしてもお風呂入りたいっていうなら、少し離れた所に露天風呂があるわ」

長門「なんだと?」

提督「私が趣味で作ってもらった」

長門「どういうことだ」

提督「趣味で作ってもらったから同時に入れても二、三人だけど」

長門「どういうことだ」

提督「・・・自分専用の露天風呂が欲しかったのよ」

長門「いや、理解できん」

提督「ただ一つだけ欠陥があってね。脱衣所を作るのを忘れてしまって・・・」

長門「最大の欠陥だな」



123:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/08(日) 08:29:31.05 ID:gs0V2y2r0

提督「作ってもらったって言っても、所詮温泉が沸いてるわけでもないから中身は近代的なものだけどね」

長門「石造りとかじゃなくてか?」

提督「うん。露天風呂って言う名のただのお風呂。天井がガラス張りになってるだけ」

長門「風情も何もないな」

提督「大丈夫、開くから」

長門「・・・まぁ、お前がそれでいいなら別にかまわない」

提督「もし、入りたかったら、私か第七駆逐隊の子達に聞いて」

長門「ああ、正直脱いでから外歩くのは嫌だ」

提督「・・・そうね」

長門「皆、大浴場について文句言っているから私が代表で来た」

長門「早めの対応を頼む」

提督「はいはいー」



124:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/08(日) 08:46:17.42 ID:gs0V2y2r0

七部屋

漣「それでね。漣には考えが二つあるの」

朧「うん。もう聞いてる。でもさぁ」

潮「難しいよね・・・上手く行く保証は・・・?」

朧「二人を人気の無い倉庫へ閉じ込めるのと」

潮「二人をお風呂内に閉じ込める・・・」

漣「二人きりになった二人は、狭い暗がりの中で不安になった心を癒し合う二人」

漣「そして、親密になり、二人は愛を確かめ合う!」

朧「一昔前の恋愛漫画だね・・・」

潮「しかも、だいぶ強引な奴・・・」

漣「お風呂はまぁ心も体も素っ裸にする・・・的な?」

朧「お風呂の方だけふわふわなままだよっ」

潮「漣ちゃん・・・ただえ、エッチなとこ見たいだけだよね・・・」

漣「お風呂はあわよくば既成事実でも作ってくれないかなぁという考えがね」



128:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/11(水) 00:17:07.35 ID:Z1CJ7nHQ0

曙「あんた達、お知らせがあるわ」

朧「わぁ!!」バサッ

潮「隠して隠して・・・」ボソッ

曙「・・・今度、私達四人とあいつで買い物らしいわよ」

漣「なんてこった。なんで?」

曙「さぁ?バレンタインデーの買い物でもするんじゃない?いつ行くかはまだ言ってなかったけど」

ライン!

漣「ん。11日だって」

曙「はぁ?なにそれ」

漣「LINEで連絡来た」

提督LINE『先週町で知り合った友人も11日に行くから一緒に行くことになったよ!』

朧「ハイテクだね」

曙「口で言えばいいのに」

漣「簡単に来るから連絡するには楽なの」

潮「あはは・・・」

潮(漣ちゃんはいつも私達より最先端を行っちゃうなぁ)



129:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/11(水) 00:25:49.27 ID:Z1CJ7nHQ0

曙「それで?あんた達は誰かにあげる予定あるわけ?」

朧「とりあえず提督にはあげようかなと。あとはみんなに友チョコ」

漣「同上」

潮「私も阿武隈ちゃんと提督・・・あと三人に友チョコ」

曙「はぁ・・・浮いた話はないのね」

朧「そういう曙は?提督にあげるんでしょ?」

曙「一応ね」

漣「本命だね」

曙「義理!」

潮「今更隠しても遅いと思うよ」

曙「・・・ああもう!そうよ本命よ!!」

曙「ったく・・・あんた達に知られてから変に隠すと余計恥ずかしいわね・・・」



130:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/11(水) 00:34:46.50 ID:Z1CJ7nHQ0

漣「どうしてあんな奴に惚れちゃったわけ?」

漣「だって、女装癖だし変態だし・・・」

朧「・・・悪いことって変態なところだけ?」

潮「女装癖は趣味だから・・・どうしようも無いからね・・・」

曙「まぁ、変態である以上に、出来ることが多いからマイナスが無くなるのよ」

漣「確かに、そこさえ目を瞑れば優良物件だけどさ」

朧「アタシ達の年で優良物件とか話すのはらしくないっていうか・・・」

潮「そうだよねぇ・・・好きなら、それでいいと思うの」

曙「・・・」ギュッ

潮「なぁに曙ちゃん?」

曙「・・・いい子ね。漣とは大違い」ナデナデ

漣「ほほう。漣と潮ちゃんを比べるなんて」

潮「あの・・・」

漣「潮ちゃんに失礼だよ」

潮「えっ」



131:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/11(水) 00:48:02.69 ID:Z1CJ7nHQ0

そして11日

提督「えーっと・・・ここをこうして・・・」

提督「・・・よしっ」

ガチャ

提督「皆!準備出来ぶっ!?」ガンッ

潮「キャア!!」

曙「このクソ提督!!まだ着替え中よ!!」

朧「提督のバカ!!」

漣「・・・大丈夫かぁ?」ペシペシ

提督「えへ・・・幸せ」

漣「ちゃんと確認しないからだよ」

提督「ラッキースケベだと思って受け入れるわ・・・」ニコッ



132:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/11(水) 01:00:21.66 ID:Z1CJ7nHQ0

執務室

提督「さっきはごめん」

漣「漣は別に構わないけど、何回も一緒に着替えてるし」

曙「はぁっ!?」

漣「あ、別にそういう意味では無いんだけど」

提督「あら、皆おしゃれしたわね」

提督「とても可愛いわ」ニコッ

朧「んーすごく違和感・・・こんなおしゃれしたの初めてだから」

潮「私もちょっと・・・違和感かな・・・」

曙「まったく・・・なんでおしゃれしなきゃいけないのよ。いつもの格好でいいじゃない」

提督「私の目の保養よ」キリッ

曙「クソ提督が」



133:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/11(水) 01:11:43.47 ID:Z1CJ7nHQ0

曙「あんたこそ、だいぶ気合入ってるじゃない」

提督「ふふん。私の魅力は足の綺麗さ。だからホットパンツとタイツで寒さをカバーしてセクシーさを出してみたの」

漣「くっ!相変わらず漣達よりおしゃれで腹立つ!」

提督「潮は髪結ばないの?」

潮「・・・結ぶのは違和感かなぁと・・・」

提督「やってみたほうがいいわよ。ほら来てみて」

提督「おしとやかにしてみよう」

潮「えぇ・・・」

提督「私のシュシュ貸してあげる」

提督「ふんふーん・・・」

提督「潮に似合うのはーこれでー・・・よし!完成!大鯨風の髪型にしてみたわ」

提督「同じ黒髪ロングで巨乳だからね。似合うと思うわ」

潮「に、似合いますか・・・?」

提督「うん。可愛い可愛い」ナデナデ

潮「えへへ・・・」

漣「なんか漣達より女の子な会話してるから腹立つんだけど」ボソッ

曙「あんたは下ネタに走るからよ」



134:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/11(水) 01:30:31.11 ID:Z1CJ7nHQ0

提督「曙は変えないの?変えてあげるよ」ワクワク

曙「変えないわよ。変えるとしても自分で変えられるわよ」

提督「ポニーテールにしよう!ねっねっ!?」

曙「嫌よ」

提督「ねぇしようよぉ」

曙「嫌よ。あんたはどうなの?変えないの?」

提督「えっ?わ、私は・・・そうねぇ・・・変えないかなぁ・・・?」

曙「何?その煮え切らない感じ」

提督「んー・・・それじゃあそろそろ行こっか」

曙「ちょっとっ!?」

漣「でも、結んでるときあるよね」

朧「うん。でもそれって大体提督が男の気分のときだよね?後ろで一本結びしてるだけだし」

漣「そういえば着替えの時も背中見たことないかも」

漣「てっきり漣の下着姿が見たいからなのかと思ったけど、そうでも無さそうね」

ガシッ

曙「後で着替えの話、じっくり聞かせてもらうわよ?」グイッ

漣「オーライオーライ。胸倉を掴んだ手を離すんだ。OK?」



138:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/12(木) 00:20:54.18 ID:PkvtpW5F0

大きなお店

曙「それで?友人ってどんな人なの?」

提督「確かバレンタイン特設の所に居るって言ってたんだけど・・・」

???「ふんふーん・・・お、これもいいなぁ」

提督「あ、おーい!おーい」

???「ん?おおー!さっちゃんこっちこっちー!」

提督「会いたかったよぉー」ギュッ

???「こんなに広い場所だから会えるか不安だったよぉー」ギュッ

漣「相変わらずスキンシップが激しいこと」

朧「でも抱き合うくらい普通にやるよね?」

漣「忘れた?あの格好でもご主人様は男だよ」



139:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/12(木) 00:27:55.81 ID:PkvtpW5F0

提督「相変わらず可愛いね鈴谷!」

鈴谷「さっちゃんも相変わらずぅ!」

鈴谷「今日も気合入ってるねぇ」

提督「結構大変なんだよ。身長高いからさ。レディースだとサイズが合わないの」

鈴谷「じゃあその可愛い服ってどうしてるの?」

提督「見よう見まねで自作」

鈴谷「すげぇ」

提督「そういえばさぁ」

提督「連れが居るって言ってなかった?」

鈴谷「あー今提督と日用品買い漁りに行ってる」



140:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/12(木) 00:34:23.11 ID:PkvtpW5F0

鈴谷「あっちゃ・・・口滑らした・・・」

提督「えっ。艦娘だったの?」

鈴谷「えっ。提督だったの?」

提督「一応。通りで聞いたことある名前だと思った」

鈴谷「鈴谷も一応。っていうかなんで提督服来てないの?」

提督「そりゃ女の子だもの、オシャレして出かけたいじゃない?」

提督「ていうか鈴谷ちゃんだってそうじゃない!なんで艦娘専用の制服来てないの?」

鈴谷「そりゃオシャレしたいじゃん?」

提督「そうだよねー」

鈴谷「ねー」

曙「息が合いすぎてるわね・・・」イラッ

漣「嫉妬してるねぇ」

朧「ねぇ」



141:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/12(木) 00:43:13.79 ID:PkvtpW5F0

鈴谷「おや、可愛いお連れが居るじゃん」

朧「どうも。初めまして」

漣「初めまして」

曙「いつもうちのクソ提督がお世話になってます」ニコッ

潮「初めまして・・・」

鈴谷「どうもー!鈴谷だよ。賑やかだねぇ!」

提督「それじゃあチョコ買おうかな。それでさ鈴谷ちゃん。あげるチョコは手作り?」

鈴谷「うーん。面倒だから買ってるあげるだけでいいかなぁ」

鈴谷「だって上げるような異性は提督しかいないし」

提督「そっかぁ」

曙「・・・なんで私達置いてけぼりくらってるのかしら・・・?」イライラ

漣「隣にいるの怖いくらいイライラしてるんだけど」ボソッ

朧「これは提督が悪い」

曙「なんか言った!?」

潮「落ち着いて曙ちゃん!」



142:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/12(木) 00:57:01.98 ID:PkvtpW5F0

鈴谷「うーん・・・可愛いチョコ多くて迷うなぁ。うちの提督甘党だから苦いのはやめときたいんだけど・・・」

提督「すみませーん。板チョコ30箱くださーい」

鈴谷「30箱!?板チョコ300枚も!?」

提督「うん。私は手作りだからさ。自分用にもね・・・えへへ」ジュルッ

曙「5箱で足りると思う?」

漣「もっと買っとこうよ。もし失敗したら太るよ」

朧「食べる気満々だね」

漣「そりゃねぇ。あ、そうだ。マシュマロも買ってこうよ」

潮「完全に作ってる時に食べる気なんだね」

漣「潮のマシュマロほっぺにチョコつけて舐めまわすよ」

潮「やめてよ・・・なんか怖いよ」

提督「・・・ねっ?作ってる過程でかなりの量を減る予定だから」

鈴谷「太るよ?」

提督「太らない体質なんだ」ドヤッ

鈴谷「・・・実は私も」ドヤッ



143:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/12(木) 01:05:24.40 ID:PkvtpW5F0

鈴谷「うーん・・・鈴谷も手作りにしてみようかなぁ。うちの秘書艦も手作りだろうし」

提督「あら、そっちの秘書艦さんはどういう子なの?」

鈴谷「優しい子だよ。まぁ・・・ただね。少し提督に対して過干渉なところがたまに傷だけどね」

提督「そうなの?うちの秘書艦なんて・・・」チラッ

曙「・・・何見てんのよ」

提督「私に対して冷たいのよ・・・さっちゃん寂しい」

曙「うざっ」

鈴谷「今のはうざい」

提督「ごめんなさい」



144:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/12(木) 01:21:59.09 ID:PkvtpW5F0

少し経って

提督「いや、買った買った。あれでも在庫無くならないなんて流石だよね」

鈴谷「そうだね」

曙「・・・溶ける前に帰るわよ」

朧「そうだね」

提督「トイレ行きたい・・・」

提督「ちょっと待ってて」

朧「はいはいー」

漣「んートイレ前は人が少ないね」

曙「そりゃそうでしょ。まぁでも、他と比べると少なすぎる気がするわね」

鈴谷「チンピラが絡んできそうだね」

高校生a「ねぇ君達、一緒に遊ぼうよ」

高校生b「君達可愛いねぇ」

高校生c「ね?悪いことしちゃおうよ」

鈴谷「噂をすればってねぇ」

鈴谷(見た目からして高校生くらいかな)



145:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/12(木) 01:30:26.96 ID:PkvtpW5F0

高校生a「ほら、一緒にカラオケでも行こうよ」

鈴谷「いやーごめんねー。鈴谷達、人待ってるから」

高校生b「へぇ、鈴谷ちゃんって言うんだ。可愛い名前だね」

高校生c「こっちは中学生?だよね?一緒に行こうよ」ガシッ

バシッ

高校生c「ってぇ・・・」

曙「気安く触らないで」

高校生a「みんなで行けば楽しいよ」グイッ

潮「キャア!や、やめてください・・・」

漣「ちょっと!いきなり何すんのよ!その手を離して!」バシッ

朧「潮、大丈夫?」ナデナデ

潮「こ、怖いよ・・・」

鈴谷「・・・そうだね。一緒に行こうよ。それでなんだけど、もうひとりお客さんが居るんだけど、いいよね?」

高校生a「いいよ。何人でも」

鈴谷「ね?提督?」



146:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/12(木) 01:37:53.44 ID:PkvtpW5F0

男提督「・・・ここに居たんですか。鈴谷さん?」

鈴谷「ごめんごめん。怒らないでよ提督」

男提督「それで?その人達は?」

鈴谷「鈴谷の友達の愛人達」

第七達「ちょっと!?」

男提督「そうですか。そちらの男性達は?」

高校生a「あ、あの・・・えっと・・・道を聞いただけなんです・・・」

高校生b「そ、そうなんです・・・僕たち方向音痴でして・・・」

高校生c「ご、ごめんなさい・・・」

男提督「いえ、よろしければ案内を・・・」

高校生a「結構ですー!!」ダッ

高校生bc「さようならー!」ダッ



147:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/12(木) 01:48:40.53 ID:PkvtpW5F0

鈴谷「ふふ、意気地なしだね」

朧「知り合いの知り合いじゃなかったら怖くて声でないよ・・・」

曙「でかいわね・・・うちのよりでかい。2mはある?」

男提督「う・・・む・・・」

鈴谷「あーごめん。うちの提督恥ずかしがり屋でさ。打ち解けてない人には口下手なんだよねぇ」

男提督「す、すみません・・・」

鈴谷「もーそんな逆三角形で身長でかくてかっこいいんだから自信持ちなって」バシバシッ

男提督「痛いですよ鈴谷さん・・・」

男提督「あ、鈴谷さんそろそろ帰りますよ。電さんがお怒りなんです・・・」

鈴谷「そんな図体して臆病なんだから・・・それじゃあさっちゃんによろしくね」

朧「うん。わかったよ」

鈴谷「じゃあにー」

男提督「・・・」ペコッ



153:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/19(木) 18:04:45.20 ID:0FzSSsWR0

提督「あれ?鈴谷は?」

曙「あっちの提督さんに連れられて帰っちゃったわよ」

漣「ご主人様によろしくだってさ」

提督「むぅ・・・残念だなぁ」

提督「もっと話したかったのに」

曙「・・・随分あの子の入れ込んでるようね」ムスッ

提督「そりゃもう!鈴谷とは趣味も話も合うから話してると楽しくて!」

曙「あっそ!」

提督「・・・なんで怒ってるの?」

朧「提督が鈍感だからです」

潮「その通りです」

提督「三人が冷たい」

漣「自業自得。買い物終わったんなら帰りましょう」

提督「四人とも冷たい。あ、私チョコケーキも作るからケーキ作る材料も買ってく」

曙「さっさとして!」



154:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/19(木) 18:14:13.75 ID:0FzSSsWR0

買い物後

曙「それで?チョコレートケーキは誰の為に作るの?」

提督「両親の為に作るんだ。毎年恒例なの」

漣「仲良いの?この間電話で大激怒してませんでした?」

提督「あー・・・あれ聞いてた?」

漣「そりゃ、あんだけでかい声で怒ってればね」

潮「提督があんなに怒ってるところ初めて見たから泣きそうでした・・・」

提督「あれは・・・別のほう」

潮「別のほう?」

提督「あなた達には関係ないわ。それより潮、もうあの子達の御飯無くなりそうだったわよね?」

潮「あの子達?ああ・・・そういえばそうですね」

提督「だよね。それじゃあちょっとペットショップ寄ってくるから・・・潮だけ付き合って貰っていい?」

潮「あ、はい!」

曙「はぁ・・・待ってるから早くしなさい」

提督「でも・・・」

曙「いいから!」



155:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/19(木) 18:21:26.07 ID:0FzSSsWR0

居残り三人

曙「全く・・・それにしても、最近あんた達あいつと仲良くない?潮も含めて」

朧「そうかな?」

漣「漣はそんなつもり無いけど」

曙「漣の一緒に着替えてたとか」

曙「朧も夜中にあいつの部屋に入ってるの見たわよ」

漣「えっ、それ本当?」

朧「ええっ!?あ、あれは・・・その・・・」アセアセ

曙「それに潮だって、あいつしか入れなかった部屋に一緒に入ってるところ偶然見たし」

朧「ああ、あの窓一つもない部屋でしょ?アタシが来てすぐぐらいに立入り禁止になったけど」

漣「何が隠してあるんだろうね。もしかしたらエッチな事する為に改造したのかもね」ニヤニヤ

曙「あの潮に限ってありえないでしょ」

漣「それもそうだね」



156:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/19(木) 18:31:29.07 ID:0FzSSsWR0

曙「・・・まぁ、あいつとの付き合いは個人の自由だからとやかく言うつもりはないけど」

曙「・・・私だけなんか進まなくてなんか・・・」

曙「なんか・・・」

曙「・・・やっぱりいいわ」

曙「はぁ・・・」

漣「漣達が何してたか追求しないなんて、相当落ち込んでるよ」ボソッ

朧「そうだね・・・作戦実行はいつにする?」ボソッ

漣「とりあえず朧は何してたの?ご主人様の部屋で夜な夜な」ボソッ

朧「そ、それは・・・教えられないっ!そういう漣こそ!」ボソッ

漣「漣とご主人様はそれはそれは仲がいいだけだよ」ボソッ

曙「そこ二人、ボソボソうっさい」

漣「お怒りだ」

朧「お怒りだぁ」



157:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/19(木) 18:47:04.64 ID:0FzSSsWR0

提督「ただいま。それじゃあ帰ろっか。あ、八百屋もよらないとね」

潮「チンゲンサイも買ってかないとですね」

提督「うん」

漣「なんの餌買ってきたの?」

提督「あー・・・見ないほうがいいかなぁ・・・ね?」

潮「そ、そうですね・・・初めては少しビックリするかもしれないよ・・・」

朧「やめておこう。嫌な予感がするから」

曙「・・・早く帰ろ」

提督「あれ?元気ないよ?どうしたの?」

曙「なんでもない!!」

提督「・・・怒られちゃった」ショボン

漣「男ならメソメソしない」バシバシッ

提督「むぅ」



158:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/19(木) 19:01:09.27 ID:0FzSSsWR0

提督「そういえば、鈴谷の提督ってどんな人だった?」

漣「第一印象はめっちゃ怖かった」

朧「顔に傷はあるしでかくて筋肉質だし目つき悪いし」

漣「戦場帰りって言われても信じるレベル」

提督「相当ね」

潮「でも、あの人優しい人だよ。見かけによらずに」

提督「へぇ。潮が言うんだからそうなんでしょうね」

朧「話した感じだとね」

漣「あの見た目で尻に敷かれまくってたよね」

潮「・・・鈴谷さんにすごく叩かれてたし」

漣「人は見かけによらないって体現してたね」

朧「秘書艦さんにも頭上がらないみたいでしたよ」

提督「ふーん」パキッ

漣「あ!何チョコ食べてんですか!まだ早いでしょ!?」

提督「が、我慢できなかったの!許して!」

朧「うちの提督も大概だなぁ」

曙「・・・」

潮(曙ちゃんのテンションが全然上がらない・・・!)ドキドキ



162:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/21(土) 13:29:41.28 ID:OCNBcvlC0

鎮守府内厨房

提督「あれ、間宮さん?どうしたの?」

間宮「鳳翔さんに許可を貰って厨房お借りしてます」

潮「どうしたんですか?」

間宮「あなた達にはいつも贔屓してもらっているのでバレンタインに何かあげようかと思いまして」

提督「あら、だったらお店でバレンタイン特別メニューでも出しちゃえばいいのに」

間宮「・・・」

間宮「感謝の気持ちですので」

漣(それもいいかもと一瞬思ったのかな?)

明石「間宮さん頼まれた物作ってきましたよ」

間宮「ありがとうございます」

明石「あ、提督、お借りしてます」

提督「・・・許可を出した鳳翔は?」

明石「そこに笑顔で座ってますよ」

鳳翔「こっちです」

提督「うわっ、びっくりした」



163:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/21(土) 13:40:00.41 ID:OCNBcvlC0

提督「鳳翔、これ今日買ってきた奴なんだけど、冷蔵庫に入れるの手伝ってくれない?」

鳳翔「随分買ってきましたね・・・チョコレート」

提督「今の時期買い貯めするのが恒例なんだぁ」

鳳翔「そちらの袋は?」

提督「これは・・・あの子達の御飯」

鳳翔「ああ・・・なるほどあれですか」

提督「はい、あれです」

鳳翔「では閉まっておきます」

間宮「よし」

明石「できましたね」

提督「うわお。このチョコフォンデュタワー明石が作ったの?」

明石「少し、資材に手をつけさせてもらいましたけど・・・」ボソッ

提督「やったぁ!これでいつもチョコフォンデュし放題ね!」

明石(この提督ならバレないから大丈夫大丈夫)

間宮「中のチョコは私が少しアレンジしたチョコなのでなくなったら一言お願いします」

間宮「その時は別料金ですけどね!」

提督「是非お願いするわね!」



164:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/21(土) 13:58:43.26 ID:OCNBcvlC0

間宮「それでは私はこれで、またお店に来てくださいね」

提督「ありがとぉ!皆喜ぶわ!こんなことならいちごとかバナナとか買ってくれば良かったわね」

曙(相変わらず子供ね・・・そこも良いんだけど)

潮(曙ちゃんの顔が少し明るくなった!)パァ

提督「はぁ・・・興奮しすぎて疲れちゃった」

漣「はぁ!?」

提督「私少し休むね。皆先に作ってて」

提督「というより、私は明日作るか明後日作るから。それじゃあねぇ」

漣「ちょっと!?」

朧「相変わらず自由な人だなぁ」

曙「まぁいいわ。あいつがいない間に作っちゃいましょ」

明石「私も一緒にやってもいいですか?」

曙「いいわよ。それじゃ、各自自分のエプロン着けて」

朧漣潮「はーい」



165:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/21(土) 14:19:29.31 ID:OCNBcvlC0

明石「おー四人とも決まってるね」

朧「さて、どういうチョコ作ろっか」

漣「やっぱり定番はハートでしょ」

曙「まぁ、それが無難ね」

潮「曙ちゃんがハートのチョコ・・・」

曙「何よ」

漣「想像できないよねぇ」ニヤニヤ

朧「とうとう作る気になったかーって感じだもんね」ニヤニヤ

曙「・・・悪い?」ムスッ

潮「そんなことないよ。好きな人に気持ちを伝えるならハートが一番だもん」ニコッ

明石「チョコレートで矢も作ってハートに突き刺します?」

曙「私が渡したら命を狙われてると勘違いされそうね」

朧「それは流石にマイナス思考すぎだよ」



169:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 12:05:34.08 ID:05iKamQ50

二時間ほど経って

朧「うーん・・・やっぱり余ったねぇ」

漣「いいんじゃない?保存効くんだしいくらあっても大丈夫よ」

潮「結局、掌より小さめなハート一個だけ作ったんだね」

曙「・・・渡せるかしら」

朧「アタシ達が全力でサポートするよ!」

漣「泥船に乗ったつもりで期待してて!」

潮「大船だよ漣ちゃん」

曙「・・・ありがと」ボソッ

漣「ん?聞こえないよぉ?もっと大きな声で!」

曙「絶対聞こえてる!」

朧「どういたしまして。さて、あとは冷蔵庫で冷やしといて大丈夫かな」

潮「あはは・・・チョコレート専用の冷蔵庫みたいになっちゃったね」

曙「あいつの甘党にも困ったものね」

曙「ところで、さっき冷凍庫に大きな容器に入れた水朧と二人で持ってってたけど、何かに使うの?」

漣「ストレス甲斐性に砕くだけだよ」

曙「あっそ・・・」



170:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 12:11:58.06 ID:05iKamQ50

提督の部屋

提督「そうね。予定では14日に来てもらえれば大丈夫よ」

???『今から先輩に会うのが楽しみです』

提督「そう言ってもらえたら嬉しいけど」

???『何を手にして先輩に会おうかずっと悩んでいるんです』

提督「そんな気を使わなくて大丈夫よ。私とあなたの仲でしょ?」

???『だからこそですよ。チョコとかどうですか!?ちょうどバレンタインですし』

???『先輩甘党だったじゃないですか』

提督「チョコはうちにたくさんあるのよ。まぁ、手作りは別だけどさ」

???『では、私と秘書艦と仲のいい子達で作って持ってきますね』

提督「楽しみにしてる。それじゃ」

???『はい!』

ピッ

提督「・・・はぁ・・・私も作らないとなぁ・・・」



171:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 12:15:14.38 ID:05iKamQ50

そして次の日の夜中の厨房

提督「・・・誰もいないよね」

提督「作るかぁ・・・」

提督「去年はお母さんお父さんに渡し損ねたし、今年こそは渡さないとね」

提督「それでー・・・」

ガタッ

提督「」ビクゥッ

???「あいたたた・・・」

提督「誰?こんな時間にどうしたの?」



172:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 12:22:41.20 ID:05iKamQ50

初霜「ごめんなさい・・・突然提督が入ってきたもので反射的に隠れてしまいました・・・」

提督「うん。まぁ消灯時間は過ぎてるものね」

提督「改めて聞くけどどうしたのこんな時間に」

初霜「あ、はい。私もバレンタインのチョコを作りたいと思いまして」

初霜「提督と若葉、あとお世話になってる軽巡や他の人たちにもと」

初霜「昨日は人がいっぱいだったので出来ないなぁと思って・・・」

提督「・・・皆して作ってるのねぇ。通りで甘い匂いがずっとしてるわけね」

初霜「はい!それでなんですけど提督」

提督「何?」

初霜「実は作り方を本で学んだだけで実践は初めてなんです。一緒に作ってくれたら嬉しいなぁ・・・なんて・・・」

提督「いいわよ。どうせ私も量作るから一緒に作ろっか」

初霜「はいっ!ありがとうございます!」



176:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/26(木) 10:34:41.86 ID:yxhrP3Ko0

その頃

若葉(初霜が望月達の部屋に行くといったっきり戻ってこない)

コンコン

望月『勝手に入ってきてー』

ガチャ

若葉「夜遅くにすまない。初霜を見てないか?」

北上「さぁねー。ちょっと前まで一緒にいたけど、用事があるってさー」

若葉「そうか・・・しかし、消灯時間が過ぎているのに自分の部屋に戻らなくていいのか?」

望月「まぁ、消灯時間とか決めてるけど、あの司令官だしねぇ」

摩耶「そうだな」

若葉「夜遅くまで遊んでいるのはいいが、明日の仕事に支障が出ない程度にな」

若葉「初霜を探してくる。邪魔した」

望月「はいはーい」



177:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/26(木) 10:40:59.94 ID:yxhrP3Ko0

望月「若葉は本当に初霜の事が好きだねぇ」

北上「そうだねぇ」

摩耶「妹だし、可愛いんだろ」

望月「そういえばバレンタインだねー。北っちは誰かにあげる予定あるん?」

北上「あげる予定は無いけどもらう予定だったらあるかなぁ。そういうモッチーは?」

望月「あたしも同じかなぁ」

摩耶「なんだお前ら、貰うだけ貰って得するタイプかよ」

北望「いや、チョコ作り面倒だし」

摩耶「気持ちはわかるけどよ・・・」

摩耶「初雪はどうなんだ?」

初雪「・・・ない」

初雪「チョコだけ・・・食べたい・・・」

摩耶「チョコだったら冷蔵庫に腐るほどあるぞ」

初雪「取りに行くのめんどう・・・」

摩耶「どうしようもねぇ奴らだな」



178:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/26(木) 10:48:33.58 ID:yxhrP3Ko0

望月「あ、噂で耳にしたんだけど、バレンタインを機に司令官と曙をくっつける計画が出てきてるらしい」

北上「ああ、やっと?」

摩耶「えっ」

初雪「あの二人・・・どっちつかずの感じで・・・イライラしてた・・・」

摩耶「えっ、マジで?」

望月「えっ、あんなに露骨なのに気付かなかったの?」

摩耶「マジかよ・・・冗談だろ?」

北上「冗談も何も無いよ。見てればわかると思うけど」

摩耶「あたしが鈍感だって物言いだな」

望月「そうだよ」

摩耶「言い返せねぇ。しかしなんか複雑だな。女同士みたいで」

望月「そう?」

北上「そうかなぁ?私はあんまり気にならないけど」

摩耶「お前には言ってねぇよ」

初雪「モッチー・・・次の巻・・・」

望月「あいよー」



179:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/26(木) 10:59:07.25 ID:yxhrP3Ko0

厨房

提督「そうそう、そんな感じ。包丁使うときはちゃんと脇を締めてね」

初霜「はい」

提督「あとはボウルの中に刻んだチョコを入れて湯煎で溶かすの」

初霜「はい」

提督「溶けるまで待って、溶けたらちょっとだけかき混ぜる」

初霜「あ、溶けるまで何かやることは?」

提督「使った包丁とまな板は一旦洗うけど、続けて作る予定だから洗う必要もないわね」

初霜「そうですか」

提督「そうね。それじゃあ溶けるまでお話タイムね」

初霜「突然ですね」

提督「二人きりの時にしか話せないことだってあるでしょ?私、そういうのもすごく楽しみなんだ」

提督「私は一人だから、一人一人と二人きりでって言うのはこういう時にしかゆっくり話せないじゃない」

初霜「それもそうですね」

提督「この間は曙と二人で二時間くらい話し込んじゃったけど・・・」



180:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/26(木) 11:05:34.64 ID:yxhrP3Ko0

提督「それで更に突然なんだけど、初霜は好きな子とかいないの?」ワクワク

初霜「本当に突然ですね。私はまだ恋とかは・・・」

提督「そうなの?百合でもいいのよ?」

初霜「百合?」

提督「ああ、百合って言うのは・・・女の子同士で恋愛してるってこと。具体例を上げるなら北上と大井」

初霜「なるほど」

提督「にしても、いくら恋に興味がないって言っても少しくらい知識を吸収しておいた方がいいわ」

初霜「そういうものでしょうか」

提督「性知識とかそういう知識があれば、街中で歩いてたりしてナンパされてそのままホテルに連れ込まれて・・・」

提督「なんて事を避けられるし!」

初霜「若葉にでも聞いてみます!」

提督(あ、また怒られるかもしれない)

提督(まぁいっか)



181:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/26(木) 11:15:42.29 ID:yxhrP3Ko0

初霜「そういう提督はどうなんですか?曙のこと好きなんですよね?」

提督「えっ!?え、えっと・・・」

初霜「隠しても無駄ですよ。私含めて、艦娘の大半の子が気付いてますよ」

提督「あー・・・やっぱり?」

初霜「自分の恋には興味ないですけど、他の人の事なら敏いつもりです!」ドヤッ

初霜「それでなくても、提督はわかりやすかったですし」

提督「よねぇ・・・うーん。そりゃあ、出来ることなら一緒になりたいけど・・・」

初霜「やっぱり怖いんですか?」

提督「実を言うと私、自分からアプローチってした事ないのよね・・・だから、どうしていいやら」

提督「それで曙って気難しいでしょ?だから余計・・・ね」

初霜「意外と意気地なしですね」

提督「返す言葉もない」

提督「このままじゃいけないとは思ってる。行動だけじゃなくて、ちゃんと言葉で伝えないと」

提督「でも・・・私の過去を知ったら、嫌われるから」

初霜「過去はさほど重要じゃないですよ。いくら過去でひどい出来事があっても、今の提督は素敵です」

提督「・・・ありがとう。そう言って貰えると嬉しい」

提督「でも・・・私の過去は笑い話で流せるほど簡単なものじゃないの」



182:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/26(木) 11:26:45.79 ID:yxhrP3Ko0

初霜「・・・」

提督「・・・さぁ、チョコも大体溶けたしかき混ぜよう」

初霜「はい。あ・・・提督」

提督「何?」

初霜「曙のどこが好きになったんですか?」マゼ

提督「そりゃもう見た目に一目惚れ!少し幼い外見なのに他の駆逐艦の子には出せない独特な色気がもうね」

提督「一目惚れって言っても、本気で惚れちゃったのは中身を知ってから」

提督「あの子に、軽い気持ちでいい夫婦の条件って何って聞いたことがあるの。簡単に答えてくれたのがね」

提督「今も昔も変わらないと思うけど、お互いを助け合うべく、お互いが強くなる事」

提督「その言葉を聞いて、もうゾッコン!」

初霜「あの・・・」

提督「その考え方が私が尊敬してる女性の考え方と一緒で・・・」

初霜「あの、私から話を振っといてなんですけど、混ぜ終わったんですけど・・・」

提督「あ、ごめん。それで次がー・・・」



183:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/26(木) 11:36:17.98 ID:yxhrP3Ko0

それから

初霜「・・・あとは冷えるのを待つだけですか」ムスッ

提督「はい」ショボン

初霜「私はちょっと怒ってます」

提督「はい」

初霜「最初に私が曙の話を振ったのも悪かったですけど」

初霜「大体の会話が曙の話に変わってちょっとウザかったです」

提督「ごめんなさい」

初霜「別に嫉妬とかではなく」

提督「本当にごめんなさい・・・お詫びにバレンタインが終わったらショートケーキ作ってあげるから・・・」

初霜「ショートケーキ・・・」

提督「それで許してくれないかな・・・?ね?」

初霜「しょうがないですね!」キラキラ

提督(ああもう素直で可愛いなっ)ナデナデ

バタン

若葉「初霜!ここに居たか!探したぞ」

初霜「うわぁっ!?びっくりした・・・どうしたの若葉」



184:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/26(木) 11:47:33.84 ID:yxhrP3Ko0

若葉「お前がいつまで経っても戻ってこないから心配したんだぞ!」

初霜「ご、ごめん!バレンタインのチョコを作ってたから・・・その・・・」

若葉「そうならそうと言ってくれ!本当に心配したんだぞ」

初霜「私が普段から迷惑ばっかり掛けてる若葉の為に作ってて・・・」

若葉「なっ・・・いや、そういう事なら別にかまわないのだが・・・」アセ

初霜「ごめんなさい・・・」

若葉「えっいや、そういうつもりで言ったんじゃなくてだな。その、すまん」

初霜「ううん。私も黙ってたのが悪かったの。だから、悪いのは私だから」

若葉「う・・・ううむ・・・遅くなるなら遅くなるって言ってもらえればいいからな」

初霜「うん。次からは気をつけるね」

提督「まるで束縛が激しい彼女を持つと大変ねぇ」

若葉「なっ・・・初霜の姉である以上妹の心配をするのは当然のことだろう!」

提督「冗談よ。それじゃあ明日、一緒にラッピングもしましょう」

提督「日付も変わっちゃったし、ちゃんと寝るのよ」

初霜「了解しました提督」ビシッ

若葉「・・・それではな」チラッ

提督「むっつりめ」ニヤニヤ

若葉「ぐっ!腹が立つ!行くぞ初霜」

初霜「う、うん?」



185:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/26(木) 11:59:38.75 ID:yxhrP3Ko0

翌日

甘味処 間宮

漣「いやーチョコもいいけどやっぱり羊羹もいいよねぇ」

曙「あんた・・・まさか一棹も食べるの?」

朧「漣は食べるからね・・・」

漣「そういう朧だって負けず劣らず食べるじゃん?今日は量が少ないみたいだけど」

朧「部屋にかにぱんがあるから」

潮「曙ちゃんがショートケーキって珍しいね」

曙「まぁね。たまにはこういうものも食べたくなるのよ」

漣「ふふふ、曙がいちごを最後に残す、お楽しみは最後にっていうタイプなのは知ってるよ」

漣「その最後のいちごを漣が横からぶすりと」

曙「そんなことしたら後でぶっ飛ばすだけよ」

潮「どうしてわざわざ怒られるような事を・・・」

朧「考えちゃダメ、漣の考え方はよくわからないから」

漣「ひどい言われよう」

曙「自業自得ね」



190:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/03(火) 23:46:56.75 ID:9e9lnfw90

曙「・・・はぁ・・・明日ね・・・」

漣「何が?」

曙「バレンタイン。渡せる気がしないんだけど」

朧「いつも通りに渡したらいいんじゃないの?別に気負いする必要ないと思うんだけど」

潮「あはは・・・朧ちゃん、好きな人に心を込めたものをあげるって結構緊張するんだよ?」

潮「もし喜んでくれなかったらとか、嫌いなものだったらとか色々と考えちゃうんだもん」

朧「ふーん・・・潮もそんな相手居るの?」

潮「えっ?わ、私は、三人が好きだから・・・プレゼントとかあげる時はいつもドキドキしてるよっ」

漣「潮こそ気負いしなくていいじゃん。漣達が潮を嫌うと思う?ありえないありえない」

漣「漣は潮なしじゃ生きられないから」ワキワキ

潮「私が漣ちゃんを嫌いになりそうだよ・・・」ジトォ

曙「潮に嫌われたらこの世の終わりね」

朧「そうだね」



191:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/03(火) 23:53:29.28 ID:9e9lnfw90

漣「んー、あれ見てると、やっぱり那智さんとご主人様って雰囲気似てるよね」

曙「えっ?ここに居んの?」

漣「気付かなかったの?あそこに居るよ」

朧「本当だ。なんか楽しそうに話してるね」

曙「・・・潮」

潮「何?」

曙「行ってきなさい」

漣「自分で行けよ」

曙「・・・私にできると思ってる?」

漣「一歩踏み出そうぜぇ!なぁ!?」

朧「漣、キャラ変わりすぎ」

漣「ごめん。調子に乗った」

潮「うーん・・・別にいいけど・・・」

潮(なんで私なんだろう?)



192:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/04(水) 00:30:09.35 ID:95F0mNvi0

提督「それで?足柄ったらどうなったの?」

那智「ああ、見事に全滅だ。私も少し引いたくらいだ」

潮「お二人共、おはようございます・・・相席いいでしょうか・・・?」

提督「ええ。いいわよ。ね?」

那智「いいぞ」

潮「あ、ありがとうございます・・・」

那智「あいつはガッツキすぎるからそうなるんだ」

提督「そういうあなたはどうなの?何人かもらったんでしょう?連絡先」

那智「まぁ、な。だが、私は恋愛などするつもりはない」

提督「あらぁ。生殺しじゃない!そんな事なら連絡先うけたらない方が相手のためよ?」

那智「いや、せっかくの気持ちを受け取らないと申し訳ないだろう。奢ってもらっているんだし」

提督「男って言うのはそういう生き物!ダメならダメ!受け取ったら勘違いされるの!」

那智「そういうものだろうか?どうなんだ?潮」

潮「えっ!?私は男の人ではないのでそういうのはちょっとわからないです・・・」

那智「そうか」



193:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/04(水) 00:36:12.21 ID:95F0mNvi0

那智「潮は好きな子とかいないのか?」

潮「私はまだそういう人は・・・」

提督「女の子でもいいのよ?」ワクワク

潮「女の子にもいませんっ」

那智「そうか。しかし恋愛か。私は考えたこともなかったな」

提督「恋愛はいいものよ。その人の為に自分磨きして私みたいに綺麗になれるし」

那智「ああ、そうだな。貴様は本当にあいつの為に頑張っているな」

提督「もうやだ!恥ずかしいじゃない!」

潮「あいつ?」

那智「勿論曙のことだ。それ以外考えられまい」

潮「ですよね・・・」

提督「やっぱり初霜の言う通りなのね。私ってそんなに露骨?」

那智「かなりな」

潮「大井さんの次ぐらいに」

提督「じゃあ、曙はなんで気づいてくれないの?」

那智「それは知らん」

潮(曙ちゃんが提督の事しか見てないから、周りと比べられないんじゃないかなぁ)



194:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/04(水) 00:41:54.38 ID:95F0mNvi0

漣「潮が裏切った」

朧「普通に談笑し始めた」

曙「くっ。気になるっ」

漣「もう行っちゃったら?」

曙「無理。恥ずかしいじゃない」

朧(潮に出来たんだから出来るんじゃないかな・・・)

曙「それに、無意味に暴言なんか吐きたくないし!」

漣「そんな言葉を曙から聞けるとは思わなかったよ」ブスッ

曙「あいつへの暴言は緊張してるからなのよ!」

朧「曙、落ち着いて。自分がどれだけ恥ずかしい事言ってるか気付いて」

漣「確かにね。一旦落ち着こう」パクッ

曙「ちょっと!何で人のいちご食べてるわけ!?」

漣「うめぇ!」

朧「最近、漣のテンションが高すぎる気がする」



195:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/04(水) 00:47:17.99 ID:95F0mNvi0

翌朝

執務室前

曙「・・・潮に隠し事されるから気になって寝付けなかったわ」

潮「ごめん・・・」

朧「・・・まだほっぺた赤いけど大丈夫?」

漣「手加減なしとか頭おかしい」

曙「頭おかしいのはあんた」

漣「なぁにおぅ?」

潮「曙ちゃん。これだけは言っておくけど、曙ちゃんから受け取るのを提督は待ちかねてるよ」

曙「・・・ありがと。気休めにはなったわ」

潮(本当のことなんだけどなぁ)

コンコン

提督『入っていいよ』

曙「すぅ・・・はぁ・・・」

ガチャ



196:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/04(水) 00:54:38.35 ID:95F0mNvi0

第七四人「・・・っ!」ドキッ

提督「おはよう皆。今日は爽やかな朝だね」ニコッ

第七四人「・・・」ジーッ

提督「ん?どうしたんだい?僕の顔に何か付いてるかな?」ニコッ

潮(今日は男の人の気分なんだ・・・)

朧(雰囲気がガラッと変わるから一瞬見とれちゃった・・・)

漣「今日のご主人様は何かが違うっ!」

曙「ど、どうしたのよ?男の格好なんて珍しいじゃない」カァァ

提督「そうかい?」

曙「どういう風の吹き回し?」

提督「そりゃ今日はバレンタインだもん!女の子から受け取るときはやっぱり男でなくっちゃね!雰囲気って大事でしょ!?」

漣「なんだ。いつものご主人様と変わんないじゃん」

提督「悪かったね。女の子の方が私の素なんだよ。昔からさ」

提督「一人称僕がいい?そっちがいいならそっちのままにするけど」

曙「どっちでもいいわよそんなの!」

提督「そう?」

提督(何で私怒られてるんだろう)

潮(何で怒られてるかわかってない顔をしてる・・・)



197:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/04(水) 00:59:54.98 ID:95F0mNvi0

提督「ああ、そうそう。今日はお客さんが来るからさ。私の昔からのお友達」

提督「別に無礼はあってもいいけど、一応おもてなしだけしてくれる?」

曙「はぁ?何で当日になって言うのよ。お茶請けだって用意できないわよ」

提督「お茶請けは大丈夫。バレンタインチョコあげるから」ニコッ

曙「・・・そう」プイッ

提督(あれ、何で不機嫌になったんだろう)

潮(・・・提督は鈍感なんじゃなくてバカなのかもしれない)

漣「ご主人様ってバカ?」

朧「バカだろうね」

提督「何さ皆して。まぁ、今日は男を意識して話すから、少し違和感あるかもしれないけど頑張って」

漣「いつもと変わらない気がするんだけど!」

提督「それならそれでいいじゃん?ということで、そろそろ来ると思うから」

提督「曙以外部屋で待機してて」

曙「何で私は残されるわけ?」

提督「秘書艦だからだけど?」

曙「ああ・・・最近仕事してないから忘れてたわ」



202:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/07(土) 02:19:45.32 ID:ZPtK2KY70

コンコン

提督「もう来たのかな?どうぞー」

ガチャ

敷波「司令官・・・。宅急便なんだけど・・・これなに?」

綾波「お、重いです・・・」ズッシリ

曙「何?随分重そうなダンボールね・・・」

提督「あー・・・そっか・・・そうだよねぇ・・・うん。それ、漣に渡しといて」

敷波「はぁ!?ここまで持ってくるのにどれだけ苦労したと思ってんの!?」

提督「ごめん。漣に渡して、分けといてって言っておいて、今ここから離れるわけにはいかないし」

敷波「・・・はぁ。わかったよ。行こう綾波」

綾波「う、うん・・・」

パタン



203:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/07(土) 02:22:45.39 ID:ZPtK2KY70

曙「・・・何?あれ」

提督「・・・多分、ファンレター。ついでにバレンタインのプレゼントかと」

曙「あんた、私の知らないところで何してるの?」

提督「・・・」フイッ

曙「何で目をそらす」

長門『重そうだな。手伝ってやろうか?』

敷波『あ、長門さん。綾波のをお願いします』

長門『任せろ』

綾波『あ、ありがとうございます・・・』

提督「さすが長門だね。さりげないイケメンだ」

曙「話をそらすなっ」



204:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/07(土) 02:28:23.37 ID:ZPtK2KY70

数分後

コンコン

初霜『提督、提督にお客さんです』

提督「今度こそね!どうぞ!」

ガチャ

???「先輩!会いたかったですよ!」

???「相変わらずお綺麗で素晴らしい」

提督「・・・え?誰?」

曙「・・・は?」



205:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/07(土) 02:37:09.17 ID:ZPtK2KY70

???「えーっと・・・無理もないですよね。見た目もだいぶ変わりましたし・・・」

提督「え、ちょっと待って!私の知ってる子じゃない!」

提督「あの子だって証拠は!?えーっと、そうだ!昔の私をどう呼んでた?言ってみて」

???「懐かしいですね。ご主人様」

提督「ああ、くそ!あの子だ!」




ガタッ

朧「どうしたの漣?突然」

漣「キャラかぶりの予感!」

潮「漣ちゃんとキャラかぶる人なんてそうそういないよ・・・」

朧「潮、漣に対して毒吐くようになったのね」

ガチャ

長門「漣、お前に届け物らしいぞ」

漣「・・・ふた箱も?マジで・・・?さーちゃんすげーな・・・」

朧「漣、最近口悪くない?」



206:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/07(土) 02:47:10.69 ID:ZPtK2KY70

鈴谷「提督早いよー。ってあれ、さっちゃんじゃん。どうしたの?ここの提督に用事でもあったの?」

提督「・・・鈴谷の提督って、この子だったの?」

鈴谷「・・・え?さっちゃんがここの提督なの?マジで?」

提督「マジで」

男提督「あはは、なんだ。先輩と鈴谷さんは知り合いでしたか」

提督「いやーすごくびっくりしてる」

鈴谷「鈴谷はさっちゃんが男だと言うことの方がびっくりだよ。普通にハグとかしてたじゃん」

男提督「なんだって!?先輩と、は、ハグって・・・なんて羨ましいんだ鈴谷さん!」

曙(なんか、えらくうちのクソ提督に思い入れがあるようだけど・・・)

提督「にしてもたっくんでかくなったねぇ」

男提督「先輩にあえなくなってから、僕、鍛えてたんですよ。そしたら身長まで伸びるしここまで大きくなっちゃいました」

鈴谷「・・・僕っ!?」

提督「ああ、曙、紹介するね。この人は私の友人で、名前はたくみ。私はたっくんって呼んでるけど」

男提督「初めまして・・・と言うのは嘘になりますが、匠と申します」ペコッ



207:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/07(土) 02:57:24.03 ID:ZPtK2KY70

曙「初めまして・・・では無いけど、曙です」

男提督改め匠提督「先輩、相変わらずお美しい姿で何よりです」ニコッ

提督「そうだね。身長だけが高かったたっくんとは違うね。それと、前はありがとう。助けてくれて」

匠提督「いえ、僕は何もしてませんよ。ただ、あの方々に話しかけたら逃げてしまって・・・」

匠提督「僕、そんなに怖い顔をしてるでしょうか・・・」シュンッ

提督「すごく怖い顔してるわよ。戦場行ってたって言っても信じてもらえるぐらいには」

匠提督「そ、そうなんですか?・・・そうなんですか?」チラッ

鈴谷「うん。かなりね」

匠提督「だから猫にも避けられるんですね・・・」シュンッ

曙「ちょっと」ボソッ

提督「ん?何?」

曙「結局はどういう仲なの?明らかにただの友人ではないわよね」



208:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/07(土) 03:07:31.29 ID:ZPtK2KY70

提督「ああ、たっくんの自殺を止めたのがきっかけで知り合って」

提督「それから、たっくんが私の奴隷になったの」

曙「大事なところはしょりすぎじゃない!?」

提督「いやまぁ・・・話せば長くなるし・・・ねぇ?」

匠提督「そうですね・・・これだけは言っておきますよ?僕が自ら奴隷として志願したんです!」

提督「ご主人様って呼ぶのはやめろって言ったんだけど中々やめてもらえなくてねぇ」

匠提督「それで、先輩って呼ぶようになりました!本当は周りから呼ばれていた姉御って言うのもよかったんですけどね」

提督「私もそれで良かったんだけど」

提督「それはそうと、ずっと気になってたんだけど、鈴谷が抱きしめてるその子は?」

鈴谷「ああ、なんかずっと不機嫌ですぐにでも帰りそうだから鈴谷が捕獲してる」

匠提督「あー・・・僕の秘書艦の電さんです」

電「電です。どうか、よろしくお願いします」

提督「よろしくね電ちゃん」ニコッ

電「・・・ふん、なのです」フイッ



209:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/07(土) 03:18:30.77 ID:ZPtK2KY70

提督「あれ・・・なんか嫌われてるね」

匠提督「先輩に失礼でしょう・・・少しは態度を・・・」

提督「いいよ。嫌われるのは慣れてるから」

匠提督「ああそうだ。先輩に渡すものがありました。受け取ってください」サッ

提督「・・・蕾の黄色いバラ5本と赤いバラ1本・・・私にこんなの渡してどうするの?」

匠提督「本当は999本渡したかったのですが、多すぎても迷惑だろうと思いまして」

匠提督「どうしようという気はありません。ただ、先輩には僕の気持ちは変わっていないと伝えたかっただけです」

提督「・・・私が、人を殺せと言えば殺せるの?」

匠提督「先輩が、それで幸せになるのなら」



鈴谷「なんか、二人の世界になってるね」

曙「そうね」

電「・・・」ムスッ



210:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/07(土) 03:21:35.52 ID:ZPtK2KY70

提督「はいチョコね」

匠提督「僕からも、どうぞ」

提督「それじゃあ、私達は二人きりで話したいから少し席を外してもらえる?鈴谷と電ちゃんを客室に案内して」

曙「はいはい。それじゃ、二人共。付いて来て」

鈴谷「はいー。行くよ電」

電「帰りたいのです」

鈴谷「まぁまぁそう言わずに」

電「むぅ・・・」



211:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/07(土) 03:36:03.85 ID:ZPtK2KY70

提督「・・・それで?直接会って話をするって事は、大事な話なんでしょ?」

匠提督「・・・さすが先輩。よくわかってますね」

匠提督「あなたのご両親の方から、僕に接触がありました。あの子はどこだと」

匠提督「あの子を、俺達の可愛い子を返せと」

提督「・・・」

匠提督「前もっておじさんとおばさんから連絡は来ていたので覚悟はしていましたが」

提督「どうせ。私を売った金が無くなったから、集ろうとしてるだけでしょ?」

提督「実際、私にも直接お金の無心があったしね」

匠提督「そうですか・・・。先輩はどうされたいんですか?」

提督「今のところはどうもしない。でも、直接顔を見たら、私も何をするかわからない」

匠提督「・・・これだけは頭に入れといてください。僕は、あなたが幸せになれるならなんだってします」

匠提督「それは決して、あなたに味方するという意味ではありませんよ」

提督「・・・そう」

提督「でも、許せないね。私のお母さんとお父さんに、接触したなんて」

匠提督「あれだけ気が強いおばさんなら、心配いらないと思いますけど」

提督「それはそうだけど、たっくんも知ってるでしょ?お母さんは生まれつき目が見えないだよ。暴力で何かされたらどうしようもない」



212:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/07(土) 03:43:31.23 ID:ZPtK2KY70

提督「まぁ・・・それはお父さんがさせないだろうけど」

匠提督「それもそうですね」

提督「それはそうと、私じゃなくて、他に好きな子とか居ないの?」

匠提督「僕はあなた一筋ですよ?」

提督「だって私は男だよ?」

匠提督「好きになった人が男だった。それだけの話です。恋愛に性別は関係ないと教えてくれたのは先輩ですよ」

提督「うーん・・・それはそうかもしれないけど・・・」

提督「あなたが好きな子も近くにいるんだからさ。少しは視野を広げてみるのもいいかもね」

匠提督「そういうもんですかねぇ・・・」

提督「・・・ずっと気になったんだけど、その目の三本傷はどうしたの?誰と喧嘩した?」

匠提督「猫に引っ掻かれた跡が残りました」

提督「相変わらず、可愛い事するね」

匠提督「ありがとうございます」テレッ



213:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/07(土) 03:50:41.33 ID:ZPtK2KY70

客室

鈴谷「・・・何でずっとそんな不機嫌なの?」ツンツン

電「ほっぺをつつかないで欲しいのです」ムスッ

曙「まぁ、なんでかは大体予想出来てるけど」

電「えっ!?」

曙「私も同じ気分、味わったことあるし」

電「そ、そうなのですか!?曙さんも同じ気持ちなのですか!?」

曙「まぁね・・・お互い、上司が鈍感だと、苦労するわよね」

電「全くなのです・・・」

曙「でも、中々アプローチ出来ない私達にも問題が・・・」ズーンッ

電「そうなのです・・・」ズーンッ

曙「お互い、頑張りましょ」

電「はいなのです!」

曙「大体さぁ・・・」ハァ

電「わかるのです。電の司令官も・・・」ハァ



鈴谷「え?なにこの疎外感」



214:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/07(土) 04:00:08.15 ID:ZPtK2KY70

第七部屋

漣「これもチョコこれもチョコ」

漣「これもチョコこれはファンレター!」

漣「ああもうめんどくさい!!大体サーちゃんのじゃん!」

朧「どうしたのこれ。なんとなく手伝ってるけど」

潮「チョコ、チョコ・・・ファンレター同封チョコ・・・」

漣「・・・内緒」

朧「・・・そっか。まぁ、大変そうだから最後まで手伝うよ」

漣「二人共、ありがと」

朧潮「どういたしまして」

漣「文句なら、人気があるご主人様に言ってね」

朧「にしてもすごいな・・・」

潮「ダンボールふた箱はすごいね・・・大体、チョコで埋め尽くされてるし」

漣「全くだよ。性別問わず人気だから余計大変だよ」



215:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/07(土) 04:05:19.66 ID:ZPtK2KY70

朧「そういえば、今朝確認したら氷は出来てたよ」

漣「了解。今日、もし曙がチョコを渡せなかったら第一作戦の倉庫閉じ込め作戦を決行するから」

潮「はい」

漣「夕方になったら一番人気のないガラクタ倉庫にその氷を運ぶから手伝って」

朧「ドアは何で抑える?」

漣「えっ?んなもん自力に決まってんじゃん」

朧「えっ?」

漣「聞き耳立てるに決まってんじゃん」

朧「それは流石に・・・ねぇ潮?」

潮「・・・」フイッ

朧「あれ?潮?潮ー?」

漣「潮にはもう話してあったから。なんだかんだで興味あるんだもんねー?」ニヤニヤ

潮「さ、漣ちゃんの、意地悪っ!」



218:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/07(土) 19:06:36.00 ID:ZPtK2KY70

執務室

匠提督「そろそろ、僕以外の理解者を作るべきです。僕にも部下が出来ました」

匠提督「もうあなたの事だけを考えて行動するなんて事はできなくなってしまいました」

提督「それぐらいの常識はちゃんと出来てるのね」

匠提督「何十人もの命を使って指示を出す仕事なんです。それは当然です」

提督「でもね?私の過去を知って、理解してくれる人なんて居ないの。わかるでしょ?」

匠提督「僕が居るじゃないですか」

提督「・・・そうね。でも大体の人は私から距離を取った。知らなくてもいいことなんだ」

提督「・・・確かに聞いてほしいってのもある。だけど・・・人は信用できない」

提督「あなた以外はね」



219:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/07(土) 19:40:15.24 ID:ZPtK2KY70

匠提督「・・・話すのが嫌なら、僕から言ってあげますよ」

提督「誰に?」

匠提督「曙さんに」

提督「それだけはやめて。好きな人には知られたくない」

匠提督「あなたが信用しているのは僕だけではない。曙さんも信用しているはずだ」

提督「それはそうだけど・・・ていうか、どうしてわかったの?」

匠提督「あなたはわかりやすい」

提督「そっかな・・・」

匠提督「僕からしたらですけど」



220:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/07(土) 21:07:19.79 ID:ZPtK2KY70

提督「いつかは、話すよ」

匠提督「そうですか。それでは、僕はもう帰ります」

提督「もう帰るの?」

匠提督「はい。遠征に行かせた子達戻ってくるので・・・」

提督「そう。じゃあ、客室案内してあげる」

匠提督「・・・あ、少しだけ、曙さんと話しておきたい事があるです」

匠提督(曙さんには、少し忠告する必要が有るかな)

提督「余計な事は話さないでね」

匠提督「勿論です」



221:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/07(土) 21:34:38.62 ID:ZPtK2KY70

客室

鈴谷「・・・除け者」

曙「電は、あの人の何を好きになったの?」

電「どこが好き・・・よくわかりません」

曙「まぁ、そうよね。私もわからないもの」

曙「どうしてだか、惹かれるのよね」

鈴谷(乙女だなぁ)ニコニコ

電「良かったのです。電だけの気持ちかと思ったのです」

鈴谷「好きな気持ちは人それぞれだと思うけどねぇ」

鈴谷「人の愛し方だっていっぱいあるしぃ」

曙「そういうもの?」

鈴谷「そういうもの」



227:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/13(金) 14:19:04.01 ID:PUvdTmTh0

ガチャ

提督「おまたせ!」

曙「話は終わったの?」

提督「私との話はね。実は、曙と二人で話したいって言うんだ」

曙「・・・私と?」

匠提督「お願いします」ペコッ

曙「・・・いいけど」

提督「二人が話してる間、私は鈴谷達と話してるから!ああ、二人は執務室使っていいよ!」

匠提督「それでは」

曙「ええ」

パタン

鈴谷「・・・どんな話してたの?」

提督「会うのは久しぶりだったからねぇ。ちょっと昔話してただけ」

鈴谷「本当にぃー?」

提督「本当だって」



228:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/13(金) 14:27:15.01 ID:PUvdTmTh0

電「・・・」ムスッ

提督「せっかく可愛い顔してるのにいつまでもむくれてるんじゃないぞー」

電「電の事はほっといてほしいのです」フイッ

鈴谷「ごめんねー。いつもはすっごくいい子なんだけどさぁ。どうしちゃったんだろ」

提督「そっかそっか。まぁ、雰囲気でわかるよ」

提督「残念だなぁーもっとお話出来ればなぁーあの子の趣味の話でもしてあげようと思ったんだけどなぁー」

鈴谷「なになに?提督の趣味?」

電「」ピクッ

提督「あの子さ。割とマニアックなんだよ」

鈴谷「性癖のこと?すごく気になる。あの人堅物だからそういう話全然ないからさ」

鈴谷「セクハラもしてこないんだよ!?こんなナイスバディな美少女が居るのに!?」

鈴谷「鈴谷はいつでもウェルカムなのにさ!」

提督「私、鈴谷のそういう正直なところ好きだよ」



229:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/13(金) 14:36:39.41 ID:PUvdTmTh0

鈴谷「さっちゃんだったらすぐにセクハラしてくるでしょ?同じ男だったら」

鈴谷「鈴谷だったらするけど、実際熊野とかにもしてるし!ああ、熊野ってのは鈴谷の仲間ね」

提督「あの子、本当に堅いから・・・そこは勘弁して上げてね」

提督「むしろ鈴谷からセクハラしてみたら?顔真っ赤にして慌てるよ」

鈴谷「襲われたいタイプ?Mなの?そっか・・・得意分野だね」

提督「そういうことじゃないから。あの子性に対して耐性なからさ」

提督「鈴谷も!あの子が好きなの?」

鈴谷「そうだね。今はなんとなくだけど、鈴谷も!好きかな」チラッ

提督「そっか。鈴谷も!好きなんだね」チラッ

電「あ・・・うう・・・」ソワソワ

電「あ、あの・・・」

提督「はぁい?なんでしょうか?」ニコニコッ

鈴谷(ちょろい!)ニヤニヤ



230:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/13(金) 14:48:10.66 ID:PUvdTmTh0

電「その・・・えっと・・・」

提督(さっきまでの態度で気まずくなってる可愛い)ニコニコッ

鈴谷「ところでさ。性癖教えて欲しいんだけど」

提督「ん?ああ、実は・・・」

電「い、電にも教えて欲しいのです!」

提督「あれぇ?さっきまで興味なさそうだったのにぃー?」

鈴谷(さっちゃんも人が悪いなぁ・・・)

提督「さっきの態度で傷ついてるんだよなぁ。教えてあげてもいいんだけど」

電「ど、どうしたら許してもらえるのでしょうか・・・?」ウルッ

提督「冗談だよ。あの子の事が大好きなのわかってたからちょっと意地悪したくなっちゃって」ナデナデ

鈴谷「まぁ、わかる安いからね」

電「えっ・・・あの・・・」

提督「じゃあ教えてあげるね。実は・・・」



231:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/13(金) 14:59:22.80 ID:PUvdTmTh0

その頃

執務室

曙「・・・で?話ってなんなの?」

匠提督「随分強気ですね・・・警戒されているようで落ち着きません」

匠提督「私はあなたに一つだけ忠告したくて話す場を設けさせていただいたんです」

曙「はぁ?」

匠提督「忠告・・・というよりお願いです。先輩を見てあげてください」

曙「・・・どういう意味なの?それは」

匠提督「先輩のことです。今まであなた達の前ではずっと明るく、暗い顔や悲しい顔なんて見せたことはないでしょう」

曙「そうね・・・滅多に見せないわね。それがどうしたの?あいつの性格上そうなるでしょ」

曙「自由人で能天気なんだから」

匠提督「光あるところに闇がある・・・よく言われるじゃないですか」

曙「何が言いたいの?」

匠提督「裏がない人なんて、この世にひと握りも居ないんです」

曙「・・・何か深い事情があるようね。まぁ、どうせ口止めされてるでしょうけど」

匠提督「察しが良くて助かります」



232:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/13(金) 15:09:06.98 ID:PUvdTmTh0

曙「そう・・・で?これだけは聞いておきたいんだけど」

曙「あなたは私達の敵になることはないのよね?」

匠提督「先輩が幸せになれるよう最適に行動するつもりです」

匠提督「必要とあらば、先輩の敵にでも味方にもなります」

曙「あっそう・・・それじゃ、私の敵になるような事は無さそうね」

曙「いいわ。信じる。まぁ、どっちにしろそんな約束意味ないけど」

匠提督「融通が利く人を秘書艦にされているようで安心しました」

曙「よく融通が利かないって言われるけど・・・」

匠提督「私の秘書艦さんは少し束縛がすぎる気がします・・・」

曙「心配症なだけでしょ。深く考えることないわよ」

匠提督「そうでしょうか・・・」

曙「それにしても、人が変わりすぎじゃない?無口だと思ったらあいつの前では饒舌だし」

曙「ほとんど話してない私に対しても普通に話してるし」

匠提督「先輩の前だと気分が高揚しすぎてしまって、自分の素が出てしまうんです」

匠提督「それに先輩関連の話は次々と言葉が出てくるんですよ。私自信不思議でなりませんが」

曙「病気なんじゃないの?」

匠提督「先輩に聞いてた通り、モノをはっきりと言う人ですね・・・」



233:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/13(金) 15:21:55.59 ID:PUvdTmTh0

曙「それにしても本当にごついわよね」

匠提督「皆怖がって近寄っても来ませんよ・・・」

曙「あの二人とは結構仲良さそうじゃない?」

匠提督「あの二人は何故か私を怖がらずに話しかけて来てくれるんです」

匠提督「驚く程積極的に」

曙(秘書艦の電の方は露骨でわかりやすかったけど・・・もしかしてあっちも?)

曙「考えても無駄ね。私には関係ないもの。それじゃあ、話も終わったし戻りましょう」

匠提督(本当に気が強い人だなぁ・・・)



234:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/13(金) 15:37:53.94 ID:PUvdTmTh0

匠提督「それはそうと、曙さんは先輩のこと好きなんですか?」

曙「はぁ!?何よ突然!」

匠提督「いえ・・・すごく熱心に聞いてくれてたなと、今更思いまして」

曙「一応、私だって秘書艦だから!あいつの事少しでも知っておかないとと思っただけよ!」

匠提督「ふふ・・・」ニコニコッ
「」
曙「な、何よ?」

匠提督「なんでもありませんよ」

曙「なんかムカつくわね・・・」

提督『すごく似合う!やっぱり可愛い子が着るとすごくいいねぇ!』

電『こ、これで・・・』

鈴谷『・・・鈴谷いつもこんな格好してるよ?』

提督『どうせ見られてはいないでしょ?』

鈴谷『まぁね』



235:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/13(金) 15:51:45.72 ID:PUvdTmTh0

曙(なんかやってる・・・)

匠提督「あれ?入らないんですか?」

曙「今入るわよ」

ガチャ

提督「あ、おかえり」

電「ひゃあ!?」

鈴谷「お、帰ってきた。どうよ可愛いっしょ?」

提督「あなたの一番好きな格好を実践で叩き込んであげた!」

匠提督「」

曙「ちょっ、それあんたの?」

提督「うん」

曙「・・・大丈夫?」バシッ

匠提督「はっ!見とれて固まってしまった・・・」ドキドキ



240:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/14(土) 11:06:26.05 ID:UP1aOFWm0

提督「この二人だったら似合うってあったときから思ってたんだ」

鈴谷「でも、自分の鎮守府じゃないから少し恥ずかしいなぁ・・・」テレッ

電「うう・・・は、恥ずかしいのです・・・」カァァ

提督「ね?可愛いでしょ?」

匠提督「は・・・はい・・・とても魅力的で・・・す・・・うう・・・」フイッ

提督「・・・慣れが必要だね」

曙「ていうか。あんたは本当に何してんの?すごく突然で、私もついていけないんだけど」

提督「え?最初に言ったよね。たっくんの趣味を教えてあげたって」

鈴谷「人の鎮守府で裸ワイシャツにニーソで猫耳するとは思わなかったよ」

電「そ、それより・・・どうしてこういうもの持ってるのですかぁ・・・」

提督「何回か私も着てあげた事あったし」

匠提督「ちょっ!何暴露してるんですか先輩!」カァァ



241:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/14(土) 11:14:59.97 ID:UP1aOFWm0

曙「・・・ちゃんと下着は着てるんでしょうね?」

鈴谷「鈴谷は下は履いてるよ」

電「えっ!?ブラは取ったのですか!?」

鈴谷「そりゃ・・・え?ダメだった?」

提督「裸ワイシャツなんだし、魅力は見えるか見えないかのち」

バシッ

提督「痛い。何でぶつの」

曙「それ以上口にするな!」

匠提督「い、いいから元の服に着替えてください!僕は部屋から出て待ってますから!いいですね!?すぐですよ!?」

バタン

提督「・・・いきなりは刺激が強すぎたかな?」

鈴谷「そうかもね。最初は猫耳あたりで慣らしていこうかな」ヌギッ

曙「ちょっ」

電「うう・・・ひどい辱めを受けたのです・・・」ヌギッ

提督「どうせこれ以上の事もするんだから頑張って慣れないとね」

曙「あんたも出てくの!なんで平然としてんの!?」

提督「えっ?」



242:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/14(土) 11:28:28.92 ID:UP1aOFWm0

提督「お、押さないでよー」

曙「このクソ提督が!」

バタン!

提督「・・・閉め出されちゃった」

匠提督「な、なんて事してくれたんですか先輩・・・これからどうやって電さん達と顔を合わせて話せばいいんですか・・・」

提督「ちゃんと説明すれば目を合わせなくて会話しても怒られないでしょ?」

提督「鈴谷はわかってやってるし」

提督「で?どうだったの?」

匠提督「その・・・破壊力は凄かったです」

提督「そっか。少しは他の子の魅力に気付いた?」

提督「この仕事は、一人一人の個性や能力を見て考えなきゃいけないから」

提督「他の子もちゃんと見てあげて、少しずつでいいから・・・私の心配ついでに、本当はこういうこと相談しに来たんでしょ?」

提督「どうやったら仕事が上手くいくとか」

匠提督「・・・はい・・・お恥ずかしながら、少し仕事が上手くいかなくて・・・落ち込んでいたのもありました」



243:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/14(土) 11:32:43.11 ID:UP1aOFWm0

提督「いい?コミュニケーションも大事。ボディタッチしてでもコミュニケーションを取ろう」

提督「体に触れば話す機会なんて作れるから」

匠提督「声をかける事ですら難しい僕には難易度が高すぎます」

提督「だから、怒られそうにない鈴谷あたりから慣らしていかなきゃ」

提督「たっくんは少し自信を持ったほうがいいよ」ナデナデ

匠提督「・・・はい。少しずつでも、頑張ってみます」

提督「ああでも気をつけて?触られるのが嫌いな子もいるからちゃんと見極めてね」

匠提督「はい。気をつけます」

提督(そんな子もこの子に触られたら怖くて抵抗できないだろうしね)



244:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/14(土) 11:47:41.96 ID:UP1aOFWm0

鈴谷「何で追い出したの?さっき着替えた時は一緒に居たけど」

曙「わかってる?あいつは男なのよ?」

鈴谷「わかってるけど・・・なんていうかこう。そういう目じゃなかったかなぁ」

電「そういえば不思議なのでした。男の人なのに嫌悪感がなかったのです」

曙「・・・どういう事?」

鈴谷「そうだなぁ・・・簡単に言えばさ。本当に女友達みたいな感じ」

鈴谷「外の男の熱っぽい視線とは違うんだよね。熱っぽくても女の子視点的な」

鈴谷「セクハラって言ってる体を触ってくるのも、いやらしい感じはなかったし」

曙「下心がないってこと?」

鈴谷「簡単に言えばね」

曙「あいつに、下心がない・・・?」

電「そうなのです」

曙「・・・」

曙(・・・もしかして、私達があいつを男だと無理に意識してるからそう思ってるのかな・・・)



245:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/14(土) 11:58:12.26 ID:UP1aOFWm0

曙(え?でもちょっと待って・・・それってつまり・・・恋愛対象としては・・・)

曙(でもあれの意味は?うーん・・・よくわかんなくなってきたわ・・・)

電「なぁちょ・・・鈴谷さん!そこは触っちゃダメなのです!」

鈴谷「いいじゃんいいじゃん!鈴谷が大きくしてあげるって!ほらほらー」モミモミ

電「やぁ!もう・・・だめですってばぁ!揉み返して欲しいのですか!?」

鈴谷「どんとこい!」

電「そ、そこまで胸張られたら逆にやりたくないのです・・・」

鈴谷「電も同じようにすればいい」

電「そうなのですね!じゃ、じゃあどんと来いなのです!」

鈴谷「じゃあ遠慮なく」ワキワキ

電「は、話が違うのですぅ!!」

曙「・・・女の子同士のスキンシップ・・・ねぇ・・・」



249:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/21(土) 00:32:52.65 ID:Ht4TiROf0

ガチャ

曙「着替え終わったわよ」

提督「それじゃ、出入り口まで送るよ」

匠提督「は、はい・・・」モジモジ

鈴谷(そわそわもじもじしてて可愛いなぁ)

電「おトイレ行きたいならよって行ったほうが・・・」

匠提督「そ、そういうわけでは・・・」

鈴谷「どこの秘書艦も提督も鈍感だなぁ」

提曙電「え?」

鈴谷「んーん。こっちの話ー」



250:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/21(土) 00:45:33.48 ID:Ht4TiROf0

鎮守府出入り口

匠提督「それでは」

提督「うん。また今度ね」

匠提督「そういえばおじさんとおばさんに渡すんですよね。僕が持っていきましょうか?」

提督「うーん・・・いいよ。久しぶりに顔も見たいしね。今日は私が直接渡す」

匠提督「そうですか」

提督「・・・ねぇ」

匠提督「はい?」

提督「もう、たっくん自身の幸せに目を向けても良いんだよ」

匠提督「・・・しかし」

提督「見ての通り、私は大丈夫だから」

匠提督「先輩・・・」ジワァ

提督「・・・それじゃ」

匠提督「はい・・・また会いに来ます」ペコッ



251:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/21(土) 01:07:19.13 ID:Ht4TiROf0

匠提督達の帰路

匠提督「・・・ぐっ」ゴシゴシ

電「司令官さん・・・どうして泣いてるんでしょうか・・・」

鈴谷「ほっといて良いの」

電「でも・・・」

鈴谷「いいんだよ。男は男の、女の子とは別の解決方法があるの」

鈴谷「提督とさっちゃんの二人の問題なんだから、鈴谷達が出来ることはないよ」

鈴谷「それに・・・提督は慰めるのに構ったら余計泣いちゃうタイプだとおもうから」

鈴谷「本当に辛いなら、相談してくれるって。そう思っとこ」

電「鈴谷さん・・・」

ライン!

鈴谷「ん?さっちゃんからかな?」ゴソゴソ

提督ライン『言い忘れてたけど、たっくん、ニーソに上の部分にライン入ってると喜ぶよ』

鈴谷「武蔵さんみたいな感じのニーソだね・・・」



252:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/21(土) 01:18:59.66 ID:Ht4TiROf0

提督「・・・いい子だったでしょ?」

曙「まぁ、あんたよりはね。この後どうするの?」

提督「ちょっと両親にチョコケーキ渡すから、今から出かけるかな」

曙「ふーん。帰りは遅くなるの?」

提督「うん。そうだね。夜には帰ってくるけど」

曙「それよりさ。最近出撃とかしないけど、深海棲艦達はどんな感じなの?」

提督「最近大人しいよね。まぁでも、それでもいいかなって思ってる」

曙「何か原因があるの?」

提督「ん、女友達の提督からのラインで聞いたことあるんだけど」

提督「なんでも憧れの提督が深海棲艦の胃袋を掴んだとか」

提督「なんのことだかよくわからないけどね。それじゃあ、私はすぐに出かけるから」



253:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/21(土) 01:31:46.58 ID:Ht4TiROf0

七部屋

曙「・・・なにこれ」

漣「あーもう疲れた!」

朧「これでタダ働き・・・なんかないの?」

漣「ないよ」

潮「お疲れ様・・・」コト

潮「曙ちゃんもお茶どうぞ」

曙「ありがと」

漣「さーちゃんはどうしたの?」

曙「出かけた」

朧「まだチョコ渡してないんだけどー」

曙「それよりさ・・・少し相談したいことがあるんだけど・・・」

潮「何?」

曙「・・・女の子同士ってどう思う?」



254:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/21(土) 01:46:03.08 ID:Ht4TiROf0

漣「はぁ!?」ガバッ

朧「どうしたの?突然・・・心変わりしちゃったの?」

漣「せ、洗脳解除使わなきゃ・・・」

潮「その使命感はどこから・・・」

曙「心変わりってわけじゃないけど、あちらの提督と付き添いの子と話してたらさ」

曙「あいつが男に見えなくなってきた」

朧「冷めちゃったの?」

曙「いや・・・気持ちは変わってないと思う」

漣「なんだ・・・そういうことか・・・漣は寝るよ」トサッ

潮「どうして、そう思うようになったの?」

曙「うーん・・・なんだろう。今までさ、無理に男として見てた部分があった気がする」

曙「付き添いの子と話してこんがらがってた糸が解けていく気がした」

曙「どうして、男としてみようとしてたんだろ」

漣「好きだからじゃないのー」



261:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/21(土) 23:25:52.15 ID:Ht4TiROf0

曙「な、何でそうなるのよ?」

漣「好きだから、女の子に恋してるって認めたくなかったんじゃないの?」

漣「それで男だと無理に思い込んでたんじゃない?」

曙「そんな事・・・ないわよ」

漣「本当に?」

曙「う・・・」

漣「まぁ、そうじゃないとしても別に構わないけどさ」

曙「あ、あんた達も男としては見てたでしょ!?」

漣「漣は一言もご主人様の事男だと認識してるなんて言ってないけど」

潮「私も別に・・・」

曙「ちょ・・・お、朧は!?あいつの事好きだったんでしょ!?」

朧「・・・」フイッ

曙「何で目をそらす!」



262:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/21(土) 23:35:18.57 ID:Ht4TiROf0

曙「だって・・・私は別に女の子が好きなんて・・・」

漣「いいじゃん。女の子に恋したってさ」

漣「よく言うじゃん。命短し恋せよ乙女ってさ」

漣「誰かに恋するなんて本人にもわかんないことだしさ」

漣「異性が好き、同性が好き。そんなのどっちでもいいんだよ」

漣「無機物にだって動物にだって恋する人はいるんだしさ」

曙「・・・確かにそうかも・・・」

曙「でも、あんたがまともの事言ってるとなんか腹立つ」

漣「喧嘩売ってんの?」イラッ

朧潮「あはは・・・」



263:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/21(土) 23:44:04.38 ID:Ht4TiROf0

漣「とにかく、難しいけど、難しいことじゃないよ。恋って」

漣「言っておくけど、恋と愛は違うから」

曙「・・・」

潮「恋とかよくわからない私が言うのもなんなんだけど・・・曙ちゃんは、焦ってると思う」

曙「潮まで・・・全く、急かしてるのは誰よ」

潮「えっと・・・ごめん・・・でも、そういうことじゃなくて・・・」

朧「潮が言いたい事は多分・・・先々の事を考えすぎだってことだと思う」

曙「う・・・で、でも」

漣「あーもう。曙の悪い癖。いい加減自分の非を認めて」

漣「他人には自分の非を隠す癖に全部自分で抱え込むんだから」

漣「漣が何も知らないとでも思ってんの?」



264:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/21(土) 23:50:23.16 ID:Ht4TiROf0

曙「・・・ごめん。漣は何も考えてないのかと思ってた」

漣「はぁ?何も考えてない?」

曙「ごめんって」

漣「何も考えてないよ」

曙「喧嘩売ってんの?」

漣「うん」

曙「表に出なさい」ガタッ

潮「お、落ち着いて」

朧「何でわざわざ挑発すんのさ!?」

漣「何も考えてないからかな?」

曙「・・・バカバカしい・・・はぁ・・・」



265:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/21(土) 23:55:25.57 ID:Ht4TiROf0

曙「もういいわ。気晴らしに自主トレしてくる」

漣「あ、ちょっとまって」

曙「今度は何よ・・・」

漣「今日、チョコ渡せないようだったら作戦やるつもりだからそのつもりで、よろしく」

潮「えっ!?」

朧「ちょっ」

曙「作戦?なにそれ」

漣「まぁすぐにわかるよ」

曙「・・・あっそ」

パタン



266:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/22(日) 00:00:11.91 ID:xQfV+24F0

朧「な、何でバラしちゃうの!?」

潮「これ秘密にしないと・・・計画が台無しに・・・」

漣「大丈夫、漣に任せて。だってこの作戦考えたの漣だよ?」

朧「だって、置き手紙であの倉庫に誘導して閉じ込める算段だったはずでしょ?」

漣「大丈夫大丈夫」

朧「だけど・・・」

潮「・・・漣ちゃんは、何か確信を持ってるの?」

漣「まぁね」

潮「じゃあ、漣ちゃんを信じるね」

朧「な・・・潮まで・・・」

潮「朧ちゃん、漣ちゃんを信じて見ようよ・・・ね?」

朧「う・・・はぁ・・・潮に頼まれたらしょうがないか・・・」

漣「ちょっとカチンとくる言い方だね」



267:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/22(日) 00:10:21.24 ID:xQfV+24F0

朧「だけど、その確信について、少しでも信用させるような事聞かせて欲しいかな」

漣「・・・漣は初期艦だったんだよ?」

朧「それはそうかもしれないけど」

漣「初期艦であり、ご主人様と仲良しな漣が、ご主人様の事何も知らないとでも思ってんの?」

漣「漣が知ってるご主人様なら、責任感だけは無駄に強い曙がほっとけるはずないから」

漣「だから、作戦の事をほのめかせて、自分の責任だと曙に思わせることが大事だったの」

朧「何が起きるの?」

漣「それは、ご主人様の名誉の為に伏せておく」

潮「そっか・・・うん。漣ちゃんは何を考えてるかよくわかんないけど」

潮「それじゃあ、漣ちゃんだけが悪者になりそうな気がするんだけど・・・」

漣「それは別に構わないよ・・・」



268:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/22(日) 00:15:30.85 ID:xQfV+24F0

朧「それで良いの?」

漣「うん。見守る愛もあるから」ホッコリ

朧「黙れ偽りの天才」

漣「木偶にふさわしい女よ!この秘孔を突くことで胸が何倍にも膨らむのだぁ!」ツンツン

潮「きゃっ・・・何で胸を突っつくの・・・?」

漣「んー?間違ったかなぁ?」ニヤニヤ

朧「やめんか」バシッ

漣「うわらば」バタッ

潮「もう!胸を触らないでよ・・・ただでさえまだ大きくなってるんだから・・・」

漣「聞きました奥さん」

朧「まだ大きくなってるんですって」

漣「そういう朧も大きくなってきてるよね?漣の目は誤魔化されないよ」

朧「う・・・な、なんのことかな?」



269:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/22(日) 00:24:44.16 ID:xQfV+24F0

望部屋

ガチャ

摩耶「よっ」

望北初多「よっ」

摩耶「・・・どけ多摩。そこはあたしんとこだ」

多摩「いやにゃ。寒いから」

摩耶「ったく・・・体まですっぽり入りやがって・・・」

摩耶「そういえば、さっき曙の奴がすげー不機嫌な顔で歩いてたぞ」

望月「まだチョコ渡せてないだけっしょ」モグモグ

北上「その線が濃厚かな」モグモグ

初雪「・・・」モグモグ

摩耶「なんだなんだ。皆してなんか食ってんのか」

望北初「もらったチョコ」

摩耶「ああ・・・貰う人がいる奴らはいいなぁちくしょう・・・斯く言うあたしも愛宕姉ちゃんからチョコもらったんだけどな」



275:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 17:41:05.77 ID:USUAiVgl0

摩耶「にしてもやることねぇなぁ」

多摩「何でここに入って来たのにゃ・・・狭い」

摩耶「うっせ」

望月「暇なら少し話をしてあげるよ。まぁ司令官から聞いた話なんだけどさ」

北上「あーそれって、駆け落ちの昔話?」

望月「やっぱり知ってる?」

初雪「聞いたことある・・・」

多摩「あー、そんなのあったにゃー」

摩耶「なんだよ。またあたしだけ仲間はずれかよ」

望月「まぁまぁ、教えてあげるから聞きなって」



276:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 17:59:11.61 ID:USUAiVgl0

望月「一昔前、って言っても深海棲艦達もほとんど種類が未確認の時の話だったんだけどさ」

望月「戦績優秀な司令官が二人居たんだって」

望月「二人はライバル同士で、何かと対立してたんだって。かと言って仲が悪いわけじゃなくって」

望月「まぁ、その二人がそれぞれの秘書艦と駆け落ちってしたって話なんだけどさ」

北上「今ほど艦娘との恋愛について緩かったわけじゃないみたいだし」

北上「提督言ってたけど、あの時代の上の人は私らを戦争のための道具としか見てなかったらしいよ」

北上「勿論私らにもお金はかかるじゃん?自分たちの道具を同時に盗んだ裏切りもの二人ってことで」

初雪「上層部は・・・激おこ・・・」

摩耶「で、で?その二人はどうなったんだ?」ワクワク

望月「今も見つかってないって。まぁ、生きてたとしてももうおじいちゃんだろうけど」

摩耶「でもあれだな・・・結構ロマンチックだな・・・」ドキドキ



277:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 18:11:17.27 ID:USUAiVgl0

望月「まぁそうだね。二人の司令官も駆け落ち自体がどれだけ危険かもわかってたろうし」

北上「秘書艦だった人もそれぞれの提督についてったんだし、愛し合ってたのは確実じゃない?」

摩耶「いいなぁ。あたしもそんなに想い会える人と知り合いたいもんだぜ」ウットリ

望月「前から思ってたけど摩耶っちってこんなかで一番乙女だよね」ニヤニヤ

摩耶「あん!?ん、んなわけねぇだろ!」カァァ

摩耶「そ、それより、その秘書艦はどんな人だったんだろうな?」

北上「片方は大和型一番艦、もう片方は妙高型一番艦だったらしい。提督が言うにはね」

摩耶「ふーん・・・どっちも真面目で責任感強そうな人達だな」

摩耶「とても、仲間を捨てて逃げるような人たちじゃないと思うんだが」

初雪「恋は盲目・・・っていうから・・・」

望月「もしかしたら、司令官と曙も駆け落ちしちゃうかもね」

北上「それはそれで面白そうだけどね」

摩耶「えっ・・・それはなんかさみしいな・・・」

多摩「摩耶ちゃん可愛いにゃ」

摩耶「ぶん殴るぞ」



278:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 18:31:42.73 ID:USUAiVgl0

そして

夜十時

七部屋

曙(あいつが帰ってくるのが遅くて結局渡しそびれてしまった)

曙「はぁ・・・朧達はどこ行ったのよ・・・」

曙「・・・ん・・・なにこれ手紙?」カサッ

紙『鎮守府内の使わないもの倉庫で待ってる  提督より』

曙「・・・これが、作戦ってやつ?アホらし」

曙(でもなんだか字があいつのに似てる・・・もしもの事を考えて行ってみるか・・・)

ガチャパタン

バサっ

潮「布団の中に隠れてただけなのにバレなかった・・・」

潮「曙ちゃん、倉庫に向かってるよ。提督は?ど、どうぞ」

朧『こっちも向かってるよ。曙の字だって信じてるみたい。漣は?どうぞ』

漣『準備は完了済みだよ。後二人が合流したらすぐに連絡するから』

潮「・・・漣ちゃん、どこからトランシーバーなんて持ってきたんだろう」



279:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 18:42:04.11 ID:USUAiVgl0

倉庫

漣「・・・お、ご主人様が先だね・・・いいね」サッ

提督「倉庫の整理をしようなんてどうしたんだろう・・・まぁ、そろそろ整理しなきゃとは思ってたけど」

ガチャ

提督「うわぁ・・・埃っぽい・・・」

提督「ここ、電球交換してないんだよね・・・月明かりしかないけど・・・どうしよう」

提督「曙が来たら一緒に取りに行こ・・・とりあえず少し中の様子だけ見ておこう」

漣「よし・・・二人共、一応こっちには向かってきてね。どうぞ」ボソッ

朧『了解』

潮『うん』

提督「・・・」ジワッ

提督(漣と閉じ込められた時の事思い出しちゃった・・・あの時は本当に迷惑かけちゃったな・・・)ゴシゴシッ

漣(・・・漣の計画通りに出来ればなりませんように)

漣「正直、あんなご主人様なんて見たくないからね・・・」ボソッ



280:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 18:53:42.04 ID:USUAiVgl0

曙「あら、早かったのね。電気付けないの?」

パチンっ

提督「やっほー。ここ電球交換してないんだ。だから一緒に・・・」

バタン!

提曙「っ!」ビクッ

曙「・・・」

ガチャガチャ

曙「んーっ!」グッ

曙「・・・ダメね開かないわ」

曙(聞かされてはいたけど、呆気なく引っかかってしまったわね)

提督「いやぁはは・・・閉じ込められちゃったね」

曙(なんか様子がおかしいわね・・・)

曙「どうしたの?大丈夫?目が笑ってないけど」



285:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/29(日) 19:36:50.23 ID:zQaUSL130

提督「・・・私、暗がりの中で誰かと二人きりっていう状況が苦手で・・・」

提督「この仕事始めた当初、漣と閉じ込められたことがあってさ・・・」

提督「その時は泣き叫んだり過呼吸起こしたり、漣にすごく迷惑かけちゃって」グスッ

曙「・・・泣いては居るようだけどだいぶ落ち着いてるようね」

提督「そんな・・・これでも心臓はバクバク動いてるよ・・・」

曙「とりあえず、月明かりが当たるところに座りなさい。少しでも明るいほうが落ち着くでしょ」

提督「うん・・・そうする」

曙(漣め・・・こういうことなら言っておきなさいよ)



286:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/29(日) 19:49:53.01 ID:zQaUSL130

曙「いくら人が使わないからってこの倉庫冷えすぎじゃない?」

曙「これだけ物があるんだからもう少し暖かくてもおかしくないと思うんだけど」

提督「・・・そうだね」フルフル

曙「・・・ちょっと暖が取れそうなもの探すから待ってて」

提督「あんまり、一人にしないで欲しいかな・・・」

曙「・・・二人きりが苦手なんだから私が近くにいるよりはいいと思うんだけど」

提督「・・・お願い」

曙「はぁ・・・しょうがないわね。左側、座るわよ」

提督「うん・・・ありがと」



287:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/29(日) 19:59:10.45 ID:zQaUSL130

曙「・・・」

提督「・・・」

曙(膝抱えて震えてるわね・・・)

提督「・・・ねぇ曙」

曙「・・・何」

提督「やっぱり何でもない」

曙「手」

提督「手?」

曙「左手、出しなさいよ」

提督「う、うん?」スッ

曙「・・・」ギュッ

提督「っ!?」



288:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/29(日) 20:05:29.03 ID:zQaUSL130

曙「これで、少しくらい安心するでしょ」

提督「・・・」

曙「何ぼーっとしてんの?手、下ろしなさいよ」

曙「上げてんの疲れんのよ。ずっと握ってるのもあれだし・・・」

提督「あっうん・・・」

曙「床に置いたあんたの手の上に、私の手を置いて置くだけでいいでしょ?」

曙「それと・・・」ゴソゴソ

曙「はい。甘いものも食べれば更に落ち着くでしょ」

提督「これって・・・」

曙「チョコレート。今日バレンタインだしね。言っておくけど・・・一応手作りだから」

提督「義理?」

曙「開けてみればわかるわよ」



289:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/29(日) 20:21:09.86 ID:zQaUSL130

提督「・・・これ」

曙「一応、本命の・・・つもり・・・だけど」カァァ

提督「曙・・・」ウルウル

曙「・・・ずっと言おうとは思ってたんだけど・・・中々機会がなくてさ」

曙「こんな形で言うのもあれだし、判断力が欠けてるあんたに言うのもあれだけど」

曙「その・・・」

曙(顔から火が出るように熱い・・・でも今言わないと、今が最大のチャンスなのよ!)

提督「・・・」

曙「私!あんたの事が・・・す・・・むぐっ!?」

提督「それ以上は言わないで」

曙「ぷはぁ・・・い、いきなり手で口抑えて、何すんのよ!?」

提督「曙・・・その気持ちは、私には勿体無いわ」ニコッ

曙「はぁ!?何で・・・」

提督「私に、誰かに愛される資格なんて無いの。私も曙の事が好き」

曙「だったら尚更!私の気持ちに応えてくれてもいいんじゃないの!?」

提督「それは、ダメ。私に、あなたを幸せにする自信なんて無いもの」



290:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/29(日) 20:37:11.81 ID:zQaUSL130

曙「もう・・・緊張して損した。で?私を振っておいて理由を話さないなんてないわよね?」

提督「・・・こんな恥ずかしい姿見られて、更に理由まで話して嫌われたくないもの・・・」

曙「嫌いになんてならないから・・・話しなさいよ」

提督「本当に?」

曙「私が信用できないの?」

提督「・・・うん。わかった。話すよ」

提督「ただ、これだけは言っておくけど、この間の弟の件ほどの笑い話じゃないからね」

曙「あれも十分笑い話ではないと思うんだけど」

曙「むしろ、あれよりきつい話なの?」

提督「私が、暗がりで二人きりが苦手になった原因でもあるし」

提督「何より、今の私を作った原因だから」



291:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/29(日) 20:56:57.97 ID:zQaUSL130

提督「簡単に説明するとね」

提督「私は両親に女の子として育てられ、一夜限りで変態さん達にお金の為に体を売らされたの」

提督「それで男の癖にと学校ではいじめられ家に帰れば体を売らされて」

提督「その時は弟を守るためだと思って頑張っていたけど」

提督「弟に襲われて、それを両親が庇った時、私は死のうと思って、薄着で雪が降っていた外へ出たの」

提督「結局、唯一優しかったおじいちゃん達の親友のおじいちゃん達に倒れているところを拾われて」

提督「なんやかんやあってその義理のおじいちゃんの娘さん夫婦。つまり今の両親の養子になって今になるの」

曙「ちょっとまって。ものの数分の説明なのに既に私の予想以上の人生なんだけど」

提督「もう・・・だから言ったじゃない」

曙「そりゃそうだけど・・・」

提督「もちろん・・・って言い方あれだけど、元両親には虐待もされてた」

提督「今でもその傷は残ってる。こうやって二人きりの時に不安になっちゃうことだってある」

提督「だから・・・こんな汚れた体を、心を誰かに愛して貰う資格なんて・・・」

曙「・・・辛かったでしょうね」

提督「うん・・・でも、今はそれでよかったと思ってる。今は、十分幸せだもん」



297:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/31(火) 20:18:38.08 ID:nAmh0YYR0

曙「それでいいんじゃない?今が幸せなら」

提督「・・・うん」

曙「で?」

提督「えっ?」

曙「あんたがそれで納得してるのに、愛してもらえる資格なんてないって?なにそれ」

曙「呆れた」

提督「でも」

曙「でもとかだってとか興味ない!」

提督「うう・・・」

曙「今の話を聞いて、私の心は変わってないわよ。それに、あんたはどう答えるの?」

提督「嬉しいけど・・・」

曙「なら、それでもいいじゃない」



298:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/31(火) 20:24:59.31 ID:nAmh0YYR0

曙「好きな人に好かれるなら、それに応えてくれれば」

提督「私・・・これ以上幸せになっても良いのかな・・・」グスッ

曙「ちょ・・・なんで泣いてんのよ。なんか責任感じるんだけど」

提督「ごめん・・・好きな人と一緒になれたの初めてで・・・嬉しくて」

曙「それでも泣くほど?あんたの気持ちは知ってたけど、そこまで好かれてるの?」

曙「わ、悪い気はしないけど・・・」カァァ

提督「なんだ・・・気付かれてたんだ・・・」

曙「・・・この髪飾りの花を使ってる私が、花言葉の意味もわからないとでも思ってるの?」



299:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/31(火) 20:37:34.10 ID:nAmh0YYR0

曙「あいつらにもそれぞれ特徴を捉えた花渡してさ」

曙「回りくどいのよあんたは」

外の三人(曙ほどじゃないと思うけど)

曙「でも造花だし勘違いだったらどうしようとか色々考えちゃったじゃない・・・」

提督「ごめんね。造花じゃなくてもよかったかな」

曙「いいわよ。潮みたいに、花の世話上手いわけじゃないから」

曙「まぁ、あんたにしては洒落てたものだったわよ」

提督「ありがと。結構悩んだんだよ。ピンクのデルフィニウムとか」

曙「気まぐれね。漣にはちょうどいいと思うわよ」

提督「チューリップとか百合とか」

曙「まぁ・・・朧は少し知らなすぎなくらい純粋だけどさ」

提督「・・・大淀に保健体育の講義を開かせようかな」

曙「知らない子たくさんいるし、いいんじゃないかしら」



300:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/31(火) 20:43:10.94 ID:nAmh0YYR0

倉庫外

漣「漣が気まぐれとかひどくない!?」

朧「いやぁ」

潮「えーっと・・・」

漣「やっぱりかぁ・・・まぁ、もういいんじゃない?」

漣「部屋戻ろうよ」

潮「そうだねっ」

朧「うん。もう心配なさそうだね」

ガチャ

漣「曙は一回吹っ切れればタガが外れるタイプだからね。あとはハメられればいいんだけど」

潮「そういう発言はあんまりしないほうがいいような・・・」

提督「さーざーなーみー?」

漣「・・・えっ?」



301:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/31(火) 20:47:11.38 ID:nAmh0YYR0

提督「誰にも言わないって約束したでしょ!?」グニッ

漣「いはいいはい!」

提督「伸びるほっぺたね」パッ

漣「いったーい・・・誰にも言ってないですよっ!?ただ利用しただけです!」

提督「同じ事よ!全く・・・これは罰を与えないとだね」

漣「えぇ・・・」

提督「もちろん、朧と潮もね」

朧「えっ!?」

潮「あはは・・・」

提督「私をハメた連帯責任。あ、知っててやった曙もね」

曙「そんなのバレた時点でわかってるわよ」



302:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/31(火) 20:53:05.04 ID:nAmh0YYR0

提督「んーどうしようかなー・・・」

提督「じゃあ、私のペットと仲良くなってもらおうかな」

潮「えっ!?それはちょっと・・・」

提督「何?潮には苦じゃないでしょ?一人でもやってる時あるじゃない」

潮「わ、私は別にいいんですけど・・・というか・・・私にとって罰になってないような・・・」

提督「ああ、今回は漣が主な原因だと思うし」

朧「アタシとばっちり!?」

曙「連帯責任って、そういうものよ」

漣「なんかそう思うと悪くないな」

朧「性格悪っ!」

提督「じゃあ、あの部屋に行こう」

潮「・・・皆、ごめんね」



303:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/31(火) 21:01:43.87 ID:nAmh0YYR0

ペット部屋の前

提督「これだけは言っておくけど、結構大きいから覚悟してね」

漣「やばい。ドキドキしてきた」ドキドキ

朧「アタシも・・・」ドキドキ

曙「・・・」

潮「うう・・・」オロオロ

提督「大丈夫大丈夫。人懐っこいからさ。ただ無表情でちょっと怖いかも」

漣「大きくて無表情?」

朧「全然想像出来ないんですけど」

曙(爬虫類かしら)

潮(動物好きの曙ちゃんは察してるかな・・・)

提督「それじゃあごたいめーん」

ガチャ



304:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/31(火) 21:10:14.24 ID:nAmh0YYR0

漣朧「」ビクッ

曙「」

提督「アルビノのカルフォルニアキングスネークのアキちゃん」

提督「それとブラックイグアナのクーちゃんです。仲良くしてあげてね!」

アキ「」チロッ

クー「」ノーン

漣「で、デカすぎませんか?」

提督「アキちゃんの全長は、多分漣達より大きいかな?」

潮「よしよーし・・・アキちゃんクーちゃん可愛いですねー」ナデナデ

朧漣曙(潮すげぇ)

提督「クーちゃんは穏やかだけど、アキちゃんは巻きついてくるくらいお茶目だから」

潮「よく巻き付かれてるよ!」キラキラ

曙(目が輝いてる・・・)



305:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/31(火) 21:16:28.80 ID:nAmh0YYR0

数十分後

漣「慣れると可愛いなこいつら!」

朧「よく見ると可愛い顔してるね・・・」

提督「・・・おっかなびっくりだったようだけどよかった」

曙「・・・まぁ、そうね」

曙「ねぇ」

提督「何?」

曙「私達、付き合ってる・・・でいいよね?」

提督「まぁ・・・そうなるかな?」

曙「そっか・・・なんか、変な感じね」

提督「そう?」

曙「そういえば、前に私に結婚がなんとか聞いたわよね」

提督「聞いたね」

曙「あんたはどうなの?結婚相手に選ぶ条件って?」



306:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/31(火) 21:21:53.10 ID:nAmh0YYR0

提督「・・・おじいちゃんとかお父さんが口にしてた事なんだけど」

提督「桜が似合う女性かなぁ」

曙「はぁ?そんな確証も無い事で決めるの?」

提督「うん。だって、おじいちゃんもお父さんも、そんな女性を選んで」

提督「今も仲良しで幸せそうなんだもん」

曙「呆れた」

提督「何よぅ」

曙「能天気ねぇ」

提督「私のアイデンティティだもん」

曙「あほくさっ」

朧漣(すっかり曙のタガが外れたみたいだね)

潮(私達の前で恥ずかしげもなくイチャイチャしてる・・・)ニコニコ



312:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/09(木) 01:30:33.96 ID:8EM87KWz0

提督「よーし!もう日付変わっちゃったし、初霜にお詫びのケーキ作らないと」

曙「なにそれ」

提督「うーん。初霜と二人きりでチョコ作ってたときに、曙の話だけしてたら怒られちゃって」

曙「バカじゃないの?」

提督「お詫びにショートケーキ作るって約束しちゃったんだ。よかったら、一緒に作らない?」

曙「別にいいけど、材料はあるの?」

提督「もちろん!」

漣「漣も一緒にやります!」

漣(いちご食べたい)

提督「三人はちゃんと氷を片付けてね」

提督「すごく寒かったんだから・・・」

朧「うっ・・・忘れてた・・・」

潮「それじゃあ、私達は氷片付けて先にお布団に入りますね」

提督「うん。おやすみなさい」



313:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/09(木) 01:40:15.62 ID:8EM87KWz0

厨房

曙「・・・ホント、まだ実感がわかないんだけど」

提督「何がー?」

曙「いや・・・本当に私達が付き合ってるのかって・・・」

提督「そんなもんじゃないかなぁ」

提督「私はそれより、素直な曙に違和感を感じざるおえないかな」

曙「喧嘩売ってんの?」

提督「ううん。すごく可愛いなと思って」ニコッ

曙「ば、バカじゃないの?」

提督「ふふふ。あ、そうだ!今度桜が咲いたら、みんなでお花見しようよ」

曙「突然ね・・・そんな予算あんの?」

提督「それまでにはなんとかしておく。いざとなったらおじいちゃんに頼んでみる」

曙「場所は?」

提督「それは大丈夫。ほぼ貸切の場所があるから」



314:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/09(木) 01:50:32.27 ID:8EM87KWz0

曙「・・・それからさ」

提督「ん?どうしたの?」

曙「あんた、漣とか朧とどういう関係なのよ」

提督「え?どんなって・・・ここだけの話、漣とはコスプレ仲間」

曙「は?」

提督「二人でコスプレして写真やプリクラとかとって」

提督「青葉がちょこちょこ更新してるブログでアップとかしてる」

提督「それでファンがついちゃって・・・バレンタインの荷物もそれだったの」

曙「ここの住所がバレたらまずいんじゃないの?」

提督「大丈夫大丈夫。私が元々一人暮らししてた時のアパートの住所に届いてるし」

提督「そのアパートに今、お母さんの弟さんが住んでてこっちに送り直してくれてるの」

曙「ふーん・・・って事は、漣とは二人きりで出かけたりしてたの?」

提督「うん?なんで?」

曙(こんなこと思うのもあれだけど漣が羨ましい)



315:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/09(木) 01:59:31.91 ID:8EM87KWz0

曙「朧は?夜中にあんたの部屋に入るの見たことあるんだけど」

提督「うーん・・・朧との事は朧に口止めされてるし・・・」

曙「別にやましい事してるわけじゃないのよね?」

提督「もちろん。なんで?」

曙「うん・・・まぁ、それならいいわ」

曙「そろそろ生地焼けるんじゃない?」

提督「そうだね」

提督「ねね、蕾が付き始めた時に二人きりで桜の下見しに行こうよ」

曙「ふ、ふた・・・二人きりでっ!?」カァァ

提督「うん!」

曙「それってで、デートの・・・」

提督「うん。三月になるまでは今までサボって多分忙しくなると思うし」

提督「ね?だからお願い」

曙「し、しょうがないわね」フイッ

提督「やった!」



316:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/09(木) 02:04:22.14 ID:8EM87KWz0

ショートケーキ完成

提督「よし、完成したし、切り分けて私達も食べよっ」

提督「初霜にはお昼ぐらいに出してあげてーっと」

曙「こんな時間に食べて大丈夫?あ・・・あんた太らない体質だったっけ」

提督「まぁね」ドヤッ

曙「しょうがないから付き合ってあげるわよ」

提督「ありがとう曙」

曙「いいわよ別に・・・こ、ここ、恋人同士なんだし・・・」カァァ

提督「・・・顔が赤くなりっぱなしだよ曙」ツンツン

曙「うっさいわよクソ提督!!ほっぺたをつつくな!!」



317:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/09(木) 02:30:22.63 ID:8EM87KWz0

曙「・・・」モグモグ

提督「んー!自分で作ったやつだけど美味しー!」

曙「ホント、お菓子作りが得意なのね」

提督「料理好きだしね」

曙「羨ましいわ。得意なことがあって」

提督「そう?曙の料理も美味しいと思うけど」

曙「私はダメよ。何もかも平均的だし、潮には勝てないわ」

提督「そりゃ・・・そうかもだけど」

提督「元々格上の子が努力してたら努力しても勝てないわよ」

曙「はぁ!?私は別に努力なんてしてないわよ!」

提督「ふふふ!第七の曙達が影で努力してるのは知ってるから」

曙「う・・・」

曙「ホント、そういうことはめざといんだから・・・」



322:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/10(金) 00:05:48.37 ID:V+dM72Av0

曙「・・・気になることがあるんだけどさ」

提督「うーん?どうしたの?」

曙「あんたさ。あっちの提督とどういう関係なの?」

曙「あの様子だと、ただならぬ関係だとは思うけど」

提督「従兄弟だよ。元々は弟の友達として私の家に出入りしてたんだ」

曙「従兄弟!?」

提督「お父さんの兄さんの息子さんだったんだけどね」

提督「あの子、弟の友達として出入りしてる時に私に恋しちゃったみたいでさ」

提督「まぁ、それで冬休み明けに私はその家から居なくなってたし」

提督「それで男を好きになったことからいじめられて、死のうと思ってたところに私がさ」

曙「従兄弟になってたってわけ?」

提督「うん」



323:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/10(金) 00:20:35.62 ID:V+dM72Av0

提督「まぁ、あの子はもう私に固執するなんてこともうないと思うわよ」

提督「好かれてるのは嬉しいけど、私に固執してたらあの子は幸せになれないから」

提督「この間はちょっと強引だったけど、ほかの子の魅力を教えてあげたの」

曙「あんたもお人よしよね」

提督「よく言われる」

曙「はぁ・・・まぁ、いいわ。あんたがどんな人間関係してようが」

提督「ありがと。私の過去を知ってそのままで居てくれるのは曙のたっくんだけだから」

曙「あんたバカじゃないの?」

提督「え?」

曙「私以外にも三人、あんたの話を聞いてた奴らが居たでしょ?」

提督「あ・・・そういえば・・・」

曙「ま、あんたが考えすぎなのよ。あんまり気負いする必要なんてないわ」

提督「・・・うん。ありがとう。ねぇ曙」

曙「何よ」

提督「これからもよろしくね」

曙「・・・ええ、こちらこそ」



324:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/10(金) 00:23:39.03 ID:V+dM72Av0

一週間後

廊下にて

朧「いやー今週は忙しいね」

漣「今までサボってたからね」

潮「でも、連続で遠征はちょっと疲れるね・・・」

漣「まっ、漣達は戦闘とか向いてないしね」

朧「特に潮はね」

潮「あう・・・暴力は嫌いだけど・・・」

朧「さて、そろそろ執務室だし、しゃんとしよう」

漣「今度はどこに遠征だろうねー」

潮「頑張ろうねっ」



325:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/10(金) 00:28:42.05 ID:V+dM72Av0

コンコン

朧「失礼します」

提督『いいよー』

ガチャ

綾波「えーっとここが・・・」

提督「うん。そうそう」

朧漣「あれ」

潮「秘書艦・・・変えたんですか?」

提督「えーあー・・・うん」

朧「あんなに仲良さそうだったのにどうしてですか!?」

漣「もう別れたの?どうなの?」

提督「いや・・・実はね・・・」

曙「私から言って代えさせたのよ」

漣「いつの間に居たし」

曙「あんた達のすぐ後に来たのよ」



326:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/10(金) 00:35:27.35 ID:V+dM72Av0

提督「あ、曙・・・」

曙「私ばっかり秘書艦で、他の子が仕事覚えられないでしょ?」

漣「秘書艦経験があるのって漣と曙だけだもんね」

綾波「秘書艦の仕事って大変ですね・・・」

曙「まぁ、慣れるまでよ」

提督「それもあるんだけど・・・」

曙「そうね。二人でやってると仕事が全然捗らないのよ」

曙「クソ提督がいつまでも甘えてきて大変なのよ」

漣「なんだノロケか」

潮「ノロケだね・・・」

曙「なっ!?そ、そんなんじゃないわよ!!」

朧「で?どんな甘え方されるの?」

曙「えっ・・・そ、そこまでは言いたくないわ」



327:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/10(金) 00:58:32.17 ID:V+dM72Av0

提督「膝枕とか名前で呼んでとか抱きしめてとか」

提督「そりゃあもう思いつく限りのイチャイチャを!」

曙「な、何教えてんのよ!?」カァァ

漣(慌て具合からすると全部実行したな)

潮(なんだかんだ曙ちゃんは提督に対して甘甘だなぁ)

朧(提督の名前ってなんだろう)

曙「はぁ・・・まぁ、そんなわけで仕事も捗らないし」

曙「いざという時に秘書艦が出来る子がいたほうがいいからさ」

曙「どうせ秘書艦の件でなんか言われるだろうかと思って様子を見に来ただけだから」

曙「それじゃ」

提督「曙!今夜も一緒に・・・ダメかな?」

曙「こんなところでそんな発言すんな!」

朧(夜遅く帰ってくると思ったら提督と一緒に居たのか)

曙「あっ、あんた達!別にやましいことしてるわけじゃないからね!?」

曙「ただ一緒に話してるだけだから!」

漣「そういうことにしてエッチな妄想しておくよ」

曙「すんな!!」



328:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/10(金) 01:03:48.27 ID:V+dM72Av0

提督「それじゃ、三人とも、他の三人はもう準備して待ってるからよろしくね」

朧漣潮「了解」ビシッ

ガチャバタン

漣「なんだなぁ。あんなに仲良くなっちゃったらせっかくのお風呂作戦がおじゃんになっちゃったじゃん」

漣(せっかく壊したのに)

潮「まぁまぁ、それで良かったんだよ」

朧「そうだね。というか、他の人達はもう待ってるみたいだし、ちょっと走ろ」タッ

漣「そうだね」タッ

潮「ああ!二人共待ってー!」タッ



329:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/10(金) 01:10:53.63 ID:V+dM72Av0

三月中旬

桜が咲き誇る山にて

曙「・・・まだ蕾だけど綺麗ね」

提督「そうね」

曙「シダレザクラ・・・普通ソメイヨシノとかじゃないの?」

提督「おじいちゃんが好きだったらしい。私も好きだけどね」

曙「そう・・・それより、よくこんなところ見つけたわね」

提督「見つけたっていうより、おじいちゃんの山だし、この桜も全部おじいちゃん達が植えたって言ってたかな」

曙「はっ?」

提督「植えたのは本当かどうかわからないけど」

曙(結構金持ちなのね)



330:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/10(金) 01:16:31.47 ID:V+dM72Av0

提督「・・・ふふ」

曙「どうしたのよ」

提督「何でもないわ。ただ、桜をバックにした曙、すごくいいなぁ、似合うなぁって」ニコニコ

曙「ほ、本当に似合うの?」

提督「うん!すごく似合ってて綺麗!」

曙「ば、バカじゃないの!?まだそういう事は早いっていうか・・・その・・・」イジイジ

提督(なんで毛先を指で弄ってるんだろう可愛い)

曙「嫌じゃないけど・・・その・・・まだ付き合って一ヶ月ぐらいだし・・・えっと」

提督「・・・」

提督「・・・っ!!」ボッ

提督「べ、別にそういうことを意識していったわけじゃなくてっ!そのっ!あのっ!」カァァ

曙「わ、わかってるわよ!そんな慌てなくていいじゃないの!」カァァ

提曙「うう・・・」



331:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/10(金) 01:22:06.16 ID:V+dM72Av0

そんな二人を少し離れているところで眺めて居る人影

爺1「わっはっはっはっ!儂らの孫が提督になったと言っておったが」

爺2「血は争えんのぉ!」

爺1「儂の孫の紗季もお主の孫の匠も艦娘に恋してしまったか」

爺2「匠の奴もとうとう紗季ちゃんとは違う子に興味が持てるようになって安心したわい」

爺1「さて、可愛い孫と、その恋人をからかいに行ってくるか!」

爺2「そうじゃな。行くぞ馬鹿者」ダッ

爺1「お前に言われたくないわ!」ダッ

婆1「気をつけてくださいをお二人共!」

婆2「どうせ聞いてませんよ」



332:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/10(金) 01:32:33.24 ID:V+dM72Av0

婆1「全く・・・いつまでも子供なんですから・・・」

婆2「ふふふ・・・それもまたあの人たちの魅力の一つですよ」

婆1「そうなのですけど」

婆2「・・・妙高さんは、駆け落ちしたことを後悔してはいませんか?」

妙高(婆1)「・・・他の子を置いてきてしまったことに関しては反省はしています」

妙高「他の子達がどうなったかを聞くことも知ることもできませんでしたが」

妙高「今では幸せになっていることを祈るばかりです」

妙高「それだけが心残りですが、それでも駆け落ちに関しては後悔はしていません」

妙高「あなたもそうでしょう?大和さん」

大和(婆2)「・・・そうですね。お互いシワシワになおばあちゃんになってしまいましたが」

大和「とても幸せです。これからも、あのやんちゃな人たちと一緒に生きていきます」

大和「もちろん、昔の仲間が幸せになっていることを願いながらですけど」



333:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/10(金) 01:37:48.53 ID:V+dM72Av0

大和「さて、おじいさんたちのところに行きましょうか」

妙高「そうですね」

大和「既に賑やかですけど」

妙高「ええ」

大和「孫には私達より幸せな人生を送って欲しいものですね」

妙高「あなたの孫も、私の孫も、いい人を見つけて幸せになりますよ」

大和「そうですね」ニコッ

妙高「ええ。私の孫を信じましょう」ニコッ





END

提督「おじいちゃん!?こんなところで何してんの!?」

ライン!

提督「こんな時にライン!」

鈴谷ライン『電と二人で例の格好をして腕に抱きついたら、提督が鼻血を出しながらぶっ倒れたなう』

提督「たっくん・・・」

爺2「相変わらずエロ耐性がないのぅ」



334:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/10(金) 01:40:35.80 ID:V+dM72Av0

今回のSSはこの辺で


最後の最後で誤字

提督がヒロインでもいいんじゃね?ということで書きました

普通に女の子だとつまらないと思ったので男の娘です

それでは

ここまでお付き合いいただいた方ありがとうございました




次回作は、惚れ薬関連か鎮守府再興のどちらかを予定しております


スポンサーサイト




2019/03/10(日) /  SS TB(0) CM(0)















管理者にだけ表示を許可する


- Page Top -

プロフィール

ノワール

Author:ノワール
最近オセロニアはまってます。
あと猫好きです。猫可愛いですよね?
課金力はデレステと
パズドラに入れてます。
財布がヤバい・・・


Twitter:@Airtos25

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ